スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

否定ペンギン

今回紹介するカードは否定ペンギンです。


否定ペンギン

否定ペンギン
効果モンスター
星3/水属性/水族/攻1600/守 100
「ペンギン」と名のついたモンスターの効果が発動した時に発動する。
このカードを墓地から特殊召喚する。
「否定ペンギン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
「ペンギン」と名のついたカードの効果によって
フィールド上から手札に戻るカードは手札に戻らずゲームから除外される。



ペンギンの効果が発動した時に、自身を墓地から蘇生する効果を持っています。
なので、優先的に墓地へ送っておきたいです。
ダメージステップ時にも発動する点も評価できます。
大皇帝ペンギンの効果発動時に効果を発動できれば、一気に3体のペンギンを展開できます。
この時、大皇帝ペンギンの効果でレベル3のペンギン2体を展開すれば、このカードと共にトライエッジ・リヴァイアシャーク・カイゼルといったレベル3モンスター×3のエクシーズに繋げる事もできます。
ただし、「否定ペンギン」のこの効果は1ターンに1度しか使用できません。
この蘇生効果は強制効果なのでタイミングを逃す事はありませんが、一方で好きなタイミングで蘇生できないという悩みも抱えています。

また、このカードが表側表示で存在する限り、ペンギンのモンスターの効果によってバウンスされるカードを、手札に戻さずに除外するという永続効果も持っています。言うなれば、「ペンギン専用・縮退回路」の様な効果です。
バウンス効果を持っているペンギンは、ペンギン・ソルジャーペンギン・ナイトメアの2体です。両者ともに、リバース時にカードをバウンスできる効果を持っています。
これら2体の効果はこのカードの蘇生効果のトリガ-にもなり、墓地にこのカードがいる時にバウンス効果を発動した場合、まずチェーンする形でこのカードの蘇生効果が発動し、その後にバウンス効果の処理が入ります。
なので、このカードが墓地にいるだけでペンギン・ソルジャーとペンギン・ナイトメアの2体の効果はバウンスでなく除外に変わります!
ただし、自分のカードも除外されてしまう為、バウンスして再利用する事はできなくなってしまいます。

下級のペンギンの中で最高の攻撃力を持っている点も、地味に嬉しいです。ペンギン・ナイトメアの永続効果で強化してやれば、下級アタッカーとしても運用できるでしょう。
それ故にサルベージで回収できないのは残念ですが、蘇生効果を持っているのでそんなに気にする事はないでしょう。

これまでは、雷族のボルト・ペンギンに受動的なペンギン・ナイトと、癖の強かったレベル3のペンギンにおける新たな選択肢というだけでも十分に価値があると思います。


 

最近の弾では、様々なデッキが強化され、格段に強くなっています。
その兆しが特に強かったPRIOでは、他の属性の統一テーマは少なくとも2つは強化されていましたが、水属性の統一テーマはというと、ペンギン1つだけ
ペンギンと言うと、僕の中では「水属性の統一テーマの中で最も規模の小さいテーマ」という認識でした。
デッキを組んだ事は何度かありますが、その度に方向性について随分と悩まされました。
更にこのカードの登場以前には、「ペンギン」を指定するサポートはノーマルレアのカードしかありませんでした。そんなテーマなんて他にはダストン位です(あちらはペンギンとは逆に、先にノーマルで1枚出て、その後にノーマルレアで出ましたが)。
ペンギンのモンスターと言えば真っ先に思い浮かぶのは強力なバウンス効果を持つペンギン・ソルジャーやペンギン・ナイトメアであり、それらとシナジーがあるという点においてはこのカードは「【ペンギン】にとって真っ当な強化」だと言えるのかもしれません。
それでも、PRIOで強化された他のテーマに比べると、元々のテーマやデッキのパワーそのものが違いすぎます。いくら「【ペンギン】が強化された」と言っても、他の多くのテーマと比べるとほんの些細なものでしかありません。
遊戯王カードwikiでは、このカードが出た後である今でも尚【ペンギン】のデッキの項目が無い程です。

もし水属性のテーマの強化が、後にも先にもこのカードによる「ペンギン」の強化だけだったとしたら…一体何の冗談だと言いたくなります。
ペンギンを否定するつもりはありませんが、それでもやはり他の水属性のデッキも強化されて欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

水属性テーマの中でペンギンはまだ大皇帝がトラタンで出せるお陰で4軸は中々の展開力を元々持っていたので私にはアイスカウンターが一番使いづらいテーマのように感じられました
というか戦い方が分からない…

No title

コメントありがとうございます。
アイスカウンターの関連カードは色々と出てるにも関わらずどうも扱い辛いですね。
何だか勿体ない気がします…。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。