スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リチュア・エリアル

今回紹介するカードはリチュア・エリアルです。
「リチュア」に属するレベル4の下級モンスターの1体です。


リチュア・エリアル

リチュア・エリアル
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1000/守1800
リバース:デッキから「リチュア」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。



デッキからリチュア1体をサーチできるというリバース効果を持っています。
サーチできるカードにレベルや攻撃力やモンスターの種類等の制限は無いため、サーチ範囲は広いです。
シャドウ・リチュアをサーチすれば、そこから「リチュア」と名のついた儀式魔法もサーチする事ができます。
特筆すべき点として、このカードは同じくサーチ効果を持ったリチュア・アビスではサーチできないリチュア・ビーストをサーチする事ができます。
リチュア・ビーストとはレベルが一致しており、たとえこのカードが戦闘破壊されたとしても、リチュア・ビーストをサーチすれば次のターンにビーストの効果でこのカードを釣り上げてランク4のエクシーズ召喚へ繋げる事ができます。
このカードもビーストも共に水属性であるため、スノーダスト・ジャイアントバハムート・シャークを出す事もできます。
これらのエクシーズを使う為のデッキに、「リチュア」からこのカードとリチュア・ビーストのみを「出張」させているという話も聞きます。
守備力がそこそこ高く、下級アタッカーの攻撃をある程度は受け止められる点も評価できます。サーチ要員と壁要員の両方を兼ねる事ができます。

難点はリバース効果故に発動が遅い点でしょうか。
セットしたこのカードがそのまま除去されてしまうと当然効果は使えません。【リチュア】においてセットモンスターが出たとなると、まず間違いなくこのカードの存在を警戒される事でしょう。
ライオウ抹殺の使途はこのカードにとって天敵と言える存在であり、これらを使われようものならひとたまりもありません。
リチュアには、このカードと同じ造成・種族・レベルで能動的に効果を発動でき、デッキトップに任意のリチュアのモンスターを置く事でそのモンスターを疑似的にサーチできるリチュア・アバンスが存在します。
欲しいリチュアのモンスターを手札に加えられる速さはどっこいどっこいと言ったところと思われますが、このカードの方が効果を発動できればアドバンテージを得やすいです。

このカードは、トリシューラの暴走時に孤児となり、ノエリアに引き取られたという設定です。その様子は戦火の残滓のイラストで確認できます。
マスターガイドでは「ノエリアは戦死した「氷結界」の仲間の子供を数人引き取った」という記述があります。つまりこのカードは、「氷結界」の誰かの娘という可能性があります。一体、誰の子なんでしょうか。
もっとも、モンスターカードで出ている以外の「氷結界」の住人の子供という可能性もありますが…。
或いは離反しリチュアとなった「元氷結界」の者の中に彼女の親がいるとも考えられますが、ノエリアとの関係は上記のように「養子」であると明言されており、ナタリアについては、実の親子ならそう明言されている筈です(DTマスターガイドでの『「リチュア」の中心人物とその関わり』の特集ではこのカードとナタリアとは何の関係もありませんでした)。
と、なるとリチュアの中で彼女の実の親である可能性があるのはリチュア・ヴァニティ位ですが・・・DTマスターガイドではヴァニティに関する記述は無きに等しく、彼が元氷結界なのかどうかすらも分かりません。第一、エリアルとはそんなに似ていませんが。
このカードについても記述は少なく、「魔轟神との対戦の終結後に、孤児になったところをノエリアに引き取られた」「ノエリアの英才教育によってリチュアの儀式召喚師となった」という事が触れられているのみです。アバンスやエミリアと違い、DTストーリー内への絡みもありません。
また、リチュアの禁術を用い、自らの身を怪物に変化させた戦闘形態としてイビリチュア・マインドオーガスが存在します。

あとこのカードは、水霊使いエリアと名前・容姿が非常によく似ているという事でも大変話題になりました。
水霊使いエリアは後にDTで再録され、しかも「リチュア」のシリーズモンスターに含まれています。共にリバース効果を持っているも共通しています。
しかし、DTマスターガイドではこれら二者の関係については何ら触れられておらず、関係は不明のままです。
このカードはエリアと比べて髪が短かったりしますが、果たして同一人物なのか血縁者なのか、それともただのそっくりさんなのか…。
こういった話題性もあり、初登場時からこのカードの人気は凄まじいものだった事をよく覚えています。
このカードは「リチュア」というテーマ、ひいてはDTのストーリー(特に第9弾以降)そのものの人気に大いに貢献している1枚ではないでしょうか。
その人気の高さたるや、水属性の中ではリチュアよりも氷結界の方が思い入れの強い身として嫉妬の様な感情を抱く程でした(笑

OCGの性能的にもストーリー設定的にも人気的にも、程良いポジションに納まっているカードだと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

単体だとカードサーチ。それだけですけど、
やはりその分かりやすいのを利用する戦術も多いですよね
リチュアに採用されるとすれば、スノーマンイーターとかと併用し、
心理戦に持ち込ませる・・・・・・等。サルベージ両者対応なのも魅力

またマジカルシルクハットも儀水鏡やマーカーと相性がよく、
リバースしたエリアルを再利用できると言う利点も存在します
ブラック・マジシャンのようにトリッキーさを工夫すれば、
ただのサーチカードでは済まされない、いいカードだと思います

二次創作においては自由度が高いので結構助かりますが、
原作でノエリアの育てた子の中で一人設定が少ないのには、
個人的に残念で仕方ありません
ウィンダとウィンの関係があったように、
彼女とも関係があればいいんですけどね・・・・・・
マスターガイド4に期待してみましょう
主にピリカ、ビュート、牙王、ゴーム辺りでしょうけど

言われてみれば、リチュアの中でもかなり人気なのは良く分かります
ノエリアはその手の話題に論外、エミリアは性能故に抜けてしまう、
ナタリアは癖が強いといった中、汎用性とイラストの人気の高さは納得ですね

リチュア好きになるならまずエリアルかエミリア言われましたし、
某所のイラスト数はリチュアトップ。なお、二位のアバンスの倍はあるようです

まあ、私がリチュア好きになったのアバンスですけど

No title

こんにちは。

色々な考察の結果、エリアルはグルナードの娘というのが出てましたけどどうなんでしょうね。
能力的には数値を反転させた後守備力を1000下げたものになっていて、最上級と下級という事を考えれば特に不思議じゃないんですが。
効果にもなんとなく面影はあるんですが、ターミナル内でのモーション等が特に似てないので微妙なところです。
身長も2m超えてるグルナードとは対照的に130cm程しかないですし、ただこれはリチュアの少年少女が全体的に身長が低いのでその影響もあると思いますが。

ターミナルは他以上に元ネタや神話等を劇中の活躍に反映させてますが、
エリアルもエアリアル、特にシェークスピアの「テンペスト」での設定をモデルにしているようですし、ノエリア死亡後≒自由の身となった後の動向が気になる所。
共働していると思われるミザエルに倣うなら、ヴェルズ発生後に
ソピアに挑んで自爆してしまうのでそれもどうかなぁと思いますが。
エルシャドールやマスターガイドの事もありますし今のところは考察は保留でしょうか。

ビースト登場以前からそのステータス・同名サーチ可能な点からドゥローレンデッキで使ってましたw

魔法使いなので3チューナーからアーカナイト、グングとの使い分けが出来て良かったです。最大の魅力は登場当時水属性LV4、攻撃力1000以下(リミット・リバース対応)で有用な効果を持ってるという、数少ないカードでした。
ドゥローレンデッキは蘇生罠の使い回しが基本なので。

血の代償を使って墓守の偵察者のような動きも面白かったですね。

No title

>鬼月さん
コメントありがとうございます。
1ターン目など、相手に【リチュア】だと気付かれていない時にこのカードをセットするんが効果的だと思います。
その後には他のカードを伏せたりしての心理戦も展開できますね。
他のカードと組み合わせる事で、よりこのカードを効果的に使いたいです。

詳細設定があまり明かされていないという事は、逆に二次創作で自由度が高くなるという利点でもありますね。
ただ、エリアとの関係などやっぱりある程度は補完して欲しいという気持ちはあります。
公式も、もっと頻繁にDT世界の詳細について何らかの形で触れればいいのにと思います。

人気の秘訣は、やっぱりイラストと実用性のバランスなのでしょうか。
ノエリアは、ストーリー的には人気がありそうです。一番本筋に絡んでいますし。
一番最初に出たと言う事もあってか、エリアルの人気は鉄板ですね。
それだけに、色んな方が色んなイラストを描かれていますね。羨ましいです(笑
ちなみに氷結界の中でイラスト数がトップなのはトリシューラのようです。

>AOJさん
コメントありがとうございます。
何故にグルナード…(笑 ステータス面での繋がりはともかく、ヴァニティよりは似ているとは思いますが。
リチュアのモンスターが小柄なのは、年代設定の影響でしょうか。
とりあえず、マスターガイドでどれだけ設定的な事が触れられるかに期待したいです。

>さんだーさん
コメントありがとうございます。
記事では書いていませんでしたが、同名カードもサーチできるのもポイントですね。
ドゥローレンやアーカナイト、グングニールの素材になれたりと、【リチュア】以外のデッキでも使えますね。
リミット・リバースで蘇生する活用があったとは、盲点でした。

No title

AOJさんのエリアルとグルナードの親子説は、マインドオーガスの下半身の魚とグルナードの英訳のどちらもホウボウであること、対応するポジションにいるウィンダが最も戦闘力がある指導者の娘であることから考えられたものです。
ステータスと言えば、エミリアの儀式体であるガストクラーケは、帝シリーズと、グルナードは強化帝シリーズ(もしくはライザーの直後に登場したアドバンス召喚前提の魔王ディアボロス)と同じステータスなんですよね。髪の色も同じなので、ノエリア共々こちらも血縁者である可能性も考えられます。
エミリアと同弾に収録され、共に次代のリーダーの資格を持つカムイがウィンダと従姉弟だと言う事を考慮すると、エリアルとエミリアも従姉妹同士かもしれません。ノエリアがエリアルを引き取ったり、一度悪魔召喚に失敗しながらもリチュアに入ったメンバーがいたのも、将軍との血縁という背景があったからでは?というのが持論です。
マインドオーガスのステータスもネオス、スターダスト、ホープら主人公のエースと同じだったり、エリアルの時とは杖の仕様が違うため、実は2本所持しているのではという疑惑もあるので、彼女に関してはまだまだ隠されていることがあるように思えますね。

シャドールの登場で、今まで見えて来なかったカンゴルやらビュートやらのターミナルのさらに新しい世界が見えてくれば、エリアルとエリアの関係にも何かしら説明が来そうですね

同時にエリアルがどうやってフェードアウトするのかとかもわかっちゃうとなると、少し嫌な思いもありますが

No title

>一文字さん
コメントありがとうございます。
エリアルは元々氷結界のどこの家系だったかすらも明らかになっていませんね。
今後掘り下げられていくのでしょうか。

>ナシュナシュさん
コメントありがとうございます。
最近、DT世界に新たな展開が増えていますね。
私が好きなのは氷結界なのに対し、最近増えてるのは専らDT2期関連なので関係ないや…とも言い切れないですね。
リチュアの一部が、一応設定上は元氷結界なので。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。