超古深海王シーラカンス

【シャーク】デッキの勝率が悪いです・・・。
前に戦った相手のデッキには、出すだけで試合の流れを持って行ける程の展開力を持つモンスターがおり、その手のモンスターを出されて逆転される事が珍しくなかったです。
ならば、せめて【シャーク】デッキにもそのようなモンスターがいれば・・・。
【シャーク】デッキに無理なく投入でき、尚且つ試合の流れを持って行ける程の展開力を持つモンスター・・・それはこのカード以外には考えられませんでした。


超古深海王シーラカンス

超古深海王シーラカンス
効果モンスター
星7/水属性/魚族/攻2800/守2200
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキからレベル4以下の魚族モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃宣言できず、効果は無効化される。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが
カードの効果の対象になった時、
このカード以外の自分フィールド上の魚族モンスター1体をリリースする事で
その効果を無効にし破壊する。



魚族の切り札モンスター超古深海王シーラカンスです。
1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で、デッキからレベル4以下の魚族モンスターを可能な限り特殊召喚する効果を持っています。
この効果を使えば、自分のモンスターゾーンを魚族で埋め尽くす事も容易です。
また、この効果は海皇のモンスターの発動トリガーにもなります。手札から海皇を捨てれば、まさに鬼に金棒です。
ただし、この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃宣言できず、効果は無効化されます。
しかし、オイスターマイスター深海の大ウナギ素早いマンボウハリマンボウといった、なんらかの方法で墓地へ送られる事で効果を発動するモンスターの効果は問題なく使えます。
また、月の書皆既日蝕の書で一旦裏側表示にすれば、これらの制約を打ち消す事ができます。
この効果で呼びだした魚族モンスターは、様々な使い方ができます。

最もメジャーだと思われるは、シンクロやエクシーズの素材にする使い方です。
同じレベルの下級魚族モンスターを多めに入れておけばエクシーズ召喚に繋げやすいのはもちろんのこと、竜宮の白タウナギフィッシュボーグ-ランチャーといった魚族チューナーをリクルートする事で、シンクロ召喚に繋げることもできます。
リクルートするモンスターやシンクロ、エクシーズ先の組み合わせ次第では、1ターンキルを狙う事もできます。
例えば、このカードの効果で竜宮の白タウナギ×2、オイスターマイスター、レベル4非チューナーの魚族1体をリクルートし、タウナギAとオイスターマイスターでグングニールをシンクロしてオイスタートークンを生成、タウナギBとレベル4非チューナー魚族でスクラップ・ドラゴンをシンクロ召喚すれば、合計ダメージは2500+2800+2800=8100となり、1キルが成立します。
相手の場に少々カードがあっても、グングニールとスクドラの除去効果で、ある程度は対処する事ができます(オイスタートークンは、スクドラの効果での破壊要員)。
もちろん、1キルに限らず、状況によって様々な組み合わせを使い分ける事ができます。

呼び出した魚族は、リリースやコストとして利用するのも有効です。
特に光鱗のトビウオフィッシャーチャージのコストにすることで除去に変える事ができるのは強力です。
召喚権が残っていれば、アドバンス召喚のリリースに使う事もできます。
また、このカードはフィールド上に表側表示で存在するときに効果の対象になった時、このカード以外の自分フィールド上の魚族モンスター1体をリリースする事で その効果を無効にし破壊する効果も持っており、呼び出した魚族をそのリリース要員にする事ができます。
魚族にはシンクロモンスターが存在せず、エクシーズモンスターも頼りないエアロ・シャークしかいないので、このカードを対象を取る効果から守るために、何体かの魚族はシンクロやエクシーズはせずにとっておくのも手でしょう。

変わった所では、風林火山の発動条件を満たすのにも使えます。
このカードの効果で地属性の魚族、風属性の魚族と他2体の魚族を展開し、2体でシンクロまたはエクシーズして炎属性モンスターを出せば、条件が揃います。
他にも、レベル4の魚族4体を展開してラヴァルバル・チェインとダイガスタ・エメラルをエクシーズ召喚し、チェインの効果でデッキから地属性の通常モンスター(何でも良い)を墓地へ送り、エメラルの効果でその地属性通常モンスターを蘇生させる、という方法もあります。

さて、このカードの、そして【魚族】の永遠の課題は、いかにしてこのカードを場に出すかという事に他なりません。
このカードはレベル7の最上級モンスター故に重く、サーチ手段に乏しいです。
一応、デッキから墓地へ送る事で、疑似的にサーチする事はできます。このカードは、おろかな埋葬やラヴァルバル・チェインに加えて、スクリーチジェネクス・ウンディーネ、素早いマンボウ、絶海の騎士の効果で墓地へ送る事ができます。
特にジェネクス・ウンディーネの効果で墓地へ送った場合、サーチしたジェネクス・コントローラーを次のターンに通常召喚し、戦線復活の代償での蘇生に繋げる事ができます。
他にも墓地からは死者蘇生リビデで蘇生、或いは異次元海溝経由で特殊召喚できます。
アドバンス召喚で場に出す場合は、素早いアンコウバブル・ブリンガーの効果でリリース要員を確保したり、ヒゲアンコウ1体のリリースでアドバンス召喚したりできます。
また、アトランティスを使えばこのカードはレベル6となり、リリース1体でアドバンス召喚できるようになります。ただしこの場合、呼び出す水属性・魚族モンスターのレベルも下がってしまうため、シンクロやエクシーズを行う場合には注意が必要です。
手札からは大波小波で特殊召喚できます。

上記の様に、試合の流れを変えられる程の展開力を持ったこのカードですが、その分展開に失敗した時のリスクも大きいです。
魚族をリクルートする前にこのカード自身が除去されるのはもちろんの事、リクルートした魚族が全て奈落の落とし穴に落とされてしまう・・・という事もあり得ます。
また、リクルートしたい魚族がデッキにおらず、思ったような戦術が取れない状況に陥る事も考えられます。墓地にいる魚族は、メタボ・シャークエクゾディオス貪欲な壺の効果でデッキに戻せます。

名実共に魚族の切り札と言えるこのカード。
素早く、かつ安全に出して試合の流れを持っていきたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水精鱗-リードアビス

今回紹介するのは水精鱗-リードアビスです。
メガロアビスに続く2体目の、レベル7の水精鱗のモンスターです。


水精鱗-リードアビス

水精鱗-リードアビス
効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2700/守1000
自分のメインフェイズ時、
手札からこのカード以外の水属性モンスター3体を墓地へ捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地から「アビス」と名のついた魔法・罠カードを1枚選択して手札に加える事ができる。
また、このカード以外の自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する
「水精鱗」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、
相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。
「水精鱗-リードアビス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。



前弾のメガロアビスと同じくスーパーレア枠の水精鱗です。
レベル7・水属性・海竜族というステータスも一致しており、効果も類似しています。
また、スケールの大きい古代魚をモチーフにしている点も共通しています。

メガロアビスの効果と比較すると、

・手札から自身以外の水属性2体を墓地へ捨てて手札から特殊召喚できるメガロアビスに対し、こちらは手札から自身以外の水属性3体を墓地へ捨てて手札から特殊召喚できる
・自身の効果での特殊召喚に成功した時に、メガロアビスは自分のデッキから「アビス」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができるのに対し、このカードは自分の墓地から「アビス」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる
・自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する水属性モンスター1体をリリースする事で2回攻撃できるようになるメガロアビスに対し、このカードは自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する水精鱗モンスター1体をリリースする事でハンデスを行える

という違いがあります。

特に、特殊召喚の為のコスト枚数の多さとリリースコストが表側表示の水精鱗に限定されている事から、全体的にメガロアビスよりも使い辛い印象を受けます。
自身の特殊召喚する時のコストに、海皇などの墓地へ捨てられる事で効果を発動するモンスターを墓地へ捨てる事ができれば、爆発力ではメガロアビスを上回る事ができますが、ただでさえ水属性3体を手札に確保するのは困難なのに、3体全てを海皇の様なカードで揃えるなど至難の業です。
いずれにせよ、このカードも合わせて計4枚もの手札を消費してしまうのが非常に辛いです。特殊召喚を無効にされたり、除去されたりすると目も当てられません・・・。
墓地の「アビス」と名のついた魔法・罠1枚を回収できる効果を持っていますが、発動できる機会自体が稀でしょう。

このカードは、メインデッキに入る水精鱗の中で一番高い攻撃力を持っています。
なので、アタッカーとして活躍できます。
特に、メガロアビスでは対処できない攻撃力2500ラインのモンスターに単体で殴り勝てるのは魅力的です。
自身の効果での特殊召喚を狙うよりは、アビスリンデの効果でリクルートしたり、アビスグンデやアビストリーテの効果で蘇生したり、アビスヒルデの効果で手札から特殊召喚したりと、他の水精鱗の効果で場に出すと良いでしょう。

重くて使い辛いイメージが強いカードですが、1枚入れておけばアタッカーとして活躍するかもしれません。
ただ、手札に来ると困るので、手札や墓地から特殊召喚できる手段も一緒に用意してきたいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

レッド・ドラゴン

今日取り上げるカードはレッド・ドラゴンです。
第2期に登場した、ドラゴン族の通常モンスターです。


レッド・ドラゴン

レッド・ドラゴン
通常モンスター
星6/炎属性/ドラゴン族/攻1700/守1900
ファイヤーボールをはき辺りを火の海にする、真っ赤なドラゴン。



見ての通り、第1期に登場した下級通常モンスターのタイホーンの色違いモンスターです。
しかし、タイホーンが鳥獣族であるのに対し、こちらはドラゴン族です。しかし、外見はとてもドラゴンには見えません(笑 (タイホーンもタイホーンで、鳥獣っぽいかと言われると微妙なところですが)
また、タイホーンが下級であるのに対し、こちらはレベル6の上級モンスターです。

ドラゴン族・通常モンスターという事で、サポート手段は豊富です。
レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンの効果で手札または墓地から特殊召喚できるのはもちろんの事、他にも竜魔人 キングドラグーンの効果で手札から、思い出のブランコ正統なる血統竜の転生、ダイガスタ・エメラルや竜魔人 クィーンドラグーンの効果で墓地から特殊召喚する事ができます。
レベル6の通常モンスターという点から、召喚師のスキルでサーチしたり、古のルールで手札から特殊召喚する事もできます。
闇の量産工場で墓地から回収する事もできます。

しかし、このカードのステータスは非常に低いです。
攻撃力はわずか1700であり、今の環境では下級モンスターにすら簡単に戦闘破壊されてしまいます。
守備力は攻撃力よりも高く、その値は1900です。これも下級の壁モンスターと変わりない数値であり、リリース1体を必要とするレベル6の上級モンスターである事を考えると、とても釣り合っていません。

さて、そんなこのカードですが、最近注目を集めている様です。
というのも、このカードは聖刻の効果で手札・デッキ・墓地からリクルートできる唯一のレベル6・炎属性・ドラゴン族の通常モンスターなのです。
なので、聖刻龍-トフェニドラゴンをリリースしてレベル6の炎属性モンスターをアドバンス召喚し、トフェニドラゴンの効果でこのカードを特殊召喚する事で、陽炎獣 バジリコックのエクシーズ召喚に繋げる事ができるのです!
もちろん、聖刻龍王-アトゥムスなど他のランク6エクシーズを出す事も可能です。

余談ですが、フレイバーテキストには「ファイヤーボール」をはくと書かれている。
似た名前のカードとして、ファイヤー・ボールという魔法カードが存在しています。
しかしその効果は、相手ライフに500ポイントダメージを与えるだけというあまりにも貧弱なものです(笑
その火力たるや、似た名前(?)のドラゴン族通常モンスターである真紅眼の黒竜(レッドアイズ・ブラックドラゴン)の技である黒炎弾の三分の一程です(あちらには攻撃ができなくなるデメリットがありますが)。

また、このカードの名前は、直訳すると「赤き竜」となります。
赤き竜といえば、遊戯王5D'sのストーリーの鍵を握る存在でした。
そこから、このカードをシグナーの竜たちのシンクロ素材にしてみるのも面白いでしょう。
レベル1のチューナーとシンクロする事で、ブラック・ローズ・ドラゴンやエンシェント・フェアリー・ドラゴンを出す事ができ、 レベル2のチューナーとシンクロ召喚すれば、スターダスト・ドラゴンやレッド・デーモンズ・ドラゴンやブラックフェザー・ドラゴンを出す事ができます。
レベル1のチューナーとこのカードとでパワー・ツール・ドラゴンを出し、そこからもう1体レベル1チューナーを用意できればライフ・ストリーム・ドラゴンを出す事もできます。
レベル1や2のチューナーには、このカードといくつかのサポートを共有できるものが存在するのもポイントです。特にレベル2チューナーのドレッド・ドラゴンは、属性・種族がこのカードと同じである上に名前も似ています(笑
もっとも、このカードの英語名は「Tyhone #2」(訳すると「タイホーン2号」)なのですが。

私は以前、上記のネタからこのカードを中心としたデッキを組もうとした時期がありました(笑
その時、このカードを2枚しか所持していなかった為、3枚目を探しに行ったものです。
ストレージが比較的整えられていて見やすい1店目で見つからずに途方に暮れていたところ、ストレージが乱雑に置かれた2店目で、ストレージの先頭に置かれているのを発見した時には、運命を感じました(笑
この時はまだ聖刻も出ていなかった時期でしたが、当時はまさか後になって注目されるカードになるとは思ってもいませんでした・・・!
自分が前から(どんな形であれ)注目していたマイナーカードが、カードプールの増加によって日の目を浴びるというのは、嬉しいような寂しいような不思議な感覚です。

東映版映画での真紅眼よろしく、このカードもまた、可能性をもたらす「赤き竜」なのかもしれません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

EXP2012

EXTRA PACK 2012の引きがひたすら悪いです・・・。

このパックが品薄になってきたという事は以前に記事で書きましたが、そう感じてから買ったパックの引きがとにかく悲惨でした。
1.5箱分程パック買いして、当たった光物がアレキサンドライドラゴン1枚とオリエント・ドラゴン2枚の計3枚だけでした・・・。ちなみに、どちらも僕の一番の狙いであるゼンマイシャークと同じスーパーレアのカードです。
更にこれらのカードはどちらも、一箱箱買いした時に当たったスーレアであり、このパック買いの結果、どちらも3枚揃いました。
同じく箱買いの時に当たったウルレアのオレイカルコスの結界も、速攻で3枚揃いました。
なのにもう一方のウルレアだったデスガイドだけはパック買いでは1枚も当たらず(弟が当てて今デッキに入れてる分も含めれば、これも3枚になりますが)。
悔しいでしょうねぇ・・・。
昨日買った時の引きは特に悲惨で、同じ場所で3パック買って、3パック共光物無しでした。
ところで、EXP2012を2パック買った際に、1パック目に開けたパックに光物が入っていなかった場合、2パック目も決まって光物が入っていないというのは仕様なんでしょうか?

ゼンマイシャークをシングル買いするかどうか、ネット上での書き込みを参考に、とりあえずCBLZの発売まで様子見する事にしました。
ところが、CBLZ発売後にカード屋を巡ってみたところ、その前に行った時と全く値段が変わっていませんでした
上がってはいませんでしたが、下がってもいない。これが絶望か・・・。
それでも流石に初動よりは下がっていますが。

EXP2012のカードは全部コンプしたという訳ではなく、スーレアでは白竜の忍者、ウルレアは輪廻天狗が共に1枚も当たっていません。
ゼンマイシャークを狙いつつ、これらのカードやデスガイドも当たればいいなぁと思っていましたが、現実(特に最近)は光物すら当たらず・・・。
弟がパックを買って当たったゼンマイシャークを貰おうとも考えていましたが、まさかあちらは狙いのデスガイドをわずか3パックで2枚揃えるとは思いもしていませんでした。

このままでは、EXP2012をパック買いしたとしても無駄にお金を費やすだけに違いありません。
昨日の引きの悪さからそれを改めて実感し、このままシングル買いに手を出す予定です。
今までのシングル買いしたカードの単品価格の最高値を更新してしまうかもしれません。そうでなくとも、2枚買うとなれば相当の出費になってしまいます。
それでも、ダブルユニオンを買えなかった分のお金をここで使うと考えれば・・・!
以前、あるカードを最も値段が高かった時期に買ってしまい、正直後悔しましたが、今のゼンマイシャークはまぁ…初動よりは安いです。
買ったとしてもそんなに頻繁に使うかはよく分からないです(汗 あまりに出番が無い様ならば、売ろうと考えています。

素直にシングル買いで済ませば良かったのに・・・弟の快調を目の当たりにしてムキになりすぎたのかもしれません。
なんだか暗くてよく分からない記事で申し訳ないです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

スピア・シャーク

今回紹介するカードはスピア・シャークです。
ZEXALでシャークが使用したカードであり、同じ弾で登場したツーヘッド・シャークと対をなすカードです。


スピア・シャーク

スピア・シャーク
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1600/守1400
このカードが召喚に成功した時、
自分フィールド上の全ての魚族・レベル3モンスターの
レベルを1つ上げる事ができる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。



通常召喚成功時に自分フィールド上の全ての魚族・レベル4モンスターのレベルを1つ下げる事ができるツーヘッド・シャークに対し、こちらは通常召喚成功時に自分フィールド上の全ての魚族・レベル3モンスターのレベルを1つ上げる事ができる効果を持っています。
シャークの主力モンスターはレベル3の魚族が多いので、あちらと同様それを意識した効果なのでしょう。
シャークのデッキはレベル3モンスターが主体だったにも関わらず、ランク4であるシャーク・ドレイクがエースカードになった事が問題視されていましたが、このカードの効果を使えば、今までシャークが使用したレベル3の魚族を、ランク4のエクシーズ素材にできるようになります。
この効果は、まさに「レベル3魚族版・穿孔重機ドリルジャンボ」と言える効果です。レベル3主体のシャークデッキでシャーク・ドレイクを出したいと思っていた多くの人が待ち望んでいたであろう効果ですが、種族だけでなくレベルも指定されているので、対応範囲は狭いです。
ドリルジャンボやツーヘッド・シャークとは違い、自身は効果に対応していません。

通常召喚でしか効果を発動できないという性質上、このカードのレベルアップ効果を狙う場合は、あらかじめレベル3の魚族を展開しておく必要があります。
浮上ならば、墓地さえ肥えていれば容易にレベル3の魚族を展開する事ができます。
浮上での特殊召喚をトリガーにシャーク・サッカーを特殊召喚したり、バブル・ブリンガーでレベル3の魚族2体を蘇生してからこのカードを召喚して効果を使えば、シャーク・ドレイク等のレベル4×3の素材を持つランク4に繋げる事もできます。
他にも、リクルーターを駆使したり、水属性ならば海竜神の加護で守るのも有効でしょう。

このカードが持つもう一つの効果は、貫通効果です。
ちなみにアニメではこの効果しか持っていなかったです。なので、OCG化にあたって強化されたと言えます。
レベルアップ効果は単体では機能しませんが、この効果のおかげでこのカードは単体でも貫通効果を持つアタッカーとして運用が可能です。
ただし、同じく貫通効果を持つモンスターには、同じレベル・属性・種族で攻撃力上昇効果を持つカンツウツボ、同じ種族・攻撃力でレベル3のフライファングなど、ライバルが多いです。
特に、同じレベル・属性でこのカードよりも攻撃力が高く、自身も含む自分フィールド上のモンスターに貫通効果を付与する効果を持つウミノタウルスの存在が光ります。
なので、このカードを使う場合はレベルアップ効果をメインとして運用し、貫通効果はオマケ程度に考えた方が良いかもしれません。

問題点は、このカードと、効果の対象となるレベル3モンスターとでは受けられるサポートが異なるという点です。
レベル3の魚族や水属性のモンスターは浮上やバブル・ブリンガーや海竜神の加護といったカードに対応するのに対し、このカード自身は対応しません。
なので、これらのカードを多めに入れた場合、このカードが事故要因になってしまうという事が十分にあり得ます。
また、エクシーズ・リモーラを使う場合は、このカードは蘇生できるものの、このカードの効果に対応する魚族はあくまで元々のレベルは3であるため、エクシーズ・リモーラで蘇生でいない点には注意が必要です。
あとサルベージに対応していない点も辛いです。

シャーク・ドレイクとシャークが使用したレベル3の魚族を一緒に使いたいと思っていた身としては朗報と言える効果でしたが、驚異的な展開力を持つエクシーズ・リモーラやそれと相性の良いツーヘッド・シャークが出たことによって、どうも霞んでしまいました(汗
また、デッキに入れて回してみた時、効果を発動できる機会が思いのほか少なかったです…。
とはいえ、このカードならではの利点もあると思うので、これから使いこなせるようになりたいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スリーブ

今日はデュエリストセットの発売日でした。
ダークリターナーを1箱買いましたが、ダブルユニオンは買えませんでした…。

このデュエリストセットの魅力の1つとして、特典のスリーブがあります。
僕が買ったダークリターナーにはヴェルズ・オピオンのスリーブが入っていました。
オピオンといえば、グングニールがヴェルズ化した姿なので、このスリーブは【氷結界】デッキを入れるにはうってつけ…と思ったのですが、【氷結界】ではヴェルズを出張でもさせない限りオピオン自体は出せないのが悩みです。
一方、ダブルユニオンには、ヴェルズ・ウロボロスのスリーブが入っています。氷結界の龍がヴェルズ化した姿という点はオピオンと同じですが、こちらは【氷結界】デッキでも出す事ができます。
なので、どちらかというと、ウロボロスのスリーブの方が【氷結界】に合ってるのかなぁと思います。
一応、ヴェルズ化前のトリシューラが禁止カードになっているのに対し、オピオンのヴェルズ化前のグングニールは無制限で、【氷結界】デッキでも普通に出す事ができるのですが…。

両方のスリーブが手に入れば、【氷結界】にウロボロス、【ヴェルズ】にオピオンのスリーブを使おうかと考えていたのですが、オピオンしか手に入らなかったとなると、どうしようか悩みます。
いっその事ウロボロスのスリーブを単品買いするという手段もありますが、果たして売っているのか、また売っていたとしても一体どれ位の値段になっているやら…。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

戦火の残滓とDTストーリー

戦火の残滓のイラストから読み取れる、デュエルターミナルのストーリー関連の話題について触れてみます。

戦火の残滓 イラスト


イラストでは何やら深刻な場面が描かれていますが、この時代背景は、トリシューラの解放後(DT8弾時)という説と、sophiaが目覚めた後(DT14弾時)という説があります。
DT8弾後であるという説の裏付けとして、イラストに描かれている人物達が、モンスターカードで登場していた姿よりも若く見えるという点が挙げられます。
エリアル、アバンス、ウィンダ、エミリアは幼い感じであり、ノエリアは若い姿で描かれています。このノエリアの姿は、海外版で先行登場したTrial and Tribulationに描かれていたものと同じです。
後ろにいるカームとリーズについてはよく分からないです(汗
このイラストの時代背景がもしDT8弾時のものならば、その時期からリチュアやガスタの一部のモンスターは存在していた事になります(ノエリアについては、前から存在は確定していましたが)。
DT14弾後であるという説の裏付けとしては、カード効果が挙げられます。sophiaの全体除去効果を使う事によって、このカードの発動条件を満たせるのです。
水属性と風属性を回収できる効果はリチュアとガスタを意識していると思われ、それはイラストからも見て取れます。
なので、時代背景についても、カードの発動条件と関連しているのではないか…という説です。
イラストでは、後ろに霞の谷の祭壇が写っているのが確認できます。この霞の谷の祭壇の最上部に角のような形の装飾(?)を確認できないことから、sophiaが目覚めた後ではないか?という説もあります。

イラストの背景では、凍りついた物体や冷気のようなものが確認できます。これはトリシューラによるものとも、ヴェルズ・ウロボロスによるものとも見てとれます。
この凍りついた物体は、エンシェント・ゴッド・フレムベルの頭部ではないか?という説があります。もしそうならば、DT8弾時の時代背景という説の方が有力になるでしょう。
霞の谷の祭壇についてですが、もしsophiaが目覚めたのならば、もっと激しく崩壊しているんじゃないかなぁと思います(笑
また、ノエリアの姿がプシュケローネではなく、前述のTrial and Tribulationにはイビリチュア・ジールギガスではなくその前身であるインヴェルズ・グレズが描かれています。
となるとやっぱりDT8弾の頃の時代設定なのでしょうか。

気になるのは、リチュアやガスタの立ち位置です。
DT10弾ではリチュアとガスタは敵対している関係ですが、このイラストでは、リチュアの中心人物であるノエリアが、リチュアだけでなくガスタに属するウィンダも慰めている様子が描かれています。
背景に霞の谷の祭壇があることから、このイラストでノエリア達がいる場所は、ガスタの出身地にあたるミストバレー湿地帯であると考えられます。
このイラストからは、どちらかというと助け合い支えあうような関係に見て取れるのに、なぜDT10弾の頃にはリチュアはミストバレー湿地帯に侵攻するようになったんでしょうか…。

そして、このカードのイラストによって、ますます氷結界の立場が悪くなった気がします。
オーバーレイガイド2によると、リチュアは「トリシューラの封印解除を巡る意見の対立により、ノエリアを中心に氷結界から離反した新興勢力」という設定だった筈ですが、このイラストではそうには見えません。まるでエリアルとアバンスが孤児、ノエリアが保護者の様に見えます。
また、DTではノエリアは魔轟神との戦いの頃(おそらくDT8弾辺りの時代)から降魔儀式(イビリチュア)に手を染めていたという表記がありましたが、このイラストのノエリアは表情が穏やかであり、そんな暗躍をしていた風には見えません。
となると、ノエリアはトリシューラの封印に反対したにも関わらず氷結界はトリシューラを解放し、その結果がこの光景という事なのでしょうか…。
どうも、そんな風な見方をされる事もあるようです。氷結界のファンからすると、氷結界が悪い様に見られるのは勘弁して欲しいです…。
このカードのイラストから、「ノエリアも元々は優しい性格だったのか」という見方がされ、DTストーリーの補完という視点からも好評の様です。オーバーレイガイド2の頃に、ノエリアやリチュアの清々しいまでの悪役ぶりを気に入ったと言っていた人は、これについてはどんな風に感じているのか気になります。
また、氷結界についても何らかの補完があって欲しいです。

このノエリアの服装は、氷結界に属していた頃のものなのでしょうか。
この服装については、白を基調としていたり、肩の部分が露出していたりする点から、氷結界の風水師の服装との類似性が指摘されたりします。

デュエルターミナル、マスターガイド、オーバーレイガイド、そしてカードイラスト…これら全ての設定を全て繋げようとすると、多かれ少なかれ矛盾が生じる気がします。戦火の残滓と同じ弾で登場したジュラック・インパクトについても然り。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ツーヘッド・シャーク

CBLZにて登場したツーヘッド・シャークについて紹介します。
ZEXALでシャークが使用したカードであり、同じ弾で登場したスピア・シャークとは対をなすカードです。


ツーヘッド・シャーク

ツーヘッド・シャーク
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1200/守1600
このカードが召喚に成功した時、
自分フィールド上の全ての魚族・レベル4モンスターの
レベルを1つ下げる事ができる。
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。



通常召喚成功時に、自分フィールド上の全ての魚族・レベル4モンスターのレベルを1つ下げる事ができる効果を持っています。
シャークの主力モンスターはレベル3の魚族が多いので、それを意識した効果なのでしょう。
シャーク・ドレイクの登場辺りからレベル4主体になったシャークのデッキでしたが、レベル3のモンスターも忘れられていなかったのだなぁと思わされます。
このカード自体も魚族・レベル4なので、自身も効果に対応します。レベルを下げるかどうかは、状況によって見極めていきたいです。
効果を使う事でレベル3となります。そこからシャーク・サッカーを特殊召喚すれば、即座にランク3のエクシーズに繋げる事ができます。

このカードは「ランク3の素材にできるレベル4モンスター」という風にみなす事ができます。
しかし、同じような運用ができるモンスターとして既にハンマー・シャークが存在します。しかもあちらは展開力に優れており、手札にレベル3の水属性がいるだけでランク3のエクシーズに繋げられます。
ハンマー・シャークには無い利点として、このカードはサルベージに対応しています。このカードとシャーク・サッカーを回収する事で、ランク3のエクシーズを出し続ける事ができます。
ランク3の素材にできるとはいえ元々のレベルは4なので、エクシーズ・リモーラの効果で蘇生する事ができます。
レベル3とレベル4の懸け橋として活躍してくれる事でしょう。ただし、このカード自体は浮上バブル・ブリンガーに対応しないので、枚数の調整には悩まされます。

このカードが持つもう一つの効果は、2回攻撃効果です。
ちなみにアニメではこの効果しか持っていなかったです。なので、OCG化にあたって強化されたと言えます。
攻撃力は1200と頼りないものの、2回ダイレクトアタックできれば2400もの戦闘ダメージを与える事ができます。
アニメでもやっていた様にアクア・ジェットを使えば攻撃力は2200となり、大抵の下級モンスターを戦闘破壊できるようになります。
同じ属性・レベルで2回攻撃効果を持つマーメイド・ナイトと組ませて、手数の多さで勝負を決めるデッキを組んでみるのも面白いかもしれません。

初めて見た時は使い辛いだと思いましたが、実際に使ってみると、思ったよりも扱いやすい良いカードだと感じました。
シャークのデッキ、特にエクシーズ・リモーラを使う場合において、安定性を高めてくれる1枚です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

エンシェント・シャーク ハイパー・メガロドン

CBLZにて登場した、水属性・魚族の最上級モンスターであるエンシェント・シャーク ハイパー・メガロドンについて紹介します。
CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス程ではないにしろ、やたらとカード名が長い印象を受ける1枚です(笑


エンシェント・シャーク ハイパー・メガロドン

エンシェント・シャーク ハイパー・メガロドン
効果モンスター
星8/水属性/魚族/攻2900/守1300
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
相手フィールド上のモンスター1体を選択して破壊できる。



アニメ「遊戯王ZEXAL」において、フェイカー戦でシャークが使用したカードです。シャークの使用カードの中では最高の元々の攻撃力値を誇ります。
しかしその出番は、エクシーズ・ディメンション・スプラッシュの効果で2体特殊召喚され、その後2体共超銀河眼の光子龍エクシーズ素材にされただけでした(汗
アニメ版のカードでは、水属性1体をリリースしてアドバンス召喚できるというリリース軽減効果を持っていましたが、OCG版では無くなってしまいました。アニメで活かされず、OCG化に省かれるのに何故わざわざ記述したんでしょうか…。
氷結界の上級モンスターを見た時から思っていましたが、なぜ水属性(及び水属性のテーマのモンスター)1体のリリースで出せるようになる最上級モンスターは出ないんでしょう…。霧の王The tyrant NEPTUNEといった、汎用的なリリース軽減効果を持った水属性最上級モンスターはいるのですが。
このカードの情報が掲載されたVジャンプには、「アニメにはない、強力な効果が追加されているぞ!」と書かれていましたが、このカードはむしろ効果が減ってしまっています(汗

このカードは、地縛神 Chacu Challhuaと並んで、魚族の中で一番高い攻撃力を持っています!また、魚族初のレベル8モンスターでもあります。
手札に来た場合は、トレード・インで捨てて手札交換を行う事ができます。
他にも素早いマンボウジェネクス・ウンディーネスクリーチの効果によって、デッキから墓地へ送る事ができます。
アドバンス召喚には2体のリリースが必要となるので、墓地から蘇生して場に出すのが望ましいでしょう。
墓地にあるこのカードを異次元海溝で除外するというのも手です。
また、アドバンス召喚に関しては、水属性専用のダブルコストモンスターであるヒゲアンコウをリリースすれば、アニメ版のカードの様にリリース1体で場に出す事ができます(笑
更に進撃の帝王を発動すれば、強力な耐性を付ける事ができます。これでパワフルな攻撃力を十二分に発揮できる事でしょう。

このカードは、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時に、相手フィールド上のモンスター1体を選択して破壊できるという効果を持っています。
前述のようにこのカードの攻撃力は高いため、相手の場に攻撃表示モンスターがいたとしても、戦闘ダメージを与えられる範囲は広いです。
相手の場に倒したいモンスターが2体以上いる場合でも、戦闘破壊とこのカードの効果とで、1回の攻撃で2体破壊できるのが魅力です。
ウミノタウルスを並べておけば、守備表示のモンスターを殴った場合にも戦闘ダメージを与える事ができるようになります!
水属性のエクシーズモンスターには除去効果持ちのものが存在しないため、このカードが持つ除去効果は貴重かもしれません。

悩みは、相手の場にモンスターが2体以上いないと効果を持て余し気味になってしまう点でしょうか。
また、相手の場のモンスターが守備表示ばかりで戦闘ダメージを与えにくい状況に持ち込まれると辛いです。
ロックカードや攻撃反応型のカードにも気を付けたいです。

攻撃力が高く除去効果を持っている一方で、リリース軽減効果が無くなったために不遇なイメージの強いこのカードですが、このカードをメインとしたデッキを組んでみたいと考えています。
どんなデッキタイプで組めばいいのか、どんな出し方をメインに沿えればいいのか等、色々と悩んでいます(汗

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

戦火の残滓

今回紹介するのは戦火の残滓です。「せんかのざんし」と読みます。


戦火の残滓

戦火の残滓
通常魔法
お互いのフィールド上に、
他のカードが存在しない場合に発動できる。
自分の墓地から水属性または風属性のモンスター1体を選択して手札に加える。



お互いのフィールド上が空の場合に発動でき、自分の墓地の水属性または風属性1体を手札に回収できる効果を持つ魔法カードです。
水属性風属性という二つの属性に対応した珍しいサポートです。回収できるカードには属性以外に何の制約も無いため、対応範囲は非常に広いです
ただ、水属性に関しては、墓地のカードを回収できるサルベージ儀水鏡の反魂術が存在します。このカードは回収できる枚数が1枚であり攻撃力等の指定はありませんが、発動条件が厳しいです。
自分の場だけでなく、相手の場まで空でなければ発動できないのです。
なので、サルベージや儀水鏡の反魂術と比べて腐りやすい危険性が高いです。
このカードを使う場合は、風属性のデッキや、水属性と風属性を混在させたデッキを組む等して、前述の2枚と差別化を図っていきたいです。

【HERO】デッキにおいては、エアーマンバブルマンといった主力級のE・HEROを回収する事ができます。特に手札がこのカード1枚の時にバブルマンを回収できれば、そこからバブルマンを特殊召喚してドロー効果に繋げる事ができます。
また、【HERO】ではアブソルートZeroマスク・チェンジを使ってM・HERO アシッドを出す事で相手の場を一掃できるので、これを発動条件の補助とする事もできます。
【除外海産物】では主力となる風属性のモンスターに加えて、水属性の海産物も採用する事が考えられるので、それらの両方を回収できるこのカードにお呼びがかかるかもしれません。
自分の場に関しては各モンスターが持つ除外効果、相手の場に関してはエアジャチフィッシュアンドキックスで除去する事によって、条件を満たしやすくなります。
ただ、このデッキは名前の通り除外を駆使して戦うので、墓地にモンスターが貯まる事は少ないかもしれません(汗
【氷結界】では、デブリ・ドラゴンを採用した場合に投入が検討できます。氷結界のモンスターはもちろんの事、デブリ・ドラゴンも回収できるのです。
デブリ・ドラゴンは、攻撃力500以下のレベル3を釣り上げて、全体除去効果を持つブラック・ローズ・ドラゴンをシンクロできる為、このカードと相性が良いです。
ブラックローズの全体除去効果を使った後にこのカードでデブリを回収すれば、またデブリからのシンクロを狙う事ができるようになります。

イラストにはリチュアとガスタのモンスターの前身(?)と思われる人物達が描かれており、効果もリチュア(水属性)とガスタ(風属性)の両方に対応したものとなっています。
イラストのストーリー背景についても興味深いカードです。そういった内容については、後日触れてみたいと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

エクシーズ・リモーラ

今日は新パックCOSMO BLAZERの発売日でした。
なので、今日からはCBLZの収録カードについても紹介していきます。
まず最初に紹介するのはエクシーズ・リモーラです。
アニメZEXALにて、フェイカー戦でシャークが使用したカードです。


エクシーズ・リモーラ

エクシーズ・リモーラ
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻 800/守 800
このカードは自分フィールド上のエクシーズ素材を2つ取り除き、
手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の魚族・レベル4モンスター2体を選択して
表側守備表示で特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、
効果は無効化され、表示形式の変更もできない。
また、この効果で特殊召喚したモンスターをエクシーズ素材とする場合、
水属性モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できない。



自分の場のエクシーズ素材2つを取り除く事で、手札から特殊召喚できる効果を持っています。
召喚権を使わずに展開できるのは利点ですが、エクシーズ素材を取り除くというのは、エクシーズモンスターいとっては重いコストです。
自分フィールド上にエクシーズモンスターが2体以上いれば、それぞれ別のモンスターの素材を1つずつ取り除くという事もできますが、1体しかいない場合にはそうはいきません。素材が2つも取り除かれれば大抵のエクシーズモンスターは無力化してしまいます。
なので、ジェムナイト・パール等、素材による恩恵の薄いエクシーズモンスターのエクシーズ素材を取り除いて特殊召喚したいところです。
また、相手からコントロールを奪ったエクシーズモンスターの素材をコストにするのもありでしょう。

自身の効果で特殊召喚した場合、自分の墓地の魚族・レベル4モンスター2体を選択して表側守備表示で特殊召喚できるという効果も持ち合わせています。
この効果を使えば、自身も含めて一気に3体のモンスターをフィールド上に展開できます!
ただし、この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、効果は無効化され、表示形式の変更もできず、エクシーズ素材とする場合、水属性モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できないというデメリットがあります。
呼び出したモンスターは、基本的にフィールドコストや素材として利用する事になるでしょう。
このカード自身と合わせて、レベル4×3のランク4水属性エクシーズを出す事もできます。
これまで高い攻撃力を持っていながら出し難かったシャーク・ドレイク覚醒の勇士ガガギゴも、このカードの効果によって比較的容易に出せるようになりました!水属性モンスターのエクシーズ召喚にしか使用できないという制約から、ショックルーラー等の他のレベル4×3のランク4エクシーズと差別化を図れるのもポイントです。
また、竜宮の白タウナギを蘇生すれば、シンクロ召喚に繋げる事もできます。
アトランティスレミューリアによるレベル操作を駆使すれば、エクシーズやシンクロの幅も広がることでしょう。

特殊召喚のコストとして取り除いた魚族・レベル4モンスターも蘇生できるので使いやすいです。
サルベージに対応しており、手札に回収できるというのも大きな利点です。使い回すことで、更なる特殊召喚・蘇生に繋げる事もできます。
あと、このカードはタンホイザーゲートに対応する初の水属性・魚族・レベル4モンスターでもあります。
特筆すべき点として、このカードはジェネレーション・フォースでサーチする事ができます!
ジェネレーション・フォースは自分フィールド上にエクシーズモンスターが存在する場合にしか発動できませんが、このカードの特殊召喚条件と上手く噛み合っているため、相性が良いです。

悩みは、蘇生するモンスターの種族・レベル・枚数が厳しく指定されている点でしょう。
決まった時の爆発力は凄いですが、蘇生対象が墓地に揃っていなければ真価を発揮できません・・・。
また、エクシーズ素材を取り除くという特殊召喚条件自体も決して易しいものではありません。このカードを活かすならば、素早くエクシーズ召喚を行える程の展開力が必要となります。
レスキューラビットゼンマイシャークを使えば、コストと蘇生要員を素早く確保する事ができるでしょう。
また、一気に3体のモンスターを展開するという性質から、自分フィールド上のモンスターが多すぎると蘇生効果を使えなくなってしまうという欠点もあります。

このカードのおかげで、シャークのデッキで、今までと比べて格段にシャーク・ドレイクを出しやすくなったと言えるでしょう。


※2013/11/11に書き改めた記事はこちら↓
http://hyoukekkai.blog51.fc2.com/blog-entry-1076.html

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水属性とリメイク

次のパックのCBLZには、「光神機-轟龍」が炎属性化した姿の「炎神機-紫龍」が登場します。
これを見て、「水属性主体だったABYRには、水属性化したモンスターはいなかったのになぁ」と思いました。
思い返せば、他の属性から水属性化したモンスターというのは極端に少ない気がします。
逆に、水属性から他の属性に変わったモンスターは多いのですが。以下にその例を挙げてみます。

水属性闇属性 ブリューナク、グングニール、トリシューラ、シャドウ・リチュア
水属性光属性 ダイダロス、ネオアクア・マドール
水属性炎属性 チェイン

リメイク後の方がメジャーなものが多いのが何とも物悲しいです・・・。
水属性から地属性や風属性になったモンスターは今のところ存在しません。
逆に他の属性から水属性になったのは、闇属性水属性のグレズ位でしょうか。これも、リメイク後の方がメジャーだと思われます(笑

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界の三方陣

今回紹介するカードは、氷結界の三方陣です。
TSHDで登場したカードであり、通常パックでは初となる、氷結界の関連カードでした。
TSHDはDE4の収録範囲に含まれているものの、残念ながらこのカードはDE4には未収録でした・・・。


氷結界の三方陣

氷結界の三方陣
通常魔法
手札の「氷結界」と名のついたモンスター3種類を相手に見せ、
相手フィールド上に存在するカード1枚を選択して発動する。
選択した相手のカードを破壊し、
自分の手札から「氷結界」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。



手札の氷結界3種類を相手に見せ、相手フィールド上のカード1枚を破壊し、自分の手札の氷結界1体を特殊召喚するという効果を持った通常魔法カードです。
特殊召喚と除去を同時に行えるカードですが、その発動条件はあまりにも厳しいです。
というのも、手札に「氷結界」と名のついたモンスター3種類とこのカードの、最低でも4枚のカードが手札に揃っていなければ発動できないのです。
公開しなければならないのが、モンスター3"体"ではなく3"種類"という点も、条件の難しさに拍車を掛けています。

その分、発動できれば強力です。
特殊召喚できる氷結界モンスターに制限はないので、神精霊を除く全ての氷結界モンスターを手札から出せます。ガンターラグルナードといった最上級モンスターでも手札から特殊召喚する事ができます。
守護陣を表側守備表示で特殊召喚でき、通常召喚と併せる事で強力なロックの布陣を作りやすくなるのも利点です。
もちろん、モンスターを2体並べた上でシンクロやエクシーズに繋げる事もできます。

手札に氷結界のモンスター3体を揃えるのは困難ですが、ある程度は補う事ができます。
氷結界専用のサーチカードである氷結界の紋章は、任意の氷結界をデッキから手札に加える事ができるので、このカードとも相性は抜群です。
墓地のカードをサルベージで回収すれば、最大で2種類の氷結界を手札に加える事ができます。特に中盤以降に発動を狙う際に重宝するので、このカードを使う場合は、なるべくサルベージに対応する氷結界を多めに入れ、優先的に墓地へ送ると良いでしょう。
ただ、サルベージに対応するカードは攻撃力が低いので、相手のカードを破壊できるとはいえ、展開してから攻撃に転じにくい、という事がよくあります(汗
発動条件が氷結界の戦術とは噛み合いが悪いものの、儀水鏡の反魂術ならば、全ての氷結界モンスターを墓地から回収できます。
【氷結界】では、必要最低限な氷結界のモンスターは3、4種類程に絞られるという声をよく聞きますが、それらのカードだけでは三方陣の発動条件を満たすのは困難なので、このカードを入れる場合は多くの種類の氷結界モンスターをデッキに入れておきたいものです。
モンスターを公開しなければならないという情報アドバンテージの消費も、これらのカードを使えばさほど気になりません。他にも、舞姫の効果を一緒に使う事によって、情報アドバンテージの消費を軽減できます。

上にも書いた様にこのカードの効果の「破壊」と「特殊召喚」は同時であり、破壊に失敗した場合は特殊召喚も行えません
したがって、破壊か特殊召喚のどちらか1つでも無効にされたり封じられると、展開に失敗してしまいます・・・。
破壊対象に選択したカードが存在しなくなった場合も、破壊に失敗した事になり、特殊召喚が行えません。
また、「対象を取る効果」に耐性を持つカードは、このカードの効果では破壊できないので注意が必要です。
特殊召喚に成功した場合でも、今度は奈落の落とし穴などの特殊召喚に対して発動できるカードが牙を剥きます。なので、相手の場に伏せカードがある場合は、なるべく伏せカードを優先して破壊した方が良いでしょう。

タッグフォースシリーズでは、発動や特殊召喚が困難なカードには使用した際のボーナスが設けられていますが、なんとこのカードのボーナスもあります
どうやら、公式でこのカードの発動の難しさが認識されているようです・・・。
このカードはサポートというよりも、半ばロマンのようなものなのでしょうか。

今組んでいる【氷結界】デッキには入れていませんが、たまに使ってみたくなる1枚です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

舞姫!!

今日放送のアニメ「遊戯王ZEXAL II」で神代璃緒(妹シャーク)が使用したカード「アイス・チェーン」のイラストに、氷結界の舞姫の姿が!

アイス・チェーン

舞姫といえば、以前にも「遊戯王ZEXAL」で登場した氷結の舞という罠カードに描かれていました。
偶然にも、氷結の舞も、アイス・チェーンと同じく永続罠カードです。
氷結の舞のイラストは識別し辛かったですが、今回のはハッキリと舞姫だと確認できます。

ちょうど最近、氷結界の龍以外の氷結界が描かれたイラストを見てみたいと思っていただけに、このイラストで舞姫を見れたのは嬉しいです!
しかし、舞姫の前から出てきてる手は一体何なんでしょうか?
手のひらが白色で、指の間に水かきがあるのが確認できますが…。アイス・チェーンの効果から、レベル4以下のモンスターなのでしょうか。
少なくとも、氷結界のモンスターではなさそうですが。

アイス・チェーン イラスト
イラスト部分だけを切り抜き、編集してみました。
※上の画像をクリックすると拡大した画像が表示されます

ただ、それでも相変わらず舞姫の膝から下のデザインがよく分からないままなのが悔やまれます(汗

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

氷結界の虎将 グルナード

今回紹介するカードは、氷結界の虎将 グルナードです。
以前紹介したときは、類似効果を持つ他のテーマのモンスターとの比較がメインだったので、もう一度紹介しなおしてみます。


氷結界の虎将 グルナード

氷結界の虎将 グルナード
効果モンスター
星8/水属性/戦士族/攻2800/守1000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分のメインフェイズ時に1度だけ、
自分は通常召喚に加えて「氷結界」と名のついた
モンスター1体を召喚できる。



初めて登場した「氷結界の虎将」であり、氷結界の中で最高の攻撃力を持つカードです。
その攻撃力値は2800。レベル9で氷結界最強の龍であるトリシューラよりも高いです。

レベル8の最上級モンスターという事で、通常召喚するには2体のリリースが必要となります。ガンターラと違い、アトランティスでリリースを軽減する事ができません。
アドバンス召喚自体の重さに加えて、モンスター2体を消費してしまうのは【氷結界】の戦術とは相性が悪いため、場に出すにはアドバンス召喚よりも、特殊召喚で出すのが望ましいでしょう。
ガンターラや伝道師の効果を使えば、墓地から蘇生する事ができます。
水属性なので、ジェネクス・ウンディーネ絶海の騎士スクリーチの効果でデッキから墓地に落とす事ができます。
手札に来た場合は、軍師封魔団の効果に加えて、レベル8であるためトレード・インのコストとして墓地に送り、手札交換をする事もできます。
これらの効果でこのカードを墓地に送り、ガンターラや伝道師の効果での蘇生に繋げたいです。
また、手札からも三方陣大波小波の効果で特殊召喚が可能です。

このカードの効果は、「氷結界専用・二重召喚」ともいうべき永続効果です。
ちなみに、このカードを通常召喚してから、更に氷結界のモンスターを召喚する、といった事もできます。
しかし、「二重召喚効果」を活用するなら、やはり通常召喚権を使わずに特殊召喚するのが望ましいでしょう。
召喚権を一度も使っておらず、かつ墓地にシンクロや上級の氷結界がいる状態の時に手札に伝道師が2枚あれば、大型モンスターを一気に2体展開する事ができます。もちろん、浮上などの蘇生カードを絡める事で、更に多くの上級モンスターを並べる事も可能です。
伝道師をはじめとした下級氷結界モンスターは、サルベージを使う等して手札にため込んでおきたいところです。「二重召喚効果」の悩みである手札消費の激しさを補う事もでき、相性が良いです。

このカードの効果による展開は特殊召喚ではないため、神精霊も問題無く召喚できます。エンドフェイズ時の効果に繋げる事ができるため、相性が良いです。
通常召喚時にしか効果を発動しない魔酔虫ロイヤル・ナイトの効果も、この効果で展開すれば発動可能です。
モンスターを2体フィールドに出して、即シンクロ召喚に繋げる事も可能です。
守護陣術者などを並べてロックの布陣をつくる事もできます。
この展開力で、様々な氷結界モンスターの効果を組み合わせることで、様々な戦術をとる事ができます。
特殊召喚メタカードの効果を受けずにモンスターを展開する事ができるのも嬉しいところです。

問題はやはり、最上級モンスター故に重いというでしょう。
最上級モンスターを出すためにはモンスターを展開しなければならないのに、その最上級モンスターであるこのカードが展開補助効果を持っているというのは、何だか本末転倒な気がします(汗
出す手段を確保できないまま手札に来てしまうと、事故要因になってしまいます。
また、このカードはレベル8である為、モンスターを展開したとしてもこのカード自身をシンクロやエクシーズの素材にし難いという悩みもあります。

最上級であるが故に、他のテーマの「二重召喚効果持ち」のモンスターと比べて使い辛さが目立つものの、上手く回せた時の爆発力は高いと思います。
このカードに特化した構築にすれば、安定性が増すことでしょう。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水属性エクシーズに足りないもの

これまで、水属性のエクシーズモンスターが何体か登場してきました。

しかし、新しい水属性のエクシーズモンスターの情報を見る度に、何だか物足りなさを感じてしまいます。
一方、他の属性のエクシーズモンスターの情報を見た時には「うわ、これ強くね?」と思ってしまいます。
これは私は水属性を一番贔屓にしているので、そう感じるのだと思っていました。

ところが、今日新しく出た他の属性のエクシーズモンスター達の情報を見て、そう感じていた本当の理由の一つが分かった気がしました。
まぁ水属性エクシーズの中には本当に実力不足なものも存在しますが(汗

私が水属性のエクシーズモンスターに物足りなさを感じた理由…
それは…

水属性のエクシーズモンスターには、除去効果を持つものが1枚も存在しないのです。

参考までに、水属性以外の属性の除去効果持ちエクシーズの一部を羅列してみます。
闇属性:ブラックコーン号、ローチ、アドレウス、ウロボロス
光属性:プレアデス、ティラス、トレミスM7、エネアード、サンダーエンド、サンダースパーク
地属性:ティアラミス、ダイヤウルフ
風属性:電光千鳥
炎属性:ゼンマイン、ヴォルカザウルス、バジリコック、エヴォルカイザー達

他の属性には大なり小なりなんらかの除去効果を持つエクシーズが存在する中、水属性には今のところ本当に1体もいないのです…。

水属性のエクシーズには除去効果持ちのものは存在ないも一方で、水属性のシンクロは、全7体中3体が除去効果を持っていました。
まぁ、そのうち2体はその除去効果があまりにも強力すぎた為に禁止カードになってしまいましたが。

もちろん除去効果や属性がエクシーズの全てではないとはいえ、何だかヘコんでしまうこの頃です(汗

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

元ネタ

次のパックで登場するテーマの「炎星」のモンスター達は、水滸伝の登場人物をモチーフにしているようです。
その中で、エンショウ、スネイリン、ヒエンシャク、トウケイの元ネタの人物は五虎大将軍と呼ばれています。
"五虎大将軍"、もしくは"五虎将"と聞いて思い出すのは、一時期「氷結界の虎将達の元ネタが五虎将ではないか?」と予想されていた事です。
氷結界の終了と三方陣のイラストから、氷結界の虎将は3体だけという事が明らかとなり、この説は否定されました。

同じくCBLZで登場する「ZW(ゼアル・ウェポン)」は、四神をモチーフにしていると思われます。
虎、龍、玄武をモチーフにしたZWがCBLZで登場し、鳥をモチーフにしたZWは過去の弾で既に登場していました。
余談ですが、シャーク・ドレイク・バイスの救済の為にZWの装備対象を「CNo.39 希望皇ホープレイ」から「CNo.」全般に変更して欲しいなぁと思っていたら、まさかの「希望皇ホープ」全般に変更・・・。シャーク・ドレイク・バイスに救いは無いのでしょうか(泣
さて、"四神がモチーフ"と聞いて思い出すのは、DT3弾から4弾あたりの頃に「氷結界のシンクロは四神がモチーフでは?」と予想されていた事です。
結局、その後に出た氷結界のシンクロは龍ばかりであり、この説は否定されました。

氷結界が出なくなって久しいですが、まさか本当にこれらをモチーフにしたカードが登場するとは。それも同時期に。
それじゃあ、氷結界の元ネタは一体・・・?
氷結界は一体どこから来てどこへ行くんでしょうか。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界の虎将 ライホウ

今日紹介するカードは、氷結界の虎将 ライホウです!


氷結界の虎将 ライホウ

氷結界の虎将 ライホウ
効果モンスター
星6/水属性/戦士族/攻2100/守2300
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
フィールド上で発動した相手モンスターの効果処理時に
相手は手札を1枚捨てる事ができる。
捨てなかった場合、その効果モンスターの効果は無効化される。



グルナードに続いて登場した、2体目の「氷結界の虎将」です。
他の2体の虎将と比べると、最上級モンスターでは無い点、氷結界に関する展開補助効果を持っていない点が異なります。
上級だけあって攻撃力も他の虎将と比べて控え目ですが、リリース一体でアドバンス召喚できるので、フィールドに出しやすいです。不死武士をリリース要員に用いた【戦士族】デッキにも投入の余地があります。
また、このカードは氷結界の中で最高の守備力を持っています。
反転世界を使えば、守備力2300以下の相手モンスターを返り討ちにする事が可能です。

このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、フィールド上で発動した相手モンスターの効果処理時に相手に手札1枚捨てさせる事ができる効果を持っています。
また、捨てなかった場合はそのモンスター効果は無効化されます。
相手がモンスター効果を発動しない事は考えられにくいので、このカードは相手の手札を削る効果を持つモンスターと見なして良いでしょう。

相手に捨てる手札が無い場合、つまり相手の手札が0枚の時は、確実に効果を無効にできます。
尚、「手札を捨てる」という表記のため、次元の裂け目マクロコスモスの発動下では相手のモンスター効果を確実に無効にするという事はできません。
水霊術-「葵」ムーラングレイスといった、ハンデス効果を持つカードと併用すれば、積極的に相手のモンスター効果を無効にできます。
また、手札が0枚の時に効果を発揮するものが多いインフェルニティに対しては、大きな影響力を持っています。
インフェルニティ・リベンジャーやミラージュの効果は無効にできないものの、ネクロマンサーの効果やデーモンのサーチ効果を確実に無効にできる意義は大きいです。
トリシューラを簡単に複数体展開できたり、ブリューナクを起点としたループが開発されたりと、インフェルニティには浅からぬ因縁があるだけに、氷結界おおいて、インフェルニティ相手に有利に戦えるこのカードの存在は嬉しいです(笑

悩みは、ハンデス効果が相手に利用されてしまう恐れがある点です。
捨てるか捨てないかの選択に加えて、捨てる場合にはどのカードを捨てるかも相手が選べるのです。
なので、墓地にいたほうが都合が良いカードを墓地へ落とす手助けをしてしまう可能性があります。
また、「墓地へ捨てられた時」や「墓地へ送られた時」などに発動する効果を発動させてしまう点にも注意が必要です。【暗黒界】を相手にする場合など、目も当てられない事に…。

騎士風な出で立ちのグルナードとは一転、東洋風なイメージの服装が特徴的です。
DTでの攻撃モーションでは、左手に持っている扇を投げて攻撃しています。
なので、右腰に携えている剣を抜く姿を見ることはできません。残念です(汗

他の虎将達と比べれば【氷結界】での優先度は高くないかもしれませんが、たまに使ってみると良いはたらきをしてくれます。

続きを読む

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の神精霊

今日紹介するカードは、氷結界の神精霊です!


氷結界の神精霊

氷結界の神精霊
スピリットモンスター
星4/水属性/アンデット族/攻1600/守1200
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
自分フィールド上にこのカード以外の「氷結界」と名のついたモンスターが存在する場合、
エンドフェイズ時に発動するこのカードの効果は
「相手フィールド上のモンスター1体を選択して持ち主の手札に戻す」となる。



遊戯王OCG史上初の水属性・アンデット族モンスターです。また、DTに収録されたスピリットモンスターも、このカードが初です。

スピリット特有の効果に加えて、自分の場に他の氷結界がいる場合、このカード自身の代わりに相手の場のモンスター1体を持ち主の手札に戻すという効果を持っています。
言い換えると、エンドフェイズ時に相手の場のモンスター1体をバウンスする効果を持っています。
術者守護陣破術師舞姫と同じく、自分の場に他の「氷結界」と名のついたモンスターが存在する場合に発動する効果を持っていますが、このカードはそれらとは違い、一応他の氷結界が並んでいない場合でも効果は発揮します。自身がエンドフェイズ時にバウンスされるだけですが(笑

ブリューナクが禁止になった今ではバウンスによる除去は貴重でしょう。しかもノーコストでバウンスを行う事ができるのです。
しかし、それでもこのカードは使い辛さが非常に目立ちます

まず、スピリット特有のデメリットとして、特殊召喚ができません。モンスターを並べる事で真価を発揮するものが多い氷結界で、おまけに自身も他の氷結界と並ぶ事で発揮する効果を持っているにも関わらず、この様なデメリットがあるのは致命的です。
伝道師三方陣ガンターラの効果で特殊召喚する事もできません。
グルナードの効果は特殊召喚ではなく通常召喚権を増やす効果なので、このカードも問題なく展開する事ができ、相性が良いです。

次に問題として挙げられるのは、このモンスターのバウンス効果についてです。
上記の様に、バウンス効果が適用されるのはエンドフェイズ時なので、発動が遅いです。
更に、バウンス効果はあくまで「自身がバウンスされる代わりに相手をバウンスする効果」である為、召喚・リバースしたターン以降は使用できません
つまり、相手のモンスターをバウンスする効果を使えるのは一度きりであり、一回使ってからは、実質何の効果も持たないこのカードがフィールド上に居座る事になります…。
このフィールド上に居座るという特性が必ずしも自分にとって有利に働くとは限らず、場合によっては、このカードが手札に戻らなかった事が仇となって三方陣の発動条件を満たせない…という状況に陥ることもあり得ます(このカード自身は三方陣で特殊召喚する事はできませんが)。

単純なステータス面でも、1600という攻撃力値のために奈落の落とし穴にかかってしまい、サルベージで回収する事ができません。
一応、スピリットモンスターを回収する効果を持つ伊弉波はサルベージに対応しているので、サルベージで伊弉波ともう一体の水属性を回収してから伊弉波を召喚し、その水属性モンスターを捨ててこのカードを手札に加えることで、擬似的にサルベージで回収する事はできます
このカードを回収するならば、儀水鏡の反魂術を使用するのもありでしょう。
しかし、特殊召喚できない上にサルベージに対応しないというのは【氷結界】においてはあまりにも致命的であり、事故要員になる事が多いでしょう。

以上のように、とにかく使い辛さが目立つカードです。
初めてこのカードの情報を見た時は、当時の【氷結界】の状況も相まって、とにかく絶望したものです(笑
折角の初の水属性・アンデット族であるにも関わらず、特殊召喚できないせいで豊富なアンデット族の特殊召喚サポートの恩恵を受ける事すらもできません…。

ところで、後に登場した氷結界の伝道師の服装は、このカードの服装と一部似通っています。
何か関係があるのでしょうか?

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

このブログについて

最近更新が止まってしまって申し訳ないですm(_ _)m

もうすぐでこのブログを開設して3年になりますが、このブログのトップの一番上の見出しに目をやってみると、
デュエルターミナルのカテゴリ「氷結界」がメイン
と書いてあります。
最近になってこの見出しが目についたのですが、振り返ってみると最近は全然氷結界について書いてませんでした…(汗
ブログを始めた頃は、リアルタイムで氷結界が展開されていた事もあり、氷結界に関する内容尽くしだったのに。
各カードの紹介記事で、ひょっとすると【氷結界】で使えそうなカードであっても、【氷結界】での運用法を書いてなかったりした事もあったかもしれません。
思えば、フィッシュボーグ-ガンナーの禁止化を受けて色んな水属性のカードについて取り上げた頃から、このブログの氷結界要素が薄れた気がします(笑
その代わり、氷結界以外の様々なカードに目を向ける良い機会になったとは思います。

あと、このブログは1回テンプレートを変更しています。
開設当初は氷結界をから冷たさや氷雪をイメージした白色の背景でしたが、途中からは現在の海中のイメージの背景にしました。
このテンプレートの変更は、その当時新たに登場した水属性カテゴリであるリチュアをイメージしてのものでした。
リチュアに限らず、その後に強化された水属性もほとんどが海中にマッチする海産物関連のカードだったので、結果としては変更して良かったなぁと思います。背景の画像をよく見ると映っているダイバーの姿は、ディープ・ダイバーを連想させてくれます(笑
ただ、背景変更前の記事の中には、現在の背景だと字が読み辛いものがあります…(変更前の背景を意識して文字色を設定したため)。

とりあえず、これからもこのブログを更新していきたいと思います。
そして、氷結界についてもちょくちょくと取り上げていきたいです。
そんな訳で、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

EXTRA PACK 2012

EXTRA PACK 2012が品薄気味になっているようです。
発売からまだ一ヶ月も経っていませんが、自分の周りでも品切れになっているのをよく見かけます。
これも特定の有力カードの人気故なのでしょうか。

個人的には、このパックで一番の狙いであるゼンマイシャークの動向が気になります。
ゼンマイシャークのおかげで強化されたものの、【ゼンマイ】デッキは思ったよりは大会で結果を残せていないからなのか、値段は下降傾向にあります。
最初の値段は所謂ご祝儀価格であり、発売からしばらく時期が経ったので値段が落ち着いてきたという風にも考えられます。
とはいえ、それでも高価である事には変わりありません。少なくとも、僕が初めてシングル買いした時のメガロアビス程の値は付いていると思われます。

EXTRA PACK 2012の希少さから、これからゼンマイシャークの値段は上がるのか、それとも新パックで他のデッキが台頭してきて目立たなくなって値段が下がっていくのか…今ではどうも予想できません。
また、これから【ゼンマイ】の入賞数が増えて高騰するという事も考えられます。
まだ足りていない2枚をシングル買いするべきかどうか…ものがものなだけに今非常に悩んでいます

悩んだからと言って、パック買いをしても良いカードはなかなか当たらないというのもまた事実…。
今日、売ってる場所を見つけてEXTRA PACK 2012を計4パック買ってみましたが、当たった光物はアレキサンドライドラゴン1枚のみ…。
しかも、最後に1パック買った店は、そのパックを最後に品切れとなってしまいました。その店のEXTRA PACK 2012の最後の1パックだったのですが、光物は当たりませんでした(笑

1箱買って、そこからはパック買いしているのですが、僕が今まで当てたスーパーレアの枚数はというと…

アボイド・ドラゴン・・・1枚
オリエント・ドラゴン・・・2枚
アレキサンドライドラゴン・・・3枚
ゼンマイシャーク・・・1枚
白竜の忍者・・・0枚
異界の棘紫竜・・・2枚

こんな感じです。
ちなみに箱買いした時に当たったのはアレキサンドライドラゴンとオリエント・ドラゴンでした。

うちの弟は、新しいデッキを組むに当たってデスガイドが必要となったという事で、EXTRA PACK 2012に興味を持っていました。
今まで、デッキに3積み必須級のカードを3枚ともパック買いで当てたりしていた弟ですが、流石にデスガイドをそろえるのは一筋縄ではいかないだろうと思いました。
地道にパック買いして揃えるのか、それともシングル買いで済ますのか…と弟の動向を気にしていました。
ところが弟は、わずか3パックでデスガイドを2枚揃えてしまいました
メガロアビスをシングル買いした時の記事で、「メガロアビスのシングル価格分以下の金額で、パック買いのみでメガロアビスを揃えられた人間などごくわずかだろう」という様な事を書きましたが、まさか自分の身内が、メガロアビス以上の値段のカードを、パック買いだけでこれ程まで簡単に揃えるとは思いもしませんでした。
3パック分といえば、デスガイドはもちろんのこと、現時点のゼンマイシャーク1枚分の値段よりも安いです。
そんな訳でうちの弟は、現時点ではほぼ間違いなく人類の中で最も少ない出費で日本語版の魔界発現世行きデスガイドのカードを2枚揃えられた人間でしょう。

価格の高いゼンマイシャークがなかなか揃わない僕と、それ以上に高いデスガイドをいとも簡単に揃えた弟…。
まさに随分と差が付きました、悔しいでしょうねぇ以外の言葉が思い浮かびません。
悔しいでしょうねぇ
悔しいです…

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード