黄泉ガエル

今日紹介するのは、水属性の中でも非常に高い汎用性を誇るカードです。
それでいて、現在絶版ではないものの入手困難であり、ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」に再録されるかなぁと思っていました。
が、SDに再録されない事が確定しました・・・(汗


黄泉ガエル

黄泉ガエル
効果モンスター
星1/水属性/水族/攻 100/守 100
自分のスタンバイフェイズ時にこのカードが墓地に存在し、
自分フィールド上に魔法・罠カードが存在しない場合、
このカードを自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
この効果は自分フィールド上に「黄泉ガエル」が
表側表示で存在する場合は発動できない。



「ガエル」の一体でもある黄泉ガエルです!ちなみに「ガエル」に属するモンスターを取り上げるのはこれが初めてです。
自分のスタンバイフェイズ時に、自分の場に魔法・罠が無い場合に墓地から蘇生できるという、脅威の蘇生能力を持ちます。
ただし、自分の場に同名カードが既に存在する場合はこの効果は発動できません。一応、それ以外の方法によって黄泉ガエルを複数体並べる事は可能です。

蘇生したこのカードは、コストやリリース要員に最適です。
特に、「帝」モンスターをはじめとした上級モンスターのアドバンス召喚のリリース要員としてこのカードを用いるデッキは【黄泉帝】として知れ渡っています。
更に鬼ガエルや粋カエルも用いた【ガエル帝】というデッキもあるようです。
【ガエル】においては、サシカエルの効果のリリース要員として役立つでしょう。

このカードの蘇生のし易さは、ガエル以外の水属性にも重宝します。
ジョーズマンにとってはアドバンス召喚のリリースと攻撃力の上昇の両方に役立てる事ができます。
アームズ・シーハンターの無効効果と身代わり効果の両方の条件を満たすカードとしても役立ちます。
他にも海皇の突撃兵の攻撃力を上昇させたり、サイバー・シャークのリリース無しの通常召喚の条件を満たせたりと、水属性においても用途は広いです。
水属性・レベル1という事で、海皇龍 ポセイドラの特殊召喚のリリースにする事もできます。
水霊術-「葵」のリリース要員としても有効です。伏せカードがある場合は蘇生できませんが、このカードを蘇生した後に水霊術を伏せれば問題ありません。

このカードは墓地にいる方が旨みがあるので、手札に来た場合は真っ先に手札コストとして墓地に送る候補となります。
ジェネクス・ウンディーネスクリーチ、おろかな埋葬等でデッキから墓地に送っておくのも有効です。
特に、墓地にいるこのカードの枚数分攻撃力が上がるガエル・サンデスを使う場合には、複数枚墓地に送っておきたいものです。
レベル1なのでワン・フォー・ワンでデッキから引っ張ってくる事もできます。また、「ガエル」では唯一のレベル1モンスターです。

このカードをデッキに入れる際の悩みは、永続系の魔法・罠と共存し難いという点です。
なので、リビデデモンズ・チェーンといった永続罠を多様する【氷結界】や、フィールド魔法を中核とする【湿地草原】等とは噛み合わないです(汗
このカードを入れる場合は、今流行しているフリーチェーンの魔法・罠を多めに入れると良いでしょう。
また、永続系のカード重視のデッキでも、永続系の魔法・罠を引けなかった時の戦線維持や壁として使える事もあるかもしれません。

さて、このカードの最大の悩みは、入手困難という点に他なりません。
というのも、パックで初登場した時のレアリティはレアでしたが、EE4で再録された際にはなんとウルトラレアにまで格上げされています(上の写真はSOIでのレアのカード)。
それ程このカードの蘇生効果は評価されており、またEE4発売当時にはこのカードは制限カードに指定されていました。
収録枚数の多いEE4で、それもウルトラレアのこのカードを当てるというのは至難の業です(汗
現在は初登場したパックは絶版であり、EE4でしか手に入らないという状況です。また、これらのパック以外の弾に収録された事が無いという点も、入手の難しさに拍車をかけています。
一応海外ではGSでノーマルとして収録されていますが、日本版はシングルで買うにしても少々値が張ります・・・。
水属性の中でも特に高い汎用性と同時に、高い入手難易度も誇るカードと言えるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水精鱗3

Vジャンプ7月号に載っていた水精鱗関連の情報の紹介はこれで最後です。
今回紹介しているカードは水精鱗とあまり関わりのないものが多いですが。


アビスケイル-クラーケン

アビスケイル-クラーケン
装備魔法
「水精鱗」と名のついたモンスターにのみ装備可能。
装備モンスターの攻撃力は400ポイントアップする。
このカードがフィールド上に存在する限り、
相手フィールド上で発動した効果モンスターの効果を無効にする。
その後、このカードを墓地へ送る。


水精鱗専用の装備魔法。
攻撃力の上昇値は低いですが、相手フィールド上で発動したモンスター効果を無効にする事ができます。
ただ、無効にするだけであってその効果モンスターを破壊したりできる訳ではない事と、無効にした後にこのカードは墓地に送られる点に注意したいです。
この名前を見ると、他の「アビスケイル」の登場に期待してしまいます。


忘却の都 レミューリア

忘却の都 レミューリア
フィールド魔法
このカードのカード名は「海」として扱う。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の水属性モンスターの攻撃力・守備力は200ポイントアップする。
また、1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上の水属性モンスターの数と同じ数だけ、
自分フィールド上の水属性モンスターのレベルをエンドフェイズ時まで上げる。


本家のアトランティスに続く3枚目の、カード名を「海」として扱うフィールド魔法です。
アトランティスと同様に常にカード名を「海」として扱う為、海、アトランティスと合わせて計3枚しかデッキに入れられないです。
アトランティスと同じく水属性の攻守を200ポイント上げる効果を持っていますが、水属性のレベルを下げる効果だったアトランティスに対し、こちらは水属性のレベルを上げる効果を持っています。
アトランティスと違い、レベルアップは1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に任意のタイミングで行うことができます。また、レベルが変動するのはフィールド上の水属性だけです。
このカードを利用する事で、【水属性】のデッキで高ランクのエクシーズや高レベルのシンクロを狙いやすくなります。
色々な運用ができそうなので、その内個別で考察していきたいと思います。


アビストローム

アビストローム
通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する「海」を墓地へ送って発動できる。
フィールド上の魔法・罠カードを全て墓地へ送る。


イラストにはガイオアビスが描かれており、メガロアビスの効果でサーチできる罠カードですが、効果自体は「水精鱗」とは直接関係の無いカードです。
効果は「海」をコストにフィールド上の魔法・罠カードを全て墓地へ送るというもの。
大嵐と違い、「破壊」ではなく「墓地へ送る」効果なので、スターライト・ロード等の効果を受けないのが魅力です。
発動のコストには海やアトランティスや表側表示になった忘却の海底神殿、そして上記のレミューリアを利用する事ができます。ちなみに海神の巫女は利用できません。
今まで「海」をコストに除去効果を発動するカードはモンスターカードばかりでしたが、このカードは罠カードです。デッキに入れる際には事故やカードの消費量には気をつけたいところです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

シャークの新カード

今日放送の「遊戯王ZEXAL」に、シャークの新規カードが何枚か出ていました。
今回アニメに登場した中で、ABYRに登場が確定しているカードを紹介してみます。


トライポッド・フィッシュ

トライポッド・フィッシュ
効果モンスター
星3/水属性/魚族/攻 300/守1300
このカードが墓地からの特殊召喚に成功した時、
フィールド上の魚族・海竜族・水族モンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターのレベルを1つ上げる。


アニメでは墓地から特殊召喚された時にレベルが1つ上がっており、自身以外のモンスターのレベルを上げられるかどうかは不明でした。


バブル・ブリンガー

バブル・ブリンガー
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
レベル4以上のモンスターは直接攻撃できない。
自分のターンにフィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地へ送る事で、
自分の墓地の水属性・レベル3以下の
同名モンスター2体を選択して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。


アニメではジャイアントキラー(ランク8のエクシーズモンスター)の直接攻撃を無効にして発動していました。
また、墓地へ送る事で蘇生できるモンスターは1体だけでしたが、効果は無効にならず、エクシーズ召喚する時に2体分の素材として扱う効果がありました。


今回のアニメでは、ハンマー・シャークと、蘇生した事によってレベル4になり、更にバブル・ブリンガーの効果で2体分の素材扱いとなったトライポッド・フィッシュとでシャーク・ドレイクをエクシーズ召喚していました。
しかし、OCGではバブル・ブリンガーの効果が大きく異なる為、この方法ではエクシーズ召喚できません。
今回のデュエルでシャークのデッキでシャーク・ドレイクを出しやすくなるようなカードの登場を期待していましたが、まさかこの様な方法でエクシーズ召喚されるとは・・・。
アニメとOCGとで効果が違う事に改めて憤りを感じました。

バブル・ブリンガーの「蘇生したカードを素材2体分として扱う」効果を「同名カード2体を蘇生する」効果に置き換えたのでしょうが、モンスター効果が無効化されてしまう為、このカードではどうあがいてもシャーク・ドレイクのエクシーズ召喚の補助にはなりません。
本当に、どうしてこうなったと言わざるを得ないです(泣

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

海皇の咆哮 カードリスト

店頭に貼ってある、ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」のポスターをよく見ると、プレイガイドの写真に今回のストラクの収録カードリストが写っています。
非常に小さくて見辛い写真ですが、何とか頑張って解析してみました。


SD23 カードリスト

SD23-JP001 海皇龍 ポセイドラ
SD23-JP002 海皇の竜騎隊
SD23-JP003 海皇の狙撃兵
SD23-JP004 海皇の重装兵
SD23-JP005 海皇の長槍兵
SD23-JP006 海皇の突撃兵
SD23-JP007 ロスト・ブルー・ブレイカー
SD23-JP008 アームズ・シーハンター
SD23-JP009 ニードル・ギルマン
SD23-JP010 深海のディーヴァ
SD23-JP011 シー・アーチャー
SD23-JP012 コダロス
SD23-JP013 アトランティスの戦士
SD23-JP014 アビス・ソルジャー
SD23-JP015 スクリーチ
SD23-JP016 スノーマンイーター
SD23-JP017 ペンギン・ナイトメア
SD23-JP018 ペンギン・ソルジャー
SD23-JP019 ディープ・ダイバー
SD23-JP020 氷弾使いレイス
SD23-JP021 グリズリーマザー
SD23-JP022 海皇の咆哮
SD23-JP023 伝説の都 アトランティス(×2)
SD23-JP024 テラ・フォーミング
SD23-JP025 ウォーターハザード
SD23-JP026 アクア・ジェット
SD23-JP027 浮上
SD23-JP028 強欲なウツボ
SD23-JP029 サルベージ
SD23-JP030 ブラック・ホール
SD23-JP031 貪欲な壺
SD23-JP032 海竜神の加護
SD23-JP033 忘却の海底神殿
SD23-JP034 竜巻海流壁
SD23-JP035 激流葬
SD23-JP036 水霊術-「葵」
SD23-JP037 グラヴィティ・バインド-超重力の網-
SD23-JP038 連鎖除外
SD23-JP039 因果切断



カードナンバーと照合してリストアップしてみました。
ナンバーの順番は先日の私の予想とは全然違いますね(笑
予想に書いていなかったカードからは、アトランティスの戦士スクリーチ、ペンギン・ソルジャーの3枚がラインナップされました。
【水属性】を組むのに必要なカードが一通り揃っており、なかなか良いラインナップだと感じました。
ただ、アクエリアや黄泉ガエルが未収録なのは残念ですが・・・。

ニコニコ動画にもストラクチャーデッキ-海皇の咆哮-収録カードリストの動画を上げました。
アドレスはこちら↓

http://www.nicovideo.jp/watch/nm17927540



最後のナンバーの罠カードは、最初見たときに因果切断かと思いましたが、よく見えず、ひょっとしたら別のカードかもしれません。
間違えていたら申し訳ないです。

新規カードに加えて再録のカードも第8期フォーマットのものが手に入る事ので、是非3箱確保したいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水精鱗2

今回も、水精鱗の関連カードについて触れてみたいと思います。


アビスフィアー

アビスフィアー
永続罠
デッキから「水精鱗」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
自分は魔法カードを発動できない。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
このカードは発動後、次の相手のエンドフェイズ時に破壊される。


デッキから水精鱗1体を特殊召喚できる罠カード。
レベルや種族に関係なくどのモンスターでもデッキから持ってこられる点は優秀です。
しかし、デメリットや制約が多いです…。
罠カード故に発動が遅い上に、フィールドから離れると特殊召喚したモンスターは破壊されてしまうので、相手の除去には十分に気をつけたいところです。
イラストに写っているのは、まだ未判明の水精鱗のモンスターでしょうか…?


アビスコール

アビスコール
通常罠
自分の墓地の「水精鱗」と名のついた
モンスター3体を選択して表側守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、
攻撃宣言できず、エンドフェイズ時に破壊される。


こちらは墓地から水精鱗3体を特殊召喚できる罠カードです。こちらもレベルや種族に関係なく全ての水精鱗を特殊召喚できます。
ただし、表側守備表示での蘇生な上に攻撃宣言もできないので、そこから一気にラッシュをかける事はできません。
「自分の墓地のモンスター3体を墓地から蘇生」といえば、ストラクチャーに登場する海皇の咆哮を思い起こさせます。
こちらは罠カードなので発動が遅いですが、特殊召喚等の制約はありません。なので、蘇生してから即エクシーズという流れを作る事もできます。
蘇生したモンスターはエンドフェイズ時に破壊されてしまうので、こちらも魔法・罠除去には注意が必要です。


水精鱗-ガイオアビス

水精鱗-ガイオアビス
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/水属性/水族/攻2800/守1600
水属性レベル7モンスター×2
エクシーズ素材を持っているこのカードが
フィールド上に表側表示で存在する限り、
レベル5以上のモンスターは攻撃できない。
また、1ターンに1度、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力よりも低い攻撃力を持つ
相手フィールド上のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。


初の水属性のランク7エクシーズです!また、水属性の素材指定を持つ初の水属性エクシーズモンスターでもあります。
効果は、エクシーズ素材がある場合にレベル5以上のモンスターの攻撃を封じる効果と、このカードの攻撃力よりも低い攻撃力を持つ 相手フィールド上のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする効果の2つです。
このカードの攻撃力は2800なので、後者の効果はそれ以下の攻撃力の相手の効果を無効にできます。また、この効果は相手のターンにも使用する事ができます!
上記の2枚の水精鱗サポートはレベル7のメガロアビスにも対応しているので、それらの効果でメガロアビスを展開してエクシーズするのが理想的な流れだと思います。
それ以外にも、レベル7の水属性には特殊召喚や妥協召喚の効果を持つものが多いので、それらを素材にするといいでしょう。
余談ですが、このカードの下半身は新ストラクのパッケージモンスターである海皇龍 ポセイドラの体に酷似しており、手に持っている武器もポセイドラの尻尾の先の槍のような部分に似ています。
また、このカードの属性・攻撃力・守備力もポセイドラと一致しており(ただ、ポセイドラが海竜族であるのに対してこのカードは水族)、ポセイドラをこのカードのエクシーズ素材とする事も可能です。
海皇と水精鱗との妙なシナジーといい、これらの関係が気になります。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水精鱗

次のパックABYSS RISINGには、なんと新規の水属性カテゴリが登場します!
その名も「水精鱗(マーメイル)」です。
今までの水属性カテゴリは、「属するモンスター自体はカテゴリ化以前から既に登場していた」というパターンが多かったですが、完全新規の水属性カテゴリは、氷結界、リチュアに続く3つ目、通常パックでは初となります。
今回は、そんな水精鱗に属するモンスターカードを紹介してみます。


水精鱗-アビスグンデ

水精鱗-アビスグンデ
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1400/守 800
このカードが手札から墓地へ捨てられた場合、
自分の墓地から「水精鱗-アビスグンデ」以外の
「水精鱗」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚できる。
「水精鱗-アビスグンデ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


水精鱗-アビスヒルデ

水精鱗-アビスヒルデ
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1300/守1400
このカードが墓地へ送られた場合、
手札から「水精鱗-アビスヒルデ」以外の
「水精鱗」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
「水精鱗-アビスヒルデ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


上記の2体はレベル3・水族です。
アビスグンテは手札から墓地へ捨てられた場合墓地から同名カード以外の水精鱗を特殊召喚する効果を持ち、
アビスヒルデは墓地へ送られた場合手札から同名カード以外の水精鱗を特殊召喚する効果を持っています。
どちらの効果も1ターンに1度しか使用できません。
これらの効果を狙う場合、消費が激しくなりがちなので、サルベージ等で手札を確保しておきたいところです。
これら2体は共にサルベージに対応します。特に、手札から墓地へ捨てられた場合に効果を発動するアビスグンテを優先して回収したいものです。


水精鱗-アビスタージ

水精鱗-アビスタージ
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1700/守1100
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
手札の水属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
自分の墓地からレベル3以下の水属性モンスター1体を選択して手札に加える。
「水精鱗-アビスタージ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


水精鱗-アビスパイク

水精鱗-アビスパイク
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1600/守 800
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
手札の水属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
デッキからレベル3の水属性モンスター1体を手札に加える。
「水精鱗-アビスパイク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。


上記の2体はレベル4・魚族です。共に召喚・特殊召喚に成功した時に 手札の水属性1体を墓地へ捨てて発動できる効果を持っています。
アビスタージは墓地からレベル3以下の水属性1体を手札に加える効果を持ち、
アビスパイクはデッキからレベル3の水属性1体を手札に加える効果を持っています。
墓地へ捨てるカードをレベル3の水精鱗の2体にすれば、お互いに効果を発動する事ができます。手札や墓地やフィールドの状況と相談しながら、効果の対象を決めていきたいところです。
これらのカードは、サルベージやグリズリーマザーに対応しないのが玉に瑕です。


水精鱗-メガロアビス

水精鱗-メガロアビス
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2400/守1900
自分のメインフェイズ時、
手札からこのカード以外の水属性モンスター2体を墓地へ捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
デッキから「アビス」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカード以外の自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する
水属性モンスター1体をリリースする事で、
このターンこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。


レベル7の海竜族モンスター。名前から容姿まで、他の水精鱗たちとは一線を画しています。
このカードは最上級ながら、特殊召喚効果を持っています。
自分のメインフェイズ時に手札から水属性2体を墓地へ捨てて、手札から特殊召喚できます。重い特殊召喚条件ですが、サルベージ等の存在もあり、ポセイドラや交霊師の特殊召喚効果と比べれば難易度は低いと思います。
この効果で特殊召喚した場合、「アビス」と名のついた魔法・罠をサーチできる為、手札の消費量は2枚となります。
手札から捨てる水属性にアビスグンデを含める等して、カード消費の軽減に努めたいところです。
また、自分の場のこのカード以外の水属性1体をリリースする事で2回攻撃する事ができます。豪快な効果ですが、このカード自身の攻撃力は最上級にしては低い点には注意。


強力なサーチ効果を持つアビスパイクのレアリティはレアで確定していますが、それ以外のカードのレアリティは不明です。
何枚かがスーレアになるのでしょうか…。

また、これらのカードはストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」の新規カード達とシナジーします。
特に、水精鱗の効果を発動する際には、3体の海皇の下級モンスターが持つ水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果を狙いやすいです。
この事は、Vジャンプの記事でも取り上げられていました。

水精鱗に特化させてデッキを組むべきなのか、それとも海皇の咆哮のカードや今までの水属性関連のカードを幾つか組み合わせてみるべきなのか…
水精鱗のカードの情報がまだ全部出揃っていない事もあり、まだまだ手探り状態です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

残る再録モンスターは?

ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」で、新規の魔法カードの海皇の咆哮のカードナンバーがSD23-JP022である事から、モンスター枚数は21種類であると考えられます。
では、どんなモンスターが収録されるのでしょうか?

現在確定しているモンスターカードの枠は、

SD23-JP001 海皇龍 ポセイドラ
SD23-JP002 海皇の竜騎隊
SD23-JP003 海皇の狙撃兵
SD23-JP004 海皇の重装兵
SD23-JP005
SD23-JP006 海皇の突撃兵
SD23-JP007
SD23-JP008
SD23-JP009 ニードル・ギルマン
SD23-JP010 深海のディーヴァ
SD23-JP011 シー・アーチャー
SD23-JP012
SD23-JP013
SD23-JP014 アビス・ソルジャー
SD23-JP015
SD23-JP016 スノーマンイーター


という風な感じです。
現在未判明の枠は、SD23-JP005、SD23-JP007、SD23-JP008、SD23-JP012、SD23-JP013、SD23-JP015、(SD23-JP017~SD23-JP021)です。
空白が1、2枚程というのがなんだかもどかしいです(笑

さて、私は収録カードの順番は、これまでのストラクの傾向から海皇シリーズ→その他海竜族→海竜族以外の水属性モンスターという並び方になると予想していました。
今回、海竜族以外の水属性であるアビス・ソルジャースノーマンイーターの再録が確定した為、この並び順である可能性が高くなりました。
この法則で考えると、再録枠の最初のナンバーであるSD23-JP005は、間違いなく海皇の長槍兵でしょう。

また、これら3つのグループにおいて、各々の収録順は、これも今までのストラクの傾向からプロモやPPやLE(あとDTも?)等で登場した限定カード→一般販売されたパックで登場したカードという並びになっていると思われます。
更にこれらの「限定カード」と「一般販売パックのカード」は、登場時期順に並んでいる事が多いです。

これらの点から、SD23-JP007とSD23-JP008は、限定パックで登場した海竜族、もしくはRGBTより前のパックで登場した海竜族であると考えられます。
「限定カード」の枠に該当する海竜族モンスターは、タクリミノス氷弾使いレイス氷結界の輸送部隊シャドウ・リチュアヴィジョン・リチュアの5体です。
レベル4の通常モンスターのタクリミノスや、単体では役に立たないシャドウやヴィジョン、まず入らないでしょう(汗
レイスと輸送部隊はレベル3以下という事もあり入る可能性はありますが、レイスはともかく輸送部隊は特筆すべき点は唯一のレベル1の海竜族モンスターであるという点くらいしか無いですがどうなんでしょうか・・・。
ドラグニティのストラクに真紅眼の飛竜が収録されていた事から、完全に無いとは言い切れないですが、あちらは当時入手困難カードだった上に単体でも下級アタッカークラスの攻撃力があるカードです。
一方、「一般販売パックのカード」の枠には、レベル3以下の海竜族は1枚も存在しません(笑 それ以外で目ぼしい海竜族はというと、海竜-ダイダロスデュアル・ランサー位でしょうか。
また、今年のGSやスターターデッキの傾向から、SD23-JP007には海外で先行登場したLost Blue Breakerが来る可能性も考えられます。

SD23-JP012とSD23-JP013には、ANPR以降のパックで登場した海竜族、もしくは限定カードの海竜族以外の水属性モンスターだと考えられます
ANPR以降の「一般販売パックのカード」の枠で目ぼしい海竜族は、アームズ・シーハンター神竜アクアバザルコダロスエアジャチスカイオニヒトクイエイリチュア・ディバイナーあたりでしょうか。
アームズ・シーハンターはレベル4ですが、レベル3の水属性に関する効果を持っています。
アクアバザルは、数少ないフィールドコストによって重装兵や狙撃兵や竜騎隊の効果を使える海竜族という事で一応・・・。でも、永続魔法やフィールド魔法の情報が無いので、アクアバザル自体も無い可能性が高いです。
コダロスもレベル4ですが、優秀な除去効果を持っており、しかも効果のコストとなる忘却の海底神殿は再録が確定しています。
エアジャチやスカイオニヒトクイエイはレベル3ですが、水属性ではなく風属性なので難しいところです。
アビス・ソルジャーよりも前に登場した「限定カード」の枠のモンスターはというと・・・ちょっと思い浮かばないです(汗

SD23-JP015は、アビス・ソルジャーとスノーマンイーターの間に登場した水属性の「限定カード」に間違いないでしょう。
結構色々と出ていますが、一番可能性が高いのはディープ・ダイバーだと思います。

そして、SD23-JP017~SD23-JP021の5枚もモンスターカードだと考えられます。
この枠には水属性の「限定カード」、もしくは水属性の「一般販売パックのカード」(いずれも海竜族以外の種族)だと考えられます。
「限定カード」では深海の怒りフィッシュボーグ-ランチャーウミノタウルスあたりが有力な候補でしょうか。この辺のカードは比較的歴史が浅いですが。
「一般販売パックのカード」ではグリズリーマザー黄泉ガエルシャーク・ザ・クルーシャーク・サッカーあたりでしょうか。
主にポセイドラへ繋げる為の展開補助に役立ちそうなカードをまとめてみました。
グリズリーマザーは魚族・海竜族・水族ではありませんが、ドラグニティのストラクチャーで、種族面ではシナジーしない風属性のリクルーターのドラゴンフライや属性面ではシナジーしないドラゴン族のリクルーターの仮面竜が再録されていた事から、再録の可能性は十分にあると思います。
この中では黄泉ガエルが特に再録されて欲しいです。
その他、水属性にシナジーのあるスター・ボーイ水の精霊 アクエリアペンギン・ナイトメアなんかもあり得るかもしれません。
海外先行登場カードでありフィールドコストによって重装兵や狙撃兵や竜騎隊の効果を使えるPiercing Morayの収録の可能性も0では無いかもしれません。

色々と名前を挙げてみましたが、果たしてこれらの中でどれだけのカードが再録されるのでしょうか!?

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

ストラク続報

Vジャンプ7月号にて、ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」の新情報が公開されました!
今まで出た分と合わせれば、これで新規カードは全部だと思われます。
今回は新規カード5枚の内、モンスター4枚、魔法1枚という割合になっています。


海皇の竜騎隊

海皇の竜騎隊
効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1800/守 0
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上のレベル3以下の海竜族モンスターは
相手プレイヤーに直接攻撃できる。
また、このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時、
デッキから「海皇の竜騎隊」以外の海竜族モンスター1体を手札に加える。


「海皇」と名のついたレベル4のモンスター。
重装兵や狙撃兵と同じく水属性の効果の発動の為に墓地に送られた時に効果を発動し、このカードは同名カード以外の海竜族サーチ効果を持っています。
また、フィールドにいる時にはレベル3以下の海竜族がダイレクトアタックできるようになる効果を持っています。
アトランティスを使えば、自身を含めた元々のレベルが4の水属性・海竜族モンスターもダイレクトアタックできるようになります。
どちらの効果も、海竜族や海皇と非常に相性が良いです。
今までの「海皇」シリーズのモンスターは「~兵」という名前だったのに対し、このカードは「~隊」となっています。また、容姿の雰囲気も異なり、魚っぽい姿だった「兵」達に対し、このカードは等身が高く、アトランティスの戦士の様な人型に近い姿になっています。


海皇の咆哮

海皇の咆哮
速攻魔法
自分の墓地のレベル3以下の海竜族モンスター3体を選択して発動できる。
選択したモンスター3体を墓地から特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。


ストラクチャーデッキのタイトルと同じカード名を持つカード。レベル3以下の海竜族を3体も蘇生する効果を持つ脅威の速攻魔法です。
ただし、このカードを発動するターンには自分はモンスターを特殊召喚できないという制約があります。なので、相手のエンドフェイズ時に発動したいところです。
上手く発動できれば、ポセイドラの特殊召喚の為のリリース要員を一気に確保する事ができます。
他にもシンクロやエクシーズに繋げたり、呼び出したモンスターで一斉に殴って勝負を決めたりと、その用途は広いです。
ただ、「3体を蘇生する」効果なので、序盤に来ると事故になってしまう事があります。
同じく墓地を利用するカードであるサルベージ浮上との枚数の兼ね合いも迷うところです。
DDクロウ等によるチェーン効果による妨害にも注意が必要です。
イラストでは何やら乗り物の上で咆哮するポセイドラとその両脇に構える竜騎隊、そして後ろにはシルエットで無数の海皇の「兵」達が確認できます。


そして・・・

再録カード

アビス・ソルジャースノーマンイーターサルベージ連鎖除外の再録が確定しました!
これらのカードは、私が特に再録の行方が気になっていた4枚だったので、見事に再録が確定して嬉しい限りです。
連鎖除外は水属性とは何の関係も無いカードですが、EE2で全然当たらなかったという経緯があるので、汎用カード枠として再録の有無を気にかけていました。

今回判明したカードはネット上での評価も良く、色々な戦術を組み込めそうだと感じました。
再録カードも個人的に嬉しいカードばかりなので、ストラクの発売が楽しみです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アトランティスの戦士

今日紹介するのは、DE1に収録されたアトランティスの戦士です!
水属性の下級アタッカーであり、【伝説の都 アトランティス】デッキの主軸となるモンスターです。


アトランティスの戦士

アトランティスの戦士
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1900/守1200
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。 
デッキから「伝説の都 アトランティス」1枚を手札に加える。



このカードは、手札から墓地へ捨てる事でデッキから伝説の都 アトランティス1枚を手札に加えることができる効果を持っています。
なので、アトランティスを投入する場合には是非一緒に入れておきたいカードです。
アトランティスはテラ・フォーミングなどでもサーチできますが、このカードのサーチ効果は手札から発動するモンスター効果なので、無効にされ難いという利点があります。

加えて、このカードは単体でも腐る事が少ないのが大きな利点です。
このカードの攻撃力は1900であり、下級水属性モンスターの中では最高の値を誇ります。同じ攻撃力のモンスターはいくらか存在しますが、デメリットが無いのはこのカードとライオ・アリゲーターのみです。
なので、効果を使わずに召喚した場合でも、下級アタッカーとして活躍できます。
アトランティスを投入しない【水属性】や【水族】のデッキにおいても、下級アタッカーとして採用の余地はあるでしょう。
相手の場にライオウが存在する時にはアトランティスをサーチできないので、このカードの攻撃力で相打ちを狙いたいところです。
尚、アトランティスの発動下ではレベル3・攻撃力2100となります。戦闘破壊できる範囲が広がる上に、一部のロックもすり抜ける事ができます。

このカードはサルベージで回収できないため、墓地へ捨てた後は優先してアクエリアの特殊召喚コスト等にするといいでしょう。
サーチ効果で墓地に捨てたこのカードを除外してアクエリアを出し、上級モンスターのアドバンス召喚に繋げるという事が可能であり、サーチしたアトランティスを発動すればダイダロス等の元々のレベルが7の水属性最上級モンスターのアドバンス召喚も狙えます。

「伝説の都 アトランティス」はカード名を「海」として扱う為、一見このカードではサーチできないように感じます。
が、特別な裁定によって、問題無くアトランティスをサーチできるようになっています。
ちなみに、サーチできるのはアトランティスのみであって、フィールド魔法「海」や、その他「海」として扱うカードはサーチできません。

余談ですが、BE2がリニューアルされた際にはアトランティスはノーマルからレアに格上げされ、逆に以前はレアだったこのカードはノーマルに格下げされています。
再録パックのリニューアルに伴って、サーチ先とレアリティが逆転しています(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

サブマリンロイド

今回は、無事にDE1に再録された水属性モンスターのサブマリンロイドを取り上げてみます。


サブマリンロイド

サブマリンロイド
効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻 800/守1800
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
この時、相手ライフに与える戦闘ダメージはこのカードの元々の攻撃力と同じ数値になる。
また、このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時、
このカードの表示形式を守備表示にできる。



「ロイド」に属するモンスターの1体で、相手にダイレクトアタックできる効果を持っています。
ただし、この効果を使ってダイレクトアタックした場合は、相手ライフに与える戦闘ダメージはこのカードの「元々の攻撃力」と同じ数値(つまり800)になります。
また、戦闘を行ったダメージステップ終了時に守備表示にできる効果も持ちます。
もちろん、これらの2つの効果は組み合わせて使う事が可能です。

このカードの攻撃力は800と低いですが、守備表示にできる為、低い攻撃力を晒さずに済みます。
しかも、このカードの守備力は1800と高めで、下級アタッカーの攻撃を防げる程の数値です。
なので、比較的場持ちの良い、安定したダイレクトアタッカーと言えるでしょう。
壁とダイレクトアタッカーの両方を兼任できる点も見逃せません。

上記のように、ダイレクトアタック効果使用時には元々の攻撃力を適用にするので、閃光の双剣-トライスを装備した場合、その攻撃力ダウン効果に影響されずに2回攻撃ができます。この場合、相手に計1600ダメージを与える事ができます!
このコンボは、DTのSDで実際に丸藤翔が使ってきます。初期ライフポイント4000のスピードデュエルでこのカードのダイレクトアタックを喰らうと痛いです。
一方、同じく装備魔法の進化する人類は、装備モンスターの「元々の攻撃力を変動させる」効果を持っています。なので、進化する人類を装備した状態でダイレクトアタック効果を使う場合は、進化する人類によって変動した攻撃力の値を適用します。
サブマリンロイドの元々の攻撃力値は800である為、進化する人類を装備すれば、自分のライフポイントが相手より下の場合はもちろん、上の場合でも攻撃力が上がります(ちなみにライフが同じ場合は元々の攻撃力は変動せず)。
この場合、相手に1000もしくは2400の戦闘ダメージを与える事ができるのです。

フィールド魔法では、アトランティスと相性が良いです。
ダイレクトアタック時の攻撃力こそ上昇しないものの、守備力が2000となり、より強固な壁となります。
また、レベルが3となる為、グラヴィティバインドレベル制限B地区によるロック下でも攻撃できるようになります。
同じ属性・種族・レベルのダイレクトアタッカーである水陸両用バグロス Mk-3と競演させてみるのも面白いでしょう。
一方で、ダイレクトアタック時には攻撃力は上がらないわ、自慢の守備力は下がってしまうわで、ウォーターワールドとの相性は最悪です(笑

「ロイド」のカードがデュエリストエディションの再録から漏れる中、このカードと、その融合体のスーパービークロイド-ジャンボドリルだけはリストラされずに収録されました。
それだけ、このカードが(ロイドの中では比較的)有用だと判断されたのでしょうか。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の水影

今日紹介するカードは氷結界の水影です!
「氷結界」に所属するダイレクトアタッカー。


氷結界の水影

氷結界の水影
チューナー(効果モンスター)
星2/水属性/水族/攻1200/守 800
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが
レベル2以下のモンスターのみの場合、
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。



自分の場に表側表示で存在するモンスターがレベル2以下のみの場合にダイレクトアタックできるようになります。
単体でダイレクトアタッカーとして使用する事ができ、その場合は1200の戦闘ダメージを与える事ができます。
ただし、自分の場にレベル3以上のモンスターが1体でも表側表示で存在する場合は、ダイレクトアタックできません。また、自分の場にエクシーズモンスターがいる時も同様に、ダイレクトアタックができなくなります。

レベル2以下の水属性・水族を強化する効果を持つフィールド魔法である湿地草原との相性は最高です!
【湿地草原】デッキは、自ずとデッキに投入するモンスターは湿地草原に対応するモンスターの割合が多くなる為、このカードのダイレクトアタックを阻害しにくい利点があります。
そして最大の利点は、このカード自身も湿地草原に対応する点です!湿地草原の発動下では攻撃力2400とダイレクトアタッカーとなります。
この攻撃力で殴られるのは、相手にとっては脅威でしょう。
湿地草原発動前に地獄の暴走召喚でこのカードを大量展開したり、更に一族の結束団結の力なども入れて攻撃力を底上げしてワンキルを狙ってみるのも面白いでしょう。

このカードは「氷結界」に属しますが、【氷結界】に入れる意義は薄いです(汗
というのも、【氷結界】の主力にはレベル3以上のモンスターが多い為、それらのモンスターと並んだ場合は実質単なる効果無しのモンスターになってしまいます。
氷結界には、他の氷結界が場に並ぶことで効果を発揮するものが多いので、尚更優先度は落ちます。
このカードと並んでもダイレクトアタックを阻害しないレベル2以下の氷結界には、このカード自身以外にはブリズド、術者輸送部隊御庭番伝道師の5体が存在します。
この中で、輸送部隊以外の4体は湿地草原に対応しています。特に術者は、並ぶことでロックを形成できる上にそのロックも水影には及ばないため相性が良いです。
紋章でのサーチや伝道師での蘇生などサポート手段も豊富であり、【湿地草原】において、それらのカードと組み合わせる事でより大きな活躍が期待できます。

このカードと術者は、共に氷結界に属する水属性・水族のレベル2チューナーです。
術者は単体では効果無し同然なのに対し、こちらは単体でダイレクトアタッカーとして機能します。つまり、単体としては水影の方が扱いやすいです。
【氷結界】以外のデッキでどちらを採用するか、となれば、水影の方に軍配が上がるでしょう。
術者のロックは自分に及んでしまう事があることを考えると、【氷結界】においてもレベル2チューナーとして投入の余地があるかもしれません。
上記の通りレベル3以上のモンスターが並ぶと効果無しになってしまいますが、その場合は割り切ってシンクロ素材にすると良いでしょう。

【氷結界】よりも【湿地草原】において、ダイレクトアタッカーとして主力級の活躍をの場を得ているカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

サシカエル

DE2にはイレカエルが収録されていません。
【ガエル】の中核だったにも関わらず再録されなかったという事は、永久禁止確定なのでしょうか・・・?
ちなみにBEのリニューアルの際に再録されなかった禁止カードは、刻の封印だけでした。

という訳で、イレカエルの後釜にあたるサシカエルを紹介してみます。
ちなみに「ガエル」関連のカードを取り上げるのは今回が初めてです。


サシカエル

サシカエル
効果モンスター
星1/水属性/水族/攻 100/守2000
自分フィールド上に存在する水族モンスター1体をリリースし、
自分の墓地に存在する「ガエル」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



イレカエルの禁止後に登場した、「ガエル」をサポートする効果を持ったモンスター。
ただし、蛙の姿をしているもののこのカード自身は「ガエル」ではありません。
このカードのレベル・属性・種族・攻守の値はイレカエルと同じです。
また、黒とピンクの体色に、天使と悪魔のような意匠の羽の生えており、イラストの面でも類似点が見受けられます。ただし、黒の部分とピンクの部分はイレカエルとは左右反転しています。
パッと見では、イレカエルを幼くしたような印象を受けます。

効果は、1ターンに1度自分の場の水族1体をリリースする事で自分の墓地のガエル1体を蘇生するというもの。
蘇生できるガエルにレベルや攻撃力の制限は無く、また表示形式の指定もありません。
また、このカード自身も水族である為、自身をリリースしてガエルを蘇生するという事もできます。なので、ガエル版・伝道師という風な感じで運用できます。
伝道師と同じく浮上リミリバエンジェルリフトに対応しており、更にレベル1なのでワン・フォー・ワンでデッキから特殊召喚する事も可能です。

自身以外にリリース要員を確保するならば、自己蘇生効果を持つ上にガエルの一体でもある黄泉ガエルが適任でしょう。
同じく自己蘇生効果を持つガエルの関連カードである粋カエルを使う手もありますが、サシカエルの蘇生効果との相性は良くないです。

このカードをメインとして運用する場合には、墓地肥やしが重要となります。
ガエルの大半は水属性・水族・レベル2以下であるため、ジェネクス・ウンディーネスクリーチに加えて鬼ガエルの効果でも墓地肥やしが可能です。
鬼ガエルには対応しないデスガエルも、未来融合でガエル・サンデスを指定する事で墓地に落とす事ができます。

このカードは守備力が高いため、イレカエルと同様に単体でも壁として機能できます。
ただ、イレカエルの戦闘破壊耐性を付ける効果のような永続効果が無いのは残念なところです。

このカードを見ていると、1ターン内に使用回数制限が無くリリースするモンスターの制限も無くデッキから特殊召喚できたイレカエルはオーバースペックだったなぁと感じます(汗
どれか1つでも無ければ、まだマシだったのかもしれませんが。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スパイラルドラゴン

今回は、デュエリストエディションに無事再録されたカードを紹介します。
DE1にノーマルで収録されたスパイラルドラゴンです。


スパイラルドラゴン

スパイラルドラゴン
通常モンスター
星8/水属性/海竜族/攻2900/守2900
海流の渦をつくり出し人々を襲うと伝えられる海竜。
巨大なヒレから放たれるスパイラルウェーブは全てを飲み込む。



次のストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」は海竜族を中心としたストラクチャーですが、このカードは海竜族の中で最高のステータスを誇ります!
攻撃力・守備力共に海竜族の中で一番高く(攻撃力はネオダイダロスと同着)、水属性の中でも攻守の合計値は破滅のアシッド・ゴーレムに次いで2位です。
登場した頃には、攻守の合計値が通常モンスターの中でも最高の値でしたが、今では攻守共に50高いラビードラゴンに抜かれています・・・。
しかもあちらは光属性・ドラゴン族と属性・種族共に恵まれており、様々なサポートの恩恵を受けられます。
このカードを使うならば、水属性や海竜族を活かせるようなデッキで使いたいものです。

このカードは召喚師のスキルによってサーチする事ができ、大波小波や古のルールを使う事で手札から特殊召喚できます。
レベル8なので、手札に来た場合はトレード・インで捨てる事もできます。
墓地に行った場合は儀水鏡の反魂術闇の量産工場で回収できるので、積極的に手札コストとして使うといいでしょう。
もちろん、墓地からの特殊召喚を狙うのも有効です。
死者蘇生リビデはもちろんの事、思い出のブランコ正統なる血統スーペルヴィス、ダイガスタ・エメラルの効果でも蘇生が可能です。
また、レベル8の通常モンスターという事で、サンダーエンド・ドラゴンのエクシーズ素材にもなれます。

戦闘面においては、ウミノタウルスで貫通効果を得たり、ニードル・ギルマンペンギン・ナイトメアアクア・ジェット等で攻撃力を上げたりできます。
高攻撃力のモンスターに殴られた場合には、キラー・ラブカの効果を使えば戦闘を回避しつつ相手モンスターを弱体化させる事ができます。

このカードは高レベルの海竜族なので、残念ながら近年に登場した海竜族や水属性のサポートの恩恵をあまり受ける事はできません。
しかし通常モンスター故に色んなサポートに対応するので、アタッカーとしてはポセイドラよりも使いやすいかと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

バイトロン

今回も、デュエリストエディションの再録から漏れてしまった水属性モンスターを紹介してみます。


バイトロン

バイトロン
効果モンスター
星6/水属性/爬虫類族/攻2400/守1000
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。



水属性・爬虫類族の上級モンスターのバイトロン
貫通効果を持っていますが、それ以外には効果は持ち合わせていません。
同じレベル・属性・攻守を持つモンスターには、魔法・罠カードを除去できる帝モンスターの氷帝メビウスや、伏せ除去効果と特殊召喚効果を持ったマザー・ブレインが存在します。
それらのカードの存在を考えると、リリース一体を必要とする上級モンスターであるにも関わらず、貫通効果しか無いというのはどうも割に合わない気がします(汗
レベル6なので、アトランティスの発動下でもリリースが減ることもありません。

貫通効果という面でも、水属性・爬虫類族の下級モンスターのライオ・アリゲーターが存在します。
あちらは単体では貫通効果は得られないものの、下級アタッカークラスの攻撃力を備えており、他に爬虫類族が並んでいれば、自身を含む全ての爬虫類族モンスターに貫通効果を付与する事ができます。
更にウォーターワールド発動下では、ライオ・アリゲーターの攻撃力はこのカードの基本攻撃力と同じ数値2400となります。
また、同じ水属性・爬虫類の上級モンスターにも、アトランティスでリリースを軽減できるレベル5である上にこのカードよりも基本攻撃力が高いギガ・ガガギゴが存在します。

以上の点からこのカードの立場は微妙と言わざるをえません…。
デュエリストエディションの収録か漏れるだろうと予想はしていましたが、本当に絶版になってしまうと、何だか寂しい気もします(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷炎の双竜

今日はデュエリストエディション1&2の発売日でした。
華々しく再録されたカードがある一方で、再録されずに絶版になってしまったカードも数多く存在します。
今回は、残念ながら再録されなかったカードの1枚、氷炎の双竜(フロストアンドフレイム・ツインドラゴン)について触れてみます。


氷炎の双竜

氷炎の双竜
効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の水属性モンスター2体と炎属性モンスター1体を
ゲームから除外する事でのみ特殊召喚する事ができる。
手札を1枚捨てる事でフィールド上のモンスター1体を破壊する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



初めて登場した水属性・ドラゴン族のモンスター。
自分の墓地の水属性2体と炎属性1体を除外する事でのみ特殊召喚する事ができます。
このカード自身が水属性であるためか、水属性の方が除外に必要な枚数が多いです。間違えないように気をつけたいものです。

このカードを出すには、水属性と炎属性の両方を組み込んでおくべきであり、特に水属性を多めにしておいた方が良いでしょう。
炎属性のエクシーズモンスターには、ランク3にはゼンマイン、ランク4にはラヴァルバル・チェイン、ランク5にはヴォルカザウルスと汎用性の高いものが多いので、それらのモンスターのエクシーズを狙える構築の【水属性】デッキならば、メインデッキに炎属性を入れなくとも出せる機会は訪れるでしょう。
特に魚族・海竜族・水族主体の【水属性】ならば、ラヴァルバル・チェインを共に除外する事で一気にフィッシュアンドキックスの発動条件を満たすことができます。
ただ、このカードの特殊召喚コストとサルベージとの兼ね合いには気をつけたいところです。
【ドラゴン族】では、リクルーターの仮面竜や、チューナーのガード・オブ・フレムベルに炎龍にサーチ効果も持つドレッド・ドラゴンと炎属性は豊富ですが、水属性の数が少ないです。
下級の水属性・ドラゴン族の中でも、ブリザード・ドラゴンは有用な効果を持ちアタッカーとしても運用できますが、パワード・チューナーやスノー・ドラゴンは、仮面竜のリクルートには対応するものの単体だとただの貧弱なモンスターでしたありません…(汗
ドラゴン・アイスの特殊召喚効果をくり返して使う事で墓地を肥やし、このカードの特殊召喚へ繋げるという戦略も考えられます。

このカードの効果は、1ターンに1度、手札を1枚捨てる事でフィールド上のモンスター1体を破壊するというもの。
表示形式を問わずに破壊できる上に、効果発動後にも攻撃できるのが利点です。
ただ、同じ属性・種族のモンスターに、手札コストによって2枚まで除去できる上にモンスターだけではなく魔法・罠も破壊できるグングニールが存在します。
アビス・ソルジャーに対するブリューナクといい、氷結界のシンクロには、既存の水属性を上回るような効果のものが多い気がする…。
あちらはシンクロモンスターですが、一度シンクロ召喚すれば蘇生条件を満たす事ができます。
一方こちらは、上記の方法でしか特殊召喚できません…。
一応、自分のモンスターも破壊できる点と、次元の裂け目マクロコスモスの発動下でも除去効果を発動できる点は、グングニールには無いポイントです。

なかなか面白いカードであり気に入っていただけに、再録されなかったのは残念です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

新カードを使ってみて

今の時点で明らかになっている「海皇の咆哮」の新規カードのプロキシを何枚か入れてデュエルしてみました。
対戦相手のデッキは、とある風評の為に「強くない」というイメージで見られがちなデッキ。確かにそのデッキは日本では環境に出たことが無いデッキですが、以前から戦っており、私にとっては「強敵」という印象が強いです。
ちなみに「海皇の咆哮」の情報が出る直前の頃に【水属性】で同じデッキに挑んだ時には、一度も勝てずに完敗でした。

そして、今回戦ってみた結果は…情報前と同様に完敗。一度も勝てませんでした・・・。
久しぶりのデュエルだったのに…あまりにも悔しいです。

まず、海皇の重装兵からの展開を上手く活かせなかったです。
一番多かったケースは、手札に下級海竜族モンスターが揃わないこと。このモンスターが場にいたとしても、手札に下級モンスターが海竜族1枚しか無ければ、ただ通常召喚するのと何ら変わりありません…。
重装兵のレベルが2である為、ニードル・ギルマン海皇の突撃兵と並べたところでエクシーズができないという点が辛く感じた事も非常に多かったです。
あと、重装兵や狙撃兵の破壊効果を使う機会が思いのほか少ないです。今回のデュエルに至ってはどちらの破壊効果も、一度も使う事がありませんでした。
ブリューナクやアビス・ソルジャーなど、発動条件を満たすモンスターと共に手札に来た事はあったのですが、肝心のモンスター自体がことごとく奈落に落とされてしまい、結局モンスター効果そのものを使う事すらできずに終わりました・・・。
もっと発動できるモンスターを増やすべきか・・・。というか、何故ポセイドラ以外に新規カードで出さないのか。
まだ見ぬカードの枠に、重装兵や狙撃兵の破壊効果の発動トリガーとなる効果を持つ水属性モンスターがいる事を祈る・・・。

モンスターを複数体並べることができた事はありましたが、こちらのモンスターは攻撃力の低い下級モンスターばかりなので高攻撃力のモンスターを出されては打点が届きません(汗
というのも、相手の伏せカードを警戒してシンクロやエクシーズができないという状況が多かったです。その伏せカードをどうにかしようにも、奈落に落ちる上に再利用されるバウンスによる除去のポセイドラでは重い上に厳しいです…。
あと、私の組むデッキではもはやお約束となりつつある、モンスターを全然引けずに負けるというパターンもありました。ちなみに、今回使ったデッキは全40枚中モンスターカードは22枚でした。

ここまで見事に完敗する理由には、元々デッキの相性自体が悪いというのもあるかもしれません。現に【氷結界】の方が、今回戦ったデッキとは良い勝負ができました。
対戦相手は「こちらのデッキにワンキルのギミックがあるからでは?」と分析していました。
ワンキルギミックというものは、今や【甲虫装機】や【聖刻】などのトップデッキにも当たり前のようにあります。
こちらのデッキにもワンキルのギミックが無ければ駄目なのか…?
「環境に出てすらいない」デッキに完敗しているようでは、とても環境トップに太刀打ちできる気がしません…。

果たして次にデュエルできるのはいつになる事やら・・・。
その時には、新規カードの良い部分をもっと見出したいものです。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

ハイドロゲドン

今日紹介するカードはハイドロゲドンです。


ハイドロゲドン

ハイドロゲドン
効果モンスター
星4/水属性/恐竜族/攻1600/守1000
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
自分のデッキから「ハイドロゲドン」1体を特殊召喚する事ができる。



水属性・恐竜族の下級モンスター。
相手を戦闘破壊し墓地へ送った時に、同名カード1体をデッキから特殊召喚する効果を持っています。
同名カードしかリクルートできないものの、呼び出したモンスターには何ら制約は無いので、そこからダイレクトアタックを仕掛けたり、更に相手のモンスターを戦闘破壊して三体目を出すといったことが可能です。

このカードを使っていて困る事は、何と言ってもこのカードが複数枚手札に来てしまう事です。デッキにこのカードが少なくなればなる程リクルート先が減り、うま味が無くなってしまいます。
なので、手札に複数枚来た場合は強欲なウツボ打ち出の小槌などでデッキに戻したいところです。
儀水鏡の反魂術は、サルベージでは回収できないこのカードを墓地から回収できる上に、フィールド上のこのカードをデッキに戻せばリクルート先を確保できる為、相性が良いです。
また、攻撃力が1600とやや頼りない数値なので、ウォーターワールド等で戦闘補助を行いたいところです。

同名カードをリクルートできるというこのカードの性質は、エクシーズ召喚と相性が良いです。1回リクルート効果を使うだけでも、ランク4のエクシーズの布陣を揃えられます。
その展開力によって、レベル4×3の素材を持つランク4エクシーズの素材を揃えるのにも一役買うことでしょう。
しかし、このカードの特筆すべき点は、エヴォルカイザー・ラギアの素材になれるという点に他なりません。ちなみに水属性・恐竜族のレベル4モンスターは、このカード以外では通常モンスターの大くしゃみのカバザウルスのみです。
強力な無効効果を持つラギアは、このカードのエクシーズ先の最有力候補でしょう。なので、序盤から積極的に相手モンスターを戦闘破壊し、エクシーズ召喚を狙いたいところです。
素材となるこのカードは水属性、ラギアは炎属性という事で、隠し玉として氷炎の双竜を入れてみるのも面白いかもしれません。

また、このカードはウォーター・ドラゴンの特殊召喚に必要なカードでもあります。
このカードの効果は元々、ウォーター・ドラゴンを出しやすくするようにデザインされたものだと思われます。
しかしEE4では、ウォーター・ドラゴンはレアに格下げされたのに対し、このカードは何とスーパーレアに格上げされており、レアリティが逆転しています(笑
ただウォーター・ドラゴンもラギアも、共に恐竜族ではない為このカードと種族サポートを共有できないのが残念です。

今ではジュラックなどの登場によって地味になりつつあるこのカードですが、効果自体はなかなか有用だと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

黒き人食い鮫

今回紹介するのは、融合モンスターの黒き人食い鮫です。


黒き人食い鮫

黒き人食い鮫
融合モンスター
星5/水属性/魚族/攻2100/守1300
「シーカーメン」+「キラー・ブロッブ」+「海原の女戦士」



初期に登場した水属性・魚族の融合モンスター。
レベル5で攻撃力2100と、後に登場した効果モンスターのサイバー・ドラゴンに近いステータスを持っていますが、このカードはなんと三体もの融合素材を必要とするモンスターです。
三体融合自体が困難な上、その重さとはあまりにも割に合わないステータスであるため、正規融合はまずおすすめできません。
このカードの融合素材はシーカーメンキラー・ブロッブ海原の女戦士の三体。三体とも初期に登場した下級の水属性通常モンスターであり、ステータスが低いです(汗
このカードは魚族ですが、融合素材の中で魚族なのは海原の女戦士だけであり、それ以外の2体は水族です。
また、(黒き人食い鮫も含め)いずれも現在絶版であるため、入手が困難です。

このカードはレベル5の融合モンスターであるため、簡易融合の効果で場に出す事ができます。
特にこのカードは、簡易融合で呼び出せるモンスターの中で最高の攻撃力を誇ります!
なので、簡易融合でレベル5の融合モンスターを呼び出す(かつHEROを使わない)デッキでは、レベル5の中でも有力な候補となるでしょう。
簡易融合による特殊召喚は融合召喚扱いであるため、墓地に送られた後も死者蘇生やリビデ、再融合やダイガスタ・エメラルの効果で蘇生でき、場合によっては即席のアタッカーとして使うこともできます。
水属性や魚族であるという点を活かし、フィッシャーチャージ水霊術-「葵」のリリース要員にするのもいいでしょう。

もちろん、簡易融合からシンクロやエクシーズの素材にするのも有効です。
このカードとレベル1のチューナーとのシンクロでドゥローレン、レベル2チューナーとのシンクロでグングニールを出す事ができます。
エクシーズ召喚を狙う場合には、ランク5エクシーズの素材にできます。
簡易融合で水属性であるこのカードを場に出した後にサイバー・シャークをリリースなしで通常召喚する事で、レベル5が2体揃い、エクシーズする事ができます。
水属性や魚族のデッキでランク5のエクシーズを狙うにあたっては、有効な手段だと思います。
ちなみにサイバー・シャークは属性・種族・レベル・攻撃力がこのカードと同じであり、鮫がモチーフであるという点も共通しています。が、守備力はサイバー・シャークの方が上です(笑

余談ですが、このカードはグレート・ホワイトの色違いであり、イラストの構図は原作でエレキッズと対峙していたシーンのグレート・ホワイトのものを元にしていると思われます。

初期に登場したこのモンスターが、未だに簡易融合で呼び出せるモンスターの中で最高攻撃力というのは何だか感慨深いです。
三体融合は伊達ではないという事でしょうか。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ストラクの情報

週間少年ジャンプに初めてストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」についての情報が載りました。
その内容は・・・ポセイドラのカードの紹介と、あと深海のディーヴァとニードル・ギルマンが小さく写っているだけでした。
つまり、新情報は何も無し
前の最強ジャンプどころか、「海皇の咆哮」の第一報が載ったVジャンプの時点で明らかになっていたような情報しかありませんでした。

前のストラクの時は、週間少年ジャンプに初めて載ったときにはレダメなんかが取り上げられていたのに・・・。
まさかポセイドラやディーヴァ以上の目玉カードは無いのか?最強ジャンプでも週間少年ジャンプでもポセイドラがやたらと取り上げられてる事もあって、本当にそんな気がする・・・。

新情報を待ちたいところですが、このままでは期待半分不安半分です(汗

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界の武士

今日紹介するカードは氷結界の武士です!
「ぶし」ではなく「もののふ」と読みます。


氷結界の武士

氷結界の武士
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻1800/守1500
フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが表側守備表示になった時、
このカードを破壊し、自分のデッキからカードを1枚ドローする。



このカードの特筆すべき点は、なんといっても下級氷結界の中で最高の攻撃力を持つ点です。
打点不足になりがちな【氷結界】においては、下級アタッカーとしての活躍が期待できます。
とはいえ、攻撃力はライオウやローチ等には一歩及ばず、それらのモンスターには一方的に戦闘破壊されてしまいます…。
ウォーターワールドアトランティス等で、このカードの攻撃力を底上げすると良いでしょう。
攻撃表示のこのカードと、守備表示の守護陣が並べば、なかなか強固なロックを形成できるでしょう。もちろん、そこからシンクロに繋げることもできます。

効果は、表側攻撃表示から表側守備表示になった時に破壊され、代わりに1枚ドローするというもの。フィールドアドバンテージを損なう代わりに、ハンドアドバンテージを得られます。
この効果を発動すべきかどうかは、フィールドと手札の状況によるでしょう。しかし、複数体並んではじめて効果を発揮するものが多い氷結界にとって、フィールドアドバンテージを損なってしまうというのは痛手です。
エネミーコントローラーなど、表示形式を変更するカードには気をつけたいところです。
ちなみに、裏側守備表示から表側守備表示になった場合や、表側攻撃表示から裏側守備表示になった場合には自壊しません。

このカードの自壊&ドロー効果を有効に活用する戦法もあります。
ガンターラの効果でこのカードを攻撃表示で蘇生、次の自分のターンにこのカードを守備表示に変更して破壊&1枚ドロー、そのターンのエンドフェイズ時にまたガンターラの効果でこのカードを攻撃表示で蘇生・・・という流れをくり返すことで、手札枚数を稼ぐ事ができます。
ガンターラとこのカードを維持しなければならないので難易度は高いですが(汗

このカードは攻撃力は高いものの、デッキ投入の優先度については、氷結界とシナジーのある効果を持つ舞姫軍師に軍配が上がるでしょう。
これら2体の氷結界は武士と同じレベル4であり、魔法使い族である為アーカナイト・マジシャンのシンクロ素材にする事もできます。

余談ですが、自壊する効果とこのカードの容姿や名称から、このカードの効果は一部では切腹と呼ばれています。

下級アタッカーである点や容姿から、個人的には氷結界の中でも気に入りの1枚です。
DTのSDでスキャンすれば、【絶対氷壁】の下級アタッカーとして活躍できるでしょう。
ADXの特殊コマンドにも使いやすいものが多く、気に入っています。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

虹蛇のエインガナ

水属性・海竜族を中心としたストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」の前評判があまりよろしくないです
その主な理由としては、切り札となる最上級モンスターの「海皇龍 ポセイドラ」の特殊召喚効果が重い上に、その際の除去能力もどこか頼りないという点が挙げられます。
その他の新規カードの海皇の重装兵や狙撃兵は、展開補助効果に加え、「水属性の効果の発動のために墓地に送られた時」に発動する単体除去効果を持っています。
しかし、大量展開を得意とする相手に対しては、単体除去で間に合うかどうか・・・。

ところが、アニメオリジナルカードには、いかなる方法で墓地に送られた時でも発動する全体除去効果を持った、最上級の水属性・海竜族モンスターが存在しました。
それが、このカードです。


虹蛇のエインガナ

虹蛇のエインガナ
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2200/守2400
このカードが墓地へ行った時、相手
フィールド上のモンスターを全滅(できる。)


※()内のテキストは推測


アニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」の第101話で登場。アニメオリジナルエピソードの闇遊戯vsビッグ1・大下(深海の戦士)戦にて、大下が使用したカードです。
幻影の壁とメルキド四面獣を生け贄に召喚され、遊戯のバフォメットを戦闘破壊しました。
名前といい姿といい、どう見ても蛇ですが、何故か爬虫類族ではなく海竜族に分類されています。ちなみにアニメオリジナルの海竜族モンスターは、今の所このカード位だと思います。

さて、このカードは非常に強力な除去効果を持っています。
なんと、墓地へ送られた時にサンダー・ボルトと同様の効果を発動するのです!
フィールド上からだけでなく、デッキや手札から墓地に送られた時にも効果を発動するので、アブソルートZeroとはまた違った立ち回りができそうです。
おろかな埋葬でこのカードをデッキから墓地に送れば、おろかな埋葬が実質サンダー・ボルトに化けます
もちろん、ジェネクス・ウンディーネスクリーチラヴァルバル・チェインなどのモンスター効果で墓地に送った場合でも、相手のモンスターを全て破壊する事ができます。
リビデの破壊に対してリビデをチェーンし、このカードを蘇生すれば相手のモンスターを道連れにする事ができます。

このカードはレベル7なので、アトランティスの発動下ではリリース1体でアドバンス召喚できるようになりますが、フィールドに出す必要なんて無い位、強力なカードです(笑
むしろ、奈落や強制脱出装置などの存在を考えると、フィールド上に出すのは得策ではありません。
一方で、フィールド上に出したこのカードを水霊術-葵でリリースする事で、相手のモンスターの除去とハンデスを同時に行うといった戦略も考えられます。

これだけ強力な効果を持っているにも関わらず、作中では「エインガナの一噛みは強力」位の説明しかされませんでした。最上級モンスターとしてはおろか、上級モンスターとしても頼りない程の攻撃力なのに…(汗
また、このカードが登場したデュエルは、遊戯が使用したカードによるダイレクトアタックによって勝負が決した為、結局このカードの効果が使われる事はありませんでした。

テキスト欄の狭さのせいか、非常に凶悪な効果を持ったこのカード。
デッキに入れて使うとどうなることやら・・・(笑

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

海皇の狙撃兵

ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」の新たなカードの情報が来たようなので、取り上げてみます。


海皇の狙撃兵

海皇の狙撃兵
効果モンスター
星3/水属性/海竜族/攻1400/守 0
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
デッキからレベル4以下の「海皇の狙撃兵」以外の「海皇」と名のついた
海竜族モンスター1体を特殊召喚できる。
また、このカードが水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時、
相手フィールド上のセットされたカードを1枚を選択して破壊する。



1つ目の効果は、レベル4以下の「海皇」専用のリクルート効果。相手ライフにダメージを与えた時に、同名カード以外の海皇をデッキから特殊召喚できます。
ここで、「ガエル」「氷結界」「リチュア」「ペンギン」に続く新たな水属性カテゴリ「海皇」が誕生しました!

2つ目の効果は、重装兵と対を成す効果です。水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に相手の表側表示のカード1枚を破壊する重装兵に対して、こちらは相手のセットされたカードを破壊します。
重装兵に比べると、効果を発動する機会は多くはないかなぁという印象です。

そして、海皇の突撃兵の再録も確定しました。
最新のパックで登場したばかりなのに、再録されるの早すぎだろ・・・

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の虎将 ガンターラ

情報が出たばかりだった頃に一度取り上げた事があったガンターラを、また紹介してみようと思います。


氷結界の虎将 ガンターラ

氷結界の虎将 ガンターラ
効果モンスター
星7/水属性/戦士族/攻2700/守2000
自分のエンドフェイズ時、自分の墓地に存在する
「氷結界の虎将 ガンターラ」以外の「氷結界」と名のついた
モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



エンドフェイズ時に、同名カード以外の氷結界と名のついたモンスター1体を蘇生する効果を持つカード。
同じく氷結界に関する蘇生効果を持つ伝道師と比べると、自分の場にモンスターを増やせるという点では優れますが、エンドフェイズ時の発動である為に、蘇生してから即座に攻撃やシンクロやエクシーズに繋げられないという点で劣ります。
それらの戦術を使う為には、その後の相手のターンを耐える必要があります。
強力なシンクロモンスターも蘇生できますが、それらの効果を使えるのは次の自分のターン以降であり、それまでにシンクロモンスターやこのカードがフィールド上にいなくなってしまっては元も子もありません。
したがって、このカードの蘇生効果では、高攻撃力や優秀な除去効果を持つモンスターよりも、守護陣のようなロック効果を持つ氷結界や、大僧正のような耐性を付加する効果を持つ、どちらかというと守備的な氷結界を優先して蘇生させた方が良いでしょう。
それらのモンスターの効果の恩恵があれば、相手のターンをしのげる確率が上がります。
このカード自身のステータスも高く、蘇生効果を駆使して「守り」の起点して活躍する事ができます。
単体でもアタッカーとして機能する点も優秀です。

攻守、効果共に優秀なこのカードですが、問題は最上級であるが故に重いという点です。
手札に来ると腐ってしまう場合が多いので、軍師などの効果で優先して墓地に送りたいところです。
このカードを場に出すには、墓地にいるこのカードを伝道師の効果で蘇生するという方法がベストでしょう。伝道師自体も浮上をはじめ様々なカードに対応しており、以前と比べれば格段に場に出しやすくなったと言えるでしょう。
また、アトランティスの影響下であればレベル6になる為、リリース1体でアドバンス召喚する事ができるようになります!アトランティスによってガンターラの攻守も上がるため、一石二鳥です。
アトランティスはシンクロと相性が悪いという事で、特に強力なシンクロモンスターを多く抱える氷結界においては敬遠されがちですが、実際に使ってみるとこの恩恵は結構ありがたく感じました。

伝道師の登場によって出しやすくなったため、【氷結界】の主軸としても十分機能するようになった1枚だと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード