スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ

今回紹介するカードは、CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティです。
バリアン七皇のメラグが使用するオーバーハンドレッドのCNo.です。


CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ

CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/水属性/天使族/攻2800/守1400
レベル5モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターの攻撃力と、
その元々の攻撃力の差分のダメージを相手ライフに与え、
そのモンスターをゲームから除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
また、エクシーズ素材を持つこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地に「No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ」が存在する場合、
このカードを墓地から特殊召喚できる。



水属性としてはS・H・Dark Knightに続いて2体目となる、リミテッド・バリアンズ・フォースの効果で出せるCNo.です。
正規の素材はレベル5モンスター×3と重いため、主にリミテッド・バリアンズ・フォースも含めた各種RUMの効果によってエクシーズ召喚する事になるでしょう。

このカードは、1ターンに1度エクシーズ素材を1つ取り除く事で、相手の場の表側表示モンスター1体を選択し、そのモンスターの攻撃力と元々の攻撃力の差分のダメージを相手ライフに与え、そのモンスターをゲームから除外するという効果を持っています。
「攻撃力が変動した相手モンスター1体をして除去する」という点は進化前のラグナ・ゼロと同様ですが、このカードは相手モンスターを破壊ではなく除外します。
また、守備表示のモンスターも除去できるようになっています。なので、除去能力はラグナ・ゼロよりも上がっていると言えます。
更に攻撃力の差分のバーンダメージを与える効果も付いています。
ただ、ラグナ・ゼロにあったドロー効果は無くなっています。
相手のターンにも使用できるという点はこちらも同じであり、これによりフリーチェーンで除外による除去を撃つ事ができます。

このカードは、他の多くのCNo.とは違い、特定の素材を持っている時に発動できる効果を持っていません。
が、S・H・Ark Knightと同様に、進化前のオーバーハンドレッドナンバーズであるラグナ・ゼロが墓地にいる場合にエクシーズ素材を持つこのカードが破壊され墓地へ送られた時に、自身を墓地から特殊召喚できるという自己蘇生効果を持っています。
ただし、S・H・Dark Knightとは違い自分でエクシーズ素材を補充できる効果を持っていないため、基本的に使い捨てとなります。
また、あちらとは違いライフを回復する事もできません。
しかし、蘇生効果を使ったターン内にも攻撃が可能という、あちらには無い利点もあります。なので、蘇生条件を満たしているこのカードは疑似的にミラーフォース等に耐性があると言えます。

このカードはリミテッド・バリアンズ・フォースで出す事もできますが、やはりS・H・Dark Knightの存在が厳しいです。
このカードを使うならば、特殊召喚された以外のモンスターも除去できるという、あちらには無い利点を活用したいです。
その為には、相手の攻撃力を変動させる手段を用意しておきたいです。
メラグの前身である神代璃緒が使用したエクシーズモンスターにはシルフィーネリオート・ハルピュイアと、このカードの効果の発動に繋げられる効果を持ったものがいますが、このカードとの共存は難しいです(汗
このカードはランク5の水属性という事で、FA-クリスタル・ゼロ・ランサーを重ねる事もできます。蘇生効果を使った後に重ねるのも手ですが、その場合は打点が下がってしまいます。

このカードの効果について、情報が出た時から「攻撃力の変化していないモンスターを選択できるのか」「それができた場合、相手に効果ダメージを与えられなくてもそのモンスターを除外する事はできるのか」という事が話題になりました。
現在は選択できないという裁定です。
できないならできないでそれで諦めが付きますが、このカードの場合は一時期は「選択できる」という裁定だった事がありました
なので、「最初はできたのに弱体化した」というマイナスイメージが付きまとい、ただ単に「できない」という以上に低く見られてしまう事でしょう…。同じような目に遭った水属性モンスターには、他にアビスタージが存在します。
それにしても、攻撃力が変動していないモンスターも選択できたらできたで「強い」と持てはやされ、できなかったらできなかったで「ハズレア」の様に言われてしまうとは…カードの調整とは難しいものなのだなと考えさせられます。

アニメで登場した時から目をつけていたカードでしたが、OCG化された際にはアニメよりも使いやすくなりました。
効果の発動条件が緩くなったのに加えて、相手のターンにも使用できるようになっていたり、除外による除去効果が付いていたりと、僕にとっては期待以上のカードでした。
攻撃力が変動していないモンスターを選択できない事も、特に気になりません。
若干癖があるとはいえ、素材3つでフリーチェーンの除外効果を撃てるのは強力だと思います。守備力がS・H・Dark Knightより高いのも地味に嬉しいです。
まだ登場したばかりですが、個人的には天使族モンスターの中で一番気に入っているカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

神葬零嬢2体はスプレンデッドヴィーナスと相性が良いとされてますね。
友達はダークジェロイドからのエクシーズで出して効果を使ってましたw

darknightより劣化みたいに言われますけど、相手ターンにも除外できるというのは大きいですよね
ラグナゼロはハマるとあっという間に素材消費して、変動用のカードだけ残して棒立ちすることが多かったので、このカードも似たように長持ちさせられることがけっこう多く、本当に思った以上に使いやすいカードでした

天使族で一番好きなカードは、ぼくも確かにこれになりました

No title

>さんだーさん
コメントありがとうございます。
昔のカードで、このカードと相性が良さそうなものを探してみると面白そうですね。

>ナシュナシュさん
コメントありがとうございます。
確かにこのカードはS・H・Dark Knightとよく比較され、「あちらで充分」と言われる事がよくありますね。
破壊され自身の効果で蘇生したターン内にも攻撃できるという利点もあるのですが、その点がクローズアップされる事は少ない気がします(汗
このカードも、今後もっと使いこなせるようになりたいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。