スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔封じの芳香

今回紹介するカードは、魔封じの芳香です。


魔封じの芳香

魔封じの芳香
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、
セットしたプレイヤーから見て次の自分のターンが来るまで発動できない。



魔法カードの発動を制限する効果を持った永続罠です。
このカードが存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分のターンが来るまで発動できなくなります。
【魔導】などの魔法カードを主力とする相手に刺さる他、ペンデュラムモンスターのペンデュラム効果に至っては発動そのものを止める事ができます。
ただし、自分にも効果が及んでしまう点には注意が必要です。
また、このカードの発動前にセット済みの魔法カードに対しては効果がありません。
あと、このカードの発動に対して速攻魔法カードをチェーンして発動する事はできます。当然、チェーンしてサイクロンを撃たれて潰されてしまうという事も考えられます…。

このカードの「相方」として最も有名なのは、間違いなくダーク・シムルグでしょう。
ダーク・シムルグとこのカードを併用する事で、相手のあらゆるセットを封じる事ができます。この状態では、相手は魔法・罠は実質発動できないも同然です。
ちなみに、ダーク・シムルグの効果は相手にしか影響を及ぼさないので、こちらはカードをセットする事ができます。

氷結界のモンスターでは、交霊師と相性が良いです。
相手にセットを強要する事で相手の場にカードが溜まりやすくなり、自身の効果での特殊召喚の条件を満たしやすくなります。更に、交霊師が場に出た後も、その効果と合わせて相手の魔法・罠の発動を大きく制限する事ができます。
また、相手がセットした魔法カードを発動させる事なくバウンスできる点から舞姫とも相性が良いです。

氷結界には、他の氷結界と並ぶ事でこのカードと全く同じ永続効果を発揮する破術師が存在します。
つまり、このカードと相性が良い氷結界は、全て破術師とも相性が良いです。
しかし、あくまでこのカードは永続罠カードで破術師はモンスターカードなので、使い勝手は大きく異なります。
破術師と比べてのこのカードの利点は、単体でも効果を発揮できる点と、永続罠の天敵である大嵐やサイクロンの発動を遅らせる事ができるので、それらに潰され難い点です。
一方で破術師には、伝道師ガンターラサルベージのおかげで再利用が容易という利点があります。
また、このカードは宮廷のしきたりによって、破術師は海竜神の加護によって、それぞれ破壊から守る事ができます。
ただ、破術師は低ステータスのモンスターカードという事で(たとえ守護陣によるロックがあったとしても)簡単に戦闘破壊される上に単体では機能しないので、ロック強度ではこちらの方に軍配が上がるかもしれません。

魔法を多用するデッキの台頭など、環境の変化によって価値が変動するカードだと思います。
それだけに、現在絶版なのが残念です。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。