スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イビリチュア・ガストクラーケ

今回紹介するカードはイビリチュア・ガストクラーケです。
「リチュア」に属するレベル6の儀式モンスターです。


イビリチュア・ガストクラーケ

イビリチュア・ガストクラーケ
儀式・効果モンスター(制限カード)
星6/水属性/水族/攻2400/守1000
「リチュア」と名のついた儀式魔法カードにより降臨。
このカードが儀式召喚に成功した時、
相手の手札をランダムに2枚まで確認し、
その中から1枚を選んで持ち主のデッキに戻す。



儀式召喚成功時に相手の手札をランダムのに2枚まで確認し、その中の1枚を持ち主のデッキに戻すというハンデス効果を持っています。
ピーピングとハンデス能力を兼ね備えており、しかもハンデス手段も「デッキに戻す」という、再利用し辛いものです。
ランダムとはいえ相手の手札を確認できる点も強力であり、2枚確認した場合は情報アドバンテージも得られます。

強力な効果を持ったこのカードですが、【リチュア】では儀式召喚を狙いやすいです。
シャドウ・リチュアヴィジョン・リチュアを儀式のリリースとすれば、それら1枚の消費で儀式召喚する事ができます。
また、ヴィジョン・リチュアの効果でレベル6のリチュアの儀式モンスターをサーチしてそれをリリースコストにする事もできます。
ヴィジョン・リチュアを経由せずとも、直接リチュア・アビスの効果でサーチできる点も覚えておいて損は無いでしょう。あとついでに、帝王の開岩の効果でもサーチできます。

悩みは、儀式召喚時以降は効果無しも同然になってしまう点です。
レベル6のリチュアの儀式モンスターの中でもステータスが低いので、あまり戦闘にも向きません。
水霊術-「葵」の効果でリリースして更なるハンデスに繋げたり、チューナーを入れてシンクロ素材にしたり、他のレベル6のリチュアの儀式モンスターやシャークラーケン等と共にランク6のエクシーズ素材にしたり、更なる儀式召喚の為にリリースしたりと様々な使い方が考えられます。
墓地へ行った後は、リチュアの儀水鏡儀式の準備の効果で回収できます。

登場以来、【リチュア】の主力カードとしての地位を築いてきたこのカードでしたが、【聖刻リチュア】というデッキではキーカードとして猛威を振るいました。
聖刻のレベル6モンスターをリリースしてこのカード儀式召喚し、聖刻の効果でレベル6・ドラゴン族の通常モンスターを呼べば、そのモンスターとこのカードとでセイクリッド・トレミスM7をエクシーズ召喚する事ができます。そこからこのカードの儀式召喚とトレミスM7のエクシーズ召喚を繰り返す事で、相手の手札をズタズタにしつつトレミスM7を大量展開するという芸当ができました。
このコンボはループ性が高く、特に先攻1ターン目に使われた場合などたまったものではありませんでした。
その強力な戦術が評価されたためか、このカードは12/09/01に制限カードに指定されました。
このカードの規制によって、【リチュア】はフィッシュボーグ-ガンナーの禁止化以来二度目の、大幅なデッキ構築の見直しを余儀なくされました…。
しかし、制限カードとなった後でも上記の【聖刻リチュア】ギミック自体が完全に消滅した訳ではなく、今でも使われるとかなり厄介な事には変わりありません。

このカードは、リチュア・エミリアが儀式術によって変化した姿という設定です。
同じくエミリアが変化した姿という設定のモンスターに、エクシーズモンスターのイビリチュア・メロウガイストが存在します。
あちらがエミリアのムストがエクシーズした姿なのに対し、こちらはエミリアの肉体を生け贄にした儀式術で生まれた怪物という設定です。
ただ、どちらも最終的にヴァイロン・ディシグマによって吸収されたようです(汗 エクシーズ・リバーサルのイラストでもその様子が確認できます。

このカードはリチュアとしては初めて規制されたカードです。氷結界に続き、DTの水属性テーマには規制されるカードは付き物なのでしょうか(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。