スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーク・シムルグ

今回紹介するカードは、ダーク・シムルグです。
闇属性風属性との懸け橋とも言えるカードです。


ダーク・シムルグ

ダーク・シムルグ
効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2700/守1000
このカードの属性は「風」としても扱う。
自分の墓地の闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を
ゲームから除外する事で、このカードを手札から特殊召喚する。
手札の闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
このカードを自分の墓地から特殊召喚する。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はフィールド上にカードをセットする事ができない。



このカードは最上級モンスターでありながら、手札と墓地の2か所から特殊召喚できます。
手札からは自分の墓地の闇属性モンスターと風属性モンスターを1体ずつ除外する事で、墓地からは自分の手札の闇属性モンスターと風属性モンスターを1体ずつ除外する事で、それぞれ特殊召喚する事ができます。
2つの属性のモンスターを必要とする為、このカードを使うならば闇属性と風属性を混在させたデッキを組む事になるでしょう。
ただ、メインデッキに2つの属性のモンスターは無くとも、墓地へ行った後のエクストラデッキのモンスターを除外コストに使う事で、手札から特殊召喚する事はできます。
比較的汎用性が高そうなエクストラデッキのモンスターは、風属性ではスターダスト・ドラゴン、ミスト・ウォーム、ドラゴサック、ガイアドラグーン、ダイガスタ・エメラル、ダイガスタ・フェニクス、闇属性ではカタストル、ギガンテック・ファイター、えん魔竜、ビッグ・アイヴェルズ・ウロボロス、マエストローク、ブラック・コーン号、ローチ辺りでしょうか。
また、テキストが古くて分かり辛いですが、これら2つの特殊召喚効果は、ポセイドラ等の特殊召喚効果と同じくチェーンブロックを作る起動効果です。
したがって、神の宣告昇天の黒角笛ライオウには妨害されませんが、神の警告には妨害されます。

【忍者】のデッキでも投入が検討できます。
このカードは鳥獣族なので、レベル4以上の忍者に忍法 変化の術の効果でデッキから特殊召喚できます。
忍者マスター HANZOを召喚すれば、自身のカードで忍法 変化の術をサーチでき、その変化の術をHANZOに使う事でこのカードを出せます。
また、HANZOは闇属性である為、このカードの特殊召喚のコストにも使えます。同じくレベル4の忍者で、風属性の忍者義賊ゴエゴエ機甲忍者エアーも一緒にデッキに入れておくといいでしょう。

そして、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、相手の「カードをセットする」行動を封じる効果を持っています。
このカードがいる限り、相手はモンスターを表側攻撃表示で出さなければならなくなり、たとえリバース時に効果を発動するモンスターや壁モンスターであっても攻撃表示で出さざるを得なくなります。
一度セットしなければ発動できない罠カードに至っては、あらかじめセットされたものを除いては使用不可能にしているも同然です。
更に、魔法カードもセットしてからでないと発動できなくする効果を持つ魔封じの芳香を使えば、魔法の使用も封じる事ができます。
これは、このカードを語る上では欠かせない、最も有名なコンボでしょう。

また、自身を風属性としても扱う永続効果も持っています。
ただしこの効果が適用されるのはフィールド上のみであり、手札やデッキ、墓地では風属性としては扱いません。
そのかげで、元々の種族が闇属性でありながら、風属性に関するサポートの恩恵も受ける事ができます。
しかし、同時に風属性へのメタ効果もしっかりと受けてしまいます…。特に、闇属性であるにも関わらずカタストルに破壊されてしまうというのはあまりにも悲惨です。

場にいるだけで相手の行動を制限でき、魔封じの芳香と組み合わせる事で更に行動を封じる事ができるものの、当然落とし穴も存在します。
罠の使用(魔封じの芳香がある場合は魔法の使用も)を封じる事はできるものの、モンスター効果には弱いです。モンスター効果によって除去されたり効果を無効にされたりすれば、当然ロックの布陣は崩されてしまいます。
また、このカードを上回る打点のモンスターには一方的に殴り倒されてしまいます。
とはいえ、墓地へ行った後でも除外コストさえ確保できれば蘇生できます。ロックを突破されない様に努めると共に、アフターケアも考えておきたいです。

制圧力はそれなりに高いものの、初登場地に比べると弱点が増えており、過去のエースという印象が強いカードです。
しかし、カードプールの増加によって相対的に弱体化しているかと言えば決してそうではなく、近年登場した、セットにかんする効果を持つものが多い【ゴーストリック】に対しては強烈なメタとして機能し、「これでもか」と思える程に動きを封じる事ができます。
また、PRIOで登場するアーティファクトに対しても高い制圧力を発揮しそうです。
それだけに、現在は絶版なのが悔やまれます。
テキストが古いために効果の分類等を読み取りにくい問題点もあるので、いつか再録されて欲しい1枚です。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

以前友人がダーク・シムルグのデッキを組んでいましたが、なかなか手強かったのを覚えています。やはり、魔封じの芳香とのコンボは強力です。

余談ですが、水属性には、ダーク化したモンスターがいませんね。ライトレイにはいるのですが・・・。ダーク・ダイダロスやダーク・シーラカンスといった、大物水属性モンスターのダークモンスターが欲しいものです。

No title

コメントありがとうございます。
私もこのカードと魔封じの芳香を出されて詰まった事が何度かあります(汗
あと、確かに水属性からダーク化したモンスターはまだいないですね。ライトレイ化したのは2体もいるのに…。
ダーク化しそうなモンスターを探すのがまず難しそうです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。