ブリズド

今回のネタは、氷結界の番人 ブリズドです。
やはりイラストが真横向きの構図であるため、イメージが摑みにくいです。
なので例によって、DTのCGで姿を確かめてみます。

ブリズド

真正面から。
こんな感じの姿です。
とりあえず第一印象は、白いです。
カードのイラストから、青色のイメージが強かったですが、実際は体(羽毛?)の色は白色でした。

ブリズド

別角度から。
CGでは、尻尾の部分が随分簡素な感じになってしまっています(汗
ちなみに口から氷の息のようなものを吐いて攻撃します。
外見はどう見ても鳥なのですが、鳥獣族ではなく水族です。
同時に登場した術者も水族でした。1弾の時点では、下級は水族メインのカテゴリにする予定だったのでしょうか?

鳥型で、白色で、名前が「ブリザード」から来ている…
なんだかBF-極北のブリザードと被ってるような気がします。

翼の先端部分まで写ってる写真がまだ無いです(汗
CGでは翼を広げているため、横に長く、全身を写真に収め難いです。


スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

XX-Saber Boggart Knight

海外でまたしても新たなX-セイバーのカードが出るようです。

XX-Saber Boggart Knight
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1900/守1000
このカードが召喚に成功した時、
手札からレベル4以下の「X-セイバー」と名のついた
モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
このカードをシンクロ素材とする場合、
「X-セイバー」と名のついたモンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。


遊戯王カードwikiより、日本語訳するとこんな感じです。
攻撃力1900の下級モンスター。
X-セイバー専用の切り込み隊長のような効果を持つ。
…氷結界にこそ、こんなモンスターが欲しかったよorz

このカードは、海外版のThe Shining Darknessに登場するカードです。
日本で出たTSHDには氷結界、ワーム、A・O・Jのカードが登場していましたが、まさかX-セイバーのカードが出るとは…!
来日するのは、随分先になりそうです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

術者

今回のネタは、氷結界の術者です。
イラストではほとんど上半身しか写っておらず、しかも真横向きの構図なので、全身のデザインが分かり辛いです。
なので、例によってDTのスキャンで全身を確認してみました。

術者

こんな感じです。
ちなみに上の写真はアクションデュエル時のものです。
腕や脚の装飾は、左右で共通の様です。
光っている武器(?)が綺麗でかっこいいです。

術者

正面の角度から。
これは攻撃アニメーション時の1コマです。
顔の印象はカードイラストで見るのと全然変わらないです(笑
写真ではわかりにくいかもしれませんが、CGでは何故か浮遊しています。
翼のあるブリズドやブリューナクが常に浮遊しているのは分かりますが、何故術者も常に浮遊しているのでしょうか?
「術者」というだけあって、何らかの術で浮いているのでしょうか。

術者

この容姿や名前だけを見ると、魔法使い族のように感じますが、実際は水族です。
術者が出る直前に出た湿地草原とのシナジーを意識したのでしょうか?
おかげで、この術者は今のところ湿地草原に対応するモンスターの中で最高の攻撃力を誇ります。

それにしても……なんというチラリズム!(写真では分かり難いですが)
気になる人は、是非アクションデュエルで使ってみてくださいw

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の龍 トリシューラとは(ヒョウケッカイノリュウトリシューラとは)

ニコニコ大百科の「ダーク・ダイブ・ボンバー」の項が素晴らしかったので、この記事のパロディとして、トリシューラについて書いてみました。
※あくまでパロディです。そのため一部不自然な文章やデタラメな表現があったりします。


氷結界の龍 トリシューラ



氷結界の龍 トリシューラとは、「DUEL TERMINAL -トリシューラの鼓動!!-」に登場したカードである。

シンクロ登場以前からの決闘者の方には「キチガイ染みた強さの邪帝ガイウス」と言えばおわかりいただけるだろうか。


概要

DUEL TERMINAL -トリシューラの鼓動!!-で登場した、氷結界の最古にして最強の龍。

シンクロ召喚成功時に、相手の手札・フィールド・墓地のカードをそれぞれ1枚まで除外する強力な効果を持つ。
様々な勢力の乱立により、惑星は荒廃と堕落の中にあった。
戦いが戦いを生み、秩序なき同盟と争いが繰り返されていた。
氷結界の一族は、古の龍ブリューナク、グングニールを中心に混乱の収拾にあたっていたが、ついに最後の封印を解くことを決定する。
魔轟神に対抗するため、氷結界たちは多大な犠牲を払いながらも、かの地に封印されし古の龍その最後の1体を目覚めさせてしまう!しかし永き時を経て蘇った龍は、全てを破壊しつくさんと暴走するのだった…。


そして・・・


遊戯王OCG 2010/3/1~最大の問題児

2010年1月下旬稼動の「DUEL TERMINAL -トリシューラの鼓動!!-」において、氷結界の龍 トリシューラがOCG化された。

種類 シンクロ・効果モンスター
基本情報 星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
素材 チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
効果 このカードがシンクロ召喚に成功した時、
    相手の手札・フィールド上・墓地のカードを
    それぞれ1枚までゲームから除外する事ができる。

シンクロ召喚するだけで最大3枚もの相手のカードを除外する事ができる上、その効果は対象をとらない。
3体シンクロ召喚すれば、大抵の場合相手の場や手札がガラ空きになり、ダイレクトアタックすればなんと8100ダメージ。即試合終了である。
ただし効果使用後はバニラ同然のモンスターとなってしまう為、1ターンキルの防止に弱いが、大抵の場合そのターン中に手札・フィールド・墓地のカードを除外し尽くしているため、殆どの状況で対策がとれない。

第5期後半より効果モンスターのインフレ化によるデュエルの高速化を完全に助長し、メインデッキを圧迫しないシンクロモンスター、それも素材指定が一切ないこともあり
展開力の優れたあらゆるデッキでトリシューラが採用されるようになり、
後攻はもちろん先攻1ターン目からでもトリシューラを3体並べる事も可能とするデッキも登場した。

この事から、第6期に入り登場した新システム「シンクロ召喚」が
いかに環境に多大な影響を与えたのかを物語っている。


どうしてこうなった

このカードが登場した時には、既に初期時代に登場していた「ゴヨウ・ガーディアン」や「氷結界の龍 ブリューナク」、そして「ダーク・ダイブ・ボンバー」などの、素材無しシンクロモンスターの強さを制作側も把握しており、多くのシンクロモンスター(特にDTのテーマに属するシンクロモンスター)が素材指定になっていた。
そうなっていたにも関わらず、このカードは素材指定無しとしてカード化された。

こうなってしまったのは、収録されている「DUEL TERMINAL -トリシューラの鼓動!!-」が微妙な弾と判断されたためではないだろうか。
このパックはシンクロモンスターを強力な効果を持つものの、専用デッキを必要とするような素材指定のあるモンスターが占めており、トリシューラが属するカテゴリの「氷結界」もこの弾ではわずか4体しかいなかった。


これでは制作側からも華がないと判断されてしまい、さらに当時は「氷結界」は、(主に「氷結界の龍」と名のつく)シンクロモンスターだけが強力と言われていたため、販促も兼ねてその風潮を助長する壊れカードを入れることで購買意欲を煽る狙いがあったのだと思われる。

それが成功してか、シンクロ召喚の強力さを改めて世に広めてしまったカードである。

なお、現在DUEL TERMINAL -トリシューラの鼓動!!-は、コンボに役立つA・ジェネクス・バードマンや豪華な再録カードにより、買う価値が十分にある弾となっている。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界モンスターのリメイクを考える 3

※この記事はオリジナルカードについて記述しています。ご覧になる際には、ご注意下さい。




前回前々回に引き続いて、既存の氷結界モンスターの効果についても見直していきたいと思います。
氷結界モンスターには、OCGでも十分に活躍できるもの、OCGよりもSDの方が活躍できるカード、SDですら扱いに困るカード等、様々ですが、ここでは主にOCG「氷結界」というテーマデッキがどうすれば少しでも強くなるのかを、なるべくそのカードの原型を残した上で考えていきます。
今回は、5弾と6弾の氷結界モンスター(の一部)と、氷結界の三方陣を考えます。
以下、アレンジした効果及び新たに加えた効果は赤字で書いています。

決起隊や水影などは、また別の機会に・・・


氷結界の輸送部隊
効果モンスター
星1/水属性/海竜族/攻 500/守 200
自分の墓地に存在する「氷結界」と名のついた
モンスター2体を選択して発動する。
選択したモンスターをデッキに戻し、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
この効果でドローしたカードが「氷結界」と名のついた
モンスターカードだった場合、そのカードを相手に見せる事で
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。


数ある氷結界モンスターの中で、個人的には最も活かし辛いと思うモンスター。
相手にも及んでしまうドロー効果を、自分のみに変更し、氷結界の展開力を補助する効果を新たに追加。
そして、効果の使用回数制限を無くしました。
規制されたものが多い氷結界のシンクロモンスターを再利用できるようになる一方で、サルベージでの回収やガンターラの蘇生とは上手く噛み合わないです。そのためあまり乱用するのは好ましくありません。


氷結界の虎将 グルナード
効果モンスター
星8/水属性/戦士族/攻2800/守1000
このカードは「氷結界」と名のついたモンスター1体を
リリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分のメインフェイズ時に1度だけ、
自分の通常召喚に加えて「氷結界」と名のついた
モンスター1体の召喚を行う事ができる。

氷結界で最も攻撃力の高いカード。
前回のガンターラと同様、氷結界専用の、自身のリリースの軽減効果を加えました。
これだけでも随分場に出し易くなると思います。


氷結界の封魔団
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1200/守2000
手札から「氷結界」と名のついた
モンスター1体を墓地へ送って発動する。
次の相手のターンのエンドフェイズ時まで
お互いに魔法カードを発動する事はできない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
自分のエンドフェイズ時に自分のデッキまたは墓地から
「氷結界の封魔団」1体を手札に加える事ができる。


相手の魔法だけを一方的に封じられるように変更。
そして、このカード自身がフィールド上を離れても効果が残るようにしました。
封魔団といえば、「名前の割にはイラストには一人しかいない」とよく突っ込まれるので、同名カードに関する効果を追加。


氷結界の三方陣
速効魔法
手札の「氷結界」と名のついたモンスター3種類を相手に見せ、
相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して発動する。
選択した相手のカードを破壊し、
自分の手札から「氷結界」と名のついたモンスターを任意の数だけ特殊召喚する。
その後、この効果で特殊召喚した枚数と同じ数だけ自分のデッキからカードをドローする。
このカードが発動した時、相手は魔法・罠・効果モンスターの効果を発動する事はできない。


特殊召喚できる氷結界を1体ではなく任意の数に変更。そして、手札消費を抑えるためのドロー効果を追加。
最後の効果は、選択したカードが破壊できなかった場合に特殊召喚効果が適用されなくなるという致命的な欠点の改善として加えましたが、この書き方で良かったでしょうか?
これだとやりすぎな気がするので、厳しい発動条件はそのままにしました。


…今回書いたカードは、どれもまだ一考の余地がありますね。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ガンターラ

今回のネタは、氷結界の虎将 ガンターラです。
氷結界専用の蘇生効果を持つ頼もしい虎将なのですが、そのイラストは、横向きの構図であるため、体のデザインがどうなっているのかよく分かりません。
ガンターラは三方陣のイラストにも写っていますが、そのイラストでは後ろ向きであるため、やはり服装のデザインが分かり難いです。
という訳で、DTのCGグラフィックで見てみましょう。

ガンターラ

正面から見た胴体のデザインは、こんな感じです。
ちなみに上の写真は、攻撃時のアニメーションでの1コマ。
DTのCGでは、カードのイラスト以上に、いかついイメージです!
特に召喚した時の顔なんかが凄いです。
(残念ながらそのシーンの写真はまだ無いです。機会があればまた貼ろうと思います)

まんなかをねらえ!!

カードのイラストと同じような角度から。
上の写真はアクションデュエル時のものです。
背中についている装飾(?)がどんな風にガンターラの背面に付いてるのかと気になっていましたが、どうやら背後に浮いているようです(汗
足元のデザインも確認したかったのですが、DTでもよく見えない…。
まぁ三方陣のイラストでは、後ろ向きからとはいえ薄っすらと写っていますが。


検索サイトGoogleでは、単語を入力しようとすると、候補としてそのワードを含む単語がいくつか表示されます。
(例:ひょうけっかい→「氷結界の交霊師」(なぜ交霊師だけが出くるんだ…?)、氷結界→「氷結界の龍 トリシューラ」「氷結界の水影」「氷結界 デッキ」「氷結界 デッキレシピ」など)
そこで、「ガンターラ」と入力してみると…


流石はGoogle先生


!?


よりにもよって一番上に、なんだか妙なワードが出てきました。
「ディマク」とは、アニメ「遊戯王5D's」に登場したキャラクターで、ダークシグナーの一人です。
ガンターラのカード画像が出た頃から、「ガンターラはディマクに似ている」とは言われていましたが…。
まさか有力候補のワードとして出てくるとは…!
あと、遊戯王カードwikiの俗称一覧にも、ガンターラ→ディマクと書かれていました。

ガンターラとディマク

ガンターラとディマクを並べてみた。
なるほど…確かにディマクですなw

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スピードデュエルいろいろ

先日、EXステージのクロウに勝てないと書きましたが、その後【絶対氷壁】や【トリシューラの咆哮!!】で勝つ事ができました。
弟も間に合わせのワームデッキでEXステージのクロウを倒していました。
ちなみに、【トリシューラの咆哮!!】で勝った時は、ノーダメージで倒せました!シンクロ召喚する時にゴッドバードアタックを使われなかったのが幸いでした。
この時の点数は39500点。その台では5位でした。これは、その台のランキングの【古代の機械要塞】以外のデッキの中では最高の得点でした。
その後すぐに弟の【Anomaly・O・J】に抜かされてしまいましたが(泣

最近は、「氷結界の龍」3体と「氷結界の虎将」3体をスキャンした【トリシューラの咆哮!!】でスピードデュエルに挑むという、ちょっとロマンのある事をしています。
封魔団や、ブリューナクやグングニールの効果で虎将を手札から墓地に送り、リビデで虎将の蘇生を狙うのが主な戦法です。
言うまでもないでしょうが、事故率は半端ないです(笑
1回戦目はなんとか勝てる事もありますが、EXステージで勝った事は今のところないです。

下の写真は、昨日1回戦目のイェーガー戦であった光景。虎将揃い踏みです。

虎将揃い踏み

運良く(イェーガーのデッキの中では)高攻撃力のマーダーサーカスを出されなかった為、揃える事ができました。
先攻1ターン目に封魔団の効果でグルナードを墓地に送ってターンエンド。
相手は伏せモンスター1枚と魔法・罠を2枚セット。
グングニールのシンクロで場を制圧しようと守護陣を召喚しましたが、不協和音を発動され失敗。ここで焦ってしまい、リビデを伏せるのを忘れる(結果的にはそのおかげで虎将を揃えられたので良かったですが)
とりあえず封魔団で裏守備モンスター(ジェスター・コンフィ)を殴ってターンエンド。
次の相手のターン、モンスターをセットし、つまづきを発動してエンド。自分のターンでガンターラを引いた為、封魔団と守護陣をリリースしてガンターラをアドバンス召喚。エンドフェイズ時にグルナードを蘇生。
相手のターン、相手は手をうって来ず。自分のターンで引いたカードはブラックスピア。ブラックスピアを通常召喚し、グルナードの効果によって、ブラックスピアをリリースしてライホウをアドバンス召喚。
これで、3体の虎将を場に揃えました。
その後は、つまづきによって守備表示になっていたグルナードとガンターラを攻撃表示に変更し、殴って勝利。
…EXステージのアキには見事に負けました。

それにしても虎将3体が並ぶ様は、DTで見ても壮観です(この3体は三方陣のカードイラストでも共演しています)。
今度は、氷結界の龍3体を並べてみたいところです。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

風水師

今回のネタは氷結界の風水師。
DTのCGでは、イラストでは見えない風水師の素顔を見ることができます。

見えた!?(撮影:弟)

動画でも何回か書いていますが、目元まで見えるのは、召喚時のアニメーションでの一瞬だけです。
上の写真はその召喚時のシーンのものなのですが、目が写ってるかどうかは怪しいです(汗
それでも、カードイラストでは見えない顔部分が確認できます。

まんなかをねらえ!!

風水師の立ちグラフィックはこんな感じ。
ちなみにこの写真はアクションデュエル時のものです。
目の部分こそよく見えませんが、この角度だと顔の大部分が確認できます。
DTでは、イラストでは写っていない足元のデザインも確認できるのが良いですね。

以上、DTでの風水師のグラフィックについて見てみました。
しかしこの風水師、DTで改めて見るとかわええなぁ。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

霞の谷(ミスト・バレー)について



霞の谷デッキを使っている間に、霞の谷にも愛着が湧いてきたので、初めて霞の谷に関する動画を作ってみました。
まとめていて感じたのですが、霞の谷の何が不遇かと言うと、種類の少なさもそうですが、その少ない種類のモンスターの中に、他のモンスターカードと比べて見劣りする様なカードがあるという点だと思います。
(幼怪鳥⇒ケルベラル、執行者⇒疾風鳥人ジョー など)
救済策として、これらのカードが「ミスト・バレー」である事を上手く活かせる様なカードの登場が望まれます。

おまけとして、海外版の祈祷師のイラストを。
人目見て分かる顔以外にも、修正されている箇所がありますね。

MIST VALLEY SHAMAN

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

氷結界で替え歌 -OZONE-



こんなネタを作ってみました。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

VJ 5月号

遊戯王の新たな情報が色々と来ていますね。

新しい水属性モンスターの情報は無しか・・・( ´ω`)

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

EXステージのクロウ

デュエルターミナルのスピードデュエルのエクストラステージで最も当たりたくない相手の1人、それがクロウです。
クロウのデッキは1回戦目のものでもかなり強く、引きが悪いとすぐに詰んでしまいます。
1回戦目は運が良いと勝てますが、2回戦目のデッキは完成度が非常に高く、クロウに当たるともう諦めるしか無い程凶悪です。

しかし、そんなEXステージのクロウに、たった1回だけ勝った事がありました。
7弾が稼動してしばらく経った頃の事です。(余談ですが、EXステージのクロウ戦のBGMは7弾から変わりました)
持ち合わせていたカードで、いろんなデッキを試してみようと思い、まず最初に試したのは、弟が主力としているX-セイバーデッキでした。
この時はエアベルン以外に使えそうなX-セイバーカードを持っていなかったので、とりあえずエアベルンをスキャン。(ちなみにエアベルンはスキャンしなくても必ず【X-カウンター】に入ります)
残る2枚は、相手の除去に役立つだろうと思い、地砕きと強制脱出装置をスキャンしました。
シンクロモンスターは、持ち合わせていたゴヨウとブリューナクの2枚のみをスキャン。
相手の引きが悪かったためか、1回戦目の相手のアキを、除去カードと下級モンスターの攻撃だけで撃破。
続く2回戦目で、クロウが現れました。
ところが、1回戦目と同様、地砕きや強制脱出装置での除去と、下級モンスターの攻撃だけで勝ててしまいました。
詳しい試合の流れはよく覚えていませんが、シンクロすら使わずに勝てました。
ちなみに、その時の点数は39800点でした。

「間に合わせ」の【X-カウンター】で勝てたEXステージのクロウ。
しかしその後、どんなデッキで挑んでも、勝てた事は一度も無かった…。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

トリシューラの咆哮!!

http://www.nicovideo.jp/watch/nm10019724
(何だか重いため、スクリプトを解除しました)

氷結界講座2を作ってみました。前回はDT7弾の【絶対氷壁】についての内容がメインでしたが、今回はDT8弾の【トリシューラの咆哮!!】がメインです。

あと、DT8弾のタイトルが「トリシューラの鼓動!!」で、隠しデッキのデッキ名が「トリシューラの咆哮!!」と、名称が異なっています。

ゴールドシリーズ2010

数週間前にGS2010を2パック買ったら、ゴールドレアのバルバロスが当たりました。
一昨日、その時以来久々にGS2010を2パック買うと、ノーマルのバルバロスが!
そして昨日にまたしてもGSを2パック買うと、ノーマルのヴァルキリアが当たりました。
…自分でも恐ろしい位順調に集まってきています。

しかし、ゴールドの月の書が全然当たっていないです(汗

GS2010の快進撃とは裏腹に、DT4弾では、見事に「高需要」と言われるカードが全く当たりません。
一応、シークレットレアの「ウィンドファーム・ジェネクス」は当たりましたが。
8弾稼動以前は何枚か当てた事がありますが、8弾稼動後に見かけた4弾をやってみても、グリムロやクシャノやファルコンといった高レートのカードは、今のところただの1枚も当たった事がありません。
弟がたまに当てている所を見るに、抜かれてはいないと思うのですが…。

話はGSに戻りますが、GSの「ノーマルレア」のノーマルカードは、パックの一番後ろ(ゴールドレアの2枚よりも後ろ)に入っている場合と、ノーマルカードの一番後ろ、即ちゴールドレアカード2枚よりも前に入っている場合の二通りがありますね。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

ミスト・バレー再び

いつか組んだ霞の谷デッキを組み直してみました。
前回は戦士やファルコンといった下級モンスターがメインでしたが、今回は、霞の谷の切り札である巨神鳥をメインとしました。
巨神鳥は陵墓で召喚する事に。これなら(自分のも含めて)弾圧の効果も受けません。
という訳で陵墓とテラフォを投入。あと雷鳥と相性が良さそうなA・ジェネクス・バードマンも入れてみました。

いざ実践をしてみると、巨神鳥が結構な頻度で出せました。
自身も「ミスト・バレー」なので、自身をバウンスして相手の魔法・罠・モンスター効果を無効にできるので、単体でも相手のカードの抑制として効果を発揮できました。
自身をバウンスしても、陵墓があればまた次の自分のターンに召喚できます。但しライフは大量に消費してしまいますが。
雷鳥と並べばかなりの制圧力を誇ります(実戦で1回だけ揃える事ができました)。この時の弱点といえば、雷鳥が戦闘破壊に弱いという点でしょうか。
また、巨神鳥も、ゴヨウ相手にはあっけなく戦闘破壊されてしまう上に、相手に奪われてしまいます。
相手の召喚や特殊召喚を無効にするカードで上手く補っていきたいところ。
戦闘破壊耐性として、「ミスト・ボディ」なんかは名称的にもマッチしていると思います(笑
あと、雷鳥とA・ジェネクス・バードマンとのコンボが、かなりいい感じでした。
召喚権1つでレベル6のシンクロを出せるのは強力です。

巨神鳥軸の霞の谷デッキの健闘から、陵墓で虎将を召喚していく氷結界デッキでもなかなかいけるのでは?と思い、陵墓型氷結界デッキも組んでみましたが、陵墓と虎将が全然揃わず、惨敗。
一体どういう事なの・・・。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【伝説の都 アトランティス】

伝説の都 アトランティスを使用するデッキを組みなおしてみました。
アトランティスデッキは、私が一番初めに組んだデッキなので、特に思い入れが強いです。
現在の環境の最前線にいる水属性モンスターは、ガエルや氷結界の龍くらいですが、氷結界デッキに続いて、様々な水属性モンスターを使ってみたかったので組みました。


合計40枚
【モンスター22枚】
アトランティスの戦士×3 アビス・ソルジャー×3 ニードル・ギルマン×3 深海のディーヴァ×3 コダロス×3 グリズリーマザー×3 シー・アーチャー ペンギン・ナイトメア×2 海竜‐ダイダロス
【魔法12枚】
伝説の都 アトランティス×3 サイクロン 大嵐 ハリケーン 洗脳‐ブレインコントロール サルベージ×3 ウォーターハザード×2
【罠6枚】
忘却の海底神殿×3 神の宣告 リビングデッドの呼び声 激流葬

【エクストラデッキ15枚】
氷結界の龍 ブリューナク 氷結界の虎王ドゥローレン 氷結界の龍 グングニール×2
氷結界の龍 トリシューラ 神海竜ギシルノドン×2 A・O・J カタストル×2 
ゴヨウ・ガーディアン ブラック・ローズ・ドラゴン ライトニング・ウォリアー
スターダスト・ドラゴン レッド・デーモンズ・ドラゴン ミスト・ウォーム



下級モンスターをメインにしたデッキ。
コダロスやアビス・ソルジャーやペンギン・ナイトメアの効果で相手の場のカードを除去し、ニードル・ギルマンやペンギン・ナイトメアの効果でモンスターの攻撃力を上げて攻撃を通していきます。
深海のディーヴァのシンクロギミックも採用。レベルを乱すアトランティスと、シンクロのギミックとは相性が悪いと思われますが、アトランティスはコダロスの除去効果で墓地に送る運用がメインなので、それ程気にならないです。
また、レベルの高いモンスターが多い場合にはシンクロのレベル調整もできます。
ダイダロスは、思い入れが強いモンスターなので入れてます(笑)余裕があれば召喚を狙います。
コダロスやダイダロス以外にも「海」に関する効果を持つモンスターは存在しますが、今回は入れていません。
上でも書きましたが、このデッキではアトランティスはパワーの底上げに使うよりも、コダロスやダイダロスの除去効果のコストに使う事の方が多いです。

ちなみにこのデッキ、氷結界や他のデッキで苦戦したデッキ相手に、そこそこ勝つことができました。
小回りの利くコダロスの存在が大きいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界モンスターのリメイクを考える 2

※この記事はオリジナルカードについて記述しています。ご覧になる際には、ご注意下さい。




前回の「氷結界モンスターのリメイクを考える 1」に引き続いて、既存の氷結界モンスターの効果についても見直していきたいと思います。
氷結界モンスターには、OCGでも十分に活躍できるもの、OCGよりもSDの方が活躍できるカード、SDですら扱いに困るカード等、様々です。
ここでは主にOCGでは活躍し難いモンスターが、そして氷結界というテーマデッキがどうすれば少しでも強くなるのかを、なるべく原型を残した上で考えていきます。
今回は、8弾の氷結界モンスター(の一部)を考えます。
以下、アレンジした効果及び新たに加えた効果は赤字で書いています。



氷結界の御庭番
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守1600
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は自分フィールド上に表側表示で存在する
「氷結界」と名のついたモンスターを
魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にする事はできない。

低いステータスにも関わらず、カバーできるのが対象を取るモンスター効果のみだったので、ステータスはそのままに対象を取る魔法・罠にも耐性を付けるように変更。
前回の大僧正と並べば、かなり強固な布陣が出来上がります。
ただ、この2体だけでは攻める事はできませんが。


氷結界の虎将 ガンターラ
効果モンスター
星7/水属性/戦士族/攻2700/守2000
このカードは「氷結界」と名のついたモンスター1体を
リリースして表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。

自分のメインフェイズ時に、自分の墓地に存在する
「氷結界の虎将 ガンターラ」以外の「氷結界」と名のついた
モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

まず、他のカテゴリの最上級モンスター(の一部)に習って、アドバンス召喚時のリリースを軽減する効果を追加。
アトランティスに対応する効果モンスターの大半が何故か、何らかの形で自身の展開を補助する効果を持っている点から考えても、この効果を付けるのは妥当でしょう。
そして、「遅い」と散々言われ、その評価を大きく下げている蘇生効果の発動タイミングを、エンドフェイズ時からメインフェイズ時に変更しました。
これなら「氷結界」で統一して組む意義も十分に出てくるのではないでしょうか。


氷結界の龍 トリシューラ
シンクロ・効果モンスター
星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
「氷結界」と名のついたチューナー+チューナー以外の水属性モンスター2体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
相手の手札・フィールド上・墓地のカードを
それぞれ1枚までゲームから除外する事ができる。

狙ったかのように、DT8弾のタイトルを飾り、シンクロ素材指定が無く「壊れ性能」と言われるトリシューラ。
「何故指定をつけなかった」と言われる事が多いため(実際に私もそう思う)シンクロ素材に指定を付けてみました。
ただ、これだと「全てを破壊しつくさんと暴走する」イメージが薄いような…。
素材をこのように指定する代わりに、1ターンに1度、手札を1枚墓地に送る事で、相手の手札・フィールド上・墓地のカードをそれぞれ1枚までゲームから除外するという効果に変更する事も考えましたが、それでは流石に強すぎるでしょうか?

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界のサポート効果を考える 2

※この記事はオリジナルカードについて記述しています。ご覧になる際には、ご注意下さい。





前回に引き続き、氷結界に足りないものを補う様な効果を考えていきたいと思います。


(永続効果)
自分フィールド上に表側表示で存在する「氷結界」と名のついたモンスターは戦闘では破壊されない。


ステータスが低いため、戦闘破壊には滅法弱い氷結界。そんな氷結界モンスターの戦闘破壊を防ぎ、ロックやシンクロの布陣を作りやすくする効果。
水属性には、戦闘破壊だけでなく、魔法・罠・モンスター効果による破壊まで防いでくれる通常罠の海竜神の加護が存在します。しかし、海竜神の加護に対応する水属性はレベル3以下と、範囲はかなり狭いです。
これらの点を踏まえると、氷結界にとっては海竜神の加護の相互互換と言える効果でしょう。
とはいえ、氷結界には、攻撃力1900以上のモンスターに戦闘破壊されない修験者がいます。この効果を持つカードがあれば、修験者の効果の意義が薄れてしまうのが難しい所です。
水属性には、戦闘破壊に強い雲魔物のモンスターが存在し、ドゥローレンによるフィフフィフも、氷結界で統一して組むよりも、雲魔物デッキに氷結界のチューナーを投入して組む方が安定すると言われる事もあります。
あとDTの水属性に、レベル4以上のモンスターとの戦闘で破壊されない為、非常に場持ちが良い氷弾使いレイスが存在します。何故、レイスに限って「氷結界」じゃなかったのか…。


自分の○○から「氷結界」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

モンスターの展開が重要でありながら、モンスターを特殊召喚する効果を持っているのは今のところ最上級モンスターのガンターラと、発動条件が厳しい上に、発動できたとしても特殊召喚できるとは限らない三方陣の2枚のみ。
前者は墓地から、後者は手札から、氷結界を特殊召喚する事ができます。
これらの効果で特殊召喚できる氷結界には、いずれもレベルや攻撃力の制限が無い為、厳しい発動タイミングや条件が課せられているのでしょう。
したがって、少々制限してでも(レベル4以下限定や攻撃力1500以下限定など)これらのカードより使いやすい特殊召喚効果の登場が望まれます。
「モンスターを特殊召喚する」だけなら、切り込み隊長など汎用的なものも存在しますが、やはり「氷結界で統一して組む意義」が欲しいところです。


ここからは具体的なオリジナルカードです。


(名称未定)
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1400/守1900
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在する「氷結界の龍」と名のついたシンクロモンスターを全てエクストラデッキに戻す。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は「氷結界の龍」と名のついたモンスターを特殊召喚する事ができない。


名称は《氷結界の封印師》あたりが妥当か。
最近のノーマルレアに多い、流行のカードに対するメタカードです。
とはいえメタの範囲は、それらのノーマルレアよりも遥かに狭いですが。
「氷結界」でありながら、氷結界の天敵となるブリューナクやトリシューラを抑える効果を持ちます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

さらば、DT8弾…

先日入荷した8弾も、早くも近所では姿を消し始めてきました。
結局私はトリシューラは1枚しか当たりませんでした。
ちなみに他の氷結界モンスターは各5枚程。
トリシューラ以外のウルトラレアは、トライフォースが2枚、EGFが3枚、エクストリオが4枚。ノーレアは各種1枚ずつ。

思えばトリシューラに限らず、自分は今ままでDTで氷結界のキラカードは全然当たらなかった事が多かったです。
以下、うろ覚えで今までの弾の結果でも。
スーパーレア
ブリズド…4、5枚
ロイヤルナイト…0枚(2弾は買った数自体が少ない)
大僧正…1枚
グルナード…2枚(6弾の他のスーレアと比べると圧倒的に所持数が少ないです)
ライホウ…1、2枚
ウルトラレア
ブリューナク…3枚
ドゥローレン…0枚
グングニール…3、4枚

氷結界のウルレアの中で、同じ弾の他のウルレアとほぼ均等に当たったのはグングニール位です。
ちなみに、今まで当てた3弾のウルレアは、サーマル・ジェネクス×3のみという有様です。
ロイヤルナイト、ドゥローレン、トリシューラは弟は頻繁に当てています。
すぐ当たる人もいれば、全然当たらない人もいるものですね…。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

DT8弾、再び!

近所にデュエルターミナル8弾が再入荷したので、やってみる事にしました。


収穫
SDでモクバの隠しデッキ「トワイライト・ブルー」で遊んでみました。
このデッキを使用する際には、必須スキャンの青眼、異次元竜に加えて青氷の白夜龍をスキャンしています。
ロード・オブ・ドラゴンを召喚しドラゴンを呼ぶ笛を使用し、青眼と青氷を並べるのが狙いです。
DT7弾の頃は、この組み合わせでスキャンすると、青氷を必須スキャンカードとする明日香の隠しデッキ「銀盤の女王」が登場しましたが、DT8弾では「トワイライト・ブルー」の方が優先度が高くなりました!
久々にこのデッキを使いましたが、なんと1回戦目、2回戦目共に、狙い通り青眼と青氷を並べる事ができました!攻撃力3000のドラゴン2体が並ぶ様は爽快です。
1回戦目の相手はエド。ロード・オブ・ドラゴン、青眼、青氷の3体で黒焔トークン等を蹴散らしたは良かったですが、返しのターンにロード・オブ・ドラゴンがダイヤモンドガイに殴り倒されました。
次の自分のターン、コストダウンを使って異次元竜を召喚。一気にトドメをさそうとするも、最初にダイヤモンドガイに攻撃した青氷はD-カウンターで破壊されてしまいました。D-カウンターって対象を取る効果じゃなかったんですね。
しかし、Bloo-Dが出てこなくて良かったです・・・。
2回戦目の相手はクロノス。
先攻1ターン目。早くも手札に青眼、青氷、ロード・オブ・ドラゴンが揃う。とりあえずキラー・トマトをセットしてエンド。
相手のターン。古代の機械城発動、古代の機械騎士を召喚。古代の機械騎士でキラー・トマトを戦闘破壊。
次の自分のターン。引いたカードはドラゴンを呼ぶ笛!!ロード・オブ・ドラゴンを召喚し、ドラゴンを呼ぶ笛で青眼と青氷を特殊召喚し、3体で攻撃して勝利しました。
しかも、その台で(当時)1位にランクインできたので、大満足です。ちなみに得点は38200点でした。

「トワイライト・ブルー」での大勝利の興奮冷め止まぬ中、その台で他のデッキでプレイしようかと、しばらく悩んだ末に、SDデュエルをやる事に。その時に当たったカードは…ノーレアのレダメでした!
これでDT8弾のカードが全て揃いました。

DT08-JP010 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン


僕は最近は専ら「トリシューラの咆哮!!」を使っていますが、久々に「絶対氷壁」を使用してみる事に。
1回戦目の相手は龍可。かつてない程にライフを回復されましたが、シンクロモンスターのパワーと除去効果でなんとか勝利。
2回戦目の相手は牛尾でした。
相手の先攻。伏せ1枚、ダイグレファーを攻撃表示で召喚してエンド。
自分のターン。レイスをセット。この牛尾のデッキには罠カードは無いものの、カードをセットしてきたため心鎮壷を伏せる事に。
相手のターン。幸いサーチストライカーもチューナーも出されず。そのままグレファーでレイスを殴る→レイス破壊されず。
自分のターン。大寒波発動。封魔団を召喚し、ゴヨウをシンクロ召喚。ゴヨウでグレファーを攻撃し、奪う。
相手のターン。モンスター1枚伏せてエンド。
自分のターン。術者を召喚。グレファーとシンクロ召喚でブリューナクを出す。ブリューナクの効果で相手の場を一掃し、ゴヨウとブリュでダイレクトアタックして勝利。
点数は…41500点でした。龍可でライフ回復を狙う以外で、「絶対氷壁」で40000点を超えたのは初めてです。

41500


カードの収穫結果
ウルトラレア:エンシェントゴッドフレムベル、エクストリオ、トライフォース
スーパーレア:リバイバー、ガンターラ、サーベル×2、クダベ
ノーマルレア:レダメ

いくつかの台でやった訳ですが、ウルレアの中でトリシューラだけ1枚も当たりませんでした…。
スーレアでは、いままで良く当たったホワイトオークが1枚も当たらず、代わりにネオフレムベル・サーベルがよく当たりました。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

御庭番

DS版ゲーム「遊☆戯☆王ファイブディーズ WORLD CHAMPIONSHIP 2010 Reverse of Arcadia」の3月のDイメージで氷結界の御庭番が登場するとの事です。
これは御庭番の性別を判断する上で重要な資料となるでしょうか?

ちなみにこのゲームではグングニールが、WORLD CHAMPIONSHIP 2009ではブリューナクと交霊師がデュエリストとして登場します。
私は2010と2009は持ってないです…。これらのゲーム内での氷結界モンスターの口調が気になります。


御庭番CG

DT画面を撮影してみました。
男か女か、貴方にはどちらに見えますか?

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界のサポート効果を考える 1

※この記事はオリジナルカードについて記述しています。ご覧になる際には、ご注意下さい。






とりあえず、オリカを考えるにあたって「氷結界で統一して組む意義、メリット」を見出せる様な効果を考えていきたいです。
今まで書いたオリカの中には、それを見出せるようなものがあったかもしれませんし、1枚も無かったかもしれません。
今回は、氷結界の弱点の克服及びメリットの増幅をメインに考えて行きたいと思います。


(永続効果)
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分のレベル7以上の「氷結界」と名のついたモンスターは
「氷結界」と名のついたモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができる。


「アドバンス・フォース」の様な効果。
今までの記事で何度か書いていますが、DTの多くのカテゴリには「そのカテゴリのモンスター1体をリリースする事でアドバンス召喚できる」最上級モンスターがいますが、氷結界にはそのようなモンスターは存在しません。
その割に、最上級であるグルナードやガンターラに限って、便利な効果を持っています。
この効果は、それらのモンスターを少しでも氷結界デッキで出し易くする為の効果です。アドバンス召喚ではなく特殊召喚でも良かったか。
この効果を持たせるなら、効果モンスターや永続罠よりも永続魔法、フィールド魔法が好ましいです。流石に「この効果だけ」というのは地味すぎますが。


(永続効果)
「氷結界」と名のついたモンスターの効果によってカードをドローした場合、
自分はカードをもう1枚ドローする事ができる。


自分のデッキからカードをドローする効果を持つものが多い氷結界。そのドロー効果を活かすための効果。
これを内臓しているのが永続魔法or永続罠or効果モンスターなら、かつての生還の宝札の様に複数場に出す事で、1度に大量のドローが出来ます。
しかし、これではフィニッシャーが氷結界モンスターではなくエクゾディアになりそうな予感…。

ここまでは効果だけを羅列していましたが、ここからは具体的なオリジナルカードを紹介します。


氷結の宝札
通常魔法
手札から「氷結界」と名のついたカード1枚を捨てて発動する。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。


上に続いてドロー系のカード。動画のコメントを元に考えた氷結界専用の手札交換魔法。
とりあえず単純に「デステニー・ドロー」等の氷結界版という形にしました。


(名称未定)
通常魔法
墓地に存在する「氷結界」と名のついたチューナー1体と
チューナー以外の「氷結界」と名のついたモンスター1体以上をゲームから除外し、
そのレベルの合計と同じレベルの「氷結界」と名のついた
シンクロモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
(このカード)は1ターンにつき1枚しか発動できない。
(この特殊召喚はシンクロ召喚扱いとする)


以前作ったフィールド魔法《氷結界》と同様、「シンクロが強力」という点に着目し、氷結界のシンクロとそれ以外のモンスターとの親和性を強める事を意識して考えたオリカ。
真炎の爆発同様、墓地利用を意識。氷結界専用の「墓地シンクロ」用カードです。
ブリューナクが制限、ドゥローレンが準制限、トリシューラのシンクロ素材には3体以上のモンスターが必要、更に異次元からの埋葬が制限カードなので、結構扱いづらい気がします。
墓地肥やしはスクリーチやジェネクス・ウンディーネ等で行えます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界終了!?

今週のWJの、ラヴァルの紹介の記事の所に次の様な一文が。

「氷結界」や「ジェネクス」をはじめ、
さまざまなモンスターを排出した「DT」が、
全てのシリーズモンスターを一新して大幅進化!!


これは…氷結界は次の弾で遂にリストラされてしまうという事なのでしょうか?
今のところ明らかになっている新カテゴリは、地属性の「ジェムナイト」と、炎属性の「ラヴァル」、そして光属性と思われる「ヴァイロン」です。
闇・水・風属性のカテゴリはどうなるのか?と思っていましたが…前弾で水と闇のカテゴリだった氷結界や(A・)ジェネクスは、まるで「過去のもの」の様に書かれてる事から、リストラは避けられないでしょう。
一方ドラグニティは…リストラされたとしても、ストラクチャーが待っているので、未来は明るいでしょう。

水属性使いにも煙たがられる事がある氷結界でしたが、果たして後続の水属性カテゴリは登場するのでしょうか?

ナチュルにドラグニティと、KONAMIは、先出のものいくつかをそっちのけで、後に出たDTカテゴリの強化に力を入れています。
それらを強化したいがために、ワーム、A・O・J、氷結界は適当にサポート1枚でも作ってサッサと片付けられたような気がしてなりません。
元々「安い割に強い」とよく言われていたワームは(サポートカードの質も含めて)まだ良いとして…A・O・J、氷結界、霞の谷の3つを先に重点的に強化すべきだったと思います。
霞の谷はドラグニティと同じくミスト・バレーの出身という事で、次のストラクでひょっとすれば何らかの形で強化されるかもしれません。
氷結界とA・O・Jは、「シンクロだけが強い」と散々言われていますが、一体どうなる事やら。
A・O・Jは属性、種族、そしてテーマの方向性がちゃんと定まっていますが(しかもサポートが豊富な闇属性、機械族である)、A・O・Jで組む意義があるかと言われれば…難しい所です。
あと、ジュラックには自慢のパワーカードに加え、恐竜族サポートがあります。

氷結界はこれからKONAMIにどの様に扱われていくのでしょうか。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

TSHDの水属性

今回のパック、THE SHINING DARKNESSに収録されている水属性モンスターは、ノーマルレアのかつて神と呼ばれた亀と、レアの粋カエルのわずか2枚のみ。
絶対数の少なさに加え、レアリティもそれなりなので、中々お目にかかれないです。

「水属性」で勝ちに行きたいなら、【ガエル】デッキやブリューナク、トリシューラを使えって事ですね。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界カード画像集

氷結界関連カードの画像集の動画を作ってみました。



今までの動画は、カードに関するコメントがメインでしたが、今回はカードの画像のみです。
何らか参考にでもしていただければ光栄です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界強化のチャンス

氷結界と同じくDT1弾に登場したX-セイバーやフレムベルは、DTから早々と姿を消し、その代わり通常パックで大幅強化されました。
DTで登場し続けているにも関わらずテーマとしての方向性が十分に定まっていない氷結界にとって、DT以外の媒体への進出、そして強化は最大の望みでした。
念願叶ってTSHDで、ワーム、A・O・Jと共にパック進出を果たしましたが、登場した関連カードは、それぞれ1枚ずつのみ。
しかし、後続の2つのカテゴリ…ナチュルはDREVでモンスターやサポート魔法が数多く登場。ドラグニティに至ってはDTカテゴリで初めてストラクチャーデッキに進出するという快挙。
なのに、氷結界の強化は三方陣1枚で打ち止めなのか…。

否!まだ希望が残されていました。
それは、海外版の「The Shining Darkness」です。
遊戯王カードwikiの水属性の項には、「海外で先行発売されたものを中心に優遇されている」と書かれてあります。「水属性」と言うより魚族だけの様な気もしますが…
なので、海外版のTSHDで「Ice Barrier」の関連カードが登場する可能性はあると思われます。
現に海外版パックでは、日本に先駆けてX-セイバーやフレムベルのカードも登場しています。
海外版TSHDのラインナップに期待したいです。

まあ、仮に「Ice Barrier」のカードが登場したとしても、来日するのは随分後になりますが。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード