スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の破術師

今回紹介するカードは、氷結界の破術師です!


氷結界の破術師

氷結界の破術師
効果モンスター
星3/水属性/魔法使い族/攻 400/守1000
自分フィールド上にこのカード以外の
「氷結界」と名のついたモンスターが存在する限り、
お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、
セットしたプレイヤーから見て次の自分のターンが来るまで発動できない。



現在の環境では魔導が猛威を振るっており、その対抗策として、闇のデッキ破壊ウイルスをはじめとした魔法カードを封じるカードが注目されています。
魔法カードの発動を遅らせる事ができる魔封じの芳香も、その内の1枚です。
このカードは、他の氷結界と並ぶ事によって、その魔封じの芳香と同じ効果を発揮するモンスターです。

自分の場にこのカード以外の氷結界が存在する限り、お互いに魔法をセットしなければ発動できず、セットした次の自分のターンまで魔法を発動できなくなるようになります。
自分にもロックが及んでしまうものの、このカードの効果が発動していれば、返しのターンですぐに魔法カードでこちらの布陣を崩される、といった事がなくなるのが強みです。特に、大僧正の効果では防げない月の書精神操作ブラック・コアなどの発動も遅らせる事ができる点は評価できます。
相手の手札に魔法カードが多い場合等は、特に大きな抑制力となるでしょう。
ただし、破術師のロックの完成前に相手が伏せたカードや罠カードには警戒するべきです。
また、攻守共に非常に低いため、たとえ守護陣によるロックの影響下であっても低攻撃力のモンスターに攻撃され倒される危険性があります
基本的には、「相手のメインフェイズ1でこちらの場が相手の魔法カードによって壊滅状態になり、そこをバトルフェイズで攻め込まれる」のを防ぐ役割を担っていると言えるでしょう。前述の通り、ステータスが低いので、使い捨て感がありますが。

こちらのエンドフェイズ時にガンターラの効果で蘇生すれば、毎ターン相手の魔法の発動を妨害する事ができます。
舞姫と一緒に並べて、相手がやむなく伏せた魔法カードを舞姫の効果で手札に戻す事ができれば、より効果的です。
また、交霊師と並べて相手の魔法・罠の発動を大いに妨害する事もできます。
他の氷結界と並べないと効果は発揮しませんが、伝道師の特殊召喚効果を駆使すれば、氷結界モンスターを展開しやすいでしょう。

また、このモンスターは、現状ではデブリ・ドラゴンの蘇生効果からそのままグングニールのシンクロ召喚に繋げる事ができる唯一の氷結界モンスターです。
なので、氷結界デッキにデブリ・ドラゴンのギミックを組み込む際には是非入れておきたいモンスターです。

ところで、破術師といえば性別について意見が分かれるカードでもあります。
イラストを見ただけでは、どちらなのか判断し辛い容姿をしています。
このカードの英語名は「Warlock of the Ice Barrier」ですが、この「Warlock」というのは男性名詞のようです。
また、PSPのゲーム「タッグフォース6」では、女性型モンスターやその関連カードを集めたパック「マイワイフプラスプラス」のパックに、封魔団舞姫と共に収録されていました。
同ゲームで配信された、女性型モンスターを集めた【NEWマイワイフプラス】というデッキレシピでは、サイドデッキに入っています。このサイドデッキは、大半が中性的な外見の少年型のモンスターで占められています。
メインデッキのモンスターは全て女性型モンスターで、他の少年型のモンスターと同じくサイドデッキに含まれているという事は・・・破術師は男性型モンスターという事なのでしょうか?

あと、封魔団と何らかの関係があるのではないか?というのもよく言われる話です。
封魔団とは、「お互いの魔法カードの発動に干渉する効果」を持つ点で共通しており、またイラストの特徴も似通っています。
余談ですが、上で挙げた配信デッキ【NEWマイワイフプラス】のサイドデッキにいる男性型モンスターの内、ミラクル・フリッパーナイトエンド・ソーサラーの2体は、タッグフォース4の女性型モンスターを集めたパックに収録されていました。
ミラクル・フリッパーはカード・エクスクルーダーと似たコンセプトのモンスターという事で(ちなみにエクスクルーダーはTF6の「マイワイフプラスプラス」には収録されていない)、ナイトエンド・ソーサラーは同じパックに収録されているマジカル・コンダクターとシンクロする事でマジック・テンペスターとなる(ちなみにマジック・テンペスターは別のパックに収録されていた。また、【NEWマイワイフプラス】にはマジック・テンペスターは入っていない)という事から収録されているのでしょうか?
つまり、どちらの男性型モンスターも、何らかの関わりがありそうな女性型モンスターと一緒に収録されています。
という事は、破術師も封魔団(或いは舞姫かもしれませんが)と(同じ「氷結界」所属であるという事以外にも)何らかの関わりがあるのでしょうか?
「デュエルターミナル マスターガイド」には、破術師についても封魔団についても全く記述が無いため、関係は未だに不明のままです。
姉弟もしくは姉妹なのか、親子なのか、師弟なのか、同一人物なのか、それとも特にこれといった関係は無いのか…。
性別や他の氷結界との関係、所属派閥について捉え方は人によって様々だと思います。この記事を読んでいる貴方にはどのように映っているでしょうか?

環境の変化によって相対的に刺さりやすくなった効果ではありますが、やはりステータスの低さがネックだと思います。
「氷結界モンスターと並んで効果を発揮するモンスターカードである」点を活かして、魔封じの芳香との差別化を図っていきたいものです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

シャーク・ドレイク論

シャークデッキにおけるNo.32 海咬龍シャーク・ドレイクについて、個人的に思うところを述べてみます。

No.32 海咬龍シャーク・ドレイク

シャーク・ドレイクは、アニメZEXAL作中での、シャークの切り札ナンバーズにあたります。
元々はトロン側が所持していましたが、III戦後に(トロンの思惑通り)シャークの手に渡りました。

ところが、このシャーク・ドレイクの存在は、一部のシャークファンやシャークデッキ使いからは不評です。

シャークデッキ使いからは、ランク4であるという点が不満としてよく挙げられます。
「それまでのシャークのデッキはレベル3主体だったのに、シャーク・ドレイクが入った事によってレベル4との混合になり、迷走した」というのはよく聞く話です。
確かに、シャーク・ドレイクの登場前までのシャークのデッキは、レベル3・ランク3が主体でした。
しかし、シャーク・ドレイク入手前の段階でも、シャークの使用カードでは既にレベル4のシャクトパスハンマー・シャークが登場していました。
なので、レベル4が加わったのが一概に「シャーク・ドレイクのせい」だとは言い切れないきがします…。まあそれに先駆けて登場した可能性も十分にありますが。
ちなみに、これらの内ハンマー・シャークは、シャーク・ドレイクが初登場したのと同じデュエルで初登場し、OCG化の際にはレベル3と相性の良い効果を搭載していました。

それにしても、遊馬やカイトのカードも、色んなレベルのカードが混在しているにも関わらず、何故シャークだけがやたらと「迷走している」と言われるのでしょうか。
その理由は、レベル3軸のシャークデッキの完成度がそれなりに高かったからだと思われます。
展開の要となるシャーク・サッカー、相手の攻撃力を下げる効果を持つハリマンボウ、レベル3以下のモンスターを蘇生する効果を持つ浮上、そして豊富なランク3エクシーズと、レベル3主体の頃のシャークのカードは使いやすいものが多かったです。
これらのカードが出た当時のデッキの完成度なら、決して遊馬やカイトにも負けていなかったと思います。

しかし、今はどうでしょうか。
遊馬やカイトのデッキは、多少のレベルの違いを持って余りある程の強さがあります。
遊馬のデッキはホープ系統、カイトのデッキは銀河眼系統が切り札として設定されており、それらを中心にした構築にする事で力を発揮します。
当然登場カードの多くがそれらを意識したような設定になっており、専用サポートも多いです。
しかし、シャーク・ドレイクには専用サポートは存在せず、扱いが悪いです。
なので、シャーク・ドレイクを中心にした構築にしようにも、うま味がありません…。
そもそも素材の時点でレベル4×3と、どう足掻いても遊馬のホープよりも出し難いです。しかも、レベル4×3のランク4にも、シャーク・ドレイクよりも優先されるようなカードは多いです。
唯一勝っている点はエクシーズ・リモーラに対応すること位です…。
また、シャークデッキでシャーク・ドレイクを使うにあたっては、素材とレベルが合わないために、シャーク・サッカーや浮上やハリマンボウやキラー・ラブカといった、「レベル3主体期」に登場した折角の優良カードを全て切り捨てなければなりません
レベル3をレベル4にできるスピア・シャークの存在から、共存させる事はできるかもしれませんが、その分事故率は跳ね上がります。

シャークファンからは、「これまではテクニカルな戦術重視だったのに、シャーク・ドレイクが出てからはパワー押しになった」と批判される事があります。
しかし、私は必ずしもそうとは限らないと思います。ランク4や高攻撃力モンスターの登場によって、シャークデッキに新たなバリエーションが加わったという風に取る事もできます。
「レベル3主体期」の頃ならともかく、今ではランク3よりもランク4の方がバリエーションもパワーも上です。
ランク3のデッキは上手く回る時は楽しいですが、その場合でも相手のパワーについて行けず、所詮小手先だけという感じで終わってしまう事が多いです…。
一方ランク4のエクシーズには様々なものが揃っていますが、シャークの使用カードにはそのランク4を出し安くする様なカードが少ないという点が問題だと思います。
シャーク・ドレイクに関して言えば、上に書いたように「パワー押し」のイメージが強いカードですが、自身を上回る打点を持つモンスターを出されると苦しくなるという大きな問題もあります。

あと、「シャーク・ドレイクが出てからシャークのデュエルがつまらなくなった」という声も聞きます。
この理由としては、上で書いた様にパワー重視の戦術になった他にも、シャーク・ドレイクのエクシーズ召喚の仕方が挙げられます。
振り返ってみると、大抵の場合、2体分のエクシーズ素材として扱う、または必要なエクシーズ素材数を減らすという効果のカードを使ってエクシーズ召喚されています。
これら効果はOCGではまず実装されないので、エクシーズ召喚の仕方がつまらないというのも頷けます。
それを使わずに出したデュエルにおいても、地道に1ターンずつ通常召喚された3体のモンスターを素材にしたり、相手によってエクシーズ素材を用意して貰うといったあまりにも非現実的な方法で出されています。
しかも素材として出てくるレベル4はいつも同じモンスターばかりで、それがシャークのレベル4のバリエーションの発展の妨げになっています

ドルべ戦では、ZEXAL IIになって初めてシャークの新規のレベル4下級モンスターが登場しました。ダブルフィン・シャークサイレントアングラーの2体です。
しかし、これら2体はどちらもJOTLでOCG化されませんでした
ダブルフィン・シャークは例によって2体分のエクシーズ素材として扱う効果でしたが、サイレントアングラーは、「自分の場に水属性がいる時に特殊召喚できる」という、まさにシャークデッキでシャーク・ドレイクを出すにあたって一番望んでいたような効果でした。
それがOCG化されなかったのは残念としか言いようがありません。折角この上ない素晴らしいサポートなのに…。
これを上回るサポートなんて、それこそエクストラデッキからシャーク・ドレイクを無償で出せるような効果位しか思い浮かばないです。
シャークのモンスターは、初期に登場したビッグ・ジョーズエアロ・シャークブラック・レイ・ランサーの調整からか、「OCG化されると弱体化する」というイメージを強く持たれています。
今回、2体の優良カードがOCG化されなかった事により、シャークには「OCGで弱体化する」に加えて「良いカードに限ってOCG化されない」という不遇要素が追加されました…。
これまではシャークがアニメで使用していたモンスターのOCG化率は100%だっただけに、余計に悲惨です。

何かシャーク・ドレイクに関する内容が薄くなってしまったような気がします(汗
とりあえず言いたかったのは、シャーク・ドレイクの登場辺りからシャークのデッキにレベル4が加わった事が悪い様に言われる事がありますが、必ずしもそうだとは思わないという事です。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界+タイダル

最近、【氷結界】デッキの勝率がすこぶる悪いです
そこで、瀑征竜-タイダルの投入を検討してみました。

伝道師の登場以降、何回かに分けて「墓地肥やしを考える」という記事を書きました。ラヴァルバル・チェインの紹介記事なんかも、その一環として書いていました。
手札からの誘発効果によって、手札と墓地のカードを1枚ずつ墓地へ送る事ができる効果を持つタイダルは、墓地肥やし要員として申し分ないです。

タイダルが持つ蘇生効果についても、打点不足や展開力に悩む事が多い【氷結界】にとっては有難いです。
ガンターラグングニールと並べる事でランク7のエクシーズに繋げる事もできます。
ただ、この効果には2体もの除外コストが伴います。実際に使ってみると、みるみる内に墓地や手札のモンスターが減っていってしまうのが恐ろしいと感じました。
その結果、ガンターラや伝道師、サルベージ浮上といった墓地利用に関するカードが腐ってしまうという事があり得ます。
もっとも、タイダルを出した後に即座に勝負を決める事ができればそれを心配する必要もありませんが。

負ける理由として、モンスターがなかなか来ないというケースが決して少なくないです。
その度に、40枚のデッキの内のモンスター枚数を20枚以上にして組み直してやろうという気分になるのですが、いざデッキを編集するとなると、結局なにも手を付けないままになってしまいます・・・(汗
その理由としては、抜くに抜けない魔法・罠がある事や、氷結界のモンスターは単体では非力なものが多い事が挙げられます。
ただタイダルを使うとなると、やはりモンスターを多めに入れるようにしたいです。
タイダルの投入枚数も含めて、これから考えていきたいです(とはいえ私はまだタイダルは3枚揃っていませんが・・・)。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

新規水属性エクシーズ

JOTLでは水属性のシンクロは1体も登場しないものの、水属性エクシーズは登場します。
アニメ「ZEXAL II」でのシャークvs璃緒戦にて、両者が使用したエクシーズモンスターです。
しかし…


牙鮫帝シャーク・カイゼル

牙鮫帝シャーク・カイゼル
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/魚族/攻1800/守2000
レベル3モンスター×3体以上(最大5体まで)
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードにシャークカウンターを1つ置く。
また、このカードが戦闘を行うダメージステップの間、
このカードの攻撃力はこのカードに乗っている
シャークカウンターの数×1000ポイントアップする。


アニメでは4体の素材を必要としたランク3のエクシーズモンスター。OCG化に際して、レベル3モンスター×3体以上でエクシーズ召喚できる仕様となりました。
作中では、エクシーズ素材を取り除く事で、このカードのエクシーズ召喚に必要なモンスターの数とこのカードのエクシーズ素材の数の差×1000ポイント攻撃力を上げるという効果でした。
2体分のエクシーズ素材を利用して大幅な攻撃力上昇を行っていましたが、OCGでは「シャークカウンター」を乗せ、その数×1000ポイント攻撃力を上げる効果に変更されました。
ほぼ同様の変更が行われたカードとして、No.88 ギミック・パペット-デステニー・レオが存在します。

これまで3体の素材を要するランク3は守備的なステータスのものばかりでした。このカードも元々の攻撃力よりも元々の守備力の方が高いですが、効果は攻撃的です。
エクシーズ素材を1つ取り除けば攻撃力を1000ポイント上昇できるので、攻撃力は実質2800と見なせます。この数値はリバイス・ドラゴンを上回り、シャーク・ドレイクと同値です。
ただし、このカードの攻撃力が上昇するのは、このカードが戦闘を行うダメージステップの間のみです。
よって、どれだけ攻撃力を上げてもブラック・コーン号には普通に除去されてしまいます・・・。

攻撃的なレベル3×3のランク3が出たのは嬉しいですが、「打点重視」の水属性エクシーズはもう十分だというのが率直な意見です・・・。
シャークカウンターが1個乗った状態での2800という打点も、レベル3×2で出せるアシッド・ゴーレムには劣っています。あちらはデメリットが多いですが。
また、このカードはバハムート・シャークの効果で出す事ができますが、バハムート・シャーク登場後のランク3の水属性としては初めて、バハムート・シャークで出した時にも使える効果を持っていません。


零鳥姫リオート・ハルピュイア

零鳥姫リオート・ハルピュイア
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/水属性/鳥獣族/攻2500/守2100
鳥獣族レベル5モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力を0にする。


フリーザードン以来の2体目となる、ランク5の水属性エクシーズモンスター。
璃緒が使ったエクシーズモンスター。前回のシルフィーネと同様に鳥獣族の素材指定があります。
以前私は、そのシルフィーネが水属性のデッキでエクシーズ召喚できない事を嘆いていましたが、それでも一応同時に登場した璃緒の下級モンスターをつかば一応エクシーズ召喚する事はできました。
しかし、今回のこのカードはそれすらも行えません璃緒が使用したカードであるにも関わらず、璃緒のカードですらエクシーズできないのです。
そもそも、素材に指定されている鳥獣族レベル5モンスター自体、数が少ないです。

効果は、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、その攻撃力を0にするというものです。
前回のシルフィーネの効果が「ブラック・レイ・ランサーよりも強い」という印象だったのに続き、このカードの効果は「シャーク・ドレイク・バイスよりも発動しやすい」という印象です。
これは、璃緒が兄よりすぐれた妹だという事を暗示しているのでしょうか・・・(笑
しかし、同じランク5には、このカードと同じ攻撃力素材指定が無い上に、相手の表側表示モンスター1体を選択して破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与えるというヴォルカザウルスが存在します。
使いやすさではあちらの方が上であり、現状ではこのカードの方を優先させる意義が見当たりません・・・。
フリーザードンとはまた違った意味で、ヴォルカザウルスの影に隠れてしまうカードであると言えます。


アニメ出身のものの中にも強力なエクシーズが増えている中で、この性能はどうなんだろう?と思わざるを得ないカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

嘆き

JOTLには新しいシンクロモンスターが何体か登場しますが、6属性の中で水属性のものだけが1枚も存在しない事が確定しました・・・。
この弾ではエクシーズ登場以降で初めてシンクロモンスターがラインナップしています。しかし、その間にもシンクロモンスターは何体か登場していましたがやはり水属性だけは1体も登場していませんでした。
JOTLに水属性だけシンクロがいないのは、まるでその縮図の様にさえ感じられます。

JOTLのシンクロモンスターには、汎用性が高いものが多いです。
汎用性が高いシンクロモンスターといえば、かつて水属性にもいましたが、それがあまりにも強大すぎたために、今は禁止カードに指されています。
元々絶対数が少なかったところに2体が禁止カードに指定された事によって、今実戦で使える水属性のシンクロモンスターは片手で数えきれる程しかいません。
プロモパックでフィッシュボーグのチューナーだけは出す癖になんだこの扱いは…と言いたいです。しかもそのフィッシュボーグにしても、実質水属性のシンクロにしか使えないようなものであるにも関わらず、サポート無しでこれらを素材にできるシンクロモンスターは現在、氷結界の2体しかいないという有様です。
氷結界以外の水属性シンクロには皆チューナーに素材指定があり、ランチャーアーチャーもその条件から見事に漏れています

調整をミスったとしか思えない程のブリューナクトリシューラの強さのしわ寄せなのか、それ以外の水属性のシンクロモンスターの層は薄いです・・・。質ではなく量の問題でです。
一方、水属性のエクシーズモンスターについては、それとは対照的に質より量だと思います。
私がそう思う最大の理由が、水属性のエクシーズには除去効果持ちのものが1体もいないからなのですが、禁止カードになった水属性のシンクロ2体が、共に遊戯王OCGの中でもトップクラスの除去効果を持っていたというのは何とも皮肉な話です・・・。

岩石族にチューナーが1体も存在せず、シンクロも1体だけだというのはよく聞く話ですが、水属性もこの様にシンクロの数には恵まれていないという事は一体どれだけの人に知られてるんでしょうか。
ブリューナクにトリシューラと、とにかく質は非常に高かったので、知らなくても仕方ないとは思いますが。
そういえば岩石族も、チューナーやシンクロには恵まれなかった一方でエクシーズは多いです。しかもその中には優秀なものが多いです。
ちなみに、魚族水族にはシンクロが1体も存在しません。どちらも水属性と関わりの深い種族です。

今までの氷結界や水属性(のシンクロ)の扱いに加えて今回の弾のラインナップから、シンクロというものはどうも好きになれそうにはないです・・・。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

海外先行の水精鱗

EXTRA PACK -SWORD OF KNIGHTS-で来日する水精鱗のモンスターの日本語名が明らかになりました。


水精鱗-ディニクアビス

水精鱗-ディニクアビス
効果モンスター
星7/水属性/水族/攻1700/守2400
自分のメインフェイズ時、
手札からこのカード以外の水属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
デッキからレベル4以下の「水精鱗」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
「水精鱗-ディニクアビス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。


英語名は「Mermail Abyssteus」であり、「ダンクルオステウス(Dunkleosteus)」が由来でした。
それに対して日本語名では、その科名呼称である「ディニクティス」から取っています。
そしてレアリティはまさかのウルトラレアです。EXTRA PACKシリーズで水属性モンスターがウルトラレアで収録されるのは初めてです。
流石にデスガイドメガロアビス程は高騰しないとは思いますが、どれ程のレートになるのか不安ではあります・・・。
前のEXTRA PACKのスーレアだったゼンマイシャーク非常に悪いタイミングでシングル買いしてしまったので尚更気がかりです。


水精鱗-アビスマンダー

水精鱗-アビスマンダー
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻 100/守2000
墓地のこのカードをゲームから除外し、
以下の効果から1つ選択して発動できる。
●自分フィールド上の全ての
「水精鱗」と名のついたモンスターのレベルを1つ上げる。
●自分フィールド上の全ての
「水精鱗」と名のついたモンスターのレベルを2つ上げる。


こちらは割と予想通りな日本語名に。
起動効果持ちの水精鱗にしては珍しく、1ターンに1度の使用回数制限がありません。
また、墓地から除外して効果を発動する点も他の水精鱗とは一線を画しています。


今年は早く海外のカードが来日するようで嬉しいです。
いつか記事で少し触れた「Hieratic Seal of the Dragon King」も、龍王の聖刻印という大方の予想通りなネーミングになりました。
他に収録されている水属性では、Blue Dragon Ninjaはだいたい予想できますが、ImairukaSlushyがどんな名前になるのかが気になります。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の内部抗争の構図

「デュエルターミナル マスターガイド」によると、DT8弾の頃のストーリー背景において、氷結界内部ではトリシューラの封印を巡って、トリシューラの封印解放派と解放反対派の2つの勢力が抗争状態にあったという記述があちました。
そして、「トリシューラを巡る内部抗争の構図」として、2つの勢力の一員として紹介されていた面子と、リチュアのページでの記述をまとめてみると、

トリシューラ解放反対派
グルナード
ガンターラ
ライホウ
ロイヤル・ナイト
(リチュア・ノエリア)

トリシューラ解放派
交霊師
大僧正
風水師
術者
リチュア・ナタリア

このような感じです。

さて、ここで気になるのが上記以外の氷結界はどちらの勢力に属していたのかという点です。
反対派については「氷結界の中でも武力に長けた物(「者」のミス?)が多い」、解放派は「法力に自身がある者」という記述があるだけで、これだけでは誰がどちらに属しているのか判断し辛いです。
しかし、上記以外の氷結界がどちら派なのか、自分なりに予想してみました。

尚、三龍や山奥に住む聖獣であるドゥローレンは当然省いています。
はるか昔に氷結界を興した伝道師や、その魂が昇華された存在であり代々氷結界を見守ってきたという設定の神精霊は、どちらにも属していないと判断し省いています。
魔酔虫ブリズド守護陣といった人型以外のものや、レイスブリザード・ウォリアーといった「氷結界」以外の関連モンスターについては、記述が一切なくどのような存在なのかすらよく分からないため省いています。

以下、外見等から判別した自分なりの予想

・解放反対派
武士御庭番水影決起隊舞姫

・解放賛成派
軍師封魔団破術師修験者輸送部隊

綺麗に二分するとすれば、こんな感じでしょうか・・・。
反対派は「武闘派っぽいもの」、解放派は「そうでないもの」というイメージで分けてみました。
でも後のリチュアの2人については逆なイメージの様な気がするので、この判断基準すらも、結局正確かかどうかは分からないですが(汗
それでもどっちに分けるか悩むものがいたり、舞姫や軍師あたりは逆の方がしっくり来るような気もしたり・・・。

やはり概念等にはとらわれずに、自分なりに妄想するのが一番でしょうか。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

シャークの新カード

昨日放映されたのアニメ「遊戯王ZEXAL II」にて、シャークの新たなカードが登場しました。


ダブルフィン・シャーク

ダブルフィン・シャーク
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1000/守1200
このカードを水属性モンスターエクシーズのエクシーズ素材とす
る場合、1体で2体分の素材とする事ができる。


サイレントアングラー

サイレントアングラー
効果モンスター
星4/?属性/?族/攻 800/守?
(自分フィールドに水属性モンスターがいる時、手札から特殊召喚できる)



アニメでシャークが使用したモンスターカードは、今までOCG化率100%でしたが、次に出るパックのJOTLには、これらのカードの枠はありません・・・
登場が確定しているシャークのカードは、エクシーズモンスターの牙鮫帝シャーク・カイゼル1枚だけです。
昨日の放送で出たカイトの新規エクシーズモンスターや、この後に出る遊馬やベクターやドルべのカードはラインナップされているにも関わらず、昨日のドルべ戦でのシャークの新規カードはラインアップされていません。
つまり、上記の2体はOCG化のタイミングを逃してしまった事になります・・・。

シャークの「使用モンスターのOCG化率100%」の神話が崩れる事自体にはそこまで抵抗は感じません。
私が嘆きたいのは、この2体がどちらも非常に優秀だという点です。
シャークのデッキはエクシーズ・リモーラの登場によってシャーク・ドレイクを出しやすくなったものの、そのエクシーズ・リモーラに対応するレベル4の魚族の層が薄いという問題点がありました。
特にレベル4の魚族には、即エクシーズに繋げられる程の展開力を持ったものがいないのです。エクシーズに繋げられなければ、当然エクシーズ・リモーラの効果を発動する事もできません。
そんな中、今回出たカードはどうでしょうか。

サイレントアングラーは、自分の場に水属性がいる時に手札から特殊召喚できるという、まさにかゆい所に手が届くような特殊召喚効果を持っています。
属性・種族は共に不明ですが、このカードとレベル4の水属性さえあれば即エクシーズに繋げる事ができます!当然シャークのデッキとも相性抜群です。
更に、このカードがもし水属性ならばサルベージで回収でき、魚族ならばエクシーズ・リモーラの効果で蘇生できます。
シャーク・サッカーゼンマイシャークブリキンギョと違い、自分の場に既にモンスターがいる時にも展開できるという点も評価できます。

一方のダブルフィン・シャークは、アニメオリジナルの中でも特に悪評の高い、2体分のエクシーズ素材とする効果です。
この手の効果のモンスター効果は、OCG化の際には「通常召喚成功時に同名カードを手札・墓地から特殊召喚できる」という効果に差し替えられている事が多いです。
これをピンポイントすぎて微妙と感じる人もいるかもしれませんが、それでも今の魚族・レベル4の展開力を考えると十分すぎる程の性能です。
ちなみに、これまでシャーク・ドレイクのエクシーズに使用された2体分の素材として扱うカードでOCG化されたものには、バブル・ブリンガーとエクシーズ・リモーラが存在します。
この中で、バブル・ブリンガーは、アニメと同じ事をやってもシャーク・ドレイクをエクシーズする事はできません・・・

どちらもシャークのデッキでシャーク・ドレイクを出すのに有用な効果を持っているだけに、JOTLに収録されないのは残念でなりません・・・。

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム

STARTER DECK 2013の強化パックにて再録された、No.30 破滅のアシッド・ゴーレムについて紹介します。
水属性・ランク3のエクシーズモンスターで、遊戯王OCG史上初となる、水属性・岩石族のモンスターでした。


No.30 破滅のアシッド・ゴーレム

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/岩石族/攻3000/守3000
レベル3モンスター×2
自分のスタンバイフェイズ時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くか、
自分は2000ポイントダメージを受ける。
このカードのエクシーズ素材が無い場合、このカードは攻撃できない。
このカードがフィールド上に存在する限り、自分はモンスターを特殊召喚できない。



このモンスターは、水属性の中で最高の攻守の合計値を誇っています!特に守備力はネオアクア・マドールビッグ・ホエールと並んで水属性モンスターの中で最高の値です。
このカードが登場した時点では攻撃力も青氷の白夜龍と並んで水属性中最高でしたが、現在はこれらを更に上回る攻撃力を持つイビリチュア・ジールギガスが登場しています。

このカードは、「ランク3」「素材指定が無い」「レベル3モンスター×2で出せる」と、どの条件から見ても破格のステータスを持っています。レベル3モンスターが並ぶデッキならば即席のアタッカーとして活躍できると思います。
エクシーズモンスターには、同じ属性・ランク・素材で、特定の条件下で攻撃力3000となるリバイス・ドラゴンが存在します。水属性の恩恵を受けにくい種族であるという点も共通しています…。
どちらを使用するかは状況にもよるでしょう。こちらには、3000という高攻撃力が即座に手に入り、しかもそれによってダイレクトアタックも可能という利点があります。一方リバイス・ドラゴンは即座に素材を取り除く事ができ、デメリットも薄く小回りが利きます。

このカードを使うにあたって最も気を付けなければならないのは、デメリットが厳しいカードである点です。効果欄に書かれている事は全てデメリットと言っても過言ではない程です。
まず、自分のスタンバイフェイズ時、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くか、自分は2000ポイントダメージを受けるかを選択する必要があります。
2000ダメージというのはあまりにも大きなダメージです。それを避けるために素材を取り除いたとしても、ターンが過ぎる毎に素材は減っていきます…。
そして、素材が無い場合は2000ポイントのダメージを受ける事しかできなくなります。
尚、このカードの素材を取り除くのは、コストではなく誘発効果扱いであるため、海皇の狙撃兵などの「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時」に発動する効果を持つ海皇のモンスターを素材にし、取り除いたとしても、それらの効果を発動させる事はできません

また、このカードのエクシーズ素材が無い場合、このカードは攻撃できないというデメリットもあります。
よって、このカードの素材が無くなると、攻撃力3000の癖に攻撃はできないわ、スタンバイフェイズ時に2000ダメージは受けるわで散々な事になります
アタッカーとして維持する為には、エクシーズ素材を残しておく必要がありますが、その為には2000ものライフダメージを受ける必要があります…。
なので、基本的には、2ターン限りのアタッカーと捉えるべきでしょう。
一応、このライフダメージもコストではなく誘発効果による効果ダメージ扱いなので、マテリアルドラゴンがいれば2000ライフ回復する効果となります。
これら2体が揃えば、スタンバイフェイズ毎に2000ライフ回復してくれる、攻撃力3000のアタッカーとして運用する事ができます(笑

そしてもう一つ、このカードがフィールド上に存在する限り、自分はモンスターを特殊召喚できなくなるというデメリットもあります。
このデメリットもかなり辛いため、このカードを使う場合にはあらかじめ処理できる手段を用意しておくべきでしょう。ただ、融合素材や特殊召喚のためのコスト等にはできない点には気を付けたいです。
アドバンス召喚や水霊術-葵などのリリースにしたり、全体除去に巻き込んだりすると良いでしょう。
カタパルト・タートルでリリースするのも有効です。このカードを処理できる上に、1500もの効果ダメージを相手に与える事ができます。

ランク3の水属性エクシーズという事で、このカードはバハムート・シャークの効果で特殊召喚する事もできます。当然、バハムート・シャークの効果で呼びだせる中で最高のステータスを持っています。
しかし、エクシーズ素材が無い状態で特殊召喚される為、呼び出したところで攻撃もできず、ただのデメリットの塊でしかありません。
それを逆手に取り、素材の無いこのカードを強制転移などで相手に送りつけるという戦術を取る事ができます。
これによって、相手のモンスターを奪い、特殊召喚を封じた上でバーンダメージを与える事ができます!
バハムート・シャークの素材になれる上に強制転移とも相性が良いグリズリーマザーも一緒に入れておくといいでしょう。

ステータスは水属性の中でも最高クラスですが、デメリットが非常にきつく、扱いが難しいカードです。
使う場合には、自分の首を絞めてしまわないように注意する必要があります。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アーマー・カッパー

今回紹介するカードは、アーマー・カッパーです。
初の水属性・ランク2のエクシーズモンスターです。


アーマー・カッパー

アーマー・カッパー
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/サイキック族/攻 400/守1000
レベル2モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力または守備力を1000ポイントアップする。
また、自分フィールド上のモンスターが戦闘を行うバトルステップ時に、
手札を1枚捨てて発動できる。
このターン、自分フィールド上のモンスターは戦闘では破壊されず、
戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
「アーマー・カッパー」のこの効果はデュエル中に1度しか使用できない。



久々に登場したランク2のエクシーズモンスター。
ステータスは低いですが、1ターンに1度、エクシーズ素材を1つ取り除くことで自身の攻撃力または守備力を1000ポイントアップする効果を持っています。
この効果を使えば、低いステータスを補う事ができます。しかもこの補正は永続的に適用されるので、重ね掛けが可能です。
どちらに振るか、状況に応じて使い分けると良いでしょう。
ちなみに2回共攻撃力に振れば攻撃力は2400、守備力に振れば守備力が3000となります。

あともう一つ、自分フィールド上のモンスターが戦闘を行うバトルステップ時に手札を1枚捨てる事で、このターン、自分フィールド上のモンスターは戦闘では破壊されなくなり、戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージを0にするという効果も持っています。
言うなれば和睦の使者を内蔵した様な効果です。
1つ目の効果を一度使っただけではまだステータス的には頼りないですが、この効果で戦闘破壊から守る事で、次のターンにもう1度ステータスを上昇させる事ができます。
こちらの効果はエクシーズ素材が無い状態でも使用する事ができます。つまり、バハムート・シャークの効果で特殊召喚した場合でも問題なく効果を使えるのです!
ちなみにこのカードは、バハムート・シャークの効果で呼べる初のランク3以外のエクシーズモンスターでもあります。
ただしこの効果はデュエル中に1度しか使用できないという制約があります。なので使うタイミングには気を付けたいです。
この効果は手札コストを要しますが、エクシーズモンスターにおいて、能動的に自分の手札を捨てることができる効果は何気に貴重です。
手札に捨てたいカードがある時等にはエクシーズ先の選択肢に入るでしょうか。

ランク2というのは、水属性でも特にエクシーズ召喚を狙いやすいランクです。
【氷結界】では展開力に優れる伝道師がレベル2なので、特殊召喚効果などを駆使して2体並べる事でエクシーズを狙えます。
他にも術者水影御庭番がレベル2です。
【ガエル】においては、ガエルに属するモンスターの多くがレベル2であり、鬼ガエル粋カエルの存在もありエクシーズできる機会は多いでしょう。
【魚族】ではリクルーターの素早いマンボウがレベル2です。素早いアンコウのリクルート効果からエクシーズを狙う事もできます。
ただ、単体だと攻めではダイガスタ・フェニクスに、守りではガチガチガンテツに劣るので、いくら属性が同じとはいえこれらのランク2と比べると優先度は落ちるでしょう・・・。
また、種族面でのシナジーが【水属性】とは皆無なのも辛いです。水属性のサイキック族モンスターは、パンダボーグに続いてこのカードが2体目です。

特筆すべき点は、深海のディーヴァから海皇の重装兵をリクルートして即エクシーズできる上に、効果発動時に素材となっている重装兵を取り除くことで、その効果を発動させることができる点です!
このカードが存在しなかった頃は、重装兵を水属性エクシーズの素材にし効果を発動するには、レミューリア等でレベルを変更させてからランク3以上の水属性エクシーズの素材にしなければなりませんでしたが、このカードのおかげでその手間なしに効果を使えるようになりました。
ディーヴァから重装兵をリクルートしたり、また重装兵2体を通常召喚したりと、重装兵をエクシーズ素材にし易いです。
水属性のエクシーズモンスターには除去効果持ちのものが1体もいないので尚更ありがたいです。重装兵の効果は相手の場の表側表示のカード1枚を破壊する効果であり、特に使う機会は多いです。
更に、2つ目の効果についても、手札コストとして海皇のモンスターを捨てる事によって、それらの効果の発動トリガーにできます!
なので、海皇を使用するデッキ、特に重装兵やディーヴァを採用する場合には是非エクストラデッキ入れておきたい一枚です。

このカードは、第2期に登場した通常モンスターのサイコ・カッパーをリメイクしたカードだと思われます。
名前が似ているのに加えて、属性・攻撃力・守備力が一致しており、あちらがレベル2なのに対しこちらはランク2という点も共通しています。
当然、サイコ・カッパーをエクシーズ素材にしてこのカードを出す事もできます。
ただ、種族については、あちらが水族なのに対しこちらはサイキック族となっています。
これは、サイコ・カッパーのテキストにあった「いろいろな超能力を使う」という設定によるものだと思われます。当時はサイキック族が存在しなかったため、他のカッパのモンスターと同じように水族になっていたのでしょう。
サイコ・カッパーのフレイバーテキストは「いろいろな超能力を使い、攻撃のダメージを防ぐカッパ」とありましたが、このカードは実際に2つの効果を使う事によって、相手からの攻撃のダメージを防ぐ事ができます。

重装兵の効果を活用できる初の水属性・ランク2のエクシーズモンスターという戦略的な価値に加えて、初期の通常モンスターのリメイクという面も持っている面白いカードだと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

【水属性フルモンスター・2】

以前組んだ【水属性フルモンスター】を、LTGYのカードを入れた上で組み直してみました。


合計40枚
【モンスター40枚】
氷霊神ムーラングレイス×2 海皇龍 ポセイドラ×2 瀑征竜-タイダル×3 氷帝メビウス シー・ランサー ドラゴン・アイス 深海の怒り アームズ・シーハンター アビス・ソルジャー×3 海皇の竜騎隊×3 水征竜-ストリーム×2 水精鱗-アビスタージ 水の精霊アクエリア 海皇の狙撃兵×3 真海皇 トライドン×2 深海のディーヴァ×3 フィッシュボーグ-アーチャー 海皇の重装兵×3 鬼ガエル×2 フィッシュボーグ-プランター 黄泉ガエル×2 粋カエル

【エクストラ15枚】
氷結界の龍 グングニール×2 ブラック・ローズ・ドラゴン A・O・J カタストル 幻獣機 ドラゴサック No.11 ビッグ・アイ 水精鱗-ガイオアビス 交響魔人マエストローク バハムート・シャーク No.17 リバイス・ドラゴン No.30 破滅のアシッド・ゴーレム No.47 ナイトメア・シャーク 水精鱗-アビストリーテ アーマー・カッパー ガチガチガンテツ



一部まだ持っていないカードもありますが、理想としてはこのような形です。
前回はエクストラデッキのモンスターも全て水属性で統一していましたが、今回はその縛りは無くしました。
新規のカードの中では、やはりタイダルの存在が大きいです。いかにして早くプランター等のキーカードを墓地へ送るか、というこのデッキの課題の一つを上手く克服してくれています。海皇を捨てる事で更にアドバンテージを稼げるのもポイントです。
また、2600の打点で特殊召喚できる点も大きな魅力です。墓地からの蘇生や特殊召喚に要する除外コストによって、ムーラングレイスの特殊召喚条件を満たすための墓地枚数の調整も行いやすくなりました。
このデッキならばどちらの効果もコストに困る事が少なく、タイダルは一躍このデッキのキーカードとなりました!
ポセイドラをリクルートできるトライドンの存在も大きいです。これによって、ポセイドラを複数枚投入する価値も出てきました。
もちろん、タイダルやポセイドラからランク7のエクシーズに繋げる事もできます。

エクストラデッキにはランク3やランク4のエクシーズを入れていますが、ほとんど出す事がありません(笑
このデッキでよく出せるのは、ランク2ランク7です。
なので、ランク3や4を削って、ランク2や7を増やそうとも考えています。特にアーマー・カッパーは複数枚積んでみたいです。
また、シンクロについてはレベル4やレベル6のシンクロを入れようかと検討しています。

このデッキはなかなかいい動きをする事があり、使っていて楽しいです。ただ、征竜や暗黒界など、一部のデッキ相手には厳しいですが…。
また、マクロコスモス等の次元系のカードを使われたり、ショックルーラーによってモンスター効果を封じられるとひとたまりもありません。これらとの相性は最悪なので、使われた場合は諦める他ないでしょう(汗

これからも改良を重ね、使っていきたいデッキです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

闇のデッキ破壊ウイルス

今回は久々に、【氷結界】にとって天敵となり得るカードを紹介します。


闇のデッキ破壊ウイルス

闇のデッキ破壊ウイルス
通常罠
自分フィールド上に存在する攻撃力2500以上の闇属性モンスター1体をリリースし、
魔法カードまたは罠カードのどちらかの種類を宣言して発動する。
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード、相手の手札、相手のターンで数えて
3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、宣言した種類のカードを破壊する。



「ウイルス」シリーズの1つである罠カードの闇のデッキ破壊ウイルスです。
闇属性専用のサポートであり、魔法・罠を破壊する効果とピーピング効果を持っています。

発動には攻撃力2500以上の闇属性をリリースする必要がありますが、【暗黒界】におけるグラファや【ヴェルズ】におけるオピオンなど、闇属性のデッキの切り札には、比較的容易に出せる上にこのカードのコストにできるモンスターは多いです。
また、低攻撃力の闇属性モンスター攻撃力を強化して、リリースコストにする事もできます。暗黒界の門の発動下ならば元々の攻撃力が2200以上の闇属性・悪魔族モンスターを、ダークゾーンの発動下ならば攻撃力2000以上の闇属性をリリースできるようになります。
【炎星】などの獣戦士族のデッキならば、炎舞の発動下でブルー・セイリオスをリリースする事ができます。また、この点は同カードの値段跳ね上がる一因となっています(汗

魔法カードによって多大なアドバンテージを得ることができるようになった【魔導】に対するメタとして注目されたカードで、現在はメインから投入されているという話をよく聞きます。
このカードは、モンスターだけでは貧弱で、どうしても魔法・罠に頼らざるを得ない【氷結界】にとっても、強烈に刺さります
特に、魔導と同じく魔法カードを指定されると壊滅状態に陥ってしまいます・・・。
【氷結界】は、専用サポートの紋章三方陣をはじめ、浮上サルベージなど、その戦術や展開を魔法カードに依存している部分が非常に多いです。そんな中で魔法を封じられてしまうと、本当にどうしようもありません・・・。
氷結界には、封魔団の様に魔法カードに対して対抗できるカードはいるものの、罠カードに影響を及ぼすカードは、その発動回数を制限する交霊師位しか存在しません。
舞姫の効果でバウンスしようにも、このカードはフリーチェーンの罠カードなので、確実に発動されてしまうでしょう。
防ぐ手段がかなり限られてくる点も、このカードの強さの一因なのです。

効果は、攻撃力2500以下の闇属性を1体をリリースして魔法または罠カードのどちらかの種類を宣言し、こちらの場に存在する魔法・罠カード、こちらの手札、そしてこちらのターンで数えて3ターンの間に相手がドローしたカードを全て確認し、宣言した種類のカードを破壊するという極めて凶悪なものです。
3ターンもの間、指定された種類のカードが封じられたも同然となってしまいます。
また、このカードとリリース要員を複数枚確保する事で重ね掛けを行う事ができ、魔法と罠の両方を封じられてしまう事もあり得ます。

このカードによる恐怖は、魔法や罠を封じられる事に留まりません。
ピーピングによってこちらの手札や伏せカードが全て筒抜けになってしまうため、対策を取られやすくなってしまいます。
それだけでなく、手札のカードをピーピングしてからマインドクラッシュによって確実にハンデスを行うという強力なコンボも存在します。マインドクラッシュは今回の改訂で無制限になった事も、このコンボの強力さに拍車を掛けています。
また、このカードでリリースできるモンスターは全て、魔のデッキ破壊ウイルスでもリリースする事ができます。そのため、このカードと魔のデッキ破壊ウイルスを重ね掛けされ、こちらの魔法や罠だけでなくモンスターまでもがズタズタにされてしまうという事も考えられます。

このカードと同じ「ウイルス」カードである死のデッキ破壊ウイルスは、現在禁止カードに指定されています。
一方、このカードや魔のデッキ破壊ウイルスは、現在無制限です。
死のデッキ破壊ウイルスが禁止になった理由としては、他の2枚と比べてリリースコストの確保が容易な点や、魔のデッキ破壊ウイルスよりも落とせるモンスターの範囲が広い点が挙げられるでしょう。
ただ、いずれも「相手のカードをピーピングし、特定のカードを破壊する」という点では共通しており、リリースや対象の違いこそあれど、カードパワー自体は大差ない気がします。
デッキによっては、現在禁止の死のデッキ破壊ウイルス以上に、このカードや魔のデッキ破壊ウイルスの方が刺さるという事もあるでしょう。

実際に、このカードによる影響力は大きく、【魔導】は思う様に大会で結果を残せていないようです。
逆に、このカードをメインで投入しなければならない程に、【魔導】のアドバンテージの取り方は強力なのだという風に取る事もできます。
そんな環境の変化によって注目を集めたのがこのカードなのです。
また【魔導】以外にも刺さるデッキは多く、【氷結界】も決して例外ではありません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

霧の王

今回紹介するカードは霧の王です。「キングミスト」と読みます。
「ザ・ヴァリュアブル・ブック10」の付属カードとして登場したカードであり、VB付属の中では珍しい水属性のモンスターです。


霧の王

霧の王
効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードを召喚する場合、生け贄1体
または生け贄なしで召喚する事ができる。
このカードの攻撃力は、生け贄召喚時に生け贄に捧げた
モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
いかなる場合による生け贄も行う事ができなくなる。



最上級モンスターながら、生け贄(リリース)1体または生け贄(リリース)なしで通常召喚できる効果を持ったカードです。
また、このカードの攻撃力は、生け贄(リリース)にしたモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になります。
したがって、多くのモンスターを生け贄(リリース)にした方が攻撃力が高くなりやすく、逆に生け贄(リリース)なしで通常召喚した場合は、攻撃力は0となります…。
特殊召喚した場合も、やはり攻撃力は0のままです。

このカードの魅力は、レベル7の最上級モンスターであるにも関わらず生け贄(リリース)なしで場に出せる点です。
そのため、手札に来ても事故になりにくいです。
また、特殊召喚の制限も無いため、グリズリーマザーの効果でリクルートしたり、リミット・リバースで蘇生したりする事ができます。
召喚のしやすさに加えて、特殊召喚手段が豊富な点も、このカードの大きな魅力です。
もちろん、墓地に落ちた場合にはサルベージで回収する事もできます。
ただ、生け贄(リリース)なしで召喚した場合は攻撃力0である点や、生け贄(リリース)なしでセットはできない点には気を付けたいです。
このカードはレベル7の水属性という事で、アトランティスによってレベル6となりますが、上記の様に単体で生け贄(リリース)を軽減する効果を持っているため、その恩恵は無きに等しいです(笑

このカードの使い道として一番に挙げられるのは、ランク7のエクシーズ素材でしょう。
「場に出しやすいレベル7」という事で、このカードはランク7のエクシーズに繋げるのに適任です。
現在、ランク7のエクシーズには素材縛りの無いものの他に、魔法使い族の素材指定のある魔導法皇 ハイロンや水属性の素材指定のある水精鱗-ガイオアビスが存在します。
このカードはレベル7・水属性・魔法使い族というステータスであるため、今のところ全てのランク7のエクシーズの素材にする事ができます。同様の条件に該当するカードには他に氷結界の交霊師が存在します。
地獄の暴走召喚を使うことで、3体を場に並べる事も可能です。この場合、レベル7モンスター3体の素材指定のあるラッキー・ストライプも出せます。
また、デブリ・ドラゴンの効果で墓地から釣り上げる事で、星態龍のシンクロに繋げる事もできます。

あともう一つ、このカードはフィールド上に表側表示で存在する限り、お互いのあらゆる生け贄(リリース)を封じる効果を持っています。
言うなれば、生贄封じの仮面を内蔵している様なものです。
この効果は、アドバンス召喚など、リリースを主体とする相手に対して刺さるでしょう。
ただ、このカードは基本的には攻守0であり、場持ちが非常に悪い点には注意が必要です。立たせていても、攻撃力0ならば簡単に戦闘破壊されてしまいます…。

征竜などの出しやすいレベル7モンスターや、ドラゴサックなどの強力なランク7エクシーズが増えた事によって注目され始めたカードです。
水属性にとっても、ガイオアビスのエクシーズ素材の有力候補となり得るでしょう。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アーマード・スターフィッシュ

今回紹介するのはアーマード・スターフィッシュです。
大波小波のイラストに描かれているモンスターの一体です。


アーマード・スターフィッシュ

アーマード・スターフィッシュ
通常モンスター
星4/水属性/水族/攻 850/守1400
表面がかたく守備力が比較的高い、青っぽいヒトデ。



初期のvol.3で初登場した通常モンスターです。
攻撃力は850という、何とも中途半端な数値です(笑
その攻撃力値から、奈落の落とし穴落とし穴には掛かりませんが、連鎖除外には掛かってしまいます。

このカードはデッキからはグリズリーマザーシャーク・ザ・クルーレスキューラビットサモンプリーストといったモンスターの効果でリクルートする事ができます。
特にレスキューラビットの効果で2体リクルートすれば、そこからランク4のエクシーズに繋げる事ができます。このカードは水属性なのでバハムート・シャークスノーダスト・ジャイアントの素材にもなれます。
墓地に行った場合は思い出のブランコ正統なる血統、ダイガスタ・エメラルの効果で蘇生したり、サルベージ闇の量産工場で回収したりする事ができます。
フィールド上に存在するこのカードを、戦線復活の代償のコストにする事もできます。

最近登場したスターフィッシュとは属性・種族が一致しています。
ステータスを比較してみると、「アーマード」なだけあって、攻守の値が共にあちらよりも高いです。また、レベルも高いです(もっとも、スターフィッシュは自身の効果でレベル4になる事ができますが)。
こちらは通常モンスターのサポートを受けられるのに対し、あちらはレベル3以下のサポートを受ける事ができます。
受けられる水属性や水族のサポートの量はあちらの方が多く、相対的な使い勝手ではあちらに劣ってしまうでしょう…。
また、あちらは(カードイラストのものは)赤い色をしているのに対し、こちらは青っぽいです。

テキストには、「守備力が比較的高い」とあります。
確かに攻撃力と比べると守備力の方が高いですが、この守備力ではリクルータークラスの攻撃しか防げません。
ただ、登場当時の下級モンスターの中では比較的高い守備力値だったようです。

通常モンスターのヒューマノイド・スライムは、攻撃力こそ50劣るものの、上記の全ての点がこのカードと一致しており、更にヒューマノイド・ドレイク融合素材にもなれます。
守備力も2000と、「比較的」どころか下級通常モンスターとしては十分高いため、あちらの方が優先順位は高いでしょう。
したがって、たとえステータス面で価値を見いだせたとしても、このカードはせいぜい「4枚目以降のヒューマノイド・スライム」というポジションでしょう…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

スターフィッシュ

今日紹介するカードはスターフィッシュです。


スターフィッシュ

スターフィッシュ
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻 300/守 300
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動できる。
自分フィールド上の全ての「スターフィッシュ」のレベルを1つ上げる。



アニメ遊戯王ZEXAL IIにてシャークが使用したモンスターカードです。
レベルを変動させる効果を持ってるものの、作中では使用されませんでした。
また、アニメでは3体登場した際にソリッドビジョンでは、イラストと同じ色のものの他に青色のものと緑色のものが現れていました。

1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に自分フィールド上の全ての「スターフィッシュ」のレベルを1つ上げる効果を持っています。
この効果は自身にも及ぶため、単体でもレベル3と4を使い分ける事ができます。エクシーズやシンクロのレベル調整に役立つでしょう。
トライポッド・フィッシュと同じように「浮上に対応するレベル4モンスター」という風にみなす事ができます。
あちらは蘇生した時にしかレベルを上げれないのに対し、こちらはメインフェイズ時ならいつでもレベルを上げる事ができます。なので効果の使い勝手はこちらの方が格段に上でしょう。
ただ、あちらは他のモンスターのレベルを上げる事もできるのに対し、このカードは同名カードしかレベルを上げる事ができません。
似てはいるものの用途は微妙に異なるため、デッキによって両者を使い分けていきたいです。

300という低い攻撃力から、デブリ・ドラゴンに効果で蘇生する事ができます。
そこから、グングニール等のレベル7のシンクロに繋げる事ができます。
ただし、デブリの効果で蘇生したこのカードの効果は無効になっているため、レベルアップ効果を使用する事はできません。この点は、トライポッド・フィッシュも同様です。
ただ、場にいる他のスターフィッシュの効果でレベルを上げる事はできます。

2体並べばランク3か4のエクシーズを、3体を並べれば、ランク3から5のエクシーズを狙う事ができます。特に3体並んだ場合には、3体の素材指定のあるエクシーズも出す事ができます。
また、このカードは水属性なので、ブラック・レイ・ランサースノーダスト・ジャイアントバハムート・シャークといった水属性の素材指定のあるエクシーズも出せます。
レミューリアタンホイザーゲートを使えば、より高ランクのエクシーズを狙う事もできます。
このカードを3体並べる方法としては、地獄の暴走召喚が有効でしょう。暴走召喚の発動トリガーとしては、浮上やハンマー・シャークによる特殊召喚を利用できます。

このカードはシャークの使用カードとしては、ドリル・バーニカル以来となる水族モンスターです。
これまでのシャークの使用モンスターは魚族のものが多かったため、特に魚族のサポートを入れている場合には注意が必要です
名前に「フィッシュ」と付いてはいますが、「スターフィッシュ」はヒトデの意です。

レベル3主体のデッキにおいて、ランク4以上のエクシーズを狙うのに使えるカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

青氷の白夜龍

今回紹介するカードは、青氷の白夜龍です。
水属性・ドラゴン族の最上級モンスターです。


青氷の白夜龍

青氷の白夜龍
効果モンスター
星8/水属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードを対象にする魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する。
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが攻撃対象に選択された時、
自分フィールド上に存在する魔法または罠カード1枚を墓地に送る事で、
このカードに攻撃対象を変更する事ができる。



レベルや攻守の値やイラスト、そして名前から、かの青眼の白龍を意識してデザインされたと思われる水属性モンスターです。
初出はアニメ遊戯王GXで、明日香が使用したカードです。

このカードは、自身を対象にする魔法・罠カードの発動を無効にし破壊する効果を持っています。
そのため、実質対象を取る魔法・罠カードに耐性を持っていると言えます。特に強制脱出装置次元幽閉などを気にせずに運用できる点は評価できます。
ただしこの効果は強制効果であり、装備魔法など自分が発動する、このカードを対象にした魔法・罠の発動も無効にし破壊してしまう点には注意が必要です。

あともう1つ、自分の場に表側表示で存在するモンスターが攻撃対象に選択された時、自分の場の魔法または罠カード1枚を墓地に送る事で、このカードに攻撃対象を変更する事ができるという効果も持っています。
この効果を使う事で、低攻撃力のモンスターを戦闘から守る事ができます。コストには、手札に腐ってる魔法・罠を使うといいでしょう。
このカードと魔法・罠を同時に用意できれば、相手の攻撃を躊躇わせる事ができるでしょう。
ただ、相手による伏せカード除去には気を付けたいです。

このカードはレベル8の最上級モンスターであり重いですが、サポート手段は豊富です。
手札からはレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン竜魔人 キングドラグーンコドモドラゴンの効果で、墓地からはレダメや竜の転生や竜魔人 クィーンドラグーンの効果で特殊召喚する事ができます。
水属性のサポートならば、大波小波によって手札から特殊召喚できます。他にも異次元海溝によって特殊召喚したり、ヒゲアンコウによってリリースを軽減してアドバンス召喚する事もできます。
また、水属性・ドラゴン族という事で、瀑征竜-タイダルが除外された場合に発動する効果によってサーチする事ができます。
手札に来たこのカードは、トレード・インのコストにして手札交換する事もできます。

「氷の龍」という事で、【氷結界】に入れてみるのも面白いかもしれませんが、共有できるサポートが少ないので、事故要因になる可能性が高いです(汗
打点不足を補えるという、魅力的な部分もあるのですが。

このカードは、初登場した時点で水属性モンスターの中で最高の攻撃力を持っていました。と同時に、水属性モンスターとしては初めて、3000台の元々の攻撃力を持つモンスターでもありました。
そして、アシッド・ゴーレムが登場するまでの長い間、水属性モンスターの中で最高攻撃力を持つモンスターとして単独トップを誇っていました。
現在は、イビリチュア・ジールギガスに水属性最高の攻撃力の座を明け渡しています。

前述の様にこのカードはアニメで明日香が使用したカードであり、明日香が使用したカードの中では唯一の水属性です。漫画版の明日香の使用カードには水属性が多いですが、アニメ版ではこのカードのみです。
しかし、アニメでのこのカードは水属性ではなく闇属性でした。つまり、OCG化に際して水属性に変更されたのです。
このカードはLEで初登場したカードでしたが、明日香が参戦したDT7弾にて再録されました(上の画像は再録時のもの)。また、DTの再録枠にラインナップされた水属性は、このカードとペンギン・ナイトメアが初でした。
余談ですが、そのペンギン・ナイトメアも、アニメで初登場した時には水属性ではなく風属性だったのが、OCGで水属性に変更されたという、このカードと同じような経緯を持ってます。
それにしても、アニメでは水属性ではなかったカードがOCGで水属性に変更される事があったとは…この頃は良かったです。最近のアニメで登場したあんなカードこんなカードは、水属性に変更される事の無いままOCG化されているというのに…。

水属性にあって、青眼の白龍を意識した様なカードという事で気に入ってる1枚です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ビッグ・ホエール

今回紹介するカードはビッグ・ホエールです。
遊戯王ZEXAL IIにてシャークが使用したカードです。


ビッグ・ホエール

ビッグ・ホエール
効果モンスター
星9/水属性/魚族/攻1000/守3000
このカードがアドバンス召喚に成功した時、
このカードをリリースして発動できる。
デッキからレベル3の水属性モンスター3体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。



レベル9・水属性・魚族のモンスター。レベル9の水属性モンスターは、禁止カードになったトリシューラ以来の2体目になります。
地球上でも特に巨大な生物であるクジラがモチーフ(外見は具体的には「マッコウクジラ」がモチーフだと思われます)で、更に名前に「ビッグ」と付いているにも関わらず、攻撃力は1000と非常に低いです(笑
この低攻撃力のおかげで奈落の落とし穴に落ちませんが、このカードはアドバンス召喚時に発動できるモンスター効果を持っているため、大した利点にはなりません
攻撃力は下級並の数値なのに対し、守備力の方は3000と高いです。この値は、魚族の中で最高の守備力にあたります。

このカードは、アドバンス召喚成功時に、自身をリリースする事でデッキからレベル3の水属性モンスター3体を特殊召喚するという効果を持っています。
デッキからモンスターを3体も展開できるので、そこからランク3のエクシーズやレベル6や9のシンクロに繋げる事ができます。
ただし、このカードの効果はアドバンス召喚成功時にしか効果が発動しないのが最大のネックです。特殊召喚時や、リリース無しで通常召喚した場合には効果を発動できません。
また、バブル・ブリンガーと同様に特殊召喚したモンスターの効果は無効化されるという点も辛いです・・・。
ただ、攻撃に関する制限は無いので、呼び出したモンスター3体で総攻撃をかけるという事はできます。

このカードを使う際の問題は、「アドバンス召喚」そのものの重さに他なりません。
レベル9のこのカードをアドバンス召喚するには、2体のモンスターをリリースしなければなりません。これは非効率的な上に、手札に来た場合には事故要因になり得ます。
また、リリースを確保できたとしても、フィールド上にいる2体のモンスターを維持した方が良い、というケースもある事でしょう。
このカードをアドバンス召喚し、効果を使った場合、元々のフィールドと比較して1枚分モンスターが増える事になりますが、アドバンス召喚分の消費を考えると、アドバンテージを取れているとは言い難いです(汗
ヒゲアンコウをリリースすれば、1体のリリースでアドバンス召喚できるため、カードの消費を補う事ができます。
しかし、水属性・魚族の最上級モンスターには、このカード以上にデッキからモンスターを展開できる超古深海王シーラカンスが存在します。
あちらはヒゲアンコウもリクルート対象に含まれており、しかもアトランティスの効果でリリースを軽減する事までできます。
よって、魚族が多めのデッキであれば、あちらの方が大きく優先されるでしょう・・・。

その攻撃力の低さから、最上級モンスターでありながらサルベージで回収したり、グリズリーマザーの効果でリクルートしたりする事ができます。
ただ、グリズリーマザーからリクルートした場合には効果は発動できないため、できる事はせいぜい守備力3000の壁モンスターとしての運用位です。
同様の運用は、通常モンスターのネオアクア・マドールでも可能です(汗

氷結界では風水師決起隊守護陣破術師の4体をリクルートできます。
自分の場に他のモンスターがいる時に効果を発揮できるものが多いですが、前述のように効果は無効化されるため、十分に活かす事はできません・・・。
エクシーズやシンクロに繋げる手段としても、他にもっといい選択肢がある事でしょう。

アニメ版では、「召喚成功時に裏側守備表示のモンスターを表側守備表示に変更する」効果と、「1ターンに1度だけ手札のレベル4以下の水属性モンスター1体を特殊召喚できる」効果を持っていましたが、それらの効果は無く、全く別の効果になっています。
OCG版での効果自体は、作中においてこのカードに対して使用された魔法カード・スリー・スライスのものを踏襲していると思われます。
(ビッグ・ホエールに対して使用した場合の)スリー・スライスの効果は、同名のレベル3の水属性モンスター3体を、効果を無効化してデッキから特殊召喚する効果だったため、アニメ版のスリー・スライスに比べれば、このカードの効果は強化されていると言えるでしょう。

スケールの大きい最上級モンスターであるにも関わらず、とにかく使い辛さが目立つカードです。
このカードを使う際にネックとなる「アドバンス召喚成功時にしか効果を使えない」点か「特殊召喚したモンスターの効果は無効化される」点のどちらか一方でも改善されていれば、まだ使えたかもしれないと思えるだけに残念です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水征竜-ストリーム

今回紹介するカードは、水征竜-ストリームです。


水征竜-ストリーム

水征竜-ストリーム
効果モンスター
星4/水属性/ドラゴン族/攻1600/守2000
ドラゴン族または水属性のモンスター1体と
このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「瀑征竜-タイダル」1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
「水征竜-ストリーム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。



スペシャルカードプレゼントキャンペーンで配布された、水属性・ドラゴン族の下級モンスターです。
自身とドラゴン族または水属性のモンスター1体を手札から捨てる事で、同じ属性の上級の征竜である瀑征竜-タイダル1体をデッキから特殊召喚する効果を持っています。イラストもタイダルを小型化したような感じです。
ただし、この効果で特殊召喚したタイダルは攻撃できず、このカードの効果は1ターンに1度しか使用できないというデメリットがあります。

このカードの効果は、ドラゴン族または水属性1体を手札コストにして発動します。
なので、手札コストとして海皇のモンスターを捨てた場合、それらの効果を使う事ができます!
この効果で特殊召喚したタイダルは攻撃はできないものの、次の相手のエンドフェイズ時まで生き残っていれば手札に戻るので、疑似的にサーチできると捉える事もできます。
この効果でリクルートしたタイダルを除外して、タイダルが持つ水属性・ドラゴン族のサーチ効果を発動させるのも手です。
タイダルが墓地に行ったとしても、今度はタイダル自身の効果による特殊召喚を狙えます。
また、このカードによる特殊召喚もタイダルの効果による特殊召喚も、共に1ターンに1度しか使用できないものの、このカードとタイダルの効果をそれぞれ1ターンに1度ずつ使う事で、タイダルを2体並べる事ができます!
この場合攻撃できるのは1体だけですが、2体でランク7のエクシーズ召喚に繋げる事ができます。
特にタイダルは水属性なので、ガイオアビスもエクシーズ先の選択肢に入ります。

タイダルが先手札に来た場合は腐ってしまいがちですが、単体でも守備力2000の壁要員として運用できる事でしょう。
ただ、サルベージには対応していないので、墓地や手札のカードと相談した上で効果を発動したいです。
一度使い終わった後には、タイダルの特殊召喚効果のコストにするといいでしょう。

「素早くタイダルを出したい!」という場合には重宝するカードだと思います。
コストとして海皇のモンスターを捨てる事で更にアドバンテージを稼げる点も評価できます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

リチュア・ナタリア

今回紹介するカードはリチュア・ナタリアです。
「リチュア」の下級モンスターを取り上げるのは、これが初めてです。


リチュア・ナタリア

リチュア・ナタリア
スピリットモンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1800/守 900
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが召喚・リバースした時、
自分の墓地の「リチュア」と名のついたモンスター1体を選択して
デッキの一番上に戻す事ができる。



リチュアに属するスピリットモンスター。
デュエルターミナル出身のスピリットモンスターとしては、氷結界の神精霊リチュア・エミリアに続く3体目です。
攻撃力は1800と高めであり、リチュアの下級モンスターとしては、リチュア・チェインに並ぶ下級アタッカーです。

このカードは、スピリット共有の効果の他に、召喚・リバースした時に自分の墓地のリチュア1体を選択してデッキの一番上に戻す事ができる効果を持っています。
墓地のカードを再利用できる効果ですが、デッキトップに戻す効果であるため、選択した使えるようになるのは基本的に次のターンという事になります。
リチュアでは墓地のカードの再利用は重要ですが、このカードの効果は召喚権を消費してしまう上に再利用できる速度が遅いため、優先度は低いと言わざるを得ません…。
しかもエンドフェイズ時には手札に戻ってしまい、フィールドアドバンテージを失ってしまいます。
墓地のカードの再利用ならば、シャドウ・リチュアヴィジョン・リチュアリチュア・ビーストといった主要なリチュアを2枚回収できるサルベージが存在します。
このカードの効果を活かすならば、イビリチュア・リヴァイアニマイビリチュア・ジールギガスのドロー効果や、リチュア・ディバイナーデーモンの宣告の効果と組み合わせるべきでしょう。
ただ、同じくこれらのカードと相性の良いリチュア・アバンスと比較すると、墓地にリチュアがいないと効果が使えない点、サルベージに対応しない点で劣ります。

このモンスターのイラストの装飾の一部が氷結界のシンボルに似ていると、前から話題に挙がる事がありました。
そして「デュエルターミナル マスターガイド」では、元氷結界所属の術師で、トリシューラ解放派の家系に属していたという設定が明らかになりました。
トリシューラの解放前に、氷結界の内部抗争を止めたいという想いでノエリアと共にトリシューラに代わる戦力を探していたそうです。
そこでインヴェルズの儀式召喚を試みるも、失敗し命を落としてしまったとの事です。
彼女はアバンスの母親であり、幼い息子を残して死んだ無念からか、その思念は世界に留まっているという設定です。このカードがスピリットモンスターとして登場したのは、この設定を踏まえての事でしょう。
アバンスと同じ剣を持っている事や氷結界を思わせる装飾があったりと、初めから設定を考慮した上でデザインされた可能性は高いです。
それにしても、ナタリアが命を落としたのはノエリアが「リチュア」を興す前なのに、なぜ氷結界ではなくリチュアの所属なのか…。おかげで、元氷結界所属にも関わらず【氷結界】とのシナジーは皆無です(笑
あと、彼女の氷結界でのポジションが気になります。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

A・ジェネクス・トライアーム

「A・ジェネクス」のシンクロモンスターであるA・ジェネクス・トライアームについて紹介します。


\A・ジェネクス・トライアーム

A・ジェネクス・トライアーム
シンクロ・効果モンスター
星6/闇属性/機械族/攻2400/守1600
「ジェネクス・コントローラー」+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードのシンクロ素材としたチューナー以外のモンスターの属性によって、
以下の効果を1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
●風属性:相手の手札をランダムに1枚墓地へ送る。
●水属性:フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
●闇属性:フィールド上の光属性モンスター1体を選択して破壊し、
デッキからカードを1枚ドローする。



レベル6・闇属性・機械族のエクシーズモンスター。
シンクロしやすいレベルではあるものの、チューナーにはジェネクス・コントローラーの素材指定があります。
尚、チューナーにジェネコンを指定するモンスターは、初期に登場した「ジェネクス」のシンクロモンスター以来です。間に登場した「レアル・ジェネクス」のシンクロや、他のA・ジェネクスのシンクロモンスターの素材指定は『「ジェネクス」と名のついたチューナー』になっていますが、何故かこのカードだけはジェネコンの指定に戻っています。
なので、ジェネコン以外のジェネクスのチューナーをデッキに入れる場合には、間違えないように気を付けたいです。
ジェネクス・コントローラー以外にも、スペア・ジェネクスA・ジェネクス・リモートリサイクル・ジェネクスの効果を使い、カード名を「ジェネクス・コントローラー」に変更する事で、このカードのシンクロ条件を満たす事ができます。

このカードはチューナー以外には素材指定がありませんが、素材としたチューナー以外のモンスターの属性によって、使用できる効果の選択肢が広がります。
このカードの素材にするメリットがある属性は、風属性水属性闇属性の3つの属性です。
逆に言えば、これら以外の属性のモンスターを素材にすると効果なしも同然となってしまうので、なるべくこれらの3属性の内のいずれかのモンスターとシンクロを行いたいです。

このカードは、素材としたチューナー以外のモンスターの属性によって、1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で発動できる効果を持っています。ちなみに、複数の属性のモンスターをシンクロ素材にした場合には、どれか1つの効果を選択して使用します。
風属性の効果はハンデス、水属性の効果は魔法・罠除去、そして闇属性の効果は光属性1体を破壊し1枚ドローする効果となっています。
特に目を引くのは闇属性を素材にした時の効果で、ドロー効果によって手札の消費を補う事ができます。対象が光属性に限定されているものの、ノーコストで単体除去を行える点も魅力です。また、この効果で自分の光属性モンスターを破壊する事もできます。

ジェネクスのシンクロモンスターには、同じレベル・属性で同じくジェネクス・コントローラーの素材指定があるハイドロ・ジェネクスが存在します。
あちらには水属性の素材指定がありますが、あちらをシンクロ召喚できる場合には、このカードもシンクロ召喚できるという事になります。
その状況でこちらをシンクロ召喚した場合には、魔法・罠1枚を破壊する効果を使えるようになります。
よって、相手の場に攻撃力2300~2400のモンスターが存在する時や、魔法・罠カードがある場合には、ハイドロ・ジェネクスよりもこちらの方が優先される事でしょう。

A・ジェネクス・ソリッドの記事で書いたように、デュエルターミナルマスターガイドによると、「A・ジェネクス」のモンスター達は、「A・O・J」に所属していた各部族の技術者によって開発されたという設定があります。
中には複数の部族の共同開発により開発されたものも存在し、このモンスターは「氷結界」と「霞の谷」の共同開発によるA・ジェネクスだそうです。
風属性と水属性が素材になった時に使える効果を持つ点からも、それが連想できます。
【氷結界】では、ジェネコンを投入し、レベル3(もしくはレベル1とレベル2を各1体ずつ)の氷結界とシンクロすれば、このカードを出す事ができます。
ちなみに、このカードは「氷結界」と「霞の谷」の共同開発との事ですが、氷結界と霞の谷の両方のチューナー以外のモンスターを素材にできる組み合わせは今のところ存在しません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

A・ジェネクス・ソリッド

A・ジェネクスの一体であるA・ジェネクス・ソリッドについて紹介します。


A・ジェネクス・ソリッド

A・ジェネクス・ソリッド
効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 500/守1200
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「ジェネクス」と名のついた水属性モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。



「A・ジェネクス」とは、「A・O・J」と「ジェネクス」が一つになった存在という設定です。
今まで明らかになっていたのはその設定位であり、DT世界の各部族との関係などのもう少し掘り下げた様な設定については語られていませんでした。
しかし、デュエルターミナルマスターガイドでは、A・ジェネクスのモンスター達も、「A・O・J」に所属していた各部族の技術者によって開発されたという事が明らかになりました。
A・ジェネクスにはそれぞれの特徴が反映されており、このカードは「氷結界」モデルだそうです。

このカードは、自分の場の水属性のジェネクス1体を墓地へ送り、デッキからカードを2枚ドローする効果を持っています。
2枚のドロー効果はなかなか有用ですが、このカードの最大の悩みは、対象となる水属性のジェネクスが少なすぎる点です。
現状ではジェネクス・ウンディーネハイドロ・ジェネクスわずか2体しか存在しません。
とはいえジェネクス・ウンディーネはジェネクスの中でも有用なカードであり、浮上に対応しているので、このカードと共に並べるのはそこまで難しくはないでしょう。
ただ、効果を使った後に残されるこのカード自身のステータスは非常に低い点には気を付けたいです。

水属性のジェネクスを使わずとも、A・ジェネクス・ケミストリDNA移植手術幻惑の巻物の効果によって自分のジェネクスを水属性に変更するというのも手です。
このカードもジェネクスに属するので、水属性に変更した自身を墓地へ送って2枚ドローするという事もできます。
地獄の暴走召喚機械複製術と併用して大量のドローを狙ったり、同じく場のモンスターを水属性に変更する戦術と相性の良い氷結界の決起隊や、E・HERO アブソルートZeroなどと一緒に使ってみるのも面白いでしょう。

このカードは水属性に関する効果を持つこと、また、登場時点でDTの水属性テーマは氷結界しか存在しなかった事から、前から「氷結界が開発に関わっているのではないか?」とは思っていましたが、公式でそれが確定しました。
しかし、水属性は水属性でも、「ジェネクス」と名のついた水属性を指定しているため、【氷結界】とのシナジーは皆無です(笑
このカードは「氷結界」タイプとの事ですが、フィールドアドバンテージと引き換えのドロー効果が、何となくブリズド武士の効果を彷彿とさせます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

A・O・J アンノウン・クラッシャー

今回紹介するカードはA・O・J アンノウン・クラッシャーです。


A・O・J アンノウン・クラッシャー

A・O・J アンノウン・クラッシャー
効果モンスター
星3/闇属性/機械族/攻1200/守 800
このカードが光属性モンスターと戦闘を行った時、
そのモンスターをゲームから除外する。



「A・O・J」に属する闇属性・機械族のモンスターです。
「A・O・J」は、ワームに対抗するために「X-セイバー」「氷結界」「フレムベル」「霞の谷」の4つの部族を中心に結成された"正義の同盟"という設定です。
A・O・Jに属するモンスター達は、それぞれの部族が対ワームのために開発・製造した兵器であり、中でもこのカードは、「氷結界」開発という設定だそうです。

効果は、光属性モンスターと戦闘を行った時、そのモンスターを除外するというものです。
戦闘を介する必要があるものの、除外による除去は強力です。
光属性のモンスターしか除外できませんが、DNA移植手術幻惑の巻物を使って相手モンスターの属性を光属性に変更すれば、どんなモンスターも除外できるようになり、活躍の幅が広がります。

このカードの場外効果が発動するタイミングは、ダメージ計算を行った後、破壊したモンスターが墓地に送られる前のタイミングです。なので、攻撃表示の時に光属性モンスターと戦闘を行った場合、相手のステータスの方が高ければ反射ダメージを受けてしまいます。
このカードが戦闘によって破壊されてしまう場合も効果は発動するものの、自爆特攻を行なったとしても、ある程度の戦闘ダメージは避けられないでしょう。
また、光属性にはオネストという強力な戦闘サポートが存在するため、たとえ低攻撃力のモンスターを殴りに行った場合でも、返り討ちに遭う可能性があります…。

同じ攻撃力で、どんなモンスターと戦闘を行った場合でも相手を除外できるモンスターに異次元の戦士が存在します。
除外できる範囲はあちらの方が遥かに広いため、戦闘による除外を目的にするならば、あちらの方が大きく優先されるでしょう…。
このカードが勝っている点は、自身は除外されない点でしょうか。
また、同じA・O・Jには、同じ属性・種族・レベル・攻撃力で、戦闘を行った場合に戦闘ダメージを受ける事無く光属性モンスターを除去できるA・O・J コアデストロイが存在します。
あちらが「破壊」なのに対してこちらは「除外」と、除去の質ではこちらの方が上ですが、使いやすさではあちらの方が上でしょう。
このカードを使う場合は、何とかしてこれら2体のモンスターを差別化を図りたいものです。
役割が似ているという点から、一緒に使うというのも手です。

このカードはマンモスの様な姿をしており、レベル・攻撃力・守備力がマンモスの墓場と一致しています。
意図しているのか、それとも全くの偶然なのか、気になるところです。

このモンスターは「氷結界」開発との事ですが、【氷結界】とのシナジーは全くといっていい程ありません(笑
ただ、【氷結界】にとって天敵となる大天使クリスティアへの対抗手段として入れておくと役立つかもしれません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。