【氷結界】

9/1~の改定に備えて組んだ最初の【氷結界】デッキを紹介してみます。

合計40枚
【モンスター18枚】
氷結界の軍師×3 氷結界の守護陣×3 氷結界の術者×2 氷結界の伝道師×3 氷結界の破術師 氷結界の封魔団 氷結界の舞姫 氷結界の大僧正×2 氷結界の虎将 ガンターラ×2
【魔法13枚】
氷結界の紋章×3 サルベージ×2 死者蘇生 サイクロン×2 大嵐 ブラック・ホール 浮上×3
【罠9枚】
激流葬 神の宣告 神の警告×2 奈落の落とし穴×2 リビングデッドの呼び声×2 スターライト・ロード

【エクストラ15枚】
氷結界の龍ブリューナク 氷結界の虎王ドゥローレン×2 氷結界の龍グングニール×2 氷結界の龍トリシューラ
A・O・Jカタストル TGハイパー・ライブラリアン ブラック・ローズ・ドラゴン スターダスト・ドラゴン スクラップ・ドラゴン アーカナイト・マジシャン
ガチガチガンテツ リバイスドラゴン ホープ


あろうことか、前回と比べて罠カードが増えてしまいました・・・(汗 伏せカードは、スタロが無い時には一気に伏せるという事はせずに、小出しにしていきます。
サイクロンは今は2枚にしています。3枚だと手札にダブついてかえって困った事が何度かあったので・・・。
光の護封剣やデモンズ・チェーンといったロック系のカードは抜いてみました。これらを投入する際には、よりドゥローレンに特化した構築にしてみようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

理想のカードは?

次期環境ではハリケーンと入れ替わる形で大嵐が制限復帰し、さらにサイクロンが無制限に緩和されます。
なので、「伏せ環境」から一転、伏せカードや永続カードは非常に割られやすくなってしまいます。
氷結界も含め、今までそれらのカードによってその強さを誇示していたデッキは、致命傷を受ける事は間違いないでしょう。
伏せカードを維持するには、大嵐やサイクロンへの対策が必至となります。今まで対策となり得るようなカードを何枚か紹介してきましたが、いずれも一癖あるカードばかりです。大嵐やサイクロンに対する「使い捨て」のカウンター的な使用法のカードが多く、単体だと腐ってしまいそうです。
そこで、永続的に大嵐やサイクロンを防ぐことができるカードが求められます。

ナチュル・ビースト

レベル5のシンクロモンスターのナチュル・ビースト。「自分のデッキの上から2枚を墓地に送る」という、デメリットどころか場合によってはメリットにすらなるコストを払うことで、魔法カードの発動を無効にし破壊するという永続効果を持ちます。
大嵐もサイクロンも共に魔法カードなので、このカードの前では無効にされてしまいます。なので、ナチュビが場にいれば、それらのカードは気にせずに伏せ放題です。(ただ、罠カードやモンスター効果には無力ですが)
これからは、モンスターにとって、ナチュビをシンクロ召喚できる地属性である事自体が「メリット」の1つとなるかもしれません。現に、TG ストライカー等が、地属性以外の様々なデッキにも使われるようになっています。
水属性使いからすれば、羨ましい限りです・・・(素材指定も含めて)。ナチュルには更に、特定の召喚条件を満たす事で相手の魔法・罠の発動を封じるバンブーシュートも存在します。

個人的に思い入れのあるシリーズモンスターである、ホルスの黒炎竜 LV8もまた、魔法を無効にし破壊する事ができる永続効果を持ちます。こちらはノーコストで魔法を潰せます。
しかし、出しやすさはナチュビとは雲泥の差です(汗 今やホルス自体は「落ちた過去のエース」としてネタにすらされている始末です・・・。

地属性以外でも使える、もっと汎用的かつ永続的に、しかも単体で相手の大嵐とサイクロンの両方を防ぐことができるカードは無いものか?
遊戯王OCGの歴史の中で、その条件に該当するカードが、ただ1枚だけ存在していました。

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

泣きっ面に鉢?

大嵐、サイクロン対策要員としても有用なシンクロモンスターであるスターダスト・ドラゴンが、裁定変更を受けたそうです。


スターダスト・ドラゴン

スターダスト・ドラゴン
シンクロ・効果モンスター
星8/風属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「フィールド上のカードを破壊する効果」を持つ
魔法・罠・効果モンスターの効果が発動した時、
このカードをリリースする事でその発動を無効にし破壊する。
この効果を適用したターンのエンドフェイズ時、
この効果を発動するためにリリースされ墓地に存在するこのカードを、
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。



例えば、大嵐の発動に対してこのカードの効果を発動した時に、それにチェーンしてサイクロンや非常食で大嵐を破壊されると、「破壊に失敗」したという事で、そのターンのエンドフェイズ時にスターダストは特殊召喚できないとの事です。
破壊が失敗すると特殊召喚が阻害されてしまう・・・これは、氷結界の三方陣も抱えている悩みです。
おりしも大嵐やサイクロンの対策法を考えてた中での、スターダストドラゴンの「弱体化」・・・どうしてこうなった。帰還はできなくとも無効にはできるのがせめてもの救いか。
ただ、【氷結界】デッキでは、スターダストはスターライト・ロードの効果で特殊召喚する事の方が多い気がします。スタロの効果で特殊召喚したスターダストは、元々蘇生条件を満たさない為帰還できないので、【氷結界】で使う分には裁定変更の影響は少ないかもしれません。

また、ナチュビやシエン等の「無効にし破壊する」効果に対してスターダストの効果を発動する事はできないそうです。
偶然にもちょうど昨日、とあるきっかけでシエンやクェーサーやナチュビ等の「無効にし破壊する」効果を持ったカードに対抗できるカードを探したいと思い立っただけにショックです・・・。

これからは、スターダストのシンクロ召喚について迷うことになりそうです。
氷結界には、魔法・罠による「破壊」に耐性を付けることができる大僧正が存在します。また、大僧正はレベル6であり、スターダストのシンクロ素材になり得ます。
スターダストと大僧正。「破壊に対抗できる」というおおまかな共通点はあれど、その範囲や用途は大きく異なります。状況に応じて、これらのカードを使い分けていきたいところです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

宮廷のしきたり

今日考察する、「大嵐・サイクロン対策」となり得るカードはこれ!宮廷のしきたりです。


宮廷のしきたり

宮廷のしきたり
永続罠
フィールド上に表側表示で存在する
「宮廷のしきたり」以外の永続罠カードを破壊する事はできない。
「宮廷のしきたり」は、自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。



自分の場の永続罠を守る効果を持つ永続罠カード。
自分の場に他の永続罠が表側表示で存在する時に、相手の大嵐にチェーンして発動すれば、潰されるのはこのカードのみとなり、他の永続罠カードは残ります。
特に、相手がこちらの場に表側表示で存在する永続罠に対してサイクロンを発動した時にチェーンして発動すれば、そのサイクロンを無駄撃ちに終わらせる事ができます!
氷結界にはデモンズ・チェーン安全地帯といった永続罠カードの投入が検討できる為、相性が良いです。次期改訂で緩和されるリビデやグラヴィティバインドといった永続罠の存在も見逃せません。

問題は、単体だと腐ってしまい事故要因になってしまう点でしょう。最悪、ブラフやドゥローレンの攻撃力UPの為に使うという手もありますが。
また、伏せカードや魔法カードは守れないです。このカードを採用するならば、永続罠カードを多めに入れた構築にするべきですね。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アヌビスの裁き

今日考察する、「大嵐・サイクロン対策用カード」はこれ!アヌビスの裁きです。


アヌビスの裁き

アヌビスの裁き
カウンター罠
手札を1枚捨てる。
相手がコントロールする「フィールド上の魔法・罠カードを破壊する」効果を持つ
魔法カードの発動と効果を無効にし破壊する。
その後、相手フィールド上の表側表示モンスター1体を破壊し、
そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手プレイヤーに与える事ができる。



「フィールド上の魔法・罠カードを破壊する」魔法カードの効果を無効にし破壊する効果を持つカウンター罠。大嵐とサイクロンの両方を防ぐことができます。
自分の魔法・罠ゾーンに魔法・罠カードが複数枚ある状態の時にこのカードを伏せておき、相手のサイクロンや大嵐にチェーンして発動するといいでしょう。ただ、セットされたこのカードを対象にサイクロンを撃たれると辛いです…。

このカードには、大嵐・サイクロンを一方的に無効にし破壊するでなく、更に「手フィールド上の表側表示モンスター1体を破壊する」「そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手プレイヤーに与える」事ができるというオマケまで付いています。
相手の高攻撃力モンスターを破壊できれば、相手の戦力が減らせる上にダメージまで与える事ができて一石二鳥(三鳥?)です。

問題は、手札コストが厳しい点でしょう。捨てるカードの種類は指定されておらず、マクロコスモス等の発動下でも発動できるという利点もありますが、手札1枚のコストは重いです。
【氷結界】デッキを使っている時に、伝道師の効果でブリューナクやグングニールを蘇生できたものの、効果発動の為の手札コストが確保できず、結果、相手のカードを除去できずにあっけなくやられてしまう…という事が結構ります(汗
また、無効にし破壊できるのは魔法カードだけであり、「フィールド上の魔法・罠カードを破壊する」効果を持つ罠カードやモンスター効果の前には無力です。

決して弱くはないカードだとは思いますが、手札コストの存在から、デッキに入れるかどうかは難しいところです…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スターライト・ロード

次期環境の中で【氷結界】が力を発揮するには、大嵐やサイクロンから、伏せカードや永続カードを守る必要があると思います。そこで、破壊対策となりそうなカードを紹介していきたいと思います。


スターライト・ロード

スターライト・ロード
通常罠
自分フィールド上に存在するカードを
2枚以上破壊する効果が発動した時に発動する事ができる。
その効果を無効にし破壊する。
その後、「スターダスト・ドラゴン」1体を
エクストラデッキから特殊召喚する事ができる。



「大嵐対策」として真っ先に名前挙がるであろう、スターライト・ロード
大嵐だけでなく、ブラックホールやミラフォ等のモンスター除去、ブラックローズや裁きの龍等の全体除去効果の対策にもなり、その対応範囲は広いです。
以下に、このカードの長所と短所をまとめてみます。

・長所
2枚以上の除去から自分のカードを守ることができる
スターダストを特殊召喚できる
・短所
単体除去には効果が無い。最悪の場合、サイクロン等で潰されることも
このカードの効果で出したスターダストは蘇生条件を満たさない為、自身の効果でリリースした場合あっても帰還できない

打点の低いモンスターが多い氷結界にとっては、スターダストは即席の戦力にもなり得ます。
ただ、上記の様に、このカードで特殊召喚したスターダストは蘇生条件を満たせないので、戦力としても破壊対策要員としても「使い捨て」という形になってしまいます。なので、シンクロできる余裕があれば、ドゥローレンやブリューナクの効果でバウンスしてスターダストのシンクロを狙うという手も考えられます。ドゥローレンもブリューナクもレベル6なので、十分スターダストのシンクロ素材になり得ます。

大嵐が復帰したことによって、このカードの採用率は上がることでしょう。
これからは、このカードを意識した上でのかけ引きも増えそうです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

魔法・罠をどうすべきか

次期の改訂は、氷結界にとっては、大嵐の制限緩和とサイクロンの無制限化が大きな脅威です。今までと比べて魔法・罠カードが格段に割られやすくなった為、今まで主に永続系カードに依存していた【氷結界】は、構築(特に魔法・罠カードの)を考え直さざるを得ません。
これらのカードの規制緩和は、氷結界にとって、ある意味開闢以上の脅威であるとさえ言えるでしょう。

考えられる構築は、まずは伏せカードや永続カードを極力減らすパターン。
この場合、伏せよりも手札が重要になってくる為、三方陣も採用候補に入るでしょう。
このパターンでも入る伏せカードは、リビデや激流葬や神宣、スターライトロードあたりでしょうか。

次に、ほぼ今まで通りで強引に伏せていくパターン。
強力な大嵐といえど、所詮は制限カード。一発打てば(回収されない限り)もう飛んでくることはありません。大嵐をスターライトロード等で無効にできれば更に効果的。・・・とはいえ、大嵐を凌いだとしても、サイクロン(最大で)3枚はやはり脅威です。そこで、サイクロンが足りなくなる程大量にカードを伏せたいところです(笑
モンスターでは、相手の大嵐やサイクロンの発動を遅らせる為に破術師やそれと相性の良い舞姫、封魔団あたりが採用候補として考えられます。これらのモンスターは全て魔法使い族なので、魔法族の里を入れた【魔法使い族】軸で組んでみるのもありかもしれません。

書けば書くほど、自分でも何を言っているのか分からなくなってきました…(汗
ここまでに名前を挙げていないかった護封剣や奈落や警告などについても、投入するかどうか悩んでおります。
自分なりに色々と試していきたいです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

ドゥローレン

次期の改訂で、ドゥローレンが再び準制限カードに指定されました。このカードの準制限化も、大嵐の復帰開闢の復帰と共に、予想・願望する声が大きかったです。

氷結界の虎王ドゥローレン

私は前回の改訂が明らかになる直前に、「コンボ用のパーツが軒並み規制されたのだから、ドゥローレンが規制されているのはおかしい」と書きました。が、その時、実は1枚だけ気がかりな存在がありました。
それはフィッシュボーグ-ガンナーです。ところがそのフィッシュボーグガンナーは、今回禁止カードに指定されています。
フィッシュボーグが禁止ならドゥローレンを規制する意味無くね?という気がしないでもないですが、これから新たにコンボが発見されるのを警戒して規制したんでしょうねぇ。
でも、ゴルガーは無制限なんだよなぁ・・・。

前回、規制解除された時には喜んだものですが、打点の不足やエクシーズの登場もあり、このカードを【氷結界】のエクストラデッキに3枚積む事はあまり無かったです(汗

これで氷結界のシンクロは4体中3体が規制されているという状況になりました。
規制されていないのはグングニールだけです。GSでの再録の事もそうですが、それでグングニールがネタにされるのは勘弁です。
グングニールがいなければ、私は氷結果のカードを集める事も無かったのだから・・・。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

「最強」の水属性モンスター

本日発売のVジャンプ(2011年10月号)には、歴史的な水属性モンスターが収録されています!それがランク3のエクシーズモンスターであるNo.30 破滅のアシッド・ゴーレムです。


No.30 破滅のアシッド・ゴーレム

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/岩石族/攻3000/守3000
レベル3モンスター×2
自分のスタンバイフェイズ時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くか、
自分は2000ポイントダメージを受ける。
このカードのエクシーズ素材が無い場合、このカードは攻撃できない。
このカードがフィールド上に存在する限り、自分はモンスターを特殊召喚できない。



まず、このモンスターは初の「水属性・岩石族」です。アニメやゲームのオリジナルカードでは既に水晶ドクロが登場していましたが、この組み合わせはOCG史上初です。
次に、このモンスターは、攻守共に水属性の中で最高値を誇ります!攻撃力は青氷の白夜龍と、守備力はネオアクア・マドールと同着です。
このカードは、エクシーズモンスターの中でも非常に高い攻守を誇ります。更に素材指定が無く必要な素材もレベル3モンスター2体だけなので、レベル3モンスターが並ぶデッキならば即席のアタッカーとして活躍できると思います。

エクシーズモンスターには、同じ属性・ランク・素材で、特定の条件下で攻撃力3000となるリバイス・ドラゴンが存在します。水属性の恩恵を受けにくい種族であるという点も共通しています…。
どちらを使用するかは状況にもよるでしょう。こちらには、3000という高攻撃力が即座に手に入り、しかもそれによってダイレクトアタックも可能という利点があります。一方リバイス・ドラゴンは即座に素材を取り除く事ができ、デメリットも薄く小回りが利きます。

ただ、デメリットが厳しいカードです。使うならばアフターケアも考えた方が良いでしょう。
素材を使い果たした後に強制転移で相手に送りつけるのがベストでしょうか。
これを活かして【強制転移軸氷結界】でも組んでみたいです。

以前、同族感染ウィルスを紹介した時と全く同じ記事名になりました(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水属性の明日は!?

水属性に新たな禁止カードが増えました。レベル1チューナーのフィッシュボーグ-ガンナーです。

フィッシュボーグ-ガンナー

メンタルマスターと共にチューナーとしては初の禁止カード、魚族としては初の規制カードとなります。イレカエル等と同様に、無制限からいきなりの禁止化です。
イレカエルやドゥローレン等、最近の水属性のコンボ系カードの規制はだいたいこのカードのせいだったと思います。
私は水属性を使っていますが、正直このカードのスペックはいかがなものかと思っていました…。このカードを使うデッキはあまり組んだ事がありませんが。
でもいきなり禁止になるとは予想外でした。
これを期にレベル4以上の水属性も注目されて欲しいと同時に、これからは有用なレベル3以下の水属性が増えて欲しいものです(このカードの存在を気にしなくてもよくなったので)。

今まで何度か書いた事があるかもしれませんが、アニメ「5D's」に出演しなかったこともあってか、水属性はシンクロに乏しいです。シンクロモンスターの数もチューナーの数も、ほかの属性と比べると少ないです。そしてエクシーズが登場した事もあって、今後は水属性のシンクロもチューナーも増える事は無いでしょう・・・。
このカードは、そんな水属性におけるシンクロギミックをただ一枚で支えていた、そんなカードだったと思います。
【ガエル】【リチュア】【雲魔物】【ペンギン】といったチューナーの無い水属性のテーマデッキでのシンクロギミックも、他でもないこのカードが中心でした。
なので、このカードが抜けた水属性というのは、真ん中にポッカリと穴が開いたような感じなんでしょうか…。
まさか、「(このカードを使った)シンクロ以外の戦略を編み出せ」というKONAMIからのメッセージなのでしょうか!?でも大嵐制限、サイクロン無制限の今の環境だと非常に厳しいです…。
またシンクロ以外にも、アドバンス召喚のリリースの確保(特に黄泉ガエルと組み合わせると効果的だった)など、様々な使い方がありました。

チューナーを有する事もあってか、氷結界ではこのカードを使用する事は少なかったです。
しかし、氷結界には無いレベル1チューナーだという事を考えると、氷結界にとっても無視できない事態なのかもしれません。
ちなみに水属性のレベル1チューナーは、このカード以外では通常モンスターのウォーター・スピリットのみです。

開闢は復帰した一方で、属性の利点の一つであったチューナーを潰されてしまった水属性。
果たして今後はどんな道を進むのでしょうか?

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

悪夢

次期の制限改訂では、大嵐以外にも驚くべきカードが制限復帰を果たします。それは、遊戯王OCGをやっているプレイヤーなら誰もが驚くであろうモンスターカード「カオス・ソルジャー -開闢の使者-」です・・・。

カオス・ソルジャー -開闢の使者-

遊戯王において「開闢」というと十中八九このカードの事を指します。遊戯王OCG史上最凶のカードと名高い「混沌帝龍」と双璧を成すカードであり、「カオス」と呼ばれる暗黒期の象徴です。
また、制限改訂の度に復帰の噂が流されていました。
僕が本格的に遊戯王OCGを始めた頃にはこのカードは既に禁止カードであり、その強力さから制限復帰はまずないだろうと思っており、完全に「過去の存在」だというイメージでした。
試しにフリー対戦で何度か使ってみた事がありますが、そのカードパワーにただ驚くばかりでした。
カオス・ソーサラーが無制限になったという追い風があったとはいえ、オネストがいる現環境では復帰厳しいだろうなぁと思ってただけに、本当に信じられません
同族感染ウィルスすら帰って来られなかったというのに・・・。
先にも書きましたが、大嵐もこの開闢も、ネット上では制限改訂の情報が明らかになる前から復帰を予想・願望する声は大きかったです。

この開闢は、次期の環境において台風の目となる事は間違いないでしょう。なにせよ、「復帰は無いだろう」と考えている人も多かったであろうパワーカードなのだから・・・。
また、制限復帰を望む声も大きかった事から、その人気が伺えます。
当然、氷結界にとっても大きな脅威となって立ちはだかる事でしょう。モンスター効果も連続攻撃も、デモンズ・チェーンで防ぐ事ができますが、大嵐とサイクロンの緩和のせいで、デモンズ・チェーンのみならず永続罠そのものが脆いです・・・。
一応守護陣と御庭番の2体を場に並べれば、除外効果と攻撃の両方を封じる事ができます。浮上伝道師のおかげで、この2体を表側守備表示で場に揃えやすくなったのは嬉しいところです。
ただ、伝道師が登場した今、御庭番をメインに投入できるかというと・・・。個人的には「もしヴォルカザウルスが流行ったら御庭番をメインに復帰させようかなぁ」程度に思っていましたが、まさかヴォルカザウルスの比では無い程凶悪な、「対象を取る効果を持つ」モンスターが現れるとは…。

OCG界にまさかの復帰を果たした開闢。
ただ開闢だけが復帰したならまだしも、大嵐、サイクロンの緩和と同時という、まさに「泣きっ面に鉢」状態。
果たしてゲームバランスはどうなるのか!?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

絶句

昨日明らかになった2011/09/01~の改訂において、私が最も恐れていた事態が現実のものとなってしまいました・・・。

大嵐

ハリケーンが禁止となり、入れ替わりに大嵐が制限復帰してしまいました。
更に追い討ちをかけるように、サイクロンも無制限に緩和されます。
リビデや護封剣やグラヴィティバインドが緩和されたとはいえ、これらの除去カードの前でひとたまりもありません・・・。
大嵐&サイクロンの緩和によって、ロックカードを初めとした永続魔法・罠カードを戦術に取り入れていた氷結界は、壊滅的な被害を受けたといっても過言では無いでしょう。
強力なモンスターの特殊召喚を封じる神の宣告、警告も、攻撃や特殊効果を防ぐ為のデモンズ・チェーンも、いくら伏せていたとしても全て除去されるのですから・・・。
【湿地草原】軸の氷結界にとっても、痛手は避けられないでしょう。

前回の改訂の情報が明らかになる直前に僕は、やはり今のように大嵐が帰って来る事を恐れており、コメント欄で「氷結界にとって居心地の良い環境というのは、少なくとも大嵐が現役である環境では無いのは確かだ」という内容の一文を書いた事があります。
恐れていた事態が現実となり、今は氷結界デッキを一体どうしたらいいかわからない状態です・・・。

他にも書きたいことはありますが、今日は大嵐についての内容だけに留めておきます。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

嵐の前の静けさ

そろそろ新改定の情報が来る頃でしょうか。
この時期に突入してから確かな情報が公開されるまでは、どうも記事を書く気が起こらないです(汗

一体どんな新情報が来るのか、そして一体どんな改定になるのやら。非常に気になります。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

墓地肥やしを考える3

今回紹介する墓地肥やし用カードは、針虫の巣窟です。


針虫の巣窟

針虫の巣窟
通常罠
自分のデッキの上からカードを5枚墓地に送る。



1枚で5枚もの墓地肥やしを行えるカード。
単体での墓地肥やし枚数が多く、墓地肥やしやデッキ圧縮に役立ちます。
また、フリーチェーンの通常罠という事で、相手の除去効果にチェーンして発動する事もできます。
ディープダイバー等、デッキトップを操作するカードと組み合わせれば、好きなカード(+α)を墓地に送る事ができます。

悩みは、ノーマルレア故に入手困難だという点でしょう。
また、5枚もの墓地肥やしは、自分の好きカードを墓地に送れる可能性が高いと同時に、墓地に送りたくないカードが墓地に送られる可能性も高いという事を忘れてはなりません。
特に、規制されているカードがデッキから墓地に送られようものなら、相手の警戒を解いてしまう可能性すらあります。

入手困難ではあるものの、「大量の墓地肥やし」を考える際には無視できない、そんなカードだと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

新BE2

今日は新BE2の発売日でした。
狙うはシクレアのF・G・D。それ以外にも有用なカード、好きなカードがいくつかあるので当たるといいなぁと思いつつ購入。
今日当たったスーレア以上のカードは、生者の書、神の宣告、リボルバードラゴンの3枚でした。
前のBE2ではスーレア以上の罠カードがマジック・ジャマーしか当たらなかった身としては、神宣が当たったのが特に嬉しいです!
前に新BE1で当てたハリケーン共々、次の改定で禁止にならなければ良いのですが・・・(汗

私が目を付けているカードの中ではアトランティスがレア、ペンソルがスーレアにレアリティが格上げされています。
これらのカードも集めていきたいです。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

大嵐制限復帰?

チャットの集合時間を22:00~に変更しました。
詳しくはトップ記事にて。

新しく出るBE2で、大嵐がウルトラレアに格上げされているようです。
新BE1では高レアリティに禁止カードが沢山ありましたが、それらは全て、昔のBE1と同じレアリティもしくはレアリティを下げられたものでした。
昔のBE1のウルトラレアには、今では禁止になっているカードが大量にありましたが、新BE1ではそれらは軒並みレアリティが下がっており、新BE1でもウルレアのままなのはサンダー・ボルト1枚だけです。
そんな中、異例とも言える禁止カードの「格上げ」・・・。どうもこれは制限復帰フラグなのではないかと疑ってしまいます(汗
もしくは新BE1のサンボルの様に、ウルレア枠に1枚だけ「ハズレ」を紛らわせる魂胆なのか・・・?

リミリバやデモチェ等の永続カードをメインから投入できる【氷結界】にとって、大嵐は天敵ともいえる存在でした。
ハリケーンも大概ですが、大嵐を使われる恐怖と絶望感と言ったら・・・。
とにかく、「勘弁してくれ」って感じです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【シャーク】

出た!シャークさん風のデッキだ!

合計40枚
【モンスター20枚】
ドリル・バーニカル×3 キラー・ラブカ×3 シャーク・サッカー×3 ハリマンボウ×3 ニードル・ギルマン×2 ジェネクス・ウンディーネ×3 ジェネクス・コントローラー×3
【魔法14枚】
浮上×2 アクア・ジェット×2 サイクロン×2 サルベージ×3 ハリケーン 死者蘇生 ブラック・ホール ウォーターハザード レベル制限B地区
【罠6枚】
リビングデッドの呼び声 奈落の落とし穴×2 海竜神の加護×2 グラヴィティ・バインド-超重力の網-

【エクストラデッキ】
エアロシャーク リバイスドラゴン×2 ブラックレイランサー リヴァイエール×2 ブリューナク ドゥローレン トリシューラ トライアーム 他


アニメ「遊戯王ZEXAL」に登場する、シャークこと神代凌牙を意識したデッキです。
こうして見てみると、シャークが使用した以外のカードがあったり、逆にシャークが使用したにも関わらず投入できなかったものもあります(汗
GENFで登場した、除外に関する効果を持つ風属性の魚族・海竜族・水族のモンスター群が「シャークデッキのカード」としてみなされる事が多いですが、今回はそれらの所謂「除外海産物」達は、エクシーズモンスターのリヴァイエールを除いて採用していません。私自身の拘りから、なるべく水属性で戦うというコンセプトです。
ジェネクスウンディーネ&ジェネコンのセットを投入する事で、シンクロのギミックを取り入れました。ジェネクスウンディーネの墓地肥やし効果とキラーラブカやハリマンボウとの相性の良さも見逃せません。

悩みは、エクシーズモンスターが足りない事です(笑
またブラックレイランサーが、水属性のサポートも魚族・海竜族・水族のサポートも受けられないのが地味に痛いです。

ビッグジョーズやフィッシャーチャージを投入して、魚族中心に構築する事も考えています。
パワー不足感は否めませんが、ようやくアニメで水属性使いが登場したという事もあって、使っていて楽しいデッキです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

舞姫…!?

今日の「遊戯王ZEXAL」で登場したカード「氷結の舞」について、気になる事が・・・。

氷結の舞

効果そのものが強力なこのカードですが、それ以上に私が気になったのはこのイラストです。
このイラストで舞っている(?)人物はひょっとして…氷結界の舞姫ではないでしょうか!?
このカード名を聞いてまさかとは思っていましたが、よく見ると舞姫が手に持ってる武器(?)や身に着けているマフラーが確認できます。
ちなみに、これよりも前の回で登場した「守護神の舞」のイラストには、守護神エクゾードが描かれていました。

アニメオリジナルカードのイラストに氷結界のモンスターが登場するのは、「5D's」に登場した「シンクロ・バトン」以来です!
また、シンクロ以外の氷結界が他のカードのイラストに描かれるのはこれが初めてです。
ただ悔まれるのは、ほとんどシルエットしか見えないという点です…。カードイラストで写っていない膝から下のデザインは、よく分からないままです(汗

テーマ : 遊戯王ZEXAL
ジャンル : アニメ・コミック

【湿地草原軸氷結界】

伝道師が登場してから初めて【湿地草原型氷結界】を組んでみました。

合計40枚
【モンスター14枚】
水影×3 術者×3 伝道師×3 御庭番 ブリズド 鬼ガエル×3
【魔法17枚】
氷結界の紋章×3 湿地草原×3 サルベージ×2 浮上×2 サイクロン×2 ハリケーン 死者蘇生 光の護封剣 ブラック・ホール レベル制限B地区
【罠9枚】
リビングデッドの呼び声 エンジェル・リフト×2 ミラフォ 神の宣告 神の警告 奈落×2 グラヴィティ・バインド

【エクストラデッキ】
ブリューナク ドゥローレン ガチガチガンテツ 他


久々に使ってみると、低レベルならではの身軽な動きが魅力的だと感じました。
伝道師が登場した事によって回りが格段に良くなりました!このデッキではレベル5以上のモンスターを特殊召喚する場面がほとんど無い為、伝道師の特殊召喚を積極的に行えるのが良いですね。蘇生効果も絡めると更にいい感じです。
鬼ガエルでデッキからレベル2以下の水属性・水族を墓地に送る事で擬似的にサーチを行えるのも地味に有り難いです。
浮上は、伝道師を蘇生→墓地の水影や術者を攻撃表示で蘇生という流れを作る為に入れています。また鬼ガエルを蘇生する事で墓地肥やしも狙えます。
これからの改造案としては、好みで入れている御庭番やブリズドを抜いて、激流葬や神の警告といった除去系のカードを増やしてみようかと思っています。
海竜神の加護も是非入れてみたいところ。

今回組んだこのデッキは勝率もそこそこ良かったです。
これも【氷結界】の一つの形なのだなぁと感じました。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

墓地肥やしを考える2

前回に引き続き、氷結界の墓地肥やし方法を模索していきます。
今回紹介するのは、スクリーチです。


スクリーチ

スクリーチ
効果モンスター
星4/水属性/爬虫類族/攻1500/守 400
このカードが戦闘によって破壊された場合、
自分のデッキから水属性モンスター2体を選択して墓地へ送る。



戦闘破壊された時に、デッキから水属性2体を墓地に送る効果を持つモンスター。
戦闘破壊を介さなければならないものの、このカード1枚で2体もの水属性モンスターを墓地に送る事ができるという点はジェネクス・ウンディーネには無い利点です。墓地に送る水属性にはレベルや種族の指定は無いので、デッキに眠っている氷結界モンスターなら何でも墓地に落とせます。
「返しのターンの戦闘破壊」が怖かったジェネクス・ウンディーネに対し、このカードは戦闘破壊されてなんぼ。守備表示で壁として運用する事もできます。守備表示の時に戦闘破壊されれば(相手が貫通効果を持たない場合)当然戦闘ダメージを受けません。
サルベージやグリズリーマザーに対応しているのも大きな利点。特にグリズリーマザーからリクルートしてからでも効果を使えるのはジェネクス・ウンディーネには無い大きな利点です。
いざとなれば、自爆特攻して墓地肥やしを行うという戦術もありでしょう。

悩みは、やはり爆発力がある代わりに速射性に劣る点でしょう。
氷結界のブリズドもそうですが、戦闘破壊以外の方法で除去されてしまった場合に効果を発動できないのも辛いです。
このカードの攻撃力は1500であり、自爆特攻を狙って召喚した所を、奈落の落とし穴に落とされてしまうという事も考えられます。
また、このカードは爬虫類族であり、氷結界とは種族面でのシナジーを見出しにくいです。
爬虫類族には強力な除去カードの毒蛇の供物がありますが、毒蛇の供物のコストによる破壊では言うまでもなく効果は発動しません。

EXTRA PACKでは海外で先行登場した水属性が収録されており、海外では高レアリティだったものも、ことごとくノーマルカードになっています。
そんな中、このカードのレアリティはレア。これはEXTRA PACKシリーズの水属性では唯一です。
それだけ、このカードの墓地肥やし能力が評価されているという事なのでしょうか?

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

墓地肥やしを考える1

伝道師の登場で墓地肥やしの重要度が増した氷結界。そこで、墓地肥やしを行えるカードについて紹介していきたいと思います。
今回紹介するのはジェネクス・ウンディーネ。デッキからカードを墓地に送ることができるモンスターです。


ジェネクス・ウンディーネ

ジェネクス・ウンディーネ
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1200/守 600
このカードが召喚に成功した時、
自分のデッキに存在する水属性モンスター1体を墓地に送る事で、
自分のデッキから「ジェネクス・コントローラー」1体を手札に加える。



召喚成功時にデッキの水属性1体を墓地に送り、ジェネクス・コントローラー1体をサーチする効果を持つモンスター。
氷結界は全て水属性なので、この効果を使うことで確実に、デッキ内に眠る氷結界モンスター1体を墓地に送ることができます。
また、ジェネコンを手札に加えるので、このカードの召喚の分の手札量の消費が無いのも有り難いです。
サルベージにも対応しており、回収してまた召喚することで、更に墓地肥やしを行うことができます。

このカードは攻撃力が1200と低く、返しのターンで戦闘破壊されてしまう可能性が高いです。
自身の効果でキラー・ラブカを墓地に送ることで戦闘破壊を回避できる可能性が上がりますが、それはまた別の話…。
しかしこのカードは浮上に対応しており、浮上で蘇生しサーチしたジェネコンとシンクロする事でブリューナク等のレベル6のシンクロ召喚ができます。特に、チューナーに指定のあるトライアーム、チューナー以外に指定のあるドゥローレン、両方の素材に指定のあるハイドロジェネクスのシンクロを狙う事ができる点は見逃せません。

悩みは、サーチ効果にジェネコンが必要である為、多めに枠を裂いてしまう点でしょうか。
また、デッキ内にジェネコンが無いと墓地肥やし効果が不発になってしまう為、先に手札にジェネコンが来てしまうと墓地肥やしの機会が減ってしまいます。
サーチしたジェネコンを次のターンに召喚し戦線復活の代償のコストにする事で、墓地に送ったモンスターを蘇生するという戦法もありますが、伝道師がいる為、【氷結界】でやる意義は薄いです。また、戦線復活の代償が、リビデやリミリバとは違って再利用し難い点も辛いです。

氷結界もジェネクスも、どちらもDTで登場したテーマのカードです。
これら2種族の共闘というのは、ファンデッキとしても面白いと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

墓地肥やし手段

小回りが利く上に便利な蘇生効果を持つ伝道師の登場で、氷結界の墓地肥やしの重要度が増した気がします。
それでは、どんなカードを使って氷結界モンスターを墓地に送ればいいのか?今悩んでおります(汗

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード