サマーデイズ

今年の夏は終わりますが、このブログはほぼ毎日更新して駆け抜ける事ができました。

今年は自分の中では色んな意味で「激震」の夏でした。
WPでの神代兄妹の強化を待ちわびて、待てば待ったでNECHには神代兄妹どころか水属性が1体も収録されてなくて
新規の水属性の「影霊衣」が来たら来たで苦言を呈して
自分勝手に暴走気味で申し訳なかったです(汗
まぁ、これからもそんな風な流れが続くと思います(笑 今年の夏を通して、良くも悪くもこのブログの方向性が定まった気がします。

来年の夏は一体どんな夏になっているのでしょうか。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

裏ガエル

今回紹介するカードは、裏ガエルです。
「ガエル」に属するモンスターの1体です。


裏ガエル

裏ガエル
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 500/守 200
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードがリバースした時、自分フィールド上の
「ガエル」と名のついたモンスターの数まで、
相手フィールド上のモンスターを選んで持ち主の手札に戻す事ができる。



俗に言う「サイクル・リバースモンスター」の一種で、1ターンに1度だけ自身を裏側守備表示にできる効果を持っています。
これによって、サルベージで回収した時だけでなく、浮上サシカエル等の効果で特殊召喚した場合でも裏側表示で出せるのが有難いです。

リバースした時に自分の場のガエルの数まで、相手の場のモンスターを選んでバウンスできる効果を持っています。
自身もガエルなので、リバースすれば相手のモンスターを確実に1体はバウンスできます
黄泉ガエル鬼ガエルなど、ガエルを複数体展開しておけば、それだけ多くのモンスターをバウンスできます。
また、この効果はリバースした時に発動する効果ではあるものの、「リバース効果」ではありません。(現在の言い方にすれば、このカードは「リバースモンスター」では無いという事です)
メインフェイズにこのカードが残っていれば、自身の効果で裏側守備表示にする事で、リバース時の効果の再利用に繋げる事ができます。これこそがサイクル・リバースモンスターの最大の利点です。
バウンス効果を持ったサイクル・リバースモンスターには他に番兵ゴーレム等がいますが、それらの多くは反転召喚時にしか効果を発動しなのに対し、このカードはリバースした時ならいつでも効果を発動します。
他のサイクル・リバースモンスターと比べてステータスが低いのが欠点ですが、それを持って余りある程の性能と言えるでしょう。

水属性で、リバース時にバウンス効果を発動する効果を持つカードとして、他にペンギン・ソルジャーペンギン・ナイトメア爆風トカゲが存在します。
爆風トカゲはこのカードと同じく相手の場のモンスターをバウンスする効果を持っていますが、枚数が1体に固定されており、またこのカードとは違いリバースモンスターです。
ペンギン・ソルジャーとペンギン・ナイトメアは、このカードとは属性だけでなく種族も一致しています。
ペンギン・ソルジャーはレベルも同じであり、無条件で2体までバウンスできますが、リバースモンスターである点と、自分のモンスターもバウンスできる点がこのカードとは異なります。
ペンギン・ナイトメアはこのカードと同じく「リバース時に発動する効果を持っているが、リバースモンスターではない」カードです。あちらはバウンスできる枚数は1枚で固定されていますが、持ち主や種類を問わずにフィールド上のカードをバウンスできます。
皆違った特徴を持っているので、ガエルではなくこれらの水属性と組ませてみるのも面白いかもしれません。リバース時ではないもののバウンス効果を持ったアビス・ソルジャーも入れてみると良いでしょう。

そして、このカードを語る上で欠かせないのが、バウンス効果は効果解決時のガエルの数を参照するため、対象を取る効果ではないという点です。
このカード自体がおそらくそんなに有名ではないので、使う場合や使われた場合の為に、ぜひ覚えておきたいです。
水属性において、「破壊対象を取る効果も効かない」ようなまさに鉄壁と言えるモンスターに対抗できる除去手段として真っ先に思い浮かぶのはトリシューラですが(もっとも、水属性に限らず遊戯王OCGの全てのカードの中でもそうでしょうが)、実はこのカードでも対抗できるのです
「対象を取らないバウンス効果」に耐性を持つモンスターは非常に少ないため、除去能力はかなり高いです。状況によっては複数体除去したり再利用したりもできるので一層美味しいです。
それでいて、特別な召喚法を必要とせずに出せる点も評価できます。

しかし、リバース時の発動故に、やはり発動が遅いのがネックです。
そのため、リバースさせずに除去を撃ってくる相手には成す術無く蹂躙されてしまいます…。これではサイクル・リバースも何もあったものではありません。
また、効果解決時におけるガエルの数を参照するため、効果の発動にチェーンして除去カード等を撃たれ、場に表側表示で存在するガエルの枚数を0にされるとバウンスできなくなってしまう点にも注意が必要です。

発動の遅さはあるものの、水属性の中でもかなり強力な除去能力を持ったカードだと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

はにわ

今日紹介するカードは、はにわです。
最初期のVol.1で登場した通常モンスターです。


はにわ

はにわ
通常モンスター
星2/地属性/岩石族/攻 500/守 500
古代王の墓の中にある宝物を守る土人形。



このカードを使うならば、レベル2の岩石族の通常モンスターという点を活かしたいです。
高等儀式術を使えばデッキから複数体墓地へ落とす事ができます。そして、墓地へ送られたこのカードを地球巨人 ガイア・プレートメガロック・ドラゴンの特殊召喚のコストにできます。
デッキの構築の幅は限られてしまうものの、ブロック・ゴーレムの効果で蘇生する事もできます。
また、レスキューラビット魔の試着部屋同姓同名同盟によって複数体展開する事も可能です。
そこからランク2のエクシーズ召喚に繋げる事ができます。ランク2の中でも強力なカードであるガチガチガンテツはこのカードと同じ属性・種族であり、特に相性が良いです。

弱肉一色のイラストでは、ギゴバイト等の低レベル通常モンスター達と共に描かれています。
しかしこのカード自体は再録の機会に恵まれず、遊戯王OCGの黎明期に一度出たきり絶版のままです…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

イビリチュア・ソウルオーガ

今回紹介するカードは、イビリチュア・ソウルオーガです。
レベル8のリチュアの儀式モンスターの1体です。


イビリチュア・ソウルオーガ

イビリチュア・ソウルオーガ
儀式・効果モンスター
星8/水属性/水族/攻2800/守2800
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
1ターンに1度、手札から「リチュア」と名のついたモンスター1体を捨てて発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するカード1枚を選択して持ち主のデッキに戻す。



レベル8の儀式モンスターなので、レベル6に比べて儀式召喚し難い上に、儀式召喚自体もコストが重くなりがちです。
しかし、水属性儀式モンスター用のリリース軽減効果を持つシャドウ・リチュアヴィジョン・リチュアを儀式のリリースとすれば、それら1枚の消費で儀式召喚する事ができます。
また、ヴィジョン・リチュアの効果でレベル8のリチュアの儀式モンスターをサーチしてそれをリリースコストにする事もできます。この場合、リチュアの儀水鏡のサルベージ効果の発動条件を即座に満たす事ができます。
リチュアの儀水鏡などの儀式魔法カードはシャドウ・リチュアの効果でサーチする事ができます。このカードはリチュア・アビスのサーチ効果には対応していませんが、リチュア・アビスからヴィジョン・リチュアをサーチし、そのヴィジョン・リチュアの効果でサーチする事によって間接的にサーチする事が可能です。

このカードの効果は、手札のリチュア1体を捨てる事で、相手の場の表側表示のカード1枚をデッキに戻すというもの。
表側表示のカードならば種類を問わずに除去できる上に、除去の中でも特に再利用され難い部類であるデッキバウンス効果なのが魅力です。
戦闘破壊や破壊に対して耐性を持つモンスターに対しても除去を行えるのも嬉しいところです。

このカードの魅力は、恵まれたステータス値にもあります。
2800という攻撃力は、戦闘破壊できる範囲がかなり広いです。アクア・ジェットで強化すれば、より制圧力が上がります。
守備力も同じく2800と高いです。この守備力は水属性・水族のモンスターの中で最高の値です(罠モンスターのメタル・リフレクト・スライムは除く)。
月の書などによる表示形式の変更に強く、反転世界などの攻守を入れ替える効果を持つカードも実質効かないという利点があります。
また、リチュアに伝わりし禁断の秘術の効果で守備表示で儀式召喚した場合でも高守備力を活かして壁になれる点も、覚えておいて損はないでしょう。

このカードの短所は、儀式召喚自体の重さに加えて、効果発動時の手札コストが重い点です。
儀式召喚をするのにも大抵の場合何枚か手札を消費してしまうのに、そこから更にリチュアのモンスターを確保しておかなければ効果を発動できないのです。
リリース軽減効果を持つものをはじめ、リチュアにはサルベージに対応するモンスターが多いので、サルベージによって儀式召喚の消費を抑えると共に、このカードの効果のコストとなるカードを確保する事ができます。
また、効果自体は強力ではあるものの、表側表示のカードしか除去できず、裏側表示のカードは除去できないという弱点も存在します。
厄介なリバース効果や速攻魔法、罠カードには成す術も無く引っ掛かってしまいます…。伏せモンスターに対しては抹殺の使途、魔法・罠ゾーンのセットカードに対してはナイト・ショット等で対処して、死角を補いたいものです。

また、リチュアにはより攻撃力が高く、不確定とはいえ対象を取らずにどんなカードでもデッキバウンスできる効果を持ったイビリチュア・ジールギガスが存在します。
あちらの方がレベルは高いとはいえ、儀式召喚のアドバンテージを回復しやすく、カードパワーも高いです。
このカードを使うならば、リヴァイアニマと共存させたり、トレード・インを使うなどレベル8である点を活かしたいです。

容姿やDTマスターガイドでの表記から、このカードはシャドウ・リチュアが変化した姿と思われます。
ただ、シャドウ・リチュアが海竜族なのに対し、このカードやカイトスは水族となっています。
ちなみに、シャドウ・リチュアにはこれ以外にも、ヴェルズ化した姿と思われるヴェルズ・カイトスも存在します。こちらも水族になっています。

リチュアの儀式モンスターの中でも、安定したステータスを持ったカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

儚し

今回は、とあるカードに関する話題を書いてみます。
そのカードとは…

No.101 S・H・Ark Knight

LVALで登場したランク4の水属性エクシーズモンスターのNo.101 S・H・Ark Knightです。
遊戯王ZEXAL IIのナッシュの切り札のオーバーハンドレッドナンバーズで、初登場以来「水属性エクシーズの革命児」として注目していたカードです。
水属性抜きにしても注目度は非常に高く、特に「相手をエクシーズ素材にする」という除去法は対抗手段はそれまで例が無かった上に対抗手段も少ないので注目を集めました。
「表側攻撃表示の特殊召喚されたモンスター」しか除去できないものの、その影響力は大きく、このカードによる除去を警戒してモンスターをあえて守備表示で特殊召喚するという戦術的な駆け引きも生まれました。
元々強豪揃いだったランク4において、同じ弾で登場したヴェルズビュートと共に今後の主力となる事が予想されました。

ところが現在、S・H・Ark Knightのエクストラデッキへの採用率はそんなに高くはありません。これには、何とも言えない儚さを感じずにはいられません…。
ランク4自体が落ち目になったのかというと決してそうではなく、ヴェルズビュートはこのカードの倍ほどの採用率を誇っており、これはエクストラデッキのモンスターの中でもトップクラスの採用率です。
本当に随分と差が付きました

なぜS・H・Ark Knightはこれ程までに落ちぶれたのか…それは以下のカードの存在が一番の原因です。

鳥銃士カステル

DREVで登場したランク4エクシーズの鳥銃士カステルです。このカードこそが、現在ヴェルズビュートをも抑え、エクストラデッキ採用率トップを誇るカードです。
カステルの(2)の効果は、「X素材を2つ取り除いてカード1枚を除去する」という点ではこのカードと共通しています。しかしその本質は「表側表示のカード1枚を持ち主のデッキに戻す」と、大きく異なります。
カステルの場合は、たとえ特殊召喚されたものでもそうでなくても、攻撃表示でも守備表示でも、更には魔法・罠でも、持ち主を問わずに表側表示のカードなら何でも除去できます
つまり、カステルの方がどう考えても除去範囲が広いです
カステルの登場のせいで、「モンスターを守備表示で特殊召喚する」という戦術の価値は三日天下に終わってしまったのは言うまでもありません…。
しかも、「デッキへバウンス」と、これまた対抗法が少ない除去手段という点もS・H・Ark Knightと共通しています。
共に除去されたカードの再利用を手こずらさせる点も同じですが、S・H・Ark Knightのエクシーズ素材にされたモンスターは、S・H・Ark Knightを除去するなり身代わり効果を使用させるなりすれば墓地へ戻ってきます。
一方で、カステルの効果でデッキバウンスされたカードは、よほどサーチやリクルート手段に恵まれたカードでも無い限り再利用自体が困難になります。
なので、相手のカードの再利用を封じる点においても、カステルの方が勝っていると言えます。現在の環境では特に、シャドールの墓地へ行った時に発動する効果を未然に防げる点が評価されています。

S・H・Ark Kightが属性・種族の違い以外にカステルより勝っている点を羅列してみます。
・除去効果を使った後にも、身代わり効果が使える。
・攻撃力が100高く、そのため攻撃力2000以上2100未満(身代わりがあれば攻撃力2100も含む)のモンスターも一方的に戦闘破壊できる。
・進化先としてS・H・Dark Knightが存在し、墓地にいる事でその蘇生条件を満たせる。
・「No.」に関するサポートの恩恵を受ける事ができる。
・攻撃表示のアブソルートZeroを除去した場合、その破壊効果を使わせる事無く除去できる。

カステルが出て間もない頃の公式のワンプッシュ投票でS・H・Ark Knightとカステルとの対決で、S・H・Ark Knightが大差で勝利していたのは一体何だったのか…。
レアリティと性能の割にS・H・Ark Knightより安い点も、カステルの人気・採用率の高さに拍車を掛けている気がします。
一方、S・H・Ark Knightは最近の弾のウルレアの中では値段が高めです。普通、逆だろ…。まぁ、どちらも今後は値段が下がっていくとは思いますが。

今年の世界大会では、発売時期の関係でカステルは使用禁止で、このカードのみ使用できる状態でしたが、おそらくこのカードにとっては最初で最後の晴れ舞台となるかもしれません…。もっとも、このカード以上に最初で最後の晴れ舞台なカードもあるせいで影が薄かったですが。

しかし、S・H・Ark Knightがカステルの影に隠れていく事は、水属性にとっては決して悪い事ではありません。
ダブルフィン・シャークセイバー・シャークの効果を使用したターンでも出せる点、エクシーズ・リモーラの効果で特殊召喚したモンスターも素材にできる点で、カステルと差別化が可能です。
また、素材にした海皇のモンスターを取り除く事で、それらの効果の発動を狙えます。これも、カステルには無い利点です。
水属性としてカステルと差別化を図れる有効な手段なだけに、レベル調整無しにS・H・Ark Knightの素材になれる海皇の竜騎隊の緩和を願いたいです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

新規影霊衣

新たな影霊衣の情報が出ました。これで、影霊衣が水属性統一テーマというのは確定でしょうか。
水属性の現状を考えると好き嫌い言ってる場合ではなく、受け入れ、使っていかなければならないですね。


影霊衣の大魔道士
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1500/守 800
「影霊衣の大魔道士」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが効果でリリースされた場合に発動できる。
デッキから魔法使い族の「影霊衣」儀式モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
デッキから「影霊衣の大魔道士」以外の「影霊衣」モンスター1体を墓地へ送る。


影霊衣の下級モンスター。
今情報が出ている影霊衣の儀式モンスターはいずれも戦士族ですが、(1)の効果で、それらとは別の魔法使い族の「影霊衣」儀式モンスターの登場が示唆されています。
また、今情報が出ている儀式魔法や儀式モンスターの効果やレベルを見る限り、これ以外にも色んなレベルの下級影霊衣が出る事が予想されます。


ブリューナクの影霊衣
儀式・効果モンスター
星6/水属性/戦士族/攻2300/守1400
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。
「ブリューナクの影霊衣」以外のモンスターのみを使用した儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「ブリューナクの影霊衣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
デッキから「ブリューナクの影霊衣」以外の
「影霊衣」モンスター1体を手札に加える。
(2):エクストラデッキから特殊召喚された、
フィールドのモンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。


トリシューラに続いてブリューナクの影霊衣まで登場しました。
例によって、種族以外のステータスが一致しています。流石に効果はブリューナクとは結構違いますが。
という事は、グングニールの影霊衣も今後出るのでしょうか…?
1ターンに1度しか使用できないとはいえ、(1)によってほぼ万能のサーチ効果が行えるので、「影霊衣」の未来は明るそうです。


主なカードの情報が出揃ってきましたが、情報が出たもの以外のカードがまだありそうなので、何とも言えません。今後の続報に期待です。
また、設定的にもどんなものなのか気になります。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

混沌の黒魔術師

今回紹介するカードは、混沌の黒魔術師です。
原作出身の儀式モンスターのマジシャン・オブ・ブラックカオスを効果モンスターとしてリメイクしたカードです。
現在は禁止カードに指定されています。


混沌の黒魔術師

混沌の黒魔術師
効果モンスター(禁止カード)
星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2600
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地から魔法カード1枚を選択して手札に加える事ができる。
このカードが戦闘によって破壊したモンスターは墓地へは行かず
ゲームから除外される。
このカードはフィールド上から離れた場合、ゲームから除外される。



魔法使い族の最上級モンスターです。
「魔法使いとしては、攻撃力・守備力ともに最高クラス」のブラック・マジシャンの進化系だけあって、ブラック・マジシャンを上回る高水準のステータスを持っています。
そのステータスに加えて、効果も非常に強力です。

トライエッジ・リヴァイア等と同じように、戦闘破壊したモンスターを除外する効果を持っています。
このカードの攻撃力は2800と高めなので、戦闘破壊し除外できる範囲はかなり広いです。
除外によって、相手モンスターの再利用だけでなく、リクルーター等の墓地で発動する効果も潰す事ができます。

また、このカード自身もフィールドから離れる場合、除外されてしまいます。 ハイスペックに伴うハイリスクと言ったところでしょうか。
ただし、DDR闇次元の解放など、除外から帰還できる手段を用意しておけば難なく再利用できます。

そして、このカードの最大の特長であり、禁止になった最大の原因なのが、召喚・特殊召喚成功時に自分の墓地から魔法カード1枚を選択して手札に加える事ができる効果です。
遊戯王OCGにおいて、魔法カードをサルベージする手段自体が少なく、魔法石の採掘等は多大なコストを要し、リバース効果であり発動が遅い聖なる魔術師すらも禁止(ちなみに海外では制限)になっています。
つまりそれ程までに強力と見なされている魔法カード回収効果ですが、このカードはなんと召喚・特殊召喚された時に発動する事ができるのです。これによって、規制されているものや汎用性の高い魔法カードまで簡単に回収できる、極めて強力な効果です。
終末の騎士ダーク・グレファーの効果でデッキから墓地に落としたこのカードを死者蘇生で蘇生し、その効果で死者蘇生を回収すれば、実質ノーコストで特殊召喚できます。無制限の頃には、それで一気に3体並べるというコンボも存在しました。
除外からも、次元融合を使い回収する事で2000ライフポイントと引き換えに展開する事ができました。
尚、ディメンション・マジックでこのカードを手札から特殊召喚し、ディメンション・マジックのモンスター破壊効果を使用した場合、このカードの魔法回収効果はタイミングを逃す為発動できません。逆に、魔法回収効果を使った場合にはディメンション・マジックの破壊効果を使えなくなります。

このカードの専用サポートカードとして、光と闇の洗礼が存在します。
原作でのブラック・マジシャンからマジシャン・オブ・ブラックカオスへの進化を意識したカードで、自分の場のブラック・マジシャン1体をリリースし、自分の手札・デッキ・墓地からこのカード1体を特殊召喚する効果を持っている速攻魔法です。
広範囲から特殊召喚できる上に、速攻魔法なのでブラック・マジシャンが攻撃した後の追撃に使う事もできます。
しかし、現在は進化先であるこのカードが禁止カードである為、光と闇の洗礼は全く意味の無いカードとなっています(笑

このカードが禁止になるまでの半年間は、「次の改訂で禁止になる事が当たり前」のような風潮が漂っていました。
僕がこのカードを手に入れたのはその時期であり、その事を承知の上で購入し、使っていました。制限カードに指定されており、しかも、「次期の禁止は確実だ」と言われていた当時でさえ、最近の高額カードに匹敵する程の値段で取引されていました。
今でも、禁止カードの中では高めの金額で売られている気がします。
僕がこのカードを使っていた時期はわずか半年足らずと短かったですが、最も高い値段でシングル買いしたカードの1枚という事もあり思い入れが強いです。封魔団軍師が登場し、本格的に【氷結界】デッキを組むまでは、魔法使い族モンスターの中で一番気に入っているカードでした。
あまりの強力さから、今後復帰する事は無いでしょうが、これからもこのカードは大切に保管しておきたいと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

心の声

新しく登場するテーマ「影霊衣(ネクロス)」。
切り札がトリシューラの影霊衣である点や、儀式魔法・影霊衣の降魔鏡がリチュア系の儀式魔法に何処となく雰囲気が似ている点から、このテーマこそが、DT世界における新たな水属性カテゴリなのでしょう。

しかし、水属性使いとしては複雑な心境です…。
まず最初に思った事が、「また儀式かよ・・・」でした。
というのも、DT第2期で、儀式召喚をメインとした水属性テーマの「リチュア」が既に登場しています。今出てる情報だけ見ても、リチュア(更にの源流である氷結界も)と設定上に何らかの繋がりがあるのでしょうが、属性は同じではあるものの影霊衣は影霊衣でリチュアはリチュア。あくまで別テーマです。
なぜまた同じようなコンセプトのテーマを…。水属性ならば、サルベージによって儀式召喚の消費を取り戻しやすい点に目を付けられたのでしょうか?
これまでこのブログで何回か「新しい水属性のテーマが出たとしても、儀式メインはごめんだ」と書いていましたが、それが現実のものとなった格好です…。
それ程までに僕が水属性のテーマがまた儀式なのを嫌がっていた最大の理由は、新テーマのカードが出ると共に水属性の儀式モンスターは増える一方で、シンクロやエクシーズやペンデュラムモンスターが増えないからです(融合モンスターには旧神ノーデンが出ますが)。
特に水属性のシンクロモンスターに至っては、氷結のフィッツジェラルド以降1枚も出ていません。
正直僕は、「水属性のシンクロモンスターが増えなかったのは、DTの水属性テーマだったリチュアが儀式召喚メインだったからだ」と思っていました。これまでこのブログでは書きませんでしたが、そこからリチュアを目の敵にした事もありました…。
そんなリチュアがDTの終了と共に一段落し、海皇や水精鱗が出た時期にはいなかったシンクロ、更には新たに登場したペンデュラム召喚を内蔵した新たな水属性テーマが出て欲しいと心躍らせていたところに出たのは、また儀式
もうこれで当分、水属性のシンクロもエクシーズもペンデュラムも、新たに登場する事は無い…。そう思うとやり切れません。
これまでの流れから、これ以外に別の新たな水属性テーマが登場する事も無いでしょう。

儀式召喚といえば、現在のアニメARC-Vで何かとハブられまくっていると一部で話題になっています。そして水属性は、アニメ5D'sでメインのシグナーの竜や遊星のウォリアーシリーズからハブていました。
水属性と儀式召喚…言うなればアニメ(更に言えば、今のアニメの監督?)にハブられた物同士です。「クズはクズ同士、庇い合いか?」という、5D'sの牛尾の台詞が突き刺さるかの様です…(笑

それでもやはり、影霊衣の登場は水属性にとっては喜ばしい事です。
新規テーマが悉く圧倒的なパワーを持っており、インフレが著しい第9期についに新規テーマが来たのですから。
個人の好みはどうであれ、今後水属性で環境に挑むなら、このテーマが一種の基準・デフォルトとなるでしょう。
ちょうどその内、「エクストラデッキを使わずに水属性デッキで勝つ方法は?」という内容の記事を書こうと思っていました。
その点からすれば、儀式召喚メインのこのテーマの登場は素直に朗報だと思います。


しかし、水属性の中でも特に氷結界が好きな身としては、複雑な心境どころかはらわたが煮えくり返る様な気分です…。
ヴェルズに続いて更に影霊衣にまでトリシューラを再利用する…。
もう完全に「トリシューラ」「氷結界の龍」というキャラ人気だけがひとり歩きしている状態です…。氷結界の龍というのは、それほどまでに絶好の「金づる」なのでしょう。
それらの"元祖"にあたる「氷結界」は、完全に踏み台でしかなかったのか…。

DT2期のストーリーでは氷結界の三龍はヴェルズ化した末にケルキオンと融合し、そのケルキオンはsophia撃破後に姿を消しています。
つまり、氷結界の三龍は「氷結界」とは全く関係ない所で勝手にケリをつけられていました。これにはかなりやきもきしたものです。
そんな事もありストーリー上での立場から、ネット上での風評も散々な「氷結界」ですが、その名誉挽回として僕はある二次創作を考えていました。(このブログでは一度も書いていませんでしたが)
それは、氷結界の龍の制御に成功し、氷結界の龍を模した鎧を身に纏った氷結界の住民達という設定のオリジナルモンスターでした。

トリシューラの影霊衣

ところが、今回登場したトリシューラの影霊衣は、まるっきりその通りの姿をしていました。
それどころか、性能的にはまさに『「影霊衣」専用のトリシューラ』という偉業まで成し遂げています。
本家のトリシューラはというと、名前だけ「氷結界」で、ありとあらゆるデッキで使われるというのに…。
弟はWPは枠で強化されたヒロイックを見た時に「まるで自分が考えていたオリカのようだ」と歓喜していたものですが、言一方、僕が「氷結界」のオリカとして考えていたまさにその通りのデザイン・性能だったものは、別のテーマのカードとして出てしまったのです…。
これ程までにマッチしていたものが、設定上は関係あるとはいえ他のテーマのカードとして出てしまった以上、氷結界の新規カードを望む気も失せてきました。

影霊衣についての意見、そして自分と同じような思いをしている人がいないかを確かめるために、僕は影霊衣の情報が出た後にネット上で「氷結界」に関する書き込みを探してみました。
ところが、そこに書かれていたのは、相変わらずまるで代名詞のように氷結界を「無能」だと罵り、嘲笑する書き込みの数々でした…。
それどころか、「伝道師神精霊)以外は無能」「最終決戦時にケルキオンに儀水鏡を与えたアバンスエミリアの二人だけが後継者の資格がある」と、前より酷くなっているようにすら感じます(どちらの内容の書き込みも、ニコニコ大百科の「氷結界」の記事の掲示板にはありました)。
回りが何やら氷結界を叩いているから何となく叩いてる人もいる事でしょう。中には、未だにストーリーの状況や設定を勘違いしたまま叩いている声もありました。
「無能」だの「シナジーが無い」だのと言われるのを見る度に嫌な思いをするのは僕は疲れたよ…。
「他の人の様に、堂々と氷結界を「無能」だの「シナジーが無い」だのと嘲笑できる立場に立てれば楽だろうな」と思う事もありましたが、それでもそうしなかったのは、やはり僕は「氷結界」が好きだからでした。
嘲笑されるような設定やカードを作ったKONAMIもそうですが、いくら数は少なくとも「氷結界」が好きな人もいるという事を分かって欲しいです。

上でも書いたように、これから環境に入ってくるであろう「水属性」は、影霊衣がデフォルトになると思われます。
なので、今後もこのブログで水属性を追い続けるならば、ブログのタイトルを影霊衣ブログとか影霊衣速報とかいった風な感じに改めた方が良いのではないかとすら思えてきます。その方が間違いなくアクセスも増えるでしょうし。
そもそも、いつまでも「氷結界」なんて、傍から見ればまるで亡霊です。そしてその亡霊は、もう強制的に成仏させられそうな状態です。
公式からも(少なくとも、ネット上ではまるで代名詞の様に「無能」と言われるまでになった程には)ぞんざいな扱いを受けていることから、むしろ「氷結界」を好きになる方が異常だったのではないかとすら思えてきます…。
一応今は「氷結界ブログ」という名前のブログで、こんな事を言ってしまうのは実に不本意ですが。

まさに「氷結界」と「リチュア」の屍の上に成り立っている新規水属性テーマの「影霊衣」。
アニメでハブられた「クズ同士」が寄り添った力を環境に見せつけてやるのも一興です。と言うか、【影霊衣】には環境トップなって貰わなければ困ります
でないと、氷結界もリチュアも浮かばれません。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

8月の雨

新たな水属性モンスターの情報が来ました。
NECHに水属性が1体もいなかったので、新規の水属性モンスターの情報が出るのは、実にDDD怒涛王シーザー以来という事になります。


旧神ノーデン

旧神ノーデン
融合・効果モンスター
星4/水属性/天使族/攻2000/守2200
SモンスターまたはXモンスター+SモンスターまたはXモンスター
(1):このカードが特殊召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは除外される。


韓国語版PRIMAL ORIGINのWP枠で登場した水属性の融合モンスターです。
海外での登場以来、効果の強力さから騒がれていた問題児です。

融合素材の範囲は非常に広く、超融合によってシンクロやエクシーズを「吸収」して出す事もできます。
そして、極めて汎用性の高い釣り上げ効果を持っています。
釣り上げから、レベル5~8のシンクロや、ランク4のエクシーズに繋げる事もできます。しかもこの際には、除外のデメリットを実質無視できます。

そして、最大の特長としてこのカードは簡易融合に対応しています。
つまり、墓地さえ整っていれば簡易融合1枚(と1000ライフ)が、レベル5~8のSモンスターやランク4のXモンスターへと早変わりするのです。
更に、これだけの利点を持っていながら、効果に使用回数の制限が無く、しかも融合召喚だけでなくどんな方法で特殊召喚した時でも効果を発動できます。

今度のエクストラパックの台風の目になりそうなカードな上に、レアリティはスーパーレアなので、来日した際には高騰が予想されます。
しかし僕は落胆するどころか楽観的に構えています。
というのも、水属性には高額カードが少なく、このカードもいずれ値段が下がると予想しているからです。
一昨年のゼンマイシャーク、去年のディニクアビスも、来日した当初は高額カードでしたが、今では見る影もありません。共にワンコインで手に入ります。
これらの水属性のレートが下がったのは、これらのカードが主力となるデッキ(前者は【ゼンマイ】、後者は【水精鱗】)が環境で猛威を振るわなくなったのに加えて、これらのカード自体が規制されたからに違いありません。
このカードについても、あまりにも強力なため、このカード自体または簡易融合の規制は確実と見ています。これらが規制されれば、レートも落ち着くでしょう。


トリシューラの影霊衣

トリシューラの影霊衣
儀式・効果モンスター
星8/水属性/戦士族/攻2700/守2000
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。レベル9以外のモンスターのみを使用した儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「トリシューラの影霊衣」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「影霊衣」モンスターが効果の対象になった時、このカードを手札から捨てて発動できる。その発動を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが儀式召喚に成功した時に発動できる。相手の手札・フィールド・墓地のカードをそれぞれ1枚選び、その3枚を除外する。


ブースターSP「ドライブ・フォース」にて登場する、新たなカテゴリ「影霊衣(ネクロス)」に属する儀式モンスターです。
トリシューラの形をした鎧を纏った姿をしています。レベル・攻守がトリシューラと一致しており、(2)の効果もトリシューラの効果と酷似しています。

(1)の効果は、手札から捨てる事で自分の場の影霊衣を強制脱出装置を始めとした対象を取る効果から守る効果です。
(2)の効果は、上でも書いたようにトリシューラの効果の儀式召喚成功時版です。
このカード自身やトリシューラをリリースしてこのカードを儀式召喚できないとはいえ、このカード3枚とトリシューラとで、トリシューラ4枚体勢となります…。
トリシューラを使われる側にとっては、まさに地獄のような光景です…。このカードとトリシューラ共にランク9のエンタープラズニルのX素材にでき、そこから更に除外を撃つ事もできます。

制限カードでも特に凶悪なカードとほぼ効果を持ったカードが出てしまうなんて…。どうせ儀式召喚は重い上に現在不遇だからという事で、よかれと思って出したのでしょうか。


どちらも非常に強力な効果を持っています。NECHに水属性が1体もいなくて嘆いていたのが一転、これ程までに凶悪なカードが来るとは…。
まるで、これまで渇水で苦しんでいたところに、急に局地的な大雨が滝の様に降ってきたかのようです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

エクゾディア・ネクロス

今回紹介するカードはエクゾディア・ネクロスです。
エクゾディアとの契約の効果でのみ特殊召喚できる効果モンスター(今で言うところの「特殊召喚モンスター」)です。


エクゾディア・ネクロス

エクゾディア・ネクロス
効果モンスター
星4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守 0
このカードは「エクゾディアとの契約」の効果でのみ特殊召喚が可能。
このカードは戦闘と魔法・罠の効果によっては破壊されず、
自分のスタンバイフェイズ毎に攻撃力が500ポイントアップする。
このカードは自分の墓地に「封印されしエクゾディア」「封印されし者の右腕」
「封印されし者の左腕」「封印されし者の右足」「封印されし者の左足」
のいずれかが存在しなくなった時に破壊される。



このカードを特殊召喚するには、このカード自身とエクゾディアとの契約、そしてエクゾディアとの契約の発動条件として墓地に5種類のエクゾディアパーツが必要となります。
実に全7枚ものカードを必要とするのです。
にも関わらず、出てくるのは攻撃力1800の下級モンスター…明らかに割に合わないです(汗
しかしこのカードは、下記のような効果を持っています。

このカードは戦闘及び魔法・罠の効果では破壊されないという破壊耐性を持っています。
また、自分のスタンバイフェイズ毎に攻撃力が500ポイントアップする効果もあります。
これらのおかげで、戦闘には滅法強いと言えます。
しかし、耐性があるとはいえいくらなんでも攻撃力1800は貧弱であり、1ターン耐えて上級モンスター並の2300、2ターン耐えて最上級クラスの2800となります。攻撃力の上昇が遅いのに加えて、その上昇値も微妙だと言わざるを得ません…。
しかもこのカードの破壊耐性はモンスター効果に対しては無力という弱点があります。当然、除外やバウンス等、破壊を介さない除去の前にも無力です。
したがって、今の環境では最上級クラスの攻撃力になるまで維持する事自体が困難です(汗

また、このカードは墓地にある5種類のエクゾディアパーツの内1つでも墓地に存在しなくなると自壊してしまいます。おそらく、上記の破壊耐性がモンスター効果には対応していないのはこの為なのでしょう。
エクゾディアパーツを1枚でも死者蘇生で奪われたり、D.D.クロウやラプソディ・イン・バーサークに除外されたり、転生の予言でデッキに戻されたりすると簡単に破壊されてしまいます。
モンスター効果や破壊以外による除去だけでなく、これらの墓地に影響を及ぼすカードもまた、このカードにとっては天敵と言えます。

このカードの特殊召喚・維持に欠かせないエクゾディアパーツは、終末の騎士マスマティシャンおろかな埋葬高等儀式術などの効果で墓地へ送る事ができます。
しかし、わざわざこのモンスターを使うよりも、エクゾディアパーツを回収して特殊勝利を狙った方が効率が良い気がしてなりません。
ちなみに、「遊☆戯☆王の日」のコンセプトデュエルでは、エクゾディアパーツの内、封印されしエクゾディア封印されし者の左足封印されし者の右腕の3枚が禁止カード扱いとなっている為、どうやってもこのカードを出す事ができません

原作やOCGの初期から名を馳せている、あの「エクゾディア」の派生モンスターですが、出すのがあまりにも困難な上に見かけ倒しの印象が拭えないです…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

旧神の印

今回紹介するカードは旧神の印です。
第1期に、GB版ゲーム「遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記」の付属カードとして登場した通常魔法カードで、それ以来長らく絶版です。


旧神の印

旧神の印
通常魔法
1000ライフポイントを払う。
相手の裏側カードを全てめくった後、元に戻す。
(この時カードの効果は発動しない)



1000ライフポイントと引き換えに、相手の伏せカード全てをピーピングするだけという、ある意味でとんでもない効果を持つカードです。
効果が明らかに1000ものライフコストと釣り合っていません。
この時めくったカードの効果は発動しないものの、得られるのは情報アドバンテージだけです。
モンスターカードならば抹殺の使徒、魔法・罠ならばナイト・ショット等で除去する方が明らかに有効です。

ライフを払う効果が、シャーク・ドレイク・バイス等の特定のライフを条件とする効果の発動条件を満たすための調整に使えるかもしれません。
が、伏せカードに強制脱出装置ブレイクスルー・スキルといった厄介ながあった場合はどうにもなりません。カード1枚と1000ライフポイントを失う事を踏まえれば、知らぬが仏とすら言えます。
また、相手の場に伏せカードがなければ発動すらできません

ゲームの付属としてこんなカードがランダムで入っていたとは、これが当たった当時のデュエリスト達のショックは計り知れないものだったでしょう。
今尚非常に使い勝手の悪いカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

サイレント・ウォビー

今回紹介するカードはサイレント・ウォビーです。
アニメ遊戯王ZEXAL IIにてナッシュが使用した下級モンスターです。


サイレント・ウォビー

サイレント・ウォビー
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1000/守2000
自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードを手札から相手フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローし、
このカードのコントローラーから見て相手プレイヤーは2000ライフポイント回復する。
「サイレント・ウォビー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードのコントローラーの手札制限枚数は3枚になる。



このカードは、相手の場に特殊召喚できる効果を持っています。
また、「自身の効果で特殊召喚に成功した時、このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローし、このカードのコントローラーから見て相手プレイヤーは2000ライフポイント回復する」という効果もあります。
パッと見ややこしい表記ですが、このカードを手札から送り付ける側を「こちら」、このカードを場に送り付けられた側を「相手」とすると、デッキから1枚ドローするのは相手で、2000ライフポイント回復するのはこちらです。
したがって、この一連の効果はこちらは側は手札1枚を消費し、ライフを2000ポイント回復するのと引き換えに相手側ににフィールドアドバンテージハンドアドバンテージを与えてしまう効果と言えます。
これだけでは、あまりにもアド損です…。
また、「サイレント・ウォビー」のこの効果は1ターンに1度しか発動できません。

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードのコントローラーの手札制限枚数は3枚になるという永続効果もあります。
相手に送り付けた場合は、相手側の手札枚数の上限を制限させる事ができます。逆に、通常召喚や蘇生などで自分の場に出した場合には、自分の手札枚数の上限が制限されてしまいます…。
しかし、手札枚数制限による効果が生じるのはエンドフェイズであり、それまでにこのカードを場から離れさせたり、手札枚数が3枚以下になる様にカードを魔法・罠をセットしておけば、何ら被害は受けません。
相手の手札が3枚以下の場合に至っては、完全に無意味なものとなってしまいます。
何よりも、このカードはレベル4であるため、採用率が高いランク4のエクシーズモンスターの素材にされてしまう可能性が高いです。
上記のドロー効果共々、みすみす相手にアドバンテージを与えてしまう様なものです…。

このカードをただ自身の効果で特殊召喚するだけでは、ライフを回復できる点を除いてはあまりにもアド損なので、他のカードと組み合わせてのコンボを狙っていきたいです。
ダブルフィン・シャークセイバー・シャークの効果を発動すると、水属性以外を特殊召喚できなくなる制約から、そのターン内に水属性以外のモンスターを殴った場合はシャーク・ドレイクの効果は使えなくなってしまいます。
ところが、水属性であるこのカードを相手の場に特殊召喚してシャーク・ドレイクで殴れば、それらの効果を使ったターン内でも、シャーク・ドレイクの効果を発動する事ができます!
このカードを攻撃表示で相手の場に特殊召喚し、シャーク・ドレイクの効果を使って再び殴れば、計4600もの戦闘ダメージを与える事ができます。
もちろん、他に自分の場にモンスターがいれば更に戦闘ダメージを与える事も可能です。自分の場にシャーク・ドレイクとバハムート・シャーク(効果未使用の状態)がおり、相手の場にモンスターがいない時に上記のコンボを使用し、更にバハムート・シャークで殴れば、合計ダメージは7200となります。
このカード自身もレベル4でありシャーク・ドレイクの素材にもなれるので相性は中々です。
相手にドローさせてしまう点も、「そのターン内で勝負を決める」という心意気があれば、さほど気になりません。
それでも回復効果は地味にありがたく感じますが、シャーク・ドレイクの進化系であるシャーク・ドレイク・バイスとの相性は良くないです(笑

【氷結界】では、相手の場に特殊召喚する事で、交霊師の特殊召喚条件を満たしやすくする事ができます。
相手の場に出したこのカードを決起隊の効果で破壊するという運用もできます。
余談ですが、「攻撃力1000のモンスターを相手の場に送り付ける」という効果は、ロイヤル・ナイトを、「相手にドローさせてしまう効果」は輸送部隊を何処となく連想させます。
また、洗脳解除の発動下ならば、相手側のライフが回復し、自分側が1枚ドローする事ができます。手札枚数制限のデメリットをこちら側が受けてしまうものの、上記の様に対処すれば被害は受けずに済みます。
ドロー効果に関しては、便乗を発動しておけば自分も2枚ドローする事ができ、強烈なはたき落としを使えば「相手のデッキトップのカードを墓地へ送る」ような効果へと変わります。
変わった所では、自分と相手にアドバンテージ差が生じる事を利用して、ヴェルズビュートの効果の発動条件を満たせなくさせる事もできます。

単体として見た場合は、このカードはアビスマンダーと共に、現在シーラカンスの効果でリクルートできる下級魚族モンスターの中で最高の守備力を誇っています。
なので、効果を使わずとも壁として運用する事はできるでしょう。

このカードはアニメでは効果不明でしたが、上記の様な効果でOCG化されました。
相手の場に特殊召喚する一連の効果は、作中でこのカードを特殊召喚するのに使用された魔法カード・運命のクロス・ドローを内蔵したような効果です。
しかし、運命のクロス・ドローでドローするのがお互いだったのに対し、このカードの効果でドローするのは相手だけになっており、効果によって相手の場に特殊召喚されたモンスターの攻撃力分のライフを回復(このカードの場合は1000ポイント)だったのに対し、回復値は2000ポイントで固定されています。
つまり、運命のクロス・ドローと比較してドロー効果は弱体化された一方で、回復効果は強化されていると言えます。

一見何がしたいのか分からないような効果ですが、シャーク・ドレイクのサンドバッグ要員として最適です(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

嵐が去るまで

水属性が1体もいなかったNECHのショックから一か月が経ちました。
この間水属性にとっては何の情報もなく、むしろ他に強いデッキがどんどん増えてきて、水属性にとっては向かい風どころか嵐のようにすら感じました。
しかしこのブログにとっては悪い事ばかりとは言い切れず、この悔しさをバネに、ここまでほぼ毎日更新する事ができました。中にはいい加減な内容の記事も結構ありますが…。
ただ、このブログの一日あたりの平均アクセス数は、以前と比べて減った様に思います(汗

リアルタイムで意見を交換する機会があってもいいのではないかと思って、一か月前の更新と同時に、トップ記事に長らく放置していたチャット(http://www.takamin.com/oekakichat/user/oekakichat3.php?userid=372435)についての告知を書き加えていたのですが、
肝心の僕自身が、この告知で書いた時間帯を忘れてチャットに入室していませんでした(笑
もし告知に気付いた方がおられたら、申し訳なかったです。
でも、何らかの形で色んな人と意見交換はしてみたいです。一か月前の記事の時にも色んな意見を聞く事ができました。

このブログを初めて以降、最も心の折れた出来事から、はや一ヶ月。まだ嵐は去っておらず、これからも当分は引きずって行ってしまいそうです(汗
あと、これからは更新頻度が低くなると思います。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

M・HERO ダーク・ロウ

今回は、「氷結界」にとって天敵となるカードを紹介します。


M・HERO ダーク・ロウ

M・HERO ダーク・ロウ
融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1800
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外で
デッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。



ストラクチャーデッキ-HERO's STRIKE-の新規カードの1枚として登場したM・HERO ダーク・ロウです。

(1)の効果は、過去に「天敵」として取り上げたマクロコスモスと同じように、このカードが場に表側表示で存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外されるという恐ろしい永続効果です。
この効果は、様々なデッキに多大な影響を及ぼします。【氷結界】にとってもそれは例外ではありません。
このカードの発動下では墓地が肥えなくなるので、伝道師の蘇生効果やサルベージ封じられたも同然となります。
このカードの発動下では「墓地へ送る」「墓地に捨てる」というコストを持つカードは、その効果の発動自体が不可能となってしまいます。氷結界では、グングニール封魔団軍師の効果の発動が封じられてしまいます。
尚、風水師の効果は「手札を捨てる」コストであるため、このカードの発動下でも使用できます。その場合、捨てたカードは除外されてしまいますが。
このカードの発動下では戦闘破壊されたカードは除外されてしまうため、ブリズドも効果を使用する事ができなくなります。

この効果の恐怖は、通常なら墓地へ行くはずのカードが除外され、再利用不能になってしまうという点です。
DDR異次元からの埋葬など、除外されたカードを再利用できるカードはいくつかありますが、相手のデッキ次第では腐る可能性があるため通常【氷結界】ではそういったカードを入れるケースは少ないでしょう。
除外されたカードを再利用できるエクシーズモンスターにリヴァイエールがいますが、再利用できるのはレベル4以下のモンスターと範囲が限られています。
したがって、一度除外されたカードはもう戻ってこないと言っても過言ではありません。
しかも、このカードの(1)の効果はマクロコスモスとは違い、除外されるのはこちらのカードだけで、相手のカードは除外されません
したがって、このカードを使う側はマクロコスモスの時の様に【次元~】系の専用デッキを組む必要は無く、通常通り墓地肥やし等を駆使したデッキを組めるのです。

更に、(2)の効果として1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に、相手の手札をランダムに1枚選んで除外できる効果まで持っています。
【氷結界】と言えば、専用のサーチ魔法である氷結界の紋章によって広くモンスターをサーチできるのが利点ですが、この効果の前ではそのサーチ分のアドバンテージまで奪われてしまいます
この効果によるハンデスはランダムではあるものの、選ばれたカードはこれまた除外されてしまうので、再利用すらままなりません…。
他にも、輸送部隊決起隊武士のサーチ・ドロー効果もこの効果によるハンデスを受けてしまいます。

このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる融合モンスターであり、マスク・チェンジマスク・チェンジ・セカンドの2つの速攻魔法で場に出す事ができます。
マスク・チェンジならば闇属性のHEROに、マスク・チェンジ・セカンドならばレベル5以下の闇属性に使う事でこのカードを出せます。
つまり、メインデッキにこれらのカードを入れるだけで、どんなデッキでもこのカードを出す事ができるようになるのです。
かつて天敵として取り上げた事のあるカードであるネクロバレーを擁する【墓守】や、ミドラーシュを擁する【シャドール】ですら、マスク・チェンジ・セカンドを入れる事でこのカードを出せるようになるのです。
しかもこのカードを出すのに必要となる「チェンジ」速攻魔法は、同じくストラクチャーデッキ-HERO's STRIKE-で新規登場したカードであるE・HERO シャドー・ミストの効果でサーチまでできてしまいます。
もちろん、シャドー・ミスト自体も、マスク・チェンジとマスク・チェンジ・セカンドの両方によってこのカードになる事ができます。

氷結界でこのカードを殴り倒せるのはガンターラグルナード、グングニール、トリシューラの4体ですが、このカードが相手の場にいる状態でこれらのカードを出すのは至難の業です。仮に出せたとしても、こちらのいくつものカードが除外されている事でしょう。
このカードにはこれと言った耐性も何もないため、除去カードで除去したり効果を無効にするのが有効ですが、それらにチェーンしてマスク・チェンジや超融合などを撃ってサクリファイスエスケープを行ってくる事も考えられます。
更に超融合の場合、こちらの場の水属性とこのカードを融合素材にして、このカードと同じく以前に「天敵」として取り上げた事のあるHEROであるアブソルートZeroを出されます。
他の「属性融合」のHEROの融合素材は、「E・HERO」と各属性のモンスターなのに、アブソルートZeroだけが「HERO」と水属性となっているので、「M・HERO」であるこのカードも融合素材にできるのです。
超融合を使われる場合の最悪のパターンは、相手の場にこのカード以外のHEROが場にいる時に、そのHEROとこちらの場の水属性を素材にして超融合を使われるケースです。この場合、アブソルートZeroを出される上に、融合素材となったこちらの場の水属性は除外されるのです。本当に、泣きっ面に鉢としか言いようがありません。

伝道師や守護陣など主要な下級モンスターには水族が多く、一応除外を逆手に取って除外海産物のサポートを受けることはできます。
ギョッ!フィッシュアンドキックスの発動トリガーにしたり、フィッシュアンドバックスで回収したり、変わった所ではシー・ランサーの効果で装備したりする事ができます。
ただ、装備効果を使ったところでシー・ランサーではこのカードを殴り倒せない上に、【氷結界】でそれをやる意義は無きに等しいです(汗
とはいえ、このカードや除外に対抗できるカードはサイドにでも用意しておきたいものです。
尚、(2)の効果に関しては氷結界の鏡を使う事で予防(もしくは道連れに)できますが、(1)の効果は永続効果なので、発動しても効果意味はありません。

展開や布陣の強化を伝道師による展開や蘇生及び墓地からの再利用に依存しており、それらを揃える為にサーチを使う【氷結界】にとって、墓地肥やしも再利用も遮断しサーチのアドバンテージをも奪う上に出しやすいこのカードの存在は致命的という他ありません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

シャーク・ドレイクデッキを組んでみた・2

再び、こんな動画を上げてみました。



【遊戯王ADS】シャーク・ドレイクデッキを組んでみた・2というタイトルで、【シャーク・ドレイク】デッキを使ったプレイ動画です。デッキの内容はこちらのものと同じです。

動画情報欄で触れているプレイングミスについて触れておきます。

5:46~
バハムート・シャークの効果を使ってFA-ブラック・レイ・ランサーを出さずとも、ジェネレーション・フォースエクシーズ・リモーラをサーチすればバハムート・シャークにシャーク・ドレイク2体を並べる事ができ、より高い戦闘ダメージ値を叩き出す事ができました。
プレイを見直していて「何故こんな事に気付かなかったんだ」と思えるような手札でしたが、このプレイ時の僕は、どういう訳か(ジェネレーション・フォースのサーチ先として)エクシーズ・シフトの事しか頭にありませんでした(汗

7:28~
ダブルフィン・シャークの効果を使って2体目のバハムート・シャークをエクシーズ召喚し、FA-ブラック・レイ・ランサーで相手のセプターを殴っています。
リアルタイムでこのデュエルを観戦していた弟に言われてハッと気付いたのですが、この時バハムート・シャークではなく深淵に潜む者をエクシーズ召喚し、フィールドにいたバハムート・シャークの効果でトライエッジ・リヴァイアを出し、深淵に潜む者のおかげで強化されたトライエッジ・リヴァイアで相手のセプターを殴れば、戦闘破壊されたセプターは除外され、再利用されにくくなりました。
この時の僕はダブルフィン・シャークから何をエクシーズすればいいのか大して考えておらず(実はありそうであまり無いような状況だったため)、FA-ブラック・レイ・ランサーで殴ったのはオネストを警戒しての事でした。
しかし気付いた頃にはもう遅く、次の瞬間には死者蘇生によって相手のセプターが蘇っていました…。


対戦相手の方についても少し書かせていただくと、【テラナイト】とのデュエルでは、終盤にロンゴミアントではなくデルタテロスを出されていたらこちらが負けていました。
最後のデュエルのところで「何故リアクティブアーマー(炸裂装甲)なんだろ」というコメントがありましたが、その対戦相手の方のデッキには、炸裂装甲よりも優先されるであろう次元幽閉ミラーフォース共に3枚入っていました。
また、その方のエクストラデッキにもシャーク・ドレイクが3枚入っていて驚きました。

あと動画のコメントで、「いつもレスキューラビットが手札にある時ばかりだ」という内容のコメントを多く頂きました。レスキューラビットを引いたデュエルばかりになってしまったのは、意図的なものではなく全くの偶然でした。
この動画の中では、NECHが発売されて以降に行ったデュエルの中でも、1キルが早めに決まった試合を優先して紹介しており。それらをまとめた結果、こうなってしまいました(汗
動画を観直してみると、レスキューラビットが来ていないデュエルは2戦程しかありませんでした。これでは「とどのつまり、凌牙君のデュエルは兎頼みなんですね」と言われても仕方無いような状況です。
今後【シャーク・ドレイク】デッキを使う場合は、なるべくレスキューラビットを使っていないデュエルを優先的に紹介するか、もしくはレスキューラビット自体を抜いてデッキを組み直そうと考えています。

エクシーズ・リモーラを使って展開するタイプのシャーク・ドレイクを使った後攻1キルとなると、まず起点としてレスキューラビットから魚族・レベル4通常モンスター(今デッキに入れてるのはレインボー・フィッシュのみ)を呼ぶのが欠かせないと思います。
レベル4・水属性・魚族とサイレント・アングラーを展開してバハムート・シャークを出したのでは、サイレント・アングラーのデメリットのせいでエクシーズ・リモーラを特殊召喚できなくなってしまうのです(たまに観戦している弟が、このデメリットを忘れて「なぜリモーラを出さないんだ」と突っ込んでくる事があります)。
一応、おろかな埋葬等でレベル4の水属性・魚族を墓地へ送ってそれをダブルフィン・シャークの効果で蘇生させるなど、手段が全く無いという訳ではありませんが、必要なパーツと事故率が増えます(汗
ちなみに、先に通常モンスターが来てしまったせいでレスキューラビットの効果を使えなくなった事は、この動画を撮った時期内では、動画でのケースも含めて2回ありました。

あと、動画紹介欄でも書いたようにシャーク・ドレイク・バイスをもっと活躍させたかったです。
せめてエクシーズ・シフトを使ってシャーク・ドレイクを出して、その後にデメリット回避としてシャーク・ドレイク・バイスを重ねるシーン位は載せても良かったですね。大抵の場合、「シャーク・ドレイクを出すからには1キルまで持っていく」という気持ちでエクシーズ・シフトを使うのでそういう状況自体があまりないような気がしますが。
あと、残りライフ100のところからシャーク・ドレイク・バイスの効果を駆使して逆転勝利するというデュエルを展開できたところを、墓地確認を怠り、シャーク・ドレイク・バイスの効果発動時に取り除くエクシーズ素材の選択を誤ってしまったがために、ダブルフィン・シャークの効果で蘇生できるモンスターが墓地にいなかった(ダブルフィン・シャークを召喚して初めて気付いた)結果、勝てたはずのデュエルを逃してしまった事がありました…。
そのデュエルでは、それより前にも恥ずかしいプレイングミスをしていたので、そのデュエルのログは保存しませんでした。

動画を編集していて、100%ミスの無い完璧な動画を仕上げるのが難しいのと同じように、デュエルにおいても100%ミスの無い完璧なプレイングを行うのは難しいものです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

同情できないもの

これまでこのブログの記事内で、氷結界以外にもラーの翼神竜ドルベについて、その扱いや境遇に同情しているという風に書いたことがあります。
しかし逆に、遊戯王OCGにおいて、同情している人が多いにも関わらず個人的にはどうもイマイチ同情できないというものも存在します。
(下記のものが好きな方には申し訳ありません。)


ブラック・レイ・ランサー
シャークのエースカードの中でも特に使用期間が長く、登場頻度も多いカードです。
同情される要素としては、水属性中心のシャークのデッキにあって闇属性であるため、水属性のサポートが受けられない、特にFA-ブラック・レイ・ランサーを重ねられない点が挙げられます。
しかし、水属性を使っている僕からすれば、「水属性でないのが悪い」としか言えません。水属性の素材指定があるので尚更です。
心無いような事を書いていると思われるかもしれませんが、これ以上にシャーク・ドレイク「ランク3でないのが悪い」と言われ続けています。

・ドラグニティ
2014/07/01のリミットレギュレーションにて、専用のサーチ効果も持つフィールド魔法の竜の渓谷制限カードとなったのを、「【征竜】の巻き添えを喰らってしまった」と同情されています。
しかし、ドラグニティが初登場した弾が出た時の氷結界の言われようを僕は忘れません…。
あの時、「シナジーが無い」と本格的に嘲笑の対象となってきた氷結界に対し、ドラグニティは登場早々から期待と可能性に満ち溢れていました。
その末に専用シンクロがいくつか登場し、ストラクチャーデッキまで飾り、そこで中核となるフィールド魔法の竜の渓谷も登場し、他のカードとのシナジーの甲斐もあって、環境トップになるには至らずとも、毎回禁止・制限改訂の直後には環境デッキに喰らい付くだけの力を得ていました。
片や氷結界はというと、未だにそんな華々しさとは程遠いです…。
また、【ドラグニティ】デッキや竜の渓谷に対しても、特に聖刻時代や征竜時代にこっぴどい目に遭わされた時の印象が未だに根強いです。
あと水属性も、フィッシュボーグ-ガンナー禁止になった時の葬式ムードを耐えて来ました。
そのため、ドラグニティに対してはどうも同情できません。
元がそれなり(少なくとも氷結界よりは)だった上に、1枚とはいえ渓谷は残っており(海外では禁止になりましたが)、フィールド魔法のルール変更によって上書きされなくなり相対的に強化されているので、挽回のチャンスはあると思います。

・儀式召喚
アニメARC-Vで何かとハブられまくっている召喚法です。その事からしばしば引き合いに出され、同情されています。
僕は水属性が好きですが、その水属性は、アニメ5D'sでメインのシグナーの竜や遊星のウォリアーシリーズからハブていました。そして儀式召喚は今のARC-Vでハブられています
水属性と儀式召喚…言うなれば、アニメ(更に言えば、今のアニメの監督?)にハブられた物同士なのですが、何故か同情できません。同族嫌悪みたいなものでしょうか(新しい水属性のテーマが出たとしても儀式召喚はごめんだと思ってはいるものの、別に儀式召喚そのものを嫌ってるという訳でもありませんが)。
「水属性には儀式召喚中心のテーマのリチュアがあるのに、なんて冷たいんだ」と思われる方もいるかもしれませんが、振り返ってみると僕は「リチュア」や「儀式召喚」というよりは、むしろ「水属性」が好きなんだなぁ…と。


どうも、ネット上で広く同情されているものに限って、あまり同情できないんだなぁと我ながら思います。
逆に、ネット上で同情というよりもむしろ嘲笑の対象になっているようなものに対して同情している気がします。
まあ何に対しても考え方・捉え方は人それぞれですが。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷帝家臣エッシャー

今回紹介するカードは、氷帝家臣エッシャーです。


氷帝家臣エッシャー

氷帝家臣エッシャー
効果モンスター
星4/水属性/水族/攻 800/守1000
(1):相手の魔法&罠ゾーンにカードが2枚以上存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。



ジャンプビクトリーカーニバル2014で配布されたプロモーションカードとして初登場したカード。
氷帝メビウスを意識してデザインされたカードです。

相手の魔法&罠ゾーンにカードが2枚以上存在する場合に自身を手札から特殊召喚できる効果を持っています。
今まで、自分にモンスターがいない時にも特殊召喚できる水属性は少なかったので、この効果は貴重です。
水属性にはサイレント・アングラーシャークラーケン等、特殊召喚しやすいモンスターは増えているものの、それらはいずれも自分の場に他のカードがある事が要求されます。それらの特殊召喚を満たす為に、通常召喚を行わなければならないケースも多いです。
それに対してこのカードは、自分の場の状況に関係無く特殊召喚できます。その代わり、おもいっきり相手の場に依存しますが…。
同様に召喚権を使う必要なく、かつ自分のにモンスターがいないような状況の時にも特殊召喚し得る水属性モンスターには、他にバブルマン交霊師がいます。
前者は自分の手札枚数に依存する特殊召喚効果を持っており、現在は準制限カードです。
後者はこのカードと同じく相手の場に依存する特殊召喚効果を持っていますが、その条件は非常に厳しいです。このカードの特殊召喚条件も相手に依存するものの、それでも間違いなく交霊師よりは満たしやすいです

特殊召喚したこのカードは、アドバンス召喚のリリースやS素材やランク4のX素材にできます。
このカードは水属性なので、ドゥローレングングニールのS素材、バハムート・シャークスノーダスト・ジャイアントのX素材にもなれます。
サルベージに対応しており、再利用しやすいのも魅力です。

悩みはやはり、特殊召喚が相手の場に依存する点です。
相手があまり魔法・罠ゾーンにカードを置かないタイプのデッキならば、このカードを特殊召喚できる機会は訪れず、手札に来ても単なる弱小モンスターでしかなくなります…。
魔封じの芳香を使えば、相手は魔法カードを使うのに場にセットせざるを得なくなるので、特殊召喚しやすくなるかもしれません。
また、特殊召喚の条件を満たす状況(相手の魔法&罠ゾーンにカードが2枚以上存在する場合)でもそれはそれで危険です。相手の場に伏せカードが沢山あればある程、その伏せカードによってこのカードや後続が妨害される確率が高いです。
特殊召喚の条件に、ペンデュラムゾーンやフィールドゾーンのカードはカウントしない点にも気を付けたいです。

上記の通り、このカードは氷帝メビウスを意識してデザインされており、属性・種族も共通しています。
このカードを自身の効果で特殊召喚し、このカードをリリースして氷帝メビウスをアドバンス召喚しメビウスの効果で相手の場の魔法・罠カードを破壊する、という流れを作れます。
実際にアニメ遊戯王ARC-Vでもこの様に運用され、このカードをリリースして氷帝メビウスを出し、更にそのアドバンス召喚された氷帝メビウスをリリースして凍氷帝メビウスを(召喚権を増やして)アドバンス召喚していました。
扱いはかませ犬的なものでしかありませんでしたが…(汗

余談ですが、氷帝メビウスを意識したデザインの下級モンスターは、厳密にはこれが初ではありません。
氷帝メビウスがアニメ遊戯王GXで出た際に、そのリリース要員となった氷騎士(アイスナイト)というモンスターが存在しています。これは現在OCG化されておらず、アニメGXのオリジナルカードです。
属性・種族・レベルがこのカードと同じで、氷帝メビウスを小型化した様な姿でした。ただ、このカードとは違い効果面では氷帝メビウスとシナジーがある訳ではなく、今のOCGで言えばニードル・ギルマンに近い様な効果でした。
ちなみに、これの雷帝ザボルグ版と言える雷騎士(サンダーナイト。同じくアニメオリジナルカード)は、フェイク・エクスプロージョン・ペンタのイラストに登場しています。

相手に依存するものの、自分の場の状況に関係なく特殊召喚できる水属性は貴重だと思います。
水属性を主体とした、ランク4軸のデッキならば投入を検討できるかもしれません。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

お二人Summer

今年の夏は、新規の水属性はわずか2体しか登場しませんでした。
しかも2体とも市販のパックではなく、雑誌付属カードやプロモカードとしての登場でした。
どちらも入手できる期間に限りがあることを踏まえれば、今年の夏の水属性は0体とすら言えるかもしれません。それ程までに「水不足」状態です。

その2体、氷帝家臣エッシャーDDD怒濤王シーザーは共に、アニメに出たモンスターです。
エッシャーはアニメに出るよりもカードの情報が出た方が先でしたが、アニメで出るからこそ、それに先駆けてカード化されたのでしょう。
水属性の数が増えるにあたっては、何だかんだでアニメに出るという事が重要なんだなぁと改めて思い知りました。
まぁ、新しく出たカードが水属性のデッキの強化に繋がるかは全くの別問題ですが。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

神代凌牙

今回は、遊戯王ZEXALの登場人物について軽く振り返ってみます。


神代凌牙

トークン(神代凌牙)
このカードはトークンとして使用する事ができる。

凌牙:「煮えたぎってきたぜ!今なら誰にも負ける気がしねえ!」



シャークこと神代凌牙(かみしろりょうが)です。
主人公・遊馬のライバルキャラで、遊戯王シリーズ史上初と言える、水属性使いのメインキャラクターでした!
双子の妹に神代璃緒がいます。
遊戯王ZEXAL IIの遺跡編終盤には、前世の記憶と共に自分がバリアン七皇の一人・ナッシュであることを思い出し、敵側として遊馬の前に立ちはだかりました。

漫画版では孤児という設定で、遊馬やカイトと比べるとクローズアップされる機会は少ないです(特に作中でのデュエルの回数及び描写を見るとそれが顕著)。

以下、彼が作中で使用したカードの中で、OCG化されたもののまとめです。


効果モンスター
マーメイド・シャーク
キラー・ラブカ
シャーク・サッカー
スカル・クラーケン
スターフィッシュ
トライポッド・フィッシュ
ドリル・バーニカル
ハリマンボウ
ビッグ・ジョーズ
エクシーズ・リモーラ
サイレント・アングラー
サイレント・ウォビー
シャクトパス
スピア・シャーク
セイバー・シャーク
ダブルフィン・シャーク
ツーヘッド・シャーク
ディープ・スィーパー
ハンマー・シャーク
イーグル・シャーク
ゲイザー・シャーク
デプス・シャーク
パンサー・シャーク
シャークラーケン
ジョーズマン
エンシェント・シャーク ハイパー・メガロドン
ビッグ・ホエール

エクシーズモンスター
牙咬帝シャーク・カイゼル
潜航母艦エアロ・シャーク
No.17 リバイス・ドラゴン
ブラック・レイ・ランサー
CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス
No.32 海咬龍シャーク・ドレイク
No.101 S・H・Ark Knight
FA-ブラック・レイ・ランサー
CNo.101 S・H・Dark Knight
シャーク・フォートレス
No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ
No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ
CNo.73 激瀧瀑神アビス・スープラ
FA-クリスタル・ゼロ・ランサー
CX 冀望皇バリアン

魔法カード
アクア・ジェット
異次元海溝
エクシーズ・ギフト
下降潮流
水神の護符
浮上
RUM-クイック・カオス
RUM-七皇の剣

罠カード
エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ
激流蘇生
スプラッシュ・キャプチャー
爆弾ウニ-ボム・アーチン-
バブル・ブリンガー
フィッシュ・レイン
ヘイト・クレバス
ポセイドン・ウェーブ

ただし、FA-ブラック・レイ・ランサーとFA-クリスタル・ゼロ・ランサーは単体のカードとしては登場しておらず、ポセイドン・ウェーブはカード名をゼウス・ブレスに変更されていました。
また、漫画作品からは以下のカードがOCG化されています。

エクシーズモンスター
トライエッジ・リヴァイア
No.47 ナイトメア・シャーク
バハムート・シャーク


OCGでのシャークのカードやデッキの扱いは、波瀾万丈の一言に尽きます。
最初に出たカードがどれも当時の環境に相応しい効果とは言えず、何年も前に遡ってデフレしたかのような性能でした。
中でも、ビッグ・ジョーズとエアロ・シャークの効果が酷く、アニメでは普通に強い一方で、OCGでは使い物にならないと言っても過言では無い様な性能です。
このインパクトがあまりにも強かったせいで、「シャークのカード=OCG化に際して弱体化する」というイメージを持たれ続ける事になります。
ビッグ・ジョーズもエアロ・シャークも、同じくGENFに登場した「除外海産物」を意識した効果の改変だと思われますが、【除外海産物】デッキにすらこれら2枚にお呼びが掛かるかどうか怪しい上に、除外海産物自体がGENFだけで展開が終了し、更にシャークのデッキと除外海産物のカード達も、そこまで相性が良いという訳ではありません。

そして、エースがシャーク・ドレイクに変わってからは「デッキのレベルの統一性が無くなり迷走した」「(ランク4やシャーク・ドレイクの効果について)シャークらしくない」と非難されました。そこから、「シャークはエースがコロコロと変わる」というイメージも付きまとうようになりました。
上の画像は、DP神代兄妹編の頃に出たトークンカードの画像です。シャークの後ろにはアビス・スプラッシュが描かれています。この頃にまたしてもシャークのエースが変わったのです。それもランク3、ランク4と来て今度はランク5に。
DP神代兄妹編で初登場する事もあって、このトークンのイラストをはじめアビス・スプラッシュは結構にプッシュされており、シャーク・ドレイクが好きだった僕は、アビス・スプラッシュ自体の性能も相まってショックを受けたものでした。
しかし悪い事ばかりという事でもなく、DP神代兄妹編では、ランク4軸のシャークのデッキの展開の要となるダブルフィン・シャークとサイレント・アングラーが念願のOCG化を果たしました。
続くLVALではナッシュとしてのエースであるS・H・Ark KnightとS・H・Dark Knightが登場し、これによってようやくシャークのデッキは、遊馬やカイトをはじめとした他のキャラのデッキに勝るとも劣らない力を手に入れたのでした。

…しかしそう思ったのも束の間、他のキャラのデッキはWP枠によって劇的に強化されていきました。
一方、シャークのデッキの強化カードは、WP枠で1枚も出ませんでした
アニメ出身のカード(及びその他の相性の良いカード)だけでは決して引けを取らなかった筈だった他のキャラのデッキが、アニメ以外のカードによって大きく強化された事で、再び差を付けられる形となってしまいました…。
この辺についての僕の思うところは、こちらの記事に書いています。
ZEXALの3年間の間に、主要キャラのデッキは大なり小なり積み重ねがあり、WP枠はその「積み重ね」を倍増させる程のスペックのカードでした。しかしシャークは3年間で「積み重ねては放棄し」をくり返した挙句に、WP枠も与えられませんでした。

WP枠での強化は絶望的になってしまいましたが、これからも何らかの形でシャークのデッキ、引いては水属性が強化される事を願います。

続きを読む

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

アーマー・カッパー

今回紹介するカードは、アーマー・カッパーです。
初にして、現在唯一の水属性・ランク2のXモンスターです。


アーマー・カッパー

アーマー・カッパー
エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/サイキック族/攻 400/守1000
レベル2モンスター×2
「アーマー・カッパー」の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このカードの攻撃力または守備力を1000アップする。
(2):自分のモンスターが戦闘を行うバトルステップに、
手札を1枚捨てて発動できる。
このターン、自分フィールドのモンスターは戦闘では破壊されず、
自分が受ける戦闘ダメージは全て0になる。



ステータスは低いですが、(1)の効果として1ターンに1度、X素材を1つ取り除くことで自身の攻撃力または守備力を1000ポイントアップする効果を持っています。
この効果を使えば、低いステータスを補う事ができます。しかもこの補正は永続的に適用されるので、重ね掛けが可能です。
どちらに振るか、状況に応じて使い分けると良いでしょう。
ちなみに2回共攻撃力に振れば攻撃力は2400、守備力に振れば守備力が3000となります。

あともう一つ、(2)の効果として自分フィールド上のモンスターが戦闘を行うバトルステップ時に手札を1枚捨てる事で、このターン、自分フィールド上のモンスターは戦闘では破壊されなくなり、戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージを0にするという効果も持っています。
言うなれば和睦の使者を内蔵した様な効果です。
(1)の効果を一度使っただけではまだステータス的には頼りないですが、この効果で戦闘破壊から守る事で、次のターンにもう1度ステータスを上昇させる事ができます。
(2)の効果はX素材が無い状態でも使用する事ができます。つまり、バハムート・シャークの効果で特殊召喚した場合でも問題なく効果を使ます!
ちなみにこのカードは、バハムート・シャークの効果で呼べる初のランク3以外のエクシーズモンスターでもあります。
ただし(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できないという制約があります。なので使うタイミングには気を付けたいです。
この効果は手札コストを要しますが、能動的に自分の手札を捨てることができる点もポイントです。

ランク2というのは、水属性でも特にX召喚を狙いやすいランクです。
【氷結界】では展開力に優れる伝道師がレベル2なので、特殊召喚効果などを駆使して2体並べる事でエクシーズを狙えます。
他にも術者水影御庭番がレベル2です。
【ガエル】においては、ガエルに属するモンスターの多くがレベル2であり、鬼ガエル粋カエルの存在もありエクシーズできる機会は多いでしょう。
【魚族】ではリクルーターの素早いマンボウがレベル2です。素早いアンコウのリクルート効果からエクシーズを狙う事もできます。
ただ、単体だと攻めではダイガスタ・フェニクスに、守りではガチガチガンテツに劣るので、いくら属性が同じとはいえこれらのランク2と比べると優先度は落ちるでしょう・・・。
また、種族面でのシナジーが【水属性】とは皆無なのも辛いです。水属性のサイキック族モンスターは、パンダボーグに続いてこのカードが2体目です。

特筆すべき点は、深海のディーヴァから海皇の重装兵をリクルートして即エクシーズできる上に、(1)の効果発動時に素材となっている重装兵を取り除くことで、その効果を発動させることができる点です!
このカードが存在しなかった頃は、重装兵を水属性エクシーズの素材にし効果を発動するには、レミューリア等でレベルを変更させてからランク3以上の水属性エクシーズの素材にしなければなりませんでしたが、このカードのおかげでその手間なしに効果を使えるようになりました。
ディーヴァから重装兵をリクルートしたり、また重装兵2体を通常召喚したりと、重装兵をX素材にし易いです。重装兵の効果は相手の場の表側表示のカード1枚を破壊する効果であり、特に使う機会は多いです。
更に、(2)の効果についても、手札コストとして海皇のモンスターを捨てる事によって、それらの効果の発動トリガーにできます!
なので、海皇を使用するデッキ、特に重装兵やディーヴァを採用する場合には是非エクストラデッキ入れておきたい一枚です。

このカードは、第2期に登場した通常モンスターのサイコ・カッパーをリメイクしたカードだと思われます。
名前が似ているのに加えて、属性・攻撃力・守備力が一致しており、あちらがレベル2なのに対しこちらはランク2という点も共通しています。
当然、サイコ・カッパーをエクシーズ素材にしてこのカードを出す事もできます。
ただ、種族については、あちらが水族なのに対しこちらはサイキック族となっています。
これは、サイコ・カッパーのテキストにあった「いろいろな超能力を使う」という設定によるものだと思われます。当時はサイキック族が存在しなかったため、他のカッパのモンスターと同じように水族になっていたのでしょう。
サイコ・カッパーのフレイバーテキストは「いろいろな超能力を使い、攻撃のダメージを防ぐカッパ」とありましたが、このカードは実際に2つの効果を使う事によって、相手からの攻撃のダメージを防ぐ事ができます。

重装兵の効果を活用できる初の水属性・ランク2のエクシーズモンスターという戦略的な価値に加えて、初期の通常モンスターのリメイクという面も持っている面白いカードだと思います。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

水属性3体夏物語

ブースターSP-レイジング・マスターズ-が発売され、そこで水属性のエクシーズであるアーマー・カッパーが再録されました。
これで、2弾連続で水属性が0体という事態は免れましたが…それにしても、先月に今月と、今年の夏に登場した水属性モンスターは新規2体、再録1体の計3体と、あまりにも少ないです…。しかもその内新規2体は、市販のパックではなく雑誌付録やプロモカードで登場したカードです。
新規3体、再録1体の計4体で非常に少ないと感じていた去年の夏よりも更に1体少ないとは…。

でもよく考えてみれば、一昨年やその前の夏の水属性の数が異常だっただけで、シャークも水属性プッシュも無くなった事によって元の鞘に戻っただけなのかもしれません。
シャークのカードの登場やABYRでの水属性プッシュによって感覚がマヒしていたのが、去年今年の「不作」を目の当たりにしてようやく目が覚めた感じです。

ともあれ、これで水属性にとっての今年の夏は終わりを告げました。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

氷結界デッキを使ってみて

先日、こんな動画を上げてみました。



【遊戯王ADS】氷結界デッキを使ってみたという動画で、自分が組んだ【氷結界】デッキのプレイの様子をまとめた動画です。
デッキの内容は一定ではありませんが…。
この動画に寄せられたコメントの内のいくつかをピックアップして返答したいと思います。

・ソウル・チャージを使った時に余計なモンスターを蘇生している
これについては、今回上げた動画でのデュエルで言えば、相手が圧倒的に展開してきてこっちが不利だと確信して開き直っていました(笑
それに、ソウル・チャージを持っていてもライフが少なくて思う様に蘇生できない事も多いので、「ライフがある時に、とりあえずできる限り蘇生した方が得ではないか」みたいな発想が自分の中で芽生ていたえた事もあります。
それでも、動画内で大僧正のリリース要員としてタイダルを蘇生していたのは完全に無駄でしたね…。これは否定のしようがありません。
どうもプレイ中には「御庭番をリリースして大僧正を出して、ガンターラの効果で御庭番を蘇生する」という発想には至りませんでした(汗

・ランク7エクシーズは出さないのか
デッキ内容は一定ではなく何度か調整していますが、その中でランク7のエクシーズが入っていた時期はほんの一瞬だけでした。
なので、出さない理由は、そもそもランク7自体がエクストラデッキに入っていなかった為です(汗
もちろん、今後の調整次第でランク7をエクストラに入れる事も十分にあり得ます。今はレベル7シンクロやランク4エクシーズが多いです。

・相手のプレイングが…
今回の動画の中では、特に【六武衆】デッキとのデュエルでそれが顕著でしょうか。勝てて嬉しかったデッキだけに試合を保存していたのですが、リプレイを見て唖然としました。
相手がフィールドがガラ空きで手札1枚だけ、一方こちらは手札のモンスター(しかもそれなりに打点も高い)を通常召喚するか死者蘇生で適当なモンスターを蘇生すればライフを削り切れる、という状況ならば、私でも召喚するなり死者蘇生を使うなりすると思います(流石に両方はしませんが)。
まあ私もうっかりミス(計算間違いなど)によって、ライフを削り切れる筈だったのにモンスターを展開しなかった事はよくありますが(汗


これからも【氷結界】デッキを色々と試してみたいです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

虚空海竜リヴァイエール

今回紹介するカードは虚空海竜リヴァイエールです。


虚空海竜リヴァイエール

虚空海竜リヴァイエール
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/風属性/水族/攻1800/守1600
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で、
ゲームから除外されている自分または相手の
レベル4以下のモンスター1体を選択して自分フィールド上に特殊召喚する。



GENFで登場したランク3のエクシーズモンスターです。
同弾で登場した「除外海産物」の系統のカードであり、属性や除外に関連する効果を持っている点も共通しています。もちろん、このカード自身も海産物です。
名前の付け方も、前半の「虚空海竜」という部分が、除外海産物の多くの名前に共通する「空や翼を連想させる単語(虚空)+海産物を連想させる単語(海竜)」という付け方の法則に当てはまっています。ただ、「漢字表記+カタカナ表記」という名前の付け方は、他の除外海産物とは異なっています。
除外海産物のモンスターはスピアフィッシュソルジャー以外全てレベル3であるため、【除外海産物】でもこのカードをエクシーズ召喚する事ができます。

効果は、エクシーズ素材1つを取り除く事で除外されているレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚するというものです。
メインデッキを圧迫せずに、墓地のカードに比べて再利用しにくい除外されたカードを再利用できるのは大きな魅力です。
奈落の落とし穴次元幽閉などで除外された下級モンスターも、この効果で再利用できます。
特筆すべき点として、このカードは相手のモンスターも再利用する事ができます!
なので、相手の下級モンスターを除外してこのカードで「奪う」といった戦術を取る事もできます。

このカードは素材指定の無いランク3エクシーズなので、レスキューラビット魔界発現世行デスガイドクレーンクレーンを使えば1枚の手札消費で出す事ができます。
封印の黄金櫃でデッキから下級モンスターを除外し、それらのカードによってこのカードを出し、効果を使って黄金櫃で除外した下級モンスターを特殊召喚する、という戦術が強力です。
もちろん、除外したレスキューラビットを再利用する事もできます。ただし、1度効果を使ったターンにはもうレスキューラビットの効果は使えません。

同じランクで同じ素材、更に同じく除外されたモンスターに関する効果を持つカードとして、潜航母艦エアロ・シャークが存在します。
エアロ・シャークは自分の除外されたモンスターしか参照にしないのに対し、このカードは相手の除外されたモンスターも再利用できます。
また、こちらは効果によってフィールドアドバンテージを得る事ができます。総じて、エアロ・シャークよりもこちらの方が使い勝手は大きく勝っています。
エアロ・シャークが使い道が無いエクシーズモンスターだと言われているのは、効果の発動し難さや貧弱さ、アニメ版とのギャップだけでなく、このカードの存在によるところも大きいと思います。

ランク3の海産物という事で、シャークのデッキにも問題無く投入できます。
このカードの属性は水属性ではないものの、アクア・ジェット等の、海産物に関する種族サポートは共有できます。
浮上シャーク・サッカーハンマー・シャークバブル・ブリンガーを使えばエクシーズ素材を揃えやすいでしょう。
また、シャークの使用モンスターの中には除外に関する効果を持つものも存在するので、このカードと組み合わせて使う事ができます。
特にキラー・ラブカはこのカードを攻撃から守る事ができる上に、除外した後もこのカードの効果で特殊召喚し再利用する事ができます。レベル3という事でこのカードの素材にする事もでき、相性は抜群です。

悩みとしてまず挙げられるのは、打点の低さです。
攻撃力は1800とエアロ・シャークよりも低く、下級アタッカーにも簡単に殴り倒されてしまう程の数値です。
シャークのデッキや【除外海産物】で、除外とこのカードの効果を駆使して上手く回せたにも関わらず、打点が足りない為どうにもならなかった、という事が今までに何度もあります…。
上記のアクア・ジェットやキラー・ラブカ等で補いたいところです。
あとエアロ・シャークと同じように、除外されているカードが無ければ効果を使えないため、エクシーズ素材を積極的に取り除きにくいという悩みもあります。ただ、打点が低く、どちらかと言えばコンボ向けのカードなので、この点で困るケースは少ないかもしれません。
このカードは相手の除外されているカードも利用できるものの、特殊召喚できるのはレベル4以下のモンスターだけであり、レベル5以上や蘇生制限のあるモンスターは特殊召喚できないので、間違えないように気を付けたいです。

また、「本場」と言える除外海産物との相性はそんなに良くありません。
除外海産物の多くが自身を除外し、次の自分のスタンバイフェイズ時帰還できる効果を持っているため、わざわざこのカードの効果で帰還させる意義は薄いです。そもそも、【除外海産物】でこのカードをエクシーズ召喚する機会自体がそんなに無いような気がします。
使うならば、エアジャチの効果の発動コストとして除外したカードを帰還させるのに活用したいところです。

このカードは、属性や種族が紛らわしいカードだとよく言われます。
名前には「虚空海竜」とあるにも関わらず、種族は海竜族ではなく水族なのです。
水族と海竜族は近い種族であり、共有できる種族サポートは多いものの、海底に潜む深海竜などのどちらか一方の種族にしか対応しないカードを使う際には気を付けたいです。
属性についても、水族といえば水属性のイメージが強いものの、このカードは水属性ではなく風属性です。
したがって、効果発動時に海皇の狙撃兵などの海皇のモンスターを素材として取り除いたとしても、海皇の効果を発動させる事はできません。
セイバー・シャークダブルフィン・シャークの効果を発動したターン内には出せなくなる点にも注意が必要です。

力不足感はあるものの、除外された下級モンスターを再利用しフィールドアドバンテージを稼ぐ事ができるので、ランク3エクシーズの中でも強力な1枚です。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

氷結界の龍 ブリューナク

今回紹介するカードは、現在禁止カードに指定されている水属性モンスターの1体である氷結界の龍 ブリューナクです。
2012/9/1に禁止カードに指定され、それ以来現在までずっと禁止のままです。


氷結界の龍 ブリューナク

氷結界の龍 ブリューナク
シンクロ・効果モンスター(禁止カード)
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
手札を任意の枚数墓地へ捨て、
捨てた数だけフィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。



「氷結界」に属するシンクロモンスターの1体です。
シンクロ召喚の黎明期から活躍しており、レベル6シンクロとしてはゴヨウ・ガーディアンと双璧を成していました。
かつてレベル6のシンクロが「強力だ」と見なされていたのは、これら2体によるところが非常に大きかったです。
このカードは、レベル6シンクロ、引いてはシンクロモンスターのものを象徴する1枚と言っても過言ではありません。

手札を任意の枚数墓地へ捨て、その枚数分だけフィールド上のカードをバウンスできるという、極めてに強力な起動効果を持つカードです。
捨てるカードの種類にも枚数にも何ら制限は無く、おまけに効果の発動回数にも制限が無いため、手札さえあれば1ターンに何度も効果を使う事ができます
更に、バウンスするフィールド上のカードにも、カードの種類や持ち主の指定がありません。したがって、発動のしやすさに加えて、バウンスできるカードの範囲も非常に広いです。

このカードのバウンス効果は、特に相手のカードの除去手段として活躍します。
「破壊」に対する耐性を持つモンスターをはじめ、場持ちの良いイメージの強いモンスターであっても、このカードのバウンス効果の前では無力だったりする事が多いです。そういった破壊耐性持ちモンスターへの対抗手段として重宝します。
また、複数のモンスターを並べての強力な布陣であっても、それらの内1枚でもバウンスできれば、相手の布陣をなし崩しに崩壊させていく事ができます。
レベル6にしては攻撃力はやや低いですが、それを補って余りある程に効果が強力です。なので、効果で相手の場を除去してからのフィニッシャーとしての大活躍していました。

自分のカードを手札に戻せるのも大きな利点です。
氷結界には、同じレベル6でセルフバウンスの戦術に利用できるドゥローレンが存在しますが、このカードは上述の様に使用回数に制限が無いため小回りが利き、シンクロ素材に指定が無い事もあってドゥローレン以上に様々なループコンボに使用されていました。
自分の場のカードを戻す場合、捨てる手札1枚につき1:1交換なので、手札枚数が減る事はありません。
早すぎた埋葬生還の宝札といった、最終的にこのカードによるループコンボが決め手となって禁止になったと言っても過言では無いカードも存在します。

除去能力に乏しい【氷結界】にとっては、除去要員として重宝します。
同じ「氷結界の龍」であるグングニールも除去要員として活躍できますが、除去できる範囲はこちらの方が遥かに上です。
上記の様に非常に強力な効果を持ったこのモンスターを、守護陣などのロックの形成に使えたり、大僧正御庭番で耐性を付ける事ができるというのは、【氷結界】デッキならではの大きな利点だと思います。
更に、伝道師ガンターラの効果によって、墓地へ行った後も蘇生する事ができます。

【氷結界】以外の水属性のデッキとも相性は抜群です。
このカードの効果の発動時に、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇の下級モンスターを墓地へ捨てる事で、それらの効果を使用できます。
重装兵狙撃兵を捨てれば、1枚のコストで2枚のカードを除去する事も可能です
竜騎隊を捨てて海竜族をサーチし、更にその海竜族を捨てるという事もできるので、竜騎隊を実質2枚分の手札コストと見なす事ができます。そこから重装兵や狙撃兵をサーチすれば、2枚分の消費で3枚のカードを除去する事も可能です。
この様に、あまりにも相性の良い海皇のモンスターが登場した事が、このカードの禁止化を決め手になったのではないかとも言われています。
それまで水属性であることは対して重要ではなかったこのカードに「止め」を刺したのが、水属性に関する効果を持つカードだったというのは何とも皮肉な話です…(汗

また、このカードは数少ないフィッシュボーグ-ランチャーのシンクロ先の1体でもあります。
水属性のシンクロ自体が非常に少ない中でのこのカードの禁止化は、特にフィッシュボーグ-ランチャーにとっては痛手だと言えるでしょう。

このカードの禁止後に、同じレベル6で同じくシンクロ素材に縛りの無い獣神ヴァルカンというシンクロモンスターが登場しました。
効果もバウンス効果を持つ点で共通しており、このカードの調整版の様な印象を受けるカードです。

初っ端から登場したこのカードのおかげで、「氷結界はシンクロだけが強い」というイメージが出来上がってしまった事は想像に難くありません。
このカードは素材指定に制限が無いため、「氷結界」とは名ばかりで、上記の様な汎用性の高さからありとあらゆるデッキのエクストラに採用されていました。
これ以降にも強力な氷結界シンクロが登場し、トリシューラの登場によって「氷結界はシンクロだけ」というイメージが決定付けられてしまったと言っても過言ではありませんが、そのイメージを一番最初に植え付け、今現在禁止カードにまでなっているこのカードこそが「氷結界」の原点にして頂点と言えるのかもしれません。
あまりにも強力すぎるこのカードがいるせいで、「氷結界」には長らく碌なサポートカードを与えられなかったんじゃないかとさえ思える程です。今出ている「氷結界」関連のサポートの中で、このカードに対応するものはそんなに多くありませんが…。
登場したての頃は氷結界との相性は良くなく、「氷結界」だけでこのカードを出せる組み合わせが存在しませんでした。DT2弾になって初めて、「術者魔酔虫」という組み合わせで出せるようになりました。
3弾になって同じレベルのシンクロのドゥローレンが登場しても尚この組み合わせでしか出す事ができず、4弾になってようやく「術者+修験者」「風水師ブリズド3体」と選択肢が増えました。

そんな強力無比なこのカードですが、果たして今後緩和される可能性はあるのでしょうか。
今まで禁止に指定された経験のあるシンクロモンスターは4体存在しますが、同じ氷結界の龍であるトリシューラは4体の中でいち早く制限カードに緩和され、最速で禁止になったダーク・ダイブ・ボンバーも、効果をエラッタされた上で無制限にまで緩和されました。
また、海外ではこのカードと共にレベル6シンクロの「双璧」だったゴヨウ・ガーディアンが制限に復帰してます。
つまり、日本と海外の両方を合わせ見ると、禁止経験のあるシンクロモンスターの中で、現在一度も復帰していないのはこのカードだけという事になります。
復帰するならば、DDBのようにエラッタされた上で復帰するのではないかと予想されています。しかし、どんな風にエラッタしたとしても、効果自体はだいたいアビス・ソルジャーの上位互換になってしまいます
私は現役時からこのカードがあまり好きではありませんでしたが、その理由の一つが、当時から水族モンスターの中で一番気に入っているカードだったアビス・ソルジャーをはるかに上回る効果を持っていた為でした(笑
また、エルシャドール・ミドラーシュや魔王龍 ベエルゼ等のように、破壊に耐性を持つ強力なカードが増えた事からも、このカードの復帰が囁かれたりもします。
しかし、エラッタも含めて今後どうなるかは予測できないです。

水属性や氷結界の中でもひときわ強力な部類のこのカードですが、私はどうもこのカードを「水属性」や「氷結界」として見る事ができません(汗
それ程までに、多種多様なデッキに投入され大暴れしたカードです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ

今回紹介するのは、No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツです。
コレクターズパック-ZEXAL編-のて登場した、OCG産のナンバーズの1体です。
以前にも取り上げた事のあるカードですが、当時の記事の内容がかなりいい加減だった為、再び紹介し直します。


No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ.jpg

No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/水属性/植物族/攻3200/守2800
レベル8モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●相手フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、選択されたカードは発動できない。
●フィールド上の植物族モンスター1体を選択して裏側守備表示にする。
●フィールド上のモンスター1体を選択し、
その攻撃力を300ポイントアップする。



水属性としては初となる、ランク8のエクシーズモンスターです。
特筆すべき点として、このカード現在、イビリチュア・ジールギガスと並んで水属性の中で最高の攻撃力を持っています。また、植物族の中でも最高の攻撃力です。
そしてこのカードは、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で発動できる3つの効果を持っています。
それら3つの効果から1つを選択して発動する効果で、いずれの効果も相手ターンでも発動できます

1つ目の効果は、このカードが表側表示で存在する限り、相手のセットされた魔法・罠カード1枚の発動を封じる効果です。
相手が魔法・罠カードを伏せたエンドフェイズ時に、そのターン内に伏せられたカードを選択すれば、チェーン発動される事なく確実に発動を封じる事ができます。
心鎮壷の様な効果ですが、封じられる枚数では心鎮壷に劣り、他のカードのチェーンを許してしまう点では心鎮壷のレプリカに劣ってしまいます。
また、フリーチェーンではないとはいえ、相手のセットされた魔法・罠カードをチェーン発動させる事なく破壊できるナイト・ショットも存在します。
モンスター効果なので一概に判断はできないものの、これらのカードに比べるとどうも制圧力が劣る気がします。

2つ目の効果は、場の植物族モンスター1体を裏側守備表示にするというものです。
「植物族専用の月の書」と言える効果であり、自身も植物族なので自身も対象にできます。
しかし、自身を対象にしたところで、戦闘ダメージを回避したり、攻撃表示や表側表示のカードに影響を及ぼすカードの効果を回避する位しか使い道はありません…。
かと言って相手のモンスターに使用しようにも、相手のデッキに植物族がいなければ何の意味もありません。

3つ目は、場のモンスター1体の攻撃力を300ポイントアップするというものです。
自身に使用すれば攻撃力は3500となるので、このカードの攻撃力は実質的に3500であると見なす事もできます。
この効果による攻撃力の変動は永続的なので、2回使えば攻撃力3800、3回使えば4100になります。
自分の場の他のモンスターの打点を底上げしたり、相手のモンスターの攻撃力を変動させる事でコンボに繋げる事もできます。

さて、このカードの最大の問題は、素材がレベル8モンスター×3非常に重い事に他なりません。
このカードの素材となるレベル8のモンスターは最上級モンスターであり、通常は1体でも場に出すのが大変なのを、3体も必要とするのです。
上で書いたこのカードの3つ効果は、なかなか面白い効果かもしれませんが、このカード自体がランク8で、更に3体もの素材を要するとなれば話は別です。
どの効果も、その重さと釣り合っているとはとても言い難いです・・・。
それだけでなく他のランク8エクシーズの存在も踏まえれば尚更、このカードは非常に厳しい立場に立たされているという事が浮き彫りになります。
1つ目の効果で魔法・罠の発動を封じる事で、それらによるこのカードへの妨害を防いだり、2つ目の効果でこのカード自身を対象にする事で、表側表示のカード等を対象・指定する効果の影響を避ける事ができますが、それらと同じような運用は同ランクでこのカードよりも素材の少ない神竜騎士フェルグラントの効果で自身に耐性を与えた方が手っ取り早いです。
更に、このカードと同ランクでNo.に属する点まで共通しており、それでいてレベル8モンスター×2の素材で出す事ができ、元々の攻撃力の時点で既に3つ目の効果を自身に2回まで使った後のこのカードの攻撃力よりも高い上に、更に確実にこのカードの3つ目の効果の上昇値を上回る打点強化もできる銀河眼の光子竜皇まで存在します。
ランク8の植物族エクシーズとして見ても、素材2体で出せる森羅の守神 アルセイが優秀な効果を持っています。また、あちらは植物族の中で最高の守備力を持っています(値はこのカードの攻撃力値と同じ3200)。
レベル8モンスター×3の素材で出せるカードにも、元々の攻撃力が3つ目の効果を自身に3回使った後のこのカードよりも高い超銀河眼の光子龍が存在します。

水属性ならば、エクシーズ・ディメンション・スプラッシュで素材を2体揃える事ができますが、その発動自体があまりにも非現実的です。
思い浮かんだ方法として、ダブルフィン・シャークの効果でレベル4の水属性・魚族を釣ってそれら2体でバハムート・シャークを出し、その素材にした2体を取り除いてエクシーズ・リモーラを特殊召喚し、その効果で先程の2体を蘇生してからレミューリアのレベルアップ効果を使用すれば、エクシーズ・リモーラ、ダブルフィン・シャーク、もう1体の水属性・魚族の3体をエクシーズ素材にしてこのカードを出す事ができます。
このカードの効果は海皇の効果の発動トリガーにでき、しかもフリーチェーンで発動できるという利点がありますが、海皇をエクシーズ素材にしようにも多くのカードが必要になり、やはり一手間掛かります。

このカードの「87」というナンバーは、花(はな)と掛けていると思われます。まさに植物族で最高の攻撃力を持ったこのカードに相応しい語呂合わせです。
しかしその実態は、【植物族】デッキですらも出す価値がまるで無いと言われる程の悲惨な性能です…。植物姫を素材にして出したところ、「舐めプレイ」呼ばわりされてしまったという声すら聞いたことある程です(実際に否定できませんが…)。
上でも書いたように、アルセイの存在もあるので尚更です。
このカードの一つ前のナンバーである「No.86」は、同じくOCG産のナンバーズのロンゴミアントなのですが、ランク4で素材2体でも出せてその時でも攻撃力が永続的に1500もアップして実質打点3000であり、素材3体以上の場合に至ってはこのゲームの中で最強の耐性を得る事ができるカードです。更に素材4つ以上、5つ以上ならば相手の召喚・特殊召喚を封じる効果やノーコストで相手の場を全体除去できたりと、やりたい放題です。
それに比べてこのカードは、素材指定は無いもののレベル8モンスター3体を素材にしてやっと出せるにも関わらず、上記の様な性能です。
まさに数字一つ違うだけで大違いです。ランクが違うのに加えて素材指定の有無の違いもありますが、それでも出しやすさの面でも雲泥の差です。
攻撃力の上昇値にしろ耐性にしろパーミッションにしろ除去にしろ…、なぜ「No.86」の凶悪さを少しでも「No.87」に分けてくれなかったのか…
一方、一つ後の数字である「No.88」はアニメ出身のデステニー・レオで、このカードと同じランクで素材数と攻撃力も共通しています。進化系のCNo.共々、作中での活躍や使用者補正、特殊勝利のロマンの面で人気があります。

さて、散々な事を書いてきましたが、このカードは個人的には植物族モンスターの中で一番気に入っているカードです。
植物族のアイドルカードでは蟲惑魔(の一部)や植物姫が人気かもしれませんが、僕はそれらよりもこのカードのイラストを気に入っています。
最近遊戯王OCGで登場するモンスターには、氷雪がモチーフに含まれていても水属性ではないものが増えている中で、「月花美神」の名を冠するこのカードは"ちゃんと"水属性なのも個人的にはポイントが高いです。
上でも書いたように水属性の中で最高の攻撃力という点も、嬉しいです。それだけに、上記の様に悲惨な性能なのが残念すぎます…。
アイドルカードとしても話題に挙がる事が少ない気がするのは、やはりカードの性能やそれ故の知名度の低さが原因なのでしょうか…。まあ単純に、「(このカードよりも)蟲惑魔や植物姫の方がイラストが好きだ」という人の方が多いのでしょう。
性能や扱いの悲惨さは、覚醒の勇士 ガガギゴを思い起こさせます。このカードとは「水属性のエクシーズ」「その種族の中で最高の攻撃力」「3体の素材が必要な割には同ランクにライバルが多くてまるで立場が無い」「初登場時のレアリティがレア」と共通点が多いです。個人的に、その種族のモンスターの中で一番気に入っているカードという点も同じです。
このカードもガガギゴも、話題に挙がる事自体が少ないですが、話題なるにしてもしょっちゅう、ここまで散々書いたように「立場が非常に厳しい」という話題のみです。嘲笑され批難すらされる事はあれど、「好きなカードである」という立場から同情されるような事はそんなにありません。
カードをデザインする側の人にも、このような「どうしようも無い」と言われるような性能のカードにも、わずかながらファンが付くかもしれないという事を分かって貰いたいです…(こんな所で何を言っても無駄なのは百も承知ですが)。ましてやこのカードの場合、遊戯王ZEXALで重要な役割であるナンバーズの1体(ただしOCGオリジナル)だったり、登場した時点で水属性や植物族の中で最高の攻撃力だったり、あとイラストも美人ですし。

また、このカードは海外で先行登場したカードですが、海外版と比べてイラストが僅かに変更されています。
日本版では肌色の腹部が、海外版では緑色に塗られています。ようするに露出部分の減少です。
ナンバーズの数字が描かれている部分なのに、大胆な変更です(笑

この記事で挙げた様々な点から、このカードの立場は、まるで無いと言っても過言ではないでしょう…。
好きなカードでありながら、ここまでネガティブな内容で記事を書いたのは、このカード現状もとい惨状を、記事を読んでいる方に少しでも分かっていただきたいと思った為です。頑張って持ち上げて褒めようにも、本当に何も出てこないのが現実なのです…。
あまりにも救いようのない、報われないこのカードを見ていると、「このカードは本当にこれだけで終わりなのか?」という疑問すら湧いてきます。
専用サポートでも、進化先のCNo.でも何でもいいので、とにかく救済処置が欲しくなってきます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

君にVAMP

エクストラパックでは来日の際にイラストが変更されるカードがあったりしますが、今年のEXTRA PACK -KNIGHTS OF ORDER-では早くもそんなカードが1枚確定しています。
それが、このカードです。

ヴァンプ・オブ・ヴァンパイア

ヴァンパイアに属するモンスターのヴァンプ・オブ・ヴァンパイア。ちなみに英語名は「Vampire Vamp」でした。
海外版では吹くと同じような灰色に塗られていた腹部が、来日に際して肌色になりました。
随分と露出度が上がった印象の、まさかの変更でした。

効果自体も、自身や他のヴァンパイアの召喚時このカードより攻撃力が高い相手の場のモンスター1体を装備する効果、効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする効果、効果で装備カードを装備したこのカードが墓地へ送られた場合に蘇生できる効果と、中々に強力です。
高攻撃力モンスターをあっさりと処理できてしまいます。あいてにすると厄介でしょうな(汗

古くから伝統ある「ヴァンパイア」(カテゴリ化されたのは最近ですが)に属しており、その中でも強力な効果を持っているためか、ネット上を見る限りこのカードへの関心・人気は高いです。
それに加えてアンデット族の数少ないアイドルカードであり、更にイラストが変更されたりと、話題が尽きません。
いつの時代も、人気のあるカードは羨ましいです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

Made in JAPAN

先日、こんな動画を上げてみました。



【遊戯王OCG】海外版でイラストが変更された水属性を集めてみたというタイトルの動画で、その名の通り、日本版と海外版とでイラストが異なる水属性モンスターを集めた動画です。

今のところ、23体もの水属性モンスターが、イラストの変更を受けています(ただし、動画で取り上げたのは22体。また、オンライン等で登場した海外未発売カードも含めれば、もっといると思われます)。
以下、様々なケースに分類してその一部を軽く振り返ってみます。載せている画像は、全て日本版のものです。


◇露出部分の減少
氷結界の封魔団 逆巻くエリア マーメイド・ナイト 零鳥獣シルフィーネ 水精鱗-アビストリーテ
主に女性のイラストについて、肌の露出度が抑えられる事が多いです。ただし、その基準は曖昧な気がします…(笑
水精鱗の女性モンスターは皆、お腹やわき腹の露出部分が無くなっています(それぞれの鎧の色と同じ色で塗られています)。
逆巻くエリアは、スカートが延長されています。ちなみに、水霊使いエリア憑依装着-エリア水霊術-「葵」のイラストは変更されていません(ウィンヒータについても同様)。
氷結界の封魔団は、脚部が肌色部分が紫色に塗られており、紫色のタイツを履いているような姿になっています。
これまでありそうであまり無かったような変更の仕方です。わざわざスカート等を延長するよりは楽な変更だと思うのですが。
封魔団の場合、所属が「氷結界」という事で、ふとももが露出したままだと寒そうだからというのもあるのでしょうか。
それにしても、なぜ紫色なんでしょう(笑

◇バストの減少?
SD23-JP010 深海のディーヴァ
海外版のイラストで、バストが縮小される事があるカードも存在します。ここでは載せていませんが、水属性では弓を引くマーメイドプリンセス人魚が該当します。
深海のディーヴァのイラストの変更も、おそらくこれによるものだと思われます。
大抵は「露出部分の減少」や「宗教的な問題」などとセットで修正が行われていますが、これ単独での修正というのは珍しい気がします。

◇武器類の規制
伝説のフィッシャーマン
銃や火器、刃物といった武器関連も、規制の対象になっています。
伝説のフィッシャーマンは、手に持っている武器が、銛からたんぽ槍に変えられてしまいました。
一体、これでどうやって戦えばいいんだ!?

◇宗教的な問題
黄泉ガエル
日本版の死者蘇生のイラストに描かれているような「アンク」や、天使型のモンスターに多くみられるような頭上の輪っかが、「特定の宗教に係わる物体」と見なされ、海外版では削除もしくは他のデザインに書き直される傾向にあります。
黄泉ガエルの頭上にある輪っかもその規制対象になり、削除されています(ガエル・サンデスフロッグ・バリアのイラストにいる黄泉ガエルも同様)。

◇海外から日本へのイラスト変更
No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ.jpg
海外先行販売カードが日本で発売された際に、海外版とイラストが異なっているというケースもあります。
水属性では今のところ該当するのはクイーン・オブ・ナイツのみです。
イラストの変更理由としては、上記の「露出部分の減少」にあたります。海外の規制とは逆に、来日して露出度が上がっています(笑

◇特殊例
マッド・ロブスター
海外版でイラストが変更され、その後日本版でも海外と同様のイラストに差し替えられるというケースです。現在該当しているのはマッド・ロブスターと、他にはお注射天使リリーのみです。
リリーについては、変更前のイラストに描かれていた赤十字が社会的な事情で使用不可能であり、以降はハートマークに修正されていますが、マッド・ロブスターはどういう訳か、イラスト自体が一から描き直されています。
その理由については、変更前のマッド・ロブスターのイラストが他のゲームのイラストと酷似していたからという説が有力です。
尚、上で紹介している動画ではマッド・ロブスターは省いています。
ちなみに、上の画像は変更後のものです。


以上の様な感じです。
こうして見ると、水属性はイラストの変更パターンは一通り網羅できていますね(笑

日本にいる身としては、やはり日本版のイラストの方がしっくり来ます。
遊戯王そのものが元々日本産ですし。大元となった原作でも、フィッシャーマンはたんぽ槍ではなくちゃんと銛を持っています。
ただ、中には「海外版のイラストの方が良い」と言う人もいます。水属性の中で、そういった声を比較的よく聞くのは封魔団でしょうか。
まあ、その辺は個人の好みの問題ですね。

現在は、一部を除く公式大会で海外版のカードが使用禁止になってしまったので、日本版のカードが欠かせないです。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

トモダチ

ガガギゴ関連のストーリーについて、少し触れてみたいと思います。
ガガギゴにとって友好的な立場の登場人物として、以下の二人が登場しています。


我が身を盾に

まずは、切り込み隊長
ツーマンセルバトル絶体絶命などのイラストで、共に他の敵と戦っている姿が描かれています。
上の我が身を盾にのイラストでは、身を挺してガガギゴを守っている様子が描かれています。絶対絶命及びスピリットバリアのイラストの続きで、暗黒の侵略者と戦っている場面だと思われます。
かつて邪悪な心を持っていたガガギゴを、正義の心に目覚めた「ある人物」というのは、この切り込み隊長の事なのでしょうか。

次元幽閉

次に、放浪の勇者 フリードです。
こちらはガガギゴと対峙している姿がよく描かれています。しかし、両者の関係は険悪という訳では無さそうで、マスターガイドによれば「良きライバル」といった関係のようです。
ちなみに、フリードは上記の切り込み隊長の上司だそうです。
上の画像の次元幽閉異次元の境界線、そしてアニメ遊戯王GXで登場したオリジナルカードの亜空間バトルのイラストで、両者が対峙している姿を確認できます。
次元幽閉と異次元の境界線のどちらのイラストでもガガギゴが次元の歪みに飲み込まれているような姿が描かれており(おそらく同じ場面でしょう)、亜空間バトルというカード名からもそれらに近いような雰囲気を匂わせます。
「ガガギゴ」と「フリード」、そして「異次元」とは一体どのような関係があるのでしょうか。
また、ドレインシールドのイラストでは、肉体改造によって正義の心を失ってしまった姿であるギガ・ガガギゴとフリードが戦っている様子が描かれています…。


以下の2枚は近年に出たカードであり、今のところマスターガイドでは何も触れられていません。
いずれも上記の友好的な立場だった登場人物が出ており、対するガガギゴは改造後の姿で出ているので、新たなストーリー展開を予感させます。


好敵手の記憶

好敵手の記憶です。これまでガガギゴのストーリー出てきたモンスターが総登場しています(笑
ガガギゴも、最終形態であるゴギガ・ガガギゴの姿で描かれています。
これまで敵対していた大木人18(の頭部)と暗黒の侵略者を抱えており、その手前には友好的な関係だった切り込み隊長とフリードの二者の姿が確認できます。
切り込み隊長は剣を落としながらも必死に呼びかけているような様子であり、フリードは膝を付いています。

戦友の誓い

次に、戦友の誓いです。こちらは切り込み隊長とギガ・ガガギゴが描かれています。
切り込み隊長は右手を前に差し出して、ギガ・ガガギゴに静止を呼びかけているのでしょうか。
また、我が身を盾にとは真逆の構図で、ギガ・ガガギゴが何らかの攻撃から切り込み隊長を守っているようシーンにも見えます。
左側に切り込み隊長の剣が落ちている事から、上記の好敵手の記憶と同じ場面ではないかとも考えられます。(ギガ・ガガギゴとゴギガ・ガガギゴは区別が付きにくい)
カード名も似ています。しかし、前者は「好敵手」と書いて「とも」と読んでいるのに対し、後者は「戦友」と書いて「とも」と読んでいます。

この事から、これら2枚は別の人物の視点という事になるのでしょうか。
戦友の誓いの方にはギガ・ガガギゴと切り込み隊長しか描かれていないため、この二者の関係が「戦友」という事なのでしょう。
一方、「好敵手」というのはガガギゴとフリードの関係を指していると思われます。
好敵手の記憶のイラストではフリードは一番手前に描かれており、膝をついて俯いた状態で描かれていますが、一応このイラストのメインはフリードなのでしょうか。
切り込み隊長が「戦友」、フリードが「好敵手」という表記法は、上述のマスターガイドの記述ともマッチしています。

これらのカードイラストの背景に一体どのようなストーリーが用意されているのか気になります。
「好敵手」や「戦友」のおかげで、暴走したガガギゴは再び覚醒するのでしょうか。
しかし、覚醒したらしたで、OCGの性能的な面での苦悩が待ち構えているというのはまた別の話です…(汗

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

ファミリア

今回紹介するカードはダークファミリアです。


ダークファミリア

ダークファミリア
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 500/守 500
リバース:このカードが墓地へ送られた時、
お互いのプレイヤーはそれぞれの墓地に存在するモンスター1体を選択し、
表側攻撃表示または裏側守備表示で特殊召喚する。



発動するだけで何の処理もされないリバース効果と、そのリバース効果の発動及び適用後に墓地へ送られた時に、お互いの墓地のモンスター1体を表側攻撃表示または裏側守備表示で蘇生する効果を持っています。
一括りの効果ですが、厳密にはこのような2つの効果に分かれています。

第2期に初登場した一見地味なカードにも関わらず、完全蘇生を行えるので、思わず目を疑ってしまいます(笑
リバースした後にはどのような方法で墓地へ送られた時でも効果を発動します。強制効果なので、タイミングを逃す事はありません。
裏側守備表示のこのカードが攻撃されて戦闘破壊され墓地へ送られた時でも効果を使えるのは嬉しいです。
ただし自分だけでなく相手のモンスターも蘇生させてしまいます。なので、バトルフェイズに効果を使った場合、相手が高攻撃力のモンスターを表側攻撃表示で蘇生して来て、そこから追撃を受けてしまう恐れもあります。
相手の墓地から蘇生するモンスター及びその表示形式を決めるのは、このカードの使用者ではなく相手側のプレイヤーなのです。

このカードの蘇生効果は、相手か自分の墓地どちらかに蘇生できるモンスターが居なくても効果は発動し、適用されます
お互いの墓地に蘇生できるモンスターが居ないと発動できない浅すぎた墓穴とは裁定が違うので気を付けたいです。

場にセットされたこのカードが存在し、かつ墓地にもこのカードが存在する場合、無限にこのカードを使い回し続けることができます
場にセットされたこのカードがリバースした後に墓地へ送られた時に、効果で墓地にいる方のこのカードを裏側守備表示で蘇生することで、自分の場及び墓地が、先程のリバース前の状態に戻るのです。
ただし、相手の墓地に蘇生できるモンスターがいれば、こちらが無限ループを行っている間に相手はモンスターをどんどん蘇生していってしまいます(汗

さて、このカードには個人的にはちょっとしたトラウマがあります。
このカードはDT9弾に収録されており、上の画像もDT9弾のものです。
どんなトラウマかというと、DT9弾をやった時に、このカードが3枚連続で排出された事がありました。つまり、300円を払って手に入ったのがこのカード3枚という事に…。
DTで同じカードが2枚連続で排出された事は何度かありますが、3枚連続で出たのは後にも先にもこのカードだけでした。
なので、それ以来このカードを見る度にその事を思い出してしまいます(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

Just for...

PRIOでの過去のテーマの劇的な強化について、ネット上で
背中が痒くて、痒い所に手が届かなくて困ってた所に「全自動背中かき機」を貰ったかのような強化だ
という風に例えている書き込みを見た事あります。
それ程までに、各テーマの使用者の需要を満たし、かつそのテーマを強化するカードが出たという事です。
PRIOに限らず、WP枠のカードなど特にそれが顕著です。
自分の使っているテーマ・好きなテーマにそのようなカードが出る喜びは計り知れないものでしょう。

そんなPRIOで強化された水属性のテーマは「ペンギン」のみでした。そして出たカードは否定ペンギンです。
ペンギンの中でも有力なカードであるペンギン・ソルジャーとペンギン・ナイトメアと特に相性が良い点では「需要を満たしている」かもしれませんが、【ペンギン】自体が元々テーマデッキとして成り立っていないレベルでした(現に、遊戯王カードwikiには【ペンギン】デッキの記事がありません)。
そしてそれは、否定ペンギンが出た後も変わりませんでした…。

自分が使っている以外のテーマに強化カードが出ると、羨ましく、更に言えば妬ましく感じるものです。
「自分が使ってるテーマにこそ、こういう効果を持ったカードが出て欲しかったのに…」という気持ちすら湧き上がります。
例えば、過去には「レベル4・攻撃力1900で、召喚成功時に手札から自身と同じテーマ内の下級コンスター1体を展開できるが、同テーマ内のシンクロモンスターのシンクロ素材にしかできない」という効果を持ったXX-セイバー ボガーナイトを見た時に「氷結界にこそ、こういう効果持ちのモンスターが欲しかった」と感じたものです。
最近では、「レベル4・攻撃力1800で、相手に戦闘ダメージを与えた時に、自身と同じテーマに属するカード1枚をサーチできる」という効果を持ったH・C 強襲のハルベルトを見た時に、「水精鱗にこそ、この効果持ちのカードが欲しかった」と感じました(というか、ハルベルトが出る前からずっとこういう効果持ちの水精鱗が欲しいと思ってました)。

逆に、私が使っているテーマである「氷結界」にある万能サーチ魔法カードの氷結界の紋章は、他の多くのテーマにとって欲しいと思われているカードあのかもしれません。
「なんで氷結界ごときが万能サーチを…」と思われる事もあるでしょう。
まあ、ハルベルトの記事でも書いたように、他のテーマには魔法・罠もサーチできるなど、更にクオリティの高いサーチ効果持ちのカードがあるテーマもあったりしますが。

しかし、PRIOで過去のテーマが強化されたと言っても、今の環境ではそれらのデッキは見る影もありません
PRIOの時代に、WP枠やアーティファクト等の恩恵を受けて環境トップに君臨していた先史遺産でさえも、その次の弾のDUEAが発売されて以降の大会の上位では影も形も無くなっていました…。
PRIOでの強化について「全自動背中かき機」、もしくは「鬼に金棒」どころか核兵器を持たせたようにすら感じていたマドルチェも、以前このブログで、チューナーや専用シンクロが出た事によってかなりヤバいのではないか?と書いた事があったライトロードについても、やはり現在の環境トップには至っていません。
今や大会の上位は【シャドール】や【クリフォート】及びそれらの派生デッキばかりです。それ程までに、DUEAに出た新規テーマは桁違いに強力だったのです。
極端な話、現在の大会上位の結果だけで言えば、「ペンギン」もPRIOで出た他のテーマも大差無いと言えるのかもしれません…。
そして、長らく強化されていない「氷結界」は、それら以上に大きな差を付けられています。

いくらテーマにマッチしたカードが出てそのテーマが強化されたとしても、それ以上に環境とマッチしていなければ結果を残せないというシビアさを、改めて思い知りました。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード