スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M・HERO ダーク・ロウ

今回は、「氷結界」にとって天敵となるカードを紹介します。


M・HERO ダーク・ロウ

M・HERO ダーク・ロウ
融合・効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2400/守1800
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外で
デッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選んで除外する。



ストラクチャーデッキ-HERO's STRIKE-の新規カードの1枚として登場したM・HERO ダーク・ロウです。

(1)の効果は、過去に「天敵」として取り上げたマクロコスモスと同じように、このカードが場に表側表示で存在する限り、墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外されるという恐ろしい永続効果です。
この効果は、様々なデッキに多大な影響を及ぼします。【氷結界】にとってもそれは例外ではありません。
このカードの発動下では墓地が肥えなくなるので、伝道師の蘇生効果やサルベージ封じられたも同然となります。
このカードの発動下では「墓地へ送る」「墓地に捨てる」というコストを持つカードは、その効果の発動自体が不可能となってしまいます。氷結界では、グングニール封魔団軍師の効果の発動が封じられてしまいます。
尚、風水師の効果は「手札を捨てる」コストであるため、このカードの発動下でも使用できます。その場合、捨てたカードは除外されてしまいますが。
このカードの発動下では戦闘破壊されたカードは除外されてしまうため、ブリズドも効果を使用する事ができなくなります。

この効果の恐怖は、通常なら墓地へ行くはずのカードが除外され、再利用不能になってしまうという点です。
DDR異次元からの埋葬など、除外されたカードを再利用できるカードはいくつかありますが、相手のデッキ次第では腐る可能性があるため通常【氷結界】ではそういったカードを入れるケースは少ないでしょう。
除外されたカードを再利用できるエクシーズモンスターにリヴァイエールがいますが、再利用できるのはレベル4以下のモンスターと範囲が限られています。
したがって、一度除外されたカードはもう戻ってこないと言っても過言ではありません。
しかも、このカードの(1)の効果はマクロコスモスとは違い、除外されるのはこちらのカードだけで、相手のカードは除外されません
したがって、このカードを使う側はマクロコスモスの時の様に【次元~】系の専用デッキを組む必要は無く、通常通り墓地肥やし等を駆使したデッキを組めるのです。

更に、(2)の効果として1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外でデッキからカードを手札に加えた場合に、相手の手札をランダムに1枚選んで除外できる効果まで持っています。
【氷結界】と言えば、専用のサーチ魔法である氷結界の紋章によって広くモンスターをサーチできるのが利点ですが、この効果の前ではそのサーチ分のアドバンテージまで奪われてしまいます
この効果によるハンデスはランダムではあるものの、選ばれたカードはこれまた除外されてしまうので、再利用すらままなりません…。
他にも、輸送部隊決起隊武士のサーチ・ドロー効果もこの効果によるハンデスを受けてしまいます。

このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる融合モンスターであり、マスク・チェンジマスク・チェンジ・セカンドの2つの速攻魔法で場に出す事ができます。
マスク・チェンジならば闇属性のHEROに、マスク・チェンジ・セカンドならばレベル5以下の闇属性に使う事でこのカードを出せます。
つまり、メインデッキにこれらのカードを入れるだけで、どんなデッキでもこのカードを出す事ができるようになるのです。
かつて天敵として取り上げた事のあるカードであるネクロバレーを擁する【墓守】や、ミドラーシュを擁する【シャドール】ですら、マスク・チェンジ・セカンドを入れる事でこのカードを出せるようになるのです。
しかもこのカードを出すのに必要となる「チェンジ」速攻魔法は、同じくストラクチャーデッキ-HERO's STRIKE-で新規登場したカードであるE・HERO シャドー・ミストの効果でサーチまでできてしまいます。
もちろん、シャドー・ミスト自体も、マスク・チェンジとマスク・チェンジ・セカンドの両方によってこのカードになる事ができます。

氷結界でこのカードを殴り倒せるのはガンターラグルナード、グングニール、トリシューラの4体ですが、このカードが相手の場にいる状態でこれらのカードを出すのは至難の業です。仮に出せたとしても、こちらのいくつものカードが除外されている事でしょう。
このカードにはこれと言った耐性も何もないため、除去カードで除去したり効果を無効にするのが有効ですが、それらにチェーンしてマスク・チェンジや超融合などを撃ってサクリファイスエスケープを行ってくる事も考えられます。
更に超融合の場合、こちらの場の水属性とこのカードを融合素材にして、このカードと同じく以前に「天敵」として取り上げた事のあるHEROであるアブソルートZeroを出されます。
他の「属性融合」のHEROの融合素材は、「E・HERO」と各属性のモンスターなのに、アブソルートZeroだけが「HERO」と水属性となっているので、「M・HERO」であるこのカードも融合素材にできるのです。
超融合を使われる場合の最悪のパターンは、相手の場にこのカード以外のHEROが場にいる時に、そのHEROとこちらの場の水属性を素材にして超融合を使われるケースです。この場合、アブソルートZeroを出される上に、融合素材となったこちらの場の水属性は除外されるのです。本当に、泣きっ面に鉢としか言いようがありません。

伝道師や守護陣など主要な下級モンスターには水族が多く、一応除外を逆手に取って除外海産物のサポートを受けることはできます。
ギョッ!フィッシュアンドキックスの発動トリガーにしたり、フィッシュアンドバックスで回収したり、変わった所ではシー・ランサーの効果で装備したりする事ができます。
ただ、装備効果を使ったところでシー・ランサーではこのカードを殴り倒せない上に、【氷結界】でそれをやる意義は無きに等しいです(汗
とはいえ、このカードや除外に対抗できるカードはサイドにでも用意しておきたいものです。
尚、(2)の効果に関しては氷結界の鏡を使う事で予防(もしくは道連れに)できますが、(1)の効果は永続効果なので、発動しても効果意味はありません。

展開や布陣の強化を伝道師による展開や蘇生及び墓地からの再利用に依存しており、それらを揃える為にサーチを使う【氷結界】にとって、墓地肥やしも再利用も遮断しサーチのアドバンテージをも奪う上に出しやすいこのカードの存在は致命的という他ありません。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

使われて確実にわかるあの強さ、使って確信するあの強さですね。なにが大変って闇属性がいりデッキなら出てくる可能性があるという……
生きてるマクロだけで厄介です(-.-;)
それと別の話なのですが………
儀式版トリシューラが出るみたいですよ?

No title

コメントありがとうございます。
マスク・チェンジ・セカンドによってレベル5以下の闇属性がいるデッキなら出せる点も強さに拍車を掛けていますね。
マクロコスモスとは違い、使用者側のカードは除外されないというのが余計にタチが悪いです。
状況によっては出されたまま一方的に試合の流れを持って行かれる事もあります。
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。