スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E・HERO バブルマン

今回紹介するカードは、E・HERO バブルマンです。


E・HERO バブルマン

E・HERO バブルマン
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻 800/守1200
(1):手札がこのカード1枚のみの場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
この効果は自分の手札・フィールドに他のカードが無い場合に発動と処理ができる。



遊戯王GXで主人公・遊城十代が使用したE・HEROの一体です。「主人公が使用した水属性モンスター」としては特に有名な部類ではないでしょうか。
ただ、効果自体はアニメよりも弱体化しています(汗
アニメ版では、自分の場に他のカードが無い場合に場に出した時にデッキから2枚ドローできる効果だったのに対し、OCG版では自分の場だけでなく手札も無い場合でないと2枚ドローできません。
なので、狙って使えるような効果ではありません。
場も手札も無い状況というのは明らかにこちらが大ピンチの状況であり、まるで「十代のような奇跡のドロー力でそこから逆転してみろ」と言わんばかりの効果です(笑
でも実際にこの効果で逆転の一手を引ければ最高でしょう。

このカードは増援E-エマージェンシーコールエアーマンに対応しており、サーチ手段が豊富です。
また、同じE・HEROのオーシャンや融合軸のデッキには欠かせないモンスターである沼地の魔神王などと共にサルベージに対応しているのも利点です。回収する事によって、融合召喚による消費の解消に繋げる事もできます。
そして、水属性のHEROという事で、E・HERO アブソルートZeroの融合素材になれる点、マスクチェンジ及びマスク・チェンジ・セカンドをする事でヴェイパーアシッドという2種類のM・HEROに繋げられる点を忘れてはなりません。

以上のような利点はあるものの、モンスター効果のアニメからの大幅な弱体化、また専用の融合先のHEROにもあまり使い勝手の良いものがいなかった為、登場以降長らくの間、このカードに対する評価は低かったです。
しかし、第8期になってから、効果によって手札がこのカード1枚だけの場合に手札から特殊召喚する事ができるという点が再評価されはじめました。
というのも、カードのセットや融合などを駆使して手札を減らした上でエアーマンを召喚してこのカードをサーチし、サーチしたこのカードを特殊召喚すれば、エアーマンと共にランク4のエクシーズに繋げられるのです。
この場合、汎用ランク4エクシーズに加えて、戦士族の素材指定のあるブレード・ハートやエクスカリバーやロンゴミアントも出すことができます。
ちなみに、水属性において「自分の場の状況に関係なく手札から特殊召喚できる」効果を持ったモンスターは珍しく、他には交霊師氷帝家臣エッシャー位しか存在しません。
環境の変化と共にこのカードの【HERO】デッキにおける優先度は一気に高まり、その結果2014/2/1のリミットレギュレーションでは制限カードにまで上り詰めました。
しかし、ストラクチャーデッキ-HERO's STRIKE-の発売直後である2014/7/1のリミットレギュレーションにおいて準制限カードへと緩和されました。
初登場時からは考えられない程の躍進ぶりです。

このカードには進化先としてバブルマン・ネオが存在します。
しかし、その特殊召喚に必須の突然変異が現在禁止カードである為、現在はどうやってもバブルマン・ネオに進化できません(笑

エクシーズ召喚の登場によって再評価されるようになった1枚。
今後も【HERO】デッキにおいて主力として活躍できるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。