スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増殖するG

最近、このカードを使われまくってイライラしています…。


増殖するG

増殖するG
効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキからカードを1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
「増殖するG」は1ターンに1度しか発動できない。



手札から発動する効果を持った増殖するGです。
EXTRA PACK Volume 4でノーマルレアとして登場し入手困難でしたが、ストラクチャーデッキ「青眼龍轟臨」で再録されたおかげで入手が容易になりました。

手札から墓地へ送る事で、相手が特殊召喚する度にドローする効果を持っています。
現環境では特殊召喚を行わないデッキの方が少ない為、効果を発動する機会は多いです。
特に、モンスターを並べるのに特殊召喚を多用し、そこからシンクロやエクシーズに繋げるのを主な戦法とするデッキに対して使えば、何枚もドローする事も夢ではありません。相手が特殊召喚を行えば行う程、こちらはハンドアドバンテージを得る事ができ、手札が潤います。
このカードを発動してから相手が特殊召喚を渋る可能性もありますが、「このカードによって特殊召喚を抑制した」と見なす事ができます。
また、チェーンブロックを作る特殊召喚効果の場合、その発動に対して発動する事で最低でも1枚ドローできます
相手にこのカードを使われた場合には、この点が非常に厄介に感じます。

このカードを使われた場合、無理にでも特殊召喚を行うべきか、それとも特殊召喚を抑えるべきか迷います…。
ちなみに僕は【シャーク】デッキを使っている時に「どうせ1ターン内に決着をつけれたらそれでいいや」と思って、このカードを使われてもお構いなしに特殊召喚を続け、いざ展開したモンスター達で殴ろうとしたら攻撃力が8000近くあるトラゴエディアを出された事がありました(笑
当然そのデュエルは、トラゴエディアからの大ダメージが決め手となって完敗。以降、このカードがトラウマになったのは言うまでもありません…。
かといってこのカードを発動された時点で特殊召喚を抑えれば、自分の場には弱小モンスターしか残りません。水属性で言えばブリキンギョ深海のディーヴァダブルフィン・シャークが攻撃表示で立っているような状況です。
相手の手札が潤うのも嫌ですが、これらのモンスターだけで場を繋げと言うのも非常に困難な話です。

このカードを使われまくった身としては、このカードに対して2つ思うところがあります。
1つは、どうやって対策するか
このカードは手札から発動する効果である為、無効にし難いです。当然ライホウの効果も効きません。
透破抜き天罰を使えば効果を無効にでき、メンタルドレインを使えば発動そのものを封じる事ができます。
ただし、これらはいずれも罠カードであり、伏せたターンには発動できないという落とし穴があります。また、伏せ除去も怖いです。
次元の裂け目マクロコスモスを使う事でもこのカードの効果を封じられますが、こちらにも多大な影響が及び、デッキ構築の幅がかなり限られてきます…。

あと一つは、どのようにしてこのカードをデッキに入れるかという事です。
よく使われるカードならば、自分も使えば相手と同じ土俵に立てるという発想です。
最近組んだデッキとして【氷結界】デッキと【兎シャーク】デッキを公開しましたが、それらにはいずれもこのカードは1枚も入っていません。
そこでこのカードを入れる場合、何かを抜いて代わりにこのカード入れデッキを40に収めるか、デッキ枚数を40枚超にしてでもこのカードを入れるかの二択で悩みます。
いつぞやのエフェクト・ヴェーラーではありませんが、他に抜きたいカードが無いので「デッキ枚数を増やしてでも入れる」という発想が出てくるのです。
加えてこのカードはドロー効果を持つカードなので、41枚目以降になったとしても腐る事は少ないのではないかという考えもあります。チェーンブロックを作る特殊召喚効果に対して発動すれば確実に1枚ドローできますし。
このカードはモンスターカードであり、墓地へ落ちた後も再利用できれば美味しいですが、これらのデッキにはこのカードと相性の良いカードは特に存在しません…。

最近では飛んで来ないデュエルの方が珍しいとすら思える程のこのカード。どうやら今期での採用率は、エフェクト・ヴェーラーをも抑えてモンスターカードの中で第一位のようです。
色んなデッキとのデュエルで頻繁に飛んで来るのも納得です。それだけ、特殊召喚が環境に与えている影響は大きいという事でしょう。
そしてこのカードの存在から、以前よりもデュエルをしたく無くなる程、僕自身にも影響を与えている1枚です。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Gでトラゴエディア等の手札誘発系の防御カードを引き寄せるのは本来の使い方だと思いますが…
(伏せ破壊も蔓延してる今、手札誘発無いと先に展開したほうが有利すぎ)

完成度が高いデッキは1枚で複数の事をこなせたり、サーチが充実してるのでヴェーラーやGのスペースを作りやすいのに比べ、必要なカードが多いテーマだと本来の動きができず、結局地力の差で押されるという

自分がG食らったら2ドローさせて場を固めるかこのターンで勝負をつけるかの2択で考えることが多いですよ

No title

コメントありがとうございます。
このカードの効果によってヴェーラーやトラゴエディアを引き込まれると本当に厄介です。
それだけに、喰らった後に特殊召喚をするべきかどうかいつも悩みます。
やはりデッキスペースに余裕のあるデッキならば、それだけこのカードの効果も効率的に使えそうですね。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。