スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水精鱗-アビスラング

今回紹介するカードは、水精鱗-アビスラングです。


水精鱗-アビスラング

水精鱗-アビスラング
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1200/守1800
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は他の水属性モンスターを攻撃対象に選択できない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の水属性モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。



ゴツい体格とハイギョを模った鎧が特徴的な、レベル4の魚族の水精鱗の1体です。
レベル4・魚族の水精鱗は、手札の水属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動する効果を持つものが多いというイメージですが、このカードはその様な効果は持っていません
このカードは2つの効果を持っていますが、水精鱗には非常に珍しく、2つとも永続効果です。

1つ目の効果は、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、相手は他の水属性モンスターを攻撃対象に選択できなくなるというものです。この効果によって、自分の他の水属性を守る事ができます。
しかし、水属性以外は守る事ができず、このカード自体のステータスも中途半端です(汗 守れるモンスターの範囲も守備力も、レベル2の魔知ガエルに劣っています…。
魔知ガエル等と同様に、このカードを2体並べる事で、相手の攻撃をロックできます。ただし、これをもってしてもダイレクトアタック水属性モンスター以外への攻撃は防げない点には注意が必要です。
グリズリーマザーによるリクルートや、ウォーターハザードでの特殊召喚を駆使して、このカードを2体揃えたいです。

2つ目の効果は、自分の場の水属性を強化する永続効果です。
攻撃力の上昇値は+300です。この値は、同様に自分の水属性を強化する効果を持つペンギン・ナイトメア(+200)より高く、深淵に潜む者(+500)よりも低いです。
自身も水属性であり、効果に対応する為、このカードは実質的に攻撃力1500であると言えます。
このカードの効果は重複し、2体並べてロックしている時は、1体あたりの攻撃力は+600で1800となります。
スター・ボーイやペンギン・ナイトメアや深淵に潜む者といった、他の水属性を強化する効果を持ったカードと並ぶ事でも、互いに強化し合う事ができます。強化対象は異なるものの、その属性・種族からニードル・ギルマンとも互いに強化を共有できます。
また、このカードやペンギン・ナイトメアはレベル4である為、深淵に潜む者のエクシーズ素材にできます。

「水属性版・コマンド・ナイト」の様な印象を受けるこのカードですが、効果自体が時代に合っていないのが悲劇と言えます…。
コマンド・ナイトが初登場した第2期から、第5期あたりまでに出ていたならば、水属性デッキの下級モンスターの選択肢として歓迎されていたかもしれませんが、このカードが登場したのは第8期です。
高ステータスのモンスターや除去効果が氾濫している為、このカードが持つ2つの効果が大して役に立たない事が多いです…。
また、環境の一角まで上り詰めたテーマである「水精鱗」のモンスターとして登場したというのが、より一層このカードの哀れさを際立たせています。
というのも、このカードの効果は、自身が属するテーマである水精鱗とも合ってないのです。海皇などとも組み合わせる事で様々な戦術を展開できる水精鱗において、永続効果しか持たないこのカードは単なる置物でしかありません。
このカードと相性の良さそうな水精鱗と言うと、攻撃力を強化する事で戦闘破壊できる範囲を広げられるアビスノーズと、同じく効果を無効化できる範囲を広げられるガイオアビス位です。
第一、単に打点を強化したいだけならば、フィールド魔法や各種アビスケイルアビスコーンも存在します。
なので、【水精鱗】においてはわざわざこのカードを入れるよりも、他の水精鱗を増やしてデッキの回転力を高めた方が良い気がします…。

このカードは、ヒゲアンコウが長らく保っていた、「シーラカンスの効果で呼べる下級魚族の中で最高守備力」という記録を塗り替えたカードです。
しかし、遊戯王カードwikiのシーラカンスのページの「リクルート可能なモンスター一覧」にこのカードの名前が追記されたのは、このカードが初登場したパックであるABYRが発売してから3ヶ月後の事でした。その間、EXP2012のモンスターが追記されたりもしましたが、一方でこのカードは実に3ヶ月もの間ずっと存在を忘れられていたという事になります…。
このカードはABYRの発売以前から情報が出ていたカードであり、それも踏まえると更に悲惨です(笑
こういった面でもまた、このカードの不遇さが際立っているような気がします…。
不覚にも私がこのカードが「シーラカンスで呼べる中で最高守備力」だったと気付いたのもそれ位の時期であり、このカードが出てからそれに気付くまでの間に、どこかの記事内で「シーラカンスの効果で呼べるカードの中で最高守備力はヒゲアンコウ」という内容の文を書いていた事があったかもしれません。
ちなみに今は、「シーラカンスで呼べる中で最高守備力」の座は、同じ水精鱗の下級モンスターであるアビスマンダーに明け渡しています。

水属性デッキで広く活用できそうな効果を持ってはいるものの、枠の都合もありデッキに入れた事はほとんど無いです…。
最近組んだ【神代璃緒】デッキでは、ブリザード・ファルコンと並ぶ事でそのバーン効果の発動条件を満たす事ができ、更に同時にシレーヌ・オルカの特殊召喚効果も満たせるという事で入れていましたが、本当にそれ位です(汗
下級水精鱗の中でも不遇なイメージが強い1枚です。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

ぼくはちょうど一年前くらいに復帰した復帰組なんですが、昔使ってたのはネオダイダロスデッキでした
周りが聖なる魔術師とかヂェミナイエルフとか同じようなグッドスタッフばかり使ってるのがつまんなくて、反抗心で水属性デッキを組んだのですが、構築の雑さもあって負けてばかりでした
でも水属性が好きで、今の友達とけっこうな人数で一緒に復帰することになった時も、真っ先に水属性を使うことを考えて手に取ったのが海皇ストラクとアビスライジングでした(それで一番最初に当たったのがアビスラングでした。水精鱗特有のイラストのカッコよさに痺れたものです)
ネットとかでいくらでもレシピが見れる時代になってるなんてこと当時は知らなくて、海皇の効果を使えるモンスターをベースにけっこう手探りでやってたのを思い出します
その後いよいよ決意してメガロアビスを買い、水精鱗にシフトしました(泣)
しかも、その後長らく環境を蹂躙することなど知る由もありませんでした(泣)
その後もリチュアやシャークや、氷結界、ガエルなど面白い水属性デッキが多くて、どれを作るか悩んだものです
水属性がパックのイラストをつとめてることもすごく嬉しくて、最高のタイミングで復帰できてよかったです

一年前の思い出ですが、あの時は本当に楽しかったです、もちろんいまもです
遊戯王やってて楽しくなかったことは一度もありません
長々と語ってすいませんでした

でも、アビスラングだけは今後使う予定はありません(断言)

No title

コメントありがとうございます。
僕も一番最初に組んだのはネオダイダロス、というかストラクチャーデッキ「海竜神の怒り」を元にしたデッキでした。
ちょうど水属性に興味があった上に使いやすかったので、そのまま気に入りました。
ABYRの頃は水属性に関するカードが色々と出たいい時代でしたね。
逆に全然出なかった第7期の初めの頃は苦しい思いをしていました(笑
それだけに、パックの表紙を飾ったりしたのは嬉しかったです。

水属性には色んなタイプのデッキがあるので色々と組んでみると面白いです。
その中でひょっとしたらこのカードを使う機会が訪れるかもしれません(笑

No title

wikiに書いてないなら自分で編集したらどうでしょうか

あと編集した人は私ですごめんなさい早く気付けなくて
アビスマンダーは早く気付く事ができたので編集することができました

No title

コメントありがとうございます。
記事の編集ご苦労さまでした。私が気付いたのも、更新されたのとだいたい同じ時期でした(汗
私の弟なら、結構wikiの記事を編集したりしているのですが…。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。