スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリオンの蟲惑魔

このブログの方向性の一つとして、よく見かける強力なカードを敵対する立場から紹介するというものを考えています。
そのカードを使っている方には申し訳ないですがご了承下さい。
そんな訳で、今回敵対する立場として紹介するのはトリオンの蟲惑魔です。
ランク4のエクシーズ召喚主体のデッキにおいて、よく採用されているカードです。


トリオンの蟲惑魔

トリオンの蟲惑魔
効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1600/守1200
このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
このカードが召喚に成功した時、
デッキから「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カード1枚を手札に加える事ができる。
また、このカードが特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。



「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードに関する効果を持つ「蟲惑魔」のモンスターの1体です。
このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードに耐性を持っています。これは、全ての「蟲惑魔」共通の耐性効果です。
したがって、攻撃力1600ながら奈落の落とし穴が効きません
奈落のみならず、召喚反応型の罠カードの多くが「ホール」または「落とし穴」と名のついたカードであるため、このカードを除去するのに、召喚反応型の罠そのものがアテにならないと言ってもいいでしょう。このカードに効く召喚反応型の罠は激流葬位です。

そして2つ目の効果として、このカードは召喚成功時に、 デッキから「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カード1枚をサーチできる効果を持っています。
つまり、奈落をサーチできてしまうのです
戦闘破壊しようにも、このカードを戦闘破壊できる攻撃力1600以上のモンスターは奈落にかかる範囲でもあるため、このカードの戦闘破壊は困難を極めます
先に奈落をサーチされていれば、攻撃力1600以上のモンスターを出したところで、みすみす相手の罠に掛かりに行くようなものです。
あえて罠に掛かり相手の奈落を消費させるという手もありますが、自分のモンスターが除外され、場合によっては召喚権も消費してしまう事を考えると明らかに割に合いません…。

更に3つ目の効果として、このカードが特殊召喚に成功した時に、こちらの魔法・罠カード1枚を選択して破壊する効果も持っています。
この効果はタイミングを逃さずに発動します。
ミラーフォース次元幽閉といった戦闘反応型のカードで迎撃しようとしても、この効果で除去されてしまえばアウトです。

そして、他のカードと組み合わせる事で更に凶悪なカードと化します。
同じ蟲惑魔の1体であるティオの蟲惑魔の効果によって釣り上げた場合、ティオの効果で墓地の「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠1枚を回収し、更にこのカードでこちらの魔法・罠1枚を破壊します。
単にモンスター2体を展開されるだけでも厄介なのに、これ程のアドバンテージを取っていくのです。
ティオと組み合わせたこのカードの前には、前述の「奈落を消費させる」という戦術すらも通用しないのです。
いくら頑張ってこのカードや奈落を除去・消費させたとしても、ティオの効果によってそれが無に帰してしまう…倒しても倒してもキリが無いとは、まさにこの事です。
他にもゴブリンドバーグの効果で特殊召喚した場合には、激流葬の発動すら許さずに、一方的に除去できます。
もちろん、これらによる一方的なアドバンテージの獲得から更にランク4のエクシーズへと繋げられる点も忘れてはなりません。

このカードの強さの根幹を支える「ホール」「落とし穴」のカードはいずれも罠カードです。このブログで散々書いているように、サイクロン大嵐を使えば発動させる事なく除去できます。
しかし、逆を取ればそれらの除去カードを引けなければ使われ放題です。
大嵐のような全体除去ならともかく、サイクロンのような単体除去カードでは、相手の魔法・罠ゾーンに複数枚のカードが伏せられてある場合、都合よく「ホール」「落とし穴」のカードを射抜けるとも限りません。もちろん、サーチ力の高さもあってよく「ホール」「落とし穴」を複数枚伏せて来る事も考えられます。
また、蟲惑魔には手札から「ホール」「落とし穴」を発動できるようになるアトラの蟲惑魔が存在します。アトラと併用されれば、「ホール」「落とし穴」を除去カードで割るという対抗策すらも取れなくなってしまいます。
アトラ自体蟲惑魔の中ではあまり評価の高い方ではありませんが、それでも相手にする側からすると本当にたまったものではありません

実際にこのカードの強力さを痛感した事は何度もあります。
それまでは有利に進められていたのに、このカードを出されてから形成逆転された事もありました。
1ターン目からこのカードによって狡猾な落とし穴をサーチし、更にティオの効果でその狡猾な落とし穴を回収する、という戦術に出くわした時には、どうにもならないと判断して即サレンダーしました。
新たなリミットレギュレーションが発表された後に、「えっ、トリオンの蟲惑魔や奈落は規制強化されてないの?」と思う程です。

奈落などの召喚反応型の罠が効かず、戦闘破壊するのも至難の業…。
強制脱出装置で除去しようにも、召喚時のサーチ効果の発動の補助に繋がってしまう為、かえって逆効果です。
割と真面目に、地砕き地割れソウルテイカ-等といった昔ながらの除去カードがこのカードの除去手段として有効なんじゃないかと思えて来ます。トゲトゲ神の殺虫剤でさえも優秀な除去手段に感じてくる程です。
とはいえ墓地へ行っても、ティオを始めとした蘇生効果によって再利用され、魔法・罠除去要員と化します。
再利用を許さない為にはこのカードを除外したいところですが、奈落は効かず、攻撃力から連鎖除外も効かず、除去効果の前に次元幽閉もいまいちアテになりません。
フィールド上からはブラック・コア因果切断によって、墓地からはD.D.クロウ等によって除外したいところです。

神の宣告神の警告で召喚を無効にすれば、除去できる上にサーチ効果の発動自体も防げるので一石二鳥です。
天罰畳返しによってサーチ効果を無効にし破壊するのも有効です。
除去効果に対しては、このカードを特殊召喚する効果を無効にする事で対処したいです。

氷結界でこのカードを攻略するには、魔法・罠に対する破壊耐性を付与する効果を持った大僧正が欠かせません。
このカードの効果によるサーチ先には煉獄の落とし穴も存在しますが、特殊召喚した場合であっても、大僧正の攻撃力は1600であり煉獄の落とし穴の範囲外です!
…とはいえ、蟲惑の落とし穴時空の落とし穴といった、破壊を介さず除去を行うカードもありますが。
水属性のデッキならば水神の護符によって「ホール」「落とし穴」による破壊から守る事はできますが、永続魔法なのでこのカードの特殊召喚成功時の除去効果に弱いです…。

上記のような要因から、ただでさえ非常に対処し辛い上に、わずかばかりの「突破口」も他のカードとの併用によって補えてしまう恐ろしいカードです。
このカードも含む「蟲惑魔」は非常に人気が高く、ティオが出た後でも新規カードを望む声が後を絶ちませんが、出れば出る程このカードが手に負えなくなるのは目に見えているので、僕は反対です…。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。