スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMヒックリカエル

新パックのDUEAが発売されたので、その収録カードについても紹介しようと思います。
今回紹介するのは、EM(エンタメイト)ヒックリカエルです。
アニメARC-Vの主人公の遊矢が使用するテーマであるEMに属するペンデュラムモンスターで、水属性初のペンデュラムモンスターでもあります!


EMヒックリカエル

EMヒックリカエル
ペンデュラム・効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 0/守 800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。
【モンスター効果】
(1):自分バトルフェイズに1度、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更し、その攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。



1ターンに1度、表側表示のモンスター1体の攻守をターン終了時まで入れ替えるペンデュラム効果と、自分のバトルフェイズに1度、自分の場のモンスター1体の表示形式を変更し、その攻守をターン終了時まで入れ替えるモンスター効果を持っています。

ペンデュラム効果を使えば、高攻撃力・低守備力の相手モンスターの攻撃力を弱体化させたり、自分の高守備力モンスターを攻撃に転じさせたりする運用ができます。
お互いのモンスターの攻撃力・守備力の値を見据えた上で、然るべき対象に対して効果を使っていきたいです。

モンスター効果の方はバトルフェイズ時に自分のモンスターに使用できる効果で、こちらも守備表示の壁モンスターを攻撃に参加させるのが主な運用法となるでしょう。
また、表示形式を変更する事で効果を発揮するカードの運用の補助にも役立ちます。これによって、効果を発動し辛い絶海の騎士の効果を能動的に発動できるようになります。

Pスケールは、左側の青色部分、右側の赤色部分共にです。
よって、Pスケール1を持つペンデュラムモンスターと共にPゾーンに置けばレベル2のモンスターを、Pスケール5以上のモンスターと共に置けばレベル4以上のモンスターをペンデュラム召喚できるようになります。
場から墓地へ送られる場合、このカードは墓地へは行かず表側表示でエクストラデッキに行きますが、レベル2をペンデュラム召喚できるようにすればまたエクストラデッキからペンデュラム召喚する事ができます。
Pスケール1を持つペンデュラムモンスターと、このカードを含む3以上のPスケールを持つペンデュラムモンスターをデッキに組み込んでおけば、このカードを繰り返しペンデュラム召喚できるようになります。

このカードは蛙型のモンスターですが、「カエル」であって「ガエル」では無いので、「ガエル」には属していません。
ちなみに、「カエル」のモンスター(ライトロード・アーク ミカエルは除く)の中で、ガエルに関する効果を持っていないのは、初期に登場した通常モンスターのカエルスライム以来2体目です。
しかし、このカードはレベル2・水属性・水族と、ガエルや「カエル」のモンスターの多くとステータス面では共通しています。名前の由来が日本語の捩り(このカードは「ひっくり返る」から)という点も、これまでの多くのガエルや「カエル」と共通しています。
【ガエル】デッキにおいては、湿地草原などのサポートを共有できます。
Pスケール1を持つペンデュラムモンスターと共にデッキに入れて、レベル2のガエルをペンデュラム召喚によって展開するデッキを組んでみるのも面白いかもしれません。
サルベージ浮上に対応するステータスでもありますが、上述の様にこのカードはフィールド上からは墓地へは行かずエクストラデッキの行くので、この点が利点になる事は少ないです(汗

案外早く登場した水属性のペンデュラムモンスター。
これからも、ペンデュラム効果やPスケールなど、様々なバリエーションのものが増えていってほしいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

水フルモンデッキに投入してみたら良い感じでした
相手のフォトスラに使えば下級モンスターでも倒せるので思った以上に使いやすいペンデュラム効果です!

ペンデュラムモンスターはモンスターでありつつ永続魔法の力を持っていることが魅力的ですね

ラグナデッキに投入できるカードですね。レベルは合いませんが永続魔法と割り切れますし、シルバークロウを採用すればレベル4のペンデュラムスケールとしても活用出来ます

EMは戦闘に関するカードが多いのでラグナデッキの今後が楽しみです。

No title

>もやしんすさん
コメントありがとうございます。
ペンデュラムは魔法カードの様に発動できるので、フルモンスターデッキの戦略の幅が広がりましたね。
このカードは、水属性フルモンスターにおいて高攻撃力のアタッカー対策に役立ちそうです。

>最古カッパー さん
コメントありがとうございます。
このカードをはじめとしたEMの効果を活かしたデッキを組むのも面白そうですね。
No.103を活かす為の選択肢として考えたいです。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。