スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水晶機巧-フェニキシオン

今回紹介するカードは、水晶機巧(クリストロン)-フェニキシオンです。


水晶機巧-フェニキシオン

水晶機巧-フェニキシオン
シンクロ・効果モンスター
星9/水属性/機械族/攻2800/守2000
Sモンスターのチューナー+チューナー以外のSモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
相手のフィールド・墓地の魔法・罠カードを全て除外する。
(2):S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
このカード以外の自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



トリシューラ以来の2体目となるレベル9の水属性Sモンスターです。
素材はSモンスターのチューナーとチューナー以外のSモンスター1体以上であり、所謂「アクセルシンクロモンスター」です。水属性のアクセルシンクロモンスターは、これが初です。
アクセルシンクロモンスターという事で、残念ながらフィッシュボーグ等をS素材にする事はできませんが、それでもアクセルシンクロモンスターとしてはS素材の縛りは緩いです。
基本的にクオンダムアメトリクスという、同じクリストロンに属するSモンスター同士の組み合わせで出す事になるでしょう。
他にも、たつのこドゥローレンを素材にする事で、水属性同士の組み合わせでS召喚する事が可能です。また、レベル3の非チューナーのSモンスターを用意すれば、瑚之龍を「Sモンスターのチューナー」の素材として利用できます。

効果はいずれもS召喚した時のみにしか使用できないので、効果に関しては実質使い捨てとなってしまいます。

(1)の効果は、S召喚に成功した場合に、相手のフィールド・墓地の魔法・罠カードを全て除外できるという効果です。
「S召喚成功時に相手のカードを除外」という点は、同じ水属性・レベル9のSモンスターであるトリシューラと似ていますが、除去できる枚数に制限があったあちらに対し、このカードは状況次第で相手の魔法・罠ゾーン、ペンデュラムゾーン、墓地から大量のカードを除外する事ができます。
クリストロンの最大の特徴は「相手のターンにS召喚を行える」事であり、相手のターンにS召喚する事で相手の魔法・罠ゾーン、ペンデュラムゾーン、墓地の魔法・罠を除外するという運用が可能ですが、「相手のターン」という事は、相手の墓地にあるブレイクスルー・スキルの発動を許してしまいます。いくら墓地の魔法・罠を除外できるこのカードとはいえ、効果そのものを無効にされてしまってはどうにもなりません。
そもそも相手のターン内でのS召喚そのものを封じられる可能性もある点も含めて、ブレイクスルー・スキルはこのカードにとって天敵であると言えます。

(2)の効果は、S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、 自身以外の自分の墓地のモンスター1体を蘇生できる効果です。
他のクリストロンのSモンスターも、同様の条件で発動できる(2)の効果を持っていますが、クオンダムやアメトリクスの効果がSモンスター以外の自分の墓地のクリストロン1体を蘇生できる効果だったのに対し、このカードは自身以外なら何でも蘇生できます
同名カードが墓地に複数体いればそれらを蘇生する事も可能ですが、S召喚されたこのカードでないとこの効果は発動できないため、スパイダー・シャークグレイドル・ドラゴンとは違い疑似的な無限ループの様な運用をする事はできません。
ただし、上記の2体とは違い効果の発動回数の制限はないため、S召喚したこのカードが複数体いてそれらが破壊されれば、その破壊された数だけ蘇生効果を使う事が可能です。
スパイダー・シャークとは違い、水属性専用のメタカードであるダイヤモンド・ダストを受けてもタイミングを逃す事なく蘇生効果を発動できるのも大きな利点です。

悩みはやはり、攻撃力が低い点でしょうか。
アクセルシンクロモンスターであるにも関わらず、その攻撃力は素材指定の無いレベル9シンクロである鬼岩城の元々の攻撃力にすら劣ります。せめて3000はあって欲しかった…。
それでいて制圧系の効果を持ち合せていないというのも、貧弱さに拍車を掛けています。魔法・罠を除外する効果は、魔法・罠を主体としている相手には刺さりますが、モンスターに対しては何ら影響を及ぼさない為、簡単に殴り倒される恐れがあります。
クリスタルPリミッター解除などで打点を強化していきたいです。
(2)の効果の存在から、殴り倒されてナンボ、後続(と言っても墓地にいるモンスターですが)に繋げる事前提の存在とも取れますが、もっとアクセルシンクロモンスターに見合った派手さが欲しいところでした…。

相手の魔法・罠の使用状況や自分の墓地の状況に応じてS召喚を狙っていきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水晶機巧-アメトリクス

「クリストロン」に属するSモンスターである、水晶機巧(クリストロン)-アメトリクスについて紹介します。


水晶機巧-アメトリクス

水晶機巧-アメトリクス
シンクロ・効果モンスター
星5/水属性/機械族/攻2500/守1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚した場合に発動できる。
相手フィールドの特殊召喚された表側表示モンスターを全て守備表示にする。
(2):S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
Sモンスター以外の自分の墓地の「クリストロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



ギシルノドン氷結のフィッツジェラルドに続く3体目の水属性・レベル5のSモンスターにして、水属性・レベル5初の、素材指定の無いSモンスターです。
また、素材指定無しのレベル5のSモンスターの最高攻撃力値のラインを塗り替えたカードでもあります。
レベル5のSモンスターを出せるデッキならば、筆頭アタッカーとして投入を検討できるかもしれません。

(1)の効果は、このカードがS召喚した場合に、相手の場に特殊召喚された表側表示モンスターを全て守備表示にするという効果です。
これによって、いくら攻撃力が高くとも守備力の低いモンスターの戦闘破壊を狙えます。このカードの攻撃力は2500なので、単体で攻撃力2500以下のモンスターに加えて守備力2500未満の特殊召喚されたモンスターも戦闘破壊できます
一方で高守備力のモンスターや壁モンスターに対しては効果がありません…。低攻撃力・高守備力の特殊召喚されたモンスターが攻撃表示で場に立っている場合など、状況によってはこの効果を使わないのも手でしょう。

(2)の効果は、S召喚したこのカードが破壊された場合、Sモンスター以外の自分の墓地のクリストロン1体を蘇生できる効果です。
相手だけでなく自分のカードによって破壊された場合でも効果を発動できるので、墓地に蘇生対象が存在する場合にはクリストロンの非チューナーの効果などで破壊すると良いでしょう。
S召喚された時限定とはいえ、水属性専用のメタカードであるダイヤモンド・ダストを受けても(墓地の状況にもよりますが)フィールドアドバンテージを損なわない効果を持っているのは称賛に値すると思います。

このカードの登場によってようやく、フィッシュボーグ-ランチャーを素材としてレベル5の水属性SモンスターをS召喚できるようになりました。
「フィッシュボーグ」のモンスター同士2体の素材で出す場合には「フィッシュボーグ-ランチャー+フィッシュボーグ-ドクター」「フィッシュボーグ-アーチャーフィッシュボーグ-プランター」という組み合わせでS召喚する事が可能です。
「氷結界」においても、レベル3のチューナーである風水師守護陣を素材としてレベル5の水属性Sモンスターを出せるようになりました。

機械族という種族がデッキと合わなかったり、クリストロンのカードを使わない場合でも、距離を置くのは勿体ないカードだと思います。
(2)の効果を使わずとも、単なるレベル5シンクロのアタッカーや(1)の効果による特殊召喚されたモンスターへの奇襲、そして素材指定の無いレベル5の水属性Sモンスターとして活躍が期待できるカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水晶機巧-クオンダム

今回紹介するカードは、水晶機巧(クリストロン)-クオンダムです。
「クリストロン」に属するレベル4のSモンスターです。


水晶機巧-クオンダム

水晶機巧-クオンダム
シンクロ・チューナー・効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1800/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをS素材としてS召喚する。
(2):S召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、
Sモンスター以外の自分の墓地の「クリストロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。



記念すべき水属性初のレベル4のSモンスターです。
また、水属性・レベル4のチューナーは竜宮の白タウナギに続いて2体目です。あちらにはS召喚を行う際の素材に制限がありますが、このカードは何ら制限はありません。

たつのこ瑚之龍に続く水属性シンクロチューナーであり、(1)の効果によって相手のメインフェイズ及びバトルフェイズに自身を素材としてS召喚を行う事ができます
シンクロチューナーの代表格的な存在であるフォーミュラ・シンクロン等とは異なり、こちらは相手のメインフェイズだけでなく相手のバトルフェイズにもS召喚を行う事ができます。
ただ、チェーン2以降にトリシューラブラック・ローズ・ドラゴン等をS召喚した場合、それらの効果がタイミングを逃す点には注意が必要です。

(2)の効果は、S召喚したこのカードが破壊された場合、Sモンスター以外の自分の墓地のクリストロン1体を蘇生できる効果です。
相手だけでなく自分のカードによって破壊された場合でも効果を発動できるので、墓地に蘇生対象が存在する場合にはクリストロンの非チューナーの効果などで破壊すると良いでしょう。
S召喚された時限定とはいえ、水属性専用のメタカードであるダイヤモンド・ダストを受けても(墓地の状況にもよりますが)フィールドアドバンテージを損なわない効果を持っているのは称賛に値すると思います。

また、このカードは数少ないフィッシュボーグ-ランチャーのS召喚先の一つであり、このカードの登場によりフィッシュボーグ-ランチャーからレベル4のSモンスターをシンクロできるようになりました。
フィッシュボーグ-ランチャーには水属性のS召喚にしか使用できない制約がありますが、このカードを経由すれば水属性以外のSモンスターを出す事ができます。
(2)の効果こそS召喚した際にしか使えませんが、単にチューナーとして使う分にはS召喚以外で出した際にも特にデメリットは無いので、高レベルのS召喚を狙う際などには積極的に再利用できます。

クリストロンのテーマデッキを使わなかったり、機械族という種族がデッキと合わなかったとしても、「水属性・レベル4のSモンスター」「水属性・レベル4のチューナー」という点を活かせるならばエクストラデッキへの投入を検討できるカードだと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

復活の『F』

INOVにて、実に2年以上もの時を経て、魚族(英名「Fish」)の新規カードが登場しました。


EMシール・イール

EMシール・イール
ペンデュラム・効果モンスター
星1/水属性/魚族/攻 100/守 100
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
【モンスター効果】
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
このターン、そのカードは発動できない。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。



EM(エンタメイト)に属するモンスターであるEMシール・イールです。
このカードよりも前に最後に登場した魚族はEMソード・フィッシュでしたが、そちらもまたEMに属するカードでした。
以前、「もし今後新しく魚族が出たとしても、それはEM-ソードフィッシュの様にたまたま特定のカテゴリに属しているだけのモンスターだろう」という事を予想していましたが、まさかソード・フィッシュと同じEMで来るとは思いませんでした(笑
私が新規の魚族を望んでいた最大の理由はシャークのデッキの強化の為なのですが、このカードのレベルは1なので、レベル2だったソード・フィッシュと同じように、シャークのデッキとはレベルが合いません…。
ちなみに、このカードは魚族初のペンデュラムモンスターです。

モンスター効果は、召喚・特殊召喚に成功時に、相手の場にセットされた魔法・罠カード1枚を対象とし、そのカードをターン中発動できなくする効果です。また、この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できません。
言うなれば、1ターン内限定の心鎮壷のレプリカの様な効果です。
この効果の発動に対して効果を発動できない為、対象とされたカードは確実に発動を封じられます。
余談ですが、召喚・特殊召喚成功時に発動するモンスター効果を持っている点はソード・フィッシュと共通しています。

ペンデュラム効果は、1ターンに1度、相手の場の表側表示モンスター1体を対象とし、そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にするというものです。
こちらは発動に対しての相手のカードの発動を許してしまうので、モンスター効果に比べて妨害を受けやすいです。
こちらの特殊召喚を妨害する永続効果を持ったカードの効果を無効にする事で、ペンデュラム召喚に繋げられるでしょう。

難点はやはり、レベル1のペンデュラムモンスター故に再利用が困難という点でしょうか。
ペンデュラムモンスターはフィールド上かから墓地へ送られる場合、墓地ではなくエクストラデッキに行きますが、現状ではレベル1のペンデュラムモンスターをエクストラデッキからペンデュラム召喚する術はありません…。
なので、再利用したい場合には金満な壺などのサポートを入れておく必要があるでしょう。

シャークのデッキにとって天敵と言える効果を持ったモンスター達に対抗する為に、このカードのペンデュラム効果を用いるという手もあります。
また、高スケールを持った他のペンデュラムモンスターも併用する事で、ペンデュラム召喚を狙えるようになります。
ただ、いくら同じ水属性・魚族と言っても、シャークの使用カードとこのカードとの両方に相性が良い様なサポートはそうありませんが…。

まさか、最後の最後に新たな魚族モンスターを見る事ができるとは思いもしませんでした。
このブログが復活する事は無いでしょうが、魚族が復活して良かったです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

真竜皇バハルストスF

INOVで登場した水属性・幻竜族モンスターの真竜皇バハルストスF(フューラー)について紹介してみます。


真竜皇バハルストスF

真竜皇バハルストスF
効果モンスター
星9/水属性/幻竜族/攻1800/守3000
「真竜皇バハルストスF」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外の手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
水属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、
水属性モンスター2体を破壊した場合、相手のフィールド・墓地から魔法・罠カードを2枚まで選んで除外できる。
(2):このカードが効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから水属性以外の幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。



真竜皇アグニマズドVに続く2体目の「真竜皇」です。
レベルや種族、効果等に、一番手で登場したあちらとの共通点が幾つか見受けられます。
2つの効果を持っていますが、「真竜皇バハルストスF」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できません。

ビッグ・ホエール以来のレベル9の水属性モンスターであり、メインデッキに入るレベル9・水属性モンスターはあちらに続いて2体目です。
また、このカードはネオアクア・マドール破滅のアシッド・ゴーレム、ビッグ・ホエール、魔海城アイガイオンメタル・リフレクト・スライムと並んで水属性の中で最大の元々の守備力を持っています。

(1)の効果は自分メインフェイズに発動できる効果であり、このカード以外の手札及び自分の場の表側表示モンスターの中から水属性モンスターを含むモンスター2体を破壊し、このカードを手札から特殊召喚し、水属性モンスター2体を破壊した場合、相手のフィールド・墓地から魔法・罠カードを2枚まで選んで除外できるというものです。
「(水属性を含む)モンスター2体と引き換えに特殊召喚できる」という点が瀑征竜-タイダルを連想させますが、こちらはそれらの内の1体が必ず水属性である必要があり、もう1体は何でも構いません。
しかし、水属性2体を破壊しなければ特殊召喚の後に相手の魔法・罠カードを除外する事はできません。普通に使うとカードの消費が大きい特殊召喚効果なので、できれば水属性2体を破壊して相手とのアドバンテージ差を縮めたいです。
特殊召喚用のカードは「コスト」ではなく「破壊」扱いなので、海皇の効果の発動トリガーにする事はできません。
破壊効果と相性が良い水属性は、クリストロンやグレイドル・イーグル水精鱗-アビスリンデあたりでしょうか。

(1)の効果はやや読み辛い表記ですが、平たく言えば特殊召喚から魔法・罠カードの除外までが一連の処理扱いです。
よって、水属性2体を破壊した場合でも、破壊されたや墓地へ送られたに効果を発動できる水属性モンスターは効果の発動のタイミングを逃しません
なので、フィールド上にいる引きガエル魔知ガエルを破壊した場合でも、それらの効果はタイミングを逃す事なく発動できます。
また、一連の効果は手札で発動する効果扱いである為、既に発動されている相手のスキルドレインを除外する事もできます

(2)の効果は、このカードが効果で破壊された場合に、デッキから水属性以外の幻竜族モンスター1体を守備表示でリクルートできる効果です。
自他問わずあらゆる効果破壊に対応しており、ダイヤモンド・ダストを受けても奈落の落とし穴等で破壊され除外されたとしても効果を発動できます。
もちろん、同名カードをはじめ自分のカードによる効果破壊に巻き込む事で自発的に発動させる事も可能です。
「水属性以外」という指定があるので、残念ながら同名カードやタツノオトシオヤをリクルートする事はできません…。

第9期に入ってから、私は新しい水属性モンスター(特に竜型のもの)の登場を聞いては、種族を見て「なんだ、幻竜族か…」と落胆する事が多かったですが、このモンスターに対してはそのような落胆を抱く事はありませんでした。
その理由は、真竜皇アグニマズドVを見て『これに続く水属性の「真竜皇」が登場するのではないか』と予想できていたからでした。
また、上でも少し名前を出していましたが、「真竜皇」はアグニマズドVが出た段階から「征竜」との類似性が囁かれる事がありました。
しかしこのカードは、アグニマズドVやタイダルとは違い、アタッカーとして運用させる事はできません
上で書いたように守備力こそ水属性最高である一方で、攻撃力は1800と、並みの水属性の下級アタッカー程度しかありません…。
このカードに関して私が落胆したのは、種族ではなくこの点に他なりません。

いつか水属性の真竜皇が登場するとは思っていましたが、まさか二番手で来るとは思いもしませんでした。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。