スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪夢」再び

※この記事は、魔法カード・悪夢再びの紹介記事ではありません。


2011/09/01…この日以降に適用された改訂で、当時私が最も恐れていた大嵐の制限復帰が現実のものとなってしまいました・・・。
この改訂は、私にとっては今なお悪夢として記憶に焼きついています。
そして、それから約2年後の2013年9月下旬、またしても私が最も恐れていた事態が現実になろうとしています・・・。

氷結界の龍 トリシューラ

あの氷結界の龍 トリシューラが、禁止から制限に復帰するというのです。
確かにトリシューラは、禁止カードの中では「もう復帰してもいいのでは?」「いつかは復帰すると思う」と制限復帰を予想・願望する声は多かったです(少なくとも、禁止カードだた4体のシンクロモンスターの中では間違いなく一番多かった)。
復帰待望の声が大きく、私の「絶句」とは裏腹に「復帰するべくして復帰した」とさえいえるような歓迎ムードは、まさに大嵐の時を彷彿とさせます・・・。
トリシューラといえば、シンクロ召喚のギミックのあるデッキのエクストラデッキには間違いなく入っていた1枚です。
シンクロ召喚を狙う場合、「いかにしてトリシューラをシンクロするか?」という点も重要な要素の内の一つだった程です。
そんなカードが果たして本当に復帰していいのでしょうか?

トリシューラは名前に「氷結界」と名がついているものの、【氷結界】デッキにとっては天敵以外の何ものでもありませんでした。
上記の様にこのカードの効果は対象を取る効果では無い為、御庭番の耐性効果も効かず、布陣を簡単に突破されてしまいます。
フィールド上のモンスターだけでなく、伝道師ガンターラにとって重要である墓地や、伝道師の特殊召喚の起点や軍師の効果の発動コストとして使える手札のカードまで除外されてしまいます。
しかも一度除外されたカードは、基本的には再利用する事もままなりません。
【氷結界】デッキに限った話ではありませんが、手札に墓地にと蓄えてきた戦術をすべて台無しにされるあの恐怖をまた味わうことになるなんて…今から考えただけでもゾッとします。
逆に【氷結界】でシンクロしようとした際にはレベルが合わせにくいためシンクロ召喚し辛く、そもそも他のカードと並べる事で効果を発揮するものが多い氷結界にとって、最低でも3体ものモンスターを素材にするというのはどうも噛み合わないです。
以上の点から、トリシューラの復帰は正直言って悔しい無念だとしか言いようがありません・・・。
「氷結界」が好きで、ブログのタイトルにまでしている身でありながら、「氷結界」に属するモンスターであるトリシューラの制限復帰を喜ぶのではなく逆に嘆いているなんて、我ながら変な気分です。

まさか、エフェクト・ヴェーラー王宮の鉄壁など、トリシューラに対して刺さるカードの採用率が増えたから、それらさえ刺されば大したことないとでも判断されたのか?
極端な話、「ヴェーラーが刺さるから許される」のなら、混沌帝龍だって許されてもいい事になります。
私は今まで【氷結界】デッキなどいくつかのにヴェーラーは1枚も入れていませんでしたが、これを期に入れようと思います。デッキ枚数が43枚以上になってでもいいから入れようと思っています
もはやここまで来ると、「無理やりヴェーラーを入れさせられている」ような気さえしますが・・・。
また、トリシューラに刺さるカードである神の警告ライオウは、以前トリシューラが現役だった頃よりも規制強化されています。
なので、トリシューラが相対的に弱体化したかと言われると、決してそんな事はありません

トリシューラの復帰を望む声のひとつとして、「エクシーズ環境にシンクロを活性化させるために復帰して欲しい」という意見を見たことがあります。
しかし、現環境の時点でエクストラデッキ採用率のトップを占めているのは、シンクロモンスターのクリムゾン・ブレーダーであり、それ以外にも多くのシンクロモンスターが上位に名を連ねています。
一方、前の環境ではトップを占めていたのはマエストロークやインヴェルズ・ローチ等のランク4のエクシーズモンスターで、シンクロモンスターの中で最も採用率が高かったのはカタストルでした。
何故カタストルだったのかというと、レベル4のモンスターと、上でも名前を挙げたレベル1のチューナーであるヴェーラー(前環境どころか現環境でもモンスターカードの中で採用率がトップ)との組み合わせでシンクロできるからに他なりませんでした。
さて、トリシューラはレベル1チューナー+レベル4モンスター2体という組み合わせでもシンクロできます。
つまりどういう事かと言うと、現環境でクリムゾン・ブレーダーを出していた様なもともとシンクロギミックの入っていたデッキはもちろんのこと、前環境で活躍していたレベル4やランク4エクシーズ主体だったデッキでも、ヴェーラーさえ入れればトリシューラを出せるということです。
前環境のトップデッキおよび現環境での3番手以降のデッキは、水精鱗をはじめトリシューラが禁止になった後に登場したテーマがほとんどです。それらのデッキにも、間違いなくトリシューラが採用されることでしょう…。
トリシューラを出すギミックがないデッキでも、ヴェーラーさえ入れれば出せるようになるのだから。
また、最近のシンクロプッシュも、トリシューラのシンクロ召喚のバリエーションの増加に拍車を掛けています。
このシンクロプッシュで水属性のシンクロモンスターが増えない事に憤りを感じていましたが、まさか「過去の遺物」を復活させるという形で水属性のシンクロモンスターを増やしてくるとは…。
現環境でエクストラデッキ採用率のトップがクリムゾン・ブレーダーであることも踏まえると、次期環境ではトリシューラがトップになるのは火を見るよりも明らかです
同じく制限復帰を騒がれたカードでも、光と闇のモンスターを必要とする上にエクストラデッキのモンスターではない開闢などとは訳が違うのです。

このカードの復帰に一番喜んでいる、もとい満足しているのは間違いなく【インフェルニティ】デッキでしょう。
トリシューラが無くてもやりたい放題できたデッキだったのに、そこにさらにトリシューラが帰ってくるのだと思うと、本当に恐ろしいです・・・。
今までADSで【インフェルニティ】と戦った時は、相手にインフェルニティ・ガンが来たのを確認した時点でサレンダーボタンを押していましたが、これからは相手のデッキを【インフェルニティ】だと確認した時点でサレンダーしようかとさえ思います。
あとトリシューラと言えば、インフェルニティ使いの「鬼柳京介」の声優の小野友樹さんが考えたオリジナル口上が割と有名ですが、正直これを目にする度に何とも言えない嫌悪感を覚えます…。

ブリューナクが禁止でトリシューラは現役」という状況はこれが初めてです。なので、様子見として「一時解放」されたのではないかとも考えられます。
もっとも「様子見」程度では済まない程の凶悪カードなのは誰の目から見ても明らかですが…。
また、フィッシュボーグ-ランチャーとトリシューラが本格的に共存できるのも次の環境が始めてです。

これを期に、私がまだ1枚も持っていないDTC版のトリシューラがショーケースに並ぶことでしょう(在庫のある店では)。
しかし、以前現役だった頃のようなとてつもない値段に戻るんでしょうか?

とりあえず、なんて事をしてくれるんだ、KONAMIと言う以外に言葉が出てきません…。
トリシューラ以外にも規制緩和されるカードは、黒い旋風ベストロウリィなど、各デッキの主力級のカードが名を連ねています。
これらを軸としたテーマは、あくまで近年の環境で結果を残せていないだけで、たとえ制限であったとしてもそのカードパワーの強力さは健在、少なくとも氷結界ではとても歯がたたない程だという事は、ADS等で嫌と言うほど味わいました。
もちろん、主力級のカードが緩和されたことによって、それらのデッキでもトリシューラが出しやすくなるのは言うまでもありません。
氷結界にとって次期環境は、「トップ二強が強すぎた」と割り切る事ができた現環境よりも厳しいものだと言えるでしょう。

このブログでは、新情報については、基本的に情報が一般に公表される、例えばその情報が掲載されている雑誌などの発売日になるまでは取り上げない方針でいます。
新情報に関する書き込みがあっても、正式な公表・発売日まではそれらに関する返信は行いません。
しかし、大嵐の復帰の時もそうだったように、あまりにもショックが大きかったので例外的に次期改訂について取り上げました。
確定ソースの画像が出る前にも情報自体は出ていましたが、信じたくありませんでした。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

ある意味では必要悪みたいに考えられているのでしょうね。最近増えてきている破壊耐性持ちや対象にできない効果に対する最高のメタとも言える効果ですから。ただ、トリシューラは一度でも効果を通してしまうと余程のデッキでない限り負け確定な状況に追い込まれてしまうのですよね。デッキパワーの低いデッキなんかはトリシューラを自分で召喚するのが難しいですから、強いデッキと弱いデッキの差がさらに広がる原因になる気がします。エクシーズ寄りのデッキなどは特に。

個人的にそろそろTGストライカーを準制限にしてほしいと思っていましたがトリシューラが帰ってくるとなるとそれは無理そうですね(笑)

インフェルニティのトリシューラに対しては煉獄の落とし穴で返すのがイメージ的にはいいですよ

笑えない冗談は置いといて、出す方法よりは出されたときの対策の方が問題ですよね、エクシーズ普及でシンクロ可能な釣り上げモンスターも増えヴェーラー含めた4+4+1、統一しやすい3+3+3といった具合に出やすさが以前よりも上がってるからより多くのデッキで見かけることになるでしょうね。

とりあえず、GDBとGS2013の売り上げが上がりそうです。

No title

トリシューラは氷結界のモンスターでありながら、氷結界の天敵なんですよね。何とも複雑です・・・。制限改訂が一年に四回になるので、すぐまた禁止になる可能性もありますが、成り行きを見守りましょう。

シャーク&璃緒DPはアビス・スプラッシュの弱体化の影響で雲行きが怪しくなっていましたが、ダブルフィン・シャークとサイレント・アングラーの収録が決まって期待ができるようになりましたね。

特にダブルフィンは墓地か手札からのただの同名ssになると思いきや、吊り上げ範囲がかなり広くなって、シャークデッキで待ち焦がれていたアドを取れる下級になりました。サルベにも対応しているし、嬉しい限りです。

No title

とうとう戻ってきてしまいましたね・・・
こうなったら逆に存分に暴れてもらって
とっとと、次の制限時に再び禁止に戻ってくれることを願います
中途半端にいるのがもっとも厄介だと思いですので。

このカードも素材が『氷結界』縛りとかになっていれば
逆転の奥の手になってかもしれないと思うと残念です。

いつか封印して無事に飼いならしたグング以外の
氷結界の『味方』の龍が出ることを待っています。

帰ってきましたね…トリシュは汎用性高すぎてシンクロデッキなら必ず入るという……
また敵が増えましたよ(笑)

そういえばシャーク編でアングラーとかが来ましたね!
効果もそれなりなので嬉しいですよ
なんか激流葬も再録だとか(笑)

トリシューラは何故生まれてきたのだろう?
そんな風によく思います
これが、同じ効果でも「魔轟神トリシューラ」や
「ドラグニティナイト-トリシューラ」だったら
どれだけ憎しみが軽くなったことやら・・・
そもそも氷結界というカテゴリとしてデッキを組むなら、
極力シンクロやエクシーズをしない方向に落ち着くので
はっきり言ってこのカードは無縁です
出せないことも無くはないですが、
それより相手に使われて悔しい思いをした回数の方が
圧倒的に上回っていて、
その度に「本家氷結界なのにね」みたいな皮肉を言われて
・・・
もう本当に何故生まれてきたのだろう?

すいません、愚痴ってしまいました。
水神の護符はドゥローレンを使って
結構上手く使えるかなーと思いましたが、
結局永続魔法だから割られて終わりって気がします

僕は今はとにかくダブルフィンシャークとサイレントアングラーのOCG化が嬉しいので結構プラス思考できそうです
単純に水属性と魚族のサポートがこんなに嬉しいとは...

No title

トリシュ復帰・・・
うーむ、自分の氷結界はLV9シンクロもしやすいようにはしてるんですけど・・・
IFが怖いですね^^;
まぁ、ヴェーラーがまた必須ですね。
で、ヴェーラーが手札に無かったら「ヴェーラー引けないのが悪い」状態ですかね。
あぁ、友達のメインがIFだしな・・・満足させぬようにヴェーラーを引かなくてはいけなくなるのか。

No title

今の【インフェルニティ】はエクシーズ型だから、トリシューラ使われることは無いがビートル型はまた使われそう

増殖するGとかどうですヴェーラーが来る確率が上がりますよ

とりあえず11月には禁止になってほしいな

自分含め周りが復帰組ばっかりで、使いたいから緩和しろとか言ってたけど、正直使われた時のこと考えると絶対に緩和してほしくなかった
体験したことないけど、どう考えたって化け物でしょコイツ

No title

ドゥローレン型なのでトリシューラ自体どうとでもなるというか、正直対処法の少ないゲーテの魔導書のほうが怖いので、久々に使える嬉しさのほうが大きいですね。

No title

>名無しの方
コメントありがとうございます。
トリシュが必要悪か絶対悪か?という議論は以前から結構見かけましたね。このブログでも記事にした事がある気がします。
確かにトリシューラは厄介な耐性持ちのカードを突破できる手段ではありますが、強いデッキとそうでないデッキの格差を広げるようなカードでもあると思います。
TGストライカーは海外の改訂では緩和されていますね。

>葵さん
コメントありがとうございます。
煉獄の落とし穴は、トリシュ復帰の第一報が出た前日に1枚売ってしまいました…(泣
またありとあらゆるデッキからトリシューラが出て来るのかと思うとゾッとします。本当に。

>素早いウナギさん
コメントありがとうございます。
カテゴリに属するモンスターでありながら天敵がいる…こんなテーマ他には無いでしょう。
制限改訂の数が増えたという安心感もあるのか、トリシュ復帰を危ぶんでいる人はあまり多くない気がします(汗
トリシュ復帰で悲しい思いをした分、DP神代兄妹編でダブルフィン・シャークとサイレント・アングラーが出るのは嬉しいです。

>アクアさん
コメントありがとうございます。
今後トリシューラはどうなるのか…その内考察記事でも書いてみようと思います。
氷結界デッキ使いからすると、トリシューラを見ると残念さ・無念さを感じずにはいられないです。どうしてこうなった…。
素材指定のあるグングニールは馬鹿にされる事が多いですが、むしろこっちの方があるべき姿なのだと思っています。

>切り札はグングニールさん
コメントありがとうございます。
シンクロが入るデッキはもちろんの事、それ以外のデッキでも、トリシューラを出せるようなデッキ構築に変えられる事でしょう。
神代兄妹編での激流葬の再録は意外でした。

No title

>製氷皿さん
コメントありがとうございます。
テーマに属する筈のカードに苦しめられる・・・そんなのは氷結界位だと思います。
それもあってますます使われて悔しい思い出の方が強く残ります。
水神の護符は割られやすいのが辛いですね(汗

>たなさん
コメントありがとうございます。
不幸中の幸いとでもいいますか、これら2体の登場には期待しています。

>ATさん
コメントありがとうございます。
トリシューラのおかげで「ヴェーラー必須」の流れがより強くなると思います。流石の私も【氷結界】に3積みしました。

>名無しの方
コメントありがとうございます。
エクシーズ主体のデッキでも、トリシューラが復帰するとなれば、トリシューラを出せるような構築にされると思います。
インフェルニティの様な柔軟な動きができるデッキならばそれも容易いでしょう。

>名無しの方
コメントありがとうございます。
本当に使わる側にとってはたまったものではないカードです。

>最古式カッパーさん
コメントありがとうございます。
ドゥローレン型でも、レベルを合わせればトリシューラを出せそうですね。
使いこなすのは難しそうですが(汗
対象を取らない除外の恐ろしさはゲーテの魔導書でも分かるというのに、何故トリシューラは緩和された…。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。