フェンリル

今回紹介するカードはフェンリルです。


フェンリル

フェンリル
効果モンスター
星4/水属性/獣族/攻1400/守1200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の水属性モンスター2体をゲームから除外して特殊召喚する。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
次の相手ターンのドローフェイズをスキップする。



通常召喚できず、自分の墓地の水属性2体を除外する事で特殊召喚できるモンスター。
一度この方法で特殊召喚した後ならば、蘇生制限を満たした事になり、蘇生や帰還が可能となります。
特殊召喚にかかるコストはやや重いですが、スクリーチの墓地肥やし効果を使えばすぐに揃える事ができます。
ただ、墓地の水属性2体を手札に加える効果を持つサルベージとの兼ね合いには気をつけたいです。

このカードの効果は、相手のモンスターを戦闘破壊した場合に、次の相手ターンのドローフェイズをスキップするというものです。
あの八汰烏を彷彿とさせるドローロック効果です。
ただし、このカードは単体では攻撃力が低いので、戦闘補助が欠かせません。
アトランティスを使えば、グラヴィティバインドレベル制限B地区といったカードのロックをくぐり抜けつつ攻撃力を上げる事ができます。特にレベル制限B地区は、レベル4以上のモンスターを守備表示にできるので、このカードの戦闘補助としても役立ちます。
アトランティス発動下では更に、ハイドロプレッシャーカノンが装備できるようになります。これを装備して相手のモンスターを戦闘破壊すれば、相手の手札を一網打尽にできます!
他にも、幻獣の角を使用すれば攻撃力を800も上昇できる上に、戦闘破壊時に1枚ドローする事ができます。これによって、相手とハンドアドバンテージに大きな差をつける事ができます。
もちろん、水霊術-「葵」のハンデス効果と組み合わせるのも有効です。
除外コストを、ハンデス効果を持つムーラングレイスの特殊召喚の墓地枚数の調整に使う事もできます。

このカードは、同じく「通常召喚できず、自分の墓地の水属性を除外する事で特殊召喚できる」モンスターであるアクエリアとよく比較されます。水属性でレベル4という点も共通しています。
アクエリアと比べると、こちらはサルベージで回収できる、奈落の落とし穴に落ちないといった利点があります。
逆に、あちらと比べて除外コストが重い、攻撃力が低いといった悩みもあります。
また、アクエリアと同じ水属性・水族のモンスターは種類が豊富であるのに対し、このカードと同じ水属性・獣族は数が少ない為、他の水属性とは種族サポートを共有し難いという悩みもあります。特に、「除外海産物」に関するサポートの恩恵を直接受けられないのは辛いです。
ただ、この種族のおかげで、同じ水属性である氷結のフィッツジェラルドのシンクロ素材にする事ができます。

水属性の特殊召喚モンスターですが、除外コストの重さから、シンクロやエクシーズの素材、リリースの確保目的で使うならば、基本的にアクエリアを優先した方が良いと思われます。
このカードを使う場合は、ドローロック効果を活かし、ハンデス効果を持つカードと組み合わせると良いでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

素早いアンコウ

ABYRで登場した水属性モンスターの素早いアンコウについて紹介します。


素早いアンコウ

素早いアンコウ
効果モンスター
星2/水属性/魚族/攻 600/守 100
このカードが手札・デッキから墓地へ送られた場合、
デッキから「素早いアンコウ」以外のレベル3以下の
「素早い」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚できる。



素早いマンタ素早いマンボウに続く3体目の、「素早い」と名のついたレベル2・水属性・魚族のモンスターです。
手札かデッキから墓地へ送られた場合に、同名カード以外の「素早い」と名のついたレベル3以下モンスターを2体までデッキから特殊召喚できる効果を持っています。
尚、この効果はタイミングを逃す事がありません
「素早い」と名のついたモンスターは上記のものも含めて今まで何体か登場していましたが、「素早い」を指定する効果を持つカードはこれが初めてです。
また、これらのモンスターはいずれもデッキからの展開力に優れています。

レベル3以下を指定しているものの、このカードの効果で特殊召喚できるモンスターは現状ではレベル2のもののみです。したがって、このカードの効果による特殊召喚から、ランク2のエクシーズに繋げる事ができます。
手札から手札コストとして墓地へ送れば、アドバンテージを得ることすらできます。サルベージに対応しているので、墓地へ送られた後でもまた手札に戻すこともできます。
デッキからは、おろかな埋葬スクリーチジェネクス・ウンディーネ絶海の騎士などの効果で墓地へ送る事ができます。
ジェネクス・ウンディーネの効果で墓地へ送って、マンタかマンボウを2体特殊召喚すれば、レベル3以下の水属性が3体並ぶのでポセイドラの特殊召喚のリリースコストを満たすことができます。
鬼ガエルの特殊召喚コストとして墓地へ送った場合や、マンボウの効果で墓地へ送り、マンボウのリクルート効果を使った後には、それに加えてブラック・ミスト等のレベル2×3のエクシーズに繋げる事もできます。
このカードはレベル2なのでジャンク・シンクロンの効果で釣り上げる事もできます。モンスターを展開した後に墓地へ送られたこのカードをジャンク・シンクロンの効果で釣り上げ、シンクロすれば高攻撃力のジャンク・ウォリアーを出す事ができます。
このカードでリクルートできるモンスターには、同じレベル2・水属性・魚族のモンスターのほかにレベル2・地属性・獣族の素早いモモンガ素早いムササビも存在します。これら獣族のモンスターと、ジェネクス・ウンディーネとセットで投入されるジェネクス・コントローラーや上記のジャンク・シンクロンとでシンクロすれば、氷結のフィッツジェラルドを出す事もできます。

問題点として、デッキ内にリクルートできるモンスターがいなくなってしまうと腐ってしまう点が挙げられます。
リクルート先のモンスターが手札に来てしまった場合には強欲なウツボ打ち出の小槌などでデッキに戻したいものです。
リクルート先のモンスターが墓地に貯まった場合には、貪欲な壺エクゾディオスの特殊召喚コストでデッキに戻すことができます。
また、このカードやマンボウやアンコウは、メタボ・シャークの効果でデッキに戻すこともできます。

使ってみると、結構良いはたらきをしてくれるカードだと感じました。ただ、呼び出せるモンスターはどれも単体では貧弱なので、エクシーズやシンクロ、アドバンス召喚など、このカードの展開力から繋げられるような勝ち筋を用意しておきたいところです。
これからの「素早い」のバリエーションの増加にも期待したいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の龍集合

今日、ゴールドボックスでブリューナクが当たりました。
これによって、「氷結界の龍」3体を揃える事ができました。

氷結界の龍 GSB1

こうしてみると壮観です。
前回GSで揃えた時はブリューナクだけフォーマットが異なっていましたが、今回はレアリティもフォーマットも統一できています。
しかし、この内トリシューラはすでに禁止カードで、ブリューナクも9/1から禁止カードになってしまいます。
なので、今後も使えるのはグングニール1体だけという事になります(汗

ブリューナクやトリシューラ以外にも元GSのノーマルレアだったカードは一通り手に入り、自分の中ではGSBに関しては一段落付いた感じです。
ただ、GS2012の時にゴールドレアが全然当たらなかったスターライト・ロードが、今回も1枚も当たらなかったのは心残りです。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

ZEXALに学ぶ シャーク・ドレイクの出し方

シャーク・ドレイクが出し辛いです。

いつか作った動画の中で、「レベル4×3のランク4エクシーズは何があってもシャーク・ドレイクだけを使おう」と書いた事がありました。その時は半ばネタのつもりで書いていたのですが、気付けば本当にそうしている自分がいました…(笑
ただし、使おうと思っても、やはり一筋縄では出せないです。
そこで、アニメ「遊戯王ZEXAL」の作中ではどの様にしてシャーク・ドレイクがエクシーズ召喚されたのか?振り返ってみる事にします。


シャーク・ドレイク(アニメ版)

・1回目
先史遺産コロッサル・ヘッド×先史遺産ゴールデン・シャトル
使用者はIII。
これらに加えて、オリハルコン・チェーン(未OCG化)の効果で必要なエクシーズ素材を1体減らしてエクシーズ召喚されました。

・2回目
ハンマー・シャーク×トライポッド・フィッシュ
これ以降は使用者はシャーク。
トライポッド・フィッシュは蘇生時にレベルが1上がる効果を持っており、更にバブル・ブリンガーの効果で蘇生したトライポッド・フィッシュを2体分のエクシーズ素材として扱う事によってエクシーズ召喚された。
尚、OCGではバブル・ブリンガーは同名カード2体を蘇生する効果になっており、蘇生したモンスターの効果は無効化されてしまう為、トライポッド・フィッシュのレベルを上げる事はできません

・3回目
スピア・シャーク(未OCG化)×ツーヘッド・シャーク(未OCG化)×シャクトパス
これらのモンスターは全て通常召喚によって揃えられました。

・4回目
ハンマー・シャーク×エクシーズリモーラ(未OCG化)
エクシーズリモーラの効果で必要なエクシーズ素材を1体減らしてエクシーズ召喚されました。


なんと、レベル4×3の素材を必要とするエクシーズモンスターであるにも関わらず、大抵の場合モンスター2体の素材でエクシーズ召喚しています。当然、今のところOCGではこのようなエクシーズ召喚は不可能です。
2回目のケースに至っては、使用されたカードが後にOCG化されたにも関わらず、OCGでは同じカードを使ってもシャーク・ドレイクを出せないという有り様・・・。どうしてこうなった。
唯一3体の素材でエクシーズ召喚されたのは3回目ですが、エクシーズ素材の揃え方が、なんと地道に通常召喚しただけという・・・。これで揃えられるなら苦労はしません(笑
この方法が今のところ一番"現実的"というのだから驚きです(素材モンスター3体のうち2体はOCG未登場ですが)。


ついでに、漫画版についても振り返ってみます。

・漫画版(最強ジャンプ版)
シャクトパス×シャクトパス×シャーク・サッカー
初めからシャークが使用。
シャクトパスの内1体は既に場におり、もう一体は死者蘇生で墓地から蘇生されました。シャーク・サッカーは、2体目のシャクトパスの蘇生時に手札から特殊召喚されました。そこからシャーク・サッカーはスター・チェンジャーの効果によってレベルが1上がり、エクシーズ素材になりました。
尚、使用カードはシャーク・ドレイクも含め全てOCGの現物と同じものです。

カードの効果は全てOCGの現物と同じなので、一応実際にできる組み合わせです。
ただ、実用的かどうかは疑問が残ります・・・(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ゴールドボックス

昨日は遊戯王OCGの「THE GOLD BOX」の発売日でした。
私は弟と合わせて3箱購入してみました。
開封すると、これまでのゴールドシリーズを彩った様々なカードが当たって行く中、

氷結界の龍 トリシューラ GDB1

トリシューラも当たりました。

初登場のDT8弾の時は、再録時のGS2012の時はなかなか当てる事ができずに四苦八苦したものでしたが、今回は3箱目に入っていたパックの中から出てきました。
かつては遊戯王カードの中でもトップクラスのレートだった時期もあったカードなのに、禁止カード故に今やGDBの「ハズレ」の部類にカウントされている点には、時代の流れを感じずにはいられません(笑
それにしても、まさかこんな形で"再会"するとは・・・。

今回、グングニールも1枚当たりました。
ブリューナクは当たりませんでしたが、手に入り次第、並べて写真を撮ってみたいものです。

イビリチュア・ソウルオーガ

今回の改訂でリチュアの儀式モンスターであるイビリチュア・ガストクラーケが制限カードに指定されました。
儀式モンスターの中でも特に強力は効果を持っていたガストクラーケの規制によって、【リチュア】は構築の変更を余儀なくされました。
思い返せば、昨年の改訂の際に、シンクロの要であったフィッシュボーグ-ガンナーを失った際にも、【リチュア】はデッキの大幅な改築が必要となりました。
去年に続いて2度目の「弱体化」・・・ある意味とばっちりとも取れなくないですが、改訂とは恐ろしいものです(汗

昨年の時と同様に、主軸だったカードの規制によって「今後【リチュア】はどうすればいいんだ?」という声が飛び交っています。
そこで私は、ガストクラーケを初めとするレベル6以外のレベルのリチュアに目をつければいいのではないかと思い始めました。
主軸とする儀式モンスターのレベルによって構築が異なって来ると言われる【リチュア】ですが、レベル6軸以外のデッキならば、今回の改訂の被害は薄いと思われます。
レベル10のイビリチュア・ジールギガスは以前に取り上げた事があるので、今回はレベル8のリチュアに着目してみようと思います。


イビリチュア・ソウルオーガ

イビリチュア・ソウルオーガ
儀式・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2800/守2800
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
1ターンに1度、手札から「リチュア」と名のついたモンスター1体を捨てる事で、
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して持ち主のデッキに戻す。



リチュア初のレベル8の儀式モンスター。リチュアが初登場したDT10弾のウルトラレア枠を飾ったカードです。
レベル8の儀式モンスターなので、レベル6に比べて儀式召喚し難い上に、儀式召喚自体もコストが重くなりがちです。
しかし、水属性儀式モンスター用のリリース軽減効果を持つシャドウ・リチュアヴィジョン・リチュアを儀式のリリースとすれば、それら1枚の消費で儀式召喚する事ができます。
また、ヴィジョン・リチュアの効果でレベル8のリチュアの儀式モンスターをサーチしてそれをリリースコストにする事もできます。この場合、リチュアの儀水鏡のサルベージ効果の発動条件を即座に満たす事ができます。
リチュアの儀水鏡などの儀式魔法カードはシャドウ・リチュアの効果でサーチする事ができます。このカードはリチュア・アビスのサーチ効果には対応していませんが、リチュア・アビスからヴィジョン・リチュアをサーチし、そのヴィジョン・リチュアの効果でサーチする事によって間接的にサーチする事が可能です。

このカードの効果は、手札のリチュア1枚を捨てる事で相手の場の表側表示のカード1枚をデッキに戻すというもの。
表側表示のカードならば種類を問わずに除去できる上に、除去の中でも特に再利用され難い部類であるデッキバウンス効果なのが魅力です。
戦闘破壊や破壊に対して耐性を持つモンスターに対しても除去を行えるのも嬉しいところです。

このカードの魅力は恵まれたステータス値にもあります。
2800という攻撃力は、戦闘破壊できる範囲がかなり広いです。アクア・ジェットで強化すれば、より制圧力が上がります。
守備力も同じく2800と高いです。この守備力は水属性・水族のモンスターの中で最高の値です(ただしメタル・リフレクト・スライムは除く)。
月の書などによる表示形式の変更に強く、反転世界などの攻守を入れ替える効果を持つカードも実質効かないという利点があります。
また、リチュアに伝わりし禁断の秘術の効果で守備表示で儀式召喚した場合でも高守備力を活かして壁になれる点も、覚えておいて損はないでしょう。

このカードの短所は、儀式召喚自体の重さに加えて、効果発動時の手札コストが重い点です。
儀式召喚をするのにも大抵の場合何枚か手札を消費してしまうのに、そこから更にリチュアのモンスターを確保しておかなければ効果を発動できないのです。
リリース軽減効果を持つものをはじめ、リチュアにはサルベージに対応するモンスターが多いので、サルベージによって儀式召喚の消費を抑えると共に、このカードの効果のコストとなるカードを確保する事ができます。
また、効果自体は強力ではあるものの、表側表示のカードしか除去できず、裏側表示のカードは除去できないという弱点も存在します。
厄介なリバース効果や速攻魔法、罠カードには成す術も無く引っ掛かってしまいます…。伏せモンスターに対しては抹殺の使途、魔法・罠ゾーンのセットカードに対してはナイト・ショット等で対処して、死角を補いたいものです。

レベル6軸とはまた違った、パワフルなイメージの強いレベル8軸の【リチュア】。
その中で切り札になり得るこのカードを使いこなせるようになりたいものです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ポスト・ブリューナクを考える

禁止カードになってしまったブリューナク
その代替となり得るカードはあるのか?様々な視点から見ていきたいと思います。


大地の騎士ガイアナイト

素材指定なしのレベル6シンクロモンスター
一番最初に登場したシンクロモンスターの内の1体でしたが、程なくして登場したブリューナクやゴヨウ・ガーディアンの影に隠れていた不遇のシンクロモンスターでした。
これらが禁止になった事で、レベル6のシンクロを狙えるデッキならば投入を検討できます。
現在レベル6のシンクロモンスターの中では最高の攻撃力を持っています。
また、効果を持たないモンスターであるため、デモンズ・チェーン等の効果を受けず、ダイガスタ・エメラルの効果で蘇生する事ができる利点があります。
ただ、現在は効果なしのエクシーズモンスターであるジェムナイト・パールが存在します。属性もガイアナイトと同じ地属性であり、打点も同じです。
また、あちらはダイガスタ・エメラルと同じ素材と種族を持つので、ガイアナイト以上にエメラルと共存しやすいです。
種族やシンクロモンスターである点、ガイアドレイクの融合素材になれる点から、パールとは差別化を図っていきたいです。


氷結界の虎王ドゥローレン
氷結界の虎王ドゥローレン

自分のカードをバウンスできるシンクロモンスターです。水属性・レベル6という点もブリューナクと共通しています。
ブリューナクとは違い、チューナー以外のモンスターに水属性の素材指定がありますが、【氷結界】などの水属性主体のデッキではあまり影響は無いでしょう。
ノーコストで自分のカードをバウンスできる点と、手札に戻したカード1枚毎に攻撃力が上がるのは、ブリューナクには無い利点です。
ただ、効果の発動には1ターンに1回の回数制限があり、表側表示のカードしかバウンスできません。
ブリューナクとはまた違った無限ループコンボに使用された為、こちらもこちらで現在準制限カードに指定されています。


氷結界の龍 グングニール
氷結界の龍 グングニール

手札を墓地へ捨てる事で除去効果を発動する水属性シンクロモンスター。「氷結界の龍」であるという事までブリューナクと共通していますが、種族はドラゴン族となっています。
ブリューナクと比べると、バウンスではなく「破壊」、1ターンに1度の回数制限あり、一度に捨てられる枚数は2枚まで、除去できるのは相手のカードのみ、という違いがあり、ブリューナクの調整版の用にも見えます。
素材についても、チューナー以外に水属性の素材指定があります。
ブリューナクと同じく、海皇のモンスターを手札コストにする事で、それらの効果を発動できます。
ブリューナクとは違いレベル7ですが、デッキによってはブリューナクよりも出しやすかったりします。今回準制限に緩和されたデブリ・ドラゴンでシンクロできる点にも注目です。
【氷結界】においては守護陣軍師などの組み合わせで出す事ができます。


SD23-JP014 アビス・ソルジャー
アビス・ソルジャー

手札を墓地へ捨ててフィールド上のカードをバウンスできる水属性モンスター
ブリューナクと同じくあらゆる種類のカードをバウンスできるのが魅力ですが、1ターンに1度しか使用できない、捨てられるカードは水属性モンスターのみ、一度に捨てられる枚数は1枚のみという3つの制限があります。
効果の面では、ブリューナクの下位互換と言えます。
こちらは下級モンスターなので小回りが利きます。また、ブリューナクやグングニールと同じく海皇のモンスターを手札コストにする事でそれらの効果の発動を狙える利点もあります。


ヴェルズ・バハムート
ヴェルズ・バハムート

ブリューナクがヴェルズ化した姿という設定のエクシーズモンスター。
ブリューナクと比べて攻撃力は50高く、守備力は50低くなっています。また、属性は闇属性、種族はドラゴン族に変わっています。
エクシーズ素材と効果の発動コストの両方にヴェルズのモンスターを必要とする為、【ヴェルズ】のデッキでないと運用するのは困難でしょう。


完全にブリューナクに取って代わる事ができる程のカードは存在しませんが、いくつかの役割を他のカードである程度分担させる事ができます。

ブリューナク写真

それにしても、これだけ手に入ったブリューナクが禁止になってしまうのはショックです(汗

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の紋章

デッキからモンスター1体を手札に加える、所謂サーチ系の効果を持った魔法カードがいくつか存在します。
増援化石調査といった特定の種族を指定したものや、光の援軍紫炎の狼煙など特定のカテゴリを指定したものなど種類は様々です。また、サーチ先に何らかの指定(レベル等)があったり、サーチ以外にも何らかの効果を持つものもあります。
しかし、そういったサーチ系の魔法カードは、その有用さからか、規制の対象になる事が多いです。
今回の改訂でも、新たにE-エマージェンシーコール召集の聖刻印の2枚が規制されました(共に準制限カード)。
いずれのサーチカードも、環境の最前線で猛威を奮ったデッキで活躍した為、規制されました。

ところが、現在無制限のサーチカードというのも中には存在します。
その内の1枚こそが、氷結界の紋章です。


氷結界の紋章

氷結界の紋章
通常魔法
自分のデッキから「氷結界」と名のついたモンスター1体を手札に加える。



「氷結界」専用のサーチ魔法カード。サーチ先のレベル等に制限は無いため、あらゆる氷結界のモンスターを、自分のデッキからサーチする事ができます!
なので、特定のカテゴリを指定したサーチ魔法カードの中でも極めて優秀な性能を持つ部類のカードと言えるでしょう。

【氷結界】を組む際には是非投入しておきたい1枚です。
墓地へ送りたい氷結界が手札にある場合には、手札を捨てる効果を持つ氷結界をサーチすれば良いでしょう。基本的に、まずは軍師をサーチする事が多いと思います。
蘇生したい氷結界が墓地にいる場合には、伝道師をサーチする事で蘇生に繋げる事ができます。
チューナーをサーチしてシンクロに繋げる事もできます。氷結界にはレベル2とレベル3のチューナーがおり、シンクロ先のレベルに応じてサーチ先を使い分けられるのも利点です。
氷結界の三方陣の発動条件を満たすのにも役立ちます。

【湿地草原】においても、強力なダイレクトアタッカーとなる水影をサーチするのに役立ちます。
それ以外にも、最高打点でロック要員の術者や、蘇生や展開を容易に行える伝道師と、湿地草原に対応する有用な氷結界は多いです。
したがって、これらを使用する場合には【湿地草原】でも投入を検討できるカードです。

問題は、サーチ先である氷結界のモンスターに、単体で活躍できるようなカードが少ない点でしょう。
氷結界には、他の氷結界がいる時に効果を発揮するものをはじめ、受身な効果なモンスターが多く、サーチしたところで単体で戦況を覆し難いのがつらいです…。
墓地に氷結界のシンクロや上級モンスターがいる場合ならば、伝道師をサーチする事でそれらのモンスターを蘇生し、逆転の一手とする事ができるかもしれません。
あとサーチしたモンスターをマインドクラッシュ等で落とされないように気をつけたいです。
また、魔法の効果や発動を封じられたり、ライオウ等の効果によってサーチ効果を封じられてしまうケースにも注意が必要です。

尚、「あらゆる氷結界をサーチできる」効果を持つカードとして、このカードより前に決起隊が既に登場していました。
しかし決起隊のサーチ効果は能動的に使い難い上にアドバンテージを得られ難いという欠点がありました。
サーチ要員としてはこのカードの方が優れている為、決起隊の優先度は落ちてしまいました(汗

今回の改訂では、特定のカテゴリを指定したサーチ魔法や氷結界のモンスターは規制強化されましたが、このカードは何の規制も受けていません。
というのも、今回禁止になったブリューナクは「氷結界のモンスター」といってもエクストラデッキのモンスターであり、メインデッキのカード1枚をサーチするこのカードとは何の関係もありません。
今後【氷結界】が環境の最前線で活躍でもしない限り、このカードは今まで通り無制限で安泰でしょう(笑
ブリューナクもトリシューラも禁止になった今、「氷結界」の最大の利点といえば、この無制限の万能サーチ魔法カードという事になるのかもしれません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

バハムート・シャーク

出会いあれば別れあり・・・。
ブリューナクは禁止になってしまいますが、同時に新たなエクストラデッキ要員の水属性・海竜族のモンスターが登場しました。
それは、本日発売のVジャンプ(2012年10月号)付属のエクシーズモンスターであるバハムート・シャークです。


バハムート・シャーク

バハムート・シャーク
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2600/守2100
水属性レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
水属性・ランク3以下のエクシーズモンスター1体を
エクストラデッキから特殊召喚する。
このターンこのカードは攻撃できない。



漫画版のシャークの切り札モンスターです。
スノーダスト・ジャイアントに続く2体目の、水属性レベル4モンスター×2の素材指定のあるランク4の水属性エクシーズでもあります。

このカードの利点として、素材指定なしのレベル4×2のランク4エクシーズの中で最高の打点を持つジェムナイト・パールに匹敵する、2600という高打点を持っている点が挙げられます。
あちらと違いデモンズ・チェーン等の効果は受けてしまうものの、レベル4モンスター入りの【水属性】や【海竜族】デッキでは、効果を使わずともアタッカーとしてエクストラデッキに投入する価値はあると思います。

効果は、エクシーズ素材を取り除いて自分のエクストラデッキから水属性・ランク3以下のエクシーズモンスター1体を特殊召喚するというもの。
このカードの登場時点では対応するモンスターはリバイス・ドラゴンアシッド・ゴーレムエアロ・シャーク、ゼンマイティの4体です。しかし、先に挙げたナンバーズ2体は打点は高いもののエクシーズ素材が無い時にはデメリットがあります。
ゼンマイティは【ゼンマイ】以外ではエクストラデッキに採用する余地が無いです。ちなみに、ゼンマイティは次期の改訂で制限カードになる事が決定しています。
エアロ・シャークは周知の通り単体での性能が非常に低いです…。ただ、現状ではこのカードの効果で呼び出せてかつデメリットの無いモンスターの中で一番攻撃力が高いので、呼び出す価値はあるかもしれません。アクア・ジェットキラー・ラブカ海底に潜む深海竜といった、魚族と海竜族に共通するサポートの恩恵を受けられる利点も存在します。
呼び出したモンスターを水霊術-「葵」などのコストとして利用する方法も考えられます。

このカードで呼び出せるモンスター中で最高攻撃力を持つカードはアシッド・ゴーレムですが、エクシーズ素材が無い状態で特殊召喚されます。
アシッド・ゴーレムといえば、エクシーズ素材が無い時には攻撃ができず、コントロールしているプレイヤーに多大なデメリットを及ぼしますが、これを強制転移などで相手に送りつけるという戦法も考えられます。
また、カタパルト・タートルの効果でバハムート・シャーク共々射出すれば、合計で2800もの効果ダメージを与える事ができます。

海皇の竜騎隊をエクシーズ素材にする事ができ、効果発動時に素材となった竜騎隊を取り除く事で海竜族をサーチする効果を使用できます。
更にこのカードは竜騎隊と同じ海竜族です!よって、一部の海竜族のサポートを共有する事ができます。
ただ、このカードの効果で呼び出せるエクシーズモンスターには海竜族のものはいない為、一族の結束を使用する場合には注意が必要です。
また、レミューリアを使えば海皇の重装兵をエクシーズ素材にする事もできます。

デメリットとして、効果を使ったターンこのカードは攻撃できなくなるという制約効果を持っています。
呼び出せるモンスターは、上述の様にデメリットの塊であるアシッド・ゴーレムを除いて皆このカードよりも攻撃力が低いため、メインフェイズ1で効果を使った後にバトルフェイズに突入すると、このカードの高打点を持て余してしまいます。
しかし、この効果に対しては攻撃した後でもその後のメインフェイズ2に効果を発動できるという裁定が出ています。

このカードの登場によって、今後のランク3以下の水属性エクシーズの登場に期待がかかります。
しかし、逆にこのカードによって新たなランク3以下の水属性を出しにくくなってしまったという見方もできます…。
ちなみに、ランク2とランク1の水属性エクシーズモンスターは今のところ1枚も登場していません。
ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」以来続いていた「水属性ラッシュ」は、ここでひとまず終了のようです。果たして今後はどうなることやら。

属性、種族、打点、イラスト…どれをとっても一目で気に入ったので、水属性のデッキのエクストラデッキ要員としてこれから使っていきたいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

さらばブリューナク

来る2012/9/1の制限改訂にて、遂に氷結界の龍 ブリューナク禁止カードになる事が決定しました。
前回の改訂でのトリシューラに続き、氷結界から2体目の禁止カードが排出された事になります…。
これによって氷結界のシンクロは禁止が2体、準制限が1体、無制限が1体となりました。


氷結界の龍 ブリューナク

氷結界の龍 ブリューナク
シンクロ・効果モンスター
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
手札を任意の枚数墓地へ捨て、
捨てた数だけフィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。



シンクロの黎明期であるDT1弾で登場した氷結界のシンクロモンスターです。
シンクロ素材に指定が無く、強力な効果を持っているため、登場から現在に至るまで長らく使用され続けてきたカードです。
間違いなく、黎明期からシンクロ召喚のギミックを支え続けてきた1枚です。
ゴヨウ・ガーディアンが禁止カードに指定された後は、レベル6シンクロの筆頭としての地位を確立しました。
更にトリシューラが禁止になった後は、水属性、海竜族、氷結界、そしてシンクロモンスター…属する全てのグループの中で、このカードは代表的な存在となっていました。
DTC1弾で再録された時にシークレットレア仕様のものが初登場し、同弾のトップレアとして物凄く高騰していたのも記憶に新しいです。

最近の改訂はシンクロやループコンボへの風当たりが強い傾向にあり、その両方の要素に深く関わるこのカードは「いつ禁止になってもおかしくないだろう」と言われたりしていました。
しかし、前回の改訂ではトリシューラは禁止になったものの、このカードは制限のままでした。
その時、「禁止になるならブリューナクの方が先だろうと思っていたのに、先にトリシューラの方が禁止になったのは意外だ」という声も聴きうけられました。
ただ、この時の改訂で禁止にならなかったからといって、決して「安心」できるというわけではなかったのです…。

手札を任意の枚数墓地へ捨て、その枚数分だけフィールド上のカードをバウンスできる起動効果は非常に強力でした。
捨てるカードの種類にも枚数にも何ら制限は無く、おまけに効果の発動回数にも制限が無いため、手札さえあれば1ターンに何度も効果を使う事ができました
更に、バウンスするフィールド上のカードにも、カードの種類や持ち主の指定がありません。したがって、発動のしやすさに加えて、バウンスできるカードの範囲も非常に広いです。

このカードのバウンス効果は、特に相手のカードの除去手段として活躍しました。
「破壊」に対する耐性を持つモンスターをはじめ、場持ちの良いイメージの強いモンスターであっても、このカードのバウンス効果の前では無力だったりする事が多いです。
そういった破壊耐性持ちモンスターへの対抗手段として重宝され、またそれらのモンスターの価値を下げた存在でもありました。
また、複数のモンスターを並べての強力な布陣であっても、それらの内1枚でもバウンスできれば、相手の布陣を崩していく事ができました。
レベル6にしては攻撃力はやや低いですが、それを補って余りある程に効果が強力でした。除去からのフィニッシャーとしての役割も果たしていました。

自分のカードを手札に戻せるのも大きな利点でした。
このカードを使ったループコンボは非常に多彩かつ強力であり、間違いなくこのカードの禁止化の一因となっています。
また、早すぎた埋葬生還の宝札といった、最終的にこのカードによるループコンボの為に禁止になったと言っても過言では無いようなカードも存在します。

ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」で登場したカード達とも相性抜群でした。
このカードの効果の発動時に、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇の下級モンスターを墓地へ捨てる事で、それらの効果を使用できたのです。
重装兵狙撃兵を捨てれば、1枚のコストで2枚のカードを除去する事も可能でした
竜騎隊を捨てて海竜族をサーチし、更にその海竜族を捨てるという事もできるので、竜騎隊を実質2枚分の手札コストと見なす事ができました。
それにしても、ここに来てようやくブリューナクが水属性である事に利点が生まれたと思った矢先に禁止とは…(汗

自身が所属するカテゴリである「氷結界」との関連についても見てみましょう。
自分の場に複数の氷結界を展開する事によって効果を発揮するモンスターが多い【氷結界】にとっては、強力な除去能力を持つこのカードは天敵でした。
一応、自分の場の氷結界を効果モンスターの効果の対象にする事はできなくする効果を持つ御庭番を並べれば、ブリューナクの効果から自分の氷結界を守ることができますが、御庭番はステータスが非常に低い為採用されない事もあります(汗
天敵として立ちはだかる一方で、【氷結界】は下級に除去能力が不足しがちなので、このカードは除去要員として非常に重宝していました。
氷結界のレベル6のシンクロには他にドゥローレンが存在しますが、ドゥローレンでは対処できないような高攻撃力や耐性を持つカードを除去するのにも役立ちました。
なので【氷結界】にとってブリューナクの禁止化は、天敵の消滅と同時に戦力の低下にもなってしまった思います。

あまりにも汎用性が高く、かつ強力なカードであり、間違いなく『「氷結界」はシンクロだけが強い』と言われるようになってしまった最大の要因に違いありません。
一番最初に登場したこのカード以降、氷結界のモンスターがどうもパッとしなかったのは、製作者が「氷結界」とこのカードとの結びつきを恐れた故だったのでしょうか。
それとも、『「氷結界」には強力なブリューナクがいるから後は適当でいいや』という風な考えだったのか…。

私は以前、動画や文章でブリューナクやトリシューラについて、「これらのカードを禁止にしてでもいいから氷結界を強化して欲しい」が書いた事がありました。
本当に両方とも禁止なってしまったものの、氷結界のこれ以上の強化は望み薄な気がします(汗
禁止になったこのカードのリメイク的な氷結界のモンスターが出て欲しいという声があり、私もそう思っているのですが、このカードが「ヴェルズ化」した姿という設定のヴェルズ・バハムートが既に登場している為、それも望み薄です…。

【氷結界】以上にブリューナクやトリシューラを出しやすい、相性が良いデッキは五万とあり、しばしば「BF-氷結のブリューナク」とか「インフェルニティ・トリシューラ」などという風に揶揄されてきました。いつまで経っても「氷結界」として見られる事はありませんでした。
禁止になった事で、ある意味それらの風評から「開放」されたとも言えるかもしれません。

このカードの禁止化の煽りを最も強く受けたカードといえば、間違いなくフィッシュボーグ-ランチャーでしょう・・・。
ただでさえ水属性のシンクロモンスターは数が少ないのに、その中から禁止カードが出てしまった事により、シンクロ先が更に少なくなってしまったのです。
このカードが禁止になった事で、フィッシュボーグ-ランチャーでシンクロできるモンスターは、実質ドゥローレンとグングニール2体だけとなってしまいました(泣

今までお疲れ様、ブリューナク。
いつか再び"封印"が解かれるその日まで・・・。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【遊戯王OCG】ストラクチャーデッキ-海竜神の怒り- 収録カードリスト

今更ながら、ニコニコ動画に、ストラクチャーデッキ-海竜神の怒り- 収録カードリストの動画を投稿してみました。

アドレスはこちら↓
http://www.nicovideo.jp/watch/nm18660518



2005年に発売されたストラクチャーデッキであり、今年に発売されたストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」は、実にこれ以来の水属性のストラクチャーです。
ちなみに、「海皇の咆哮」と共通して収録されているカードは、

グリズリーマザー
伝説の都 アトランティス(×2)
サルベージ
竜巻海流壁
激流葬
グラヴィティ・バインド-超重力の網-

の全6種類(計7枚)です。
この内、竜巻海流壁と激流葬と以外は、ストラクチャーデッキ「海竜神の怒り」に複数枚収録されていました。

「海皇の咆哮」とはまた違ったサポートカードや、今でも汎用性の高い必須級のカードが収録されており、このストラクチャーの完成度の高さを再認識しました。
いつか、これら2つのストラクチャーのカードを混ぜ合わせたデッキなんかも組んでみたいです。

テーマ : ニコニコ動画
ジャンル : サブカル

アビス・ウォリアー

今回紹介するカードはアビス・ウォリアーです。
ABYRで登場した新規水属性の1体です。


アビス・ウォリアー

アビス・ウォリアー
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1800/守1300
1ターンに1度、手札から水属性モンスター1体を墓地へ捨て、
自分または相手の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを持ち主のデッキの一番上または一番下に戻す。



まさかのアビス・ソルジャーの派生種と思われるモンスター。
名前が類似しており、属性・種族・レベル・攻守の値も同じです。姿もどことなく似通っています。
また、こちらは赤であちらは青と色は異なりますが、イラストの背景の感じも似ています。
1ターンに1度手札から水属性1体を墓地へ捨てる事で発動する起動効果を持っている点も共通しています。

このカードの効果は、手札の水属性1体を墓地へ捨てる事で自分または相手の墓地のモンスター1体を持ち主のデッキの一番上に戻すというもの。
相手に対して使用すれば、ドローロックを仕掛ける事ができます。
相手の手札が少ない時に、上級モンスターや弱小モンスターをデッキトップに戻してドローロックをかければ、相手の手を遅らせる事ができて有効です。
水属性には水霊術-「葵」ハイドロプレッシャーカノンムーラングレイスなどハンデス手段が豊富なので、それらと組み合わせるとより効果的です。
自分の墓地のカードをデッキトップへ戻す効果は、【天変地異コントロール】と相性が良いです。
【天変地異コントロール】の主軸となるモンスターのリチュア・ディバイナーは水属性なので、このカードを共存させる事は十分に可能でしょう。

手札コストとなる水属性モンスターは、サルベージで補充する事ができます。これで、手札の水属性が尽きるまでドローロックするという戦術も考えられます。
このカードのコストとして墓地へ捨てるカードとしては、海皇のモンスターが最適です。
アビス・ソルジャーと同じく、このカードの手札から水属性モンスター1体を墓地へ捨てる効果は、海皇のモンスター達の「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」の発動トリガーとなるのです。
海皇のモンスターを手札に確保できれば、重装兵狙撃兵の効果で相手のカードを破壊したり、竜騎隊の効果で海竜族をサーチしたりしつつデッキトップ操作を行う事ができます。

このカードと同じくABYRで新登場したカテゴリである水精鱗のモンスターは皆「アビス」という名前が付いていますが、このカードは水精鱗とは直接関係はありません(笑
しかし、登場時期的に水精鱗やストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」でのアビス・ソルジャーの再録を意識している事には間違いないでしょう。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

異国の剣士

 
異国の剣士

異国の剣士
効果モンスター
星1/地属性/戦士族/攻 250/守 250
「異国の剣士」の攻撃を受けたモンスターは、5ターン後に破壊される。



前回の記事で紹介したゾーン・イーターと同じく、このカードの攻撃を受けたモンスターを5ターン後のエンドフェイズ時に破壊する効果を持ったカードです。
初登場した弾もゾーン・イーターと同じ第1期のBOOSTER4です。それ以来再録されておらず、現在絶版という点も共通しています。
レベルもゾーン・イーターと同じです。ステータス面では攻撃力は同じですが守備力はあちらよりも50高いです(笑
あちらが水属性・水族であるのに対し、こちらは地属性・戦士族なので、受けられるサポートの種類は大きく異なります。

ゾーン・イーターと同様に、250という低攻撃力では、守備表示のモンスターに攻撃した場合であっても凄まじい反射ダメージを受けてしまう事でしょう。
更に、攻撃してから対象のモンスターを破壊するまでに5ターンもかかります。しかもこのターン数は自分のターンのカウントなので、実質的には10ターンかかることになります。
当然、モンスターがそれほど長い間場に留まる事は考え難く、他のカードで除去なり戦闘破壊したほうが良いのは言うまでもありません。
同じ属性・種族の異次元の戦士ならば、攻撃した相手を即除外できます(自分も除外されてしまいますが)。

このカードはワン・フォー・ワントゥルース・リインフォースによってデッキから特殊召喚する事ができます。前者の効果では手札から特殊召喚する事もできます。
後者には「バトルフェイズを行えない」という制約効果がある為、自分から戦闘しに行く事によって効果を発揮するこのカードとはあまり相性は良くないです。
墓地からはリミット・リバースエンジェル・リフトで蘇生できます。
また、ジャンク・シンクロンデブリ・ドラゴンの効果で蘇生する事も可能です。特に前者はこのカードと同じ戦士族であり、蘇生してからレベル4のシンクロに繋げる事もできます。
手札に加える手段も豊富であり、増援でデッキからサーチしたり、戦士の生還で墓地から回収したりもできます。
反射ダメージを抑える為の強化手段として、コマンド・ナイト連合軍で攻撃力を上げる事ができます。デッキを戦士族で統一していれば、一族の結束で強化する事もできます。
また、戦士族という事でE・HERO ネオス・ナイト波動竜騎士 ドラゴエクィテスユーフォロイド・ファイターの融合素材にする事もできます。

あまりにも使い辛いこのカードの効果ですが、スターダスト・ドラゴンの破壊無効効果を受けないという隠された(?)利点が存在します。
ターンのカウントを1ターン進める効果を持つ運命の火時計という罠カードが存在しますが、このカードの効果に対して発動できるかどうかは調整中だそうです(汗

以上、記事の内容の多くをゾーン・イーターのものから引用しつつ紹介しました(笑
私が遊戯王をやり始めた頃にはとっくに絶版になっていたこのカードですが、初めて存在を知った時にはイラストの格好良さと、効果とステータスの弱さに衝撃を受けたものです。
いかにも日本風な風貌の剣士が描かれており、イラストの背景は実写の様にも見えます。この渋さがたまりません(笑
武士ガンターラといった氷結界のモンスターを除けば、私が戦士族の中で一番気に入っているカードです。
それだけに、現在絶版で入手困難なのが悔まれます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ゾーン・イーター

前の記事で紹介した黄泉へ渡る船について、「スノーマンイーターの影に隠れがち」だという風に書きました。
しかし、その黄泉へ渡る船よりも更に影に隠れているカードが存在します。
それが、このカードです。


ゾーン・イーター

ゾーン・イーター
効果モンスター
星1/水属性/水族/攻 250/守 200
「ゾーン・イーター」の攻撃を受けたモンスターは、5ターン後に破壊される。



第1期のBOOSTER4に登場したモンスターであるゾーン・イーターです。
このカードは黄泉へ渡る船と同じ水属性・水族のモンスターですが、あちらよりも遥かに発動し辛い破壊効果を持っています。
それは、このカードの攻撃を受けたモンスターを5ターン後に破壊するという効果です。
低ステータスの黄泉へ渡る船よりも更に一回り低いステータスでありながら、自分から攻撃しないと効果を発動できないのです。
250という低攻撃力では、守備表示のモンスターに攻撃した場合であっても凄まじい反射ダメージを受けてしまう事でしょう。
更に、攻撃してから対象のモンスターを破壊するまでに5ターンもかかります。しかもこのターン数は自分のターンのカウントなので、実質的には10ターンかかることになります。
当然、モンスターがそれほど長い間場に留まる事は考え難く、他のカードで除去なり戦闘破壊したほうが良いのは言うまでもありません。
黄泉へ渡る船ならば、戦闘破壊され墓地に送られた時に即座に破壊できる上に、相手から攻撃してきた時にも破壊できます。

このカードはレベル1なので、ワン・フォー・ワンによってデッキ・手札から特殊召喚する事ができます。墓地からはエンジェル・リフトで蘇生できます。
鬼ガエルの効果でデッキ・フィールド上から墓地へ送る事も可能です。
海竜神の加護を使えば、このモンスターを破壊から守りつつ相手のモンスターへ攻撃する事ができます。
このカードは湿地草原に対応している為、湿地草原の発動下では攻撃時の反射ダメージをある程度抑える事もできます。
黄泉ガエルフィッシュボーグ-ランチャーと共に使用し、ランク1のエクシーズ素材にするという運用法も考えられます。

また、このカードはアクア・ドラゴンの融合素材でもあります。
アクア・ドラゴンは黒き人食い鮫と共に初めて登場した3体融合モンスターであり、他の素材はフェアリー・ドラゴン海原の女戦士です。
アクア・ドラゴンと海原の女戦士はこのカードと同じ水属性ですが、種族はどれもバラバラです。
他の融合素材2体が通常モンスターであるのに対しこのカードのみが効果モンスターなので、通常モンスターのサポートを共有する事もできません。レベルについても、他の2体がレベル4なのに対しこのカードのみがレベル1となっています。
一応、融合代用モンスターである沼地の魔神王はこのカードと同じ属性・種族を持っていますが、それが役に立つかどうかは微妙なところです(笑
何といっても、アクア・ドラゴン自体が3体融合とはとても釣り合わないような性能なのが致命的です。
尚、アクア・ドラゴンもその融合素材(このカードも含む)も共に現在絶版なので、入手は難しいです。

あまりにも使い辛いこのカードの効果ですが、スターダスト・ドラゴンの破壊無効効果を受けないという隠された(?)利点が存在します。
ターンのカウントを1ターン進める効果を持つ運命の火時計という罠カードが存在しますが、このカードの効果に対して発動できるかどうかは調整中だそうです(汗

昔のカードを調べていると、このカードの様に、今からでは考えられない程使い辛い効果を持ったモンスターも見受けられます。
でも、そこからこのカードゲームの長い歴史を感じ取る事ができて面白いです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

黄泉へ渡る船

今回紹介するカードは、黄泉へ渡る船です。


黄泉へ渡る船

黄泉へ渡る船
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 800/守1400
このカードが戦闘によって破壊され墓地に送られた時、
このカードを破壊したモンスターを破壊する。



戦闘破壊された墓地に送られた時に、攻撃したモンスターを破壊する効果を持っています。
セットしておけば、殴ってきた相手に対して地雷のように機能します。
また、墓地に送られた後でもサルベージで回収する事ができます。

ところが水属性・水族・レベル3の効果モンスターには、これとほぼ同様の運用ができるカードが存在します。
それがスノーマンイーターです。
あちらにはセット状態から攻撃された後でも、高守備力のために壁になれるという利点が存在します。
また、決定的な違いとしてあちらは攻撃してきたモンスター以外のカードも破壊する事ができます。
更に戦闘時以外でも、リバースする事で破壊効果を発動できる為、スノーマンイーターの効果の方が小回りが利くという印象を受けます。

一方、スノーマンイーターには無いこのカードならではの利点も存在します。
リバースしなければモンスターを破壊できないスノーマンイーターに対し、こちらは戦闘破壊され墓地へ送られた時に発動する効果である為、表側表示の場合でも効果を使えます。
グリズリーマザーからのリクルートや浮上リミット・リバースでの蘇生からも効果を発動を狙えるのは、スノーマンイーターには無い利点です。
いざとなれば破壊したいモンスターに対して自爆特攻を仕掛ける事もできます。
また、スノーマンイーターの効果が対象を取る効果であるのに対し、このカードの効果は対象を取る効果ではないという違いがあります。
あちらと比べて自壊の恐れが無いという利点も存在します。

このカードはフィールド魔法の中でもウォーターワールドと相性が良いです。
攻撃表示の時には攻撃力が上がる事によって戦闘破壊される時の戦闘ダメージを減らす事ができ、守備表示の時には守備力が下がる事によって戦闘破壊されやすくなります。

余談ですが、アニメ5D'sでは「黄泉」と名のついたカードがカテゴリ化していました。
OCGではこのカードと黄泉ガエルの2体がこのカテゴリに所属する事になります。
しかし、これら2体が共に水属性・水族であるにも関わらず、5D'sで登場した「黄泉」のカードは属性的にも種族的にもこれらとは全くシナジーがありませんでした(笑

スノーマンイーターの影に隠れがちなこのカードですが、このカードならではの利点も存在します。
同じ属性・種族・レベルという事で、スノーマンイーターと一緒に使ってみるのも面白いでしょう。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

豪雨の結界像

水属性の結界像モンスターである豪雨の結界像について紹介します。


豪雨の結界像

豪雨の結界像
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1000/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いに水属性以外のモンスターを特殊召喚できない。



レベル4・水属性・水族のモンスター。
表側表示で存在する限り、お互いの水属性以外のモンスターの特殊召喚を封じる永続効果を持っています。
この効果は、水属性以外の属性が主力のデッキ相手には多大な影響を及ぼします。表側表示で存在するだけで、相手の展開を一歩遅らせる事ができるでしょう。
一方、こちらは水属性中心のデッキを組んでいれば、影響はほぼありません。
同じく水属性・水族で、表側表示で存在する限りモンスターの特殊召喚を制限する永続効果を持つかつて神と呼ばれた亀後に亀と呼ばれる神と一緒に使うのも面白いかもしれません。

このカードは攻撃力は低いですが、そのおかげでグリズリーマザーからリクルートする事ができ、サルベージで回収する事もできます。
また、墓地からはリミット・リバースで蘇生できます。

難点はステータスが低く除去され易いという点です。
水属性以外のモンスターがメインのデッキを組んでいる相手にとっては最も優先的に除去しなければならないカードであり、狙われる可能性が高いです。
キラー・ラブカの効果を使用すれば、このカードを戦闘から守る事ができます。
また、アクア・ジェットを使用すれば攻撃力2000と、下級アタッカークラスの攻撃力を得る事ができ、戦闘に強くなれます。
アトランティス発動下だとレベル3になる為、海竜神の加護によって破壊から守る事も可能となります。

もちろん、水属性主体のデッキ相手には効果が無いというのも欠点です。
【HERO】デッキ相手の時には、超融合でこのカードをアブソルートZeroの融合素材にされてしまう事もあり得ます…。

汎用的な水属性モンスターはそれ程多くは無いので、このカードの効果は多くのデッキ相手に刺さると思います。
メインデッキやエクストラデッキの水属性以外のモンスターの枚数と相談しながら使っていきたいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

異次元海溝

ABYRにて登場した水属性サポートカードの異次元海溝について紹介します。
アニメZEXALにてシャークが使用したカードです。


異次元海溝

異次元海溝
永続魔法
このカードの発動時に、自分の手札・フィールド上・墓地の
水属性モンスター1体を選んでゲームから除外する。
その後、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊された時、
このカードの効果で除外したモンスターを自分フィールド上に特殊召喚する。



発動時に自分の手札・フィールド・墓地の水属性1体を除外し、このカードが破壊された時にそのモンスターを自分の場に特殊召喚するという効果を持った永続魔法です。
除外できる水属性にレベルや攻撃力や種類といった制限は一切なく、手札・フィールド・墓地と多岐に渡る場所から除外できるので、除外できる範囲はかなり広いです。
破壊された後の特殊召喚についても、表示形式の指定やデメリットが無いのが利点です。特殊召喚制限があるカードや蘇生制限を満たしていないカードを除けば、あらゆる水属性モンスターを特殊召喚する事ができるのです!

このカードを使用する場合は、やはり破壊する方法を考えたいものです。
汎用性の高いカードならば、大嵐やブラックローズドラゴンの全体破壊効果に巻き込むのが効果的でしょう。
特に海竜-ダイダロスは、全体破壊効果を持っている上にこのカードで除外する事もできます。
スクラップ・ドラゴンやダブル・サイクロンといった、自分と相手の両方のカードを破壊する効果を持つカードを用いるのも効果的です。
いざとなればサイクロンロスト・ブルー・ブレイカーディープ・スィーパーの単体除去効果をこのカードを対象に発動するというのも手です。
破壊された後に除外したモンスターを特殊召喚できるので、ダイダロスやシーラカンスといった切り札級の最上級水属性モンスターを展開する手段として重宝します。
【氷結界】においても、ガンターラグルナードといった最上級の虎将の展開手段として投入を検討できます。
また、場合によっては、このカードや除外したモンスターの存在によって相手の大嵐を牽制する事もできるかもしれません。

墓地にいる水属性モンスターを除外し、特殊召喚すれば擬似的に蘇生する事ができます。特殊召喚したいモンスターを、おろかな埋葬ジェネクス・ウンディーネスクリーチ等の効果で墓地へ送っておくと良いでしょう。
手札のモンスターを除外する場合は、このカードの分と合わせて2枚もの手札枚数を消費してしまうので注意が必要です。【氷結界】ではサーチカードである紋章のおかげで、状況に応じたモンスターをサーチし除外する事ができます。
フィールドから除外する時には、自分のモンスターを避難させてからブラック・ホール等の全体除去を使うという戦法をとることができます。魚族・海竜族・水族のモンスターを除外する事で魔製産卵床フィッシュ・レインの発動に繋げる事もできます。

悩みは、破壊以外の方法で除去されてしまった場合には除外したモンスターは除外されたままとなってしまう点です。
破壊を介さずに魔法・罠を除去する方法は少ないので、あまり気にする必要は無いでしょう。とはいえ、このカードを発動する際にはあらかじめ破壊する手段も確保しておきたいものです。
手札にある場合は、コアキメイル・アイスの維持コストに使う事もできます。

実際に使ってみると、なかなか面白いカードだと感じました。
特に最上級の水属性モンスターを特殊召喚できれば頼もしいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コアキメイル・シーパンサー

デュエリストエディション3&4には様々なカードが収録されています。
しかし、収録から漏れてしまったカードも多く存在します。水属性の中ではシャーク・ザ・クルー神竜アクアバザルといったカードが収録されませんでした…。禁止カードのフィッシュボーグ-ガンナーは収録されているのに(汗
今回紹介するのは、そんな再録されなかったカードの内の1枚であるコアキメイル・シーパンサーです。


コアキメイル・シーパンサー

コアキメイル・シーパンサー
効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1900/守1200
このカードのコントローラーは自分のエンドフェイズ毎に
手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送るか、
手札の水属性モンスター1体を相手に見せる。
または、どちらも行わずにこのカードを破壊する。
1ターンに1度、手札から「コアキメイルの鋼核」1枚を墓地へ送る事で、
自分の墓地に存在する魔法カード1枚を選択しデッキの一番上に戻す。



コアキメイルに属する水属性モンスターの1体。
レベル・属性・攻守の値はコアキメイル・アイスと同じですが、種族はアイスが水族であるのに対し、このカードは海竜族となっています。
そしてこのカードは、下級海竜族の中で最高の基本攻撃力を持っています!
海竜族の攻撃力1800の下級アタッカーは、暗黒の海竜兵デュアル・ランサーアームズ・シーハンター海皇の竜騎隊と粒揃いですが、このカードはそれらを上回る1900の攻撃力を持っているのです。

このカードの維持コストは、エンドフェイズ時に手札からコアキメイルの鋼核1枚を墓地へ送るか、手札の水属性モンスター1体を見せるかのどちらかです。
前者のコストは主に【コアキメイル】で使用する事になるでしょう。
後者のコストは、【水属性】や【海竜族】ならば用意しやすいです。この維持コストのおかげで、他の水属性コアキメイルであるコアキメイル・アイスやコアキメイル・フルバリアと比べて、水属性のデッキに「派遣」しやすいのがこのカードの利点です。
もちろん、【コアキメイル】においてこれらの水属性コアキメイルをこのカードの維持コストとして使用する事もできます。

このカード固有の効果は、コアキメイルの鋼核1枚を墓地へ送る事で、自分の墓地の魔法カード1枚をデッキに戻すというもの。
しかし、効果の発動コストが、維持コストの一つと重複しているのが難点です。
コアキメイルの鋼核はなるべく効果の発動に使い、維持コストは水属性1体を見せて済ませるのがベストでしょう。
一応この効果でコアキメイルの鋼核をデッキトップに戻す事もできますが、コアキメイルの鋼核は自身の効果で手札に回収する事もできます。

【コアキメイル】以外のデッキでは、わざわざコアキメイルの鋼核ごと「派遣」しない限りは、効果を発動できる機会すらありません(笑
【海竜族】や【水属性】のデッキにおいては、このカードは単なる下級アタッカーにしかなりません…。しかも水属性の下級アタッカーには、デメリットの無いアトランティスの戦士ライオ・アリゲーターが存在します。
また、海竜族には永続魔法かフィールド魔法をデッキトップに戻せる効果を持つ神竜アクアバザルが存在します。
海竜族のストラクチャーデッキである「海皇の咆哮」のカードと組み合わせようにも、このカードよりもむしろ、海皇のモンスターを手札コストとして墓地へ送る事でその効果を発動できるコアキメイル・アイスの方が相性が良いという始末…。
海竜族の下級アタッカーという面においても、レベル3でありながら自身の効果で攻撃力が2200にまで上昇する海皇の突撃兵が存在します。しかもあちらはこのカードよりも小回りが利きます。

せっかく下級海竜族の中で最高攻撃力を持っているモンスターであるにも関わらず、どうも使い辛い面ばかりが目立ってしまうカードです。
DE4に収録されなかったのは仕方が無かったのかもしれません(汗

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

パンダボーグ

今日紹介するカードはパンダボーグです。
デュエリストエディション4にて再録された水属性モンスターの1体です。


パンダボーグ

パンダボーグ
効果モンスター
星4/水属性/サイキック族/攻1700/守1400
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
800ライフポイントを払って発動できる。
デッキからレベル4のサイキック族モンスター1体を特殊召喚する。



サイキック族の下級モンスター。
サイキック族のモンスターやサポートカードにはライフが絡む効果を持つものが多いですが、このカードもその例に漏れず、ライフを払って発動する効果を持っています。
戦闘破壊された時に800ポイントのライフを払う事で、デッキからレベル4のサイキック族1体をリクルートできます。
いわばサイキック族のリクルーターであり、同名カードをデッキからリクルートする事もできます。
レベル4のリクルーターという点とライフを消費する点から、シャーク・ドレイク・バイスのエクシーズ召喚や効果の発動条件を満たすのに一役買うかもしれません。

このカードは水属性なので、デッキに投入しておけばサイキック族のデッキでもドゥローレングングニールのシンクロを狙えるようになります。
サイキック族にはレベル2にはクレボンス、レベル3にはサイコ・コマンダー等の優秀なチューナーがおり、それらのシンクロ先の選択肢を増やせるという意味でも役立ちます。
また、サイコ・チューンで蘇生すれば、このカードをチューナーとして扱う事ができます。

特筆すべき点としては、このカードは初にして現在唯一の水属性・サイキック族のモンスターなのです!
「陸上で生活する動物であるパンダがモチーフなのに何故水属性…?」と、このカードの属性を疑問視する声は多いです(笑
しかし、このカードがいなければ水属性のサイキック族モンスターが存在しなかったのもまた事実。水属性を使っている身からすると有難い存在です(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

鬼ガエル

今日紹介するカードは鬼ガエルです。
「ガエル」に属するモンスターの1体であり、今日発売のデュエリストエディション4に再録されたカードです。


鬼ガエル

鬼ガエル
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻1000/守 500
このカードは手札からこのカード以外の水属性モンスター1体を捨てて、
手札から特殊召喚できる。
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分のデッキ・フィールド上から水族・水属性・レベル2以下のモンスター1体を
選んで墓地へ送る事ができる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体を手札に戻す事で、
このターン通常召喚に加えて1度だけ、
自分は「鬼ガエル」以外の「ガエル」と名のついたモンスター1体を召喚できる。



このカードは3つの効果を持っています。

1つ目は、手札からこのカード以外の水属性モンスター1体を捨てて、手札のこのカードを特殊召喚できる効果です。
手札にある水属性を捨てる事で墓地を肥やす事ができる上に、召喚権を使わずにこのカードを展開する事ができます。
特殊召喚の為に、捨てる水属性とこのカードの2枚分の手札を消費してしまいますが、サルベージを使う事で消費を抑えることができます。
このカード自身がサルベージに対応しており、後述の2つ目の効果と組み合わせれば、即座にサルベージの発動条件を満たす事もできます。

2つ目の効果は、召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキ・フィールド上から水族・水属性・レベル2以下のモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができるというものです。
どの方法で場に出た時にも発動できる上に、デッキまたはフィールドと、広い範囲から墓地肥やしができます。
リミット・リバースエンジェル・リフト浮上サシカエルの効果と、様々な方法で特殊召喚できる為、この効果を発動できる機会は多いでしょう。
もちろん、1つ目の効果によって特殊召喚した場合にもこの効果を発動する事ができます。この場合、一度に2枚もの墓地肥やしを行えます。
ただ、1つ目の効果とは違い、墓地へ送る事ができるモンスターには水属性に加えて水族・レベル2以下と更に制限があるので、間違えないように気をつけたいです。
この条件は湿地草原に対応するモンスターの条件と一致するので、特に【湿地草原】デッキにおいては、闇属性における終末の騎士に匹敵する墓地肥やし要員として活躍できるでしょう。
この効果を使う事で、黄泉ガエル粋カエルといった、墓地にいる事で真価を発揮するカードをデッキから墓地へ送る事ができます。
氷結界の中では、ブリズド術者水影御庭番伝道師の5体を墓地へ送る事ができます。氷結界には万能サーチカードの紋章がありますが、いざという時には、このカードの効果でデッキから墓地へ送る事で擬似的にサーチする事も可能です。
フィールドから墓地へ送る対象としては、魔知ガエル引きガエルが有効です。これらが持つ「フィールド上から墓地へ送られた時に発動する効果」は非常にタイミングを逃しやすいのが悩みでしたが、このカードの効果で墓地へ送る事で、能動的に発動させる事ができます!

3つ目の効果は、1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体を手札に戻す事で、そのターン通常召喚に加えて1度だけ「鬼ガエル」以外の「ガエル」と名のついたモンスター1体を召喚できるという効果です。
自分の場のモンスター1体と手札の同名カード以外のガエルを入れ替える事ができる効果ですが、特殊召喚ではなく通常召喚扱いです。なので、アドバンス召喚のリリースを確保していないとデスガエルを場に出す事はできません。

3つの効果で、それぞれ対応するモンスターが異なる点には気をつけたいです。
ちなみにこのカード以外の「ガエル」と名のついた水族・水属性・レベル2以下のモンスターは、全ての効果に対応します。
また、1つ目の効果で海皇のモンスターを捨てても、それらの効果は発動しない点にも注意が必要です。

豊富な効果を持っており、サポート手段も豊富であるため、【ガエル】や【湿地草原】においてはキーカードとなり得る1枚だと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ウミノタウルス

今日紹介するカードはウミノタウルスです。
プロモカードとして初登場したカードです。


ウミノタウルス

ウミノタウルス
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻1700/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の魚族・海竜族・水族モンスターが
守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。



自分の場の魚族・海竜族・水族モンスターに貫通効果を付与する永続効果を持っています。
自身も水族であり恩恵を受けられるため、実質貫通効果を内蔵していると言えます。

このカードを使うならば、やはり魚族・海竜族・水族モンスターを展開した上で守備表示のモンスターを殴っていきたいです。
月の書皆既日蝕の書を使えば、相手のモンスターを守備表示にする事ができます。
他にもエネコンアクエリアの効果を相手の攻撃表示モンスターに使えば、そのモンスターを表側守備表示に変更する事ができます。
レベル制限B地区アトランティスを貼って、レベル4以上のモンスターを守備表示にしつつ、こちらはこのモンスターや他の魚族・海竜族・水族モンスターで殴るという戦法も有効でしょう。

魚族・海竜族・水族モンスターを強化する効果を持つニードル・ギルマンと並べば、より多くの戦闘ダメージを狙う事ができます。
水属性と並ぶ事で、戦闘したモンスターの効果を無効にできるようになるアームズ・シーハンターとも相性が良いです。
海皇の狙撃兵で守備表示モンスターを殴って貫通ダメージを与える事ができれば、狙撃兵のリクルート効果を使う事ができます!
海皇の突撃兵は、このカードと並ぶ事で、攻撃力2200で貫通効果持ちのモンスターと化します。
他にもシャーク・ドレイクに貫通効果を与える事で、自身の効果と合わせて大量の戦闘ダメージを狙う事ができます。

ストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」のカードやABYRで登場した水精鱗を筆頭とした水属性の大半がこのカードの恩恵を受ける事ができる為、最近になって相対的に立場が上がったカードだと言えるでしょう。
悩みは、ステータスがリクルーターやサルベージに対応しない数値であるという点でしょうか。

このカードの名前は、「ウミウシ+ミノタウルス」から来ていると思われます。レベル・攻守の値がミノタウルスと同じであり、イラストで身に付けている装備もミノタウルスのものに類似しています。
更にモンスター効果は、ミノタウルスのリメイクモンスターである激昂のミノタウルスのものと類似しています(あちらは獣族・獣戦士族・鳥獣族の3種族に貫通効果を付与する)。
パロディ要素もあり、面白い1枚です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

絶海の騎士

今日紹介するカードは絶海の騎士です。


絶海の騎士

絶海の騎士
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻1400/守1200
フィールド上に表側表示で存在するこのカードの表示形式が変更された時、
デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送る。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。



フィールド上に表側表示で存在する際に表示形式が変更された時、デッキから水属性1体を墓地へ送る効果を持ったカード。
終末の騎士砂塵の騎士に続く、水属性を墓地に送る効果を持った騎士です。
各属性の墓地肥やし効果を持っている点に加え、戦士族・レベル4・攻撃力1400・守備力1200というステータスも共通しています。
また、水属性専用の墓地肥やし効果を持つモンスターとしても、スクリーチジェネクス・ウンディーネに続く3体目です。
それらのモンスターと比較した場合の長所としては、フィールドに維持できれば何度も効果を使える点が挙げられます。

しかしこのカードは、墓地肥やし効果の発動が遅いです。
「表側表示で存在する際に表示形式が変更された時」に発動する効果という性質上、効果を発動するには大抵の場合、出してから表側表示の状態で相手のターンを生き延びる必要があります。
このカードは攻守共に低いので戦闘破壊される可能性が高い上に、除去効果を持つカードの存在もあります。なので、効果を発動できないままやられてしまう事も珍しくはありません…。
最も現実的な方法としては、相手のターンにグリズリーマザーからリクルートし、返しの自分のターンに守備表示に変更すれば、効果を発動できます。
つまずきレベル制限B地区といったカードを使用して表示形式を変更する事もできます。これらは永続魔法カードなので、発動してからこのカードを召喚する事で、相手のターンを経ずして効果を発動する事ができます。
これらのカードを発動下でこのカードを召喚すれば、表側攻撃表示から表側守備表示となります。これには、返しの相手のターンに殴られたとしても戦闘ダメージを受けないという利点もあります。
ただしこれらのカードは、同じ属性・種族・レベルのアタッカーである氷結界の武士を自壊させてしまう点に注意が必要です。
また、つまずきについては、水属性以外につまずきの様な効果を持つ永続罠カードのアイスバーンが存在します。
レベル制限B地区についても、このカードをはじめとしたレベル4の水属性モンスターには、アトランティスの発動下ではレベルが3に下がる為、B地区が効かなくなるという利点が存在します。
これら水属性の利点を殺してまで、このカードの効果の発動を狙う価値があるかどうかは微妙なところです(汗

更に致命的なのは、やはりスクリーチやジェネクス・ウンディーネの存在です。
このカードは、スクリーチには墓地肥やしの枚数で、ジェネクス・ウンディーネには効果発動の速さで劣っています。
上で書いたグリズリーマザーからリクルートする方法にしても、スクリーチもグリズリーマザーに対応しているのでほぼ同じ事ができます。
種族で差別化を図ろうにも、【水属性】では戦士族である事を活かすのはどうも難しい気がします(汗

先に登場した水属性専用の墓地肥やし効果を持つモンスターや他の属性の「騎士」達の存在もあり、何かと使い辛いイメージが拭えないカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

一番長いカード名のモンスターカードを紹介した次は、一番短いカード名を持つ水属性モンスターを紹介します。
それがこのカード、第1期に登場した通常モンスターの氷(ヒョウ)です。


氷


通常モンスター
星3/水属性/戦士族/攻 800/守1200
全身が氷でできている戦士。
触れるものを何でも凍らせてしまう。



このカードは、唯一の水属性・戦士族・レベル3の通常モンスターです。
デッキからは増援水精鱗-アビスパイクの効果で手札に加えたり、ジェネクス・ウンディーネスクリーチ絶海の騎士の効果で墓地へ送る事ができます。
墓地にいるこのカードは、サルベージ闇の量産工場戦士の生還で回収したり、リミット・リバース正統なる血統などで蘇生させたりする事ができます。
800という低攻撃力のおかげで落とし穴奈落の落とし穴は効きませんが、連鎖除外は効いてしまいます。
フィールド上に出たこのカードは、スター・ボーイペンギン・ナイトメア水精鱗-アビスラングといった水属性を強化するカードや、コマンド・ナイト連合軍などの戦士族を強化するカードによって攻撃力を上げる事ができます。

レベル3以下の通常モンスターという事で、レスキューラビットの効果でデッキから2体特殊召喚する事が可能です。
そこから、ランク3のエクシーズに繋げる事もできます。特にこのカードは水属性なので、汎用のランク3エクシーズに加えてブラック・レイ・ランサーをエクシーズする事もできます。
ただ戦士族の素材指定のあるエクシーズにはランク4のものが多いのに対し、このカードはレベル3なので、残念ながら種族を活かしたエクシーズ先には恵まれません…。
しかし、ランク3には同じ戦士族のラヴァルバル・イグニスが存在します。イグニスは炎属性であり、このカード2体とイグニスが墓地に行った場合にはそれらを除外する事で氷炎の双竜に繋げることもできます。

…とまぁ色々と述べてみましたが、ここからが本題の、このカードの名前についてです。
このカードは現在唯一の、カード名が一文字のモンスターカードです。なので、カード名表記は全モンスターの中で最短となります。
しかし、読みは「ヒョウ」と三文字であり、読みの字数に関してはゼラよりも長くなっています(笑
ちなみにこのカードの英語名は「Hyo」であり、より短さが際立っています。

あまりにも短くかつシンプルな名前であり、ある意味で氷結界をはじめとした名前に「氷」と付くモンスターの先駆けとも言えるモンスターです(笑
ただ、他のカードが平仮名でルビが振られているのに対し、このカードは「ヒョウ」とカタカナ表記という違いがありますが。
氷(こおり)でも雹でもなく、氷(ヒョウ)となっているのがポイントです。

Vol.5で初登場したカードで、それ以来一度も再録されていません。
なので、そういった意味でも貴重なカードなのかもしれません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス

今回紹介するのは、ABYRのパッケージを飾るモンスターであるCNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイスです。
水属性で通常パックのパッケージを飾るのはリバイス・ドラゴン以来の2体目、海竜族モンスターとしては初となります。
ホープレイに続く2体目のCNo.で、No.32 海咬龍シャーク・ドレイクの進化系です。


CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス

CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/海竜族/攻2800/守2100
水属性レベル4モンスター×4
このカードは自分フィールド上の「No.32 海咬龍シャーク・ドレイク」の上に
このカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
自分のライフポイントが1000以下の場合、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
自分の墓地のモンスター1体をゲームから除外して発動できる。
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
その攻撃力・守備力を自分のエンドフェイズ時まで0にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。



エクシーズモンスターとしては初めて、4体もの素材を要するカードです。しかも水属性のレベル4モンスターという素材指定まであります。
が、このカードはシャーク・ドレイクの上に重ねてエクシーズ召喚する事もできます。シャーク・ドレイクの分エクストラデッキを圧迫してしまうものの、シャーク・ドレイクには素材指定が無いので、シャーク・ドレイク経由の方がエクシーズし易いです。
ちなみに、どちらの方法でエクシーズした場合でも、エクシーズ素材の数は4枚となります(シャーク・ドレイクも含めて効果未使用の状態のとき)。

効果は、ライフが1000以下の時にエクシーズ素材1つを取り除き、自分の墓地のモンスター1体をゲームから除外する事で、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体の攻守を自分のエンドフェイズ時まで0にするというものです。
この効果は相手のターンにも使用できる上に、ターン内の使用回数の制限もありません。
また、現在はダメージステップでも発動できるという裁定になっています。
どれだけ攻撃力が高い相手でも、この効果を使えばたちまち無力化させる事ができます。

ところが、このカードの効果はホープレイと比べると見劣りが凄まじいです。
今までパッケージを飾った切り札級モンスターホープレイや超銀河眼は、ワンキルに持ち込めるような豪快な効果を持っていました。
一方、このカードの効果はというと、ただモンスターの攻撃力を0にするだけです。
一応、1ターンに何度も使えたり、相手のターンにも使用できる利点はあるものの、ライフが1000以下でないと使用できなかったり、墓地のモンスターを除外しなければならなかったりと使い辛いです。
何よりもこの効果自体が、このカードの重さとあまりにも不釣合いとしか言いようが無いのが致命的です。
このカードの効果は、相手の場に表側表示モンスターがいる事が前提であり、相手に依存します。相手モンスターを戦闘で倒すよりも、カードの効果で除去する方が効率も確実性も高い事は言うまでもありません。
シャーク・ドレイクと同じレベル4×3の素材を必要とするランク4エクシーズには、ヴェルズ・ウロボロスやサンダー・スパーク・ドラゴンといった除去効果持ちのものも存在し、シャーク・ドレイクの優先度は、どうしてもそれらよりも低くなってしまいます。
進化前であるシャーク・ドレイク自体がレベル4×3と重い上に優先順位も低いモンスターなのに、そこからわざわざカオスエクシーズチェンジする意義があるかどうかすらも疑わしい気がします・・・。
特に非常に重いという点は、このカードやシャーク・ドレイクにとって最大の難点と言っても過言では無いでしょう。
重さの割りには何ら耐性を持っていないため、せっかく出したところであっけなく除去されてしまう可能性が高いです。そうなってしまっては元も子もありません。

これでも、アニメと比べればまだ強化されていると言えます。
アニメでは、「シャーク」と名のついたカードを墓地から除外し、その攻撃力分だけ相手の攻撃力を下げるという効果でした。
ナンバーズ特有の戦闘破壊耐性があり、ライフポイントが1000以上の場合は破壊されるという仕様もあります。
エアロ・シャークの様に「OCGでは弱くてアニメでは普通に強い」というのは嫌でしたが、「OCGで微妙でアニメでは更に弱い」というのもそれはそれで嫌だなぁと感じました(汗
アニメで、ホープレイにおけるZWの様なこのカードの専用サポートカードや、このカードやシャーク・ドレイクのエクシーズ召喚を補助する様なカードが何ら登場しなかった事も、このカードの扱いの酷さに拍車を掛けています。
また、ZEXAL期のパックのパッケージを飾ったモンスターでは初めて、パック発売当時のアニメOPで登場していません(EDでも、シャーク・ドレイクから差し替えられる形で、シャークが手に持ってるカードとして写ってるだけです)。

以前シャーク・ドレイクの記事で、「水属性のエクシーズモンスターは6戦2敗だ」と書いたことがありますが、このカードは間違いなく「敗」の部類のカードでしょう。
少なくとも、ZEXAL以降のパッケージのモンスターの中では、群を抜いて使い難い気がします…。
ランク3エクシーズの中でも特に扱い辛さ(アニメからの弱体化も含めて)が有名なのはエアロ・シャークで、ランク5の中で特に扱い辛いとされているのは間違いなくフリーザードンです。
これらのエクシーズモンスターはいずれも水属性です。
今後はランク4の中でこのカード(及びシャーク・ドレイク)も、使い難いカードとして知られるようになってしまうのでしょうか…?
水属性を使っている身としては何とも複雑な心境です。
ABYRでは水精鱗をはじめ、水属性に関する様々なカードが登場しましたが、そのパッケージを飾ったシャーク・ドレイク・バイスの効果についてのショックたるや、それらの情報についての喜びが吹き飛びそうな程と言っても過言ではありませんでした…。

余談ですがこのカードは、現在遊戯王OCGの中で最長のカード名を持っています。
仮名で書くと「カオスナンバーズさんじゅうに かいこうりゅうシャーク・ドレイク・バイス」となります。

何とかして使ってあげようにも、重さやライフ制限や相手による妨害など、様々な壁が立ちはだかってなかなか活躍できないです。


※2013/11/10に書き改めた記事はこちら↓
http://hyoukekkai.blog51.fc2.com/blog-entry-1075.html

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

カード購入

ABYRでパック買いしても光物が当たらないという事で、今日シングル買いしに行きました。
とりあえず、箱買いでも当たらなかった水属性の2体、シャーク・ドレイク・バイスとメガロアビスの購入が目的です。

少々遠出してカード屋に赴き、一応確保してきました。

CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス

まずはシャーク・ドレイク・バイスです。
ABYR2パック分に相当する300円で買えました。個人的には程良いと感じる値段です。
今でも十分にお求めしやすい価格ですが、今後強化されない限りは、値段はもっと下がっていくものと思われます。
そうなった時に、レリーフやホログラフィックレアにも手を出してみたいと思います。
今日見た店では、ホログラフィックレアのシャーク・ドレイク・バイスの値段は、ウルレアのリバイス・ドラゴンと同じほどの値段でした。見ていると何だか複雑な心境です・・・(笑
それにしても、重くて使い辛さが目立つこのカードをシングル買いする人はどれ程いるのでしょうか?

余談ですが、私がシャーク・ドレイク・バイスを買う際、前の人は禁じられた聖杯を買っていました。
それを見てふと、私が箱買いしたのはRGBT以来だったなぁと思い出しました。
その時も、箱買いでギシルノドンや聖杯やストロングウィンドドラゴンといった、後に「使いたい」と思ったカードに限って当たっておらず、悔しい思いをしました。
特に、RGBTの箱買いでのスーパーレアの引きに関しては、罠カードの超古代生物の墓に、DE3でリストラされると思われるモンスター2枚と、間違いなく最悪の組み合わせでした
目当てのウルトラレアだけがピンポイントで当たらなかった今回の箱買いの結果と大差無い気がします・・・(泣


そして、もう1枚・・・


「ワイが全財産はたいて手に入れた自慢の強力レアカードや!」

水精鱗-メガロアビス

多くのカード屋では入口の方に、現在の遊戯王の最新パックにあたるABYRの買取表が貼ってあるのが目に入るのですが、今日私が行った場所は、メガロアビスに関してはどの店も、買取価格の時点でレート通りの値段という無法地帯でした(笑
とどのつまり、ショップ内では更に高い値段で売られているという事です…。何だか店に入る前に門前払いをくらった様な気分になりました(汗
当然今日見たメガロアビスの買取価格は今回の弾のカードの中で最高クラス。どうしてこうなった・・・。
数日前に、「メガロアビスの価格が上昇してきている」という嫌な予感しかしない書き込みをネット上で何度か目にし、その為慌てて店へ行ったのですが、やはりというか、値段は高かったです。
シングル買いしようと意気込み、幾らかの出費は覚悟したものの、実際に値札を目にするとどうしても動揺してしまいます。

結局私はメガロアビスを1800円で購入しました。この値段はABYR12パック分に相当します。
12パック買ってメガロアビスはおろか光物すら1枚も当たらない事を思うと…そこまで悪い買い物では無いと思えてきます。12パック買ってメガロアビスが当たるものなら、皆そうしている事でしょう。
これ以下の出費でメガロアビスが当たる人など、ほんの少数に違いありません。
再録前、店でもの凄く高い値段で売られていた連鎖除外を目にしてから、その値段の分だけEE2を買ってみたら最後の1パックで当たった事がありました。
また、今現在、とても字レアのカードとは思えない破格の値段で売られているエフェクト・ヴェーラーですが、その値段に匹敵する程の遊星編3をパック買いしても1枚も当たらなかったという事がありました。
それらの事から、ショップで売られている「高い」と感じる様なカードの価格設定も、実は妥当なんじゃないかと思えてきます。
だからきっとメガロアビスのこの値段も「妥当」なはず・・・。少なくとも、今までのABYRの引きを思えば間違いなく。
真紅眼を手に入れたダイナソー竜崎の様に全財産とまでは行かなくとも、それでも金額的には相当の出費でした。私が今までシングル買いした中での最高価格に並びました。
いずれメガロアビスのレートも下がる時が来るでしょうが、後悔はしていません。むしろ、「もうパックを買う事は無いのだなぁ」とせいせいした気分です。

メガロアビスは2枚、3枚と投入される事が多いですが、これからどうやって2枚目、3枚目を集めようか悩みます。
今回のメガロアビスの購入は、「終わり」ではなく「始まり」なのかもしれません。
今後値段が落ち着いてきた時に、2枚目3枚目の購入を考えようと思います。

テーマ : 日記・雑記
ジャンル : ゲーム

ABYR 箱買い&パック買い結果

ABYRでスーパーレア以上のカード(キラカード)が全然当たらないという事を今まで何度か記事で書いてきましたが、今の時点でABYRでどれだけのカードが当たっているのか数えてみました。
弟が買ったパックや、箱買いで入手したカードも併せています。



レア
ガガガカイザー 7
ブルブレーダー 3
カンテラ 5
アビスリンデ 7
アビスパイク 4
アンプール 6
メッセンジェラート 5
アビス・ウォリアー 3
絶海の騎士 9
スノーダスト・ジャイアント 5
ガガギゴ 8
タンホイザーゲート 7
高等紋章術 6
ラメイソン 4
精神汚染 12
バブル・ブリンガー 8
アビストローム 9
しっぺ返し 6

ウルトラレア・アルティメットレア
スキルゲイナー アルティメット1
ダイソンスフィア ウルトラ2
ゲノムへリター ウルトラ4
ガイオアビス ウルトラ2

スーパーレア
ムーラングレイス 3
ガーンデーヴァ 1
クサナギ 1
聖衣 2

その他のキラカードは0枚です。
ノーマルレアは子型ペンギン、謙虚な番兵、キャッシュバック×2が当たりました。


レアはひとまず全て3枚以上揃いました(笑
一番当たりやすいのは精神汚染、一番当たりにくいのはブルブレーダーアビス・ウォリアーという結果になりました。
買ったパック数が123なのに対し、当たった光物は16枚・・・。
一箱の中では5パックに1枚の割合でキラカード入りのパックがあるのに対し、私の引きの結果では7パックに1枚程の割合でした・・・。どう考えても箱買いの方が安定です。本当にありがとうございました。
それにしても、これだけ分の金額があればメガロアビスは一体何枚買えるんだ。シャークドレイクバイスは何枚買えるんだ・・・。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

水精鱗-ガイオアビス

今回紹介するのは、水精鱗のエクシーズモンスターである水精鱗-ガイオアビスです。
水属性初のランク7エクシーズであり、素材には水属性の縛りがあります。


水精鱗-ガイオアビス

水精鱗-ガイオアビス
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/水属性/水族/攻2800/守1600
水属性レベル7モンスター×2
エクシーズ素材を持っているこのカードが
フィールド上に表側表示で存在する限り、
レベル5以上のモンスターは攻撃できない。
また、1ターンに1度、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力よりも低い攻撃力を持つ
相手フィールド上のモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。



水属性レベル7モンスター×2の素材でエクシーズ召喚できる、大型のエクシーズモンスターです。
このカードの素材となるレベル7の水属性には様々なものが存在します。
霧の王メタル化寄生生物-ルナタイト、そしてこのカードと同じくABYRで登場したメタル化寄生生物-ソルタイトは、レベル7ながら攻撃力が低い上に特殊召喚の制限も無いので、グリズリーマザーでリクルートする事ができます。
特に霧の王は自身の効果でリリース無しで妥協召喚する事もできる為、特に場に出しやすいです。素早くこのカードのエクシーズ召喚を狙うデッキならば、素材の有力候補となるでしょう。
自身が属するカテゴリである水精鱗では、素材となれるモンスターはメガロアビスしか存在しません。
氷結界では、交霊師グングニールガンターラの3体を素材にできます。交霊師は自身を特殊召喚できる効果を持っているものの、その条件はあまりにも厳しいので、伝道師と蘇生カードを駆使して揃えるのが理想的でしょうか。
このカードはロック系の効果を持つ上に攻撃力も高いので、氷結界とは相性が良いかもしれません。
ただ、ガンターラやグングニールは共に【氷結界】の中でも主力級のカードであり、それらが場に揃えばエクシーズ召喚をせずとも試合の流れを持っていける場合も多いです(汗

忘却の都 レミューリアによるレベル操作でエクシーズ召喚を狙うのも手です。
自分の場にレベル5の水属性が2体いる時にレミューリアのレベルアップ効果を使用すれば、それら2体の水属性のレベルは共に7となり、このカードをエクシーズ召喚できるようになります。
レベル4の水属性2体を含む水属性3体が自分フィールド上にいる時にレベルアップさせれば、レベル4だった2体のレベルが7となり、このカードのエクシーズに繋げられます。
更に、レミューリアの攻撃力上昇効果は、このカードの打点の底上げだけでなく、後述の無効効果の範囲を広げるのにも役立つ為相性が良いです。

このカードは2つのモンスター効果を持っています。
一つ目は、エクシーズ素材を持つこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、レベル5以上のモンスターは攻撃できなくなる効果です。
つまり、「グラヴィティ・バインドのレベル5以上版」とも言える効果を内蔵しています。
グラヴィティ・バインドと同じくこのロック効果は自分のモンスターにも影響が及んでしまう点には注意。特に、このカードの素材となるレベル7のモンスターも攻撃できなくなる点には気をつけたいです。
このカードはレベルではなくランクを持つエクシーズモンスターなので、もちろんこのロックの影響を受けずに攻撃する事ができます。

二つ目の効果は、1ターンに1度、エクシーズ素材1つを取り除く事で、このカードの攻撃力よりも低い攻撃力をの相手の場のモンスターの効果をターン終了時まで無効にするというものです。
この効果は該当するモンスター全てに効果が適用される上に、相手ターンでも発動できます。したがって、影響力は極めて大きいと言えます。
ただし、この効果の使用後に相手の場に出てきたモンスターの効果は無効にできません
前述のロック効果と組み合わせれば、特に上級モンスターやシンクロモンスターに対して大きな影響力を発揮します。
「このカードの攻撃力よりも低い攻撃力」とありますが、参照するのはこのカードの基本攻撃力ではなく、効果使用時のフィールド上でのこのカードの攻撃力です。
したがって、2800という攻撃力から元々広い効果を無効にできる範囲を、攻撃力を上げる事によって更に広げる事ができます!
レミューリアやウォーターワールド等のフィールド魔法による強化、アビスラングニードル・ギルマンペンギン・ナイトメア等のモンスター効果による全体強化と組み合わせるのが効果的です。
ただ、無効効果を使う際には、一つ目のロック効果との兼ね合いには気をつけたいところです。

難点は、エクシーズ素材が無いと効果なしも同然となってしまう点です。
とはいえ、元々の攻撃力が高いので、アタッカーとして使う事はできます。
エクシーズ・リボーンで蘇生したり、オーバーレイ・リジェネレートでエクシーズ素材を確保する等して立て直すことも可能です。

このカードの上半身はまさに海の神「ポセイドン」のイメージ通りの男性の姿であり、下半身のデザインはストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」のパッケージを務めたあの海皇龍 ポセイドラに酷似しています。
また、右手に持っている槍の先端のデザインは、ポセイドラの尻尾の先端に酷似しています。
海皇の咆哮のCMではガイオアビスのシルエットが表示された後にポセイドラが現れ、アビス・ライジングのCMではポセイドラのシルエットが表示されてからガイオアビスが現れています。
このカードは属性と攻守の値がポセイドラと一致しており、ポセイドラを素材にしてこのカードをエクシーズ召喚する事もできます。ただ、種族はポセイドラが海竜族なのに対してこちらは水族です。
これらの点から、このカードとポセイドラには何らかの関係があるのではないかと考えられます。両者の関係は一体何なのか?気になります。
また、このカードが属するカテゴリである水精鱗のカードの中にはストラクチャーデッキ「海皇の咆哮」の新規カードとシナジーするものがあり、OCGの性能の面でも水精鱗と海皇とは結びつきがあります。

いかにも「【海皇水精鱗】の切り札」という様な風格があり、気に入っている1枚です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード