スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同族感染ウィルス

今回紹介するのは、現在禁止カードに指定されている水属性の1体である同族感染ウィルスです。
2006/03/01に禁止カードに指定され、それ以来ずっと禁止カードのままです。


同族感染ウィルス

同族感染ウィルス
効果モンスター(禁止カード)
星4/水属性/水族/攻1600/守1000
手札を1枚捨てて種族を1つ宣言する。
自分と相手のフィールド上に表側表示で存在する宣言した種族のモンスターを全て破壊する。



このカードは下級モンスターでありながら、「手札を1枚捨て、種族を宣言し、お互いの場の表側表示で存在する宣言した種族のモンスターを全て破壊する」という非常に強力な全体除去効果を持っています。
特に属性が統一されたデッキ相手ならば、これ1枚で逆転するのも難しくはありません。
更にこのモンスターの効果は、1ターンに何度も使う事ができるという点が非常に凶悪です。
たとえ相手の場のモンスターの種族がバラけていたとしても、何度も手札を捨ててその度に別の種族を宣言する事で、みるみる内に相手の場がガラ空きにできます。

このカードの効果は、海皇のモンスター達の「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」の発動トリガーとなります。
海皇の重装兵を捨てれば、指定した種族以外の表側表示モンスターや表側表示の魔法・罠も1枚破壊する事ができます。狙撃兵を捨てれば、このカードでは対処できない裏側表示のカードも1枚除去できます。
海皇の竜騎隊を捨てた場合に至っては、サーチ効果を使う事で1枚で2回分の全体除去を撃てます。もちろん、重装兵や狙撃兵をサーチする事で、更に多くのカードを破壊できるようになります。

非常に強力な性能を持ったこのカードですが、弱点もいくつか存在します。
まず、このカードは1600という絶妙な攻撃力故に、グリズリーマザーによるリクルートやサルベージによる回収ができないという大きな欠点を抱えています。
また、奈落の落とし穴に落ちてしまうという弱点もあります。このカードが現役の頃は奈落等を撃たれたとしても1回だけ効果を発動する事ができましたが、起動効果の優先権に関するルール変更により、それが行えなくなりました。
このカードが持つ破壊効果は確かに強力ですが、それが効かないモンスターが増えてきている点もこのカードにとっては向い風です。
エルシャドール・ミドラーシュや魔王龍 ベエルゼには破壊効果そのものが効かず、複数枚のカードを破壊しようとした際にはスターダスト・ドラゴンスターライト・ロードによって無効にされ破壊されてしまいます。
モンスター1体に破壊耐性を付与する効果を持った機装天使エンジネルも厄介です。
破壊される代わりにエクシーズ素材を身代わりにできる効果を持ったエクシーズモンスター、モンスターに1回限りの破壊耐性を付与できる効果を持った閃こう竜 スターダストといった相手に対しては効果を複数回使う事で破壊できますが、その為には多くの手札を必要となります。
エフェクト・ヴェーラーブレイクスルー・スキル等、効果を無効にしてくるカードにも弱いです。
あと、このカードの効果で「水族」を宣言すると、自身も破壊してしまうというデメリットもあります。
しかし、環境で活躍する水族自体数が少ないので、そうなるケースは稀だと思います…。
しかも現在最も見かける事の多い水族と思われるS・H・Ark Knightは破壊される代わりにエクシーズ素材を身代わりにできる効果を持っている為、素材が無い状態でないと「道連れ」にできません。

後に、このカードの後継的なポジションのカードとして、スナイプストーカー黒羽を狩る者が登場しました。
スナイプストーカーはリクルーターに対応していますが、手札1枚につきカード1枚しか指定できず、しかも破壊が不確定です。それでも、魔法・罠カードも潰せたり、破壊が不確定故にスターダスト・ドラゴンに妨害されないという、同族感染ウィルスには無い利点も存在します。
黒羽を狩る者は除去効果の発動条件が厳しく、破壊できるのも手札1枚につき1体だけ。しかも効果で相手の場をガラ空きにはできない、とまさに同族感染ウィルスを調整したようなカードです。ただし攻撃力は同族感染ウィルスよりも高いです(守備力は同じ)。
これらの内、スナイプストーカーは一時期制限カードにまで指定されていましたが、現在は無制限です。
また、モンスターを全て破壊する効果を持った魔法カードであるブラック・ホールは長い間禁止カードになっていたものの現在は制限カードになっています。
これらのこのカードに負けず劣らず強力な除去効果を持ったカード達の緩和に加えて、種族が統一され、かつ大量展開を得意とするテーマが環境に台頭した事から、一時期は制限復帰の噂が囁かれたりもしました。
上で書いた様な問題点・デメリットは、このカードの復帰を考える際にはむしろ追い風と捉える事もできます。

しかし、PHSWで出たあるカードによって、一気にこのカードの制限復帰は絶望的となりました…。
そのカードとは・・・そう、同族感ウィルスです。
スナイプストーカーや黒羽を狩る者などの比ではない、名前からして明らかにこのカードを意識した調整版です。
攻撃力は黒羽を狩る者と同じように100上がって1700になっていますが、属性・レベル・守備力が一致しています。種族は雷族になっています。
効果こそ「手札1枚をコストに、特定の種族のモンスターを全て破壊する」という点で共通していますが、効果を発動できるのは1ターンに1度だけであり、手札のモンスター1枚を除外するというコストで、しかもその除外したモンスターと同じ種族のモンスターを全て破壊するという効果です。
まさに、大幅な制約を掛けられた調整版です。こんな調整版を出した後にこのカードが緩和されるのは考えにくいでしょう…。

更に制限復帰を遠ざける要素として、このカードは魔界発冥界行きバス相乗りといった、禁止カードをネタにしたカードのイラストに出演しています
一応、魔界発冥界行きバス描かれていたデビル・フランケンは、海外で魔界発冥界行きバスが先行登場してから来日するまでの間に制限復帰しており、無制限にまで緩和されていますが…。
魔界発冥界行きバスや相乗りのイラストに描かれた3体の緑色のモンスター、それがこのカードです。魔界発冥界行きバスのイラストではクリッターをからかっており、相乗りのイラストではバスから降りており、頭上に「?」マークを浮かべています。
マスターガイド4の解説文では単に「3人」としか書かれていませんでしたが、このカードのイラスト及び名前が載っていた事からも間違いありません。
ただ、厳密にはこの「3人」は「同族感染ウィルス」ではなく、ウィルスに感染したモンスターのようです。
DSのゲームシリーズのソリッドビジョンでは、この緑色のモンスターでもイラストの後ろの方にいる兎?のようなモンスターでもなく、オレンジ色の球状の物体となっています。。
イラストの後ろの方にあるオレンジ色のものを表しているようにも見えますが、これが「同族感染ウィルス」の「本体」なのでしょう。
ちなみに、同族感電ウィルスは、球状の物体が沢山描かれたイラストになっています。

ステータス面や除去効果だけならば、今では禁止カードになる程の性能でも無いと思いますが、使用回数に制限が無く1ターンに何度も効果を使える点がとにかく凶悪で、それがこのカードがずっと禁止カードに留まっている最大の原因だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。