スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリザード・プリンセスと氷結界

今回は最新の水属性モンスターである、ブリザード・プリンセスについて触れてみます。
ブリザード・プリンセスは遊戯王OCG第7期初の新規水属性モンスターにして、(国内発売分では)記念すべき300体目の水属性モンスターでもあります。
漫画版GXの7巻の付属カードであるブリザード・プリンセス。水属性モンスターがコミックの付属品として登場したのは、漫画GX4巻のアブソルートZERO以来の2枚目です。

ブリザード・プリンセス


《ブリザード・プリンセス》
効果モンスター
星8/水属性/魔法使い族/攻2800/守2100
このカードは魔法使い族モンスター1体をリリースして
表側攻撃表示でアドバンス召喚する事ができる。
このカードが召喚に成功したターン、相手は魔法・罠カードを発動する事ができない。



※実践的な活用法や特徴なんかは遊戯王カードwikiに書かれており、様々な所で考察されているので割愛します。

このカードは魔法使い族1体をリリースしてアドバンス召喚できる訳ですが、氷結界の魔法使い族は…
氷結界の軍師
氷結界の決起隊
氷結界の破術師
氷結界の風水師
氷結界の封魔団
氷結界の大僧正
氷結界の交霊師
以上の7体となります。
これらのモンスターをこのカードのリリース要員にした、氷系のファンデッキを組んでみるのも面白いかもしれませんね。
モンスター全てが水属性・魔法使い族なので、それなりにまとまりがあると思われます。

ブリザード・プリンセス登場以前にも、強力な氷の女王や人気のエリア系の存在から、「水属性・魔法使い族」で統一したデッキを組みたいという声はちらほら聞きうけられました。
このカードの登場で、以前にも増して、そういう声が増えてきました。
そこで「では、水属性・魔法使い族にはどんなモンスターがいるだろうか?」と話題になり、該当モンスターの名前がいくつかリストアップされたりする訳ですが…氷結界モンスターの名前をあまり見かけないような気がするのは気のせいでしょうか?

ブリザード・プリンセスは、魔法使い族モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚する事ができます。
更に、召喚に成功したターンの相手は魔法・罠カードを封じる効果を持ちます。 いうなれば「プチ大寒波」です。
オイオイ、これじゃあ…交霊師と封魔団が涙目じゃないか。
交霊師はアトランティス発動下ならリリース1体でアドバンス召喚できますが、このカードは魔法使い族でデッキを固めていれば、ほぼいつでもリリース1体でアドバンス召喚できます。
それに同じ最上級ながら交霊師は上級のラインにも満たない攻撃力ですが、このカードの攻撃力はゴヨウに匹敵します(氷結界最高のグルナードの攻撃力とも同じ)。
魔法・罠を抑制する効果も、召喚したターンだけとはいえ、交霊師のものと比べて非常に強固です。特に奈落などで即除去、なんて事が無いのが心強いです。
これまで「プチ大寒波」といえば、氷結界の封魔団でしたが、このカードの「寒波効果」の前では霞んでしまいます。
魔法しか封じられず、その効果が自分にも及んでしまう封魔団に対し、こちらは罠カードの発動まで封じる事ができ、しかもその効果を受けるのは相手だけです。それに「寒波効果」の発動にコストは無く、チェーンブロックも作りません。
以上の点から、既存の氷結界の魔法使い族に比べて非常に強力なイメージがあります。なんだか複雑な心境…(笑

漫画版で明日かが使用したモンスター。氷の女王にブリザード・プリンセス。「氷系の名称+王族系の名称」という点で共通しています。そしてどちらも、魔法使い族に関する効果を持っています。
「女王」も「プリンセス」も別に「魔法使い」という感じの名称では無いのに、何故水属性ではなく魔法使い族に関する効果なのでしょうか?
やはり魔法使い族は、最大の切り札であった混沌の黒魔術師を失ったからでしょうかねぇ。

なんといってもブリザード・プリンセスは、イラストの人気が高いです。
でも個人的には、ブリザード・プリンセスよりも氷結界系のイラストの方が好みです(汗
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。