スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

儚し

今回は、とあるカードに関する話題を書いてみます。
そのカードとは…

No.101 S・H・Ark Knight

LVALで登場したランク4の水属性エクシーズモンスターのNo.101 S・H・Ark Knightです。
遊戯王ZEXAL IIのナッシュの切り札のオーバーハンドレッドナンバーズで、初登場以来「水属性エクシーズの革命児」として注目していたカードです。
水属性抜きにしても注目度は非常に高く、特に「相手をエクシーズ素材にする」という除去法は対抗手段はそれまで例が無かった上に対抗手段も少ないので注目を集めました。
「表側攻撃表示の特殊召喚されたモンスター」しか除去できないものの、その影響力は大きく、このカードによる除去を警戒してモンスターをあえて守備表示で特殊召喚するという戦術的な駆け引きも生まれました。
元々強豪揃いだったランク4において、同じ弾で登場したヴェルズビュートと共に今後の主力となる事が予想されました。

ところが現在、S・H・Ark Knightのエクストラデッキへの採用率はそんなに高くはありません。これには、何とも言えない儚さを感じずにはいられません…。
ランク4自体が落ち目になったのかというと決してそうではなく、ヴェルズビュートはこのカードの倍ほどの採用率を誇っており、これはエクストラデッキのモンスターの中でもトップクラスの採用率です。
本当に随分と差が付きました

なぜS・H・Ark Knightはこれ程までに落ちぶれたのか…それは以下のカードの存在が一番の原因です。

鳥銃士カステル

DREVで登場したランク4エクシーズの鳥銃士カステルです。このカードこそが、現在ヴェルズビュートをも抑え、エクストラデッキ採用率トップを誇るカードです。
カステルの(2)の効果は、「X素材を2つ取り除いてカード1枚を除去する」という点ではこのカードと共通しています。しかしその本質は「表側表示のカード1枚を持ち主のデッキに戻す」と、大きく異なります。
カステルの場合は、たとえ特殊召喚されたものでもそうでなくても、攻撃表示でも守備表示でも、更には魔法・罠でも、持ち主を問わずに表側表示のカードなら何でも除去できます
つまり、カステルの方がどう考えても除去範囲が広いです
カステルの登場のせいで、「モンスターを守備表示で特殊召喚する」という戦術の価値は三日天下に終わってしまったのは言うまでもありません…。
しかも、「デッキへバウンス」と、これまた対抗法が少ない除去手段という点もS・H・Ark Knightと共通しています。
共に除去されたカードの再利用を手こずらさせる点も同じですが、S・H・Ark Knightのエクシーズ素材にされたモンスターは、S・H・Ark Knightを除去するなり身代わり効果を使用させるなりすれば墓地へ戻ってきます。
一方で、カステルの効果でデッキバウンスされたカードは、よほどサーチやリクルート手段に恵まれたカードでも無い限り再利用自体が困難になります。
なので、相手のカードの再利用を封じる点においても、カステルの方が勝っていると言えます。現在の環境では特に、シャドールの墓地へ行った時に発動する効果を未然に防げる点が評価されています。

S・H・Ark Kightが属性・種族の違い以外にカステルより勝っている点を羅列してみます。
・除去効果を使った後にも、身代わり効果が使える。
・攻撃力が100高く、そのため攻撃力2000以上2100未満(身代わりがあれば攻撃力2100も含む)のモンスターも一方的に戦闘破壊できる。
・進化先としてS・H・Dark Knightが存在し、墓地にいる事でその蘇生条件を満たせる。
・「No.」に関するサポートの恩恵を受ける事ができる。
・攻撃表示のアブソルートZeroを除去した場合、その破壊効果を使わせる事無く除去できる。

カステルが出て間もない頃の公式のワンプッシュ投票でS・H・Ark Knightとカステルとの対決で、S・H・Ark Knightが大差で勝利していたのは一体何だったのか…。
レアリティと性能の割にS・H・Ark Knightより安い点も、カステルの人気・採用率の高さに拍車を掛けている気がします。
一方、S・H・Ark Knightは最近の弾のウルレアの中では値段が高めです。普通、逆だろ…。まぁ、どちらも今後は値段が下がっていくとは思いますが。

今年の世界大会では、発売時期の関係でカステルは使用禁止で、このカードのみ使用できる状態でしたが、おそらくこのカードにとっては最初で最後の晴れ舞台となるかもしれません…。もっとも、このカード以上に最初で最後の晴れ舞台なカードもあるせいで影が薄かったですが。

しかし、S・H・Ark Knightがカステルの影に隠れていく事は、水属性にとっては決して悪い事ではありません。
ダブルフィン・シャークセイバー・シャークの効果を使用したターンでも出せる点、エクシーズ・リモーラの効果で特殊召喚したモンスターも素材にできる点で、カステルと差別化が可能です。
また、素材にした海皇のモンスターを取り除く事で、それらの効果の発動を狙えます。これも、カステルには無い利点です。
水属性としてカステルと差別化を図れる有効な手段なだけに、レベル調整無しにS・H・Ark Knightの素材になれる海皇の竜騎隊の緩和を願いたいです。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ザルトム

Author:ザルトム
(2016年7月17日 凍結)
6年と8ヶ月の間、ありがとうございました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。