スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーク・ダイブ・ボンバー

今回紹介するカードは、ダーク・ダイブ・ボンバーです。
かつてはありとあらゆるデッキで凶悪なフィニッシャーとして名を馳せたカードで、制限・準制限を経ずして当時の最速禁止記録を更新して禁止カードに指定されましたが、エラッタによって、またしても制限・準制限を飛ばしていきなり無制限になりました。


ダーク・ダイブ・ボンバー

ダーク・ダイブ・ボンバー
シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2600/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「ダーク・ダイブ・ボンバー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズ1に自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル×200ダメージを相手に与える。



レベル7の汎用シンクロモンスター。
素材指定の無いレベル7シンクロの中ではスクラップ・デスデーモンに次ぐ攻撃力を持っています。
闇属性という事でカタストルを殴り倒せるという、あちらには無い利点があります。ちなみにレベル7の汎用シンクロでカタストルを殴り倒せるカードは以外と少なく、他には機械竜 パワー・ツール位しか存在しません。

効果は、自分メインフェイズ1に自分フィールドの場の1体をリリースし、リリースしたモンスターのレベル×200ダメージを相手に与えるというバーン効果です。
リリースするモンスターに制限は無く(レベルを持たないエクシーズモンスターはリリースできませんが)、自身を射出する事もできます。レベルが変動していない状態で自身を射出すれば、1400ポイントのダメージを相手に与える事ができます。
相手のライフが1400以下の場合には、自身をリリースしてそのままフィニッシュする事ができます。
尚、「ダーク・ダイブ・ボンバー」の効果は1ターンに1度しか使用できません

かつては使用回数に制限が無く、メインフェイズ2でも使用できたので、今の比では無い程凶悪なカードでした。
当時はまだエフェクト・ヴェーラーデモンズ・チェーン等も無かったので尚更です。

このカードは、氷結界が好きな身としてはあまり良いイメージの無いカードです。
ドゥローレンが初めて準制限に規制されたのは、他ならぬ、このカードを絡めた1ターンキルコンボに利用されていた為でした。
また、グングニールはこのカードと同じレベル7のシンクロモンスターですが、グングニールには水属性の素材指定があります。
一方このカードは素材指定が無いので、グングニールをシンクロできる組み合わせならば、このカードもシンクロできます(デブリ・ドラゴンフィッシュボーグ-ランチャー等、ごく一部の例外は除く)。しかも打点は、グングニールよりも100高い値である2600です。
また、遊戯王カードwikiのこのカードの項には「このカードの登場後は、ブラック・ローズ・ドラゴン以外のレベル7シンクロモンスターの採用率が更に減ることとなった」と書かれています。
一時期規制されていたブラロもこのカードも無制限となり、更に月華竜もいるとなると、たとえ水属性のデッキであっても、グングニールはレベル7シンクロとしては四番手以下だと言わざるを得ません…。
相手のライフが1400以下の場合に、レベル7をシンクロできる状態にも関わらずこのカードをエクストラデッキに入れていなかったなら、こちらが悔しい思いをするのはもちろんの事、相手側にも嫌な顔をされるかもしれません。

シャーク・ドレイク・バイスにとっては、ガガガガンマン以上の天敵です。
シャーク・ドレイク・バイスの効果を発動できるライフ1000以下という状況はすなわち、100%このカードによるフィニッシュの圏内なのです。
効果を使えるシャーク・ドレイク・バイスの前にこのカードが現れたが最後、次の瞬間には確実にデュエルが終わっています・・・。

このカードの復帰が、再び環境に悪い影響を与えない事を願います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。