スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ程までとは…

先月の時点では詳細が不明だった、PRIOで強化される過去のテーマの関連カード達の詳細が明らかになりました。
私が最も好きな「氷結界」というのもれっきとした一つのテーマであり、他のテーマが強化されると、多かれ少なかれ嫉妬を感じるものです。
今回強化されるテーマの中でも、私は特にマドルチェガスタスクラップの3つのテーマに対抗意識を燃やしていましたが、皮肉にもこれら3つのテーマが特に大きく強化されました。
それはもう、効果が判明するや否や、あちこちでこれらのデッキの使い手から喜びの悲鳴が上がる程でした。
そこで、これらのテーマの新規カードは一体どんなものなのか、軽く触れてみます。

マドルチェ・エンジェリー

マドルチェの新規カード。「過去に登場したシリーズ」と書かれてはいましたが、第8期で初登場したテーマであり、今回強化される「古豪」の中では歴史が浅いです。
マドルチェとは何回も対戦した事があり、一方的に回されまくって完敗する事も多々ありました。そして、そんな時にマドルチェ・チケットのテキストを見る度に「マドルチェには下級の天使族がいないのがせめてもの救いか」と思っていました。
ところが、このカードはマドルチェ初の下級の天使族です。
更に効果自体も、自身をリリースしてデッキからマドルチェ1体をリリースするという強力なものであり、容易にホーットケーキに繋げる事ができます。
レベル4という事でティアラミスの素材にもなれます。リリースして墓地に行く事によってティアラミスの効果の発動条件に貢献できます。
ただでさえ「インフェルニティを連想させる程の展開力と回りっぷりだ」と思っていたところに、これ程までの強化カードが来るなんて…。本当に手に負えなくなるんじゃないか、これ。
私は、「氷結界にとって理想と思うテーマ」としてマドルチェの名前を挙げましたが、理想というかもはや完全に雲の上の存在です…。
環境入りはもちろんの事、今のトップが改訂によって消えれば環境トップも夢じゃないんではないかと思います。

ガスタの神裔 ピリカ

ガスタの新規カード。
ガスタは氷結界と同じくDT出身のテーマであり、地理的な設定では氷結界の「お隣さん」にあたります。
まず、このカードはガスタに足りないと言われていたレベル3の非チューナーのサイキック族であり、それだけでもガスタ使いからの需要を満たしている事になります。
加えて、この一か月、ガスタの新規カードに望む効果はというとガスタ使いの方は皆口を揃えて「釣り上げ効果だ」と言っていました。
そして、このカードは実際に釣り上げ効果を持っていました。需要を満たしすぎていて怖いレベルです。
しかも釣り上げられる範囲は「風属性のチューナー」と幅広いです。もちろん釣り上げから即シンクロに繋げる事も可能であり、ガスタ内にも対応するカードがいくつか存在します。

スクラップ・ファクトリー

私が最近テーマの強化手段として目を付けていたフィールド魔法です。
その効果は、スクラップの強化と、効果によって破壊された時にスクラップ1体をデッキからリクルートする、というものです。
これによって、能動的に使えるようになったスクラップもいくつか存在します。
優秀なリクルート先としては、スクラップ・ゴーレムの名前がよく挙げられます。これまた皮肉な事に、この効果が明らかになる直前に、ADSでスクラップ・ゴーレム入りの【スクラップ】デッキと対戦した事がありました。
そのデュエルでは、スクラップ・ゴーレムを経由する事で、一般的な評価が非常に低いアトミック・スクラップ・ドラゴンまで出されてこちらの完敗でした。
(ちなみに、こちらは【氷結界】以外のデッキを使っていました)
このデュエルでスクラップ・ゴーレムの便利さと恐ろしさを身を持って味わったので、それが出しやすくなると思うとゾッとします。


以上、3つのテーマの新規カードでした。
いずれも、本当に痒いところに手が届くような、真っ当な強化をされたのだなと、これらのテーマを使っていない身としてもひしひしと伝わってきます。
これらのテーマの強化が今の今まで「温存」されていた事は、各テーマにとってはむしろラッキーだったと言えるでしょう。
PRIOのパックの色は白色です。PRIOの4年前のTSHDは、これより2つ前の白色のパックにあたります。
PRIOで登場した過去テーマサポートはDT出身のガスタを含めどれも真っ当かつテーマ自体を大きく強化するものだったのに対し、4年前のTSHDでは「DTテーマの強化」と称して氷結界に出たのは、TFでロマンカード扱いされる程に発動が困難な三方陣だけでした。
一体何なんだ?この差は。
確かに除去と展開力は氷結界には不足していたけど…新規カード1枚だけで劇的に強化された今回の古豪テーマのような強化っぷりを、なぜこの時に氷結界に分けてくれなったのか…。
STBLで登場した氷結界モンスターはというと、テーマ全体の強化ではなく、暢気に「バリエーションを増やしていました」と言わんばかりの舞姫1体だけでした。
PHSWで登場した伝道師によって氷結界も劇的に強化されましたが…思えばあくまで「何とか不遇から脱出できた」位のものでしか無かったのだなと、今回の他のテーマの強化を見て改めて実感しました。
せめてTSHDの時点で伝道師や今回の古豪クラスの強化を得ていれば…。
やはり、優遇されているテーマ・人気の高いテーマ・一定のシナジーがあり方向性が定まっているテーマは格が違います。

かと言って、「氷結界には何が足りないのか?」と言われるとどうも難しいです(汗
伝道師が出る前には、「氷結界専用のロンファ(=デッキから氷結界をリクルートできる効果を持つカード)が出ても壊れでは無い」と言われているのを見かけましたが、今回のマドルチェやスクラップのカードは、まさにデッキから何でもリクルートできる効果を持っています。
元々それなりの実力があったテーマにリクルート効果持ちのカードが出たのだから、やはり氷結界に出ても罰は当たらないと思います。
これまでは「氷結界専用のロンファ」にはあまり興味はありませんでしたが、これらの強化を目の当たりにして、専用のリクルーターこそが、今氷結界に最も必要なものではないかという認識に変わりました。

新たな情報が出る度に、このブログのアクセス数はやや増える傾向にありますが、今月に情報が明らかになったカードを振り返ると何だか複雑な心境です(汗
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

幻獣機、陽炎獣はマドルチェよりさらに浅い

ファクトリーは扱いづらかったカード達の救済してるのが素晴らしい

ピリカは良カード、各DTの切り札枠でガスタでの出番がないソピアや唯一後期DTでプロモカード無かったことを自分は忘れません

マドルチェはリリースでプディンセス出す効果だと予測してたのですが実際はさらに壊れという

1、破壊にチェーンで手札からの特殊召喚可能
2、破壊された時に2種類リクルート
3、ステータスは場の氷結界の合計値
こんな氷結界新規来ないかな…

No title

コメントありがとうございます。
今回の古豪で一番歴史が浅いのは幻獣機でしたね…。
使い辛いカードの救済や、予想斜め上を行くような強化が、氷結界にも来て欲しいものです。

No title

新規はレベル3の非チューナーモンスター
フィールドがモンスターが存在しない場合
手札から他の氷結界モンスターを見せ
このカードは手札から特殊召喚できる
このカードがフィールド上に存在する限り、氷結界のモンスターを表側守備表示で通常召喚できるのルール効果

No title

終末の騎士の氷結界Verがほしいかな。。。

あと、ピリカの氷結界Verとかもほしー

だが、何よりもリクル。できれば天狗レベルで!

No title

>名無しの方
コメントありがとうございます。
二重召喚効果持ちのものは一応グルナードがいますが、他のテーマを見ていると下級モンスターで欲しくなってきます。
その方がシンクロにも繋げやすいですし。

>セレンさん
コメントありがとうございます。
墓地肥やしに釣り上げ効果にリクルーター…テーマとして欲しくなるのはやはりその辺りですね。
今の氷結界では、どんなレベルの性能が妥当なのでしょうか。

No title

>ザルトムさん
返答、ありがとうございます。

カード案ですが、

リクル(妥協):★4 フィールドから墓地に送られたとき、デッキからレベル4以下の氷結界と名の付くモンスター1体を特殊召喚する。もしくは手札に加えることができる。
(この書き方で、シンクロなどではSSはタイミングを逃すはず。)

リクル(最強?):★4 墓地に送られたとき、デッキからレベル4以下の氷結界と名の付くモンスター1体を特殊召喚もしくは手札に加えることができる。

墓地肥し(案1):★4 1ターンに一度デッキから「氷結界」と名の付くモンスターを1体墓地に送る。
墓地肥し(案2):★4 1ターンに一度手札一枚を墓地に送り、デッキから「氷結界」と名の付くモンスターを1体墓地に送る。また、送った手札が「氷結界」と名の付くモンスターだった場合、墓地からレベル4以下の氷結界と名の付くモンスター1体を特殊召喚できる。この効果(SS効果)を使用するターン自分は氷結界と名の付くモンスターしか特殊召喚できない。

つり上げ:★2 チューナー 召喚・特殊召喚時に墓地または手札からレベル4以下の氷結界と名の付くモンスターを特殊召喚する。この効果(SS効果)を使用するターン自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。

自己蘇生:★2 チューナー このカードが墓地に存在するとき、手札または墓地の氷結界と名の付くモンスター1体を除外して発動できる。このカードを自分フィールドに特殊召喚する。また、1ターンに一度、自分のエンドフェイズまでこのカードのレベルを★1-4に変更できる。

ロンファ枠:★3 1ターンに一度、このカード以外の氷結界と名の付くモンスターをリリースして発動する。デッキからレベル5以上の氷結界と名の付くモンスター1体を特殊召喚する。

魔法:永続orフィールド フィールド上に氷結界と名の付くモンスターは、1ターンに一度戦闘もしくはカードの効果での破壊を無効にできる。(どれか1体のみ。同時破壊は全員。)フィールド上に氷結界と名の付くモンスターが存在しないとき、このカードを破壊する。またこのカードが相手によって破壊されたとき、デッキから氷結界と名の付くカード1枚を手札に加える。

罠:永続 1ターンに一度、墓地氷結界と名の付くレベル4以下のチューナーモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。また、エンドフェイズ時に自分フィールド上の氷結界と名の付くモンスター1体を破壊するか、このカードを破壊する。またこのカードが相手によって破壊されたとき、デッキから氷結界と名の付くカード1枚を手札に加える。

・・・こんな感じでしょうか?一応、既存のカードを意識してみた。
強すぎますか?

No title

(蟲惑魔新規についての記事がなかったので、代わりにここに書きます。)

今回の蟲惑魔新規カードが、今までのトリオン出張セットに新たに加わる可能性があるらしいですね。

やはり、召喚時つり上げが強いということでしょうか。。。加えて、特殊召喚時の穴再利用も強いらしいですが。

トリオンとティオに共通することとして、召喚時の効果だけではなく、特殊召喚時の効果も強いということだと思います。
そのため、特殊召喚を行うリビデが入るデッキと相性がいいそうです。

「リビデを使うというデッキ=ドゥロ軸氷結界」という電波を受信したのですが、いかほどでしょうか。。。

No title

コメントありがとうございます。
蟲惑魔の新規いついては、この記事を書いた時点ではまだ情報が出ていなかったので触れていませんでした。
まさか単発だと思ってた蟲惑魔にまで新規が出るとは思いませんでした(新規が欲しいという声は強かったですが)。しかも「釣り上げ効果」という、蟲惑魔をよく知らなくとも手に取るようによく分かるレベルの強化という…。
やはり人気のあるテーマはいいなと改めて思います。

前々から蟲惑魔をどうやって処理すればいいか困る事がよくあった所に、落とし穴を回収する効果を持つものが現れるなんて…。
次の弾では自分にとって悪い事ばかり起こってる気がします。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。