スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の鏡

今日紹介するカードは、氷結界の鏡です。
「氷結界」と名のついた魔法カードであり、イラストにはトリシューラを模ったようなデザインの鏡が描かれています。


氷結界の鏡

氷結界の鏡
速攻魔法
このターン、相手が発動した効果モンスターの効果によって、
自分の手札・フィールド上・墓地のカードがゲームから除外される度に、
以下の効果を適用する。
●手札のカードが除外された場合、
相手の手札をランダムに2枚までゲームから除外する。
●自分フィールド上に存在するカードが除外された場合、
相手フィールド上に存在するカードを2枚までゲームから除外する。
●墓地に存在するカードが除外された場合、
相手の墓地に存在するカードを2枚までゲームから除外する。



自分のカードが相手のモンスター効果によって除外される度に、同じ場所の相手のカードを2枚まで除外する効果を持った速攻魔法です。

除外メタと言える効果ですが、モンスター効果にしか対応していません。
なので、除外する効果を持っているとはいえ奈落の落とし穴次元幽閉連鎖除外ブラック・コアといった魔法・罠に対しては無力です。
また、次元の裂け目マクロコスモスの発動下で相手のモンスターの効果によって自分のカード除外された場合でも、あくまでそれらの効果によって除外された扱いである為、このカードの効果は適用しません。

このカードの効果が刺さるカードの中で、比較的よく見かけるのは開闢の使者カオス・ソーサラー邪帝ガイウス異次元の女戦士D.D.アサイラントD.D.クロウ辺りでしょうか。
これらの中で、D.D.クロウのみ墓地のカードを除外する効果を持っており、それ以外は皆フィールド上のカードを除外する効果を持っています。
カイクウは墓地のカードを除外する効果を持つものの、墓地のカードの除外を封じる効果も持っているのでこのカードは効きません…。

複数の場所のカードを除外できるモンスターは、トリシューラと創星神 sophiaの2体だけです。いずれも手札・フィールド・墓地の三か所のカードを除外できます。
また、手札かフィールドの二か所の内のどちらかのカードを除外できるモンスターには陽炎獣 バジリコックが存在します。

このカードは相手の除外にカウンターを撃てる効果ですが、あくまで「自分が除外されたのと同じ場所の相手カードを除外する」効果であって、除外を無効にする訳ではないという点も、大きく評価を下げます
相手のカードを「道連れ」にはできるものの、除外された自分のカードはもう帰って来ません…。
そもそも、このカードを発動したターン中に相手のモンスターがこちらのカードを除外してきたとしても、相手の場に除外できるカードが無ければ相手を「道連れ」にする事すらできません。こちらは無駄にこのカードと除外されたカードを費やしただけとなってしまいます…。
除外メタとしての影響力は低く、明らかに王宮の鉄壁などを使用した方が賢明です。

このカードは冒頭で描いた様にトリシューラを模ったようなデザインをしており、効果的にもトリシューラを強く意識ています。
しかし、このカードはトリシューラへのメタとしては役に立ちません
トリシューラの効果に対してチェーンして発動したところで、相手は除外する枚数を減らして被害を最小限に抑える事ができるのです。
それならば、トリシューラの効果そのものを封じるエフェクト・ヴェーラーを使った方がいいです。
肝心のトリシューラのメタとなり得ないこのカードは、存在価値そのものに疑問を感じるレベルです…。

設定上では、氷結界の三龍の力を制御するための宝具との事です。
最初に三龍を封印し「氷結界」の開祖となった伝道師により作られ、伝道師ははるか昔に、これを用いた術で三龍を封印したそうです。
伝道師のイラストでは、杖の先に付いているのが確認できます。
三龍の凍気の力を反射し、その力を抑え込む事ができると伝えられています。
ただしあくまで「伝えられている」だけであり、OCGでは上記の様にある意味トリシューラの力を抑え込む事はできるものの、凍気の力を反射できるかどうかはまた別問題です。
グングニールブリューナクに至っては全く効果がありません(汗

「氷結界の龍」がヴェルズ化した姿という設定のヴェルズ・バハムートヴェルズ・オピオンヴェルズ・ウロボロスの3体のイラストにも、氷結界の鏡らしきものが見受けられます(場所はそれぞれ腹部、背部、尻尾の先)。
氷結界の鏡は三龍を封印した後にノエリアによって持ち出され、リチュアの儀水鏡へと変化したとの事ですが、ヴェルズ化した三龍全てに付いているという事は、実は鏡は複数存在していたのでしょうか。
ちなみに、このカードのイラストと全く同じ氷結界の鏡が描かれているのは、トリシューラがヴェルズ化した姿であるウロボロスのみです。ウロボロス自体も、このカードに対応する墓地のカードを除外する効果を持っています。

DTストーリー内で、解放後に暴走したトリシューラの前には鏡も無力だったという記述がマスターガイド3の中にあります。
これについて、「トリシューラへのメタとして役に立たないOCG版の効果に忠実だ」とネタにされる事がよくありますが、そんな事言われても笑うに笑えません・・・。
STBLの貴重な氷結界の枠(3枠しか無かった)の内の一つが、「氷結界」とは何の関係も無い効果の上に、明らかにトリシューラを意識しているにも関わらずトリシューラ対策として全く役に立たないこのカードだったのです。この事は今思い出しても腹が立ちます
PRIOでの過去のテーマの真っ当かつ劇的な強化を目の当たりにした後だと尚更です。

以上の様な経緯から、私が最も嫌いな速攻魔法カードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

パックでね、新規氷結界魔法が出ると噂になり、いざ当ててみてこの効果………
ホント何のために生まれたのか疑いたくなるようなカードですよ………

No title

コメントありがとうございます。
このカードに関しては本当に「なぜ生んだ」という以外に言葉が出てきません…。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。