スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

励輝士 ヴェルズビュート

今回も、【氷結界】にとって天敵となるカードを取り上げます。


励輝士 ヴェルズビュート

励輝士 ヴェルズビュート
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/悪魔族/攻1900/守 0
レベル4モンスター×2
相手の手札・フィールド上のカードを合計した数が
自分の手札・フィールド上のカードを合計した数より多い場合、
このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。
この効果を発動したターン、相手プレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
この効果は自分のメインフェイズ時及び相手のバトルフェイズ時にのみ発動できる。



LVALで登場した、「ヴェルズ」に属するエクシーズモンスターの励輝士 ヴェルズビュートです。
ヴェルズのエクシーズモンスターを【氷結界】の「天敵」として取り上げるのは、オピオンに続き2体目です。

このカードは、同じく【氷結界】の天敵として取り上げた事のあるブラック・ローズ・ドラゴンと同じく、フィールド上のカードを全て破壊できるという非常に凶悪な全体除去効果を持っています。
しかもこのカードはレベル4モンスター×2という素材で出せる汎用ランク4エクシーズであり、チューナーが入っていないデッキであっても、レベル4モンスターが2体並ぶ事で全体除去を撃ててしまうのです。

しかし、このカードの全体除去効果は使用条件が制限されており、相手(このカードを使われる側)の手札・フィールド上のカードを合計した数が自分(このカードを使う側)の手札・フィールド上のカードを合計した数より多い場合にしか発動できません。
【氷結界】はロックを作るにせよシンクロするにせよカード消費が激しく、サルベージ等でアドバンテージを回復する事が極めて重要となります。
また、氷結界のロックは氷結界のモンスターを複数体並べて行うものであり、ガンターラの蘇生効果はそのロックの形成と、フィールドアドバンテージの回復の両方に役立てる事ができます。
ドゥローレンによるセルフバウンスのコンボについても、自分はカードアドバンテージを消費せずに相手を妨害し続ける事ができる利点があります。
しかし、このカードの前ではそれらのアドバンテージが逆に仇となってしまうのです。
モンスターを複数体並べる事で真価を発揮する氷結界にとって、モンスターのみならず、ロック系の戦術と相性の良い永続カードや伏せカードに至るまで、全てを一瞬にして吹き飛ばされてしまう除去効果自体が相性が最悪なのに加えて、その発動条件も【氷結界】にとっては非常に相性が悪いです。
いっその事アドバンテージを失ったままこのカードの発動条件を満たせなくしようにも、【氷結界】では単体で戦力となる様なカードは少なく、非常に脆いです。これでは本末転倒もいい所です。
このカードはまさに【氷結界】というデッキ自体を根底から覆す存在と言っても過言ではありません。

このカードの効果は発動タイミングも制限されており、自分(このカードを使用する側)のメインフェイズ時相手(このカードを使用される側)のバトルフェイズ時にしか発動できません。
また、この効果を発動したターン、相手(このカードを使用される側)が受ける全てのダメージは0になります。
なので、このカードを相手のメインフェイズ1に使われた場合、フィールド上にこのカードだけが残る事になりますが、そこから追撃される事はありません。
不幸中の幸いとも言うべきですが、カードを複数枚並べる事で効果を発揮するものが多い【氷結界】にとっては全体除去自体が致命傷も同然なので、ほんの気休めでしかありません。
また、このカードの効果は誘発即時効果であり、他のカードにチェーンして発動する事も可能です。
なので、たとえ奈落激流葬を発動したとしても、それらの発動に対してチェーンして全体除去効果を発動されるのがオチです…。このカードは除去できても、全体除去効果そのものを防ぐ事はできないのです。
こちらのバトルフェイズ時に効果を使ってくるのも厄介であり、こちらの方がカード枚数が少ないから大丈夫と思っても、相手が使うカードによって逆転し、条件を満たして来る事も考えられます。
一気に畳み掛けようと思ったところをエクシーズ・リボーンで蘇生されようものなら、もう泣くしかありません…。
このカードの効果の解決時に、お互いのカードの枚数が同じになる、もしくはこちらのカードの合計の方が多くなった場合でも、全体除去効果は通常通りに発動します。よって、相手の手札が0枚でも無い限りライホウの効果でも防ぐ事はできません。
また、効果の使用回数に制限が無いため、1ターンに何度も効果を使えます。このカードの除去効果はエクシーズ素材1つを取り除いて発動する効果であり、1回使うと残り素材は1つ。つまりあともう1回撃てるのです。
たとえ水神の護符激流蘇生などによって生き残ったカードがあったとしても、2回発動される事で確実にこちらのフィールドが焼け野原と化してしまいます。
これらの点もまた、このカードの凶悪さ・対処し辛さに拍車を掛けています。

召喚反応型やフリーチェーンの除去が「効かない」となると、対策手段も限られてきます。
まずは、神の宣告神の警告昇天の黒角笛混沌の落とし穴によって、このカードのエクシーズ召喚そのものを無効にする事が考えられます。
幸いにもこのカードの効果は、同一チェーン上で複数回効果を発動する事はできないという裁定なので、モンスター効果や破壊を無効にするカードも効きます。
モンスター効果はエフェクト・ヴェーラー(相手のメインフェイズ時のみ)やデモンズ・チェーン禁じられた聖杯天罰といったカードで、破壊はスターライト・ロード(こちらの場に2枚以上カードがある場合)や大革命返し(2枚以上のカードが破壊される場合)や我が身を盾になどで無効にできます。

素材指定が無く非常に出しやすい上に、発動条件と除去能力の高さから、【氷結界】にとっては「天敵」以外の何物でもありません。
今後このカードが流行するとなると、【氷結界】はデッキコンセプトそのものを根本的に見直す必要があります
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

このカードの影響は大きいですね
私は安全地帯を抜いてスタロや神様セットを入れましたね

No title

コメントありがとうございます。
このカードに対抗するとなれば、永続カードよりもこのカードに効くカードを多めに入れるべきですね。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。