スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイレント・ウォビー

今回紹介するカードはサイレント・ウォビーです。
アニメ遊戯王ZEXAL IIにてナッシュが使用した下級モンスターです。


サイレント・ウォビー

サイレント・ウォビー
効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1000/守2000
自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードを手札から相手フィールド上に特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローし、
このカードのコントローラーから見て相手プレイヤーは2000ライフポイント回復する。
「サイレント・ウォビー」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードのコントローラーの手札制限枚数は3枚になる。



このカードは、相手の場に特殊召喚できる効果を持っています。
また、「自身の効果で特殊召喚に成功した時、このカードのコントローラーはデッキからカードを1枚ドローし、このカードのコントローラーから見て相手プレイヤーは2000ライフポイント回復する」という効果もあります。
パッと見ややこしい表記ですが、このカードを手札から送り付ける側を「こちら」、このカードを場に送り付けられた側を「相手」とすると、デッキから1枚ドローするのは相手で、2000ライフポイント回復するのはこちらです。
したがって、この一連の効果はこちらは側は手札1枚を消費し、ライフを2000ポイント回復するのと引き換えに相手側ににフィールドアドバンテージハンドアドバンテージを与えてしまう効果と言えます。
これだけでは、あまりにもアド損です…。
また、「サイレント・ウォビー」のこの効果は1ターンに1度しか発動できません。

このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、このカードのコントローラーの手札制限枚数は3枚になるという永続効果もあります。
相手に送り付けた場合は、相手側の手札枚数の上限を制限させる事ができます。逆に、通常召喚や蘇生などで自分の場に出した場合には、自分の手札枚数の上限が制限されてしまいます…。
しかし、手札枚数制限による効果が生じるのはエンドフェイズであり、それまでにこのカードを場から離れさせたり、手札枚数が3枚以下になる様にカードを魔法・罠をセットしておけば、何ら被害は受けません。
相手の手札が3枚以下の場合に至っては、完全に無意味なものとなってしまいます。
何よりも、このカードはレベル4であるため、採用率が高いランク4のエクシーズモンスターの素材にされてしまう可能性が高いです。
上記のドロー効果共々、みすみす相手にアドバンテージを与えてしまう様なものです…。

このカードをただ自身の効果で特殊召喚するだけでは、ライフを回復できる点を除いてはあまりにもアド損なので、他のカードと組み合わせてのコンボを狙っていきたいです。
ダブルフィン・シャークセイバー・シャークの効果を発動すると、水属性以外を特殊召喚できなくなる制約から、そのターン内に水属性以外のモンスターを殴った場合はシャーク・ドレイクの効果は使えなくなってしまいます。
ところが、水属性であるこのカードを相手の場に特殊召喚してシャーク・ドレイクで殴れば、それらの効果を使ったターン内でも、シャーク・ドレイクの効果を発動する事ができます!
このカードを攻撃表示で相手の場に特殊召喚し、シャーク・ドレイクの効果を使って再び殴れば、計4600もの戦闘ダメージを与える事ができます。
もちろん、他に自分の場にモンスターがいれば更に戦闘ダメージを与える事も可能です。自分の場にシャーク・ドレイクとバハムート・シャーク(効果未使用の状態)がおり、相手の場にモンスターがいない時に上記のコンボを使用し、更にバハムート・シャークで殴れば、合計ダメージは7200となります。
このカード自身もレベル4でありシャーク・ドレイクの素材にもなれるので相性は中々です。
相手にドローさせてしまう点も、「そのターン内で勝負を決める」という心意気があれば、さほど気になりません。
それでも回復効果は地味にありがたく感じますが、シャーク・ドレイクの進化系であるシャーク・ドレイク・バイスとの相性は良くないです(笑

【氷結界】では、相手の場に特殊召喚する事で、交霊師の特殊召喚条件を満たしやすくする事ができます。
相手の場に出したこのカードを決起隊の効果で破壊するという運用もできます。
余談ですが、「攻撃力1000のモンスターを相手の場に送り付ける」という効果は、ロイヤル・ナイトを、「相手にドローさせてしまう効果」は輸送部隊を何処となく連想させます。
また、洗脳解除の発動下ならば、相手側のライフが回復し、自分側が1枚ドローする事ができます。手札枚数制限のデメリットをこちら側が受けてしまうものの、上記の様に対処すれば被害は受けずに済みます。
ドロー効果に関しては、便乗を発動しておけば自分も2枚ドローする事ができ、強烈なはたき落としを使えば「相手のデッキトップのカードを墓地へ送る」ような効果へと変わります。
変わった所では、自分と相手にアドバンテージ差が生じる事を利用して、ヴェルズビュートの効果の発動条件を満たせなくさせる事もできます。

単体として見た場合は、このカードはアビスマンダーと共に、現在シーラカンスの効果でリクルートできる下級魚族モンスターの中で最高の守備力を誇っています。
なので、効果を使わずとも壁として運用する事はできるでしょう。

このカードはアニメでは効果不明でしたが、上記の様な効果でOCG化されました。
相手の場に特殊召喚する一連の効果は、作中でこのカードを特殊召喚するのに使用された魔法カード・運命のクロス・ドローを内蔵したような効果です。
しかし、運命のクロス・ドローでドローするのがお互いだったのに対し、このカードの効果でドローするのは相手だけになっており、効果によって相手の場に特殊召喚されたモンスターの攻撃力分のライフを回復(このカードの場合は1000ポイント)だったのに対し、回復値は2000ポイントで固定されています。
つまり、運命のクロス・ドローと比較してドロー効果は弱体化された一方で、回復効果は強化されていると言えます。

一見何がしたいのか分からないような効果ですが、シャーク・ドレイクのサンドバッグ要員として最適です(笑
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一見して、敵に塩を送る効果ですがシャークドレイクのサンドバッグとしては
いいかもしれませんね、他にはフェンリルのドローロックと相性が良いかもしれません

No title

コメントありがとうございます。
シャーク・ドレイクとダブルフィン・シャークとの相性の悪さも解消できるので、サンドバッグとしては本当に優秀です。
相手の場に特殊召喚する際に1枚ドローさせてしまう為、フェンリルのドローロックと組み合わせても、結局プラスマイナス0な気がします(汗
プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。