スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DP15-JP021 潜航母艦エアロ・シャーク

DP神代兄妹編に再録された、潜航母艦エアロ・シャークについて紹介します。
実は『遊戯王ZEXAL』作中で初めてエクシーズ召喚されたエクシーズモンスターでもあります。


DP15-JP021 潜航母艦エアロ・シャーク

潜航母艦エアロ・シャーク
エクシーズ・効果モンスター
ランク3/水属性/魚族/攻1900/守1000
レベル3モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
ゲームから除外されている自分のモンスターの数×100ポイントダメージを
相手ライフに与える。



ランク3の魚族エクシーズモンスター。
このカードは、シンクロモンスターが1枚も登場しなかった魚族にとっては久しぶりのエクストラデッキのモンスターでした。
エクストラデッキ要員の魚族モンスターは、実に第一期に登場した融合モンスターのマリン・ビースト以来でした。

ところが、このカードの効果は自分のモンスターが除外されていなければ使用できないので、エクシーズ素材を積極的に取り除き難いという悩みを抱えています。
これは、私がエアロシャークをエクシーズ召喚しようと考える場合、もしくはエクシーズ召喚した後に、一番悩まされる事が多い点かもしれません。
このカードの効果は、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇のモンスターの発動トリガーにできますが、そもそも素材となった海皇のモンスターを取り除けなければ意味がありません…。
素材を取り除きにくい点を、エクシーズエナジー鬼神の連撃等の、エクシーズ素材を利用するサポートカードを使い易いというメリットと取ることもできますが、果たしてわざわざこのカードを出してまで使用する意義があるのかどうか…。

それに加えて、エクシーズ素材を取り除く事によって発動するバーン効果の火力自体も非常に低いです。「除外」という厳しい条件とは明らかに割に合わないです。
ダーク・ダイブ・ボンバー等の前例から反省して火力を抑えたのでしょうが、後にこのカードを上回る火力を持ったエクシーズモンスターが続々と登場したのには、何とも言えない気持ちになります。

何と言っても致命的なのは、同じランク3のエクシーズモンスターに、同じく「除外されているモンスター」に関する効果を持つ虚空海竜リヴァイエールの存在です。
リヴァイエールは除外されているレベル4以下のモンスターを特殊召喚できる効果を持っています。相手の除外モンスターも特殊召喚できる事もあり、どう考えてもリヴァイエールの方を優先してエクシーズするべきであり、優先してEXデッキに入れるべきでしょう。
このカードの方が役立つケースとは言うと、自分の除外されたモンスターがレベル5以上のカードやエクシーズモンスター、蘇生条件を満たせないモンスターばかりの場合や、バーン効果でフィニッシュできる場合くらいでしょう。
おまけに、このカードが魚族なのに対しリヴァイエールは水族と、恩恵を受けられるサポートカードも似通っています
一応、基本攻撃力はこちらの方が100高いです。

エアロシャークの「使い道」として、専用の1ターンキルコンボの存在が挙げられます。
しかし、そのコンボには事故要因になり得る様なものも含めた多くのカードが必要となる上に、他のカードで同じような1ターンキルを行う方が効率的です。
以上の点から、私は「専用の1ターンキルコンボ=このカード自身の強さ」だとは認めていません

このカードが不遇たる最大の理由は、アニメでは強かったという点に他ならないでしょう。
アニメでは「自分の手札枚数×400ポイントのダメージを与える」というお手軽かつ強力な効果(効果名は「エアートルピード」)であり、シャークの切り札として度々登場しています。
しかもこの効果は、OCG版が発売された後の今でも尚変更されずにアニメで使用され続けています。
アニメ版での強力さとOCG版での微妙さのギャップ故か、このカードは妙な人気を呼び、アニメ公式サイトのモンスター人気投票でなんと2位にランクインしてしまいました(笑 かくいう私もエアロ・シャークに投票したのですが。
OCGでの効果は、ビッグ・ジョーズと同じく、GENFで登場した「除外海産物」を意識した効果なのでしょう。
全く違う「デメリット」効果に改変されてしまったビッグ・ジョーズに比べると、このカードは「エクシーズ素材を取り除いて相手にダメージを与える」という点では原型を留めていますが、それにしてもダメージ効率が悪すぎます…。

そんなこのカードですが、バハムート・シャークが初登場した頃には、バハムート・シャークの効果で呼べるデメリット無しのエクシーズの中では最高の攻撃力を持っているカードとして存在感を放っていました。
しかし、後にこのカードよりも攻守共に高い上にバハムート・シャークの効果で呼んだ際にも使える効果を持つナイトメア・シャークが登場した事により、その立場を失ってしまいました…。
もっとも、バハムート・シャークが出てからナイトメア・シャークが出るまでの間には、高い守備力を持つアビストリーテが登場していた為、既にあちらに優先度が劣っていましたが。
一応、ナイトメア・シャークやアビストリーテとは違い、フィッシャーチャージのリリースコストにできるという利点があるので、フィッシャーチャージを入れたデッキならば呼び出す機会もあるでしょう。
その場合には、同じランク3・水属性・魚族エクシーズであるシャーク・カイゼルがライバルとして立ちはだかります。攻撃力はこちらの方が高いですが守備力はあちらの方が高く、しかもこのカードの攻撃力値よりも高い2000となっています。
ただ、いずれにせよFA-ブラック・レイ・ランサーの登場によって、バハムート・シャークの効果で呼びだしたランク3エクシーズをそのまま維持するよりも、より攻撃力の高いFAレイ・ランサーを重ねるというケースが増えました。
つまり、バハムート・シャークからFAレイ・ランサーを出すデッキにおいてはランク3水属性エクシーズはあくまでFAレイ・ランサーまでの繋ぎであり、その性能自体はそこまで重要にはならないのです。
特に、レベル3も水精鱗も使わないデッキならば、ナイトメア・シャークもアビス・トリーテも効果無し同然であり、このカードと大差なくなります。
FAレイ・ランサーはブラック・レイ・ランサーエアロ・シャークを装備しただと姿という事でイメージ重視なのか、現在ではFAレイ・ランサーへの繋ぎのランク3エクシーズとしてこのカードが採用されているのをちょくちょく見かけます。

アニメ版とのギャップ故に過小評価されている部分もあるかもしれませんが、それを差し引いても使い難いカードである事には変わりないと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。