スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のテーマ・2

氷結界にとって理想のテーマとして、マドルチェの他に、以前ライトロードを挙げた事があります。
その理由は、氷結界の様に「イラストが美しい」という評価が高く、それでいてテーマ間のシナジーが強くデッキとしても強力だったからでした。

そして、そのライトロードについては、今になって最もその「強さ」に憧れるテーマとなりました。
というのも、新しく出るデュエリストボックスで、ライトロードのチューナーが出るのです。
これまではライトロードでシンクロを行う場合は、ゾンビキャリア等の相性の良いチューナーを用いていたのが、テーマ内だけでシンクロを行えるようになったのです。
しかも、ライトロードの新規シンクロモンスターまで登場するという優遇ぶりです。
今でもカオス系のカード等と組み合わせる事で結構な強さを発揮するライトロードが、これから更に強化されると思うと恐ろしいです。
もちろん、ルミナス→ルミナス→ミネルバ等の流れでトリシューラをシンクロする事もできるようになります。

ライトロードのカードは一時期は何枚かが規制されていましたが、環境から姿を消すにつれて「脅威ではない」と見なされたのか、今では専用のサーチ魔法の光の援軍が制限、あとは初登場時から非常に相性の良かったオネストが制限という位です。
以前はルミナス裁きの龍、あと相性の良いネクロガードナーが規制されていましたが、今ではそれらは全て無制限です。
これらはいずれも少しずつじわじわと緩和されていった為、ライトロードが環境の前線から退いていた事もあり、これといった不満の声を浴びる事も無かったです。
しかし、チューナーの登場でルミナスの重要性は格段に上がり、裁きの龍も未だにフィニッシャーとしては一品級のカードです。

裁きの龍といえば思い出すエピソードが一つ。
私は、新情報、特に禁止・制限改訂(これからはリミットレギュレーション)の情報については、実物の画像を見るまで信じないようにしています。
大嵐やトリシューラの復帰の時も、記事には書いたものの心の奥底ではまだ「ガセではないか?」という思いを持ち続けていました。
単に「自分にとって信じたくない情報」だったからといって現実逃避しているのではなく、一応理由があります。
それは以前に一度、「実物」の禁止・制限改訂の画像の中に、ガセ情報が含まれていた事があったためです。
この時の画像は、改訂の時期になると出回るコラ画像などではなく、紛れも無く本物の雑誌媒体の写真でした。他の情報は全て本物だった中に、ただ一つだけガセ情報が含まれていたのです。
そして、その「ガセ情報」こそが裁きに龍が制限カードになる」というものだったのです。
当時はライトロードの全盛期であり、当時ライロをちょっと触った程度に組んでみた僕でもライロの、そして裁きの龍の強さは十二分に実感できました。
そんな訳で、裁きの龍は準制限(当時)から制限に強化されるものだとばかり思っていました。当時の多くのか「改訂予想」でも、裁きの龍が制限化の予想が多かった事ははっきりと覚えています。
ところが、実際発売した雑誌を手に取ってみると、「制限になったはず」の裁きの龍の名前は制限カード欄の中にはありませんでした。この時は特に動きは無く、準制限のままでした。
それどころか、単体での性能は明らかに裁きの龍よりも劣るデミスが制限カードに指定されているという信じられない事態が起こっていました。
近年になって緩和されていった事といい、ライトロードはKONAMIによって何か不思議なバリアか何かで守られているんじゃないかと疑うレベルです。まさか、「実物」として出た画像すらも捻じ曲げてしまうとは…(笑
「裁きの龍の制限化」の画像を挙げた人にどういう意図があったのかは分かりません。今思えば、裁きの龍がの名前が制限カード欄にあった事自体が、実は見間違いだったのかもしれません。「制限になって当たり前」と思っていたが故に見た錯覚のようなものだったとも考えられます。
そして、裁きの龍が規制強化される事はあれど、後に緩和されるとはこの当時は思いもしていませんでした…。

あと今回の新規のライトロードの登場によって、氷結界の立場が危くなる点が一つ。
これまで氷結界の風水師は、普通に運用できる唯一の魔法使い族・レベル3チューナーというアイデンティティがありました。
しかし、同じ魔法使い族・レベル3のチューナーであるミネルバの登場によってそのアイデンティティは崩れ去りました…。
しかも攻撃力も同じであり、テーマ専用の魔法カードでサーチできる点も共通しています(光の援軍は制限ですが)。
効果も見るからにミネルバの方が実用的であり、単体でも腐りにくいです。
更に、イラストの評価もあちらの方が高いです(笑 風水師は顔が見えていない事もあり、あちらの方が一般的には可愛いという意見が多いでしょう。
なので、これからは【魔法使い族】などのデッキでは風水師よりもミネルバの方が優先して入れられる事でしょう…。
風水師が勝っている点は守備力と効果を海皇の発動トリガーにできる点と、あと入手難易度でしょうか。

効果未判明の新シンクロまで控えている事もあり、このままの規制状況でチューナー等を出してライロを劇的に強化するというのはかなりヤバいと思います。
それでも、これまでの状況やプッシュ具合から、これからは規制強化どころかむしろ光の援軍が緩和されそうな気さえするのが恐ろしいです(笑
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

前回のヴェルズ、セイクリッドはDTテーマで集めづらく、再録のエクシーズは優秀、環境テーマになるなどで売れてた印象ですが、ライロだと新規だけ欲しがる人が多いでしょうね
(全てウルトラ仕様なのはGS、ストラクでノーマルが溢れてるからかな)

魔法使いでもカオスの除外コストになる点やサーチ先の使い分けを考えると風水師には逆風です

No title

コメントありがとうございます。
全てウルレア仕様なのは、あるいは海外版の高レアリティでライトロードを揃えた人へのお詫び的なもの(?)でしょうか。
ライロの新規がどれ程の値段になるのか気になります。
そして風水師よりもミネルバの方が使い道が多いですよね・・・。

No title

裁きの龍規制のデマはあれは本当に本物で、Vジャンのカリスマデュエリストジャンボ牛尾が流出させたものと言われてますね。それを受けて、急遽裁きの規制を先延ばししたと。

真偽は不明ですが、その一件後にジャンボ牛尾がVジャンから消え代わりにカーリーなのさが登場したこともあり、噂が信憑性を得たと言われてました。
もっとも、数カ月後には謹慎が解かれたのかどうかはわかりませんが、ジャンボ牛尾も復活しましたが…

No title

コメントありがとうございます。
そういえばそんな噂も流れていましたね…。裁きの龍の規制強化は、結果的に永遠に先送りになってしまいましたね(笑
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。