スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犠牲

遊戯王OCGでは、ルールの整備によって強さが変化するカードが存在します。


SD23-JP008 アームズ・シーハンター

アームズ・シーハンター
効果モンスター
星4/水属性/海竜族/攻1800/守 400
自分フィールド上にこのカード以外の水属性モンスターが存在する場合、
このカードと戦闘を行った効果モンスターの効果をダメージ計算後に無効化する。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、
代わりに自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル3以下の水属性モンスター1体を破壊できる。



水属性モンスターであるアームズ・シーハンターも、その1枚です。
アームズ・シーハンターの1つ目の効果は、以前は「この効果とリバース効果は発動するタイミングが異なる」とされていたため、リバース効果を無効にする事ができましたが、現在では発動タイミングはダメージステップ内の「ダメージ計算後」であり、リバースモンスターらの効果と同じタイミングとなり、この効果ではリバースモンスターの効果を無効にする事ができなくなってしまいました
これによって、アームズ・シーハンター及び類似効果を持つ他のカードは弱体化を余儀なくされました。
この情報が出た時には、悔しさを感じつつも「ルール整備によるものだから仕方ない」と自分に思い聞かせていました。
ところが、最近になってこの手の効果の弱体化に関して、KONAMIの別の魂胆を疑うようになりました。

それは、後の商業展開の為に弱体化されたのではないか?という説です。
今環境で猛威を振るっているのは、上記のルール変更後の第9期になって出た新規テーマの「シャドール」です。
シャドールのモンスターの特徴は、「リバース効果墓地へ送られた時に発動する効果を持っており、どちらかを1ターンに1度だけ発動できる」という効果です。
どちらの効果も直接アドバンテージに繋がる、非常に強力な効果であり、相手にしてみると、まさに「キリが無い」と思わされます。
そんなシャドールの裏守備モンスターに対してアームズ・シーハンターの1つ目の効果を使った場合、墓地へ送られた際に発動する効果は無効にできますが、リバース効果は無効にできません。
アームズ・シーハンターの攻撃によって裏守備のシャドールを戦闘破壊できるにしてもできなかったにしても、墓地へ行った際の効果を無効にされるならば、そのシャドールはまず間違い無くリバース効果を発動して来る事でしょう。
ところが、もし以前のまま裁定だったならば、シャドールのモンスターの効果を両方とも無効にする事ができました
つまり、アームズ・シーハンターや同様の効果を持ったモンスター達は、シャドールのプッシュの為の犠牲になったのではないでしょうか

もし以前のまま裁定だったならば、アームズ・シーハンターは【水属性】のデッキにおいて、対シャドールの先鋒になっていたかもしれない…そう思うと、弱体化されてしまったのが残念でなりません…。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。