スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貪欲で無欲な壺

今回紹介するのは、貪欲で無欲な壺です。
強欲で謙虚な壺が、強欲な壺謙虚な壺を合わせた様なデザインだったのに対し、こちらは貪欲な壺無欲な壺を合わせたデザインです。


貪欲で無欲な壺

貪欲で無欲な壺
通常魔法
メインフェイズ1の開始時に自分の墓地から
異なる種族のモンスター3体を選択して発動できる。
選択したモンスター3体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、デッキからカードを2枚ドローする。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。



「墓地のモンスターをデッキに戻し、デッキからカードを2枚ドローする」という貪欲な壺と似た効果を持っているカードですが、メインフェイズ1の開始時にしか発動できません。
発動するために墓地に必要なモンスターの枚数は3体と、貪欲な壺よりも少ないです。ただし、それらはそれぞれ異なる種族でなければなりません。
また、このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えないというデメリットもあります。

氷結界は種族が多岐に渡る為、発動条件を満たしやすいでしょう。
メインデッキに入るモンスターだけでも、伝道師守護陣などが水族、軍師封魔団などが魔法使い族、ガンターラ武士などが戦士族、と分かれています。それ以外にも様々な種族のものが存在します。
更にエクストラデッキのモンスターの存在も考慮すれば、割とスムーズに墓地に3種族のモンスターが揃うと思います。
バトルフェイズを行えないデメリットについても、そのターンをロックを形成するための「守り」に徹底すればそれ程気になりません。
氷結界には、「氷結界専用の貪欲な壺」の様な効果を持つ輸送部隊が存在します。効果の発動に必要となる墓地モンスターの枚数はこのカードよりも少ないものの、ドローできる枚数が少ない上に相手にもドローさせてしまいます。
ドローソースとしての性能は、こちらの方が上と言えるでしょう。
ただ、メインフェイズ1の開始時にしか発動できないのがやはりネックです。墓地に3種族のモンスターが揃ったからと言って、そこから即このカードを発動する事はできません。
また、サルベージや各種蘇生カードとの兼ね合いも気になります。

制限カードの貪欲な壺の調整版の様な印象を受けるカードですが、様々な制約のせいでどうも使い辛いカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。