キモイルカ

今日紹介するのは、N・アクア・ドルフィンです。
N(ネオスペーシアン)に属する水属性モンスター。


N・アクア・ドルフィン

N・アクア・ドルフィン
効果モンスター
星3/水属性/戦士族/攻 600/守 800
手札を1枚捨てる。相手の手札を確認してモンスターカード1枚を選択する。
選択したモンスターの攻撃力以上のモンスターが自分フィールド上に存在する場合、
選択したモンスターカードを破壊して相手ライフに500ポイントダメージを与える。
選択したモンスターの攻撃力以上のモンスターが自分フィールド上に存在しない場合、
自分は500ポイントダメージを受ける。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



遊戯王GXで主人公・遊城十代が使用したN(ネオスペーシアン)の一体です。劇中での扱いやその独自のフォルムから、「主人公が使用した水属性モンスター」としては間違い無く最も有名なモンスターでしょう。

効果は、手札1枚を捨てることでピーピングを行い、特定の条件でハンデスを行うというもの。
手札を捨てるのはコスト扱いである為、海皇の重装兵を捨てる事で、相手の場のカード1枚を破壊することができます。そこからハンデスが成功すれば更に美味しいです。
このカード自身の攻撃力は低い為、ハンデスの成功率を上げるためには、場に他の高攻撃力モンスターを並べる必要があるでしょう。

イルカの様な見た目でありながら、魚族でも水族でもなく戦士族である為、浮上には対応していません(進化前にあたるC・ドルフィーナが魚族な事もあり、間違えないようにしたいところ)。
それでも増援でサーチできたり、サルベージグリズリーマザー等の恩恵を受ける事ができたりと、サポート手段自体は豊富です。
ただ、低攻撃力であるもののデブリ・ドラゴンの蘇生効果には対応しないのは残念なところ。

このカードを語る上で欠かせないのは、なんといってもE・HERO ネオスとのコンタクト融合でしょう。
コンタクト融合する事で、E・HERO アクア・ネオスE・HERO ストーム・ネオスという、2種類のE・HEROを特殊召喚する事ができます(ストーム・ネオスはN・エア・ハミングバードとのトリプルコンタクト融合)。
DE1で登場するミラクル・コンタクトを使えば、よりコンタクト融合を狙いやすくなります!
このカードにミラクル・コンタクトを使う事で、上記の2体のE・HEROに加えてE・HERO ネオス・ナイトも出す事ができます(ただ、融合召喚ではない為ネオス・ナイトの攻撃力は上がらない点には注意)。
また、融合ミラクル・フュージョンを入れておけば、E・HERO アブソルートZeroの融合召喚も狙えるでしょう。水属性であるアクア・ドルフィンと並べば攻撃力が上がり、アクア・ドルフィンのハンデス効果の範囲も広がるため、相性が良いです。
E・HERO ゴッド・ネオスの融合素材になれる点にも注目です。

コンタクト融合やNのサポートを駆使する事で、E・HEROとも水属性とも違う、独自の戦術を展開したいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の輸送部隊

今日紹介するのは、氷結界の輸送部隊です。
次に出るストラクチャー「海皇の咆哮」が海竜族中心という事で、メインデッキに入る氷結界の中で唯一の海竜族であるこのカードについて触れてみます。


氷結界の輸送部隊

氷結界の輸送部隊
効果モンスター
星1/水属性/海竜族/攻 500/守 200
自分の墓地に存在する「氷結界」と名のついた
モンスター2体を選択して発動する。
選択したモンスターをデッキに戻し、
お互いにデッキからカードを1枚ドローする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



このカードは実は遊戯王OCG初にして、現在唯一のレベル1の海竜族モンスターです。
なので深海のディーヴァの効果に加えて、ワン・フォー・ワンでもデッキから特殊召喚する事ができます。
また、海皇の重装兵グルナードという、2種類のモンスターの「二重召喚効果」によって通常召喚する事ができます。

効果は、一言で言えば「氷結界専用の簡易版・貪欲な壺」といった感じです。
貪欲な壺とは異なる点は、デッキに戻すモンスターカードが2枚である点と、その後のドローがお互いにデッキから1枚ドローするという点です。
また、この効果は1ターンに1度しか使用できません。
氷結界には規制されているシンクロモンスターが多く、墓地に行った貴重なそれらをEXデッキに戻すのに使えますが、【氷結界】はそんなに頻繁にシンクロ召喚を行えるようなデッキではなく、何よりも「墓地からの再利用」という点では、伝道師の効果で蘇生するのが一番です。
浮上に対応している点も伝道師と共通しています。浮上で蘇生すればこのカードの低攻撃力を晒さずに済む利点がありますが、やはり基本的には蘇生効果を持つ伝道師の方を優先するべきでしょう。

氷結界モンスターをメインデッキに戻すことで、氷結界の紋章のサーチ先を増やすのには役立つでしょう。
手札に紋章があり、かつ「墓地に回収したい氷結界モンスターがいるがデッキにそれと同名カードはもう無い」という状況の時にサルベージが無い時、もしくはその回収したいモンスターがサルベージに対応しないモンスターだったという時には、このカードでその氷結界モンスターをデッキに戻した上で紋章でサーチする事で、擬似的に回収する事ができます(輸送部隊のドロー効果で引ける可能性もありますが)。
ただ、墓地のカードを2枚デッキに戻したいならば、制限カードではあるものの通常罠カードの転生の予言が存在します。

何よりも痛いのは、効果によって相手にも1枚ドローさせてしまう点です。
この効果で相手にキーカードを引かれようものなら、目も当てられないです。
一応、相手によるドローを便乗の発動トリガーにする事はできますが、伏せてから発動できるまでのタイムラグが辛過ぎる上に、果たしてこのためにわざわざ便乗を投入する意義があるかどうか・・・。
氷結界と同じDT出身のテーマの「ガスタ」の専用の貪欲な壺効果を持っているガスタの静寂 カームを見ていると、このカードの境遇がより悲しく思えてきます(泣
あちらは攻撃力が高く1枚ドローするのも自分だけであり、【ガスタ】の中でも重要なポジションにいるのに対し、一方のこのカードは・・・。
(ただあちらはデッキに戻す効果が「コスト扱い」であり、シンクロやエクシーズモンスターをEXデッキに戻せませんが)

このカードの主な使われ方は、シンクロ召喚でのレベル調整でしょう。
以前は【リチュア】において、レベル6の儀式モンスターを儀式召喚→ディーヴァを通常召喚→ディーヴァの効果でこのカードをリクルートという流れでレベル9のシンクロを狙うのに使用されていましたが、トリシューラの禁止化と【リチュア】の戦術バリエーションの増加によって廃れてしまいました(汗
今のところ、このカードを「海皇の咆哮」のカードと組み合わせる意義も、特には見出せません。

レベル1・海竜族という希少なステータスを持っているものの、どうも役に立ちにくい・・・そんなイメージのカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

タクリミノス

今日紹介するのは、通常モンスターのタクリミノスです。


タクリミノス

タクリミノス
通常モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1500/守1200
体にヒレを持ち、水中でも自由に動ける海竜の仲間。



水属性・海竜族・レベル4の通常モンスター。
このカードは通常モンスターである為、レスキューラビットの効果でデッキから2体特殊召喚する事ができます。そこからランク4エクシーズに繋げるのが主な運用法でしょう。
レスキューラビット単体の時にはラヴァルバル・チェインなどのレベル4×2のエクシーズ、先に他にレベル4モンスターがいた時にはシャーク・ドレイクなどのレベル4×3のエクシーズも狙えます(名前を出したランク4エクシーズは共にこのカードと同じ海竜族)。

同様の運用は、同じ属性・種族・レベルの通常モンスターの暗黒の海竜兵でも可能であり、あちらは単体でも下級アタッカークラスの攻撃力を持っています。
一方こちらの利点としては、サルベージグリズリーマザーに対応している点が挙げられます。
基本攻撃力は1500と、それらのサポートに対応するモンスターの中では最高の値です。
ただ暗黒の海竜兵共々、奈落の落とし穴には引っ掛かってしまう点には気をつけたいところです。
また、海竜族には、このカードと同じ属性・種族・レベルで奈落の効果を受けない効果モンスターのコダロスが存在します。

このカードは、「レベル4」「通常モンスター」「サルベージやグリズリーマザーに対応する」という条件を持つ唯一のモンスターであり、海竜族中心のデッキを考えている際にはたまに欲しくなったりします(笑
ところがこのカードは現在絶版であり、しかも希少価値が高いと思われる「ウルトラシークレットレア」仕様のカードである為か、性能に反して無駄に高い値段で売られているのを目にします。
古いカードである事に加え、応募者全員サービスパックのLIMITED EDITION 1に収録されていたカードとはいえ、収録内容や当時の遊戯王の知名度やカードプールから応募数自体があまり多くなく、市場に出回り難いという事情があったりするのでしょうか(これはあくまで私の仮説ですが)。

また、このカードは一番最初に登場した下級海竜族モンスターだそうです。
今度出る「水属性・海竜族」のストラクチャーである「海皇の咆哮」はまさに下級モンスターを軸にしており、このカードがその最初の一枚なのだと思うと何だか感慨深いです。
ただ、ストラクを含む近年の水属性や海竜族の主体は、下級の中でも特に「レベル3以下」のカード。上で挙げたようないくつかの利点はあるとはいえ、このカードの出番はあるかどうかは何とも言えないです(汗

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の舞姫

ここで紹介するのは氷結界の舞姫です!
通常パック初の氷結界のモンスターでした。


氷結界の舞姫

氷結界の舞姫
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1700/守 900
自分フィールド上にこのカード以外の「氷結界」と名のついたモンスターが
表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
1ターンに1度、手札の「氷結界」と名のついたモンスターを任意の枚数見せる事で、
相手フィールド上にセットされた魔法・罠カードを見せた枚数分だけ持ち主の手札に戻す。



レベル4・魔法使い族の氷結界モンスター。
下級氷結界の中では武士に次ぐ攻撃力を持っています。なので【氷結界】では下級アタッカーとして運用できるでしょう。
しかし高攻撃力のため、サルベージには対応していません。同じレベル4・魔法使い族で、【氷結界】の中でも重要な下級モンスターである軍師もサルベージに対応していない為、このカードを投入する場合はそれらのカードの配分に気をつけたいものです。
とはいえ、このカードの効果自体はサルベージと相性が良いため、サルベージは是非一緒に投入しておきたいところです。

効果は、自分の場に他の氷結界がいる時に手札の氷結界モンスターを任意の枚数相手に見せ、その枚数分だけ相手の場のセットされた魔法・罠をバウンスするというもの。一言で言えば伏せ除去効果です。
効果の発動には「自分の場に他の氷結界がいなければならない」「手札に氷結界を握っていなければならない」という二重の制約があるのが辛いです。
また、バウンスできるのは「相手の伏せカード」のみであり、表になっている魔法・罠や自分のカードは手札に戻せません
このカードの効果の発動にチェーンして、対象に選択した速攻魔法や罠カードをチェーン発動された場合、そのカードはバウンスされません。が、相手のカードの使用タイミングを狂わせるのには役立つでしょう。

このカードの効果を使う際には、サルベージ等で手札に氷結界モンスターを確保しておきたいところです。
このカードが場にいる時にサルベージで伝道師とあと1枚氷結界モンスターを回収し、伝道師を自身の効果で特殊召喚すれば、回収したもう1枚の氷結界を見せることで(妨害されない限りは)最低でも1枚はバウンスできます。

氷結界の中でこのカードと相性の良いカードは、氷結界の破術師でしょう。
破術師もまた自分の場に他の氷結界がいなければ効果を発揮できないカードであり、これら二者が並ぶ事でお互いの効果の発動条件を満たすことができます。
破術師の効果は、「お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分のターンが来るまで発動する事はできない」という効果です。したがって相手が魔法カードを使うためにはセットしなければならず、その次の自分のターンで舞姫の効果によってセットされたカードをバウンスすれば、相手の魔法カードの使用を妨害し続けることができるのです。
ただし、破術師は非常にステータスが低く戦闘破壊されやすい点、自分も魔法をセットしなければ発動できなくなる点には十分に気をつけたいところです。
伝道師の特殊召喚効果とリリース効果を駆使すれば、舞姫と破術師の2体を場に揃えやすいでしょう。
また破術師を使わずとも、他の氷結界と並べた上で魔封じの芳香を発動すれば、同じような感じで相手の魔法の発動を妨害できます。

バウンスした伏せカードは相手に再利用される恐れがあります。
それでも、グングニール等の効果発動の為の手札コストを確保しておきたい時や、こちらのモンスターの展開を確実に通したい時には、このカードの効果を使っておいた方が良いでしょう。
また、グングニールやアーカナイトの効果だけでは相手のカードを破壊しきれないような時にも使っておくと有効だと思います。

このカードは交霊師風水師封魔団に続く女性の氷結界であり、「氷結界=女性が多い」という(一部で囁かれている)イメージに貢献しているんじゃないかと思います。
その中でも舞姫は特に人気や知名度が高い気がします。容姿以外にも、それなりの有用性や通常パックで出た事もその一因なのでしょうか。
ちなみに海外ではこのカードのジャンボカードが配布されたことがあります。なんとも羨ましいです(笑
また海外ではこのカード自身もスーパーレアに格上げされています。

しかし【氷結界】デッキにおいてこのカードの優先順位はそこまで高くはなく、枠が無くデッキに入らないこともしばしば。
なんだか不憫に感じるので、いつかグルナードを軸としたデッキを組んだ様に、このカードを活躍させるようなデッキを組んでみたいものです(笑

また舞姫は、遊戯王ZEXALで登場した罠カード「氷結の舞」、遊戯王ZEXAL IIに登場した罠カード「アイス・チェーン」のイラストに登場しています。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ジョーズマン

今日紹介するカードはジョーズマンです。
「遊戯王ZEXAL」で初めてアドバンス召喚されたカードで、シャークのメインモンスターの中では今のところ一番攻撃力が高いカード。


ジョーズマン

ジョーズマン
効果モンスター
星6/水属性/獣戦士族/攻2600/守1600
このカードは特殊召喚できない。
このカードをアドバンス召喚する場合、
リリースするモンスターは水属性モンスターでなければならない。
このカードの攻撃力は、このカード以外の自分フィールド上に表側表示で存在する
水属性モンスター1体につき300ポイントアップする。



このカードはフロストザウルスや魔法剣士トランスと並び、上級モンスターの攻撃力の最高水準のラインである2600という攻撃力を持っています。
自分の場のこのカード以外の水属性1体につき攻撃力が300ポイントアップする効果を持っており、そこから更に攻撃力を上げることができます。

ところがこのカードには、「特殊召喚できない」「アドバンス召喚時にリリースするモンスターは水属性でなければならない」という二重のデメリットがあります。
「アドバンス召喚されたカード」という事を強調するためでしょうか?いずれにせよわざわざこんなにデメリットをつける程のものではない様な…。
このカードのレアリティはスーパーレアですが、そのあまりに不釣合いなデメリットからハズレア扱いされているのは言うまでもなく、海外版にはレアリティがレアに格下げされています。
デッキに入れたとしても、デメリットのせいで事故要員になる事の方が圧倒的に多いでしょう(笑
このカードのアドバンス召喚時のリリースの縛りはキツいですが、幸いにもアドバンス召喚主体のデッキによく用いられる黄泉ガエルが水属性である為、リリース要員として利用できます。
浮上などを駆使してリリース要員を揃えるのも良いでしょう。
黄泉ガエル以外にリリース要員としてイチオシなのは深海の大ウナギ。エンドフェイズ時までですが、ジョーズマンの攻撃力を底上げできます。
ちなみにレベルを4以下に調整すれば、アドバンス召喚では無い通常召喚をする事はできます。

ガエルや深海のディーヴァや海皇の重装兵などの展開能力は、このカードのアドバンス召喚のリリースの確保と、攻撃力の上昇要員の両方に役立つでしょう。
このモンスターを出した後に浮上などで水属性のモンスターを蘇生し、攻撃力の上昇に役立てるのも有効です。
特に相性が良いのはスター・ボーイで、一体が場に出ているだけでも、自身とスター・ボーイの効果によってこのカードの攻撃力は800も上昇します(攻撃力3400となる)。
浮上には対応しないものの、同じく自分の水属性の攻撃力を上げる効果を持つペンギン・ナイトメアも有効です。
フィッシュボーグ-ランチャーを墓地から蘇生していって攻撃力を上げるのも面白いでしょう。

このカードの悩みは二つのデメリットに留まらず、その種族にもあります。
このカードは何故か獣戦士族であり、シャークも多様する魚族・海竜族・水族のサポートの恩恵を受けられないという悩みを抱えています。
特にこのカードの召喚に成功した時にシャーク・サッカーを特殊召喚できないというのは辛いです。
そもそも水属性・獣戦士族のモンスターの数が絶望的に少なく、このカード以外にはグリズリーマザーと海外先行登場のSea Lancerしかいません。ちなみに水属性の素材指定のあるエクシーズモンスターのブラック・レイ・ランサーも獣戦士族です。
幸いにも(?)グリズリーマザーは水属性のリクルーターであり【水属性】でも重要度が非常に高い部類のカードではありますが、それでも獣戦士族自体が、種族サポートが少ない種族なのです(汗
一応幻獣の角を使用すれば、攻撃力を更に上げることができ、戦闘破壊した後に1枚ドローできるようになります。

全身から口が生えており、かなり奇妙なデザインをしています。
頭部には目が見当たりませんが、右腕は「シュモクザメ」という魚(ハンマー・シャークのモデルでもある)をモチーフにしている様で、ここに目らしきものがあります。この点もこのカードの奇妙さをより際立たせています。

更に余談ですが、このカードは登場してから1年経ってからようやく攻撃名が判明しました。
その名も「シャーク・ストリーム」

ネタとしてデッキに入れてみたら、妙に愛着が湧いてしまったカードです(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【遊戯王OCG】海竜族モンスターを集めてみた 2

海竜族のストラクチャーデッキが出るということで、大分前にあげた【遊戯王OCG】海竜族モンスターを集めてみたという動画の続きを作ってみました。

【遊戯王OCG】海竜族モンスターを集めてみた 2



果たしてこれらの動画で取り上げたカードの内の何枚がストラクで再録されるのやら。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : ゲーム

海皇の咆哮

海皇の咆哮

ついに、水属性のストラクチャーが登場する事が確定しました!
その名も、ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」です。
情報を見るに、どうやらレベル3以下の海竜族を中心としたストラクのようです。


海皇龍 ポセイドラ

海皇龍 ポセイドラ
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2800/守1600
自分フィールド上のレベル3以下の
水属性モンスター3体をリリースして発動できる。
このカードを手札または墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。
この効果でカードを3枚以上手札に戻した場合、
相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力は
手札に戻したカードの数×300ポイントダウンする。


これが今回のストラクの看板モンスターです。
リリース3体を要する特召喚効果を持っています。また、手札だけでなく墓地からも特殊召喚できます。
この効果で特殊召喚に成功した場合に、ハリケーンと同様の除去効果と、更に3枚以上バウンスした場合には相手モンスターの攻撃力を下げる効果を発動します。


海皇の重装兵

海皇の重装兵
効果モンスター
星2/水属性/海竜族/攻 0/守1600
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分のメインフェイズ時に1度だけ、
自分は通常召喚に加えてレベル4以下の海竜族モンスター1体を召喚できる。
このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時、
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して破壊する。


海皇の長槍兵海皇の突撃兵に続く「海皇の~」と名のつくシリーズモンスター。容姿も似通っています。
効果は、レベル4以下の海竜族専用の「二重召喚」といった効果。深海のディーヴァ以来2枚目の、海竜族単体のサポート効果です。
その深海のディーヴァで呼び出す事ができ、非常に相性が良いです。
2つ目の効果については、どのような効果で発動するのか裁定が気になるところ。


この他にもニードル・ギルマン深海のディーヴァシー・アーチャー浮上海竜神の加護忘却の海底神殿といったカードの再録が確定しています。
個人的には、GENFを買っても全然当たらなかった浮上の再録が嬉しいところです。
ドラグニティやドラゴンのストラクを見るに、海竜族以外の水属性も再録されそうですが、一体どんなカードが再録されるのか気になるところです。
機会があれば再録予想なんかもやってみたいところです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

煉獄の落とし穴

今回は、REDUに登場したこんなカードについて触れてみます。


煉獄の落とし穴

煉獄の落とし穴
通常罠
相手が攻撃力2000以上のモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
その攻撃力2000以上のモンスター1体の効果を無効にし破壊する。



REDUのスーパーレア枠の罠カードである煉獄の落とし穴です。
効果は、相手が攻撃力2000以上のモンスターを特殊召喚した時に、そのモンスター1体の効果を無効にし破壊するというもの。
しかし、どうも使い辛く中途半端感が否めないカードです…。

同じく「落とし穴」系の罠カードである奈落の落とし穴に比べると、特殊召喚にしか対応していない点でも攻撃力の点でも範囲が狭く、しかも破壊するだけで除外はできません。
また、1体しか破壊できず、効果を持たないモンスターも破壊できません。

同じく特殊召喚されたモンスターに対応する「落とし穴」には深黒の落とし穴が存在します。こちらはレベル5以上のモンスターに対応します。
破壊せずに除外するという点、複数体も除去できるという点で、深黒の落とし穴の方が勝ります。
煉獄の落とし穴が勝ってる部分は、エクシーズモンスターも除去できる可能性がある点でしょうか。

さて、このカードの注目すべき点は何と言ってもそのイラストでしょう。
なんと、ブリューナク、グングニール、トリシューラの3体の氷結界の龍が描かれています!
落とし穴の中から上を見上げたような構図となっており、上の方には氷結界のシンボルマークが写っています。
3体の龍を封印している場面なのでしょうか?

このカードの変わった点は「モンスター1体の効果を無効にし破壊する」点です。
なので、トリシューラの効果を封じつつ破壊するという事ができます。ただしトリシューラは現在禁止カードですが・・・。
一応ブリューナクやグングニールにも効きます。起動効果の優先権のルール変更前ならば効果的だったでしょうが、今のルールならば、奈落で除去した方が効果的です(汗
それでも、氷結界の鏡よりはいい感じに氷結界の龍へのメタになっているカードだと思います。
一昔前なら、3体の「氷結界の龍」はこのカードの絶好のカモだった事でしょう。もっと早く出ていれば、評価が変わったカードかもしれません。
もっとも、大僧正が場にいる場合は、氷結界の龍にこのカードは効きませんが(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

90000

このブログのアクセスカウンターが90000を超えました!
沢山のご閲覧ありがとうございます。

今後とも、この氷結界ブログをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界ブログ カードリスト

光道さんよりリンクの許可をいただいているお絵描きチャット(http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=372435)へのリンクをトップ記事に貼っていますが、最近私があまり入室しない事もあって、すっかり形骸化してしまっています…(汗
一旦リンクを解除して、定期的にチャット大会のような事をやった方がいいのかなぁと思うこの頃です。

さて、以前に作った「第7期に登場した水属性モンスターリスト」というページの跡に、今までこのブログで取り上げた事があるカードのリストを作ってみました。
ちなみに「第7期に~」というページ自体は、第7期の始めに水属性が少なかった事にむしゃくしゃして突発的に作ったページでした(笑

アドレスはこちら↓
http://www.geocities.jp/d81318/yu-gi-oh/water7.html


そして、留意点をいくつか。

・リンク先の記事の内容は、全て当時の制限改訂及びカードプールでの内容です。したがって、現在では使用不可能な戦略やコンボについて書いていたり、後から出たカードについて全く触れていなかったりします。

・複数回取り上げた事があるカードは、基本的に一番新しい記事にのみリンクを貼っています。

・このブログは一度背景を変更している為、背景変更前に書かれた記事の中には文字が見づらくなってしまっている記事があります。


何らかの参考にしていただければ光栄です。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

海皇の突撃兵

今回紹介するのは、新パックで登場した海皇の突撃兵です。
魔導書士バテルと共に、第8期初の新規水属性モンスターでもあります!


海皇の突撃兵

海皇の突撃兵
効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻1400/守 0
自分フィールド上にこのカード以外の
魚族・海竜族・水族モンスターが存在する場合、
このカードの攻撃力は800ポイントアップする。



海皇の長槍兵の派生種と思われるモンスター。「海皇」の存在が忘れられていなかったようで何よりです。
攻撃力・守備力・種族は長槍兵と同じですが、レベルは3になっています。

効果は、自分の場にこのカード以外の魚族・海竜族・水族モンスターがいる場合、このカードの攻撃力が800ポイントアップするというもの。このカードの基本攻撃力は1400である事から、攻撃力2200に強化される効果と見て差し支えないでしょう。
サイバー・ドラゴン等の攻撃力2100以下のモンスターを殴り倒せるこの数値は偉大です。
このカードを強化するには他の魚族・海竜族・水族を並べなければなりませんが、黄泉ガエルや鬼ガエル、シャーク・サッカー辺りならば展開しやすいでしょう。
グリズリーマザーのリクルート効果を駆使するのも有効です。攻撃力2200になれる効果を持ちながらもこのカード自身もグリズリーマザーに対応しています。
そして、長槍兵と同様に深海のディーヴァの効果でデッキから特殊召喚できます。もちろんディーヴァも海竜族であるため、ディーヴァから直接攻撃力2200のモンスターを展開することができるのです!
ディーヴァ等を装備してはじめて攻撃力2000になれるシー・アーチャーに対し、このカードはディーヴァから呼び出すだけで攻撃力2200になるので、アドバンテージを損なわずにライオウやローチ等を殴りに行く事ができます。特にそれらのカードによってシンクロが封じられている場合は、積極的に呼び出すべきでしょう。
手札からも、ハンマー・シャークの効果で特殊召喚する事ができます。
同じ海竜族のニードル・ギルマンと並べば攻撃力は2600にまで上昇し、攻撃力2500のラインのモンスターも殴りに行く事ができます。種族やレベルは異なるものの、ペンギン・ナイトメアやスター・ボーイと並べて強化するのも有効です。
また、同名カードが並んだ場合でも攻撃力は強化されます。

悩みは、場に他の海産物がいる状態でこのカードを場に出した場合、攻撃力2200の扱いになる為、奈落に落ちてしまうという点です。
ニードル・ギルマンにも同じことが言えますが、ディーヴァの効果で特殊召喚したこのカードが奈落に落とされてしまうと悲惨です・・・。
除外されてしまった場合は、リヴァイエールの効果で帰還させてあげましょう。リヴァイエールは水族である為、攻撃力2200の状態で帰還できます。

長槍兵から随分と経ってから登場した、海皇の突撃兵。
これは「海皇」の登場への布石なのでしょうか・・・?

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

海皇の長槍兵

今日紹介するのは、通常モンスターの海皇の長槍兵です。


海皇の長槍兵

海皇の長槍兵
通常モンスター
星2/水属性/海竜族/攻1400/守 0
海底を支配していると言われる、海皇に仕える長槍兵。
深く暗い海の底から襲いかかる長槍の連続攻撃は、深海魚たちに恐れられている。



レベル2の海竜族モンスター。ちなみに、今のところ通常パックで登場した最後の水属性通常モンスターです。
特筆すべき点として、このカードは、現在レベル2以下の通常モンスターの中で最大の攻撃力を持っています!レベル2のモンスターの中でも、炎龍と並んで一番高い攻撃力を誇っています。
フロストザウルスといいスパイラルドラゴンといい、この頃の水属性通常モンスターには、当時のステータスの上限を覆したカードが多い気がします(スパイラルドラゴンが更新したのは、当時の通常モンスターの攻守の合計値)。

高い攻撃力を持っていながら、このカードはローレベルや通常モンスターに関するサポートを存分に受ける事ができます。
もちろん、サルベージグリズリーマザー海竜神の加護などの水属性のサポートや、浮上ニードル・ギルマンキラー・ラブカなどの海竜族のサポートを受ける事もできます。
特に、このカードは深海のディーヴァの効果で特殊召喚できるレベル2非チューナーの海竜族であり、ディーヴァからの特殊召喚から、アームズ・エイドのシンクロやランク2エクシーズのエクシーズ召喚に繋げる事ができます!
また、伝説の都 アトランティスの発動下では、レベル1モンスターに関するサポートも受ける事ができます。

余談ですが、デュエルターミナルのアクションデュエルのミニゲーム「サルベージ」ではこちらを妨害してくる敵キャラとして登場。宝箱が近くを通ると真っ直ぐ突進してきます。

それにしても、彼らが仕える「海皇」とは一体何者なのかが気になるところです…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界に住む魔酔虫

今、遊戯王OCGで最も猛威を振るっているテーマといえば、甲虫装機です。
甲虫装機といえば、全てのモンスターが昆虫族。なので昆虫族は、ある意味最も勢いのある種族と言えます。
そんな昆虫族ですが、水属性にも、昆虫族のモンスターが1体だけ存在します。


氷結界に住む魔酔虫

氷結界に住む魔酔虫
効果モンスター
星4/水属性/昆虫族/攻1300/守1800
このカードが召喚に成功した時、使用していない
モンスターカードゾーンを1ヵ所指定して発動する。
指定したモンスターカードゾーンはこのカードが
フィールド上に表側表示で存在する限り使用不可能になる。



「氷結界」に属するモンスターの内の1体の、氷結界に住む魔酔虫です!
他の氷結界と違い、名前が「氷結界~」ではなく「氷結界に住む~」となっています。また、それに従って海外名も、他が「~of the Ice Barrier」なのに対し、「~in the Ice Barrier」となっています。
今のところ、このような名前の付けられ方をされているのはこのカードのみです。古の龍の封印を守護する「氷結界」の一族とは関係無い、原生の生物か何かなのでしょうか?
また、名前が「酔虫」ではなく「酔虫」である点にも気をつけたいところです(ちなみに私は、今まで作った動画の中で間違えていた事が何回かありました)。

このカードは守備力が1800と高めであり、氷結界の下級モンスターの中では封魔団に次ぐ数値です。しかし、ライオウなどの攻撃力1900ラインの攻撃に耐えられないのは辛いところ。
攻撃力は1300。封魔団より100高い数値であり、奈落にも連鎖除外にも掛からない氷結界モンスターの中では最高の数値です。
ステータスから、どちらかというと守備的なモンスターと言えます。

このカードの効果は、通常召喚に成功した時に、表側表示で存在する限り使用していないモンスターカードゾーン1ヵ所を使用不可能にするというもの
早い話がフィールドをロックする効果なのです、通常召喚によって場に出した時にしか効果を発動できません。これは、攻撃力よりも守備力の方が高いこのカードのステータスとは、あまりにもミスマッチです。
特殊召喚された場合や、セットしていたこのカードが表になった場合は、効果は発動せず、効果なしも同然となってしまいます…。
しかも表側表示で存在しなければロックを継続できません。攻撃力が低く場、持ちが良いとも言えないこのカードにとっては、更にミスマッチです。
ロック効果自体も、モンスターゾーンを1つ封じるだけという微妙なものです…。
モンスターゾーンが6つ(自分のと相手のが、それぞれ3つずつ)しかないデュエルターミナルのスピードデュエルならば、それなりの束縛力はあるでしょうか。
このカードに限らず、初期の頃のDTには、OCGよりもDTのSDを意識したと思われる様なカードが多いです。

いくつか出ている氷結界シリーズモンスターの中でも、本当に使い道に悩むカードの内の1枚です…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

瓶亀

今日紹介するカードは、下級水属性の中で最高の守備力を持つカードです。


瓶亀

瓶亀
効果モンスター
星4/水属性/爬虫類族/攻 200/守2100
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
「強欲な瓶」が発動する度に自分のデッキからカードを1枚ドローする。



爬虫類族の瓶亀です。
守備力2100という値は、下級水属性の中では単独でトップです。なので、壁役として活躍できます。
サルベージや、同じく水属性・爬虫類族のオシャレオンによるサーチに対応しているので、それらを駆使して手札に加えてセットしたいところです。

単体でも壁として機能するこのカードですが、効果自体もなかなか面白いものです。
その効果は、強欲な瓶の発動時に自分のデッキからカードを1枚ドローするというもの。
このカードのおかげで、強欲の瓶は、八汰烏の骸の完全下位互換ではなくなりました。
強欲な瓶自体は、発動は遅いもののフリーチェーンでほぼ確実に手札交換ができるカードであり、ブラフやデッキ圧縮に使える良いカードです。
それが、このカードと組み合わせることで、更にドロー枚数を増やすことができるのです。
強欲な瓶を複数枚発動したり、このカードを複数枚並べてから強欲な瓶を発動したりすれば、アドバンテージを稼ぐ事もできます。
効果の発動を狙う場合は、グリズリーマザーによるリクルートによってこのカードを場に出すといいでしょう。
守備力が高い代わりに攻撃力が非常に低いので、攻撃表示で出すのは危険です。とはいえ、一か八かのドローに賭ける為に攻撃表示で出すというのもありでしょうか。
攻撃表示で晒したこのカードは、毒蛇の供物で破壊するのが効果的でしょう。
また、攻撃力の低さから、デブリ・ドラゴンで釣り上げることができ、そこからランク4のエクシーズ召喚に繋げられます。

このカードの悩みは、何といってもノーマルレア故に入手しにくいという点でしょう。
たまに使ってみたいと思うことがありますが、手に入りにくいのは辛いなぁと感じます(汗

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

グラナドラ

今日紹介するカードはグラナドラです。
マイナーながら、下級水属性の中で最高の攻撃力を持つカードの内の1枚です。


グラナドラ

グラナドラ
効果モンスター
星4/水属性/爬虫類族/攻1900/守 700
このモンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分は1000ライフポイント回復する。
このカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分は2000ポイントダメージを受ける。



原作・アニメで闇マリクが使用したカード。闇マリクの使用カードと言うと闇属性のイメージが強いですが、水属性としてOCG化されているものも意外とあります。

効果は、召喚・反転召喚・特殊召喚成功時にライフを1000ポイント回復する効果と、破壊され墓地に送られた時に2000ポイントのダメージを受ける効果の2つ。
場に出した時に1000ポイント回復するものの、破壊され墓地に送られた時に2000ポイント減るので、このカードを場に出す場合には、累計1000ポイントのダメージを覚悟しなければなりません。
とはいえ、破壊されても墓地に行かなかった場合や、「破壊」以外の方法で墓地に送られた場合はライフは減りません。つまりライフを1000ポイント回復できるのです。
なので、このカードは早いうちにシンクロ素材やエクシーズ素材にしたいところです。

このカードの攻撃力は1900と、下級としては高めですが、破壊され墓地に送られた場合の損失が大きいです。
このカードはデメリットアタッカーとしてデザインされたのでしょう。当時は、今ほど攻撃力1900のモンスターは多くなかった時期です(とはいえ、攻撃力1900の通常モンスターも既に存在していた時期なのですが…)。
下級相手には強気に立ち回れるでしょうが、上級など、このカードよりも攻撃力が高いモンスターが相手だと一気に弱くなってしまいます(笑
この効果は下級アタッカーにはミスマッチな気がします…。

このカードの種族は爬虫類族です。爬虫類族には、強力な除去効果を持つサポートカードの毒蛇の供物が存在しますが、それさえもこのカードと相性が悪いです。
毒蛇の供物の発動に要する行動は爬虫類族のリリースではなく破壊なので、次元の裂け目やマクロコスモスの発動下でもない限り、ダメージを負ってしまいます

デメリットの目立つこのカードですが、これでもアトランティスの戦士が登場するまでの長らくの間、下級水属性の中で最高の攻撃力を誇っていました。
今やデメリットの無い水属性のアタッカーとしてアトランティスの戦士やライオ・アリゲーター、デメリットありのものでもコアキメイル・アイスやコアキメイル・シーパンサーが登場しているのには時代の流れを感じます。
特に、ライオ・アリゲーターはこのカードと同じ爬虫類族です。あちらは爬虫類族とシナジーのある効果を持っているので、一緒にデッキに入れて使ってみるのも面白いかもしれません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【水属性ランク4エクシーズ】

先日組んだ【アトランティスエクシーズ】の反省から、とにかく展開力を重視した(つもりの)水属性レベル4モンスターのデッキを組んでみました。
以前に記事で羅列した、展開力が優れていると思われる様なカードをできる限り詰め込んでみました(笑


合計40枚

【モンスター19枚】
グリズリーマザー×3 ブリキンギョ×3 ハイドロゲドン×3 水の精霊 アクエリア×2 リチュア・ビースト×3 リチュア・エリアル×3 スクリーチ×2 

【魔法13枚】
サイクロン×2 大嵐 ブラック・ホール 死者蘇生 月の書 精神操作 サルベージ×3 ウォーターハザード 強制転移×2

【罠8枚】
神の宣告 奈落の落とし穴×2 リビングデッドの呼び声×2 激流葬×2 スターライト・ロード

【エクストラデッキ15枚】
No.32 海咬龍シャーク・ドレイク ヴェルズ・ウロボロス ヴァイロン・ディシグマ イビリチュア・メロウガイスト
No.39 希望皇ホープ No.50 ブラック・コーン号 インヴェルズ・ローチ ラヴァルバル・チェイン
エヴォルカイザー・ラギア ジェムナイト・パール 交響魔人マエストローク スターダスト・ドラゴン 他
 


モンスター枚数はあまり変わらず(汗
リチュア・エリアルは、リチュア・ビーストのサーチ要員兼蘇生要員として投入。
スクリーチは、以前のデッキの記事では絶賛していましたが、よく考えるとデッキからモンスターを墓地に落とす=デッキ内のモンスター枚数が減ってしまい、場合によってはモンスターを引く確率が下がってしまうという事に気付きました(笑 なので、スクリーチを場に出すのはサルベージが手札にある場合に留め、墓地肥やしから、ブリキンギョやリチュア・ビーストの回収(擬似サーチ)に繋げます。
ハイドロゲドンは、基本的にラギアのエクシーズ素材として使います。戦闘は月の書で補助。
強制転移は、シャーク・ドレイクとのコンボ(かなりロマン気味)狙いですが、単にグリズリーマザーを送りつけて殴るというのもシンプルながら有効ですね。
アクエリアさんより勧められた精神操作も入れてみました。
同じく指摘を頂いた様に、ウォーターハザードは抜こうと考えています。替わりには儀水鏡の反魂術あたりを入れようと検討しています。ハイドロゲドンをデッキに戻してリクルート先を稼ぐ事ができる上、ハイドロゲドン自体も回収できるのが利点かなぁと考えています。

デッキの相性もあるでしょうが、戦ってみると前回よりもすんなりとモンスターを展開する事ができました。シャーク・ドレイクヴェルズ・ウロボロスといった、素材が3体必要なエクシーズを出せた事も…!
特に、釣り上げ効果を持つリチュア・ビーストの存在が偉大だと感じました。
リクルーターを強制転移で相手に送りつけた上でシャーク・ドレイクで殴る、というコンボも一度だけ成功しました。

展開力のあるレベル4の水属性モンスターがこれからも増えて欲しいところです。
このデッキには水属性に関する効果を持つカードはサルベージとアクエリアしか入っていませんが(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

属性とラインナップ数

新パックREDUでは、地属性のモンスターや地属性のサポートが数多く収録されるようです。
新たなカテゴリとして登場する先史遺産・ヒロイック・魔導書・マドルチェ・ギアギアの5つのカテゴリの内、マドルチェとギアギアの2つが地属性のみ、先史遺産とヒロイックの2つは地属性と光属性が混在というテーマです。
まさに地属性尽くしです。

思えば、第7期最初のパックのDREVも地属性がかなり多かったです。
収録されていた4つのカテゴリの内3つが地属性のテーマであり、アニメ出身のカードにも、獣族関連のものなど、地属性がかなり多かったです。

では、私が応援している属性である水属性はどうでしょうか。
そこで「水属性」のイメージが強いであろうGENFを振り返ってみます。
GENFにはアニメでシャークの使ったカードが多く収録されていた為、アニメ枠に水属性が多かったです。
しかし、それらのカードとシナジーがあるカード・・・OCGオリジナルの、除外に関する効果を持つ「海産物」のモンスター達は全て風属性でした。
ちなみにOCGオリジナル枠の水属性モンスターはゼンマイマイとリチュア・ディバイナーの2体でした。
これら「除外海産物」が風属性であるおかげで、風属性のモンスターもそれなりの数がラインナップされている事になり、水属性の数とも釣り合いがとれているように感じます。
上手く釣り合いをとるためににそうしたのかと思いましたが、REDUの地属性の多さを見てからだと、GENFで水属性が多くなっていても、バチは当たらなかったのでは?と思い始めました。なぜ地属性は許されて水属性はダメなのか・・・。
(ちなみに上で名前を挙げたDREVには水属性は1枚もありませんでした
除外海産物が水属性では無いという事は、「水属性」のサポートと「魚族・海竜族・水族」のサポートは別物であるという事を示すいい機会だったとは思いますが、それでも「もし水属性だったら…」と思うことはあります。
水属性以外の海産物にはリヴァイエールやチェインといった優秀なエクシーズが揃っている一方で、水属性の海産物にはエアロシャークシャークドレイクといった使い難いエクシーズが目立つ現状だと尚更です…。

ともかく今は、新しい情報を(真偽も含めて)見守るしかありませんね。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

神海竜ギシルノドン

今日紹介するカードは、通常パック唯一の水属性シンクロモンスターです。


神海竜ギシルノドン

神海竜ギシルノドン
シンクロ・効果モンスター
星5/水属性/海竜族/攻2300/守1800
チューナー+チューナー以外のレベル3モンスター1体
フィールド上に表側表示で存在する
レベル3以下のモンスターが墓地へ送られた時、
このカードの攻撃力はこのターンのエンドフェイズ時まで3000になる。



レベル5の海竜族シンクロモンスターの神海竜ギシルノドンです。
このカードの肩書きは「神海竜」であり、ネオダイダロスの肩書きである「海竜神」と似ていてややこしいので、間違えないように気をつけましょう。

このカードの素材は、チューナー以外には「レベル3モンスター1体」と、レベルと数が指定されています。
チューナーの方は一見素材指定無しのように見えますが、自身のレベルとチューナー以外の素材指定から、このカードをシンクロする場合にはレベル2のチューナーを使用しなければなりません。
つまり、このカードをシンクロできる組み合わせは「レベル2チューナー+レベル3の非チューナー」という組み合わせのみです。
なので、数少ない貴重な水属性シンクロモンスターであるものの、レベルを2にしなければフィッシュボーグ-ランチャーでシンクロする事はできません。

このカードをシンクロ召喚しやすい組み合わせといえば、やはり深海のディーヴァを使ったシンクロギミックでしょう。
深海のディーヴァを通常召喚し、効果でデッキからニードル・ギルマンやシー・アーチャー等のレベル3の海竜族をデッキから特殊召喚すれば、このカードのシンクロへのシンクロに繋げる事ができます。
深海のディーヴァはこのカードと同じ海竜族であり、登場した弾も同じである事から、このカードを意識してデザインされたとみて間違い無いでしょう。

効果は、フィールド上の表側表示のレベル3以下のモンスターが墓地に送られた時、エンドフェイズ時まで攻撃力が3000になるというものです。
墓地に送られる必要のあるレベル3以下のモンスターは自分のものでも相手のものでも良い為、このカードが場にいる時はなるべくレベル3以下のモンスターを優先して墓地に送って行きたいものです。
シンクロ召喚をする場合はほぼ確実にレベル3以下のモンスターを素材に使用する為、相手のシンクロモンスターに打点負けし難いという利点があります。
サルベージ等を駆使してこちらが後続のシンクロモンスターを出してこのカードの打点を上げ、一気に攻め込むというのも有効です。

このカードには悩みもいくつかあります。
まず一つは、シンクロ召喚する優先度が低くなりがちという点です。
というのも、レベル5のシンクロモンスターには、カタストルハイパーライブラリアンといった優秀なものが揃っています。また、マジカルアンドロイドもこのカードの基本攻撃力よりも打点が高く、これらのモンスターはいずれも素材指定がありません。
たとえ相手のモンスターの攻撃力が2300や3000よりも高い場合であっても、そのモンスターが闇属性以外ならカタストルの効果で破壊する事ができ、先に書いた「後続のシンクロモンスターを出す」という戦術にしても、先にライブラリアンを出していれば後続を出した後に1枚ドローする事ができます。
また、「海竜族のシンクロモンスター」という点でも、優秀な除去効果を持つブリューナクが存在します。もっとも、あちらはレベルが異なる上に現在制限カードですが。
このカードをシンクロする意義があるのは、深海のディーヴァ等を利用した、種族や属性の面でのシナジーが見込めるデッキでしょうか。

他にも、効果を発動できる機会が少くなってきているという悩みもあります。近年はエクシーズ召喚の普及によって、レベル3以下のモンスターをエクシーズ召喚に使用するというケースが増えています。
エクシーズ素材として取り除かれるモンスターや、エクシーズモンスターが除去された時などに墓地に送られる素材モンスターは「フィールド上から墓地送られた」という扱いにはならない為、このカードの攻撃力を上げる事ができません。
このカードの攻撃力が3000より高い場合であっても、レベル3以下のモンスターが墓地に送られれば攻撃力は3000になってしまうという点にも気をつけたいところです。
この点から、アクア・ジェット等による強化にはあまり向いていないかもしれません。また、ウォーターワールドやニードル・ギルマン等による全体強化効果との兼ね合いにも気をつけたいところです(これらのカードが場にあるままの状態でレベル3以下のモンスターが墓地に送られた場合でも攻撃力は3000になる)。
そして、裏側表示のレベル3以下モンスターが戦闘によって破壊され墓地に送られた場合、このカードの効果の攻撃力が3000になるかどうかは未だに調整中である点に注意が必要です。
よくある様なケースなのに、なぜずっと調整中のままなのか・・・。
ゲームでは攻撃力3000にならないので、攻撃力は3000にならずそのままと考えた方が良いでしょう。

レベル2のチューナーとレベル3の非チューナーを入れているならば、【氷結界】でも出番があるかもしれません。
また、水属性なのでドゥローレングングニールのシンクロ素材にする事もできます。特にグングニールは、レベル2チューナーとこのカードでシンクロできる為、ギシルノドンを使用する場合には一緒にEXデッキに入れておくといいでしょう。

貴重な水属性シンクロモンスターという事で、もっと活躍の場が増えて欲しい1枚です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード