スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタパルト・タートル

今回紹介するカードはカタパルト・タートルです。
アニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」の主人公「武藤遊戯」が使用した唯一の水属性モンスターであり、原作・アニメ共に印象深い登場シーンがあった為か、「決闘王の記憶-決闘者の王国編-」に収録されました。
ちなみに、同セットでノーマルで封入されている効果モンスターはこのカードのみです。


カタパルト・タートル

カタパルト・タートル
効果モンスター
星5/水属性/水族/攻1000/守2000
1ターンに1度、自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手ライフに与える。



効果は、1ターンに1度、自分の場のモンスター1体をリリースする事で、リリースしたモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与えるというバーン効果です。
ダーク・ダイブ・ボンバーの様に、リリースするモンスターに制限は無く、自身を射出する事ができます。何の補正も無い状態で自身を射出すれば、500ポイントのダメージを相手に与える事ができます。

このカードはレベル5の上級モンスターでありながら、場に出すのは比較的容易です。
伝説の都 アトランティス発動下ではレベル4になる為、アドバンス召喚無しで通常召喚できます。更にデッキからはグリズリーマザーのリクルート効果で、墓地からはリミット・リバースで特殊召喚できます。
守備力は2000とそこそこある為、いざとなれば壁としても機能します。ただし、リミット・リバースで蘇生した場合は守備表示にすると破壊されてしまう点に注意したいです。

攻撃力1000(このカード自身の基本攻撃力と同じ)よりも低いモンスターを射出した場合、火力面でキャノン・ソルジャーに劣ってしまいます。なので、このカードの射出効果を使う場合は、やはり攻撃力の高いモンスターが要求されます。
高攻撃力のモンスターを展開しやすい構築にする他、フィールド魔法やその他サポートでモンスターの攻撃力を底上げするのも手です。
高攻撃力のモンスターで殴った上で、そのモンスターを射出していくのが理想的な流れでしょう。
また、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇のモンスターをリリースすれば、ダメージを与えつつそれらの効果を使う事ができます。重装兵を射出した場合はダメージは0ですが(笑

このカードはかつて、遊戯王史上最凶のデッキの一つとまで言われる【サイエンカタパ】というデッキの中核を成していたカードでした。デッキ名にある「カタパ」というのは、言うまでも無くこのカードの事です。
魔導サイエンティストが禁止カードになった事によってこのデッキは消滅しています。しかし、「相方」が禁止になった一方、このカードはずっと無制限のままです。

このカードは、第8期の終わり頃に再録された際に、1ターンに1度しか効果を使えないという風にエラッタされました。
何故こんな時期に、第1期から存在しているこのカードの根底を覆す様なエラッタを出したのでしょう…。
上記の【サイエンカタパ】が猛威を振るったのは、当時はこのカードの効果を1ターンに何度も使用できたからに他なりませんでした。
エラッタするならその頃にしておけば良かったものを…何故完全に「過去の栄光」で、今は環境に影も形も無いこのカードにこのようなエラッタを施したのか分かりません。
今後の環境やルールを見越しての事なのかもしれませんが、それにしても、類似効果を持ったダーク・ダイブ・ボンバーもマスドライバーもキャノン・ソルジャーもそのままなのに、何故このカードだけ…(前者2枚は禁止カードですが)。
エアロ・シャークといい、バーン効果持ちの水属性は「弱体化」する運命にあるのでしょうか。

初期から存在する、由緒正しき「主人公の使用カード」だけに、エラッタによる弱体化は悲しいです(汗
 

こんな根底を覆すようなエラッタが許されるのなら、これまでにも他にエラッタされて欲しいと思ったカードなど山ほど存在します
中にはこのカードの様に1ターンに1度の使用回数制限さえあれば、禁止カードから抜け出せそうなカードもいる事でしょう。
同名カードの使用回数制限であれば、イレカエルフィッシュボーグ-ガンナーすらもそうではないかと思いますし、同族感染ウィルスに至っては、どんな形であれ、1ターンのに1度の使用回数制限さえあれば絶対制限復帰できるだろうと断言できます
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ただしDDB、お前は駄目だ(攻撃制限含めれば・・・とは思う

No title

コメントありがとうございます。
DDBは回数制限があったとしても復帰できる気がしません(笑

初コメです。

カタパルトはペンデュラム召喚の登場により、エラッタされた気がします。他の射出カードと違い、元々の攻撃力でダメージが決まりますから…。再録チャンスもあったし、先回りしたのかな…と。


No title

DDBコメントした者ですが、なんであんなこと言ったんや俺・・・(各まとめサイトの佐々木復活フラゲを見ながら
もう駄目だ・・・終わったビングだ、俺・・・

帰って来ました。
エラッタして帰って来ました(泣)
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。