スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一喜一憂

先日、トリシューラが当たりました!!
応援してくださった方々、ありがとうございます。
ちなみに当たったトリシューラは、ウルレア仕様です。

その数日後、8弾のカードが入った台が2台ある場所でDTをやってみました。
右の台で数回遊んでみると、ガンターラが当たりました。スーレア以上のカードが当たったという事で、一旦置いておきました。
左の台は、クダベが当たった後に数回プレイされた後でした。とりあえずもう一枚スーレア以上が当たるまで買ってみようかなと思い、どちらの台でカードを買おうか、迷った末に次のスーレア以上が近そうな左の方の台で買う事に。
2、3枚程買った後に、「このまま買うだけではつまらないなぁ」と思い、スピードデュエルをする事にしました。
スピードデュエルの結果の程は忘れましたが、スピードデュエルが終盤に差し掛かった頃に、今まで人気が無かったDTの台に、1人の人物が。僕がプレイしている方とは別の右の台で、カードを買いはじめました。
スピードデュエルが終わり、再び「カードを買う」だけを選択していると、程なくして当たったスーレア以上のカードは、ナチュル・ホワイトオーク。もういい加減にしてくれ。
一応スーレア以上が当たった上に、右の台は当分空きそうにないので、その場を立ち去ろうとしました。
カードを鞄にしまって歩もうとした時、右の台(同じ人がまだ買い続けていた)から排出されたカードをふと見てみると、レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンが。

本当にショックでしばらく唖然とするしかありませんでした。
しかも、その人がレダメを当てるまでに使ったお金は、僕が左の台でホワイト・オークを当てるまでに費やしたお金と大して変わりませんでした。
同じ位の金額で、当たったカードが片やレダメで、片やホワイトオーク…。
何故右の台でやらなかったのだろう…。何故あの時、素直に「カードを買う」を選ばずにスピードデュエルをやってしまったのか…。
とにかく、あまりにもショックです。

レダメは英語版のABPFのSEに封入され、近いうちに発売される韓国版のPP4にも収録されます。
今回DTのノーレアが手に入らなかったので、その分それらのレダメを何としても手に入れておきたいです。
特に、PP4には僕がレダメに次いで再録を願っていたブリザード・ドラゴンも収録されるようなので、更に期待がかかります。
でも、レダメは間違いなく前回(韓国版PP3)のプリズマーのように封入操作されてるだろうなぁ。
ちなみに前回のPPでは、自分はプリズマーは1枚も当たりませんでした。果たしてレダメはどうなるのか!?
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

記録更新!

【絶対氷壁】でのデュエルターミナルの自己最高得点を更新しました。43200点です。
高得点でランクインするには龍可が狙い目だというのはよく耳にしましたが、シモッチ+ギフトカード+成金ゴブリンで瞬殺されたりと、なかなか上手くいきませんでした。
順調にペースを作れた時も、緊張のあまりに、クリボンに攻撃するつもりが間違えてグングニールを守備表示にしてしまったりした事もあります。もちろん、その直後にサンライトユニコーンによってグングニールが殴り倒されたのは言うまでもありません。

試合の流れ:
先行1ターン目にとりあえず心鎮壷を伏せて武士を場に出す→早速相手のクリボンがお出まし。光の護封剣と伏せ1枚→守護陣を召喚。武士とシンクロしてグングニールを出す。相手の魔法・罠ゾーンのカードを破壊するも停戦協定をチェーンされダメージを受ける。バトルフェイズにグングでクリボンを殴って回復→以下、相手の魔法・罠を除去しつつクリボンを殴り続ける
途中で、グングのコストとして捨てようと思ったウォーターハザードを間違って発動してしまったり、封魔団をセットした際にサンライトユニコーンを出して封魔団を殴ってきた事もありましたが、なんとかペースに乗せる事はできました。シモッチを潰してからは魔法・罠の除去はあまり行いませんでした。
終盤でソウルテイカーによってグングが除去された時は焦りましたが、場に出しておいた封魔団と手札に残しておいたレイスをシンクロしてゴヨウを出して、クリボンを殴りました。
時間切れになるまでライフ回復を続けましたが、ある程度で切り上げてトドメをさしておけば、もっとポイントが高かったかもしれませんね。

今度は【トリシューラの咆哮!!】を使ってみたいです。

43200

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

DT8弾

今のところ当たったウルトラレアは、エンシェントゴッドフレムベルが1枚、トライフォースが1枚、エクストリオが2枚、そしてトリシューラが0枚…。
トリシューラは弟が当てたのでそれを使わせて貰っていますが、自分でも当ててみたいところです。
そういえば、今までグングニール以外の氷結界のシンクロモンスターは全然当たってなかったです(汗

スーレア止めを狙うと、毎回ホワイトオークが当たります。もういいよ…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界に関する書き込みのコピペ

こんなものを作ってみた。



これは2chの1つのスレの書き込みに過ぎませんが、他のサイトでも氷結界に関するいろんな意見が見られたりします。
この動画では、DT6弾の稼動直前からDT8弾の稼動の直前までの、「氷結界」に関する書き込みの内のいくつかを集めたものです。
同じ人物によるものと思われる書き込みがいくつかあったり、中には自分の書き込み(だった気がする)ものもわずかながらあります。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

デュエルターミナル第8弾!

デュエルターミナル8弾が稼動したのでやってみました。
氷結界関連は、御庭番、軍師、ガンターラを各2枚ずつ、トリシューラのウルトラを1枚手に入れました。

スピードデュエルでは、【絶対氷壁】には、今回の弾で再録された魔封じの芳香に替わって心鎮壷が投入されてました。これまた使うのが楽しみなカードです。

そして、新たな氷結界デッキが…。その名も【トリシューラの咆哮!!】。
ブリューナク・グングニール・トリシューラの3枚をスキャンすると出てくるデッキです。
デッキレシピには氷結界以外のカテゴリのモンスターも入っています。ちなみに氷結界モンスターでは封魔団と守護陣が入っています。
そして、驚くべき事にこのデッキには現在OCGで禁止カードに指定されているブラック・ホールが投入されていました。
【絶対氷壁】とはまた違った感じのデッキですが、このデッキも使っていきたいところです。
あと、このデッキについての「氷結界講座」を作ってみたいです。

今回の弾で一番最初に当たったカードは御庭番でした。
ちなみに6弾の時も初めて当たったカードが氷結界カード(封魔団)でした。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ノーマルレア

DT8で、レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンが欲しいですが、ノーマルレアかもしれないです。
明日から8弾が稼動という事で、今日DT6をやってみると、ノーレアのバブーンが当たりました。
これで2枚目…しかもノーレアは今までバブーンしか当てたことが無いです。
この運をレダメに使いたかったorz

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

フラゲ情報

DT8弾のリストや、新パック、GS2010なんかの新情報がネット上で次々と明らかになっています。
今のところ…氷結界の新たなカードは明らかになっていません。

アニメでは水属性モンスターは登場しないので、次パックの水属性はOCGオリジナル枠、特にサポートの登場が確定している氷結界に期待するしかないです。

あと、DT8弾に魔封じの芳香が再録決定!これによって8弾で【絶対氷壁】の内容が変わるのが確実となりました。
魔封じの芳香は、相手のドローフェイズに発動できない為使い難い上に、内蔵した破術師がいたりするので、この変更は嬉しいです。そして、替わりに何が入るのかが気になるところです。
やはり次パックの専用サポートの三方陣が一番有力か?でもそれだと罠カードは1枚も無くなるので、他に新たなサポートの罠カードが出るのか…、或いは魔封じの芳香の前に入っていた心封壷が復活するのでしょうか。
個人的に、今ある魔法カード(ウォーターハザード、サルベージ、大寒波の3枚)は変更して欲しくないです。

ちなみに8弾版の氷結界講座は今のところ作る予定は無いです。
あと「氷結界について 2」の動画は削除しました。それに伴って他の動画の説明欄も少し変更しました。
今まで動画に「8弾稼動後の動画に期待」と言うコメントが寄せられていましたが…ネタが少ないです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

気づいたこと

いつの間にやら、Googleで「氷結界」で検索してみると、1ページ目にこのブログが引っ掛かるようになっています。
そして、カウンタが1000を突破しました。
なのでこれからも頑張っていこうと思います。

1/4の記事で、氷結界の封魔団が当たったと書きましたが、気づけばこんなに持っていました(;´Д`)
DT6弾は氷結界モンスターは2種類だけで、しかも内1枚はスーパーレアと、氷結界モンスターが非常に当たり難い中、これだけ当たるとは…。

封魔

氷結界について

今まで「氷結界について」の動画で書いた内容を、一部追記・修正して書き起こしてみた。
このシリーズの動画では、「氷結界」のカテゴリについて散々馬鹿にする様な書き方をしており、不快な思いをする方も多いだろう。だが、これらの内容はネット上で実際に書かれていた事を基にして書いているだけである。
氷結界をけなしたい訳ではなく、氷結界のこの現状を、知らない人にも知ってもらおうと思ってこの動画シリーズを作ったという事を書き加えておく。


氷結界とは?

遊戯王5D'sデュエルターミナルシリーズで登場した水属性のカテゴリ。
氷の龍が封印された「氷結界」を守護している一族。
現在デュエルターミナルのカテゴリの中で唯一の皆勤賞でありながら、特に不遇な扱いを受けているカテゴリである。
「不遇」と書いたが、いかなるものだろうか。

まず、長く登場し続けている割にカテゴリ内のシナジーが薄い。
氷結界の中には、「氷結界の龍 ブリューナク」の様に強力なものも存在するが、それはそのモンスターが単体として強いだけであり、別にそれらのモンスターを氷結界で統一して組む意義が無い。
「氷結界」に関する効果を持つものはいくつか存在するものの、その多くがステータスが極端に低かったり、重くて場に出しにくかったり、効果が中途半端だったりする。その為どうも使い難い。
そして、シナジーの薄さに加えて、カテゴリの方向性がまるで定まっていない。
氷結界よりも後に登場したものも含めて、他のDTカテゴリには、カテゴリのカード同士のシナジーやテーマとしての方向性が感じられるが、氷結界にはそういったものが感じられない。
相手の動きを封じるロック効果を持ったものが多い。現に「氷結界=ロック」というイメージは強い。
だが、ロックではDT3弾で登場したカテゴリである「ナチュル」の方が完全に上手である。
まず、ナチュルのシンクロモンスターのロック効果の抑制力は随一である。
氷結界の最上級モンスターの「氷結界の交霊師」は「このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手プレイヤーは1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動する事ができない。」というロック効果を持っている。だがナチュルでは下級の「ナチュル・ローズウィップ」がそれと全く同じ効果を持っている。
氷結界の下級はロック効果など受身な効果を持つものばかりで、攻撃的な効果を持つモンスターに欠けるが、ナチュルにはロックと強化を同時に行えるようなモンスターがいる。

モンスターのモチーフについても「方向性が分からない」とよく言われる。
氷結界のシンクロモンスターは、ブリューナク(龍)→ドゥローレン(虎)と登場したことから、「四獣がモチーフなのでは?」と(勝手に)予想されたりしたが、それもナチュルに奪われてしまった(ナチュル・ビースト(虎)→ナチュル・パルキオン(龍)→ナチュル・ランドオルス(亀)と登場している)。
ブリューナクで味を占めたからなのか、シンクロモンスターは「氷結界の龍シリーズ」と化している。
また、「氷結界の龍」が「ブリューナク」「グングニール」と登場した事から、これからも神話に登場する槍の名前を冠した「氷結界の龍」が登場するのでは?と予想されたが、その最有力候補であった「ゲイボルグ」の名前は、ドラグニティのシンクロモンスターに使われた。
「氷結界の虎将」についても、「五誇将がモチーフか?」と(またしても勝手に)予想されたが、「氷結界の三方陣」のイラストを見るに登場する虎将は三体だけであると思われ、この予想も外れた。

氷結界の長所としては、「イラストの美しさ」というのがよく挙げられる。
「氷結界はイラストだけはOCG中でも随一だ」なんて書かれ方をされる事まである。
「氷結界はさっさと切って新しい水属性カテゴリを出すべき」などという声が聞きうけられるが、こんな素晴らしいイラストのカード達が、中途半端に消えていくというのはあまりにも惜しいとは思わないだろうか。
だが、属性が統一されており、かつイラストが美しい上に、カテゴリ内でのシナジーも最高で第一線級の強さを持つテーマデッキが存在する事を考えると、なんだかやりきれない気分になる。
そのテーマデッキの様な「壊れ」とまでいかなくとも、せめてDTの他のテーマデッキくらいの強さや統一感、「氷結界で組む意義」は欲しいものである。
あともう一つ、支持される要因として、女の子が多いという点もよく挙げられる。
「氷結界は女の子モンスターさえ出し続ければそれで良い」などという声まで聞く。次弾で女性型カードがいないとなった途端「氷結界はもういらない」と掌を返す者までいる有様である。
女性型モンスターは、「アイドルカード」と呼ばれ重宝される事があるという。
そして「アイドルカード」(特に最近登場したもの)には非常に強力な効果を持つものや、テーマデッキの主軸として活躍するカードが多い。それ故ますます重宝されるのだ。
そんな中、氷結界の「アイドルカード」の性能はいかなるものだろうか。
とりあえず…交霊師の使い辛さには憤りを感じざるを得ない。

そして、カテゴリとしての強化が遅れているにも関わらず、氷結界はDT出身のカテゴリの中で唯一、規制されたカードを抱えている。それも2枚も。
氷結界の龍 ブリューナクは制限カード、氷結界の虎王ドゥローレンは準制限カードとなっているが、もちろんどちらも、氷結界とは全く関係の無いところで大暴れした為に、規制されてしまったのだ。
これら規制されたカードが存在するというだけで製作者側には「氷結界=強い」と錯覚されてしまい、氷結界全体の強化が遅れてしまったのだろうか?
DT5弾辺りの氷結界カードの効果を見てみると、どうもそんな感じがする。
これらのカードが「氷結界」の頭打ち要員だったとしたら、とんだ言いがかりである。

DT8弾「トリシューラの鼓動」では、「氷結界の龍 トリシューラ」が、一個体のモンスターで初めてタイトル名を飾った。
トリシューラが、今まで皆勤賞ながらシナジーが薄いと言われ続けた氷結界が報われる様なカードであるかと言われれば、全然そんな事は無い。
なんといってもず目を疑うのが、ブリューナクと同じく、シンクロ素材に指定が無い事である。
3弾以降、デュエルターミナルのカテゴリに属するシンクロモンスターは、多くがその所属カテゴリのモンスターや、カテゴリと同じ属性や種族のモンスターが、シンクロ素材として指定されていた。ブリューナクよりも後に登場した氷結界のシンクロモンスターのドゥローレンやグングニールもそうであった(どちらもチューナー以外のモンスターに水属性の指定がある)。
最近のDTの大型シンクロモンスターには皆そのような指定があり、各カテゴリ、或いは属性・種族の切り札として君臨していた。
だが、氷結界の大型シンクロモンスターのトリシューラは、ブリューナクと同じ様に水属性の切り札でも氷結界の切り札でもなく、極端に言えばどんなデッキのエクストラからも湧いて出てくるのである。
これならば、「フレムベル・トリシューラ」でも「X-セイバー トリシューラ」でも「インフェルニティ・トリシューラ」でも大差無い。
次に、効果も「氷結界」と全く関係ない。素材指定がどうであろうと、所属カテゴリに関する効果や、何らかのシナジーを持っていれば、カテゴリの「切り札」として十分に機能する。
だが、トリシューラの効果は非常に優秀かつ汎用性の高い除去効果であり「色んなデッキで暴れさせてください」と言っているようなものである。
現にトリシューラは、インフェルニティなど、モンスターの大量展開が実装されたテーマデッキでのエクストラデッキ要員として、早くも注目を集めている。
一方、肝心の氷結界では展開力も乏しいため、シンクロ召喚するのもままならない。
とにかく、念願かなってタイトルを飾った氷結界のシンクロモンスターが、ブリューナクと同じ様に、テーマとしては未だ貧弱なままの氷結界を救済する事無く、またもや単体で暴れるというのは、どうしても憤りを感じざるを得ない。
DT8弾の稼動を前に、案の定大いに期待されているのは「トリシューラ」だけであり、「氷結界」のカテゴリの強化を期待する声はほとんど聞かない。
念願飾ってタイトルを飾ったのが、「氷結界」ではなく「トリシューラ」だった事、そのトリシューラがシンクロ素材に指定が無かった事から察するにKONAMIは「もはや氷結界で売るのは無理だ」と悟ったのだろうか。
魔轟神などのように、強化のしようはいくらでもあるはずである。

「名前だけ氷結界」のシンクロモンスターや、湿地草原に対応する術者や水影のように、単体で強力なものは存在するが、「氷結界で統一して組む意義」が無いというのが現状である。
多種多様な氷結界を一まとめにできる様なカードが出ない限りは、ほぼ烏合の衆でしかない。
カテゴリ内のシナジーは全く無いという訳では無いが、「氷結界=シナジーが薄い」というイメージは今や広く知れ渡ってしまっている。
展開力も乏しく、ロックなどのコンボも、除去や高速展開が蔓延した現在の環境では形成や維持が難しい。形成したとしても、あろう事かブリューナクトリシューラによってあっけなく崩される。
この高速環境に追いつく為には、墓地利用やデッキからの特殊召喚など展開力を補助する様なサポートカードの登場が待たれる。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ガエルと氷結界

遊戯王カードwikiの水属性の項に、「属するモンスターが全て水属性であるカードの名前は、六属性の他のものと比べると非常に少ない。」と書かれていることに気づきました。
ほとんどが水属性であるものとして雲魔物が挙げられていましたが、全てが水属性のものはどれだけあるのか?調べてみました。すると、ガエル氷結界しか存在しない事が判明。
テーマデッキではなくシリーズモンスターなら「ガガギゴ」系などがいますが…。とにかくその少なさに絶望しました。

数少ない貴重な水属性のカテゴリなのだから、氷結界をもっと強化して欲しいです。
KONAMIの知る所かどうかは分かりませんが、「氷結界はシンクロモンスターだけが強い」というイメージは広く知れ渡っており、トリシューラがそれに更に拍車をかけている状態です。

一方、ガエルの方は、「戦うと結構嫌らしい動きをしてくる」という声をよく聞きます。
ガエルは属性が統一されており、「ガエル」サポート以外にも相性の良いカードが多く、まとまりがある為組みやすいです。
様々なコンボも開発され、特にDDB現役の時代に開発された1ターンkillコンボは成功率も高く凶悪でした。その強力さたるや、コンボパーツの一部であったドゥローレンが準制限に規制された程でした。
ガエルも氷結界同様ロック寄りのカードが多いですが、中には攻撃的なカードも存在し、湿地草原で攻撃力を大幅に上げる事もできます。
氷結界の下級モンスターの中でも、湿地草原に対応している術者や水影だけは、比較的高い評価を受けています。

氷結界動画で、「今の氷結界でも勝てるだろう」という声がありましたが、現実は他のテーマデッキの圧倒的な展開力に翻弄されるばかりです。
墓地やデッキからモンスターを展開するサポートカードが乏しく、手札が尽きてしまって詰む事が多いです。
それなのに氷結界の三方陣のあの発動条件…一体どうしろと言うのでしょうか。
今の環境で展開力が乏しいというのは致命的です。
ガエルは単一デッキでもそのシナジーを遺憾なく発揮できますが、氷結界の場合はどうも難しいです。これだけ数多く関連カードが出ているにも関わらず、未だにテーマデッキとして一角を表せていないというのは(悪い意味で)珍しいのではないでしょうか?

イラストの美しさやシンクロモンスターの強さ、また数少ない水属性のカテゴリである事から、「氷結界単一で組みたい!」と思っている人は他にもいる事でしょう。その人達の為にも、次パックでの氷結界の強化を切に願う限りです。

その内また水属性関連動画のネタでも考えようかと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

絶対氷壁(漫画版オリジナルカード)

「氷結界について 2」の動画で、漫画版GXに登場した罠カード「氷結界」について取り上げましたが、漫画GXを読み返してみると、他にも面白い名前のカードがありました。
「氷結界」と同じく明日香が使用したフィールド魔法「絶対氷壁」です!

絶対氷壁

「絶対氷壁」と言うのは、DTのスピードデュエルの氷結界の隠しデッキ(氷結界講座参照)と同じ名前なのです。
効果はアイス・カウンターに関するもの。OCGではアイス・カウンターに関する効果を持つカードは2枚しかなく、しかも2枚とも限定カードであるため、構築は難しいです。
この頃の明日香のモンスターには、アイス・カウンターを駆使して戦うものが多いですが、氷結界もカウンターを駆使するテーマとかだったら、方向性があって良かったのになぁ。
それにしてもこの名前でフィールド魔法というのはちょっと意外ですね。
イラストには氷中に閉じ込められた龍が描かれています。ひょっとしてこれは新たな氷結界の龍なのでしょうか?w
余談ですが、このカードを使用する直前の明日香の台詞は、DTの明日香のデスティニースキャン時の台詞として使われています。

テーマ : 遊☆戯☆王
ジャンル : アニメ・コミック

フレムベルデッキ!

霞の谷に次いでフレムベルでデッキを組んでみました。
今回は「フレムベル」ならではのギミックを活かす事ができました。
まずなんといってもヘルドッグが強い!攻撃力1900と下級アタッカーとしては申し分ない上に、相手を戦闘破壊した場合更に他の守備力200以下の炎属性をデッキから呼んで追い討ちをかける事ができます。
チューナーを呼んでいれば、メインフェイズ2でシンクロ召喚する事も可能です。
そして、切り札の真炎の爆発。これの展開力は素晴らしいです。呼んだモンスターはエンドフェイズ時に除外されるというデメリットはありますが、シンクロすれば墓地に行き除外される事はありません。そこから更に2枚目の真炎の爆発を発動する事もできます。もちろん、そのまま特殊召喚したモンスター総がかりで攻撃して勝利、という事もあります。
土壇場でこれを引けたおかげで逆転勝利した、という場合もありました。
とにかく真炎の爆発はフレムベルにとって非常に優秀なサポートだという事を改めて実感しました。
真炎の爆発とは相性が悪いですがフレムベルカウンターも地味に良いはたらきをしてくれます。
戦術がしっかりしている分、デッキにも余裕があったのが良かったです。
ただ、フレムベルにはレベル2のチューナーがいない点には困りました。次のDTではネオフレムベルとして復活するので、更なるバリエーションの発展に期待がかかります。

サポートカードの数ではX-セイバーに劣りますが、X-セイバーと戦ってみるとほぼ互角の戦いができました。
DTの他のカテゴリのデッキを使ってみたり相手にしたりすると、「それに比べて氷結界の強化は遅れているなぁ」と感じざるをえません。
パックでは「フレムベル」としてではなく「守備力200の炎属性」としてサポートカードが出されました。
フレムベルには守備力200以下の炎属性が多いので、カテゴリの強化というより、カテゴリに属するモンスターの多くが持つ共通点を活かしたような強化です。
余談ですがフレムベルにも守備力が200ではない炎属性がおり、フレムベル以外にも守備力200以下の炎属性がいます。
似たような例で水属性のカテゴリであるガエルも、「ガエル専用」サポートだけでなく、大半がレベル2以下の水属性であるという共通点から湿地草原などの恩恵を受けています。
ですが、氷結界は種族もレベルもバラバラ…。パックではそのまま「氷結界」としてのサポートが出るようです。

戦ってみるとよくわかるのですが、X-セイバーやフレムベルでは、しばしばその圧倒的な展開力を活かして、自分だけ一方的に展開やシンクロを続けるような状態(いわゆるソリティアというやつですか)になる事があります。
いつの日か、氷結界でもそんなソリティアができる様になって欲しいものです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

虎将を場に出すには?

【氷結界】において、モンスターの展開を補助するという非常に重要な役割を持った、氷結界の虎将のグルナードとガンターラ。しかし、どちらも最上級であるため、場に出すのは困難です。
そこで、これらの虎将を迅速に出す為にはどんなカードを使えば良いのか、検証していきたいと思います。


◎通常召喚

・ヒゲアンコウ
水属性専用のダブルコストモンスターであるヒゲアンコウをリリースしてアドバンス召喚するという方法です。
ウォーターハザードと絡めれば1ターンで場に出すことができます。
しかし下級魚族の中では最高の守備力を持つとはいえ、ヒゲアンコウの場持ちは決して期待できるものではありません。
なのでヒゲアンコウを使うならば、即虎将のアドバンス召喚に繋げるべきでしょう。
問題は、ヒゲアンコウは氷結界モンスターではない為、多く入れすぎるとかえって事故を招く恐れがある事です。
ヒゲアンコウをリリースしてアドバンス召喚したところで、墓地に氷結界がいなければガンターラの蘇生に繋げられないのが辛い所です。

・アドバンス・フォース
『「氷結界」と名のついたモンスター1体をリリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる』なんて効果を持つ最上級モンスターが存在しない氷結界のコンプレックスを解消するかの様なカード。但し、リリースを軽減できるのはレベル5以上のモンスターをリリースする場合に限られます。
氷結界のシンクロモンスターは皆レベル5以上なので、このカードを使うならば、強力なシンクロモンスターをリリースしてガンターラをアドバンス召喚し、エンドフェイズ時にリリースしたシンクロモンスターをガンターラの効果で蘇生する、という運用法がベストでしょう。
使わない場合でもドゥローレンでこのカードをバウンスして攻撃力強化もできます。
欠点はグルナードをアドバンス召喚する場合にはシンクロモンスターは無駄になってしまう事。
そもそもシンクロ召喚するだけでもいっぱいいっぱいなのに、そこから更にアドバンス召喚を狙おうなどという事自体が無謀です。それにシンクロモンスターだけでどうにかなる事もあるでしょう。
入れても事故になる事の方が圧倒的に多いに違いないので、これは選考外でしょう。

・死皇帝の陵墓
最小限の手札消費だけで虎将を通常召喚できるのがこのカード。
最低限必要なのは召喚する虎将とこのカードのわずか2枚だけです。更にこのカードはテラ・フォーミングでサーチする事が可能です。
グルナードやガンターラだけでなく、ライホウや大僧正といった上級モンスターもリリース無しで通常召喚できるようになるので、上級を多様する氷結界デッキでは重宝するでしょう。
ただ手札消費が少ない代わりに、ライフコストは激しいです。
主軸を担う虎将を召喚するのには2000ポイント、上級モンスターを出すのにも1000ポイントも払わなければなりません。
その為あまり乱用ができません。
また、相手にも上級・最上級モンスターの召喚を許してしまうというデメリットもあります。
折角ライフを払って虎将を出した所で、虎将があっけなく除去されては元も子もないので、召喚に使用する場合は細心の注意が必要です。
グルナードやガンターラの効果でモンスターを展開していって数に余裕ができたならば、他の上級・最上級モンスターはアドバンス召喚で場に出すと良いでしょう。


◎特殊召喚

・大波小波
水属性専用の特殊召喚カード。場の水属性を全て破壊し、その枚数と同じ数だけ手札から水属性モンスターを特殊召喚する効果を持っています。
このカード、虎将、下級水属性の3枚が手札に揃えば即座に虎将の特殊召喚が狙えます。
更に、破壊した水属性の中に氷結界モンスターがいたならば、特殊召喚したガンターラでそれらを蘇生する事ができます。
グルナードを特殊召喚すれば、召喚権によって手札にいる下級氷結界を召喚する事もできます。
大波小波の欠点は、手札消費が激しいことでしょう。虎将を出す為に、大抵の場合は3枚もカードを消費してしまいます。
また、これら3種のカードを手札に揃えるのも決して簡単ではありません。
グルナードの効果で下級氷結界を出せば更に手札は減ってしまいます。

・リビングデッドの呼び声
虎将を墓地に落としてリビデで釣り上げるという、最もスタンダートな特殊召喚法。
虎将はジェネクス・ウンディーネやスクリーチやおろかな埋葬の効果でデッキからに墓地に送れます。
手札から墓地に送る場合は、封魔団や軍師、風水師の効果の手札コストとする事ができます。
しかし、リビデ自体がいまいち不安定です。
罠カード故にセットして次の相手のターン以降でないと発動できず、更にリビデ自体を潰されると、折角蘇生したモンスターも潰されてしまいます。
大僧正がいれば、リビデが潰されてもそれで蘇生した氷結界モンスターは破壊されませんが。
おまけにリビデは制限カードなのでデッキに1枚しか入れる事ができず、サーチ手段も乏しいです。
とはいえリビデは汎用性の高い蘇生カードという事に違いはないので、どんなデッキでもこのカードによる蘇生を狙える、という強みがあります。

・D・D・R
除外されているモンスターをD・D・Rで釣り上げるという方法。
他の方法で虎将を場に出すも奈落の落とし穴や次元幽閉にかかってしまった場合、次元デッキを相手にした場合などに役立つのが利点です。
自発的に虎将を除外するには、ミラクル・フュージョンによるアブソルートZeroの融合召喚が最適です。
この場合、虎将を墓地に送るには、上で述べた方法の以上に、融合によるアブソルートZeroの融合召喚の素材にするのがベストです。
未来融合でアブソルートZeroを指定すれば、Zeroの特殊召喚を狙いつつデッキから虎将を墓地に送ることができます。
ミラクル・フュージョンを使えば強力なアブソルートZeroの融合召喚と虎将の除外を同時に行うことができ、更にD・D・Rで虎将を特殊召喚、効果で更に氷結界モンスターを展開すれば、Zeroの攻撃力の上昇にも貢献できます。
但し、この方法を狙うには事故率は半端ないです。
融合によって手札は多く消費され、更にこのカードのコストでも手札を1枚捨てなければなりません。
カードを揃えるのも大変な上に、手札消費の面でも効率が悪いです。
更にHEROや融合関連のカードもデッキに積んでおかなければなりません。
下手にミラクル・フュージョンによる除外を狙うよりも、奈落に落とされた氷結界をD・D・Rを救出する方が良いでしょう。

・氷結界の三方陣
次のパックで登場する氷結界専用サポートである三方陣で特殊召喚する方法。
他の方法と違い、コストが無いのが最大の魅力です。更に、相手フィールド上のカードを1枚破壊した上で特殊召喚できるのです。
上手くいけば相手の妨害カードを潰した上で特殊召喚ができます。
但し、発動条件は氷結界3種類を相手に見せるというものであり、非常に厳しいです。
このカードと、虎将も含め最低でも3種類の氷結界の最低4枚を手札に確保しておかなければならないのです。
その性質から、ガンターラよりもグルナードと相性が良いといえるでしょう。
手札にグルナードと下級氷結界が2枚以上が存在し、かつ召喚権を使用していない状態でこのカードによってグルナードを特殊召喚すれば、一気に3体のモンスターを手札から展開する事ができます。
墓地に氷結界モンスターがいる場合は、ガンターラを特殊召喚すると良いでしょう。手札の他の氷結界モンスターはあえて場に出さず、次の三方陣までとっておくのも戦法の一つです。
発動条件の厳しささえなければなかなか良いカードなので、三方陣と相性の良いサポートカードの登場が待たれます。


とりあえず主なものはこんなところでしょうか。
大波小波と陵墓と三方陣の3つで試してみたいと思います。
リビデはともかくとして、これらのギミックの内複数を詰め込むと間違いなく事故るので、それぞれ3つのタイプでデッキを作った上で、どれが一番使い易いのか判断したいです。
【氷結界Zero】を組みなおした場合は、D・D・Rも試してみようと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【氷結界Zero】

氷結界にHEROを組み込んで、アブソルートZeroの融合召喚を狙うデッキを組んでみました。

合計40枚
【モンスター24枚】
武士×2 封魔団 守護陣×3 術者×2 破術師×2 グリズリーマザー×3
デブリ×2 沼地の魔神王×3 エアーマン オーシャン×3 ライホウ 大僧正

【魔法12枚】
サイクロン 大嵐 ブレコン サルベージ×2 増援 融合×3 奇跡融合×3

【罠4枚】
リビデ 強制脱出装置×2 リミリバ

【エクストラ15枚】
ブリュ ドゥロ×2 グング×3 Zero×3 ギシルノドン カタストル ゴヨウ 
ブラックローズ スターダスト ミスト・ウォーム


ほぼ氷結界オンリーのデッキでは全然勝てなかったデッキ相手でも、このデッキでは五分五分の勝率を収める事ができました。
その為、前回の記事で取り上げたメタカードはまだ入れてません。
今までアイドルカードとして投入していた風水師も、今回は入れてないです…。
ライホウは、Zeroをリリースしてアドバンス召喚すれば能動的に相手のモンスターを破壊できる、という事で入れてみました。攻撃力はやや低めですが、そこからダイレクトアタックを狙えます。
大僧正は、氷結界に関する効果を持っているという事で入れました。こちらは守備的な効果なので、Zeroをリリースしてのアドバンス召喚はまず行いません。
実際はこれらの上級は、Zeroを出した上で余裕がある時に、Zero以外のモンスターをリリースしてアドバンス召喚します。
氷結界モンスターの役割は、ロックを狙いつつZeroの攻撃力アップに貢献する、といったところでしょうか。

実践で回した時は気にならなかったけど、モンスターの枚数が多いかなぁ。
Zeroの融合を狙うデッキなので、HEROやエマージェンシーコールを増やしてみるのもアリですね。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

何を入れるべきか!?

モンスターをほぼ全て氷結界モンスターで固めた【氷結界】いえる様なデッキで戦っていると、ロックやシンクロをしてもすぐにそれが崩されてしまう事が非常に多いです。
今までどんなカードに苦しめられたのか、その対策カード(主に汎用性が高いもの)と共にまとめてみます。

・奈落の落とし穴
武士やシンクロモンスターで攻撃しようとした場合に発動されてしまうカード。除外されたモンスターは再利用が困難になってしまうだけでなく、折角の攻めの機会を失い、フィールドがガラ空きになってしまいます。
特に、グングニールをシンクロ召喚→効果で相手の場のカードを破壊(この際手札を使い尽くす)→奈落でグングニール除外されるなんて流れがお約束となりつつあります。
これだけ凶悪にも関わらず、自分がセットした場合は大抵破壊されたりして回避されるという…。
主な対策カード:王宮のお触れトラップ・スタン魔宮の賄賂我が身を盾に神の宣告大寒波など

・強制脱出装置
これも優秀な除去カードです。モンスターを二体並べてのロックで凌ごうとした場合は、たいがいこのカードによってロックを崩されてしまいます。ドゥローレン等のシンクロモンスターに使われる事が多かったです。氷結界のシンクロモンスターは強力な点、シンクロするのに大量のカードを消費する事から、シンクロモンスターが除去されてしまったら、挽回するのは非常に困難となります。
特に、ブリューナクやグングニールの効果で除去しようとしたカードがこのカードだった場合、フィールドアドバンテージだけでなく、ハンドアドバンテージも大きく損なってしまいます。
主な対策カード:王宮のお触れトラップ・スタン魔宮の賄賂神の宣告など

・洗脳-ブレインコントロール
シンクロモンスターなど、場持ちの良いモンスターを召喚して、「これなら数ターンは持ちこたえられるだろう」と思った時に決まって飛んでくるのがこのカード。制限カードとはいえ、コントロール奪取カードは凶悪です。
大抵の場合は奪われたモンスターは相手のシンクロ召喚に使われてしまいました。ブリューナクやドゥローレンは、シンクロできない状況でも、効果によって自身を除去できます。
また、氷結界の下級モンスターで優秀な効果を持つものはほとんどチューナーである為、コントロール奪取されシンクロ召喚に利用される恐れはかなり高いです。
精神操作も、ほぼ同じ運用ができます。
主な対策カード:魔宮の賄賂神の宣告など

・ブラック・ローズ・ドラゴン
複数のカードを駆使して戦っている時に相手がシンクロ召喚してくるのがこのカード。ロックデッキの天敵である全体除去能力を備えたシンクロモンスターです。
制限カードなので基本的に1デュエル中1回しか飛んできませんが、一度発動されただけでも壊滅的な損害を被ってしまいます。
主な対策カード:我が身を盾に天罰神の宣告など

・威嚇する咆哮
折角攻める機会が訪れても、このカードによって攻撃を防がれてしまいます。そして、返しのターンで相手は決まって場を整えて反撃して来ます。
ブリューナクやグングニールの効果にチェーンして発動された場合なんかは最悪です。
主な対策カード:王宮のお触れトラップ・スタン魔宮の賄賂神の宣告など

この他にも月の書による表示形式変更やブリューナクによるバウンス、地砕き・地割れ・ライボルによる除去など、脅威は数えればきりがありません。
これは氷結界だけでなく、ほぼ全てのデッキにも言える事ですが。

魔法・罠による破壊効果は大僧正の効果で防ぐ事ができ、魔法カードの発動も封魔団や破術師の効果である程度は抑える事ができます。となるとやはり気になるのは相手の罠カードの存在。
罠対策といえば王宮のお触れですが、自分も罠が使えなくなってしまうので、トラップ・スタンの方が良いでしょうか。
魔宮の賄賂は魔法・罠の発動を無効にできるという素晴らしい効果ですが、相手に1ドローを与えてしまいます。デッキに入れる際は使うタイミングを十分に見極めなければなりません。
神の宣告は、それに加えてモンスターの召喚・特殊召喚・反転召喚まで無効にできますが、ライフコストが大きいです…。あと、現在は制限カードに指定されています。

とりあえず、魔宮の賄賂天罰トラップ・スタンあたりを対策カードとして入れてみた上で、枚数を調整していきたいと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の封魔団

今年一発目にデュエルターミナル(6弾)をやってみると、一番最初に当たったのは氷結界の封魔団でした!
これは、今年も氷結界を組み続けろということなのでしょうか!?
ちなみにこの時はジュラックでアクションデュエルに挑みました(笑

という事でこれも何かの縁。氷結界の封魔団をレビューしてみたいと思います。

氷結界の封魔団

氷結界の封魔団
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1200/守2000
手札から「氷結界」と名のついた
モンスター1体を墓地へ送って発動する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
次の自分のターンのエンドフェイズ時まで
お互いに魔法カードを発動する事はできない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


その効果は「簡易版・大寒波」として知られています。
封魔「団」という割には、イラストでは一人しかいないです。


守備力は2000と、下級氷結界の中で最高を誇る。
なので、壁としての運用が主となる。
この守備力ならば、大抵の下級モンスターの攻撃を防ぐ事はできるだろう。
ステータス不足に悩む下級氷結界モンスターにおいて、この守備力は貴重である。

効果は、手札の氷結界1枚を捨てて、次の自分のエンドフェイズ時まで、お互いの魔法の発動を封じるというもの。
大寒波をボリュームダウンさせたかの様な効果である。
大寒波と比べての利点は、発動タイミングは制限されておらず、自分が魔法を使用した後にも効果を発動できる点である。
逆に短所は、次の自分のエンドフェイズ時までの効果であるが故に、相手の方が先に魔法の使用権を得る事である。
また、「このカードがフィールド上で表側表示で存在する限り」とあるので、ロックしたところでこのカードがフィールドを離れると、ロックは解除されてしまう。
とはいえ、効果を発動した次の自分のターンにシンクロやリリースによってこのカードをフィールド上から取り除けば自分へのロックは無くなり、自分の方が先に魔法を使用できる。
この効果で魔法を封じても、相手のターンにこのカードが戦闘破壊や罠カードやモンスター効果によってフィールドを離れてしまうと、その後は相手は魔法を使えるようになってしまう。
コストとなる氷結界モンスターの多くはサルベージで補充・回収でき、更に自らもサルベージに対応している。
だがこのコストは決して軽くはないので、効果を使うタイミングは見図ろう。

このカードと同じレベル・属性・種族・攻撃力・守備力を持つモンスターに、通常モンスターのアクア・マドールが存在する。
通常モンスターであるアクア・マドールの方がサポートが豊富なので、どちらかをデッキに入れるという場合は、アクア・マドールの方が優先されるだろう。なので、「氷結界」である事を活かした戦略を取りたい。
手札コストとなる氷結界にはなんら制限が無い為、このカードを複数枚積むだけでも一応効果の発動は狙える。
だが、攻撃力は1200と決して高くはなく、効果の発動だけを狙って召喚した所で、次の相手のターンに簡単に戦闘破壊されてしまうのがオチである。その場合、無駄に手札を消費しただけとなってしまう。
墓地肥やしの為に効果を発動するという戦法もある。だが、同じく「氷結界1枚を捨てる」効果を持つ氷結界モンスターには軍師が存在する。更にあちらは手札枚数を損なわない。
「魔法を封じる」というロックを狙うにしても、このカードをはじめとする魔法使い族を出した後に魔法族の里を発動した方が効率が良い気がする(相手のデッキに魔法使い族がいる場合はその限りではないが…)。

交霊師と並べた上で効果を発動すれば、次のターンに相手は、この2枚を除去しない限りは「罠カード1枚」しか発動できなくなる。
ウォーターハザードでこのカードを特殊召喚した上で術者を召喚すれば、即座にロックを形成できる。
このカードも術者のロックに引っ掛かるが、守備表示で場に留める事が基本となるので気になる事はない。
守備力の高さから、相手の攻撃を耐えた上で、次の自分のターンにチューナーを並べてシンクロ召喚に繋げるのがベストだろう。
守護陣や風水師とシンクロ召喚すれば、グングニールだけでなくアーカナイト・マジシャンのシンクロ召喚も狙える。

「簡易版・大寒波」とも言える魔法を封じる効果を持っているが癖が強く、どちらかと言うと高い守備力に価値を見出せるカードである。
【氷結界】デッキの壁役としての活躍に期待できる。


※2012/9/3に書き改めた記事はこちら↓
http://hyoukekkai.blog51.fc2.com/blog-entry-780.html

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

今、氷結界に足りないもの

新年という事で、今年の抱負ならぬ、今年はどのようなカードが出れば氷結界は強化されるのか?という事を考察したいと思います。

とりあえず自分が思う氷結界に足りないもの

・攻撃的な効果を持つモンスター
氷結界といえばロックというイメージが強く、設定上でも「氷結界を守護する一族」との事です。
実際相手の行動を制限するロック効果を持つものが大半です。
攻撃力上昇や除去といった攻撃的な効果を持つのはシンクロモンスター位で、それ以外はほぼ全て受身な効果しか持っていません。
言うまでもない事ですが、守ってばかりでは敵は倒せません。
しかも、ロックの布陣を築いた所で、現在の環境ではすぐに除去やコントロール奪取によって崩されてしまいます。
というか除去やコントロール奪取といった戦略のせいで、布陣を築くのすらままなりません。
たとえロックが完成したとしても、攻める事ができるモンスターがいなければどうにもなりません。
ナチュルにはロックと強化を同時に行える様なモンスターがいるというのに…。

・高攻撃力の下級モンスター
攻撃的な効果を持つモンスターがいない事もさる事ながら、下級モンスターの攻撃力が低すぎるというのも致命的だと思います。
下級で一番攻撃力が高いのは1800の武士で、その次が1600の神精霊と軍師です。
遊戯王カードwikiの【X-セイバー】の項には、「他のデッキに比べるとアタッカーが頼りない~」と書かれていますが、(仮にそうだとして)そんなX-セイバーのアタッカーでさえ強力に思えてくる程、氷結界の下級は総じて攻撃力が低いです。
相手にエアベルンを出されただけで立ち往生した事が何度あったことか…。
ロック効果など優秀な効果を持つモンスターはいますが、それらが全てチューナーだという点も悩ましいです。

・召喚し易い最上級モンスター
最近のテーマデッキの最上級モンスターには、「そのカテゴリのモンスター1体をリリースして表側表示でアドバンス召喚する事ができる」というモンスターがいる事が多いですが、氷結界には『「氷結界」と名のついたモンスター1体をリリースして表側表示でアドバンス召喚する事ができる』なんて効果を持つ最上級モンスターは存在しません。
氷結界の展開を補助するグルナードやガンターラにすら、この様なリリース軽減効果はありません。
実際デッキに入れてみると、これらの最上級モンスターは、引いたところで出すことすらままならず腐ってしまうばかりでした。
交霊師には特殊召喚効果こそありますが、半上級モンスターの中でも一番出しにくい条件と言っても過言ではない、という有様です。

・墓地利用
墓地を利用するカードは、今のところ輸送部隊とガンターラしか存在しません。
輸送部隊はステータスがあまりにも低い上に、その効果は相手にもアドバンテージを与えてしまいます。
ガンターラは待望の墓地蘇生効果を持っています。が、エンドフェイズでの発動なので、X-セイバーのフォルトロールのようにやりたい放題ができません。
なんといっても、上に書いたように最上級モンスターなので重く、フィールドに出す事自体がままなりません。
氷結界で、素早く最上級モンスターを場に出したりシンクロ召喚する為には、大波小波やウォーターハザードといった水属性サポートによる特殊召喚が欠かせません。
そして、それらのサポートカードを使用する分にも、モンスターを特殊召喚する分にも、手札を消費してしまいます。
氷結界デッキを使ってみると、手札消費は凄まじいです。
その消費を抑える為にも、墓地利用はあって欲しいものです。

・手札増強
次のパックで、念願のサポート魔法「氷結界の三方陣」が登場しますが、多くの手札を確保しなければ発動できないのでかなり厳しいです。
上で書いたように氷結界では多くの手札を消費してしまいます。
が、三方陣を有効に使うには手札を多くとっておく必要があります。
氷結界にはドロー効果を持つモンスターは多いですが、それらのモンスターを召喚する事やコストを考えると、手札の「増強」には至りません。
現在最も有効な増強手段は、サルベージでしょうか。


2010年。氷結界にとっては一体どのような年になるのでしょうか?

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の虎王ドゥローレン

おけましておめでとうございます!
今年も氷結界ブログをよろしくお願いいたします。

さて、早速ですがカードのレビューをしたいと思います。
今年は寅年という事で、今年最初のカードは氷結界の虎王ドゥローレンです!!

氷結界の虎王ドゥローレン

氷結界の虎王ドゥローレン
シンクロ・効果モンスター(準制限カード)
星6/水属性/獣族/攻2000/守1400
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
カードを任意の枚数手札に戻すことができる。
このカードの攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで、
この効果で手札に戻したカードの枚数×500ポイントアップする。


氷結界のシンクロモンスターの二番手。
現在氷結界のシンクロモンスターの中で「氷結界の龍」ではないのはこのカードだけです。
【ガエル】デッキにおいて、継承の印を使用した1ターンkillコンボに使用されたため、準制限カードに指定されてしまったという過去を持ちます。
シンクロモンスターでは初となる準制限カードです。


このモンスターは、自分の場の表側表示のカードをバウンスする効果を持つ。
1ターンに1度だけとはいえ、この効果には発動コストもなく、手札に戻せる枚数も任意なので、便利である。
このバウンスから、様々な戦術を取ることができる。
バウンスした枚数毎にこのカードの攻撃力も上昇するので、攻めにも使える。

この効果と組み合わせるのに最適なのは、やはりロック系のカードだろう。
光の護封剣をバウンスして使い回す事も可能。
悪夢の鉄檻をバウンスして攻撃してからメインフェイズ2でまた発動すれば、相手の攻撃だけをロックでき、擬似光の護封剣の様に使える。
術者や破術師といった、自分にも効果が及んでしまうロック効果を持つモンスターとの相性も良い。
これらのモンスターを蘇生カードで蘇生した上で、蘇生カード共々バウンスすれば、このカードの攻撃力は1000も上昇する。
メインフェイズ1でバウンスすれば、最低でも3000の攻撃力で攻撃する事ができる。
そして、メインフェイズ2でこれらのモンスターを通常召喚して並べれば、相手だけをロックできる。あとはこれを繰り返せば布陣の出来上がりである。
更に蘇生カードも使いまわせて一石二鳥である。
大僧正が並んでいる場合、リビデやエンジェル・リフトやリミット・リバースで氷結界モンスターを蘇生し、これらの蘇生カードをバウンスする事で完全蘇生となる。
王宮の弾圧のバウンス→セット→発動→バウンス…をくり返す事で相手の特殊召喚を一方的に制限する事も可能だが、事故率が半端ない。このカード自身のシンクロ召喚を含め、氷結界にとって特殊召喚は欠かせないので、王宮の弾圧はむやみに入れない方が良い。

このカードのシンクロ召喚を狙うには、ウォーターハザードを駆使して水属性を揃えてシンクロするのが最適である。
使い終わったウォーターハザードを効果でバウンスする事で攻撃力を上げる事ができるからである。
ウォーター・ワールドをバウンスしてから再びウォーターワールドを出せば、それだけでも攻撃力が1000も上昇する。
また、アトランティスを発動したりバウンスしたりする事により、シンクロのレベル調整も行える。


このカードの弱点は、基本攻撃力が2000と、シンクロモンスターとしては頼りない点である。
サイドラ級の攻撃力のモンスターにはあっけなく戦闘破壊されてしまう。
少しばかり強化しただけの下級アタッカーにすら殴り倒される恐れがある。
そのため、上記のコンボも踏まえて、光の護封剣や悪夢の鉄檻によるアシストが欠かせない。
もちろん、術者や守護陣によるロックも有効である。
高攻撃力モンスターの登場に備えて奈落の落とし穴を伏せておくのも有効である。

他の氷結界と並ぶ事によって効果を発揮するものが多い氷結界。
このカードは、そういったモンスターとの相性は抜群であると言えよう。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。