スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水属性のエクシーズを振り返る・改

以前、当時の水属性のエクシーズモンスターは20戦6敗1分であると書いた事がありました。
ここで、「20」は当時出ていた水属性のエクシーズモンスターの数であり、「6」はその中で著しく評価の低いカードの数でした。

その時に比べて水属性のエクシーズモンスターも何体か増えたので、改めて今現在明らかになっている水属性のエクシーズを振り返ってみます。
尚、闇属性のブラック・レイ・ランサーや、アニメで登場したもののOCG化が現状では未確定であるのものは省いています。


No.17 リバイス・ドラゴン

No.17 リバイス・ドラゴン
実質2500打点となるランク3のエクシーズ。ランク3のアタッカーとして運用できます。
現在ではゼンマインに「安定して出せるランク3」の座を明け渡している節があります。


DP15-JP021 潜航母艦エアロ・シャーク

潜航母艦エアロ・シャーク 
「アニメから弱体化されたカード」の代名詞的な存在のカードです。
弱体化を差し引いても効果そのものが非常に貧弱であり、よくネタにされます。
ちなみに、アニメ効果よりもOCG効果の方が先に判明しました。


イビリチュア・メロウガイスト

イビリチュア・メロウガイスト
DTで登場した唯一の新規水属性エクシーズです。
刺さる相手には結構刺さる効果ですが、攻撃力が低めなのがやや辛いです。
エミリアが変化した姿であり、イラストの人気が高そうです。


No.30 破滅のアシッド・ゴーレム

No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
ランク3で最高の攻撃力を持ったカードです。
非常に重いデメリットを持っていますが、即席のアタッカーとして使ったり、相手に送りつけるコンボに繋げたりできます。


No.19 フリーザードン

No.19 フリーザードン 
強豪揃いのランク5において、明らかに浮いてしまっているカード。
ランク5どころか全エクシーズモンスターの中でも指折りの使い道の無さを持つカードです。
元々使い辛い素材を肩代わりする効果を持っているにも関わらず、後にこのカードよりも素材を代用しやすい効果を持つカードが増えた為、ますます肩身が狭くなりました・・・。
相方がランク5の中でも特に強力なヴォルカザウルスであるため、遊馬編の「ハズレア」として(悪い意味で)有名でした。

現在では、「クリスタル・ゼロ・ランサーを重ねられる水属性・ランク5の中で唯一エクシーズ素材が2体で素材の縛りの無いカード」というアイデンティティを得て、実際にランク5主体のデッキでクリスタル・ゼロ・ランサーへの中継として投入されているようです。


発条空母ゼンマイティ

発条空母ゼンマイティ 
エクシーズモンスターとしては初めて禁止カードに指定されたカード。
禁止カードになるまでの現役期間は、かのダーク・ダイブ・ボンバーに次ぐ短さだったそうです。


No.32 海咬龍シャーク・ドレイク

No.32 海咬龍シャーク・ドレイク
シャークの新たなエースポジションとして登場したものの、シャークのファンからは歓迎されなかった不遇のカード。
レベル4モンスター×3という素材の重さが評価を下げます。また、ショックルーラーやヴェルズ・ウロボロスの存在も辛いです。
高攻撃力やモンスター効果による戦闘ダメージ、エクシーズ・リモーラ等で差別化を図りたいです。


CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス ホロ

CNo.32 海咬龍シャーク・ドレイク・バイス 
シャークの切り札ですが、出し難い上に効果も使い辛いと、他のキャラの切り札と比較すると群を抜いて性能が低いです…。専用サポートもありません。
特にホープレイと比較すると悲惨さが目立ちます。しかし一応これでもアニメよりも強化されています。
そんなこんなで扱いに困った為か、シャーク・ドレイク共々、ZEXAL II作中では遺跡編に突入して以降切り札ポジションを降ろされ、全く登場しなくなりました・・・。


水精鱗-ガイオアビス

水精鱗-ガイオアビス
水属性の素材指定のあるランク7エクシーズ。
ランク7は素材指定の無いビッグ・アイ一強だった事から評価は低かったですが、【征竜】デッキにおいてタイダルを素材にエクシーズできる事や、その制圧力から次第に見直されはじめました。
タイダルやディニクアビスが出てからは、【水精鱗】デッキでも採用されるようになった様ですが、ドラゴサックをはじめランク7にもライバルが増えています。


スノーダスト・ジャイアント

スノーダスト・ジャイアント
水属性の素材指定のあるランク4エクシーズ。
効果が不安定で使い難いイメージがあります。
程なくして出た、同じ素材で高い攻撃力を持ったバハムート・シャークの影に隠れてしまった不遇のカードです。


覚醒の勇士 ガガギゴ

覚醒の勇士 ガガギゴ 
爬虫類族の中で最高のステータスを持つカードの1体ですがレベル4モンスター×3と重いにも関わらず効果が無く、攻撃力値も中途半端です。
同じ素材で出せるカードに、実質的により高い攻撃力を持つナイト・バタフライ・アサシンがいるのをはじめ、素材2体で出せるランク4にもより高い打点に対処できるモンスターがいる為、立場がありません・・・。
効果なしである点を活かそうにも、素材2体で出せるジェムナイト・パールや同じステータスの通常モンスターのゴギガ・ガガギゴの方が使いやすいでしょう。
一応、サポート無しで神竜騎士フェルグラントを殴り倒せる唯一のランク4ですが、このカードをエクストラデッキに入れエクシーズ召喚できる程の余裕のあるデッキは限られています・・・。


DP15-JP022 バハムート・シャーク

バハムート・シャーク
水属性の素材指定のあるランク4エクシーズ。
素材2体で出せるデメリット無しランク4の中では、ジェムナイト・パールと並んで最高の攻撃力を持っています。
エクストラデッキからエクシーズモンスターを呼べる効果を持っており、攻撃を行った後でもメインフェイズ2で効果を発動できるという裁定が話題になりました。


水精鱗-アビストリーテ

水精鱗-アビストリーテ
2体目の水精鱗のエクシーズ。
バハムート・シャークの効果で呼べる中では最高の守備力を持っており、専らバハムート・シャーク用のカードと化しています(笑


アーマー・カッパー

アーマー・カッパー
初の水属性・ランク2のエクシーズモンスター。いろいろな超能力を使い、攻撃のダメージを防ぎます。
深海のディーヴァで海皇の重装兵を呼ぶ事でエクシーズでき、効果を使用する際に重装兵を取り除く事で相手の場の表側表示カード1枚を破壊できます!
デュエル中1度しか使えないものの、戦闘破壊と戦闘ダメージを防ぐ効果も優秀です。


No.47 ナイトメア・シャーク

No.47 ナイトメア・シャーク
漫画版のシャークのナンバーズ。
それまでシャークデッキにはいそうでいなかった、素材2体で出せるランク3の海竜族です。バハムート・シャークで出せる点も見逃せません。
実質的に攻撃力2000のダイレクトアタッカーとして運用できます。今ではランク4にも同様の運用ができるハートランドラコが登場しましたが…。


零鳥獣シルフィーネ

零鳥獣シルフィーネ
初の水属性・鳥獣族の1体。
鳥獣族の素材指定があり、水属性との関連は限りなく0に近いものの、効果自体の評価はなかなか高いです。


牙鮫帝シャーク・カイゼル

牙鮫帝シャーク・カイゼル
3体素材が必要なものの、実質的な打点は2800です。生き残っていれば更に打点を上げられるのが楽しいです。
ブラック・コーン号が天敵です。


零鳥姫リオート・ハルピュイア

零鳥姫リオート・ハルピュイア 
フリーザードンに続く2体目の水属性・ランク5でしたが、出す事すらもままならないカードです。
素材指定されているレベル5の鳥獣族自体の数が非常に少ないのです。このカードへのエクシーズを意識して作られた(と思われる)カードもシレーヌ・オルカ位です。
効果もヴォルカザウルスと比べると見劣りし、出す価値自体も低いとしか言いようがありません。

余談ですが、このカードについて取り上げた記事の拍手数がやたらと多くて驚きました(笑


深淵に潜む者

深淵に潜む者
特定の条件下で水属性を強化する効果と、墓地の効果の発動を封じる効果を持っています。
後者の効果が環境のトップデッキに刺さった事から評価を上げたカードです。


No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ.jpg

No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ 
現在、水属性及び植物族の中で最高の攻撃力を持つカードです。
初の水属性のランク8ですが・・・素材がレベル8モンスター×3と非常に重いにも関わらず効果自体も非常に貧弱です・・・。とても重さに釣り合った性能とは言い難いです。
更にレベル8モンスター×2で、元々の攻撃力がこのカードよりも高い上に効果での攻撃力上昇値もこのカードより高い銀河眼の光子竜皇が登場した事で、全く立場が無くなってしまいました・・・。
【植物族】デッキにおいても居場所が無く、このカードを出した所「舐めプ」扱いされたという声すら聞いた事があります。もちろん、強力な「植物姫」3体をわざわざ素材にしてまでこのカードを出す意義は無いのは言うまでもありませんが…。
それでも、今では個人的に植物族モンスターの中で一番気に入っているカードなので、この現状はとにかく悲しいです。
ちなみにコレクターズパック ゼアル編に収録されていた新規水属性モンスターはこれだけです。


DP15-JP016 No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ

No.73 激瀧神アビス・スプラッシュ 
発売前から非常に評価の低かったカード。素材指定か戦闘ダメージを半減する効果のどちらかはいらなかっただろ…。
そんな訳で付けられ、今に至るまでに使用されているあだ名が「激安神」。DPのウルレアにも関わらず、こんな不名誉な事があっていいのだろうか…。
クリスタル・ゼロやクリスタル・ゼロ・ランサーでは対処できないオベリスクを殴り倒せるという利点がありますが、逆を取るとそれ位しか利点がありません


DP15-JP017 No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ

No.94 極氷姫クリスタル・ゼロ
1ターンに1度、場のモンスター1体の攻撃力を半減させる効果を持っています。
相手のモンスターを弱体化させたり自分のモンスターを奈落などから守れたりと用途は広いです。
相手のターンにも使用できるのもポイントです。


DP15-JP018 FA-クリスタル・ゼロ・ランサー

FA-クリスタル・ゼロ・ランサー
水属性初のランク6エクシーズ。ランク5の水属性に重ねて出す事ができます。
素材数毎に攻撃力が上がる効果、素材1つを身代わりにできる効果、素材1つを取り除く事で相手の場の全てのモンスターの効果を無効にする効果と、効果が充実しています。


DP15-JP019 FA-ブラック・レイ・ランサー

FA-ブラック・レイ・ランサー
素材無しのランク3の水属性エクシーズに重ねて出す事ができます。
バハムート・シャークと相性が良く、実質バハムート・シャークから攻撃力2300で耐性効果と魔法・罠の除去効果持ちのランク4を呼べる事になります。
そこから更にエクシーズ・ギフト等に繋げる事もできます。


No.101 S・H・Ark Knight

No.101 S・H・Ark Knight 
素材指定無しのレベル4モンスター×2で出せるエクシーズながら、相手の特殊召喚された攻撃表示モンスター1体をエクシーズ素材にするという強力な除去効果を持っています。
また、破壊される時に代わりにエクシーズ素材1つを取り除く事ができる耐性効果も持っています。
以前に水属性のエクシーズを振り返る記事を書いた当時の水属性エクシーズに足りなかったものを全て持っていると言っても過言では無い存在です。


CNo.101 S・H・Dark Knight

CNo.101 S・H・Dark Knight
ノーコストで相手の特殊召喚されたモンスター1体をエクシーズ素材にできる効果と、特定の条件下で破壊された時に蘇生し、ライフを回復できる効果を持っています。
皮肉にも進化前にあたるS・H・Ark Knightが最大の天敵となります。


No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
攻撃力が変動した相手モンスター1体を破壊しドローできる効果を持っています。
相手のターンにも発動できる事もあり、攻撃力を上げてのビートダウンを得意とした相手には大きな影響力を発揮できるでしょう。


CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ

CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ
「攻撃力が変動していないモンスターは指定できない」裁定だった場合、ある程度評価が下がる事は覚悟していましたが、実際にそうなると思いの他評価が低くて愕然としました。
一時期は「指定できる」という裁定だった事もそれに拍車を掛けています。


トライエッジ・リヴァイア

トライエッジ・リヴァイア
漫画Dチーム・ゼアル出身のエクシーズモンスター。レベル3モンスター×3の素材を必要とします。
戦闘破壊した相手モンスターを除外する効果と、相手モンスター1体の攻撃力を下げ効果を無効にする効果を持っています。
前者の効果はバハムート・シャークの効果で呼んだ場合でも使う事ができ、後者の効果は漫画内での描写から絶望的だった「相手のターンでも発動できる」という記述を得た事から、使い勝手が大幅に向上しました。


以上で、29戦1勝7敗1分となりました。果たしてこれだけ出てる中での「敗」の割合は多いのか少ないのか・・・。
中には「何故これが『敗』じゃないんだ」と思われるようなカードもあるかもしれませんが、少なくともここで「敗」にしたモンスターについては、誰が見ても「敗」である事は間違いないでしょう・・・。
「勝」に関しては、水属性ランク4の中でも安定して強力なバハムート・シャークやメタ効果が一定の評価を得ている深淵に潜む者あたりを入れてもいいような気もします。

これらの他に、海外先行でCNo.73 激瀧瀑神 アビス・スープラのカード化が確定していますが、「激安神」の存在が影を落としている事もあって全く期待できず、正直「勝手にカード化されといて下さい」としか感じません…。
水属性を使っている身であるにも関わらず、こんな事を感じるのはいかがなものかと自分でも思いますが。

こうして見ると、評価が低い水属性エクシーズには、「素材が重いにも関わらず、それと性能が釣り合っていない」カードが多いような気がします。
特に、素材枚数が多いものが目立ちます。そこで、「素材が3つ以上ある水属性エクシーズ」をサポートするカードでも出れば、シャーク・ドレイク・バイスやガガギゴ、クイーン・オブ・ナイツといったカードも活躍できるようになるのではないでしょうか。
出たところで、S・H・Dark Knightやクリスタル・ゼロ・ランサーといったある程度強いエクシーズにしか使われなくなるような気もしますが…。

以上のように水属性のエクシーズは色々と登場しており、今や水属性シンクロの総数の4倍以上もの枚数が出ています。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。