スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の竜王

今回紹介するカードは、海の竜王(シー・キング・ドラゴン)です。
初期のVol.6で登場した海竜族の通常モンスターです。


海の竜王

海の竜王
通常モンスター
星6/水属性/海竜族/攻2000/守1700
海の王様。かたい甲羅を持ち、口からアワをはいて攻撃する。



上級モンスターではあるものの、登場したのは第1期である為、今の基準で見ると非常に悲惨なステータスです…。
同じ海竜族の上級通常モンスターである海竜神よりも攻守共に200高い(スパイク・シードラと比較すれば400高い)ですが、そのわずかな差が当時のレベルの基準のラインを跨いでおり、レベル6になっています。
したがって、海竜神やスパイク・シードラとは違ってアトランティスの効果でリリース無しで通常召喚する事すらできません
今では、同じ属性・種族のレベル4の通常モンスターである暗黒の海竜兵やアトランティスやレミューリアといったフィールド魔法で強化してやるだけでも、このカードの元々の攻守と全く同じステータスが手に入ります。
総じて、重さとステータスとが全く釣り合っていないカードだと言えます…。
召喚師のスキルでサーチできたり、古のルールで手札から特殊召喚できるという上級通常モンスターならではの利点もありますが、それならばより攻撃力が高く属性も同じであるフロストザウルスを使った方が良いです。

このカードの特徴は、レベル6の海竜族であるという点にあります。
レベル6の海竜族はこのカードを含めて3体存在しますが、他の2体は禁止カードのブリューナクと、3体もの素材を必要とし出す事自体が(色んな意味で)非常に困難な融合モンスターのアクア・ドラゴンという顔ぶれです。
したがって、このカードは実質的に唯一のレベル6の海竜族と言っても過言ではありません。
当然、フラッピィの効果で蘇生できる蘇生制限なしの唯一のレベル6でもあり、蘇生した後にシンクロやランク6のエクシーズの素材にする事ができます。

このカードは「海の竜王」と書いて「シー・キング・ドラゴン」と読む、凄そうな名前ですが、完全に名前負けしているのは言うまでもありません…。
また、フレイバーテキストにも「海の王様」と書かれています。果たして、偉大な海の王海皇龍との力関係やいかに。
かたい甲羅」を持っていると言う割には、あまり守備力は高くないです(汗 一応、似たようなフォルムの海皇龍よりはかたいですが。
また、巨体に似合わず「口からアワをはいて攻撃する」ようです。これなら上級の割に低い攻撃力にも納得がいく…かもしれません(笑
ただ、偉大な海の王の「終わることのない大津波」が攻撃力800相当なので、それを考えれば結構強いと言えるのかもしれません。

レベル6の海竜族という特徴はあるものの、それを活かせる様なカードが無きに等しいのが現状だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。