スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花鳥風月

今日紹介するカードはカラテマンです。


カラテマン

カラテマン
効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1000/守1000
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に発動する事ができる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで、元々の攻撃力を倍にした数値になる。
この効果を使用した場合、このカードはエンドフェイズ時に破壊される。



第2期に登場した効果モンスターです。
自身の元々の攻撃力を倍にする起動効果を持っています。元々の攻撃力は1000なので、単体で使用した場合、攻撃力2000となります。
ただし、この効果を使用した場合、このカードはエンドフェイズ時に自壊するデメリットがあります。
ただ、同じ属性・種族で元々攻撃力が2000でエンドフェイズ時に自壊するデメリットを持っている点も共通しているコアキメイル・ベルクザークが存在しています。
あちらは2回攻撃できる上に、自壊を回避できる効果も持っています。
また、同じ属性・種族のデメリットアタッカーにはより攻撃力の高いゴブリン突撃部隊も存在します。
なので、このカードはデメリットアタッカーとして使うには、どうも優先度は落ちます…。

レベル3という事で、グラヴィティ・バインドレベル制限B地区を掻い潜りつつ、2000の攻撃力で殴るのが主な運用法でしょうか。
また、自壊したとしてもリミット・リバースで蘇生できます。
荒野の女戦士朱雀の召喚士でリクルートできる2000打点と見なす事もできます。

同じ種族と攻守で、同じく1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に攻撃力値を元々の攻撃力の倍にできるカードにフォトン・チャージマンが存在します。
あちらは自壊せず、効果の持続期間が次の自分のスタンバイフェイズ時までとこのカードよりも長いですが、効果を発動するターン、攻撃できないという致命的なデメリットがあります。
シンクロもエクシーズも何もない頃に生まれたこのカードに対し、フォトン・チャージマンが出たのは第8期の終盤でした。まさかそんな時期になって、このカードと似た効果(ステータスも似てる)のカードが出るとは思いもしませんでした(笑

このカードを含む「エンドフェイズに適用終了」となるカードは、エラッタによって、これまでは「エンドフェイズ時」までだったのが「ターン終了時」までという風に変更されました。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

疫病狼さんはワンハンドレッドアイの餌になるし……この人は振るい落とされてるイメージしかないわ

No title

メイン2でシンクロエクシーズにしてしまえばデメリット回避できるLV32000アタッカー
とはいえなんとも心不足なカラテマン、カード整理していたら初期フォーマットのカラテマンが10枚も出てきました

No title

>名無しの方
コメントありがとうございます。
疫病狼も比較対象として立ちはだかりますね。
僕もふるい落としのイラストの印象が強いです(笑

>ATさん
コメントありがとうございます。
10枚とは結構多いですね…(笑
当時はどうだったか分かりませんが、カードプールが大幅に増えた現在だとやはり力不足に感じます。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。