スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「切り札」

遊戯王ZEXAL IIでホープの最強形態として登場したNo.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ。マスターガイド4にてOCG化されたこのカードですが、一部批判的な声や不満も出ています。

No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ

まず、「アニメと比較して耐性効果が無くなっている」と言われます。アニメではではこのカードが自分フィールド上に存在する限り、自分フィールド上に存在するカードは相手のカードの効果を受けないという耐性効果があったにも関わらず、OCGでは無くなっています。
しかし、この耐性はいくら何でも強力すぎると思うので、変更は妥当だと思います。
不満が挙がるとすれば、他に何らかの耐性があったりする訳でもなく、跡形も無く消え去っているのが原因でしょう。

しかし、このカードは耐性効果を削っても尚持って余りある強さだと思います。
このカードの名前を聞いた時に、「強力だけど希望皇ホープのサポートは受けられないのでその点でバランスを取ってるのかな」と思いましたが実際は「希望皇ホープ」と名のついたカードとしても扱うので、問題無く受けられます。よって、ZWを装備できたりもします。
エクシーズ召喚に成功した時に相手の場の全てのモンスターの攻撃力を0にできる為、確実に3000の戦闘ダメージを叩き込む事ができます。
また、墓地に蘇生条件を満たした「希望皇ホープ」がいれば、自分の場のエクシーズモンスターをいつでもフリーチェーンで除外できるのです。
これによって、ホープを展開しつつライフ回復も行えます。。
「フリーチェーンで除外」「ライフ回復」という点は何処となくラグナ・インフィニティを彷彿とさせます。あちらも、裁定変更によっていつでも撃つ事はできなった為に、低く見られるようになってしまったものです…。

そして、このカードへの不満として「ホープの派生種であるにも関わらず、ホープデッキで使う利点が少ない」という声もよく聞きます。
ホープにアストラル・フォースを使って出せば、上記の除外効果に繋げる事ができて相性が良いものの、わざわざそれをやる意義があるかどうかは疑問です。
また、アニメではホープを素材にエクシーズ召喚に成功した場合限定の効果がいくつかありましたが、それらはOCGでは常に完備されているようになっています(攻撃力を0にする効果と、相手のモンスターを除外して「希望皇ホープ」を蘇生し、ライフを回復する効果)。
その結果、「ホープデッキの切り札」と言うよりも「強力な汎用ランク6エクシーズ」になっている事に不満が出ていると思われます。
この意見に対しては、アストラルの「甘ったれるな」という台詞を借りたい気分になります。
私はこれと同じような思いを、既にしているのですから。

DT7弾の頃になっても尚、シナジーが無いと言われ続けていた氷結界。そんな中で氷結界を応援する私は、いつしか「【氷結界】の切り札になる強力なシンクロさえ出れば…!」と思う様になっていました。
これまで奇数弾でシンクロが出ていたにも関わらずDT7弾では氷結界のシンクロはおらず、更に【氷結界】のデッキとしてのまとまりも強くなった訳では無かった為、新シンクロの登場については、本当に藁にもすがる思いでした。
そんな中で出た氷結界の新規シンクロ…DTのタイトルにまでなった、氷結界の最古にして最強の龍・トリシューラはと言うと…「【氷結界】の切り札」と言うよりも「強力な汎用レベル9シンクロ」でした。
【氷結界】で出す意義もシナジーも大して無く、むしろ天敵とすら言える存在です。
今回のビヨンド・ザ・ホープに対する意見の一部を見て、ふと初めてトリシューラを見た時のこの一部始終を思い出しました。
とはいえ、アニメの主人公が使うデッキと、DTの一テーマとでは格が違いすぎますが。また、トリシューラが出た頃の【氷結界】はシナジーが薄かったのに対し、このカードが出るまでの段階でもホープのデッキはそれなりに強力でした。
ビヨンド・ザ・ホープは効果自体が強力なのに加えて、ホープとのシナジーも考慮されているので十分恵まれていると思います。

厳しい言葉が多い文章になってしまい申し訳ないです。
また、この記事を上げた際に、このカードの効果を大きく勘違いしてしまっていた事を、お詫びさせていただきます。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ビヨンドの効果で除外できるのは『自分フィールド』上のエクシーズモンスターです。除去には使えませんが対象を取る効果からは逃げられます。

No title

コメントありがとうございます。
根本的な勘違いをしていたようで申し訳ありませんでした。
勝手ながら、記事の文章を訂正させていただきました。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。