スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エフェクト・ヴェーラー

次期環境の中で台風の目となるモンスターは、間違いなく氷結界の龍 トリシューラです。【氷結界】にとって最も脅威となるカードの1枚であり、一度でもその効果を受けてしまえばひとたまりもありません。
そこで、大嵐の時と同様に、今の段階からトリシューラの対策となりそうなカードを紹介していきたいと思います。


エフェクト・ヴェーラー

エフェクト・ヴェーラー
チューナー(効果モンスター)
星1/光属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードを手札から墓地へ送り、
相手フィールド上の効果モンスター1体を選択して発動できる。
選択した相手モンスターの効果をエンドフェイズ時まで無効にする。
この効果は相手のメインフェイズ時にのみ発動できる。



まず最初に紹介するのはこのカードです。メインデッキのモンスターカードの採用率ぶっちぎりの第一位にして、トリシューラ制限復帰の最大の要因だと思われるモンスターカード、エフェクト・ヴェーラーです。

相手のメインフェイズにこのカードを手札から墓地に送って、相手モンスター1体の効果を無効にできる効果を持ちます。
氷結界にとって最大の宿敵であるトリシューラやブラック・ローズといったモンスター効果による除去なので、これらのモンスター効果を相手のエンドフェイズ時までとはいえ無効化できるのはありがたいです。
デモンズ・チェーン等でもモンスター効果を無効にできますが、このカードはモンスターカードなのでサイクロンや大嵐で割られてしまう心配が無い上に、手札からの誘発効果故に無効にされ難いという点で大きく勝ります。
また、こちらが後攻であっても、このカードが手札にあれば相手モンスターの効果を封じる事ができるという、類似効果の魔法・罠カードには無い利点もあります。

また、このカードはレベル1のチューナーでもあります。なので、いざという時にはシンクロ召喚にも利用できます。
氷結界にはレベル1のチューナーが存在しない為、シンクロ召喚の幅を広げるのにも役立つでしょう。このカードの種族は魔法使い族であり、特に魔法使い族に重きを置いた【氷結界】デッキでは種族的なシナジーも期待できるかもしれません。

問題は、このカードを手札から墓地に送る効果なので、効果を使えば手札が減ってしまう点でしょうか。
しかし、トリシューラの効果を発動されてしまえば手札のカード1枚が除外されてしまい、それどころか更にフィールドや墓地のカードまで除外されてしまう事を考えると、トリシューラに対して使った場合はむしろアドバンテージを得る事ができるとさえ捉える事ができます。
また、効果を使えるのは「相手のメインフェイズ」のみであり、バトルフェイズや自分のメインフェイズに妨害してくる相手モンスターの効果は無効にできないという穴も存在します。よって、フォーミュラ・シンクロンやスチーム・シンクロン等の効果によって、こちらのターン中にチェーン1でトリシューラをシンクロ召喚されてしまうとひとたまりもありません。
属性が光属性なので氷結界とは属性的なシナジーが無く、サルベージで回収する事ができないのも辛いです。【氷結界】においてはほぼ使い捨てになるでしょう。

このカードはトリシューラ抑制の最有力候補であると同時に、トリシューラのシンクロ元のチューナーの最有力候補でもあります。
最初の方で「トリシューラ制限復帰の最大の要因」だと書いたのはそのためです。
このカードを使ってトリシューラを出せる組み合わせの一つとして、「レベル1チューナー+レベル4モンスター2体」という組み合わせが挙げられます。
この組み合わせによって、元々シンクロギミックの入っていたデッキはもちろんのこと、レベル4やランク4エクシーズ主体だったデッキでも、このカードさえ入れればトリシューラを出す事ができるのです。
水精鱗や炎星など、トリシューラが禁止になった後に登場したテーマのエクストラにすらも、トリシューラが採用されるようになる事でしょう。
トリシューラを出すギミックがないデッキでも、このカードさえ入れれば出せるようになるのだから。
デッキによってはもっと相性の良いカードもあるかもしれませんが、どんなデッキにも入る程の汎用性があり、腐る事が少ないレベル1チューナーと言うと、このカード以外には思い浮かびません。

トリシューラの素材としても抑制手段としても使えるエフェクト・ヴェーラー。これによって「戦略性の幅が広がる」と判断されてトリシューラが緩和されたのでしょうか?
もしそうだったとしたら、一体どんな判断だ?と言いたくなります。一応、緩和の理由には他にも強力な耐性効果への対抗手段なども考えられますが。
トリシューラの強力さと、他の対抗手段の割られやすさから、もはやトリシューラを出された際にはヴェーラーを握っていなければアウトさえ言えます。
次期改訂が明らかになる前の私の【氷結界】デッキのメインデッキ40枚にはこのカードは1枚も入れていませんでしたが、トリシューラが緩和されるともなると、流石に入れないわけにはいきませんでした。
という訳で、他に抜きたいカードも無いのでデッキの総数を43枚にしてこのカードを3積みしてみました。
「40枚オーバーしてもいいからデッキにモンスターカードを増やしてみたい」と思った事は今までにもありましたが、まさかこんな形で実現するとは思いませんでした。

モンスター効果への対策、そしてシンクロ素材として、このカードの活躍は今後まだまだ続く事でしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

効果を無効にするカードもかなり増えましたが、代表的なのはやっぱりヴェーラーですよね
(効果無効系のカードはスーレアばかりなのがちょっと)

警告が制限かつ手札誘発のカードが増えそうなのでトリシューラに「葵」打ったり、激流葬をチェーンで相手の効果無効を避けるプレイでトリシューラの扱いは酷くしてます(笑)
(葵で蘇生を捨て、ヴェーラーを無駄打ちさせ、ゴーズを除外した時はこちらは楽しかったです)

エクシーズ主体だとシンクロはカタストルとトリシューラのみとかがデフォかな

No title

コメントありがとうございます。
そういえばヴェーラーも初出はスーレアでしたね。
エクシーズ主体のデッキでも、レベル1チューナーを入れる等してトリシューラを出せる構築にすればエクストラに入るというのが恐ろしいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。