スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷結界の龍 ブリューナク

今回紹介するカードは、現在禁止カードに指定されている水属性モンスターの1体である氷結界の龍 ブリューナクです。
2012/9/1に禁止カードに指定され、それ以来現在までずっと禁止のままです。


氷結界の龍 ブリューナク

氷結界の龍 ブリューナク
シンクロ・効果モンスター(禁止カード)
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
手札を任意の枚数墓地へ捨て、
捨てた数だけフィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。



「氷結界」に属するシンクロモンスターの1体です。
シンクロ召喚の黎明期から活躍しており、レベル6シンクロとしてはゴヨウ・ガーディアンと双璧を成していました。
かつてレベル6のシンクロが「強力だ」と見なされていたのは、これら2体によるところが非常に大きかったです。
このカードは、レベル6シンクロ、引いてはシンクロモンスターのものを象徴する1枚と言っても過言ではありません。

手札を任意の枚数墓地へ捨て、その枚数分だけフィールド上のカードをバウンスできるという、極めてに強力な起動効果を持つカードです。
捨てるカードの種類にも枚数にも何ら制限は無く、おまけに効果の発動回数にも制限が無いため、手札さえあれば1ターンに何度も効果を使う事ができます
更に、バウンスするフィールド上のカードにも、カードの種類や持ち主の指定がありません。したがって、発動のしやすさに加えて、バウンスできるカードの範囲も非常に広いです。

このカードのバウンス効果は、特に相手のカードの除去手段として活躍します。
「破壊」に対する耐性を持つモンスターをはじめ、場持ちの良いイメージの強いモンスターであっても、このカードのバウンス効果の前では無力だったりする事が多いです。そういった破壊耐性持ちモンスターへの対抗手段として重宝します。
また、複数のモンスターを並べての強力な布陣であっても、それらの内1枚でもバウンスできれば、相手の布陣をなし崩しに崩壊させていく事ができます。
レベル6にしては攻撃力はやや低いですが、それを補って余りある程に効果が強力です。なので、効果で相手の場を除去してからのフィニッシャーとしての大活躍していました。

自分のカードを手札に戻せるのも大きな利点です。
氷結界には、同じレベル6でセルフバウンスの戦術に利用できるドゥローレンが存在しますが、このカードは上述の様に使用回数に制限が無いため小回りが利き、シンクロ素材に指定が無い事もあってドゥローレン以上に様々なループコンボに使用されていました。
自分の場のカードを戻す場合、捨てる手札1枚につき1:1交換なので、手札枚数が減る事はありません。
早すぎた埋葬生還の宝札といった、最終的にこのカードによるループコンボが決め手となって禁止になったと言っても過言では無いカードも存在します。

除去能力に乏しい【氷結界】にとっては、除去要員として重宝します。
同じ「氷結界の龍」であるグングニールも除去要員として活躍できますが、除去できる範囲はこちらの方が遥かに上です。
上記の様に非常に強力な効果を持ったこのモンスターを、守護陣などのロックの形成に使えたり、大僧正御庭番で耐性を付ける事ができるというのは、【氷結界】デッキならではの大きな利点だと思います。
更に、伝道師ガンターラの効果によって、墓地へ行った後も蘇生する事ができます。

【氷結界】以外の水属性のデッキとも相性は抜群です。
このカードの効果の発動時に、「水属性モンスターの効果を発動するために墓地へ送られた時に発動する効果」を持つ海皇の下級モンスターを墓地へ捨てる事で、それらの効果を使用できます。
重装兵狙撃兵を捨てれば、1枚のコストで2枚のカードを除去する事も可能です
竜騎隊を捨てて海竜族をサーチし、更にその海竜族を捨てるという事もできるので、竜騎隊を実質2枚分の手札コストと見なす事ができます。そこから重装兵や狙撃兵をサーチすれば、2枚分の消費で3枚のカードを除去する事も可能です。
この様に、あまりにも相性の良い海皇のモンスターが登場した事が、このカードの禁止化を決め手になったのではないかとも言われています。
それまで水属性であることは対して重要ではなかったこのカードに「止め」を刺したのが、水属性に関する効果を持つカードだったというのは何とも皮肉な話です…(汗

また、このカードは数少ないフィッシュボーグ-ランチャーのシンクロ先の1体でもあります。
水属性のシンクロ自体が非常に少ない中でのこのカードの禁止化は、特にフィッシュボーグ-ランチャーにとっては痛手だと言えるでしょう。

このカードの禁止後に、同じレベル6で同じくシンクロ素材に縛りの無い獣神ヴァルカンというシンクロモンスターが登場しました。
効果もバウンス効果を持つ点で共通しており、このカードの調整版の様な印象を受けるカードです。

初っ端から登場したこのカードのおかげで、「氷結界はシンクロだけが強い」というイメージが出来上がってしまった事は想像に難くありません。
このカードは素材指定に制限が無いため、「氷結界」とは名ばかりで、上記の様な汎用性の高さからありとあらゆるデッキのエクストラに採用されていました。
これ以降にも強力な氷結界シンクロが登場し、トリシューラの登場によって「氷結界はシンクロだけ」というイメージが決定付けられてしまったと言っても過言ではありませんが、そのイメージを一番最初に植え付け、今現在禁止カードにまでなっているこのカードこそが「氷結界」の原点にして頂点と言えるのかもしれません。
あまりにも強力すぎるこのカードがいるせいで、「氷結界」には長らく碌なサポートカードを与えられなかったんじゃないかとさえ思える程です。今出ている「氷結界」関連のサポートの中で、このカードに対応するものはそんなに多くありませんが…。
登場したての頃は氷結界との相性は良くなく、「氷結界」だけでこのカードを出せる組み合わせが存在しませんでした。DT2弾になって初めて、「術者魔酔虫」という組み合わせで出せるようになりました。
3弾になって同じレベルのシンクロのドゥローレンが登場しても尚この組み合わせでしか出す事ができず、4弾になってようやく「術者+修験者」「風水師ブリズド3体」と選択肢が増えました。

そんな強力無比なこのカードですが、果たして今後緩和される可能性はあるのでしょうか。
今まで禁止に指定された経験のあるシンクロモンスターは4体存在しますが、同じ氷結界の龍であるトリシューラは4体の中でいち早く制限カードに緩和され、最速で禁止になったダーク・ダイブ・ボンバーも、効果をエラッタされた上で無制限にまで緩和されました。
また、海外ではこのカードと共にレベル6シンクロの「双璧」だったゴヨウ・ガーディアンが制限に復帰してます。
つまり、日本と海外の両方を合わせ見ると、禁止経験のあるシンクロモンスターの中で、現在一度も復帰していないのはこのカードだけという事になります。
復帰するならば、DDBのようにエラッタされた上で復帰するのではないかと予想されています。しかし、どんな風にエラッタしたとしても、効果自体はだいたいアビス・ソルジャーの上位互換になってしまいます
私は現役時からこのカードがあまり好きではありませんでしたが、その理由の一つが、当時から水族モンスターの中で一番気に入っているカードだったアビス・ソルジャーをはるかに上回る効果を持っていた為でした(笑
また、エルシャドール・ミドラーシュや魔王龍 ベエルゼ等のように、破壊に耐性を持つ強力なカードが増えた事からも、このカードの復帰が囁かれたりもします。
しかし、エラッタも含めて今後どうなるかは予測できないです。

水属性や氷結界の中でもひときわ強力な部類のこのカードですが、私はどうもこのカードを「水属性」や「氷結界」として見る事ができません(汗
それ程までに、多種多様なデッキに投入され大暴れしたカードです。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。