スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜航母艦エアロ・シャーク

今日は、フリーザードンと並んで不遇な水属性エクシーズモンスターを紹介します…。


潜航母艦エアロ・シャーク

潜航母艦エアロ・シャーク
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/魚族/攻1900/守1000
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動する事ができる。
ゲームから除外されている自分のモンスターの数×100ポイントダメージを
相手ライフに与える。



ランク3の魚族エクシーズモンスターの潜航母艦エアロ・シャークです。
実は『遊戯王ZEXAL』作中で初めてエクシーズ召喚されたエクシーズモンスターでもあります。
このカードは、シンクロモンスターが1枚も登場しなかった魚族にとっては久しぶりのエクストラデッキのモンスターです。
エクストラデッキ要員の魚族モンスターは、第一期に登場した融合モンスターのマリン・ビースト以来なのです。

ところが、このカードの効果は自分のモンスターが除外されていなければ使用できないので、エクシーズ素材を積極的に取り除き難いという悩みを抱えています。
これは、私がエアロシャークをエクシーズ召喚しようと考える場合、もしくはエクシーズ召喚した後に、一番悩まされる事が多い点かもしれません。
その点を鬼神の連撃等の、エクシーズ素材を利用するサポートカードを使い易いというメリットと取ることもできますが、果たしてわざわざこのカードをサポートする意義があるのかどうか…。

それに加えて、エクシーズ素材を取り除く事によって発動するバーン効果の火力自体も非常に低いです。「除外」という厳しい条件とは明らかに割に合わないです。
ダークダイブボンバー等の前例から反省して火力を抑えたのでしょうが、今話題のグスタフマックスなんかを見ていると、何とも言えない気持ちになります。

何と言っても致命的なのは、同じランク3のエクシーズモンスターに、同じく「除外されているモンスター」に関する効果を持つ虚空海竜リヴァイエールの存在です。
リヴァイエールは除外されているレベル4以下のモンスターを特殊召喚できる効果を持っています。相手の除外モンスターも特殊召喚できる事もあり、どう考えてもリヴァイエールの方を優先してエクシーズするべきであり、優先してEXデッキに入れるべきでしょう。
エアロシャークの方が役立つケースとは言うと、自分の除外されたモンスターがレベル5以上のカードやエクシーズモンスター、蘇生条件を満たせないモンスターばかりの場合や、バーン効果でフィニッシュできる場合くらいでしょう。
おまけに、エアロシャークが魚族なのに対しリヴァイエールは水族と、恩恵を受けられるサポートカードも似通っています
一応、基本攻撃力はエアロシャークの方が100高いです。

エアロシャークの「使い道」として、専用の1ターンキルコンボの存在が挙げられます。
しかし、そのコンボには事故要因になり得る様なものも含めた多くのカードが必要となる上に、他のカードで同じような1ターンキルを行う方が効率的です。
以上の点から、私はこの1ターンキルコンボ=このカード自身の強さだとは認めていません

このカードが不遇たる最大の理由は、アニメでは強かったという点に他ならないでしょう。
アニメでは「自分の手札枚数×400ポイントのダメージを与える」というお手軽かつ強力な効果(効果名は「エアートルピード」)であり、シャークの切り札として度々登場しています。
しかもこの効果は、OCG版が発売された後の今でも尚変更されずにアニメで使用され続けています。
アニメ版での強力さとOCG版での微妙さのギャップ故か、このカードは妙な人気を呼び、アニメ公式サイトのモンスター人気投票でなんと2位にランクインしてしまいました(笑 かくいう私もエアロシャークに投票したのですが。
OCGでの効果は、ビッグ・ジョーズと同じく、GENFで登場した「除外海産物」を意識した効果なのでしょう。
全く違う「デメリット」効果に改変されてしまったビッグ・ジョーズに比べると、このカードは「エクシーズ素材を取り除いて相手にダメージを与える」という点では原型を留めていますが、それにしてもダメージ効率が悪すぎます…。

アニメ版とのギャップ故に過小評価されている部分もあるかもしれませんが、それを差し引いても使い難いカードである事には変わりないと思います。
本当にこのカードには何の救いも無いのか?カオスエクシーズチェンジでアニメ版の効果を持つカードでも出て欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

No.19 フリーザードン

以前シャーク・ドレイクの記事で、「水属性のエクシーズモンスターには、「使い道が無い」と言われているカードが2枚存在する」と書きましたが、その内の1枚を紹介します…。


No.19 フリーザードン

No.19 フリーザードン
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/水属性/恐竜族/攻2000/守2500
レベル5モンスター×2
自分のエクシーズモンスターがエクシーズ素材を取り除いて効果を発動する場合、
取り除くエクシーズ素材1つをこのカードから取り除く事ができる。
この効果は1ターンに1度しか適用できない。



デュエリストパック-遊馬編-でウルトラレアとして収録されているモンスター。同パック唯一の水属性モンスターでもあります。

効果は、「エクシーズ素材を取り除いて効果を発動する」エクシーズモンスターのエクシーズ素材を肩代わりするというもの。
このカードの問題点は、効果が他にエクシーズモンスターがいる事が大前提である上に、自身はランク5と重いという点です。
高ランクであるにも関わらず単体では何の意味も無いというのは致命的です。利点はというと、ランク5なので単体でもガイアドラグーンのエクシーズに繋げられる点くらいでしょうか。
とはいえ、ランク5には他に優秀なエクシーズモンスターが多く存在する為、わざわざこのカードを出す意義を見出すことができません。
特に、同じくDP遊馬編のウルトラレアであるヴォルカザウルスの存在が大きいです。ヴォルカザウルスはこのカードと同じく恐竜であり、強力な除去&バーン効果を持っています。
ヴォルカザウルスの優秀さとこのカードの微妙さの為に、DP遊馬編が「ヴォルカザウルス籤」と揶揄される程です。
いっその事、水属性・恐竜族で固めたデッキで使ってみようか…と思っても、水属性の恐竜族にはレベル5のものは存在しない為、エクシーズする事はできません(一応アトランティス発動下でのフロストザウルスブラキオレイドスならばエクシーズ素材にできますが)。
エクシーズ素材の肩代わりにしても、GAOVでエクシーズ素材としても使える装備魔法カードエクシーズ・ユニットが登場した為、ますます立場が危うくなってしまいました…。
また、攻守のステータスが中途半端な点も辛いです。せめて守備力が3000程あればなぁ…。

あまりにも不遇なカードなので、何とかして使ってやりたいと思いエクストラデッキに入れて戦ってみましたが、それでも出すのは他のランク5ばかりで、このカードの出番はありませんでした(汗
今後このカードについて何らかの救済措置があって欲しいものです…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の軍師

先日の御庭番と同様に、情報が出たばかりだった頃に一度取り上げた事があった軍師を、また紹介してみようと思います。


氷結界の軍師

氷結界の軍師
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1600/守1600
手札から「氷結界」と名のついたモンスター1体を墓地へ送って発動する。
自分のデッキからカードを1枚ドローする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



手札の氷結界1枚を捨ててカードを1枚ドローするという手札交換効果を持つカード。
手札の氷結界を墓地に送りつつデッキを掘り進める事ができます。なので、墓地肥やしとデッキの回転力のアップの両方に役立つカードと言えます。
同じく手札の氷結界モンスターを捨てる効果を持つ封魔団と違い、ドロー効果のおかげで手札枚数が減る事は無いのが嬉しい所。
墓地へ送った氷結界を伝道師やガンターラで蘇生すれば無駄がありません。特に、手札では腐りやすい上級・最上級の氷結界を優先して墓地に送るといいでしょう。
特に伝道師の蘇生効果は優秀なので、序盤からこのカードの効果の発動を積極的に行い、墓地を肥やしていきたいところです。
手札にサルベージがある時は、サルベージに対応するモンスターを優先して墓地へ送るといいかもしれません。

ステータス面でも重要な役割を持つカードです。
レベル4なので、レベル2チューナーの術者や水影とシンクロする事でブリューナクやドゥローレンなどのレベル6シンクロ、レベル3チューナーの守護陣とシンクロする事でグングニールなどのレベル7シンクロに繋げる事ができます。
ここで名前を挙げた氷結界チューナーは全て水族であり、浮上に対応しています。なので、軍師の効果でこれらのチューナーを捨てた上で浮上で蘇生する事で、即座にシンクロする事ができます。
このカードは魔法使い族なので、アーカナイト・マジシャンのシンクロ素材にする事もできます。
また、ランク4のエクシーズ素材にできる点も見逃せません。
攻撃力・守備力が共に1600という点もポイントです。反転世界の効果を受けず、攻撃表示の場合でも守備表示の場合でも、表側守備表示の守護陣と並ぶ事で、強力なロックをかける事ができます。

残念なのは、優秀な墓地肥やし効果を持っていながら自身はサルベージに対応していない点です。
また、攻撃力1600故にグリズリーマザーに対応しておらず、奈落の効果を受けてしまう点も悩みです。
特に効果を使う事無く奈落や警告などで除去されてしまうと非常に辛いです。この弱点は、氷結界の軍師の弱点というだけにはとどまらず、【氷結界】デッキそのものの弱点であると言えるでしょう。
墓地に行ってしまった場合は、伝道師の効果で蘇生し、再び手札交換効果の発動を狙いたいものです。

以上の点から、【氷結界】では主力となる下級モンスターの一体です。
初めてこのカードの情報を見たときには正直、これ程にも重要なカードになるとは思いもしていませんでした(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

E・HERO バブルマン

今回もまた、環境の移り変わりと共に再評価されていると思われる水属性モンスターを紹介します。


E・HERO バブルマン

E・HERO バブルマン
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻 800/守1200
手札がこのカード1枚だけの場合、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に
自分のフィールド上と手札に他のカードが無い場合、
デッキからカードを2枚ドローする事ができる。



遊戯王GXで主人公・遊城十代が使用したE・HEROの一体です。「主人公が使用した水属性モンスター」としては特に有名な部類ではないでしょうか。
ただ、効果自体はアニメよりも弱体化しています(汗
アニメ版では、自分の場に他のカードが無い場合に場に出した時にデッキから2枚ドローできる効果だったのに対し、OCG版では自分の場だけでなく手札も無い場合でないと2枚ドローできません。
なので、狙って使えるような効果ではありません。
場も手札も無い状況というのは明らかにこちらが大ピンチの状況であり、まるで「十代のような奇跡のドロー力でそこから逆転してみろ」と言わんばかりの効果です(笑
でも実際にこの効果で逆転の一手を引ければ最高でしょう。

このカードは増援Eコールエアーマンに対応しており、サーチ手段が豊富です。
また、同じE・HEROのオーシャンや融合軸のデッキには欠かせないモンスターである沼地の魔神王などと共にサルベージに対応しているのも利点です。回収する事によって、融合召喚による消費の解消に繋げる事もできます。
そして、水属性のHEROという事で、E・HERO アブソルートZeroの融合素材になれる点、マスクチェンジをする事でヴェイパーアシッドという2種類のM・HEROに繋げられる点を忘れてはなりません。

さて、このカードが再評価されている点は、以上のような利点に加え、手札がこのカード1枚だけの場合に手札から特殊召喚する事ができるという効果にあります。
というのも、カードのセットや融合などを駆使して手札を減らした上でエアーマンを召喚してこのカードをサーチし、サーチしたこのカードを特殊召喚すれば、エアーマンと共にランク4のエクシーズに繋げられるのです。
この場合、汎用ランク4エクシーズに加えて、戦士族の素材指定のあるブレード・ハートやエクスカリバーも出すことができます!

エクシーズ召喚の登場によって再評価されるようになった1枚。
今後HEROデッキを組む際には入れてみたいカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

情報 本当か嘘か?

2週間前位から一部でリークされていた「アルケミック・マジシャン」というカードの情報が本当の情報だった事に驚いている今日この頃です。
リークの早さ、そして画像まで本物だった事にはとにかく驚きです。いくらなんでも早すぎだろ・・・。

多くの人の関心が寄せられたこの情報が本当だった一方で、どういう訳か私に淡い期待を抱かせるような「リーク情報」に限って、ガセである事が非常に多いです・・・。
「氷結界の聖鳥ブリズド」に始まり、記憶に新しいところではブラック・コーン号が水属性であるという噂や、先史遺産クリスタル・スカルが水属性であるという噂がそうです(後者については、アニメで水属性でない事を確認済みだったので気にもとめていませんでしたが)。
あと、舞姫や紋章が登場したSTBLのリスト情報が出た時には、全容が明らかになる直前まで、「氷結界」の関連カードがもう一枚あるという噂が流れていました。
リーク情報らしき書き込みが目に留まると、特にそれが自分が望んでいるようなものだった場合、どうしても期待感を抱いてしまうので、それがガセだと知ったときにはショックを受けるものです(笑
私の目に留まった朗報で、それが本当だったケースなんて、海外で先行登場したRoyal Swamp Eelの情報と、リバイス・ドラゴンが水属性であるという情報と、氷結界の伝道師の情報くらいです…。

以上の事から、「新情報」なるものについては私は神経質になっています。
新情報が出た時にも、それが本物かどうか確定するまで見守るようにしています。
また、雑誌等のフラゲ情報についても、その発売日が来るまでは基本的に記事には取り上げないようにしています。

…昨日のこのブログのアクセスカウント数が、一昨日より100も増えていて驚きました。
ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮(仮)」という情報がネット上に出回ったからでしょうか?
これが本当だと嬉しいですが、例によってガセだと本当にぬか喜びにしかならないので、次のストラクについての情報が公式から公表されるまでは何も触れずに静観しておこうと思います。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界の守護陣

振り返ってみると、今まで一度も取り上げた事が無かったので今回は守護陣を紹介します。
つくづく肝心なものを紹介しないなぁと、我ながら思います(笑


氷結界の守護陣

氷結界の守護陣
チューナー(効果モンスター)
星3/水属性/水族/攻 200/守1600
自分フィールド上にこのカード以外の
「氷結界」と名のついたモンスターが表側表示で存在する限り、
このカードの守備力以上の攻撃力を持つ
相手モンスターは攻撃宣言をする事ができない。



レベル3のチューナー。ちなみに水属性のレベル3チューナーは、このカードと風水師の2枚だけです。
狐のような姿であり、獣族の様に見えますが、種族は獣族ではなく水族です。
なので、伝道師を経由せずとも浮上で蘇生する事ができます。軍師の効果でこのカードを捨てて浮上で蘇生し、グングニールアーカナイトをシンクロ、もしくはそのままロック、という流れは【氷結界】の定番になりつつあります。

このカードの効果は、他の氷結界と並んだ時に、このカードの守備力以上の攻撃力を持つ相手モンスターの攻撃を封じるというもの。このカードは守備力1600なので、実質「相手の攻撃力1600以上のモンスターの攻撃を封じる効果」と捉えていいでしょう。
自分のモンスターの攻撃もロックしてしまう術者とは異なり、相手にのみロックをかけるという点が魅力です。
また、あちらのロック効果は、エクシーズモンスターの登場によって突破されやすくなったので、今ではロックの束縛力自体もあちらより強力であると言えます。
その性質から、ロックをかける場合、このカードは表側守備表示にしておくのが理想的です。なので、表側守備表示で蘇生する効果を持つ浮上とは特に相性が良いです。場に氷結界モンスターが存在する時に伝道師を特殊召喚し、その効果で伝道師を墓地から表側守備表示特殊召喚し、ロックをかけるという事もできます。
これらのカードのおかげで、以前に比べて、格段にロックしやすくなったと言えるでしょう。
ガンターラで蘇生する有力な候補にもなります。ガンターラの蘇生効果の発動はエンドフェイズ時なので、アタッカーやシンクロモンスターを蘇生した場合は次の自分のターンまで持ち堪えられなければ真価を発揮できませんが、守護陣を蘇生すれば、即座にロック効果が使えます。

レベル3のチューナーであるという点自体も大きな利点であり、【氷結界】ではレベル5~7あたりのシンクロを狙うのに重宝します。
特にレベル4水属性とのシンクロで出せるグングニール、レベル3とのシンクロで出せるブリューナクやグングニールが狙い目です。
ハンマー・シャークの効果で特殊召喚すれば即座にレベル6のシンクロもしくはランク6のエクシーズに繋げられるという点もポイントです。

このカードでロックする場合、他の氷結界も攻撃力もしくは守備力が1600以上にしておくのが望ましいです。
もし他の攻撃表示の氷結界の攻撃力や守備表示の氷結界の守備力が1600未満であったならば、そのモンスターを戦闘破壊される事によってロックが崩されてしまう恐れがあります。
幸い、氷結界には1600という数値をもったモンスターが多いですが。
また、1600以上のモンスターと守護陣で場を固めていても、攻撃力1600未満の相手モンスターは攻撃できるという点には気をつけたいところです。
リクルーター等の自爆特攻は防げない他、異次元の女戦士N・グランモールは天敵となります。
もちろん、このカードが除去系のカードによって除去されてしまい、ロックを崩される事も多いです。
相手の対象を取るモンスター効果対策に御庭番(守備力が1600)、魔法・罠による破壊対策に大僧正と並べておけば、より強固な布陣となるでしょう。それでも、月の書精神操作強制脱出装置の前ではどうしようもありませんが(汗

相手のターンにリビデリミリバで蘇生する事で相手の攻撃をロックする事もできます。その場合、バトルフェイズの「スタートステップに使うのが望ましいです。(DTのスピードデュエルでは何故かこの段階でリビデの発動を問われないので、相手のメインフェイズ中に発動できる時にサッサと発動しておいた方が良い)
ウォーターワールド反転世界によってロック範囲を広げるという戦術も有効です。

サルベージグリズリーマザーにも対応しており、シンクロにロックと、【氷結界】を組む際には間違いなく主軸になる1枚です。
ただ、単体では単なる壁にしかならないのが玉に瑕です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

フロストザウルス

STARTER DECK(2012)が発売され、カードの仕様が新しくなりました。
そこで、記念すべき新仕様(第8期仕様)初の水属性モンスターを紹介しようと思います。


フロストザウルス

フロストザウルス
通常モンスター
星6/水属性/恐竜族/攻2600/守1700
鈍い神経と感性のお陰で、氷づけになりつつも氷河期を乗り越える
脅威の生命力を持つ。寒さには滅法強いぞ。



レベル6の通常モンスターのフロストザウルスです!
このカードは、リリース1体で召喚できるデメリット無しのモンスターの中では最高の攻撃力を誇りますが、再録されるのは意外にも今回が初めてです。

このカードを運用する場合は、勿論その高い攻撃力を活かす事になります。
アトランティス発動下でもレベルは5であり、リリースが1体必要になる事には変わらないので、【水属性】で使う場合はウォーターワールドを使用するデッキの方が良いでしょう。ウォーターワールドによって更にパワーが増します。
優秀なリクルート効果を持つハイドロゲドンや、レスキューラビットに対応する恐竜族通常モンスターの中で2番目に攻撃力が高い大くしゃみのカバザウルスと共に、水属性・恐竜族でまとめたデッキを組んでみるのも面白いかもしれません。

サーチには化石調査召喚師のスキル、回収には闇の量産工場儀水鏡の反魂術、蘇生には思い出のブランコ正統なる血統と、サポート手段が豊富な点も魅力です。
ダイガスタ・エメラルの蘇生効果で蘇生する事もできます。

特筆すべきは、レベル6の恐竜族モンスターという事で、エヴォルカイザー・ソルデのエクシーズ素材になれるという点でしょう。
ソルデの攻撃力自体はこのカードと同じですが、強力な耐性効果と除去効果を持つので、このカードを使う際にはEXデッキに入れておく価値はあると思います。
ただ、種族・属性共にフロストザウルスとは異なる点には気をつけたい所です。

私は前にネタで、水属性・恐竜族のモンスター(ブラキオレイドスも含む)を詰め込んだデッキを組んだ事がありましたが、思ったよりは強くて驚きました(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コアキメイル・アイス

今日紹介するのは、水属性のコアキメイルの内の1体です。


コアキメイル・アイス

コアキメイル・アイス
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1900/守1200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の永続魔法カード1枚を相手に見せる。
または、どちらも行わずこのカードを破壊する。
手札を1枚墓地へ送る事でフィールド上に存在する
特殊召喚されたモンスター1体を破壊する。



維持コストは、手札のコアキメイルの鋼核1枚を墓地に送るか手札の永続魔法1枚を見せるかのどちらか。
効果は、手札1枚を墓地に送ってフィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を破壊するというものです。
特殊召喚を駆使するデッキは非常に多いので、特殊召喚されたモンスターへの除去要員として活躍できます。
手札コストに指定は無いので、好きなカードを墓地に送れる点も地味ながらポイントです。
攻撃力は1900と高めなので、下級アタッカーとしても運用できます。特殊召喚されたモンスターを効果で破壊し、相手の場にダイレクトアタックを叩き込むのが理想的です。

ただ、遊戯王カードWikiではこのカードについて、「維持コストの都合で一般的な【水属性】には投入しにくい」と書かれています。
というのも、水属性には、このカードと同じ種族・レベル・攻守を持つアトランティスの戦士が存在するのです。除去効果こそ無いものの、水属性との相性については、あちらの方が上だと言わざるを得ないでしょう。
手札の消費量から、このカードを「使い捨ての特殊召喚モンスター除去要員」として使うのは好ましくないです。
このカードを【水属性】に投入する場合、維持コストとして無理なく投入できる永続魔法というと、ウォーターハザードや、汎用性の高い強者の苦痛あたりでしょうか。

水属性の中では「影の実力者」というイメージの1枚だと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ナーガ

まさか、このモンスターを取り上げる日が来るとは・・・。
自分でも思ってもみませんでした(笑


ナーガ

ナーガ
効果モンスター
星4/水属性/爬虫類族/攻1400/守2000
フィールド上に表側表示で存在するこのカードがデッキに戻った場合、
自分のデッキからレベル3以下のモンスター1体を特殊召喚する。



儀水鏡の反魂術の効果を見た時に、「フィールド上からデッキに戻った時になんらかの効果を発揮する水属性がいたらなぁ」と思いました。と同時に「まぁそんな都合良く存在する訳がないか」と思っていましたが、実は存在していたのです!
このカードの効果は、フィールド上からデッキに戻った時に、デッキからレベル3以下のモンスター1体を特殊召喚できるというもの。
反魂術の効果でデッキに戻した場合でももちろん効果を発動できます!
尚、このカードの効果を発動するにはデッキに戻る前にフィールド上で表側表示で存在しなければなりませんが、表側表示でなければ反魂術でデッキに戻すこと自体が不可能なので、(反魂術を使う場合には)あまり気にする事はないでしょう。

反魂術は2:2交換のカードですが、このカードをデッキに戻して効果を使えば、フィールドアドバンテージを損なわず、1:2交換となります。
リクルート先はレベル3以下のモンスターに限られているので、自身を特殊召喚する事はできません。
反魂術によって墓地の水属性を回収しつつ、クリッター等の有用なレベル3以下のモンスターをリクルートできれば、一度で二度美味しいです。
このカードと同じ水属性・爬虫類族の中でこのカードでリクルートできる目ぼしいカードといえば、オシャレオンあたりでしょうか。
それ以外でも、水属性・爬虫類族は、下級アタッカーとして使えるライオ・アリゲーター、墓地肥やし能力を持つスクリーチ、アトランティスに対応するレベル5の中で最大の攻撃力を持つギガ・ガガギゴ、爬虫類族の中で最大の攻守を持つゴギガ・ガガギゴなどなかなかの粒揃いです。
中でもスクリーチは、墓地肥やしによって反魂術の発動条件を満たせる為、相性が良いです。もちろん、これらのモンスターは全て反魂術で回収する事が可能です。

新たに登場したカードによって、過去に登場したカードを見直すことができるというのは、良い傾向だと思います。
今後もそういったカードが増えて欲しいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

No.32 海咬龍シャーク・ドレイク

6戦2敗

この数字が何なのか、分かる人は…いないでしょう(笑
6はGAOVまでに出た水属性のエクシーズモンスターの数であり、2はその中で使い道が無いと言われているカードの数です。具体名を挙げると、エアロシャークとフリーザードンが該当します…。
他の水属性エクシーズも、環境の変化とカードの増加によって、厳しい立場に立たされていると言わざるをえません。

さて、GAOVで新たに登場した「7戦目」の水属性エクシーズモンスターは、一体何をもたらすのか…?


No.32 海咬龍シャーク・ドレイク

No.32 海咬龍シャーク・ドレイク
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2800/守2100
レベル4モンスター×3
1ターンに1度、このカードの攻撃によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
破壊したそのモンスターを相手フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は1000ポイントダウンする。
さらに、このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。



水属性・海竜族のエクシーズモンスター。ランク4の水属性エクシーズは、メロウガイスト以来2体目です。
また、水属性のNo.(ナンバーズ)はリバイス・ドラゴンアシッド・ゴーレム、フリーザードンに続いて4体目です。

効果は、1ターンに1度エクシーズ素材を取り除く事で戦闘破壊し墓地に送った相手モンスター1体を攻撃力1000ポイントダウンさせて表側表示で特殊召喚し、もう1度だけ攻撃できるようになる、というもの。
アニメ版とは違い、2回目の攻撃の際には蘇生させたモンスター以外にも攻撃できます。したがって、No.共通の戦闘破壊耐性は無くなったとはいえ、アニメ版よりも強化されていると言えます。
また、蘇生効果の後に他のモンスターの攻撃を挟んだ場合でも、問題無く2回目の攻撃が行えます。
このカードは現在ランク4エクシーズの中で最高の攻撃力を持っており、特殊召喚したモンスターの攻撃力が1000下がっている事も踏まえると、相当の戦闘ダメージが期待できます。元々の攻撃力が1000以下のモンスターを蘇生すれば、ダイレクトアタックと同量の戦闘ダメージを叩き込む事ができます。

問題は、やはりエクシーズ召喚し難い点でしょう。このカードを場に出すには、3体ものレベル4モンスターが必要となるのです。
ただでさえ重いのに、せっかくエクシーズしても奈落など除去されてしまっては元も子もありません。また、エクシーズする前に素材となるレベル4モンスターが除去されてしまう事も考えられます。
更に、ランク4には、相手を戦闘破壊し墓地に送った後にもう1度だけ攻撃できるようになるカチコチドラゴンや、「攻撃できなくなるかわりに相手モンスターを墓地に送って1000ポイントのダメージを与える」効果を持つブラックコーン号が存在しています。それらはいずれもこのカードよりも少ない素材で場に出せます。
レベル4×3の素材で出せるランク4エクシーズにしても、ディシグマやウロボロスが存在しています。それらは共に何らかの除去能力を持っており、戦闘破壊を介さなければならないシャーク・ドレイクよりも安定していると言えます。
なので、このカードを出す状況は限られてくる気がします…。

一番理想的なのは、相手に送りつけた自分のモンスターを殴って戦闘ダメージを与えるという運用法でしょうか。特に、グリズリーマザー等のリクルーターを送りつけて2回殴れば、アドバンテージを得る事ができます。
とはいえ、エクシーズ召喚自体し辛いこのカードの他に更に他のモンスターを並べて、コントロールを移すというのはまさに至難の業です…(汗
このカードは海竜族の中ではネオダイダロス&スパイラルドラゴンに次ぐ攻撃力を持っているため、【海竜族】デッキならば、一度エクシーズ召喚しておけば、アタッカーとして死者蘇生やリビデ等で蘇生する機会が訪れるかもしれません。

レベル3ならば、シャークのカードを駆使すれば3体並べやすいものの、レベル4を並べなくてはならず、その難易度が高いという点が残念です。
シャークが使用したレベル4のモンスターは、今のところシャクトパスとハンマー・シャークの2体しか存在しません。
これから、シャークの使用カードにもレベル4関連のものが増えていって欲しいものです。


※2013/11/10に書き改めた記事はこちら↓
http://hyoukekkai.blog51.fc2.com/blog-entry-1074.html

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【アトランティスエクシーズ】

水属性のデッキでシャーク・ドレイクを出してみたいと思い、こんなデッキを組んでみました


合計40枚

【モンスター18枚】
アトランティスの戦士×3 アビス・ソルジャー×3 グリズリーマザー×3 ブリキンギョ×3 コダロス×3 ペンギン・ナイトメア×2 水の精霊 アクエリア×2

【魔法15枚】
伝説の都 アトランティス×3 サイクロン×2 大嵐 ブラック・ホール 死者蘇生 月の書 サルベージ×3 ウォーターハザード 強制転移×2

【罠7枚】
神の宣告 奈落の落とし穴×2 リビングデッドの呼び声×2 激流葬 スターライトロード

【エクストラデッキ15枚】
No.32 海咬龍シャーク・ドレイク ヴェルズ・ウロボロス イビリチュア・メロウガイスト インヴェルズ・ローチ
No.39 希望皇ホープ No.50 ブラック・コーン号 ラヴァルバル・チェイン 竜魔人 クィーンドラグーン
ジェムナイト・パール No.17 リバイス・ドラゴン 虚空海竜リヴァイエール No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
発条機雷ゼンマイン ブラック・レイ・ランサー スターダスト・ドラゴン



本命はランク4ですが、アトランティスによるレベルダウンによってランク3のエクシーズを狙う事ができます。
強制転移は、シャーク・ドレイクとのコンボのみならず、アシッド・ゴーレムを送りつけるのにも使えます。
私はデッキを組む際に、一にカタストル対策、二に手札を切る手段を怠ってしまう事が多いので、その両方を行えるアビス・ソルジャーは多めに入れています(笑
アクエリアの特殊召喚に必要な除外要員は、主にアビス・ソルジャーの効果コストやアトランティスの戦士を利用します。
アクエリアやグリズリーマザーブリキンギョなどを使って場にモンスターを展開して、エクシーズ召喚を狙います。

ところが、実際回してみると、そう上手く運用できるはずもなく…。
そもそもモンスター自体が全然引けません。初手に2枚(以上)ある事が奇跡に近いレベル。
モンスターが20枚でも引けない時は全然引けないものが、18枚だと引けるはずもありませんね…。

今のところ、シャーク・ドレイク等のランク4エクシーズに特化した構築にし、アトランティス関連やコダロスを抜いて他のレベル4モンスターを投入しようと考えています。デッキ名が変わってしまいますが(笑
中でもスクリーチを多めに投入したいです。グリズリーマザーやサルベージに対応し、墓地肥やしができるこのカードの存在はこのデッキには欠かせないと、使っていて感じました。
スクリーチ自身もサルベージに対応しており、墓地に落とした攻撃力1500以下の水属性をサルベージで擬似サーチ、という事ができます。
特にこの「擬似サーチ」にブリキンギョを絡めれば即座にランク4のエクシーズが狙えます。ブリキンギョはスクリーチの効果と噛み合わないと思っていましたが、それ以前にブリキンギョとレベル4モンスターが手札に揃うこと自体がほとんどありませんでした…。
スクリーチが入るだけで、このデッキを使っていて起こった事故の多くが解消できるような気さえします(笑
それでも、モンスターの枚数自体も今よりも増やそうと考えています。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の御庭番

御庭番再び!
まだ御庭番の情報が出たばかりだった頃(このブログを作ったばかりの頃でもあった)に一度取り上げた事があった御庭番を、また紹介してみます。


氷結界の御庭番

氷結界の御庭番
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 100/守1600
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は自分フィールド上に表側表示で存在する
「氷結界」と名のついたモンスターを
効果モンスターの効果の対象にする事はできない。



自分の氷結界モンスターを、相手のモンスター効果の対象にされなくする効果を持つカード。
自身も「氷結界」なので、単体でも対象を取るモンスター効果への耐性を持っています。

大僧正と同様に、自分の場の氷結界すべてに「対象を取るモンスター効果」への耐性を付与できる点が評価できます。
対象を取る効果を持つモンスターには、ブリューナクをはじめダムド、開闢など強力なものが揃っています。
エクシーズモンスターにも、ヴォルカザウルスやブラックコーンやマエストロークなど、対象を取る効果を持つものがどんどん増えています。
自分の氷結界モンスターを、これらのモンスターの効果から守れる意義は、決して小さなものではありません。

最大の悩みは、なんといってもこのカード自身のステータスが低すぎる点に他なりません。
守備力の1600という値は守護陣の守備力や軍師の攻守と同じであり、氷結界にとって一種の指標となる値ですが、攻撃力がったったの100。とても攻撃表示では場に出せません…。
したがって、このカードを出す場合、表側守備表示にしておくのが望ましいです。
特に、守護陣共々表側守備表示にしておけば、守護陣のロックによって戦闘破壊も防ぐことができます。以前はこの布陣を作りにくかったですが、現在は浮上伝道師を使う事でこれらのモンスターを表側表示で特殊召喚する事ができます。
浮上も伝道師の効果も、共に墓地からの特殊召喚なので、軍師の効果などでこのカードを優先して墓地に送ると良いでしょう。
更に大僧正も並べば魔法・罠による破壊への耐性も付けることができ、かなり強固な布陣となります。

耐性効果を守りだけでなくコンボにも利用できる大僧正とは違い、このカードで得られる耐性は完全に守り専用です。
また、こちらの氷結界を対象にするモンスター効果にチェーンしてこのカードを蘇生しても、その効果を防ぐ事はできません。
対象を取る魔法・罠カードには無力な点にも注意です。

トリシューラの禁止と、対象を取る効果を持つ厄介なモンスターの増加により、このカードの重要度は上がっている気がします。
しかし、やはりステータスの低さがネックであり、採用するかどうかはデッキ次第です…。

余談ですが、このカードは人型の氷結界モンスターの中でも結構人気が高くて驚きました。やはりイケメンだからでしょうか。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

今後の水属性は?

今まで何度も書いてきましたが、昨今の環境で活躍しているデッキとその属性の内訳は、

:代行天使、聖刻
:甲虫装機、暗黒界、BF
:カラクリ、マシンナーズ
:ドラグニティ
:ラヴァル、ジュラック

と、見事に水属性のデッキがありません

そこで今回は、ただ悲観するだけでなく、今後どのような水属性デッキが台頭して来るのかという予想も兼ねて、水属性のテーマを振り返ってみたいと思います。

リチュア
本命。
ジールギガス×2+グスタフ・マックスによる1キルや【聖刻リチュア】など、話題には事欠かない。

ガエル
対抗馬。実は一番最初の水属性統一テーマ。
属するモンスターの多くがレベル2以下の水族という事から、湿地草原をはじめ、サポートの豊富さは随一。
関連カードはサシカエル以来出ていないものの、裏ガエルや鬼ガエルといった単体でも扱いやすいカードが多いのがポイント。

氷結界
大穴。間違いなくフィッシュボーグ-ガンナー禁止のダメージが一番小さかった水属性テーマ。
最高レベルのシンクロモンスターのトリシューラを失ったが、同時に最大の弱点が消えたともとれる。
設定面からの言われようは散々なものだが、本当に何の救いも無いのか…?

ペンギン
「ZEXAL」以降の通常パックで新登場した唯一の水属性テーマ。
所属カード自体は第1期から出ていたが、カテゴリ化したのは第7期から。
とはいえ関連カードは大皇帝ペンギンだけである上に、その大皇帝ペンギンも、レスキューラビットにお株を奪われがち。
最近のトーナメントパックには、最近のパックやストラクのカードとのシナジーを意識したようなカードが再録される事が多いが、トビペンギンはいつまで経っても再録されない

・・・なんだかほとんどテーマを羅列しただけになってしまいました(汗
テーマデッキ以外にも、水属性には【アトランティス】や【アイスカウンター】といったデッキもあります。

果たして今後環境トップの仲間入りを果たし得るのはどのテーマなのか?それとも、別の新たな水属性テーマが出るのか・・・?
今後も目が離せません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

カード購入記

プロモパックが配布されたので、パックを色々と買ってみました。
私が主に買ったのはGS2012とBE01とGAOVでした。

GS2012は2パックでノーマルの開闢が当たりました!
これでノーレアはコンプ・・・。しかし、ゴールドのD.D.クロウがまだ1枚も当たっていません(笑
ノーレアをコンプできたのは一昨年のGS以来ですが、ノーレアが揃うまでに1枚も当たらないカードはあるとは。
また、私が欲しいと思っていたゴールドレアのスターライト・ロードは未だに1枚だけです・・・。

BE01は、ウルトラレアはブラック・ホール、スーパーレアはカオス・ポッドサイクロンバスター・ブレイダーが当たりました。
BE01のスーパーレアの中で一番欲しいと思っていたサイクロンが当たったのが良かったです!
ちなみに何パックか買って、当たったレア以上のカードは、バスター・ブレイダー以外全て今までゴールドシリーズに収録された事のあるカードばかりでした(汗

GAOVは、ノーマルもレアもスーレアも、目ぼしいものはある程度当てました。
が、ウルトラレアをまだ1枚も当てていなかったので、ウルレア以上のカードを当てることを目指して買ってみました。
すると、最後のパックでフォーカスフォースが当たりました。
どうやら「私が通常パックで一番最初に当てるウルレアは必ず一番のハズレアである」という伝説は崩れ去っていなかったようです。
GENF以来ここまで見事に続いてるのなんて、私くらいのものではないでしょうか(笑

プロモパック当たったカードは、
アーチャー 4 ウミノタウルス 3 スノーダスト 3 スノードラゴン 1 ランチャー 2

一枚だけ水属性じゃない上に前のプロモにもあったアーチャーがいっぱい当たって、かなりヘコみます・・・。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

フィッシュボーグ-ランチャー

今日から3月になり、新たなプロモパックの配布が始まりました。
今回のプロモは、収録カードに水属性のモンスターが多いです。今日はその中の1枚を紹介します。


フィッシュボーグ-ランチャー

フィッシュボーグ-ランチャー
チューナー(効果モンスター)
星1/水属性/魚族/攻 200/守 100
「フィッシュボーグ-ランチャー」以外の自分の墓地のモンスターが全て水属性の場合、
自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードはフィールド上から離れた場合、
ゲームから除外される。
このカードをシンクロ素材とする場合、
水属性モンスターのシンクロ召喚にしか使用できない。
「フィッシュボーグ-ランチャー」の効果は1ターンに1度しか発動できない。



半年前に禁止カードになったフィッシュボーグ-ガンナーを意識したカード。水属性・魚族のレベル1チューナーである点も共通しています。
墓地の同名カード以外のモンスターが全て水属性のみの場合、メインフェイズ時に蘇生する事ができます。
あちらに比べると、ノーコストで蘇生できる点、フィールド上の状況に関係無く蘇生できる点では勝っています。
しかし、この効果で蘇生した後にこのカードがフィールド上を離れる場合、除外されてしまうという手痛いデメリットがあります。
その為、FBGの様に手軽に再利用する事ができません。
また、墓地にいるモンスターが全て水属性であっても、それらが全て「フィッシュボーグ-ランチャー」である場合は蘇生できません。
蘇生効果を使用するにあたっての墓地のモンスターの制約から、基本的に水属性に統一したデッキで運用する事になるでしょう。

FBGはシンクロ時の他のシンクロ素材が全て水属性でなければならないのに対し、こちらはシンクロ先が水属性シンクロモンスターでなければならないという制限があります。
ところが、このカードのシンクロ先となる水属性のシンクロモンスターは、非常に数が少ないです。

そこで、このカードのシンクロ先となり得るモンスターを見てみましょう。

氷結界の龍 ブリューナク制限カード
氷結界の虎王ドゥローレン準制限カード。非チューナーに水属性の素材指定あり。
氷結界の龍 グングニール:非チューナーに水属性の素材指定あり。
氷結界の龍 トリシューラ禁止カード
ハイドロ・ジェネクス:チューナーに「ジェネクス・コントローラー」の素材指定がある。その為、A・ジェネクス・リモートの効果でカード名を「ジェネクス・コントローラー」に変更しなければシンクロできない。非チューナーにも水属性の素材指定あり。
神海竜ギシルノドン:「レベル2チューナー+レベル3非チューナー」という組み合わせでしかシンクロできない。その為、レベルを2にしなければシンクロできない。
氷結のフィッツジェラルド:チューナーに闇属性の素材指定がある。その為、属性を闇属性に変更しなければシンクロできない。非チューナーにも獣族の素材指定あり。

ただでさえ水属性のシンクロモンスターは数が少ないのに、なんらかの操作をしなければシンクロできないカードがほとんどです。
まさか水属性のシンクロの数が少ないことが、ここに来て響いてくるとは(汗
操作無しにシンクロを行えるのは「氷結界」と名のついたシンクロモンスター4体のみ。なので実質的に氷結界シンクロ専用のレベル1チューナーという事になります。
しかし、このカードが収録されたプロモパックの配布開始と同時にトリシューラが禁止カードになっています・・・(汗
また上記の通り、ブリューナクは制限カード、ドゥローレンは準制限カードである為、このカードのシンクロ先は実質わずかだけです。
氷結界にはレベル1のチューナーはいませんが、このカードを【氷結界】のレベル1チューナーとして採用できるかは微妙なところ・・・。

今後水属性のシンクロの数が増えれば、このカードの存在感も増す事でしょう。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。