生存報告

個人的な都合で、しばらくの間更新を停止しております。
再開がいつになるかはまだ未定です。
どうぞご了承ください。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

求心 No出ん

EXTRA PACK -KNIGHTS OF ORDER-の最大の狙いは旧神ノーデンです。
強力な効果から注目度が非常に高いカードです。
水属性を使っている身としても、その性能や、コレクターズパック-伝説の決闘者編-以来の市販パックの新規水属性の1体という事でおおいに注目していました。
そんなノーデンを目当てにEP14を買っているのですが、今の段階で当たっているウルトラレア・スーパーレアのカードは以下の通りです。

EP14

これらの他に、エクストラシークレットレアカードのE☆HERO 盤面の執行者が1枚、シークレットレア仕様のゼラの天使1枚当たっています。
が、ものの見事に旧神ノーデンだけが1枚も当たっていません
中には3枚当たっているスーレアも3枚あるのに、ノーデンだけが0枚…。
「3枚当たったスーレアがノーデンだったらどれだけ良かった事だろう」と思わずにはいられません。というか、僕は毎回トップレアのカードを1枚も引き当てられないので、今回のノーデンに限らず毎回、「よく当たるスーレアが、トップレアのカードだったらどれだけ良かった事だろう」という気持ちに駆られています。
そして、あと一つ思う事があります。逆に、ノーデンのような高レートカードばかりが当たる人もいるのだろうか、と。

トップレア級のカードだけが見事に当たらずに結局シングル買いするよりも、先にトップレア級のカードを当ててから他のカードを買っていくほうが絶対にいいというのが僕の理想論なのですが、
よくよく考えてみれば、果たして先にノーデンが当たったとして、その後に他のカードを買う事なんてあるのか?
後々使いたくなる事もあるかもしれませんが、少なくとも今は、どれも使う予定はありません。
それを考えると、カードをコンプリートするという意味ではこれで良かったのかもしれません。
それでも途方もない敗北感しか感じませんが…。

これからの環境は「ノーデン環境」とさえ言われています。それ程までにノーデンの効果は強力であり、畏怖されているのです。
そこから更にエスカレートして、冗談なのか本気なのか、某所ネタの一環で「ノーデンを入手するか遊戯王OCGを辞めるか」という風な言い回しまで見受けられます。
これを真に受けて、案外ここで身を引く方が無難なんじゃないかと思えて来ます。ノーデンはさておき、どうせ僕の望む氷結界は、水属性は、今の遊戯王OCGには無いのだから…。

僕が今のところ最も高い値段でシングル買いしたカードの1枚は混沌の黒魔術師であり、その時には「どうせ残り半年程の命だ」というのを覚悟の上で買っていました。
しかしノーデンは、その混沌の黒魔術師とは訳が違います。いくらかつての混沌の黒魔術師に勝るとも劣らないほど畏怖されているとはいえ、(簡易融合も含めて)いつ規制されるかは全くの未知数なのです。
おまけに僕が買った当時の混沌の黒魔術師とは違い制限カードでも無いため、複数枚集める必要も出てきます。それに加えて、現在の1枚あたりの値段も、僕が買った混沌の黒魔術師より高いときたものです。
本当に心が折れます…。
メガロアビスゼンマイシャークディニクアビスタイダルと、出た当時は高額カードだった上に複数枚必要だったカードは、結局シングル買いで済ませていました(ゼンマイシャークのみ買ったのは1枚だけ)が、今ではいずれのカードも当時の面影など感じられない程にレートが下がっています
高額で買った僕は、これらのカード(特にタイダル)の現在のレートを見る度に、「こんな酷い仕打ち、人間のする事じゃねぇ!」と言いたくなる程です(笑
ノーデンもいずれはこんな風に値段が下がる日が来るのでしょうが…それがいつどの様な形で訪れるのかは今の段階では全く分かりません。これもまた、ノーデンをシングル買いするかどうか悩む一因です。
ただ、僕がノーデンを買えば後で暴落し、ノーデンを買わなければそのまま高値を維持し続けるんじゃないかと思えてきます。

水属性について何かにつけてあーだこーだ言っておきながら、毎回その水属性の目玉カードを引き当てられないというのは、我ながらみっともないです…。

ノーデンが1枚も当たらずに困っている人からの拍手をお待ちしています。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

No.13 ケインズ・デビル&No.31 アベルズ・デビル

今回紹介するカードは、No.13 ケインズ・デビルNo.31 アベルズ・デビルです。
2体で一組となるランク1・闇属性・悪魔族のエクシーズモンスターであり、共にNo.に属しています。


No.13 ケインズ・デビル

No.13 ケインズ・デビル
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/闇属性/悪魔族/攻 500/守 500
レベル1モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上のモンスターは、全て表側攻撃表示になり、
このターン攻撃可能な場合このカードを攻撃しなければならない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、自分フィールド上に「No.31 アベルズ・デビル」が存在する限り、以下の効果を得る。
●エクシーズ素材を持っているこのカードは戦闘及び効果では破壊されない。
●このカードへの攻撃によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。


No.31 アベルズ・デビル

No.31 アベルズ・デビル
エクシーズ・効果モンスター
ランク1/闇属性/悪魔族/攻 500/守 500
レベル1モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
相手フィールド上のモンスターは、全て表側攻撃表示になり、
このターン攻撃可能な場合このカードを攻撃しなければならない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、自分フィールド上に「No.13 ケインズ・デビル」が存在する限り、以下の効果を得る。
●エクシーズ素材を持っているこのカードは戦闘及び効果では破壊されない。
●このカードへの攻撃によって発生する自分への戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。



属性・種族・ランク・攻守の値・効果が完全に一致しています。もう一方が場にいる時に追加効果を得る事ができ、その追加効果も同じです。
両者の効果テキスト欄の違いは、「No.31 アベルズ・デビル」「No.13 ケインズ・デビル」の部分のみです。

単体で効果を使用した場合は、相手の場のモンスターの表示形式を変更し、攻撃を強要する効果でしかありません。
なので、両者を併用しての運用が前提となるでしょう。
もう一方が場にいる時には、エクシーズ素材を持っている時限定の破壊耐性と、戦闘ダメージを相手に移し替えることが効果が追加されます。
両者が場に揃った時に、効果によって相手に攻撃表示のこれらのカードに攻撃を強要させれば、大ダメージを与える事ができます。
エクシーズ素材が無くなると破壊耐性も失われてしまうので、1体の効果を2回使うと耐性が失われてしまいますが、2体がそれぞれ1回ずつ効果を発動すれば耐性を維持する事ができます。
これらのカードを使うならば、レベル1モンスターを複数体展開しやすいデッキを組みたいです。

エクシーズ素材を取り除いて発動できる効果はフリーチェーンであり、自分・相手のどちらのターンでも使う事ができます。
自分のターンに使えば単に相手のモンスターの表示形式を変更する効果にしかならないです。やはり、攻撃を強制させられる相手のターンに使いたいところです。
両者が場に揃っていなくとも、攻撃反応型のカードを発動させるのに使う運用法も考えられます。
ただ、この効果を相手のメインフェイズ終了時に発動したとしても、メインフェイズが続行してしまいます。

2体が揃えば破壊されなくなるものの、それ以外の除去に対しては無力な点が辛いです。ブラック・コーン号や鳥銃士カステル、強制脱出装置などにはあっけなく除去され、布陣を崩されてしまいます。
反射ダメージ狙いなら基本的に攻撃表示で出す事になるため、S・H・Ark Knightにも弱いです。

これらのカードは漫画版出身のナンバーズであり、共にシャドーが持っているカードでした。シャドーの策略によって、ケインズ・デビルはカイトに、アベルズ・デビルはシャークに回収されました
なので、アベルズ・デビルは「シャークのカード」に当てはまるかもしれません。しかし、シャークの使用カードの中で、アベルズ・デビルの素材になれるのはマーメイド・シャークのみです。
シャークvsカイト戦で強制的にそれぞれの場に特殊召喚され、二人を苦しめましたが、遊馬がシャドーを倒した後には2体ともアストラルによって回収されました。
ちなみにアニメでは、アベルズ・デビルより1つ前の数字であるNo.30も、デュエル中にシャークが奪う形でシャークの場に来るものの、それを逆手に取ってシャークを苦しめた事があり、1つ後の数字であるNo.32も、敵の策略によってシャークに回収されていました。
アベルズ・デビルの周りは、何かとシャークを陥れる為のナンバーズが多いです(笑

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

出て欲しいもの

最近は、神代兄妹のデッキが強化されて欲しいという願望をやたらと強調して記事を書いていましたが、それ以外にも僕が今後出て欲しいと思っているものは存在します。
その一部を羅列してみます。


・新規の「氷結界」カード
氷結界を使っている身としては、新たな「氷結界」の強化が欲しいです。
最近のテーマや最近強化されたデッキと戦っていると、戦力差を感じるばかりです。ハッキリ言って戦いにはついてこれそうもないレベルです。
いい加減、「万能サーチ魔法を持っているにも関わらず、氷結界ときたら・・・」と馬鹿にされるのは嫌です…。

・水属性・レベル8のシンクロモンスター
実は、水属性のレベル8のシンクロモンスターは1体もいません。それどころか、氷結のフィッツジェラルド以降、新規の水属性シンクロ自体が1体も登場していません。
チューナー(特にフィッシュボーグ)を入れた水属性のデッキを使っていると、水属性シンクロの幅の狭さを痛感します。レベル5のシンクロなど、2体いるにも関わらず2体ともフィッシュボーグを素材にできないという有様です。
もうこの際素材指定は無くてもいい!とにかくフィッシュボーグ等の水属性統一デッキで運用できるような水属性シンクロモンスター(特に、これまで1体もいないレベル8)が欲しいです。


これらが望みでしたが、氷結界から設定と龍の力(と属性)だけを継承した、儀式テーマの「影霊衣」が登場したため、これらが登場する事は当分無さそうです…。
もちろん望みは捨てずに行きたいところですが、今のままでは出るビジョンがとても見えないです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

神回避

昨日はEP14ことEXTRA PACK -KNIGHTS OF ORDERの発売日でした。
僕の最大の狙いは、この弾のスーレアにして台風の目(トップレア)であると思われる水属性の旧神ノーデンでした。
そんなノーデンを狙って、昨日一日で箱やパックを回、手に入ったスーレアの種類がこれです。

EP14 スーレア

ダブりを除いていますが、なんとスーレア全6種類の中で見事にノーデンだけが当たりませんでした
主にゲームなどで、敵の攻撃なんかを神業がかった技術や運で避けることを俗に「神回避」と言うそうですが、今回スーレアの中で自分が欲しかった上にトップレアである旧神ノーデンだけが見事に当たらなかった僕の引きは、色んな意味で「回避」と言えるのではないでしょうか。
EP14のノーデンに限らず、ここ最近の弾で、注目度の高い「トップレア」のカードを当てれた試しがありません…。

思えば、これまで自分が「使いたい」と思った水属性の高レアリティカード、特にレートが高い水属性カードに限ってなかなか当たり難い傾向にあるような気がしてなりません。
リバイス・ドラゴンにしろメガロアビスにしろゼンマイシャークにしろディニクアビスにしろタイダルにしろ、今ではどれもそれ程の値段では無いものの、登場当時はデッキを組むために必要枚数を揃えるのには相当苦労しました。シングル買いするかパック買いするか…という葛藤も含めて。
ちなみに上記のカードの中でメガロアビスとディニクアビスは結局1枚もパックで引き当てる事はできませんでした
氷結界のシンクロモンスターについても、グングニール以外はDTで1枚目すら引き当てるのにかなり苦労しました。特にドゥローレントリシューラについてはDTクロニクルでも相変わらずなかなか当たりませんでした。

自分の欲しい水属性に限ってなかなか当たらない事から、自分は水属性を使う資格が無いのではないか?と思う事もしばしばです。
まあ、このブログで水属性関連についてネガキャンしたり好き嫌いしている報いなんじゃないかと言われればそこまでですが(笑

これまでの傾向から、ノーデンのレートもその内下がるだろうとは思っていますが、昨日の段階で当たらなかったのは非常に悔しいです。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

流れ

次の通常パックは、第9期の第3弾にあたります。パッケージの色は赤色です。
この弾において、「強化されるのではないか?」と予想している過去テーマがあります。
それは、六武衆です。

六武衆は、第5期の第3弾にあたるSTONで初登場し、第7期の第3弾にあたるSTORにて劇的に強化され、環境トップにまで上り詰めました。
その流れで、「六武衆には、奇数期の第3弾のパックで劇的に強化されるジンクスがあるのでは?」と言うのです。
一応、第4期の第3弾パックのCRMSにも、一枚だけとはいえ六武衆の関連カードはありました。第8期の第3弾にあたるCBLZでは六武衆の関連カードは1枚もありませんでしたが、同弾で初登場した炎星が、「東洋風なデザイン」という点が六武衆と被ってしまう(厳密に言えば六武衆は和風、炎星は中華風という違いはありますが)のを避ける為だったとも考えらえます。
また、最近もちょくちょく六武衆関連のイラストの魔法・罠が登場している事からも、いずれ六武衆シリーズに新たな動きがある事を予感させます。これまでの流れから、それに最適な弾こそが、第9期の第3弾にあたる次のパックと予想しているのです。
第9期はまだ始まってそんなに経ってないですが、もし六武衆が強化されたなら、第9期という短期間で、弟が主力として使っているデッキは全て強化された事になります。こっちは長い間自分の使ってるテーマの強化が無くて困っているというのに…勘弁してくれ…。

しかし、そんな「流れ」というものもあくまでプレイヤー側が勝手に予測しているものに過ぎず、KONAMIは特にそんなものは意図しておらず単なる偶然だったり、KONAMIのさじ加減一つでその「流れ」が止まってしまう事もザラにあります
ロスト・サンクチュアリの次のストラクチャーに水属性が来なかったり、NECHのWP枠に神代兄妹の強化カードが無かった時などに、それを身をもって思い知りました
あと、僕は霊使いには特に興味はありませんが、それでも正直PRIOで、憑依装着-ライナは出るものだとばかり思っていました(TSHDでの光霊使いライナ以降、各期の第8弾にライナ関連のカードがあったため)。憑依装着-ライナを期待していた人の失望感は大きかった事でしょう…。
同じ六武衆関連で言えば、EXTRA PACKシリーズには、2008年発売のEXTRA PACKから2012年のEXTRA PACK 2012まで、毎年六武衆の関連カードが収録されていました(尚、この事はVジャンプの記事でも触れられています)。
しかし、前回のEXTRA PACK -SWORD OF KNIGHTS-と今回のEXTRA PACK -KNIGHTS OF ORDER-では登場しておらず、EXTRA PACKシリーズにおける「六武衆皆勤」の流れは断ち切られたと言えます。

逆に、妙な流れをそのまま継続させるという事もあります。
例えば、DT世界の水属性テーマは、2番目のリチュアが儀式召喚を中心としたテーマだったのに続き、3番目にあたる影霊衣もまた儀式でした。
この事から、「水属性=儀式」という「流れ」が出来上がってしまっていると言えるでしょう。

ストラクやWP枠への期待から散々翻弄された事で、僕は弾や収録カードの「規則性」「流れ」というものについてはあまり信頼していませんが、今後の展開においても、新たにそういったものが囁かれるようになる事でしょう。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

新規水属性テーマ・影霊衣

新たな「影霊衣」の情報が出ました。
その名も、ユニコールの影霊衣です。

ユニコールの影霊衣
儀式・効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻2300/守1000
「影霊衣」儀式魔法カードにより降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
「ユニコールの影霊衣」の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、「ユニコールの影霊衣」以外の
自分の墓地の「影霊衣」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、エクストラデッキから特殊召喚された
フィールドの表側表示モンスターの効果は無効化される。


ブリューナクの影霊衣のテキストでその存在を示唆されていた、魔法使い族の影霊衣の儀式モンスターです。
イビリチュア・プシュケローネを抜いて、下級水属性モンスターの中で最高の攻撃力を持つカードです。

そして、光属性である魔轟神(魔轟神獣)のモンスターの名を関するこのカードが水属性だという事により、「影霊衣」がDTテーマにおける新たな水属性テーマという事が確定しました。
チューナーやシンクロモンスターを擁する「氷結界」、儀式召喚を主体とした「リチュア」と来て、また儀式なのです。
設定的にも氷結界やリチュアと繋がりがありそうで、このイラストで鎧を纏っている(?)人物はリチュア・アバンスに風貌が似ています。
ステータスや装飾等から、同じくリチュア・アバンスとの関連を疑わせる影霊衣の大魔道士は老人の姿ですが、このカードはリチュア・アバンスと同じような若々しい容姿です。
トリシューラの影霊衣やブリューナクの影霊衣もそうですが、リチュア(特にアバンス)との関係が気になります。
この辺りについて思うところは、また後日改めて記事で書きたい思います。

トライブ・フォースのラインナップは、現在判明している中ではSPTR-JP016 のユニコールの影霊衣と、SPTR-JP020の影霊衣の降魔鏡との間に3枠の未確定枠があります。
この中にブリューナクの影霊衣が入っている可能性もありますが、それを考慮してもあと2枠空きがあります。
それが儀式モンスターなのか魔法カードなのか、それともそれ以外の何かなのかはまだ分かりませんが、初っ端から充実したテーマだと思います。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

リチュア・キラー

あまりにも圧倒的な制圧力を誇るアポクリフォート・キラー…。
水属性には、同じく「キラー」の名を冠したモンスターが、それもあちらと同じDT世界のカードの中に存在するのです。
それが、このカードです。


リチュア・キラー

リチュア・キラー
効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 500/守 800
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
自分フィールド上にこのカード以外の「リチュア」と名のついた
モンスターが存在する場合、
このカード以外の自分フィールド上のモンスター1体を
選択して持ち主の手札に戻す事ができる。



「リチュア」に属するモンスターであるリチュア・キラーです。

自分の場に自身以外のリチュアがいる場合に召喚・反転召喚に成功した時、自身以外の自分の場のモンスター1体を手札に戻す効果を持っています。
リチュアには召喚や特殊召喚の成功時発動する効果を持ったモンスターが多いため、それらの効果を再利用するのに使えます。
また、このカードはイビリチュア・メロウガイストが「リチュア」である事を活かせる数少ないカードの1枚だったりもします。メロウガイストがいる時にこのカードを召喚・反転召喚できれば、効果の発動条件を満たせます。
しかし効果を発動するためには、この低ステータスで召喚しなければなりません。このカードの効果が発動するのは召喚・反転召喚時のみであり、特殊召喚成功時には効果を発動できないのが辛いです。
第一、モンスターを手札に戻すならば、手札から特殊召喚できるチューナーであるA・ジェネクス・バードマンが存在します。現在は制限カードではあるものの、あちらの方が汎用性が高く、格段に扱いやすいです…。

このカードと同じレベル2のリチュアには、サーチ効果を持ったリチュア・アビスや、儀式モンスターをサーチする効果と儀式召喚時のリリース軽減効果を持ったヴィジョン・リチュアといった優秀なモンスターが存在する為、優先度は落ちます。
水族という点を活かそうにも、同じレベル2・水族のリチュアにはリチュア・ヴァニティが存在し、あちらの方がステータスが高いです。効果が使い難い上に、湿地草原を使ったところで攻撃力1700ではどうにもなりません…。
注目すべきは、レベル2のリチュアの中で唯一、デブリ・ドラゴンの効果で釣り上げられる点でしょうか。

容姿がイビリチュア・マインドオーガスの下半身と何処となく似ており、マインドオーガスの進化前であるリチュア・エリアルとこのカードのレベルの合計はマインドオーガスのレベルと一致しています。
何か関係があるのでしょうか?

弟が以前【リチュア】デッキを組んで使った際に、「このカードの効果自体はあって困るような効果ではない」と評していました。
特にレベル6の儀式モンスターなんかは、一度儀式召喚して効果を使うと、それ以降は効果無しも同然のまま居座る事となってしまいます。そんな時に、このカードの効果で儀式モンスターを手札に戻せば、再び儀式召喚する事で効果を使い回す事ができるのです。
その点から弟はこのカードに対して一定の評価をしていましたが、「A・ジェネクス・バードマンで事足りるのでは?」と指摘された際には閉口していました(笑
また、あくまで「あって困るものではない」というだけで、わざわざ枠を割いてまで入れるかどうかはまた別問題です…。
流石にこの時期のカードとなると、ある程度上記の様なシナジーを考慮された上でデザインされたものと思われますが…それにしても使い辛すぎます。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アポクリフォート・キラー

今回は、「氷結界」にとって天敵となるカードを紹介します。


アポクリフォート・キラー

アポクリフォート・キラー
効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻3000/守2600
このカードは特殊召喚できず、自分フィールドの
「クリフォート」モンスター3体をリリースした場合のみ通常召喚できる。
(1):通常召喚したこのカードは魔法・罠カードの効果を受けず、
このカードのレベルよりも元々のレベル
またはランクが低いモンスターが発動した効果も受けない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
特殊召喚されたモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。



クリフォートの切り札モンスターであるアポクリフォート・キラーです。
以前に「天敵」として取り上げた事のあるエルシャドール・ネフィリムに続く、DT世界からの脅威です。

このカードは特殊召喚できず、自分の場「クリフォート3体をリリースした場合のみ通常召喚できるという厳しい制約がありますが、クリフォートはペンデュラム召喚による大量展開を得意とするテーマなので、布陣さえ揃えばあっと言う間にこのカードを出されてしまいます。
クリフォートの万能サーチ装備魔法の機殻の生贄や、同名カード以外のクリフォートをサーチできるペンデュラム効果を持ったクリフォート・ツール、そのクリフォート・ツールをサーチする効果を持った召喚師のスキルの存在により、このカードや他のクリフォートを揃えるのは容易いです。
また、機殻の生贄には装備モンスターをクリフォート専用のダブルコストモンスターにできる効果も持っており、このカードのリリース要員の軽減にも一役買います。

まず、3000という高い攻撃力値が目に付きます。この攻撃力の最上級モンスターは特に珍しくはありませんが、それでも氷結界のどのモンスターでも殴り勝つ事はできません。
そして、このモンスターの攻撃力を更に凶悪たらしめているのが(2)の効果です。
このカードの(2)の効果は、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、 特殊召喚されたモンスターの攻守が500ポイントダウンするという永続効果です。
攻撃力3000以上のモンスターを通常召喚で出すなど極めて困難である事を踏まえると、このカードは実質的に攻撃力3500以上のモンスターでないと殴り倒せないようなものです。
しかも、それですらあくまで最低のラインに過ぎず、相手のペンデュラムゾーンにクリフォート・シェルがいれば、更にこちらのモンスターの攻撃力を下げられてしまいます…。
この効果は双方に影響を及ぼしますが、このカードも含めて、ペンデュラム召喚での展開からのアドバンス召喚を得意とする【クリフォート】には効かないも同然です。

除去効果を持ったカードで除去しようにも、このカードは(1)の効果として、極めて強力な耐性効果を持っています。
このカードは魔法・罠カードの効果を受けず、 このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低いモンスターが発動した効果も受けないのです。
まず、魔法・罠が完全に効かないという時点で明らかにヤバいです…。
そしてモンスター効果についても、このカードのレベルは10なので、レベルが10以上、ランクが10以上のモンスターの効果しか通じません。このカードの前には、レベル9のトリシューラすらも通用しないのです。
水属性でこのカードを除去できるモンスターカードなど、レベル10のイビリチュア・ジールギガスしか存在しません…。それ以外のモンスターでこのカードを除去するには、レミューリア等で強引にレベルを上げるなりの工夫をするしかありません。

そして(3)の効果は、1ターンに1度、相手のメインフェイズに発動できる効果で、こちらの手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らせる効果です。
「墓地へ送る」という行為をプレイヤーに強要させる効果であり、痛み分けと似たような除去手段です。
「効果による除去」とは違うため、この効果の前には御庭番の耐性効果はもちろんの事、素材が3つ以上ある状態のH-C ロンゴミアントの耐性すらも効きません。
墓地へ送るカードは使われた側が決めるものの、対抗のし辛さで言えば、このゲームの中でも最高クラスの除去能力です。

このように、ただでさえ凶悪なこのカードですが、他のカードと組み合わせる事で更なる力を発揮します。
上で書いた様にクリフォートモンスターのペンデュラム効果が厄介なのはもちろんの事、このカードが出た後にもどんどんペンデュラム召喚によってクリフォートが湧いて出てくる事も忘れてはなりません。最悪の場合、2体目3体目のこのカードを出される事も…。
リリースされる側のクリフォートのモンスターにも、リリース時に発動する厄介な効果を持ったカードが存在します。
極めつけには、このカードの召喚後にスキルドレインを発動する事で、このカードの(1)(2)(3)の全ての効果を維持したまま場のモンスターの効果を無効にするというあまりにも理不尽すぎる布陣を形成する事までできてしまいます。先出しならば、スキドレインすら効かないのです。
こうなると本当にどうしようもありません…。

このカードに対して最も有効な対抗手段は、殴り倒す事です。
このカード自体は低レベル・低ランクのモンスターの効果を受けませんが、(スキルドレイン等が無い限りは)それらのモンスターの効果を無効にする訳ではありません。
よって、このカードに影響を及ぼさないようなモンスター効果なら、普段通り問題なく使う事ができます。
ダイヤモンド・クラブ・キングやH-C エクスカリバーといったランク4エクシーズなら、効果を使った後でこのカードを殴り倒す事ができます(前者の場合は相討ちですが)。
しかし、これらのエクシーズモンスターが必ずしもエクストラデッキに入っているとは限りません…。後者に至っては、戦士族の素材指定がありますし。
とはいえ、このカードへの対抗手段として、ランク4エクシーズを出せるデッキにダイヤモンド・クラブ・キングを入れる価値はあると思います。むしろ、今後の【クリフォート】やこのカードの躍進次第では必須にすらなるのではないでしょうか。
自分の場のモンスターの攻撃力を強化するカードを使う手もあります。

【氷結界】では、このカードを突破するのは到底不可能…
…と言いたいところですが、実は湿地草原軸の【氷結界】デッキならば案外なんとかなるかもしれないです。
このカードを含むクリフォートのモンスターは、(特殊召喚した場合も含めて)全て術者のロックに掛かります。このカードは、低レベル・低ランクのモンスターが発動した効果が効かないのであって、低レベル・低ランクであろうと永続効果の影響は普通に受けるのです。
クリフォート・アーカイブによるリリース時の厄介なバウンス効果も、御庭番がいればその耐性によって防ぐ事ができます。
そして、ロックしている間に水影ダイレクトアタックでライフを削って行けば勝利への突破口が見えてきます。
後は、(3)の効果によってロックが解けない様に気を付けたいです。そのために、サルベージで何とかモンスターを確保しておきたいです。
当然除去をくらって布陣を崩されたり、スキルドレイン等でこちらのモンスターの効果を無効化されたりしてしまうとお陀仏ですが、悪くない対抗手段だと思います。
逆に、湿地草原軸以外の【氷結界】では、術者や守護陣の効果でロックはできても、そこから攻める手段が無いので厳しいです…(汗

非の打ち所のない様な強力なステータスと耐性、そして除去能力を併せ持ったカードです。
デッキの構築次第では、このカードを出されるだけで詰むデッキも数多くある事でしょう。
今後、新しい弾やカードが増える毎に、出されると詰む程の強力な効果を持ったカードも増えるかもしれないと思うとゾッとします…。

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

アンバランス?

今、遊戯王OCGで最もポピュラーなモンスターカードは、効果モンスターです。
しかし、効果モンスター以外にも様々な種類のモンスターカードが存在します。
そこで、水属性統一テーマにおける、効果モンスター以外のモンスターカードを数えてみます。

海皇:通常モンスター 1体
ガエル:融合モンスター 1体
影霊衣:儀式モンスター (今のところ明らかになっているもの)2体
氷結界:シンクロモンスター 4体
ペンギン:通常モンスター 2体
水精鱗:エクシーズモンスター 2体
リチュア:儀式モンスター 7体、エクシーズモンスター 1体

以上、合計で通常モンスター3体、儀式モンスター 9体、融合モンスター1体、シンクロモンスター4体、エクシーズモンスター3体が、水属性統一テーマに属しています。
それにしても、圧倒的な儀式モンスター率・・・!
儀式モンスター以外のものは、汎用性はあるもののそのテーマである意義が薄いものが多いですが、儀式モンスターは基本的にそのテーマ専用になっています。
それを考えると、儀式モンスターこそが最も上手くテーマに溶け込めるのかもしれません。もちろん、儀式以外のものももっと増えて欲しいですが。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

最後の希望

新しく出るブースター-トライブ・フォース-では、「新規の融合・儀式・ペンデュラムの3テーマと、既存のシンクロテーマ1つが収録される」という情報がありました。
この情報を知って、「既存のシンクロテーマが「氷結界」であってくれ」と強く願っていました。これが、氷結界が再録・強化される最後の希望なのだと。

しかし、その「既存のシンクロテーマ」とは、BFでした。
遊戯王5D'sでクロウが使用するカテゴリで、最近ではコレクターズパックで新規を貰い、規制されていたカードも悉く緩和されていっているあのBFです。
BFのカードの緩和は、「今の環境では脅威ではない」と見なされている所が大きいでしょう。しかし、使っている側ではなく使われた側としては、猛威を振るっていた時の印象の方が遥かに強いです…。
BFこそが、シンクロ期に環境トップとして君臨していたテーマなのです。その強さたるや、OCGでのBFのあまりの反響の大きさから、アニメ5D'sでクロウをシグナーにしたのではないかと噂される程です。
片や、同じくシンクロ期に登場した氷結界は、シンクロモンスターだけが圧倒的に強く(もちろんブリューナクはBFの強さにも貢献)、シナジーが無いと言われ続けていたテーマです…。まさに月とすっぽんです。

新規の融合・儀式・ペンデュラムの3テーマは、融合が霊獣、ペンデュラムが妖仙獣、そして儀式が影霊衣でした。
霊獣と妖仙獣が風属性で、影霊衣は水属性です。
この新規の情報を聞いた時には「儀式テーマが水属性だったら嫌だ」と思っていましたが、こちらは見事にその通りになりました
NECHのWP枠に神代兄妹の強化が無かった事といい、最近は何だか嫌なことばかりが現実になっていってる気がします…。

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード