スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝王の開岩

今回紹介するのは、SHSPで登場した帝王の開岩です。


帝王の開岩

帝王の開岩
永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
また、自分がアドバンス召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
「帝王の開岩」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
●アドバンス召喚したモンスターとカード名が異なる
攻撃力2400/守備力1000のモンスター1体をデッキから手札に加える。
●アドバンス召喚したモンスターとカード名が異なる
攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体をデッキから手札に加える。



進撃の帝王に続く、アドバンス召喚サポートのカードです。永続魔法であり、自分のエクストラデッキからモンスターを召喚できなくなる点が共通しています。
アドバンス召喚成功時に、アドバンス召喚したカードと同名カード以外の攻撃力2400/守備力1000のモンスターまたは攻撃力2800/守備力1000のモンスター1体をデッキからサーチする効果を持っています。
サーチ先には、各種「帝」モンスターやダーク・アームド・ドラゴンといった強力なものも存在します。
しかし、この効果の発動にはただでさえ重いアドバンス召喚を要するのが最大のネックであり、更に永続魔法故にサイクロン等でチェーンして除去されてしまうと効果が不発に終わってしまうという弱点もあります。
なので、よほどアドバンス召喚に特化したデッキでないと発動は狙い難いでしょう。

水属性のモンスターとしては、攻撃力2400/守備力1000には氷帝メビウスバイトロンジェノサイドキングサーモンマザー・ブレインイビリチュア・ガストクラーケが存在し、攻撃力2800/守備力1000にはグルナードが存在します。
しかし、これらのモンスターをこのカードでサーチする利点は薄いです。
というのも、バイトロンにはキングレムリン、ジェノサイドキングサーモンには召喚師のスキル、マザー・ブレインにはオーシャンズ・オーパー、ガストクラーケにはリチュア・アビスヴィジョン・リチュア、そしてグルナードには氷結界の紋章決起隊と、既に他にサーチ手段が存在するのです。
上述のサーチ効果は発動条件も様々ですが、いずれも少なくともこのカードよりは発動しやすいと思います。決起隊の効果ですらもそう感じます。
唯一、他にサーチ手段を持たないのは氷帝メビウスのみです。このカードはイラストや名前や効果から、明らかに「帝」モンスターをイメージして作られており、氷帝メビウスもれっきとした「帝」の一体なので、まさにメビウスをサーチするのがベストです。

水属性にとっては恩恵の薄いカードかもしれませんが、「帝」モンスターを中心としたアドバンス召喚主体のデッキに入れてみると良いでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。