スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神代璃緒

今回は、遊戯王ZEXALの登場人物について軽く振り返ってみます。


神代璃緒

トークン(神代璃緒)
このカードはトークンとして使用する事ができる。

璃緒:『このデュエル、受けて立ちます!』



シャークの双子の妹の神代璃緒です。
初めて登場したのはZEXALの第26話でした。痛々しい姿で入院している様子が描かれており、この時は「シャークにとって大切な人」という事しか明かされませんでした。
エンディングのキャストでは「病室の女性」と書かれており、声優は大室佳奈さんが務めていました。
そして第34話で初めて、彼女がシャークのという事が明かされました。
第58話では入院する前の彼女の姿がIVの回想シーンで登場していましたが、後姿や口元やシルエットが映っただけであり、はっきりとした姿は出ていませんでした(ちなみに、この頃から既に後の神代璃緒と同じデザインでした)。
第61話では、シャークから「リオ」と呼ばれている事が明らかになりました。
また、この頃のOPにもシルエット(上述の回想シーンのもの)が登場していました。

そんな彼女が本格的に登場したのは、遊戯王ZEXAL IIに突入してからでした。
メインキャラの一人シャークの妹「神代璃緒」として、ZEXAL II放映に先駆けて雑誌等でその姿や名前の情報が出ていました。声優は潘めぐみさんになりました。
しかし、II開始当初は相変わらず入院しており、大分良くなったとはいえ顔の一部にはまだ包帯を巻いていました。
その頃のOPとEDの映像では、璃緒は登場はしているものの、顔がはっきりと写っていませんでした。
そして第78話にて、ようやく包帯が取れ、本格的に姿が出るようになりました。これ以降、OP・EDの映像でもちゃんと顔が写るようになりました。
しかし、後に自分がバリアン七皇の一人・メラグであることを思い出し、遊馬達と離反してしまいます。

以下、彼女が作中で使用したカードの中で、OCG化されたもののまとめです。

効果モンスター
オーロラ・ウィング
ガード・ペンギン
ブリザード・サンダーバード
ブリザード・ファルコン

エクシーズモンスター
No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ
零鳥獣シルフィーネ
CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ
零鳥姫リオート・ハルピュイア

罠カード
ダイヤモンド・ダスト

魚を中心とした水棲生物を使用するシャークに対して、璃緒は氷をモチーフとした鳥獣族モンスターを使用しています。
鳥獣族とという事は分からず、「氷がモチーフ」という事だけが分かっていた時には「もしかして氷結界を使用するのでは?」とも予想されたりしていましたが、別にそんなことはありませんでした
「水属性・鳥獣族」という組み合わせのモンスターは、璃緒が使用したカードによって初登場しました。
しかし、その一方で、水属性に対するこの上ないメタカードであるダイヤモンド・ダストを生み出したのは許せません…。
以前コメントで頂いたように、今後このカードが規制でもされない限り、水属性のデッキが環境トップに立てることは無くなったと言っても過言ではありません。
このカードのOCG化されて欲しくなさたるや、このカードが登場した第79話の放映直後に2chの水属性スレに「絶対にOCG化されるなよ」と書き込みに行った程でした(笑
璃緒の使用した魔法・罠の中でこれだけがピンポイントでOCG化されたので余計にタチが悪いです。

あと、璃緒の作中の戦績です。

vsIV(回想) 中断?
vs愛華 ○
vsシャーク ×
vs鉄男 ○
vsベクター(ドルベとのタッグ) ×

この中で、デュエルがまともに描かれたのはvs愛華、vsシャーク、vsベクターの3戦です。
下の2戦はメラグとして覚醒してからのものです。
ちなみに、最後のドルベ&メラグvsベクター戦のデュエルは、僕が遊戯王ZEXALの中で最も嫌いなデュエルです。

満を持して登場し、初登場当初は「完璧超人」ぶりを発揮していた璃緒でしたが、その後の扱いはどうもパッとしない感じだったと思います。
バリアンの襲来時などにそれを感知するような能力を持っており、時折謎めいた発言をする事がありましたが、作中でそれが一体何だったのかは明言されませんでした
それどころか、作中で誰一人として、謎めいた発言をする際の豹変ぶりや話の内容、「なぜそんなことを知っているのか」と突っ込む事すら一度もありませんでした。
遺跡のナンバーズの1体であるクリスタル・ゼロは、その名前や氷に関する点、DP神代兄妹編のパッケージ等から、「璃緒のカード」というイメージがあるかもしれませんが、作中で使用したのはシャークであり、璃緒は使用していません。
それでも設定上はメラグに纏わる遺跡のナンバーズという事になりますが、メラグ(璃緒)とクリスタル・ゼロとの関係は、はっきりと描かれませんでした。
ドン・サウザンドによる呪いの内容や、それが前世での彼女の死にどのよう影響をもたらしたのかすらも語られませんでした。
当然、遺跡のナンバーズであるクリスタル・ゼロでカオスオーバーハンドレッドナンバーズのラグナ・インフィニティを倒す事で呪いから解放される、なんて事もありませんでした。
彼女が何故どのような心境でバリアンに覚醒したのかもはっきりと描かれておらず、「ナッシュがバリアンになった時、どんな思いをしたことか」という台詞に対しては、「お前が言うな」と突っ込まれる事もしばしばです(汗
何だか、後になるにつれて「シャーク(ナッシュ)のオマケ」みたいな扱いになっていってるような気がします…。
第79話での「放っておけば良くってよ。女性を部の飾り物としか考えていない人達の事は」という台詞が、製作者側のメタ発言のように感じる程です(笑

漫画版では、シャークが孤児という設定の為、存在自体が無い模様です…。
カイトや八雲に「弟」に関するエピソードが掘り下げられている中で、シャークには「妹」を削ってしまったのは果たして吉と出るか凶と出るか…。

前回の記事で、二次創作について言及しましたが、今後もしその様なものを作る機会があれば「救済」してあげたいキャラです。
OCG化された下級モンスターも含めて、何だか中途半端感が否めないです。

余談ですが、上の画像はプロモパックに収録されていたトークンカードの画像です。
神代璃緒スリーブ付属のセパレーターは、表側(袋から見える側)にはクリスタル・ゼロ・ランサーのイラストが描かれていますが、裏側はこのカードと同じトークンカードになっています。
ただし、セパレーター版の方には「Replica」と表記されています。
氷系繋がりという事で、ロイヤル・ナイトアイスコフュントークンに使ってみると良いかもしれません(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊★戯★王
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今ではシャーク共々微妙なカード頻発させるよりかは5D'sのようにメインの水使いはなくてよかったという意見すら出てて複雑な気持ちです
いないよりはまだマシだったとかいないほうがよかったなんて極端な話ですがそういう話が出るあたり悲しいというかなんというか・・・
キャラとしては好みだった分いろいろショック受けましたがなんでも自分の望み通りに動くわけではないのである程度は仕方ないのかなと
ネガティブなことばかり挙げましたがやっぱり「救済」等のように前向きに考えていきたいものです

No title

コメントありがとうございます。
「水使いは出なくてよかった」という意見があるというのは初耳です。
ただ、その意見は分からなくは無いです。例えば海外版で先にカード化が確定し、日本でもOCG化される事が決まったアビス・スープラですが、前に記事で書いたように性能面では期待できないため、正直私は「OCG化される事が苦痛」とすら感じている程です…。
璃緒に関しては、水属性使いとしてはシャーク程は注目していなかったものの、やはり扱い等に残念な部分はあったと思います。
でもZEXALはもう終わったので、いつまでも引きずっている訳にもいかないですね。

氷使いということで最初は思わず身を乗り出しましたが、知らない間に腰掛けてました。
本当に自然に個性なくなって、「見えるんだけど見えないもの」状態でしたね。
ナッシュのおまけ、というのは僕も感じてた感覚です(笑)
なまじ出番があるだけに、キャラが薄くなっていくサマとデュエルの少なさが物悲しかったですね。
キャラとしてはかなり最初に立っていただけに、残念です。
しまいにはダイヤモンドダストとかいう爆弾投下していきましたし。
せっかくの水属性使い、もっと丁寧に描いてほしかったです…

No title

コメントありがとうございます。
見えるんだけど見えないもの…活躍が少なくなってくると本当にそんな感じですね(笑
使用カードに関しては、鳥獣族だけでなく水属性の要素ももっと欲しかったです。
でもダイヤモンド・ダストは遊戯王OCGの中で水属性メタとして今後もずっと残っていきます…。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。