スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芽を摘まれた「テーマ」

水属性のテーマ(カテゴリとも)には、所属するモンスター自体は以前から登場していたのが、後になってからテーマ化したというものが多いです。
「ガエル」・「ペンギン」・「海皇」がそれに該当します。
また、「素早い」も水属性モンスターである素早いアンコウの効果からカテゴリ化し、現在「素早い」に属するモンスターも半数は水属性です。
「魔導書」や「エクシーズ」は、魔法・罠が中心のカテゴリですが、一番最初に登場したモンスターカードが水属性でした。
このように、いつ何がテーマ化するのか分からないのが水属性の面白さなのかもしれません。
最近では、アニメでテーマ化している「シャーク」が、いつかテーマ化しないのかと言われたりしています。

さて、そんな中、密かに「テーマ化」の芽を摘まれてしまったシリーズがある事を一体どれ位の人が知っているでしょうか…。
それは、「カエル」と名のついたモンスター達です。
エル」ではない「エル」です。これまで何体か登場した「カエル」のモンスターは属性・種族共に「ガエル」と共通しており、効果モンスターの全てが「ガエル」に関する効果を持っています。
英語名でも、「ガエル」が「flog」なのに対し「カエル」のモンスターは全て名前に「toad」とついており、日本版と同様の差別化が図られています。
ただ「ガエル」がテーマ化する前に登場した通常モンスターのカエルスライムは「カエル」であって「ガエル」ではないにも関わらず英語名には「flog」とついてしまっています。その為、英語版の「ガエル」サポートのテキストには『「カエルスライム」を除く』という意味のテキストが追記されています(笑
しかし名前や姿は似ていても、あくまで「ガエル」ではなく「カエル」なので、「ガエル」に関するサポートは受けられないという悩みがあります(粋カエルはフィールド上では「ガエル」のサポートを受けられますが)。
そんな「カエル」を使いやすくする為の「テーマ化」の機会を奪ってしまったのが、このカードです。

ライトロード・アーク ミカエル

デュエリストセットに登場した新規カード、その名もライトロード・アーク ミカエルです。
紛れも無く「カエル」と名のついたカードですが、属性も種族もデザインも、これまでの「カエル」とは似ても似つかないです。
もし「カエル」と名のついたカードを指定するサポートカードが登場した場合、ものによってはこのカードもその恩恵を受けられる事になってしまいます。
海外版との整合性を考えるなら、このカードの英語名に「toad」とついていれば問題ないのですが、そんな可能性はあまりにも低いです(笑
第一、カエルスライムという「例外」の存在から、このカードの存在に関係なく「カエル」がテーマ化するのは無理な話だった事でしょう(汗
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

エクシーズモンスターだけを指定することで既存カードの混入を防いだ「魔人」のように「カエルと名のついた水属性モンスター」という形でカテゴリ化すればあるいは…。

着眼点に水属性に対する執念をみましたwwwwww
たしかにカエルが静かに終わりましたね
ただ、まだカエル「スライム」だけは一向に諦めてない自分がいます
スライムは絶対に来るはずと信じているこれも執念ですね

No title

>タイイチさん
コメントありがとうございます。
「魔人」の分け方は上手かったですね。
モンスターの種類はともかく、属性はその気になれば変更する事ができるので、やはり差別化は難しい気がします。

>ナシュナシュさん
コメントありがとうございます。
【ガエル】を使っていた時に、「カエル」のモンスターがサポートを受けられずに困った事があったので、「カエル」のサポートが無い事は心の奥底に引きずってました(笑
「スライム」のカテゴリ化ですか…。リバイバルスライムがVジャンプのレジェンドモンスター総選挙の投票結果で何故か結構いい位置にいた気がするので、いずれ出て欲しいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。