スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ

今回紹介するのは、No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツです。
コレクターズパック-ZEXAL編-のて登場した、OCG産のナンバーズの1体です。
以前にも取り上げた事のあるカードですが、当時の記事の内容がかなりいい加減だった為、再び紹介し直します。


No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ.jpg

No.87 雪月花美神クイーン・オブ・ナイツ
エクシーズ・効果モンスター
ランク8/水属性/植物族/攻3200/守2800
レベル8モンスター×3
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●相手フィールド上にセットされた魔法・罠カード1枚を選択して発動できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、選択されたカードは発動できない。
●フィールド上の植物族モンスター1体を選択して裏側守備表示にする。
●フィールド上のモンスター1体を選択し、
その攻撃力を300ポイントアップする。



水属性としては初となる、ランク8のエクシーズモンスターです。
特筆すべき点として、このカード現在、イビリチュア・ジールギガスと並んで水属性の中で最高の攻撃力を持っています。また、植物族の中でも最高の攻撃力です。
そしてこのカードは、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除く事で発動できる3つの効果を持っています。
それら3つの効果から1つを選択して発動する効果で、いずれの効果も相手ターンでも発動できます

1つ目の効果は、このカードが表側表示で存在する限り、相手のセットされた魔法・罠カード1枚の発動を封じる効果です。
相手が魔法・罠カードを伏せたエンドフェイズ時に、そのターン内に伏せられたカードを選択すれば、チェーン発動される事なく確実に発動を封じる事ができます。
心鎮壷の様な効果ですが、封じられる枚数では心鎮壷に劣り、他のカードのチェーンを許してしまう点では心鎮壷のレプリカに劣ってしまいます。
また、フリーチェーンではないとはいえ、相手のセットされた魔法・罠カードをチェーン発動させる事なく破壊できるナイト・ショットも存在します。
モンスター効果なので一概に判断はできないものの、これらのカードに比べるとどうも制圧力が劣る気がします。

2つ目の効果は、場の植物族モンスター1体を裏側守備表示にするというものです。
「植物族専用の月の書」と言える効果であり、自身も植物族なので自身も対象にできます。
しかし、自身を対象にしたところで、戦闘ダメージを回避したり、攻撃表示や表側表示のカードに影響を及ぼすカードの効果を回避する位しか使い道はありません…。
かと言って相手のモンスターに使用しようにも、相手のデッキに植物族がいなければ何の意味もありません。

3つ目は、場のモンスター1体の攻撃力を300ポイントアップするというものです。
自身に使用すれば攻撃力は3500となるので、このカードの攻撃力は実質的に3500であると見なす事もできます。
この効果による攻撃力の変動は永続的なので、2回使えば攻撃力3800、3回使えば4100になります。
自分の場の他のモンスターの打点を底上げしたり、相手のモンスターの攻撃力を変動させる事でコンボに繋げる事もできます。

さて、このカードの最大の問題は、素材がレベル8モンスター×3非常に重い事に他なりません。
このカードの素材となるレベル8のモンスターは最上級モンスターであり、通常は1体でも場に出すのが大変なのを、3体も必要とするのです。
上で書いたこのカードの3つ効果は、なかなか面白い効果かもしれませんが、このカード自体がランク8で、更に3体もの素材を要するとなれば話は別です。
どの効果も、その重さと釣り合っているとはとても言い難いです・・・。
それだけでなく他のランク8エクシーズの存在も踏まえれば尚更、このカードは非常に厳しい立場に立たされているという事が浮き彫りになります。
1つ目の効果で魔法・罠の発動を封じる事で、それらによるこのカードへの妨害を防いだり、2つ目の効果でこのカード自身を対象にする事で、表側表示のカード等を対象・指定する効果の影響を避ける事ができますが、それらと同じような運用は同ランクでこのカードよりも素材の少ない神竜騎士フェルグラントの効果で自身に耐性を与えた方が手っ取り早いです。
更に、このカードと同ランクでNo.に属する点まで共通しており、それでいてレベル8モンスター×2の素材で出す事ができ、元々の攻撃力の時点で既に3つ目の効果を自身に2回まで使った後のこのカードの攻撃力よりも高い上に、更に確実にこのカードの3つ目の効果の上昇値を上回る打点強化もできる銀河眼の光子竜皇まで存在します。
ランク8の植物族エクシーズとして見ても、素材2体で出せる森羅の守神 アルセイが優秀な効果を持っています。また、あちらは植物族の中で最高の守備力を持っています(値はこのカードの攻撃力値と同じ3200)。
レベル8モンスター×3の素材で出せるカードにも、元々の攻撃力が3つ目の効果を自身に3回使った後のこのカードよりも高い超銀河眼の光子龍が存在します。

水属性ならば、エクシーズ・ディメンション・スプラッシュで素材を2体揃える事ができますが、その発動自体があまりにも非現実的です。
思い浮かんだ方法として、ダブルフィン・シャークの効果でレベル4の水属性・魚族を釣ってそれら2体でバハムート・シャークを出し、その素材にした2体を取り除いてエクシーズ・リモーラを特殊召喚し、その効果で先程の2体を蘇生してからレミューリアのレベルアップ効果を使用すれば、エクシーズ・リモーラ、ダブルフィン・シャーク、もう1体の水属性・魚族の3体をエクシーズ素材にしてこのカードを出す事ができます。
このカードの効果は海皇の効果の発動トリガーにでき、しかもフリーチェーンで発動できるという利点がありますが、海皇をエクシーズ素材にしようにも多くのカードが必要になり、やはり一手間掛かります。

このカードの「87」というナンバーは、花(はな)と掛けていると思われます。まさに植物族で最高の攻撃力を持ったこのカードに相応しい語呂合わせです。
しかしその実態は、【植物族】デッキですらも出す価値がまるで無いと言われる程の悲惨な性能です…。植物姫を素材にして出したところ、「舐めプレイ」呼ばわりされてしまったという声すら聞いたことある程です(実際に否定できませんが…)。
上でも書いたように、アルセイの存在もあるので尚更です。
このカードの一つ前のナンバーである「No.86」は、同じくOCG産のナンバーズのロンゴミアントなのですが、ランク4で素材2体でも出せてその時でも攻撃力が永続的に1500もアップして実質打点3000であり、素材3体以上の場合に至ってはこのゲームの中で最強の耐性を得る事ができるカードです。更に素材4つ以上、5つ以上ならば相手の召喚・特殊召喚を封じる効果やノーコストで相手の場を全体除去できたりと、やりたい放題です。
それに比べてこのカードは、素材指定は無いもののレベル8モンスター3体を素材にしてやっと出せるにも関わらず、上記の様な性能です。
まさに数字一つ違うだけで大違いです。ランクが違うのに加えて素材指定の有無の違いもありますが、それでも出しやすさの面でも雲泥の差です。
攻撃力の上昇値にしろ耐性にしろパーミッションにしろ除去にしろ…、なぜ「No.86」の凶悪さを少しでも「No.87」に分けてくれなかったのか…
一方、一つ後の数字である「No.88」はアニメ出身のデステニー・レオで、このカードと同じランクで素材数と攻撃力も共通しています。進化系のCNo.共々、作中での活躍や使用者補正、特殊勝利のロマンの面で人気があります。

さて、散々な事を書いてきましたが、このカードは個人的には植物族モンスターの中で一番気に入っているカードです。
植物族のアイドルカードでは蟲惑魔(の一部)や植物姫が人気かもしれませんが、僕はそれらよりもこのカードのイラストを気に入っています。
最近遊戯王OCGで登場するモンスターには、氷雪がモチーフに含まれていても水属性ではないものが増えている中で、「月花美神」の名を冠するこのカードは"ちゃんと"水属性なのも個人的にはポイントが高いです。
上でも書いたように水属性の中で最高の攻撃力という点も、嬉しいです。それだけに、上記の様に悲惨な性能なのが残念すぎます…。
アイドルカードとしても話題に挙がる事が少ない気がするのは、やはりカードの性能やそれ故の知名度の低さが原因なのでしょうか…。まあ単純に、「(このカードよりも)蟲惑魔や植物姫の方がイラストが好きだ」という人の方が多いのでしょう。
性能や扱いの悲惨さは、覚醒の勇士 ガガギゴを思い起こさせます。このカードとは「水属性のエクシーズ」「その種族の中で最高の攻撃力」「3体の素材が必要な割には同ランクにライバルが多くてまるで立場が無い」「初登場時のレアリティがレア」と共通点が多いです。個人的に、その種族のモンスターの中で一番気に入っているカードという点も同じです。
このカードもガガギゴも、話題に挙がる事自体が少ないですが、話題なるにしてもしょっちゅう、ここまで散々書いたように「立場が非常に厳しい」という話題のみです。嘲笑され批難すらされる事はあれど、「好きなカードである」という立場から同情されるような事はそんなにありません。
カードをデザインする側の人にも、このような「どうしようも無い」と言われるような性能のカードにも、わずかながらファンが付くかもしれないという事を分かって貰いたいです…(こんな所で何を言っても無駄なのは百も承知ですが)。ましてやこのカードの場合、遊戯王ZEXALで重要な役割であるナンバーズの1体(ただしOCGオリジナル)だったり、登場した時点で水属性や植物族の中で最高の攻撃力だったり、あとイラストも美人ですし。

また、このカードは海外で先行登場したカードですが、海外版と比べてイラストが僅かに変更されています。
日本版では肌色の腹部が、海外版では緑色に塗られています。ようするに露出部分の減少です。
ナンバーズの数字が描かれている部分なのに、大胆な変更です(笑

この記事で挙げた様々な点から、このカードの立場は、まるで無いと言っても過言ではないでしょう…。
好きなカードでありながら、ここまでネガティブな内容で記事を書いたのは、このカード現状もとい惨状を、記事を読んでいる方に少しでも分かっていただきたいと思った為です。頑張って持ち上げて褒めようにも、本当に何も出てこないのが現実なのです…。
あまりにも救いようのない、報われないこのカードを見ていると、「このカードは本当にこれだけで終わりなのか?」という疑問すら湧いてきます。
専用サポートでも、進化先のCNo.でも何でもいいので、とにかく救済処置が欲しくなってきます。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

オリカで進化先造った件(悲壮感)
そんなことより現実を。コピー・プラントが存在する以上植物族エクシーズは優遇されていると思いたいですね。そして植物姫と同じ守備力の植物を集めれば星に願いをでレベルも合わせられてナデシコも使えて・・・あれ?

まさか自分以外にもこのカードの進化系を考えられてた方がいたとは…(笑
活躍を考えようにも、他のカードに出番を喰われてしまうのが辛いですね。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。