スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ イズ ビューティーホール

今回紹介するカードはライフ・ストリーム・ドラゴンです。
遊戯王5D's終盤になってようやく登場した最後の「シグナーの竜」で、パワー・ツール・ドラゴンの進化系(?)です。


ライフ・ストリーム・ドラゴン

ライフ・ストリーム・ドラゴン
シンクロ・チューナー(効果モンスター)
星8/地属性/ドラゴン族/攻2900/守2400
チューナー+「パワー・ツール・ドラゴン」
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
自分のライフポイントを4000にする事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分が受ける効果ダメージは0になる。
また、フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊される場合、
代わりに自分の墓地に存在する装備魔法カード1枚をゲームから除外する事ができる。



レベル8のシンクロモンスターのチューナーです。素材にはパワー・ツール・ドラゴンの縛りがあります。
パワー・ツール・ドラゴンがレベル7である事を踏まえると、基本的に「レベル1チューナー+パワー・ツール・ドラゴン」という組み合わせで出す事になります。
パワー・ツール・ドラゴンもシンクロモンスターなので、このカードを出すには2回のシンクロ召喚を経なければなりません。
ワン・フォー・ワンを使ってレベル1のチューナーを呼び出す等、工夫を行いたいです。

このカードがシンクロ召喚に成功した時、 自分のライフポイントを4000にする事ができます。
自分のライフが4000未満の時にはライフ回復となりますが、逆に4000より上の時にはデメリットになります。
他のカードとの兼ね合いも考えた上で、この効果を使うかどうか判断したいです。
尚、この効果は「ライフを回復する効果」でも「ライフにダメージを与える効果」でも無いため、それらに影響を及ぼすカードは効きません。

そして、このカードが場にいる限り、自分が受ける効果ダメージは0になります。
この効果のおかげで、バーン系のデッキに対して優位に立つ事ができるでしょう。

あと1つ、破壊される場合に、代わりに自分の墓地の装備魔法カード1枚を除外できる効果を持っています。
素材に必須となるパワー・ツール・ドラゴンが装備魔法をサーチする効果を持っており、その効果でサーチした装備カードを墓地へ送っておく事で最低でも1回はこの身代わり効果を使えるようになります。
このカード自体の攻撃力もなかなか高いので、装備魔法を墓地に貯めておけば強固な布陣となります。
ただしバウンスや除外といった「破壊」以外の除去に対しては無力なので、そこは他のカードを使って補っていきたいです。

レベル8のシンクロモンスターのチューナーであるという点にも注目したいです。
このカードはサルベージ・ウォリアーの効果で蘇生できる中で最高レベルのチューナーですが、このカードとサルベージ・ウォリアーの合計レベルは13となり、これら2体で直接シンクロ召喚を行う事はできません…。
TG レシプロ・ドラゴン・フライ等のレベル2のシンクロモンスター2体とシンクロすれば、シューティング・クェーサー・ドラゴンを出せます。
近年シンクロモンスターのカードプールが増えたおかげで、下級モンスターとシンクロする事で星態龍、ドラゴアセンション、牙王、鬼岩城といったモンスターをシンクロ召喚できるようになりました。他にも地属性という事で、地属性の素材指定のあるXXセイバー ガトムズやガオドレイクを出す事もできます。

このカードは5D'sの第2期であるダークシグナー編にて初めて姿が登場し、その頃のEDの映像にも登場していました。
作中で少し登場した時にパワー・ツール・ドラゴンとの類似性についても触れられていたものの、結局ダークシグナー編で登場する事はありませんでした…。
その後もEDに出てた事はあるものの登場する気配は無く、「6体目の竜」としてブラックフェザー・ドラゴンが出たり、スカーレッドノヴァの時の過去のシーンでもこのカードではなくブラックフェザー・ドラゴンがいたりと、まるで「無かった事にされた」かの様でした。
その末に出たのは、実に最終決戦時での事でした。

このカードが登場するまでの間にこれら様を見せつけられた龍亞のファンやこのカードの登場を期待していた人達は、ショックを受けた事でしょう。
しかし、それ以前に5D'sの第2期EDで初めてこのカードの姿を見た時から僕は、それとは別のショックを味わっていました
「ああ、シグナーの竜で水属性だけハブられたのだなぁ」と。
スターダスト風属性、レモンは闇属性ブラック・ローズ炎属性、エンシェント・フェアリーは光属性。そしてこのカードは体色や、「(地属性の)パワー・ツール・ドラゴンに似ている」という時点でどう足掻いても地属性に違いありませんでした。
当時存在していた6属性の中で、メインキャラの切り札で、よりにもよって自分の好きな水属性だけがハブられたという事実には、結構なショックを受けたものです。
最終的に揃った6体のシグナーの竜について、「闇属性が被っていいて水属性がいない」という事が、僕が訴えるまでもなく結構多くの人に知れ渡っているのは不幸中の幸いと言うべきでしょうか。

この事から5D'sという作品そのものにも不信感を抱いている僕ですが、このカードが初登場した時には「不覚」にも少し感動しました
ZEXALで「途中からまるで無かった事にされた」「と思いきや最後に出てきた」カードと言えばシャーク・ドレイクですが、悲しいかな、このカードの様に登場を待ち望まれる事はありませんでした。
むしろシャーク・ドレイクは、多くのシャークのファンにとっては、どちらかと言えば「邪魔者」でした。
やはりこのカードの様に何らかのドラマや因縁があれば、ファンも付きやすいんだなぁと思いました。「敵の策略で手に渡った」というだけでは何の感慨も湧きません。
あとシャーク・ドレイクの最後の出番自体もただエクシーズ素材として出ただけだったので、いくら好きなカードでも(むしろ好きだったからこそ)このカードが出た時程の感動は感じられませんでした…。

…とまぁ、上記の様に最後のシグナーの竜が地属性のこのカードだった事には大きなショックを受けたのですが、その悔しさと同時に、「こうなったら、ネット上で何らかの形で水属性に関する情報を配信してやろう」という思いも湧きました。
そして今、曲がりなりにも水属性に関する情報を配信しようとしているのが、この「氷結界ブログ」です。
このブログができたのはこのカードがEDで初めて出たのよりも結構後ではありますが、思えば作るに至った最初の「きっかけ」を与えてくれたのは、他ならぬこのカードの存在そのものでした。
なので、僕にとっては不思議と思い入れのあるカードでもあります(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。