スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DP15-JP010 スピア・シャーク

DP神代兄妹編にて再録されたスピア・シャークについて紹介します。
ZEXALでシャークが使用したカードであり、ツーヘッド・シャークと対をなすカードです。


DP15-JP010 スピア・シャーク

スピア・シャーク
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1600/守1400
このカードが召喚に成功した時、
自分フィールド上の全ての魚族・レベル3モンスターの
レベルを1つ上げる事ができる。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。



通常召喚成功時に自分フィールド上の全ての魚族・レベル4モンスターのレベルを1つ下げる事ができるツーヘッド・シャークに対し、こちらは通常召喚成功時に自分フィールド上の全ての魚族・レベル3モンスターのレベルを1つ上げる事ができる効果を持っています。
シャークの主力モンスターはレベル3の魚族が多いので、あちらと同様それを意識した効果なのでしょう。
シャークのデッキは初期はレベル3モンスターが主体だったにも関わらず、シャーク・ドレイク等のランク4が増えた事が問題視されていましたが、このカードの効果を使えば、レベル3の魚族を、ランク4のエクシーズ素材にできるようになります。
この効果は、まさに「レベル3魚族版・穿孔重機ドリルジャンボ」と言える効果です。レベル3主体のシャークデッキでもランク4を出せるようになる便利な効果ですが、種族だけでなくレベルも指定されているので、対応範囲は狭いです。
ドリルジャンボやツーヘッド・シャークとは違い、自身は効果に対応していません。なので、単体ではレベルアップ効果を活かせません…。

通常召喚でしか効果を発動できないという性質上、このカードのレベルアップ効果を狙う場合は、あらかじめレベル3の魚族を展開しておく必要があります。
浮上ならば、墓地さえ肥えていれば容易にレベル3の魚族を展開する事ができます。
浮上での特殊召喚をトリガーにシャーク・サッカーを特殊召喚したり、バブル・ブリンガーでレベル3の魚族2体を蘇生してからこのカードを召喚して効果を使えば、シャーク・ドレイク等のレベル4×3の素材を持つランク4に繋げる事もできます。
尚、このカードの通常召喚に対してシャーク・サッカーを出したとしても、そのシャーク・サッカーのレベルを上げる事はできません
自身の効果で蘇生できるフィッシュボーグ-アーチャーも相性が良いです。ただし、アーチャーが持つ自壊のデメリットを忘れないように気を付けたいです。
特に、このカードの効果でレベルを上げてからシンクロする場合、レベル8シンクロには水属性のものは1体も存在しないため、確実に自壊効果を発動してしまいます。一応、閃こう竜 スターダストならば、効果で自身を指定する事で自壊を回避できます。
他にもフィールド上にレベル3の魚族を残す手段として、リクルーターを駆使したり、ミラーフォースポセイドン・ウェーブで戦闘から守ったり、水属性ならば海竜神の加護で破壊から守るのも有効でしょう。

このカードが持つもう一つの効果は、貫通効果です。
ちなみにアニメではこの効果しか持っていなかったです。なので、OCG化にあたって強化されたと言えます。
レベルアップ効果は単体では機能しませんが、この効果のおかげでこのカードは単体でも貫通効果を持つアタッカーとして運用が可能です。
シャークのデッキはマシュマロン等の耐性を持つ壁モンスターを突破しにくいので、それらに対する対抗策として役立つ効果です。
ただし、同じく貫通効果を持つモンスターには、同じレベル・属性・種族で攻撃力上昇効果を持つカンツウツボ、同じ種族・攻撃力でレベル3のフライファングなど、ライバルが多いです。
特に、同じレベル・属性でこのカードよりも攻撃力が高く、自身も含む自分フィールド上のモンスターに貫通効果を付与する効果を持つウミノタウルスの存在が光ります。
なので、このカードを使う場合はレベルアップ効果をメインとして運用し、貫通効果は対壁モンスター専用という風に考えた方が良いかもしれません。

問題点は、このカードと、効果の対象となるレベル3モンスターとでは受けられるサポートが異なるという点です。
レベル3の魚族や水属性のモンスターは浮上やバブル・ブリンガーや海竜神の加護といったカードに対応するのに対し、このカード自身は対応しません。
なので、これらのカードを多めに入れた場合、このカードが事故要因になってしまうという事が十分にあり得ます。
また、エクシーズ・リモーラを使う場合は、このカード自体は蘇生できるものの、このカードの効果に対応する魚族はあくまで元々のレベルは3であるため、エクシーズ・リモーラで蘇生できない点には注意が必要です。
あとサルベージに対応していない点も辛いです。
ちなみにこれらの弱点は、ハンマー・シャークに関しても同じ事が言えます。

レベル3の魚族主体のデッキでもランク4エクシーズを使いたいと思っていた身としては朗報と言える効果でしたが、果を発動できる機会が思いのほか少なく、使い辛い印象を受けました(汗
特に、このカードと同じ属性・種族・レベル・攻撃力を持ち、フィールド上にいる時ならばいつでもレベル調整を行えるセイバー・シャークが登場したため、優先度が大きく落ちてしまいました…。
あちらはレベル3以外の魚族や自身のレベルも調整できる(しかも上げる事も下げる事もできる)ため、使い勝手の良さはこのカードを上回っています。
あちらもアニメでは貫通効果しか持っておらず、あちらの守備力が200低い事を考えると、このカードはセイバー・シャークの完全上位互換と言えるステータスでしたが、逆にOCGではレベルアップ効果の使いやすさで差を付けられています…。
このカードを使うならば、特殊召喚の制限が無い点で差別化を図っていきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。